MOTO NAVI(モトナビ) の編集長インタビュー

編集長プロフィール

ボイス・パブリケーション
「MOTO NAVI」編集長 河西啓介さん

かわにしけいすけ 1967年生まれ。早稲田大学を卒業後、広告代理店、編集プロダクション勤務を経て㈱二玄社に入社。「NAVI」編集部勤務。2001年「MOTONAVI」を創刊。2003年より自「BICYCLENAVI」編集長を兼務する。ライフスタイル感溢れる誌面作りが読者の支持を得て、2010年独立。代表取締役として㈱ボイス・パブリケーションを設立。プライベートでは「ダイナマイトポップス」なる歌謡曲バンドのボーカルをつとめている。

編集長写真

第42回 MOTO NAVI 編集長 河西啓介さん

コンパクトな組織でコストを考えたつくりにすれば雑誌は継続できるものです

―ユニークなオフィスですね。

車の修理工場跡に新編集部ができあがった
車の修理工場跡に新編集部ができあがった
改造前はこんな場所でした、と編集長
改造前はこんな場所でした、と編集

ええ。元は自動車修理工場だったところを改装したんです。建築家のアイディアでオレンジ色がアクセントになっています。

―へー、修理工場ですか、お洒落ですね。

やはり仕事柄駐車スペースがないとまずいんですね。以前勤めていた二玄社は自社ビルでしたからバイクや自転車の置き場には困らなかったのですが、いざ自分で借りるとなると大変で、本当にいい具合のところが見つかったと思っています。
最初は寂しい感じがしたんですよ。でもガレージ住宅に詳しい方に相談したら、ここありだよ、って推薦されて。大人の隠れ家っていうか、秘密基地みたいな感じで面白いでしょう。
やっぱり編集部は人が集まってきてくれてナンボというか、集まりやすい環境を用意することが大切だと思うんですよ。ここだと面白そうだからいろんな人が来てくれるんですよ。
下のフロアはちょっとしたイベント空間にもなりますし、実際、バイクなどを撮影するスタジオとして活躍しています(笑)。

―なるほど、いいスタジオになりそう。ますます進化しそうで楽しみな場所ですね。
「モトナビ」が二玄社で休刊になってから新会社で新創刊されるまでの経緯を簡単に教えていただけますか。

はい。昨年末に僕が編集長を務めていた「モトナビ」「バイシクルナビ」をはじめ、「NAVIシリーズ」の休刊を会社側(二玄社)から通告されました。われわれにとっては青天の霹靂でしたが、全体の部数減、広告減のなかで雑誌を維持していくのが難しいということだったのです。
さて、どうしようかといろいろ考えました。他社からは一部引き受けて出版しようかとの話もありましたが、僕ひとりだけ転職してもいままで通りやれるはずもなく、基本的には編集部が全員同じような体制でやれる方法を模索しました。
幸い協力者、出資者が現れて、何とか自分たちで会社をつくって出版を継続できることになったというのがことし1月~2月の動きです。考えてみたら1月5日に休刊の正式発表があって、1月末には新会社で継続しようと決めていましたからね。

―休刊号をつくっているときに、継続できるメドが立ったそうですね。

「モトナビ」「バイシクルナビ」ともに新・創刊
「モトナビ」「バイシクルナビ」ともに新・創刊
奇しくも同じタイトルになった創刊号と休刊号
奇しくも同じタイトルになった創刊号と休刊号

休刊号の校了近くになってです(笑)。ほんと土壇場の大逆転でした。ですから、休刊号は「さよならモトナビ」といったメッセージ満載なのですが、あとがきに僕が「継続できるようになりました」と書いてる(笑)。

―でも、それだけファンが多かったということですね。

いやぁ有難かったです。休刊発表が出たときから読者からいっぱい励ましのお便りをいただいてましたから、それに応えることができて本当にうれしかった。出資者も商売抜きで協力して下さる、広告クライアントもいままで通りお付き合いして下さる、そして読者は「われわれにできることは定期購読を予約することくらいですが・・・」と言って本を買って下さる。本当に編集者冥利につきるなと感動の数ヶ月でした。
でも、その後もハードルがあって、「NAVI」というタイトルを使うと商標権でひっかかってしまうことがわかったんです。そこで二玄社と粘り強く交渉して、その名前も使えるようにしたんです。
もうひとつラッキーだったのは、いままでは二玄社の別冊の形で出していた雑誌だったのですが、このたび正式に雑誌コードもとれまして、やっと一人前になれました(笑)。

