I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

Blue.(ブルー) 発売日・バックナンバー

全101件中 76 〜 90 件を表示
1,132円
●知られざるオルタナティブなハワイ

●フォトグラファーが切り撮るハワイ

●無人島 夢と現実を見つめる旅

●NY-MAIN州で息衝くサーフカルチャー

●SNOWSURF EXPERIENCE

●New York / Mine
タイ・ウイリアムスと巡るアメリカ東海岸

ほか
1,027円
●The Craftsmanship
”超”個性派サーフボード・ビルダー達

●ロブ・マチャド最新フィルム 「MELALI」

●3つのサカナの物語
Rich Pavel × Japanese Shaper

●ジャワ島、吉川共久のアライアを伝える旅

●サーファーの冬支度
2010 FALL & WINTER SURFSIDE STYLE

●2011 NEO-CLASSIC WETSUITS

ほか
1,352円
●FISHFRY JAPAN ’10
シェイパーが主役の1日。

●Welcome to Japan
DANO Team & TCSS Team 来日!

●The Greenroom Festival レポート

●Victoria AUSTRALIA サーファーの魂が宿る
800マイルの海岸線

●フィリップ・アイランドで生き続ける
ニーボードカルチャー

●短期集中連載
・落第生のわだち-日本サーフィンの夜明け-

ほか

■特別付録DVD
FISHFRY JAPAN 完全収録
922円
●オルタナティブボード完全読本
・いまなぜ、オルタナティブな気分なのか?
・オルタナテイブボード徹底研究

●ボートショーツ、街穿き志向

●Keisonオーストラリア・ツアー

●短期集中連載
・落第生のわだち-日本サーフィンの夜明け-

ほか
922円
●王様の背びれ
シングルフィンヒストリー
ジョージ・グリーノからのメッセージ
ウェイン・リンチ、グレン・ケイシー、ベンダ・バグス、デイブ・ラスタビッチ
2つの聖地
ジェフ・マッコイ、クリス・ブロック
シングルフィンを巡る旅
シャノン・ソル・R・キャロル、ジム・バンクス、ディック・ヴァン・ストラーレン
スラスター世代に生まれて・・・・

●Enjoy Fabric!
素材で選ぶ春アイテム

●2010 Spring Surf Style

●サーフ・インダストリー発祥の地
The South Bay

ほか
922円
●サーフィン史に残る名勝負
・1954-2010 Contest Complete Data File
・天国と地獄の狭間で起こる多くの真実-デレク・ハインド
・サーフィン史に残る名勝負10戦
・コンペテイションが導くサーフボードの進化
・サーフィンDVDで観る最高のコンテスト

●フィリピン・ミンダナオ島
・水とともに生きる人々

●Classic or Neo-Classic?

ほか
1,027円
●HAWAII 激変するパラダイムの終着点
・LOST Decade/1967-1976 失われた10年
・Localism/アロハスピリッツの良心
・Da Big Wave GUN/聖域の扉を開いた道具
・Stinger Swallow/反骨のデザイン
・Larry Bertlemann/ハワイが生んだ時代の革命児

