特別支援教育研究 発売日・バックナンバー

全182件中 1 〜 15 件を表示
目次
特別支援教育研究
3
2024-March
No.799
特 集
ウェルビーイングの向上を目指した教育実践
~特別支援教育の「これから」を描く!~
[論説]
4 今期教育振興計画ウェルビーイングの向上について 福本 徹
[実践]
8 生徒のウェルビーイングが向上する中学校での実践 伊藤陽子
12 生徒のウェルビーイングが向上した特別支援学校の実践 森 久美子
16 特別支援教育を真ん中にしたウェルビーイングな学校づくり 中島晴美
20 個人と社会のウェルビーイングの実現 藤森 哲
[当事者から]
24 思いを育て、思いに寄り添う 意思と希望を貫いて生きる 明石洋子・明石徹之
[実践解説・対談]
26 特別支援教育とウェルビーイングの向上について 竹林地 毅・佐藤愼二・菊地一文
[岡目八目]
32 ウェルビーイングの向上を目指した教育実践
連載企画
[格致日新]
1 つながりが生む学び 花澤雪乃
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 セルフアドボカシースキル 実践編 堀江まゆみ
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 教科別の指導における「できる状況づくり」小・中学校特別支援学級編 二村 俊
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 学習困難な生徒への自己調整学習力の向上を目指した中学校国語科授業実践 村松義之・後藤隆章
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「心理的な安定」の項目を含む指導の実践 Part 3 福井のぶみ
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 特別支援教育におけるICTの活用に今後期待すること 渡邊茂一
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 埼玉県立戸田かけはし高等特別支援学校
[実践レポート]
52 国営備北丘陵公園の整備と「しょうばら九日市」での販売 高岡竜太・宿里風音
[情報解説]
59 東京都で導入されている『特別支援教室』とは 福島正幸
[時流解題]
62 特別支援学級及び通級指導教室を担当する教員のサポートに関する調査研究 山中ともえ
[各地の特別支援教育]
66 東京都特別支援教育研究会(都特研)の取組 松井栄人

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[『特別支援教育研究』掲載主要目次] 71[編集室・次号予告] 72[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
2
2024-February
No.798
第1特集
子どもの内面の育ちを支える ~自分とよりよく向き合うために~
[論説]
4 子どもの内面の育ち~見取り方と指導・支援への活かし方~ 田中真理
[実践]
8 他者とのかかわり合いから自己理解を育てる 小畑伸五
11 自閉症・情緒障害特別支援学級における小集団の自立活動 菅原和佳子
14 知的障害のある生徒の自己理解・自己管理能力を促す授業づくり 永井のぞみ
17 PATHとTEM図の手法を活用した自立活動とホームルームでの取組 田中美紀
[実践解説]
20 自己理解を育む実践から考える 小島道生

第2特集
共生社会の中で、夢や志をもち、主体的に活躍する子どもたち
~多様な個性が輝く特別支援教育を目指して~
[座談会]
24 名古屋恒彦・加藤宏昭・大関浩仁・菊地一文・濱渦孝治
連載企画
[格致日新]
1 特別なニーズ教育であるインクルーシブ教育と学びの多様化 西永 堅
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 セルフアドボカシースキル 理論編 堀江まゆみ
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 教科別の指導における「できる状況づくり」特別支援学校高等部編 近藤貴幸・二村 俊
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 学習困難な中学生への自己調整学習力の向上を通じた学習支援 後藤隆章・村松義之
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「心理的な安定」の項目を含む指導の実践 Part 2 福井のぶみ
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 国語科の授業で行う効果的なタブレット端末の活用 泉 昂成・神原尚洋
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 佐賀県立唐津特別支援学校
[実践レポート]
52 目標の達成に向けて、自ら行動を調整することができる生徒の育成 坂本 朗
[情報解説]
59 スマイルカット 赤松隆滋
[時流解題]
62 第62回全日本特別支援教育研究連盟全国大会徳島大会を終えて 井形啓二
[各地の特別支援教育]
66 山形県小・中学校特別支援教育研究会の取組 佐藤昌彦

