捜査研究 2015年01月15日発売号 表紙
  • 雑誌:捜査研究
  • 出版社:東京法令出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月15日  [デジタル版]毎月22日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
捜査研究 2015年01月15日発売号 表紙
  • 雑誌:捜査研究
  • 出版社:東京法令出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月15日  [デジタル版]毎月22日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円

捜査研究 2015年01月15日発売号

東京法令出版


捜査研究2015年(平成27年)1月号 目次

◆◆Practical Stage◆◆
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>

----------------------------------------------------------------...

捜査研究 2015年01月15日発売号

東京法令出版


捜査研究2015年(平成27年)1月号 目次

◆◆Practical Stage◆◆
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>

----------------------------------------------------------------...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
捜査研究のレビューを投稿する
2015年01月15日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
1,100円 / 冊
送料無料
2024年04月15日発売号から購読開始号が選べます。
毎月、毎号お手元にお届けいたします!

捜査研究 2015年01月15日発売号 の目次



捜査研究2015年(平成27年)1月号 目次

◆◆Practical Stage◆◆
実務編 <捜査実務に役立つ事例紹介、法改正情報など>

--------------------------------------------------------------------------------
■巻頭言
平成27年の年頭に当たって
(警察庁生活安全局長 辻 義之)

--------------------------------------------------------------------------------
■最新・判例解説(第24回)
呼気検査を拒否する旨の明示的な言動はなかったものの、被告人の言動を
総合的に判断して、道路交通法118条の2(呼気検査拒否罪)の「検査を拒み」
に該当するとされた事例(東京高等裁判所判決 平成25年5月8日(確定))
(法務省刑事局付 小倉健太郎)

…法務省刑事局付(検事、判事)によるリレー連載です。
 今回は、呼気検査を拒否する旨の明示的な言動がなされなかったが、被疑者の言動を
ある程度の時間帯で総合的に判断して、呼気検査拒否罪を認定した事例を紹介します。
交通課・交通警察隊の皆様にもお薦めです。

--------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー(今月は2本を掲載いたします。)

◯SNSを使った元交際相手に対するストーカー事案で,被害者保護及び事実認定が問題
となった事例
 東京地方検察庁検事 竹村真弓

◯暴力団幹部が拠点となる家屋を建築する目的で住宅ローン詐欺を敢行した事案
 東京地方検察庁検事 細川 充

…現職検事が、自身で取り扱った事件を元に、捜査上の留意事項を解説する人気コーナー
(リレー連載)です。

--------------------------------------------------------------------------------
■最新 刑事判例研究(第10回)
刑法175条の「頒布」の意義と犯罪実行場所
(最三小決平成26年11月25日(裁判所Web))
 首都大学東京法科大学院教授 前田雅英

…警察大学校や管区警察学校でも講師を務める前田雅英先生による連載です。近時の重要な
判例・裁判例を元に、実務上、重要なテーマを解説します。
 同じ判例解説と申しましても、法務省刑事局付の皆様のリレー連載が、「同種事例での
捜査・証拠収集のポイント」に重点を置いて執筆されているのに対し、前田教授は「判例を
動かす実務家としての役割」に重点を置いておられます。

--------------------------------------------------------------------------------
■特集1
警察による犯罪被害者支援に係る取組状況等について
(警察庁長官官房給与厚生課理事官 杉 俊弘)

…本稿では、現時点における警察による被害者支援に係る様々な取組状況を概観し、
その上で、犯罪被害者と接する機会の多い第一線捜査官の方々に改めて認識してほしい
留意事項をご解説いただきました。

--------------------------------------------------------------------------------
■検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査(第84回)
クラウド時代のサイバー特殊(業務上)過失
(NPOデジタル・フォレンジック研究会(IDF)会員 
大橋充直)

…今回は、どのような事故が現に存在し、技術者がどのような対策をとってきたか
を概観することで、捜査の前提となる「事件の筋読み」に必要な聴取事項を
ご解説いただきました。

--------------------------------------------------------------------------------
■海上保安事件の研究(第83回)
いわゆる「レポ船」とレポ事件を背景としたカニ刺し網窃盗事件
(広島文化学園大学社会情報学部特任教授・海上保安大学校名誉教授 廣瀬 肇)

…公刊物未登載の判例を取り上げ、我が国の海上保安庁が、どのように事件処理のノウハウ
を蓄積してきたかを解説します。

--------------------------------------------------------------------------------
■特集2
刑法54条1項の「その最も重い刑」とは何か
(最高検察庁検事 城 祐一郎(たち・ゆういちろう))

…本稿では、罪数論のうち、刑法54条1項の「その最も重い罪」の解釈について、
最高裁判決等が示す、重点対照主義と実務におけるその修正についての判断
の積み重ねを解説します。

--------------------------------------------------------------------------------
■元検察官のキャンパスノート(第60回-捨てられる犬たち-)
(元法務総合研究所研修第二部教官 須賀正行)

…第一線警察署で必要となる特別法を取り上げ、用語の定義や他罪との関係といった
擬律判断のポイントに触れた上で、捜査・取調べの留意点を解説します。
 今月は、近時多発した、犬の死骸等を捨てる行為と犯罪の擬律、取調べの留意点等を
解説します。

--------------------------------------------------------------------------------
■知っておきたい
文書鑑定の基礎知識(第15回)
誤字には誤判定を招く危険性があります
(元警察庁科学警察研究所附属鑑定所長 吉田公一(よしだ・まさかず))
 ※ 吉田様の「よし」の字は、「土」に「田」が正しいのですが、
  文字化けを避けるため、ここでは「吉」を使用させていただきます。)

…このご連載では、筆跡鑑定を依頼する際、あるいは、筆跡鑑定結果を捜査に活用する際に、
どのような点を理解しておく必要があるのかについて、一般の捜査官の方、弁護士・裁判所
職員の方などにも分かりやすく解説してまいります。

--------------------------------------------------------------------------------
■捜査の英語(Case 25 危険ドラッグ)
(警察庁国際捜査管理官付翻訳係)

--------------------------------------------------------------------------------
■捜査関係ファイル(11月のできごと)
--------------------------------------------------------------------------------


◆◆Press Stage◆◆
論壇・随想編 <「捜査力」と「教養」の向上を図るための論壇、随想など>

--------------------------------------------------------------------------------
■インクのしずく(第189回)
過失犯の構造
(元最高検察庁検事 土本武司)

…元最高検検事・筑波大学名誉教授の土本氏による時評です。今月は、伝統的な
過失犯理論と新過失犯理論を対比しつつ、その相違点と新過失犯理論のメリット
をご解説いただきました。

--------------------------------------------------------------------------------
■BookLand(書評)
『後妻業』(黒川博行著、文藝春秋発行)

--------------------------------------------------------------------------------

※「捜査官のためのデジタル・フォレンジック入門」
「事例に学ぶ 交通事故事件捜査」
「国家賠償請求事件の裁判例からみた警察活動をめぐる諸問題」
「実録・事件捜査と人間模様」「文献紹介」
「ワンランク上のコーチング 質問コーナー」は休載させていただきました。

捜査研究の内容

  • 出版社:東京法令出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月15日  [デジタル版]毎月22日
実務と教養に資する犯罪捜査の専門誌
悪質、巧妙、複雑化する犯罪に対応すべく、複眼的観点からアプローチする新時代型犯罪捜査専門研究誌。「その時、現場でどうするか」一歩踏み込んだ現場目線、具体的記述で一流の警察官・検察官が解説します。

捜査研究の目次配信サービス

捜査研究最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

捜査研究の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.