―販売と広告の比率はどれくらいですか。

だいたい半々くらいです。僕以下7人のスタッフ(編集5人、営業2人)というコンパクトな組織でコストを抑えてやっているので十分ペイしますね。むしろいままでより広告も販売も微増してる現状です。出版社ではいろんなコストが上乗せされますから、なかなか維持が難しいものでも、身軽な組織で出してみると意外とうまくいくものですね。
それに広告のタイアップをつくる延長で、企業の広告制作も引き受けています。独自のスタジオだってあるわけですから(笑)。

―社名を「ボイス・パブリケーション」にした理由は何ですか。

僕は以前から「モトナビ」の巻頭で「VOIVE」というタイトルでコラムを書いていました。結構共鳴してくれて支持してくれる読者が多かったので、それが由来ですね。
ただ「VOICE」には声の他に、意見や主張といった意味もあります。やはりわれわれの仕事は読者にメッセージを伝えることだと思うんです。ですから、そんな意味も込めて「ボイス・パブリケーション」という名にしました。

―河西さんは最初から二玄社の編集者だったのですか。

空中スタジオのような編集部
空中スタジオのような編集部
編集部内は整然としていてお洒落だ
編集部内は整然としていてお洒落だ

いえ、僕は最初は広告代理店の営業マンでした。でもクルマ好きが高じて自動車雑誌の編集プロダクションに転職、そこで一通り勉強させてもらってから二玄社に入社しました。しかも二玄社の試験に落ちてる過去もあります(笑)。
「NAVI」はずっと読んでいて、こういうのやりたいなと憧れていたんです。
ようやく入れてもらった二玄社では憧れの「NAVI」の編集をやりました。そして2001年に「モトナビ」をつくるので編集長になりました。それから03年に「バイシクルナビ」の編集長も兼務するようになりました。
やっぱりクルマ好き世代というか、16歳になったらバイク、18歳になったらクルマの免許をとって乗り回すというのが当たり前といった世代だと思います。
アウトビアンキの中古を先輩から買って乗ったとき、初めて外車の面白さというものが分かった気がしましたね。
「NAVI」をやっているとバイクの取材もあるんですね。そこで大型免許持ってる僕の出番になる。モトグッチやハーレーに開眼したのもそんな経験をさせてもらったからですね。

―でも、河西さんの雑誌はマニアックなつくりではありませんね。

そうなんです。僕は実はメカ音痴だし、自転車のパンク修理もろくにできない(笑)。いわゆるマシン・オタク的なことは一切できないんです。こんな仕事をしているにもかかわらず、自分の知識の無さにコンプレックスを感じていたときもあったくらいなんですよ。
でも、ご覧いただいて分かるように、僕はマシン・オタクの本をつくっているのではなく、ライフスタイル誌をつくっているんです。ですから雑誌の中に人がいっぱい登場する。素敵なバイクや自転車のあるライフスタイルですね。

―趣味と仕事が一緒になっている感じですね。

そうです。僕はラッキーな編集者だと思います。自分の好きなことをやり続けられる仕事に出会うことができて。でも編集者は職人だと思うんです。そんな自分の思いやこだわりやスタイルを正確に伝えて読者に共感してもらえるワザを磨かなければならない。

―じゃあ24時間、仕事してる感じですか。

はい。10時頃から深夜まで仕事してます。休んでると落ち着かないタイプなんです。でもバンド活動もしてるんですよ。

―え?

「ダイナマイトポップス」っていうコミックバンドの司会兼ボーカルです。ユーチューブ見るといっぱい映像がアップされていますよ(笑)。
実はむかしは、真面目くさってつまんないバンドやってたんですよ。でも全然受けない。
こりゃあかんと。やっぱり人に楽しんでもらえないものは続かない。ということでコミックバンド(笑)。

―目立ちたがり屋(笑)。

ええ。やはり人に受けるってすごく刺激になるんですよ。リアルに目の前にいる人が反応することが面白いし、それを盛り上げている自分も面白い。一体感があるんです。
雑誌つくりもこんな一体感は必要なんだと思うんですが、読者との距離はありますよね。ライブでは瞬時ですから。でもその体験が雑誌上の読者とのコミュニケーションにも生きていると思っているんですよ。