60[図書紹介] 61[全知長から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
1
2024-January
No.797
特 集
「やってみよう! やってみたい!」を引き出すキャリア発達支援
~地域が教室、地域が学校~
[論説]
4 地域協働活動がもたらす教育的効果とキャリア発達の相互作用 菊地一文
[実践]
10 トマトでつながる広がるキャリア教育 大谷珠美
14 「地域で学び、地域と共に生きる」を体現する授業づくり 山岡健吾
18 地域を元気にする学校を目指して 福士智子
22 地域と共に歩む学校づくり 田中進一
[実践解説]
26 地域協働活動の実践とキャリア発達支援 松見和樹
[特別寄稿]
30 地域社会と学校教育に期待すること 前田 豊
[岡目八目]
32 地域も教室! 地域も学校! ~地域協働活動の「カタチ」~
連載企画
[格致日新]
1 ユニファイドスポーツ®に見るインクルーシブ教育の可能性 渡邊浩美
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 ライフスキル 実践編 梅永雄二
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 教科別の指導における「できる状況づくり」特別支援学校小学部・中学部編 二村 俊
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 高等学校における多様な教育的ニーズのある生徒の教科指導上の配慮 甲斐綾子・井上秀和
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「心理的な安定」の項目を含む指導の実践 Part 1 福井のぶみ
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 1日の学校生活に寄り添ったタブレット端末の活用 泉 昂成・神原尚洋
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 宇都宮大学共同教育学部附属特別支援学校
[実践レポート]
52 単元「みんなで仕事をしよう!」 日下 勇
[情報解説]
59 全国でも稀な障がい者中心の総合型スポーツクラブ 手登根雄次
[時流解題]
62 特別支援教育における国際連携事業 西永 堅
[各地の特別支援教育]
66 大阪市の特別支援教育・大阪市特別支援教育研究協議会の取組 小西浩之

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
12
2023-December
No.796
特 集
実践してみよう! 子ども主体の交流及び共同学習と地域協働活動
[論説]
4 交流及び共同学習と地域における協働学習の実践に向けて 村山 拓
28 共生社会の実現に向けた交流及び共同学習と地域協働活動の展望 小澤至賢
[実践]
8 「できた」「分かった」を実感できる交流及び共同学習を目指して 三野理恵
12 日常の学校生活の中に位置づけて継続して実践できる交流及び共同学習 大滝亮司
16 学校は小さな社会、地域は大きな学校! 日景しずか
20 アートを通して、学校・保護者・地域がつながる協働活動の実践 伴 比佐志
[提言]
24 誰一人取り残すことなく、誇りをもって生きる社会を目指して 嶋田弘之
25 交流及び共同学習と地域協働活動の未来 小林直紀
26 居住地校交流から見えたもの 畑中優子
27 期待と不安を抱えて 小美野くらら
[岡目八目]
32 理念が大切か? 子どもたちの思いが大切か?
連載企画
[格致日新]
1 子どもと思いを共に、活動を共にする教師 名古屋恒彦
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 ライフスキル 理論編 梅永雄二
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 自立活動における「できる状況づくり」(高等部編) 田中美徳
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 高等学校における多様な教育的ニーズのある生徒の教科指導上の配慮 井上秀和・甲斐綾子
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「コミュニケーション」の項目を含む指導の実践 Part 3 木戸麻里
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 思考の整理を促し、表現する活動の充実を目指した実践 藤井未央・羽澤慶証
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 宮城県立支援学校岩沼高等学園
[実践レポート]
52 思いを表現することで自分を見つける 大島竜之介
[情報解説]
59 岡山県の特別支援学校における指導資料 村上直也
[時流解題]
62 多様なニーズのある子どもたちの「学び」の充実に向けたこれからの教育の可能性 菊地一文
[各地の特別支援教育]
66 香川県特別支援教育研究会の取組 廣瀬尚子