●ポスト・ネオクラシックの新派
ALMOND

●創刊20号記念特別企画
サーフヒーローたちの肖像

ほか

■特別付録 2010年カレンダー
922円
●Rob Machado
魂を揺さぶる孤独な旅

●John Smart Film
THE TYLER WARREN EXPERIMENTS

●青き海と、1光年彼方に蒔いた種子
Christian Wach in 新島

●素材再考

●よく晴れた日のビーチファッション

●NEO CLASSIC WETSUITS CATLOGUE

ほか
922円
SURF DESIGN
 耳慣れてる言葉だが、組み合わせると新鮮な響きがする“Surf Design”。今回は、サーフィンを「デザイン」の観点から捉えます。その巻頭は「Chronicles of the Craft」。ジョー・カレン、デーン・ピーターソン、クリス・デルモロ、ダン・マロイの4名がオーストラリアのシェイパー(トム・ウェグナー、ニール・パーチェスJr、DVS、デーン・トーマス)を訪ね、ボードデザインを探求しながら旅をします。途中でラスタやハリソン・ローチなどとも出会い、思わぬセッションが繰り広げられるのも彼らならではのスタイル。撮影を行ったジョー&デーンの目線はどこまでも秀逸です。続いてはデザインと切っても切り離せない、ボード特集「Surfboard History」。紀元前3000年から現代までのボードの変遷を年表形式で紹介。素材、アウトライン、フィン、歴史に残るマスターピース、実験的ボードなどを時系列で掲載。ほかにもアパレル、ポスター、アドバタイジング、ハンドプレーン、グリーンルームフェスティバルなどサーフィンとデザインの関係性を、様々な角度から切り取ります。 もうひとつの大特集が、弊誌主催で行われた「FISHFRY JAPANレポート」。来場者数1500名、参加ブランド50以上を記録したFISHFRY JAPANは、各国で行われるFISHFRYのうち最大、国内のサーフイベントのなかでも最大規模のイベントとなりました。参加したすべてのシェイパー、レーベル、ブランドを見れるのは弊誌のみ、必読です!  その他、オルタナティブ・サーフショップ・ガイド、サーファーに似合うボトムス選び、手作りの生活やモノを集めたハンドクラフト特集、アルビー・ファルゾンに習う理想的なサーファーズ・ライフなどをピックアップ。一冊を読み終えたとき「Surf Design」が感じられる内容に仕上がっています。 また、前号からスタートしたショッピングサイト「Blue.SHOP」の第2弾アイテムが発表。すでに完売商品も続出しているBlue.SHOPだが、今回は新たに4カテゴリーを投入。非売品の1点モノは、レア度100%です。

■CONTENTS

009

Blue. News
017

Naki's Column
018

Blue.SHOP
Tシャツ、キャップ、ボードバッグ、アート、写真
024

Chronicles of the Craft
~オーストラリア ボードデザイン巡礼の旅~
Chris Del Moro / Joe Curren / Dan Malloy / Dane Peterson
~オーストラリア ボードデザイン巡礼の旅~
035

特集
SURF Design
Surfboard History / Australia Surfing Museum / Woody Handplanes / Bob McTavish /
Surf Film Poster / Old School AD / Old School Clothing / The Greenroom Festival
SURF Design
SURF Design
066

FISHFRY JAPAN 完全レポート
FISHFRY JAPAN 完全レポート
082

フィッシュシーンを支えるふたりの“R”
Richard Kenvin & Rich Pavel

089

Alternative Surfshop Guide
107

ファッション
夏のボトム選び
120

Alternative Surf Crafts
ハンドメイドライフ 〔Love & Riceフィールド〕
Tシャツ工房 〔Ivory〕
リサイクル・ラミネートアクセサリー 〔Nwsd Surf〕
オーダーメイド・バッグスタジオ 〔87Bags〕
サーフトランクス 〔Naluto Trunks & Co.〕
Alternative Surf Crafts
134