―「モトナビ」や「バイシクルナビ」読者の併読誌というと何になりますか。

「培倶人(バイクジン)」「自転車生活」(ともにエイ出版)といったゆるい系の専門誌でしょうかね。実際本屋さんでは「モトナビ」はクルマ雑誌のカテゴリー、「バイシクルナビ」はスポーツ誌として扱われます。
僕はこの「モトナビ」を始めるとき、この世界にもっとメジャーな感じを与えたかったんですよ。そのためには専門誌ではなく、やはり豊かなライフスタイルを送っていてバイク好きの人たちに出てもらうのが一番よかった。表紙を有名人で飾るのもそんななかから出てきた手法です。でもそれがよかった、ファンを広められるきっかけになったと思っています。
クルマの雑誌もそうですが、動くためのものという共通項があって、その周辺にできあがるライフスタイルを扱うテーマでやるなら、クルマ、バイク、自転車共通の企画というのも成立しますね。幸い僕はそれらの編集を経験させてもらっているので、乗り物系の合同企画といったものはイメージしやすいです。

―デジタル版も出されました。

ええ、Lite版ですが、価格も抑えて350円で展開していますが、お陰さまで好評をいただいてます。値段や読み方を考えると、デジタルとの親和性の高い部分だけを安い値段で読んでもらうほうがいいみたいです。

―そして「エル・ジャポン」とコラボした本も出されるんですよね。

「エル」とのコラボが決まった「バイシクルビューティ」
「エル」とのコラボが決まった「バイシクルビューティ」

10月に出版する予定で動いています。「バイシクル・ビューティ」といって、去年二玄社で1冊つくった別冊だったんですが、お洒落にかっこよく自転車に乗る女性がターゲットになっています。うちがつくるコンテンツと「エル・ジャポン」編集部さんがつくるファッションとが合体した、都市型のお洒落なマガジンになる予定です。
ぜひ、こんな新しい試みにも注目していただけたら幸いです。

編集長の愛読誌

  • 1.Free and Easy(イースト・コミュニケーションズ)

    編集者のキャラクターを前面に出した誌面づくり、流行りを追いかけない大特集主義に編集者として勇気づけられる。

  • 2.DIME(小学館)

    出張で新幹線や飛行機に乗るとき、駅や空港の売店でついつい手が伸びる。気軽に流行をウォッチできるので重宝。

  • 3.BRUTUS(マガジンハウス)

    毎号、まったく異なるジャンルのネタを掘り下げる特集主義の本づくりは、編集者にとって大いなる興味と尊敬の対象。

  • 4.Riders(アシェット・ライフスタイルメディア/伊)

    ファッションとモーターサイクルを融合させたイタリア版MOTO NAVI?(笑)ヨーロッパに行ったときは必ず購入。

  • 5.GQ JAPAN(コンデナスト・ジャパン)

    紙ではなくデジタル版を読んでいる。動画などのリッチコンテンツの組み合わせ方、今後の雑誌の行方を示唆している。

(2010年9月)

取材後記
河西さんの新しいオフィスは浅草橋にほど近いところにありました。一見出版社らしからぬ佇まいですが、なかなかセンス良く考えられ機能的につくりこまれたオフィスです。
編集の皆さんもいきいきとされていて、新しいオフィスで新しい仕事を立ち上げていくといった希望に満ちた表情なのが印象的でした。
会社名も「出版」ではなく「パブリケーション」。後者のほうがより広くユーザーとの接点を広げ、クリエーションをするんだといった志を感じます。
こうなりゃ皆さん、本気で頑張っていいものつくってって下さいね。こんな形で休刊誌が蘇るなんてそれだけでも奇跡ですもの。河西さんはラッキーボーイというか、本当に編集者冥利につきる方だと思います。
知らなかったのは河西さんが現役のバンドマン、名司会者(?)でもあるということでした。さっそくYouTubeでダイナマイトポップスを見てみると、なんとそのときのゲストに、いまや参議院議員になられた三原じゅん子センセイのお姿が。思わずタイマーズの「ギーンギーン」という名曲を歌いたくなってしまいましたとさ(古いかな、笑)。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真
おすすめの購読プラン

MOTO NAVI(モトナビ) の無料サンプル

NO.49 (2010年10月23日発売)
NO.49 (2010年10月23日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOTO NAVI(モトナビ) を買った人はこんな雑誌も買っています!

バイク・自動車・乗り物 雑誌の売上ランキング

最大
50%
OFF
送料
無料

driver(ドライバー)

2021年09月18日発売

目次: driver(ドライバー) 2021年11月号

一塁“キャンバス”に牽制球
「ワゴンRスマイル」解説

知れば知るほどホームラン級
「カローラ クロス」ついに日本へ!

俊敏さも兼ね備えた長距離砲
「ランドクルーザー」徹底試乗

アメリカ育ちのユーティリティプレーヤー
「レガシィ アウトバック」実車見聞

最終打席でフルスイング!
「NSX タイプS」詳報

彼の地でデビュー……凱旋待ち遠し
「新型フェアレディZ」市販版が登場

【 輸入車ニューモデル試乗】
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント

人気のコンパクトカー&SUVを一挙掲載
優劣判定「○×」アルバム

シーズン到来! 便利な「ポータブル電源」も
キャンプアイテム ベストセレクション2021
HONDA ACCESS/FLEX/JAOS/EcoFlow/MARVELLOUS…etc.