60[図書紹介] 61[全情研から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
11
2023-November
No.795
特 集
いま改めて考えたい「合理的配慮」をどのように捉え、どう進めるか
[論説]
4 今、改めて合理的配慮について考える 加藤典子
[実践・解説]
8 就学移行期の情報共有「支援のバトンリレー」を目指して 田中美晴・光真坊浩史
12 「分教室型交流及び共同学習」における合理的配慮 坪谷有也・佐々木 全
16 児童生徒の「思い」「願い」に寄り添うということ 今井 彩・前原和明
20 幼児期における合理的配慮の実践 森重亜美・久道佳代子
24 基礎的環境整備と合理的配慮の提供にいたる背景とプロセス 永井直人・滑川典宏
28 連続性のある多様な学び場づくり 渡邊典代・栃真賀 透
[岡目八目]
32 一人一人の子どもの充実した学びに向けて
連載企画
[格致日新]
1 自立活動に期待する 井上昌士
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 視知覚認知の理解と対応 実践編 柳下記子
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 自立活動における「できる状況づくり」(中学部編) 青嶌雅文・若月未来・加茂 聡
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 自分の苦手を自分で補うICT活用 遠藤隆平・丹治敬之
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「コミュニケーション」の項目を含む指導の実践 Part 2 木戸麻里
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 思考の整理を促し、表現する活動の充実を目指した実践 藤井未央
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 香川県立香川中部支援学校
[実践レポート]
52 中学部コーヒー班「GAKUENDAI COFFEE」の歩み 赤間 樹
[情報解説]
59 すべての子が「幸せになる力」をつけるべく、楽しみながら学ぶ学校 蓑手章吾
[時流解題]
62 今こそ、子どもと共に、気持ちを重ねる豊かな学校生活を 高倉誠一
[各地の特別支援教育]
66 栃木県特別支援教育連絡協議会の取組 栗原寿理

60[図書紹介] 61[全知長から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
10
2023-October
No.794
特 集
自立活動の指導の充実とカリキュラム・マネジメント
~自立活動の指導と各教科等とのつながり~
[解説]
4 知的障害のある児童生徒に対する自立活動 加藤宏昭
[論説]
8 確かな力が育つ知的障害教育における「自立活動」 菊地一文
[実践・解説]
12 自立活動を基軸としたカリキュラム・マネジメントの取組から 宮本 剛・武富博文
17 特別支援学校(知的障害)における小・中学部段階の自立活動の指導と国語・算数等とのつながり 工藤政則・齋藤大地
22 特別支援学校高等部段階 自立と社会参画を支える自立活動 肥後収平・田中裕一
27 知的障害特別支援学級における自立活動の時間の指導の実際 黒川利香・千葉秀雄
[岡目八目]
32 新たな教育の創造
連載企画
[格致日新]
1 発達障害のある幼児児童生徒が示す行動問題への対応のために 野呂文行
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 視知覚認知の理解と対応 理論編 柳下記子
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 小学校知的障害特別支援学級における生活単元学習 丹沢茂樹
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 子どもたちの学びを生み出すICT活用 丹治敬之・遠藤隆平
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「コミュニケーション」の項目を含む指導の実践 Part 1 木戸麻里
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 やってみよう! PowerPointでオーダーメイドの教材づくり Part 2 茂又みつ美
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 岩手県立花巻清風支援学校
[実践レポート]
52 自分事として学ぶ宿泊学習へ向けての実践 鈴木藍子・岩佐恭平・加茂 聡
[情報解説]
59 特別支援学校から羽ばたいたプロボクサーの軌跡 平井和人
[時流解題]
62 SDGsを通した開かれた教育課程、社会とのつながり 柳澤由香
[各地の特別支援教育]
66 熊本県の特別支援教育・熊本県特別支援教育研究会の取組 鶴田由美