ダニー・ヘス 日本を彷徨う
140

デイナ・ブラウン インタビュー
146

サーファーの理想的ライフスタイル
―アルビー・ファルゾン―
サーファーの理想的ライフスタイル
150

Present
152

Information
154

ロンドンブーツ1号2号 田村亮
ウォーターマン育成計画
158

Harvest. 第10回 ―千葉県SOMEWHERE―
160

ニッポン波乗り百景

922円
A trip over the etymology of "surfing". -INDIA-
 「“Surf”の語源がインドにあるらしい」
あるサーフィン・フォトグラファーのそんな一言からすべては始まった。
多くの旅人を呑み込み魅了するインドだが、サーフ・デスティネーションとしては未開の地。人口1900万の首都デリー、ヒンズー教徒が最も神聖な地として崇めるバラナシを経て海岸線のビーチタウン・ムーキ、コバラムと旅は進む。サーフィン誌初の試みとなる「語源を巡る旅」。旅を超越した壮大な“冒険”紀行は必読です。
 続いての特集は「時代を映すサーフフィルム」。トーマス・キャンベルの新作『The Present』から、'70年代の名作の最リリースまで、ハイ・クオリティなフィルムが続々とリリースされる今年。本誌では特にオススメの15作品を厳選してお届けする。『The Present』では、トーマス本人から本誌のみに提供してくれた貴重な写真もあり。息を呑む美しい写真と自宅で数回にわたって行われたインタビューから、現在進行形のサーフカルチャーが見えてくる。
 その他の特集は、甦った古代サーフボードAlaia、ドノヴァン・フランケンレイターの日本横断ツアー、FISHFRY AUSTRALIAレポート、ツリーハウス・クリエイター小林崇、ミュージシャンKeison、俳優中村竜のバリ&インドネシアトリップ、新連載ロンドンブーツ1号、2号田村亮Presentsウォーターマン育成計画、ロウブロウアートなどをピックアップ。どれもが本誌ならではの特集に仕上がっている。
 また、今月からウエブ上のショッピングサイト「Blue.Shop」がOPEN。今回紹介しているのは3名のアーティスト、2名のフォトグラファーとコラボしたTシャツ、6月6日に開催されるFISHFRY JAPANのオフィシャル記念Tシャツ、ハンドメイド・ウエットスーツSCALESとコラボしたタッパーなど。これらすべては限定発売で他では手に入らないアイテム。デザイン、カラー、価格、購入方法など詳しくは本誌でCheck!


■Contents

009

Blue. News
015

Naki's Column
018

FISHFRY JAPAN '09 開催
020

Blue.コラボTシャツ&タッパー
024

India
―Surfingの語源を巡る―
India ―Surfingの語源を巡る―
052

時代を映すSURF FILM
THE PRESENT/BUSTIN' DOWN THE DOOR/
SEARCHING FOR MICHAEL PETERSON/PICARESQUE/
MUSICA SURFICA/UNDER THE SUN/HIGH WATER/
A MATTER OF STYLE/FANTASEA /STANDING ROOM ONLY/
TALES FROM THE TUBES/A DEEPER SHADE OF BLUE/
SURFING LIFE/ALTERNATIVEBOARD WORLD PREMIERE
時代を映すSURF FILM
084

蘇る古代のサーフボード
La La, Alaia Way!
蘇る古代のサーフボード La La, Alaia Way!