基本のキから魅せる最新ホイール選びまで!
BBS / RAYS VOLK RACING / WORK /エーモン

最新カーグッズ使ってみた
KENWOOD ココデス EZ-950/
Data System ハイマウントリアカメラ RCK-91J3

regular
d’s pick up!「トヨタ、全固体電池はハイブリッドに?」
新車ぞくぞく「NEW CAR INDEX」

読者のコーナー
・読者の広場「クルマノラヂオ」

driver’s colum
・三好秀昌「ニッポン探訪」〈チゴハヤブサ〉
・島下泰久「じどうしゃのキモチ」
・丸山 誠「最新トピック 丸っと解説!」
・ケニー中嶋「日本人の知らない北米クルマ社会」
・今井亮一「悪い違反者ほどよく眠る」

峠狩り〈新潟県・枝折峠〉後編

News
・マル得ディーラー情報局&モデルチェンジ情報

読者プレゼント&クロスワード
熱田 護のF1 FOCUS
千葉 匠「カーデザインOld&New」
編集部がくやうら

休載:d’s総研、トーコのモータースポーツ挑戦記、高齢ドライバー安全運転強化書、New Goods、news&information、We LOVE RALLY、ぞっこん!愛車物語

参考価格: 650円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:325円

ニューモデル情報の正確性・速報性を確立した雑誌です

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/18
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

モトチャンプ

2021年10月06日発売

目次:

カブヌシさんのやりがちなNG整備を解決

プロショップが教える! トラブル回避術
サービスマニュアルには載っていない実践的なコツを伝授

TIRE【タイヤ】
カブ乗りならマスターしておきたいパンク修理のアレコレ。チューブ交換がオススメの理由とは!?

OIL【オイル交換】
ホンダのオイル開発担当者に直撃。初代C100時代から純正オイルとして採用され、今も多くのカブヌシに崇められている「G1」オイルがオススメの理由とは!? 暖気ナシでOKって本当!?

SETTING【セッティング】
意外と知らない? ポジションやレバー、クラッチの遊びなどを、もっと自分好みに調整するテクニック集。

WASH【洗車】
ハンターカブでオフロード走行した際に覚えておきたい洗い方を伝授。水をかけちゃダメなところも……。

TOOL【工具】
新しいカブの爪を割らずに整備できる便利ツールをレクチャー。カブに効く、必携工具が満載です!

REPAIR【修理】
タミヤカラーでつくるハンターカブの純正色。フィルムを貼って予防するのも意外と効果的!

緊急試乗Part1
CT125がモデルチェンジ! 新エンジン&新色登場!

緊急試乗Part2
モンキー125は5速エンジンに!!

新型グロムがパリダカ仕様になっちゃった!!

OTHER LINEUP
あなたの知らないご当地ナンバーの世界

RACER REPLICA NOW
NSR50フォーエバー

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:330円

読者を積極的にリードしていくトレンディー・マガジン

  • 2021/09/06
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/06
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/06
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

Motor Magazine(モーターマガジン)

2021年10月01日発売

目次: 《 本誌コンテンツ 》

【The Top News】
・フォルクスワーゲン ID.5 プロトタイプ 海外試乗
・ポルシェ 911 カレラ GTS 海外試乗

【第一特集】
『純ガソリンエンジン車に愛を込めて』
~今こそ乗っておきたい
◯ 10 CYLINDER V10 ENGINE
「V10自然吸気DOHCの咆哮を聞け」
・ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー
・アウディ R8 クーペ V10 パフォーマンス 5.2 FSI クワトロ Sトロニック
◯ 12 CYLINDER V12 & W12 ENGINE
「究極のレシプロエンジンにはドラマがある」
・フェラーリ 812 GTS
・ランボルギーニ アヴェンタドール LP780-4 ウルティメ
・アストンマーティン DBS ヴォランテ
・ベントレー コンチネンタルGT マリナー
◯ 6 CYLINDER STRAIGHT 6 ENGINE
「気持ちが良いエンジンと言えば直列6 気筒だ」
・BMW M440i xDrive カブリオレ
◯ 6 CYLINDER FLAT 6 ENGINE
「911とフラットシックスは不可分の存在」
・ポルシェ 911 カレラ系/ 911 ターボ系/ 911GT3 系/ 718 4.0 GTS 系
◯ 5 CYLINDER STRAIGHT 5 ENGINE
「アウディの魂は今なお進化を続ける」
・アウディ TT RS クーペ
・アウディ RS3 セダン&スポーツバック
・アウディ RS Q3&スポーツバック
◯ 8 CYLINDER AMERICAN V8 ENGINE
「新世代のOHVが織りなす走りは欧州スポーツとは一線を画す」
・シボレー コルベット コンバーチブル
◯ 8 CYLINDER BRITISH V8 ENGINE
「さながら“最後の晩餐”? 完熟のV8を味わう」
・ジャガー Fタイプ Rクーペ
◯ 6 CYLINDER ITALIAN V6 ENGINE
「このV6には紅い血が流れている」
・アルファロメオ ジュリア 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオ
◯ 4 CYLINDER STRAIGHT 4 ENGINE
「直4搭載車ならではの人馬一体感」
・メルセデスAMG A 45 S 4マティック+
・ルノー メガーヌ R.S.トロフィー
◯ EPILOGUE
「ハイパフォーマンスエンジンへの希望と期待」