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
9
2023-September
No.793
特 集
「各教科等を合わせた指導」における「個別最適な学び」と「協働的な学び」
[論説]
4 これからの「各教科等を合わせた指導」の展開 名古屋恒彦
[解説]
9 「個別最適な学び」と「協働的な学び」の視点から考える「各教科等を合わせた指導」 加藤宏昭
[緊急対談]
14 「各教科等を合わせた指導」を取り巻く現場の状況と今後向かうべき方向性について 竹林地 毅・佐藤愼二・千葉秀雄
[実践]
20 『じまん市』でじまんの製品を販売しよう 磯谷暖代
24 生活単元学習「もうすぐ中学生~卒業まであと○日」 本田慎一
[提言]
28 これからの各教科等を合わせた指導 菊地一文
[岡目八目]
32 「追い風」と捉えて、前に進んでいく
連載企画
[格致日新]
1 医療の現場からみた特別支援教育 岡 牧郎
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 感覚過敏の解説と支援の探究 Part 2 小川修史
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 ICT機器を活用した部活動の「できる状況づくり」 Part 2 松山直輝
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 主体的に考え表現する児童の育成 恩田美保・安田和夫
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「人間関係の形成」の項目を含む指導の実践 Part 3 齋藤珠恵
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 やってみよう! PowerPointでオーダーメイドの教材づくり 茂又みつ美
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 兵庫県立阪神昆陽特別支援学校
[実践レポート]
52 自己有用感を高める産業科の取組 佐藤邦子
[情報解説]
59 強度行動障害の理解と支援 内山聡至
[時流解題]
62 全特連全国大会徳島大会の開催について 松尾みゆき
[各地の特別支援教育]
66 富山県特別支援教育研究会の取組 岩城圭一

60[図書紹介] 61[全知長から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
8
2023-August
No.792
特 集
個別の指導計画の効果的活用
~指導・支援の個別最適化と連携・協働のために~
[論説]
4 個別の指導計画と「個別最適な学び」 山中ともえ
8 個別の指導計画は子どもが主役のシナリオ 長澤正樹
[実践]
12 日々の授業と連動する個別の指導計画 植田貴子・小暮創史
16 特別支援学級における個別の指導計画の作成と自立活動の指導の工夫 菊地里紗
20 生徒の主体性を引き出す 個別の教育支援計画・個別の指導計画の運用と活用 古江陽子・遠藤秀一
24 個別の指導計画の活用 蒲生花子
[実践解説]
28 個別の指導計画の効果的な活用 加藤宏昭
[岡目八目]
32 「個別の○○計画」今昔
連載企画
[格致日新]
1 共生社会の実現に向けた特別支援学校としての取組と今後の展望 米谷一雄
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 感覚過敏の解説と支援の探究 加藤路瑛
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 ICT機器を活用した部活動の「できる状況づくり」 Part 1 松山直輝
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 主体的に考え表現する児童の育成 安田和夫・恩田美保
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「人間関係の形成」の項目を含む指導の実践 Part 2 齋藤珠恵
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 特別支援学級での探究的な学びを意識した授業デザイン 東森清仁
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 高知県立山田特別支援学校
[実践レポート]
52 自立活動「コミュニケーションを活性化するための指導の工夫」 片波見直也
[情報解説]
59 知的障害者の生涯学習 オープンカレッジ東京の取組 オープンカレッジ東京 運営委員会事務局
[時流解題]
62 厚生労働省「強度行動障害を有する者の地域支援体制に関する検討会報告書」を読む 濱渦孝治
[各地の特別支援教育]
66 千葉県特別支援教育研究連盟の取組 久保木 修