096

'09 サーフトランクス&Tシャツ
112

EYEWEAR CATALOG
117

ドノヴァン・フランケンレイター
日本横断ツアー
ドノヴァン・フランケンレイター 日本横断ツアー
123

FISHFRY AUSTRALIA レポート
131

Alternativeboard Selection
138

小林崇、中村竜、Keison
波と木を求めてインドネシアへ
144

Present
148

宮内謙至 I'm a Longboarder.
152

Information
138

新連載 ロンドンブーツ1号2号 田村亮 presents
ウォーターマン育成計画
159

What's Low Blow Art ?
174

Harvest. 第9回 -千葉県SOMEWHERE-
178

ニッポン波乗り百景
922円
surf creator's file
 創刊以来、あらゆる角度からサーフカルチャーを眺めてきた本誌Blue.。16号目となる今号は「CA Creator's File」と題し、その集大成となる大特集を行います。ピックアップしたクリエーターは、サンフランシスコからサンディエゴで出会ったシェイパー、フィルムメーカー、フォトグラファー、ペインターたち。いずれも独創性溢れるサーファーであり、アーティストやクリエーターという言葉でひと括りにしてしまうには、あまりにも個性が強すぎる。アンダーグラウンドからメジャーまで、いま最も注目したいサーフクリエーターをコンパイル。
 その他の特集も、クリエーターを中心とした企画を展開。Keisonをはじめ3人の日本人アーティストが旅した中米エルサルバドルの旅、バミューダのサーフミュージシャンMiSHKAのインタビュー、高校生フォトグラファーが切り撮ったサーフィンの世界、中村竜と新倉孝雄の京都トリップなど、クリエイティブなサーフィンの世界観が誌面を通して伝ってくるだろう。
 また、もうひとつの大特集がファッション。定番のワークスタイルに異なるテイストをMIXしたSmart Heavy Duties、'09年の春夏アイテムをコレクションしたSpring Surf Styleを特集。
 そして極めつけが限定の付録。新進気鋭の日本人アーティストHanai YusukeとコラボしたBlue.オリジナルステッカーが付いてくる。
 ロングボードやショートボードといった隔たりも、年齢制限もなく、すべてのサーファーが楽しめる内容に仕上がっている。

■Contents

009

Blue. News
013

Naki's Column
017

FISHFRY JAPAN '09 開催
020

Wanderlust
027

CA Creator's File
アンドリア・レスラー&ティファニー・キャンベル/ウルフガング・ブロック/
グリフィン・ステッパネック/タイラー・マンソン/マーク・アンドリーニ/セリーナ・ミトニック・ミラー
CA Creator's File
058

CA Surfshop Art Show
Mollusk / Shelter
062

日本人アーティストが見た
エルサルバドル
日本人アーティストが見たエルサルバドル
075

| FASHION |
Smart Heavy Duties
082

Blue.Select
パーカ/シャツ/ロンT /パンツ/バッグ

093

ビーチスタイル・コレクション 2009SPRING & SUMMER
116

Sandal & Sneaker Catalogue
123

バミューダのサーフミュージシャン
Mishka
135

16歳のフォトグラファーが見る夢
Drop-in
16歳のフォトグラファーが見る夢
140

Information
142

Present
143

中村竜と新倉孝雄が巡る
京都、あるがままの旅
京都、あるがままの旅
158

Harvest. 第8回 -鹿児島県種子島-
160

ニッポン波乗り百景
特別付録
YUSUKE HANAI×Blue.
コラボステッカー

922円
OUTLAW SURFER
 巻頭特集は「OUTLAW SUFER~時代に背いたヒーローたち~」。“サーファーとは元来アウトローな人種である”、アンドリュー・キッドマンが「孤独」というテーマでアウトロー・サーファーの姿を描き、デレク・ハインドがドラッグに破壊され続けるサーフィン界の悲劇を謳う。ビジュアルやファッションではなく、サーフィンの本質を追い求めるアウトローたち。バンカー・スプレケル、MP、グリノー、ドラ、トニー・アルバなど、8人のヒーローの生き様から“アウトロー”の真髄が見えてくる。
 続く第2特集では、'60年代後期におけるトランジションの主流「Hull」を総力取材。フィッシュボードと並び、今最も注目さているハルとは何か? Hullが生まれた歴史的背景から、デザインコンセプト、シェイパー、フィルマー、乗り手まで、これを読めばHullの全貌が明らかになるはず。
 その他の特集は、GENTEMSTICKを主宰する玉井太朗とオーストラリアのシェイパー、マイケル・マッキーによる「SURF×SNOW GENERATION」、世界で最も危険な国リベリア共和国を旅するドキュメンタリー・ムービー「Sliding Liberia」、九州・佐賀のサーフカルチャー「唐津宝暦」、CAに息衝く特異な血統者たちのグラフィティ「Kustom Kulture」などをピックアップ。
 今号もサーファーがサーファーであるための情報を幅広く、そして奥深く提供。ロングボードやショートボードといった隔たりも、年齢制限もなく、全てのサーファーが楽しめる充実の内容だ。


contents

007

Blue. News
013

Naki's Column
014

OUTLAW SURFER
「孤独」
014-015
018

アンチ・ドラッグ
024

時代に背いたヒーローたち
バンカー・スプレケル/マイケル・ピーターソン/ジョージ・グリノー/ミッキー・ドラ/
ハービー・フレッチャー/トニー・アルバ/マイク・ヒンソン/ダリル‘フリー’ヴィロストコ
046

