INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) 発売日・バックナンバー

全30件中 1 〜 15 件を表示
5,238円
【表紙写真】

上:ラジャスタン原子力発電所(RAPS)で行われたインドで25基目となる原子炉の着工式 [7月18日 ラワトバタ]
下:印パ外相会談に臨むS.M.クリシュナ外相とヒナ・ラッバーニ・カル外相 [7月27日 ニューデリー]


===============================================================================
特集:グジャラート─未来型産業地域の可能性
================================================================================

マルチ・スズキやフォードなど、最近、グジャラート州への自動車メーカー進出の動きが活発化している。臨海州である同州への集中投資は、国内向けだったインド製造業がグローバル展開に向かう兆候といえよう。
スマートシティ構想や自然エネルギー導入など、インドにおける先進地域、グジャラート州の可能性を展望する。


===============================================================================
特集:インドビジネス・成功の法則(第65回)
================================================================================

都市と地方でインドに貢献 [日本工営]

昨年5月、デリー・ムンバイ間貨物専用鉄道(DFC)西回廊事業のコンサルタントに選ばれた日本工営は、インドの円借款土木事業で圧倒的な実績を持つコンサルタント会社だ。
地方と都市の両輪で活躍する同社のインド事業は新たな高みへ向かいつつある。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆クリントン国務長官訪印、第2回印米戦略対話
◆前進しない印米原子力協力、焦点は損害賠償規定
◆政権発足後2度目の内閣改造、シン政権、最後の改造か
◆次期総選挙、BJPの首相候補は誰か?
◆ムンバイで再び連続テロ事件、国内のイスラム過激派関与か
◆AP州テランガナ分離問題、議員が集団辞職表明
◆ケララ州の新政権、旧政権のインフラ計画を継承
◆UP州、州主任医務官殺害事件─保健基金の汚職疑惑も浮上

【注目ニュース】アフガンから手を引きたい米国


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:RBI、第1四半期レビュー、政策金利を0.5%引き上げ
◆外国直接投資(FDI):総合小売業へのFDI、条件付き解禁へ
◆DEPB:エンジニアリング輸出急増、輸出優遇制度との関連か?
◆印米経済協議:印米戦略的経済提携協議、米国務長官が訪印
◆農業:昨年度の食糧生産、過去最高の2億4,156万トン
◆農村経済:農村地帯での消費が増加─国民消費調査
◆景気減退懸念:財務相、経済界首脳と会談─アクション・プランを作成へ
◆内閣改造経済:関係閣僚の交代、主要閣僚には変更なし

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆アパレル:都会の若者のアパレル需要、ブランド志向が顕著に

◆通信:昨年度の携帯電話端末販売、ノキアの後退が鮮明に
【グラフ】携帯電話販売額の推移/携帯電話契約数の推移/政府の携帯電話販売額予測
【グラフ】ブランド別携帯電話端末のシェア(GSM方式/CDMA方式)
【表】地場系メーカーの生産拡大計画

◆今月の注目ニュース(6/21~7/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)・その他輸送機器
◆トヨタ自動車:TKMが初のハッチバック「リーバ」を発売
◆スズキ:マルチ・スズキ、新型「スイフト」を8月発売か
◆GM(米):小型車「ビート」のEV版を初披露
◆ダイムラー(独):インドに金融サービス子会社を設立
◆ルノー(仏):オートエキスポ2012に新開発小型車を披露へ
◆フィアット(伊):インド向け小型車を開発・発売へ
◆タタ・モーターズ(印):スペインでハイブリッド・バス受注
◆タタ・モーターズ(印):用地返還裁判で最高裁が仮処分命令
◆フォース・モーターズ(印):新型SUVで乗用車市場参入
◆自動車業界、労働規制の緩和を要望
◆本田技研工業:「ユニコーン」納車は6カ月待ち
◆トライアンフ(英):来年にもインドのバイク市場に本格参入
◆ヒーロー・ホンダ(印):ヒーロー・モトコープに社名変更
◆ヒーロー・モトコープ(印):研究開発部門の強化を模索
◆住友電装:インド合弁のMSSLが独ペグドルムを買収
◆プリコル(印):2015年までに売上高を170億ルピーに
◆マヒンドラ・エアロスペース(印):インド初の国産航空機が近く完成

電気・電子機器
◆ソニー:ノートPCでシェア20%を目指す
◆カシオ計算機:売上目標は20%増の25億ルピー
◆LG電子(韓):3Dモニターでゲームセンター事業を展開