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
7
2023-July
No.791
特 集
学び、成長し続ける教師
~豊かなキャリア発達のために~
[論説]
4 豊かな教師人生を 國井光男
[実践]
10 学び合う学校研究 飯村 恵
12 決めて選んで深める研修 藤村良男
14 学び続ける教員集団を目指して 淺利邦子・遠藤貴裕
16 新たな価値を生み出す職員の対話 小山 学
18 「エールカフェ」とその広がり 植田一宏
20 大規模校における校務の効率化と教職員相互のコミュニケーションの促進 湯田秀樹
22 「チーム学年経営」を中心とした新しい学校づくり 井上 強
24 教員間の協働と個々の「授業力」向上を目指して 丹野哲也
26 学校運営に当事者意識をもつ教員のチーム力による学校改革 山本 仁
[まとめ]
28 主体性が発揮され、同僚性と協働性のある学校で教師は成長する 竹林地 毅
[岡目八目]
32 「悩み」を解消する方策
連載企画
[格致日新]
1 卒業後、その先の世界 堀江美里
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 文字や数に至る基礎的な学習 実践編 川間健之介
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 特別活動の「できる状況づくり」 松山直輝
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 エージェンシーを育成する道徳科授業 細野貴寛・太田 研
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 「人間関係の形成」の項目を含む指導の実践 Part 1 齋藤珠恵
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 特別支援学級におけるICT活用のアイディア 東森清仁
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 岡山県立倉敷まきび支援学校
[実践レポート]
52 通常の学級における聴覚と視覚支援を用いた自作支援ツールによる行動支援の工夫 土井 淳
[情報解説]
59 特別支援学校知的障害者用教科書 小学部「せいかつ」の作成について 加藤宏昭
[時流解題]
62 「障害がある人のスポーツ活動や障害者スポーツを通した交流活動」についての一考察 米谷一雄
[各地の特別支援教育]
66 島根県特別支援教育研究会の取組 藤原幹夫

60[図書紹介] 61[全知長から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
6
2023-June
No.790
特 集
子どもたちの学びの充実のために、授業のブラッシュアップを図る【授業づくりエキスパート】
[論説]
4 授業力を高めるための授業研究と授業のコンサルテーション 渡邉貴裕
[実践・解説]
8 児童の特性や興味・関心を活かした授業づくり 角田 泉・大伴 潔・菊池哲平・霜田浩信
16 「知識・技能」を体験や実感とつなげる高等部「数学」の授業実践 西島沙和子・菊池哲平・霜田浩信・大伴 潔
24 地域との絆・復興への想い・そして社会へ 土田加奈子・霜田浩信・大伴 潔・菊池哲平
[岡目八目]
32 教師の本分
連載企画
[格致日新]
1 特別支援教育への期待 横井理夫
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 文字や数に至る基礎的な学習 理論編 川間健之介
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 作業学習の「できる状況づくり」 Part 3 (作業班実践編) 千葉秀雄・青木正志
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 エージェンシーを育成する道徳教育のユニバーサルアプローチ 太田 研・細野貴寛
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 自立活動 ホップ!・ステップ!・ジャンプ! 飯島知子
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 特別支援学級におけるICT活用の実際 後藤匡敬・山田光太郎
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 広島県立広島北特別支援学校
[実践レポート]
52 身体活動を活発にした遊びの指導の授業づくり 江﨑拓郎
[情報解説]
59 「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」結果について 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課支援総括係
[時流解題]
62 全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会の活動について 大関浩仁
[各地の特別支援教育]
66 長崎県の特別支援教育・長崎県特別支援教育研究会の取組 分藤賢之