【第二特集】
これ、どんなクルマ?
『ちょっと注目しておきたい最新SUV 7モデル』
Part 1 「大幅な進化が感じられるポルシェの電動化」
・ポルシェ カイエン Eハイブリッド クーペ
Part 2 「12気筒エンジンならではの動的質感」
・ベントレー ベンテイガ スピード
Part 3 「スタイルと実用性の融合は、まさに才色兼備」
・アウディ Q5 スポーツバック ファーストエディション
Part 4 「シャープなスタイリングと大人っぽさ」
・アウディ Q2 35 TFSI アドバンスド
Part 5 「もうハンドルから手を離す必要はない」
・ボルボ XC60 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション
Part 6 「ナチュラルなハンドリングが魅力」
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.0 ターボ Q4 ヴェローチェ
Part 7 「200kgの軽量化で軽快に走れる」
・トヨタ ランドクルーザー ZX

【特別企画】
◎ 旗艦としての真価 新型レガシィ アウトバック
「世界で認められた “上質と安全” を手に入れた」
◎ IAAモビリティ2021 レポート
「新たな時代へと向かうモビリティショーへ」
◎ TIRE CLIMAX SPECIAL
「最新スタッドレスタイヤコレクション2021-2022」
・ヨコハマ iceGUARD 7
・ブリヂストン BLIZZAK VRX3
・トーヨータイヤ OBSERVE GIZ2 ほか

【Motor, Magazine and Man】
「五輪と四輪の差」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「IAA ミュンヘン国際自動車ショーレビュー」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「クロスハンド派、大増殖中」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「箱根・翠松園」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・ホンダ シビック EX
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「ラリージャパン開催中止を受けて」
〇 日本ブランドの行方
・レクサス IS
◯ M for More
・コボテクト サンブロックフィルム
・トタルエナジーズ、ル マンへの挑戦
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「今こそ知っておきたい福祉車両」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「ヒッパレ~♪ ヒッパレ~ 前から引っ張れ~」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「F1で2強を脅かす伏兵現る」
〇 the ジドーシャ論
「日産スポーツ名車たちの〝神通力〟を見た」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・高木貴史さんと日産スカイライン ハードトップ 2000 ターボインタークーラー RS-X
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の四

《 別冊付録コンテンツ 》

『輸入車 最新諸元 データブック 2021』
~今、日本で買える主要インポートブランド全モデルのデータを掲載

参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:625円

1955年創刊。現在もっとも歴史のある自動車雑誌です。

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

4 鉄おも

ネコ・パブリッシング

最大
10%
OFF
送料
無料

鉄おも

2021年10月01日発売

目次: ★特別付録:マンガと一緒におぼえよう!『鉄道ワードバッチリカード』

◎特集:こども電車相談室!

今月の特集はこども電車相談室。編集部にとどいた、読者のみなさんの質問にお答えします。

・東海道新幹線「のぞみ」はどうして「はやぶさ」「こまち」のような色じゃないの?
・新幹線の重さはどれぐらいですか?
・ドクターイエローはどうやって検測をしているのですか?
・鉄道車両は何種類あるのですか?
・電車が使う電源は何種類あるのですか?
・パンタグラフがある車両とない車両の違いはなんですか?
・電車はどうやって作るの?
・駅には「東海道線」という案内表示がありますが「東海道本線」と何が違うのですか?
 
ほか


【その他コンテンツ】

■京都鉄道博物館に「きかんしゃトーマス」登場!

■相模鉄道21000系がデビュー

■リバイバル特急「スーパーはつかり」を運転

■マンガでんしゃ遠足隊

■クイズ!電車でドン!