バリ・マジックに引き寄せられて
048

アウトローを読む、観る。
071

あなたの心を惑わせるボード
Displacement Hull
078-079
085

'09年注目のNew Topics
096

Snowsurfer 玉井太朗
SURF×SNOW GENERATION
096-097

116

新作フィルム
Sliding Liberia
123

シェイパー Daniel Thomson
128

唐津宝暦
128-129
134

Information
142

過激なる血統の継承 Kustom Kulture
142-143
160

憧れのビーチサイドライフ
SurfSide House -千葉-
165

Present
166

Harvest. 第6回 -新潟県上越市-
168

ニッポン波乗り百景

922円
寒冷地でのサーフィンは、
自然に対する人間の最初の反抗だ
 デレク・ハインドからの手紙は、こう締め括られていた。
「寒冷地でのサーフィンは、自然に対する人間の最初の反抗だ。サーファーは波に簡単に乗れるべきではないことを知るべきだ。波と同様に、天候にもテストされていることを忘れてはならない」
 サーファーという人種は、常にアンチテーゼと共に歩んできた。戦争への反抗、環境への警笛はもちろんだが、時には正常な軌道からさえも逸脱したがるという、天邪鬼的な性質を備えている。ただし共通項はある。シンプルでありたいという想い。温暖な島々で育まれたSURFというカルチャーは、今日、飽和状態を迎えている。それはサーフィン本来の自由を失いつつあるという事を意味する。 南へ行くのが常識ならば、北へ向かいたくなるのがサーファーの性質だろう。
 「COLD WATER」。凍てつく波へ挑む理由は、原点回帰への渇望なのかもしれない。

■Contents

009

Blue. News
013

Naki's Column
014

3 Amigos Art Show in Japan
アンディ・デイビス/タイラー・ウォーレン/ジェフ・カンハム
022

Cold Water Session
Norway / Canada / Iceland / Japan(Hokkaido)
056

現代サーフアーティストの肖像
豊田弘治/ヘヴォゴン/花井祐介
068

アウター特集
6 Type of Outer Happning Style
コート/ジャケット/ダウン/ブルゾン/ニット/レザー
093

| FASHION |
Keison、冬の装い
110

ジョエル・チューダーが
プロデュースするニューブランド
Kook Boxがスタート
116

蘇った1972年
『Morning of the Earth』

122

ファンタスティック!オールドカー
134

Information
136

山本太郎 ニアスへの旅
[ 後 編]
152

SurfSide House
-千葉-
156

Present
158

Harvest. 第6回 -新潟県上越市-
160

ニッポン波乗り百景

特別付録
Blue.×Hippytree コラボカレンダー
vol.014 COLD WATER

922円
ーファーを取り巻くGreen Surf Scene

ケリー・スレーターについて、メディアがあまり大きく取りあげていないニュースがある。
ケリーがカーボンフットプリントをオフセットにしたというエピソードだ。
しかも本格的にツアーに参戦し始めた1991年にさかのぼって10数年分を相殺したという。概算では彼は年間に2週間は飛行機で飛んでいて、それとは別にクルマなどでの飛行距離を加算するとトータル400万マイル(640万キロ)となった。しかし支払った額は、5500ドル(約60万円)。年間換算しても4万円に満たなかった。このケリーのアクションにより、多くのサーファーがトリップによるCO2の排出に目を向けるようになった。...
[特別付録]小冊子 Honey vol.2