60[図書紹介] 61[全情研から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
5
2023-May
No.789
特 集
子どもの学びの姿からつくる授業とは?【授業づくりアドバンス】
~理科、道徳科、自立活動、生活単元学習~
[手続きの解説#How to]
4 理科の授業どうつくる? 小山信博
11 道徳科の授業どうつくる? 齋藤大地
18 自立活動の授業どうつくる? 山中ともえ
25 生活単元学習の授業どうつくる? 名古屋恒彦
[実践]
6 知的障害教育における「理科の授業づくり」 阿部大樹
13 知的障害特別支援学校における道徳科の取組 古味聡子
20 自立活動の授業どうつくる? 桐田結佳
27 生活単元学習「おばけランドであそぼう」 櫻井 惇・大坂晴美
[教えてほしいQ&A]
10 理科 小山信博
17 道徳科 齋藤大地
24 自立活動 山中ともえ
31 生活単元学習 名古屋恒彦
[岡目八目]
32 「子どもの学びの姿」から始めよう!
連載企画
[格致日新]
1 特別な支援教育と特別でない支援教育と 荒瀬克己
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 多層指導モデルMIM Part 2 実践編 松本秀彦
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 作業学習の「できる状況づくり」 Part 2 (作業班実践編) 青木正志
[ユニバーサルデザインの視点を活かす! 通常の学級における個別最適な学びと協同的な学び]
40 どの子も居心地のいい学級経営 中嶋圭一郎・長江清和
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 子どもの“もっている力”“のばしたい力”をつなぐ、そのために必要な連携 飯島知子
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 思考と表現を支えるタブレット端末の具体的な活用実践 後藤匡敬
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 福井県立奥越特別支援学校
[実践レポート]
52 知的障がい特別支援学級における自立活動の時間における指導の取り組み 石井綾子・林 誠之
[情報解説]
59 令和5年度 障害保健福祉部予算案の概要 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室
[時流解題]
62 全特連結成時の主張から学ぶインクルーシブ教育システム構築 2 名古屋恒彦
[各地の特別支援教育]
66 京都市総合育成支援教育研究連合協議会の取組 小田健司

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
4
2023-April
No.788
特 集
新年度の子ども理解と授業づくりのアップデート【授業づくりベーシック】
~実態把握から評価計画(プランづくり)まで~
[解説]
4 大人からみた子ども理解、子どもからみた子ども理解 原 広治
11 明るく楽しい関係を築く 佐伯英明
18 知的障害のある子どもが「学ぶ」授業づくりPDCA 山元 薫
25 自ら学び、自ら育つ力の育成を目指して 中村 晋
[実践]
7 子どもの想いをくみ取る子ども理解 渡部由利子
14 子どもと共に育む関係づくり 岡﨑暁子・林 早紀
21 ラーニングマップを活用した国語の授業づくり 宇根桃子・笹原雄介
28 「生涯にわたって主体的に学び続ける力」を育成する授業づくり 村木友香
[岡目八目]
32 授業づくりとともに進む学級づくり
連載企画
[格致日新]
1 インクルーシブ教育システムの構築を目指した特別支援教育の推進に向けて 喜多好一
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 多層指導モデルMIM Part 1 理論編 松本秀彦
[やりがいと手ごたえのある学校生活を生み出す「できる状況づくり」]
36 作業学習の「できる状況づくり」 Part 1 (基礎編) 千葉秀雄・青木正志
[通常の学級におけるユニバーサルデザインの視点を活かす! 個別最適な学びと協働的な学び]
40 どの子も居心地のいい学級経営 長江清和
[通級指導担当者からの発信 自立活動ホップ・ステップ・ジャンプ]
45 授業スタート! まずは実態把握から 飯島知子
[ICTで変えよう! 特別支援学級の授業づくり]
46 特別支援教育における教育の情報化とICT活用の事例 渡邊茂一
51 [全国縦断 我が校の実践研究] 鳥取大学附属特別支援学校
[実践レポート]
52 人と関わる活動を通して、「生涯学習力」を高める授業づくり 後松慎太郎・松尾佑美
[情報解説]
59 令和5年度文部科学省特別支援教育関係予算案について 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課庶務係
[時流解題]
62 インクルーシブ教育の推進と全特連の在り方 明官 茂
[各地の特別支援教育]
66 愛知県特別支援教育研究協議会の取組と愛知県の特別支援教育の現状 谷川洋子