■JR九州の黒いDD200形が登場!

■とっても便利な直通特急

■今、乗っておきたいJR205系

ほか

参考価格: 730円

鉄道&おもちゃの情報誌『鉄おも』。電車好きのお子さん、そしてパパ、ママに大人気な雑誌です。

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

SUBARU MAGAZINE(スバルマガジン)

2021年10月11日発売

目次: スバルのベストバイSUV
フォレスター総論
・SK型フォレスターを大特集!
・マイチェンD型再研究
・SF〜SKアーカイブ
・北米仕様ウィルダネス
・カスタムパーツ情報テンコ盛り

NEW MODEL
アウトバック/WRX

BRZ特集 街乗りインプレ/世界一早いオフ会!?/パーツ情報
エマージェンシー対策
スーパーGTでNEW BRZ初優勝!
祝レオーネ生誕50周年

参考価格: 1,300円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:650円

SUBARUのすべてを知るならこの1冊!

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/16
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

Mr.Bike BG(ミスター・バイク バイヤーズガイド)

2021年10月14日発売

目次: ■ 昨年中止の春の絶版車運動会、規模を縮小して開催! ■
巻頭特集は「多田憲正さんに捧 ~時代を創ったZ1&GPZ900R~」。誰もが認める名車Z1をデザインした多田さんはGPZ900Rニンジャの造形にも携わっていた。1970年代、そして1980年代と日本の新しいスタンダードを創造した2台のデザインを紐解きます。そして多田さんの「意匠への情熱」を、Z1のデザインスケッチを始め数々の品から感じます。
 ・~・~・~・~・~・
そろそろ本気で注目したい'90S&'00Sでは、「スポーツする空冷」YAMAHA XJR400を取り上げています。熟成と多様性・贅沢な20年間に誕生したバイクたちに焦点を当てます。
 ・~・~・~・~・~・
この夏、バイクで旅したときに生身で感じた出来事や瞬間、見た光景などの思い出=あなたが撮った“この夏の一枚”を数回に分けて紹介します。市川仁が絶版車を斬るでは'92 Honda CBR250RR、THE “FACTORY STOCK” では、'72 KAWASAKI 350SS、最終回となるピンクナンバーガールでは'68 SUZUKI ウルフT90を取り上げています。
 ・~・~・~・~・~・
愛の絶版車生活2&4では「Z750FOUR と日産Skyline 2000GT-Rを愛する男」「ZEPHYR1100RSと日産Skyline 2000GTを愛する男」の二人を紹介。その他、東本昌平「雨はこれから」、中古車特選街、パーツBOXなどレギュラーも充実です。

《 目次 》

【特集】
多田憲正さんに捧ぐ
『時代を創った Z1&GPZ900R』
〇 1970年代の頂点 KAWASAKI Z1/Z2
〇 1980年代の革新 KAWASAKI GPZ900R
〇 日本式、新しいスタンダード
〇 その姿は意匠の極みだった
〇 周りの人々を振り向かせる魅力にあふれている Z1
〇 スピードの呪縛から解放されたいまこそ、ニンジャ第二章の始まり GPZ900R
〇 Z1/GPZ900R・車両解説
〇〝頂点のZ1〟のデザインを紐解く・3Sの結晶
〇 意匠への情熱・多田憲正さん自身の品々より
〇〝革新のGPZ900〟のデザインを紐解く・すべてを新しく
〇 多田さん、僕らは走り続けます
〇「乗りたい!」気持ちに応えるSHOPの声
・モリヤマエンジニアリング
・ウエマツ
〇 GEARS IMPRESSION