009
Blue.News
013
Naki's Column
018
カリフォルニア/ヒーローたちの素顔
ミッチ・アブシャー、CJ・ネルソン、ロビー・キーガル、アレックス・ノスト、スコティ・ストップニック and more...


035
Green Surf Scene
Green Surf Organization/Wet Sand/Bio Foam/Mission Plyayground Ugly Fish Bone/Julie Roulette/Chris Del Moro/Patagonia/Dan Malloy

063
トータス松本のソウルフルなカリフォルニア
080
Blue. Select.
ナイロンジャケット/シャツ/ロンT/コーデュロイパンツ/ハット&キャップ

■Contents

090
新島月下
WAX × Blue.Night
108
オーガニックなサーフィルム
SEAWORTHY
115
ウェットスーツ・セレクション
124
3 Amigo East Coast Tour
アンディ・デイビス、タイラー・ウォーレン、ジェフ・カンハム
136
Information
山本太郎 ニアスへの旅 [前編]
152
憧れのビーチサイドライフ
SurfSide House -千葉-
156
Present
158
Harvest. 第3回-神奈川 SOMEWHERE-
160
ニッポン波乗り百景

817円
The Great Ocean Road

サーフィンを変えた波

トーケーの街を出発し、海岸線の輪郭をなぞるように、グレート・オーシャン・ロードはひた走る。
近代的な海岸都市、屹立する木々、リゾート、新色を繰り返す絶壁、そして数々の歴史を育んできたサーフポイント。
見上げると空はあまりにも広く、絵に描いたような白い雲が浮かんでいる。
オーストラリアのサーファーがサーフィンの“聖地”としてあがめるベルズ。The Day、その暁方がゆっくりと像をむすぶ。

009
Blue.News
013
Naki's Column
016
The Great Ocean Road
ヴィクトリア州のサーフヒストリー
アンダーグラウンドヒーロー ウェイン・リンチ
VIC州でもっとも有名な日本人 塩本英二
サーフミュージシャン
Red Whyte / Ash Grunwald / Justin Carter
クイックシルバー・ヘッドオフィス
サーフィンの起源と未来を見つめる
フィンレス・コンテスト

056
糟谷修自、進藤晃、中村竜
深遠なるカリフォルニアへ
066
Blue. Magazine Presents
Fish Fry Japan 2008
072
Denim for Surfers
081
現代美術アーティスト 栗林隆の世界
089
The Greenroom Festival

■Contents

095
人気5大ブランドの
最新トピックス
102
“ノーズ”を奪われたノーズライダー 
クリスチャン・ワック
106
Alex Kopps & Josh Lazcano
Surfing Journy in NZ
110
ベンジー・ウェザリー初監督作品
「Life as a Movie」
115
ヨースケ@HOMEの
チャリンコ・サーフトリップ
123
JPN & CAのオルタナティブ・ショップガイド
140
ミッチ・アブシャー、CJ・ネルソン、スコティ・ストップニック来日
「Get in the VAN」
145
Kustum Tokyo
158
Harvest. 第4回―新島―
160
ニッポン波乗り百景

おすすめの購読プラン

Blue.(ブルー)の内容

24時間、海を感じていられるライフスタイルマガジン
海を愛するすべての人々、サーフスタイルに憧れを持っている人に、ファッション、カルチャー、ライフスタイル、ミュージック、アート等、バラエティ豊かなカテゴリーで、サーフスタイルの魅力を提案します。ヒストリカルな特集から最新のトレンドまで幅広くフォロー。年齢、性別に関係なく、海とサーフィンが好きな人が等身大で楽しめるマガジンです。

Blue.(ブルー)の無料サンプル

No28 (2011年03月10日発売)
No28 (2011年03月10日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Blue.(ブルー)の目次配信サービス

Blue.(ブルー)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Blue.(ブルー)のメルマガサービス

Blue.(ブルー)よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Blue.(ブルー)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.