60[図書紹介] 61[全知長から] 64[全特連コーナー] 67[編集室・次号予告] 68[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
目次
特別支援教育研究
3
2023-March
No.787
特 集
多様なニーズにこたえるユニバーサルデザインの視点
[論説]
4 通常学級の「特別」ではない支援教育 佐藤愼二
[解説]
10 より多くの子どもたちを支えるための教育のユニバーサルデザイン 阿部利彦
19 自分の学びの舵を取ることができる学習者を育てるUDL(学びのユニバーサルデザイン) 川俣智路
[実践]
15 小学校におけるユニバーサルデザインを意識した教室環境、学校環境の整備 田中豊一
23 UDL実践とマインドセットの転換 植田一宏
[まとめに]
28 学校全体で取り組む授業のユニバーサルデザインの実践研究 長江清和・内河水穂子
[岡目八目]
32 ユニバーサルデザインの視点で考えたい
連載企画
[格致日新]
1 新特別支援学校学習指導要領完全実施 市川裕二
[今こそ知りたい特別支援教育の基礎知識 なるほど!]
33 特別支援学校高等部卒業後の進路 Part 2 原 智彦
[通常の学級における多様な教育的ニーズへの対応]
36 中学校と高等学校との学校間連携の充実 Part 2 新條嘉一
[通級による指導の極]
41 誰も置き去りにしない荻窪高校の挑戦 Part 2 瓦田 尚
[特別支援学級の学級経営 ここが知りたい!]
42 個別の指導計画を活用した円滑な引継ぎに向けて 森山貴史・佐々木明子・渡辺一真
47 [全国縦断 我が校の実践研究] 三重県立特別支援学校玉城わかば学園
[子供の主体的な学びを支える「できる状況づくり」]
48 単元名 こころ からだ いのち(自己肯定感を育む授業) 羯磨直子
[実践レポート]
52 特別支援学校における小学部一年生の国語・算数科の学習に向けた取り組み 島津雅子・岩崎一磨
[情報解説]
59 福祉型障害児入所施設と特別支援学校(知的障害)との連携の現状と課題 高野聡子
[時流解題]
62 国連障害者権利委員会からの勧告をどう受け止めるか 金子 健
[各地の特別支援教育]
66 新潟県特別支援教育研究会の取組 江口 滋

60[図書紹介] 61[全特協から] 64[全特連コーナー] 67[『特別支援教育研究』掲載主要目次] 71[編集室・次号予告] 72[編集委員・編集協力委員一覧]

『特別支援教育研究』は、全日本特別支援教育研究連盟(全特連)機関誌です。
◎障害のある子ども一人ひとりのニーズに応え、教育実践をよりよいものにするための、実践交流・情報提供・教育実践支援をめざします。通常の学級を含むさまざまな実践の場で、障害のある子どもと歩む方々への、今日と明日の実践を豊かに、ともに実りのあるものとする誌面づくりを進めます。
◎本連盟は、障害のある幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図ることをその目的にしています。全国52にわたる都道府県・政令指定都市の加盟団体、そして連盟を支援する個人会員から構成されています。個人会員は随時募集中です(年間会費15,000円・機関誌込み)。
おすすめの購読プラン

特別支援教育研究の内容

特別に支援の必要な子どものニーズに応えた教育実践をよりよいものにするための雑誌です。
『特別支援教育研究』は,特別に支援の必要な幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため,実践的な研究の向上を図る全日本特別支援教育研究連盟(全特連)の機関誌です。特別支援教育の実践をよりよいものにするために最新の動向を提供したり,全国各地の教育実践の支援や交流など幅広い視点から特別支援教育を見つめ,通常の学級を含むさまざまな実践の場で,支援の必要な子どもとともに歩む方々の教育実践に役立てるよう構成しています。

特別支援教育研究の目次配信サービス

特別支援教育研究最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

特別支援教育研究の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.