精密機器
◆オリンパス:インド市場でシェア10%を目指す

機械
◆ダイキン工業:エアコン価格の引き下げに注力
◆不二越:精密工具の生産子会社を新設
◆ニッキ:インドに子会社を設立
◆東洋エンジニアリング:インドで尿素技術供給契約を調印
◆ビルラ・スーリヤ:総合生産設備に540億ルピー投資

鉄鋼
◆JFE商事:ムンバイ近郊に鋼材加工センターを設立
◆タタ・スティール(印):第1四半期の粗鋼生産が過去最高に
◆JSWスティール(印):鉄鋼生産量がインド1位に

化学
◆三井化学:OPaLに技術ライセンス供与
◆ユニ・チャーム:生理用ナプキン市場に参入

医療・医薬品
◆ボシュロム(米):インド点眼薬市場に参入へ
◆第一三共・ランバクシー(印):後発エイズ薬で米ギリアドと合意
◆オプト・サーキッツ(印):AEDの日本販売でオムロンと合意
◆グレンマーク・ファーマ(印):後発薬訴訟で第一三共と和解

食品・飲料
◆味の素:インドに医薬中間体事業の合弁会社を設立
◆ダノン(仏):現地法人の配給システムを統合

卸売業
◆岩谷産業:グルガオンに現地法人を設立

不動産・住宅
◆フェニックス・グループ(印):複数プロジェクトに200億ルピー

輸送・物流
◆日本通運:プネ地区で通関ライセンスを取得

インフラ関連
◆アルストム(仏):水力発電プロジェクト3件を受注

金融・保険
◆シティ・グループ(米):インド事業、2010年度は78%増益
◆エーデルワイス・ハウジング・ファイナンス(印):個人向け住宅融資300億ルピーの融資を目指す
◆インド生命保険公社(印):金融市場への投資予定額は2兆ルピー超

不動産・住宅
◆タタ・グループ(印):500ユーロ住宅を発売へ

外食
◆ピザハット(米):インド国内の宅配事業を強化へ

アパレル
◆エルメス(仏):ムンバイに1号店をオープン
◆リライアンス・ブランズ(印):化粧品・婦人服でLVMHと提携交渉

サービス
◆三菱総合研究所:鉄道高速化調査のため現地入り
◆オベロイ・ホテルズ(印):旅行誌の読者投票で世界上位に
◆リライアンス・メディアワークス(印):米デジタル・ドメインと提携

その他
◆インドの個人消費、今後3年間で14%の高成長
◆インド市場を牽引する企業20社─トップはインフォシス


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

【新連載】インドを動かす50人(第3回)
◆なお多彩な顔ぶれの財閥リーダーたち
ヌスリ・ワディア/アディ・ゴドレジ/ラフル・バジャージ/ケシュブ・マヒンドラ
◆ワディア家 家系略図

PTI Features─インド最大の通信社特集記事から
◆ブラマプトラ河へのダム建設と印中関係

インドひろい読み
◆私の言い分 「企業はもっと地方に力を注ぐべきだ」 パティル大統領 ほか
◆インド紙社説 「物足りない内閣改造」

インド複眼─今月の視点
◆父・杉山龍丸が半生を捧げたインドにグリーン・ファーザーの足跡を尋ねて 杉山満丸

新刊案内
◆『サイエンティフィック・インディアン The Scientific Indian』
著者/Abudul Kalam ,Y.S. Rajan 発行/Penguin Viking, 2010 価格/399ルピー

味ないんど
◆出漁準備


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

欺瞞法案作成に時間を費やす愚
5,238円
【表紙写真】

上:西ベンガル州のママタ・バナジー新首相と会談した齋木昭隆駐インド大使 [6月2日 コルカタ]
下:太陽光発電容量を6カ月で10万キロワット増やす方針を示したグジャラート州のナレンドラ・モディ州首相 [6月10日 サバルカンサ]


===============================================================================
特集:インド急成長企業10社─主役はITからインフラ系へ
================================================================================

かつてインドの急成長企業といえば、もっぱらIT企業だった。
しかし2005年度以降の業績では、成長企業の中心はインフラ系に完全にシフト。これら成長企業のプロフィールと共に、今後の事業展開を紹介する。


===============================================================================
特集:インドビジネス・成功の法則(第64回)
================================================================================