【東本昌平 描き下ろし漫画】
『雨は これから』 第72話 まだ青ネギを植える

【colors & special】
◆ BG Information
・日本人専用ライディングブーツ「WILD WING ホーク WWM-012」
・写真募集「忘れじのカワサキ空冷4気筒400」
・第3回小玉絵里加トライアルスクール「トライアルを楽しもう!」
◆ GO AHEAD 2021 SUMMER Vol.1
「あなたが撮った “この夏の一枚” 」
◆ マニアックバイクコレクション
「財布が軽い僕らの味方」バイクカタログ
◆ 春の絶版車運動会 2021 Part1
「吹き飛ばすパワー!」
◆ 愛の絶版車2&4生活
・Z750FOUR と 日産 Skyline 2000GT-R を愛する男
・ZEPHYR1100RS と 日産 Skyline 2000GT を愛する男
◆ THE “FACTORY STOCK”
・1972 KAWASAKI 350SS S2T
◆ 続・絶版稀少車黙示録
・YAMAHA TDM850(1999)
◆ 仁斬る!!
・HONDA CBR250RR [1992]
◆ Next Challenge Team 87
「華、人気の理由に納得」
・HONDA CT125 ハンターカブ
◆ 若者よ、何故、絶版車に乗る!?
「物心ついたときから永ちゃん&COOLS」
・Kawasaki Z1 オーナー
◆ Haji9
「そろそろ本気で注目したい'90S&'00S」
・YAMAHA XJR400
◆ 真 We're BIKE LOVE
「ZZR がやたら多い(笑)〝リボルト〟の巻!」
◆ Kで作るCBオールドレーサーProject
「キャブレターからインジェクションに大変更、その34」
「HSR 九州 鉄馬 with βTITANIUMに参戦してきた!!」
◆ PINK NUMBER GIRL
「精悍なマシンと美しいミッドセンチュリーのコラボレーション」
・1968 SUZUKI WOLF T90
◆ Welcome to TRIAL WORLD
・第一回BGトラキャン開催!
◆ 足立区2スト戦争勃発!?
・短パンのイサオ WITH カワサキ 90SSS(1969年)
・麦ワラのイワノWITH カワサキ 125B1L(1966年)
◆『改』 PARKING ONLY
・Z1000LTD 改
◆ マニアック昭和コレクションツーリング
・JR川越線沿線の旅 その2 大宮~川越駅 編
◆ 神出鬼没
「ハンターで初ビーナスライン」編
◆ 読神Present

【mono regulars etc.】
◇ Yellow Page 情報玉手箱
◇ 俺のエゴ
「ライダーの本音」
◇ オータバイ的苦楽部活動
「GT550整備後にGT77で200マイルカレー」
◇ シン・闘魂 “最速伝説への道”
「GSX1000S & GS1000S レストア製作記」
◇ 田舎暮らしのススメ
「白内障手術成功」
◇ ノンポリアの北関東通信
◇ BG解放区 読者のページ
◇ 激募/勝島部屋から 編集後記

【new models&items】
◇ NEW MODEL EXPRESS
・SUZUKI GSX-S1000 / GT試乗
◇ New Item News 今月の新製品

【used bike information】
◆ 欲しい一台が見つかる中古車情報「USED BIKE〝特選街〟」
◇ 中古パーツの館「PARTS BOX」

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:315円

絶版バイクにスポットを当てたバイク情報誌

  • 2021/09/14
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/14
    発売号

  • 2021/06/14
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/14
    発売号

送料
無料

CAR GRAPHIC(カーグラフィック)

2021年10月01日発売

目次: 内燃機関を堪能する V12から直3まで
新型スバルBRZを公道で徹底試乗
フェラーリ812GTS/ロールス・ロイス・ゴースト/ポルシェ911ターボSカブリオレ/シボレー・コルベット・コンバーチブル
トヨタ・ランドクルーザー/アウディQ5スポーツバック/キャデラック・エスカレード/IAAミュンヘン・モビリティショー詳報

FOUR AT THE CORNERS
竹下元太郎/Georg Kacher/渡辺敏史

NEWS JUNCTION
SUMMING UP/ SUSHI & CHIPS|Peter Nunn

巻頭:新型スバルBRZを公道で徹底試乗

SPECIAL
特集:エンジン礼讃
内燃機関を堪能する V12から直3まで
V12:フェラーリ812 GTS/ロールス・ロイス・ゴースト
V8:シボレー ・コルベット・コンバーチブル/レクサスRC F
水平対向6:ポルシェ911 直6:BMW M3コンペティション/メルセデス・ベンツS400d
直4:ホンダ・シビック・タイプR 直3:トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”

GGのオモチャ箱

GROUP TEST
メルセデス・ベンツEQA vs レクサスUX300e

ROAD IMPRESSION
トヨタ・ランドクルーザー/アウディQ5スポーツバック
キャデラック・エスカレード

NEW MODEL
ホンダNSX Type S/スバル・レガシィ・アウトバック

IAAモビリティ2021

駄車・名車・古車 デザイナー的見解
スポーツカープロファイル
アームチェア・エンスージアスト
中矢龍二、ロイテマンを語る
モーターシティ、昨日・今日・明日
定期購読のご案内
新刊のご案内
CG CLUBのご案内

LONG & SHORT TERM TEST
ホンダe /ランドローバー・ディフェンダー110
ロータス・エキシージ・スポーツ390ファイナルエディション/ポルシェ911タルガ4