地方都市の開拓で50%成長 [キヤノン インディア]

キヤノン・インディアの2010年(1月-12月)売上は約126億ルピー(約2億8,100万ドル)。
前年比でおよそ50%増の伸びを記録した。この急成長を支えているのは、同社が積極的に展開している中堅の地方都市市場の開拓だ。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆3年目の第2次UPA政権、課題はインフレと汚職問題
◆インド、兵器輸入で世界第1位、核弾頭数も増加
◆パキスタンの中国接近、米国の圧力かわす作戦失敗か
◆汚職対策、苦慮するUPA政権
◆ママタ・バナジー政権の1カ月─日本も投資に関心
◆タミル・ナドゥ州新政権、前政権の政策廃止進める
◆マハラシュトラ州、協同組合銀行をめぐる政治
◆UP州における与野党対立、州選挙を意識

【注目ニュース】インドが目ざす世界の多極化


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆円借款:インド向け円借款協定調印、6事業へ1,326億円
◆金融政策:基本金利を0.25%引き上げ、インフレ対策を強化
◆世界経済見直し:IMF経済見通し改定、成長率8.2%に据え置き
◆外国直接投資(FDI):対印FDIに復調の兆し、対外直接投資は急増
◆直接税:直接税収1兆ルピーを突破、景気減速懸念を払拭
◆日印経済協力:日印CEPA、8月から発効─経済関係の大幅拡大期待
◆国際通貨基金:IMF専務理事、ラガルド仏経済相が後継に
◆景況感:景気見通しに意見分かれる─6月のPMIは2%下落

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆自動車:インドのバイク生産台数、2015年度には2,300万台に
【グラフ】ICRAによるインドのバイク生産台数予測
【表】ICRAによるインドのバイク潜在需要層人口予測

◆バイオ:昨年度のバイオ産業売上、過去5年間で最高の伸び
【グラフ】インドのバイオ産業規模 【グラフ】部門別の輸出/国内売上比
【表】インド・バイオ企業の売上高ランキング

◆今月の注目ニュース(5/21~6/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)
◆スズキ:新工場に1,800億ルピーを投資
◆スズキ:マネサール工場スト13日間で終結
◆トヨタ自動車・豊田中央研究所:オゾン濃度をシミュレーション
◆日産自動車:インド初工場で生産10万台突破
◆本田技研工業:HMSIの生産能力を増強
◆住友電装:MSSL、2010年度決算は2ケタの増収増益
◆ブリヂストン:トラック・バス用タイヤの生産を開始
◆五十嵐電機製作所:ボッシュとのインド合弁、チェンナイに新工場
◆ジャガー・ランドローバー(英):買収から3年で過去最高益か
◆ジャガー・ランドローバー(英):インドでの組み立て生産を開始
◆フェラーリ(伊):インド第1号店のショールーム開設
◆ルノー(仏):来年にも販売網を75都市100店に
◆ロバート・ボッシュ(独):今後3年間で250億ルピーを投資
◆タタ・モーターズ(印):ジャガー・ランドローバーの貢献で純益3倍増
◆タタ・モーターズ(印):NEDOの支援で省エネ発電
◎ジャガー・ランドローバー(JRL)がインド生産開始で高級車市場は競争激化へ

電気・電子機器
◆パナソニック:印向け製品開発でタタ・グループなどと協力
◆日立製作所:インド事業拡大で体制を強化
◆日立製作所:Hi-Relへの資本参加について協議を開始
◆ダイキン工業:インドで研究・開発拠点を開設へ
◆安川電機:インドでインバータの生産・出荷開始
◆ロイヤル・フィリップス(蘭):乳幼児ケア商品の販売網を拡大
◆サムスン電子(韓):インド市場の売上収益でLGを逆転
◆LG電子(韓):法人向けビジネス機器市場に参入
◎インドは最も重要な家電市場─米ワールプール会長

精密機器
◆カシオ計算機:G-SHOCKも広告にラビシャイ・シンを起用

機械
◆東洋エンジニアリング:インド初の大型合成ゴム製造設備を受注

鉄鋼
◆住友鋼管・住友商事:インドで自動車用鋼管事業の合弁設立
◆双日・三菱日立製鉄機械・日立製作所:タタ・スチールから熱間圧延設備を受注
◆タタ・スチール(印):2010年度決算で黒字に転換