CGRT
THEN AND NOW
WARNING LAMP

THE GARAGE PRESS
THIS MONTH'S TOPIC/ CLUB NEWS/ BOOK REVIEW/ CGTV
吉田 匠的ヒストリックカー考/高島鎮雄 機械式のススメ
CLIP BOARD/ webCG/ PRESENT

CG MOTORSPORT FORUM
マンスリートピック
もうひとつの視点
WRCリポート
F1リポート
モータースポーツ結果表
TEST DATA/価格一覧/統計/FROM DESK

参考価格: 1,300円

徹底的なテストに基づき厳正中立な評論で定評の自動車専門誌

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

CARトップ(カートップ)

2021年09月25日発売

目次: 今月は新型車ラッシュ! 北米仕様がお披露目されたスバル新型WRXをはじめ、アウトバック、カローラ クロス、GT-R T-SPEC、ワゴンRスマイルなどを徹底取材。そしてMTモデル設定で話題の新型シビックには“ドリキン”土屋圭市さんが試乗。大絶賛です! そのほか人気YouTuber五味チャンが上級車からの乗り換えにも堪えるハイブリッドコンパクトカー3車「ノートオーラ/アクア/フィット」を乗り比べるほか、クルマ好きの有名ミュージシャンにも聞いた「最後に乗りたい内燃機関モデル」、人気ファッション雑誌“ViVi”で専属モデルを務める古畑星夏チャンがMT車に乗る新連載など、今月も内容爆盛りでお届けします! 

【主な内容】
・WRX/アウトバック/カローラ クロス/GT-R T-SPEC/ワゴンRスマイルetc…… 誌上モーターショー2021
・ノートオーラ/アクア/フィット YouTuber五味チャンのイチオシは?
・“プチバン”ルーミーはなぜ売れる? ソリオと比較で実力チェック
・新型シビック公道試乗 ドリキン大絶賛!
・ラリードライバー新井大輝選手が新型BRZ購入→即チューニングスタート!
・最後に乗りたい内燃機関モデルは?  あの有名ミュージシャンにも直撃!
・世界のクルマ0-100km/hグランプリ 最速車はなんと1秒台!?
・[新連載]“ViVi専属モデル”古畑星夏チャンがS660に初試乗!
・不屈のレーサー 青木拓磨の挑戦

参考価格: 450円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:225円

SCOOP連発!大人気新車情報マガジン!

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/03/26
    発売号

送料
無料

GT-R Magazine(GTRマガジン)

2021年10月01日発売

目次: 初代(ハコスカ)誕生から50年以上の歴史を持つGT-R。ただでさえ特別な存在である「名車」ですが、歴代GT-Rの中には限定車や記念車など、さらにスペシャルなモデルたちが多数存在していました。今号では各世代の「希少モデル」にスポットを当てて、生まれた背景やそのスペック、標準モデルに対しての変更点などについて紹介しています。2002年に第2世代GT-Rのラストモデルとして1,000台限定で販売された「R34型スカイラインGT-R V-specⅡ Nur/M-spec Nur」は、発売当時の新車価格が610万~630万円。それが、今ではユーズドカーが3000万円を超える価格で取り引きされています。主に海外からの需要増で第2世代GT-R全体の中古価格が高騰していると言われていますが、その中でも希少性の高い限定モデルの相場は時間が経つにつれて驚くほど上昇しています。GT-Rが投機目的として売買されることに関しては大変残念に思いますが、それだけ多くの人がその価値を認めているということです。発売から14年近くが経ちそろそろモデル末期といわれている現行モデルのR35型GT-Rですが、最新2022年モデルにも「T-spec」という特別限定車が設定されました。GT-Rファンならば「おー!」と思わず声を上げるボディカラーも復刻。「レアモノR」の仲間入り間違いなしのT-specを含め、R32/R33/R34/R35のスペシャルな一台を紹介しています。

【主な内容】
●これがR35GT-Rのラストモデルになる!?「100台限定車 T-spec詳報」
●R34純正N1ターボと徹底比較「NISMO R3ターボの実力診断」
●10月24日(日)富士でGT-R祭りを開催!「R’s Meeting 2021 イベント告知」
●サーキット最速Rを手掛ける職人の心意気「GT-R賢者の指南書 ガレージ伊藤」
●第2世代GT-R最終進化形の変遷を辿る「BNR34進化の系譜」
●AUTOBACS SUPER GT 2021「GT-R連勝で歓喜!」
●平成チューニング 調律の系譜「インタークーラー」編
●大切なGT-Rと末永く付き合うために「排気チューンの現在地と未来図」
●R32/R34/R35 「スタッフカー運行日誌」 etc.

参考価格: 1,300円

究極のスカイラインバイブル

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

MOTO NAVI(モトナビ) の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