その他製品
◆コクヨ:インドの文具大手カムリンを買収

インフラ関連
◆マヒンドラ・サティヤム(印)・シュネーデル・エレクトリック(仏):スマートグリッド展示施設を開設

資源・エネルギー
◆インド石油公社(印):ガソリンスタンドのセルフ化促進
◆アジュア・パワー(印):グジャラート州太陽発電事業が進展

運輸・輸送
◆日本通運:JIT物流の専門子会社を設立

不動産・住宅
◆フェニックス・グループ(印):複数プロジェクトに200億ルピー

小売・流通
◆ウォルマート(米):短期黒字化よりチェーン拡大を優先
◆マークス&スペンサー(英):インド店舗を来年までに10店増
◆リライアンス・リテール(印):現金卸売事業に8月参入
◆ショッパーズ・ストップ(印):2014年度までに24店舗

食品・飲料
◆コカ・コーラ(米):農村部対策に太陽電池の冷却機
◆コカ・コーラ(米):ペットボトルのリサイクルで合意

情報・通信・IT
◆ソフトバンク:取締役にバルティ・エアテルのミタル会長
◆ゼンリン:地図会社最大手との提携によりインド市場進出
◆ノキア(フィンランド):モバイル金融サービスを拡大
◆マヒンドラ・サティヤム(印):携帯クーポン配信システムを始動

金融・保険
◆第一生命保険: インド合弁で保険料収入を倍増へ

サービス
◆インド・ビジネス・センター:「被災中小企業をハリヤナ州に」提言
◆リクルート:インド現地法人を設


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

【新連載】インドを動かす50人(第2回)
◆インド経済の最前線に経つ財閥リーダーたち
ラタン・タタ/ムケシュ・アンバニ/アニル・アンバニ/クマール・マンガラム・ビルラ
◆【表】タタ・グループの主な傘下企業

PTI Features─インド最大の通信社特集記事から
◆「プリヤンカ政界入り」はあるのか

インドひろい読み
◆私の言い分「我々が投入する5車種の中に、超低価格車(ULC)は入っていない」ルノー・インディアのマルク・ナシフ社長 ほか
◆インド紙社説 「インフレを飼い慣らすには」

インド複眼─今月の視点
◆インド緑化の父、杉山龍丸

新刊案内
◆ 『ガンディーの言葉』
著者/マハートマ・ガンディー 翻訳/鳥居千代香 発行/岩波ジュニア親書 価格/819円(税込)

味ないんど
◆スパイス


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

ラフル・ガンディーの見果てぬ夢

5,238円
【表紙写真】

上:「日本の被災中小企業を集める『エコ・シティ』をハリヤナ州に」─ハリヤナ州投資誘致セミナーで提言。壇上に立つ当社IBC社長の島田卓 [5月28日 ニューデリー]
下:ソニア・ガンディー国民会議派総裁に、州議会選挙勝利を祝福されるトリナムール会議派のママタ・バナジー党首 [5月16日 ニューデリー] (PTI)


===============================================================================
特集:2011年 インド自動車産業事情─台頭する自動車大国で何が起きているのか?
================================================================================

インドの自動車生産台数はすでに世界第7位。小型車を中心に国内市場が急拡大中だ。
部品産業も含め、技術水準の向上も著しい。モータリゼーションが急速に進行するインドにおける自動車産業の現状と課題をレポートする。


===============================================================================
特集:インドビジネス・成功の法則(第63回)
================================================================================

印保険市場の課題と可能性 [東京海上日動火災保険]

東京海上日動火災保険はインドに最も早く進出した日系損保。
その合弁損保IFFCO TOKIO GENERAL INSURANCE(ITGI)は保険料収入で民間3位(2010年度)。年間扱い保険料も180億ルピーを超え、東京海上グループのアジア地域の損保事業として最大規模に成長している。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆ビンラディン容疑者殺害─印パ米の動き
◆空軍次期戦闘機選定、米ロ外れて欧州2機種が候補
◆汚職問題、与党議員が逮捕・起訴
◆州議会選挙結果、国民会議派の政局運営
◆西ベンガル州議会選挙、左派が歴史的敗北
◆州議選、タミル・ナドゥ、ケララで州政権交代
◆UP州グレーター・ノイダ、土地取得をめぐる対立
◆原発計画で揺れるマハラシュトラ州

【今月のキーワード】 印豪の接近─日米印豪の対中政策


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆経済成長率:10年度の経済成長率は8.5%、第4四半期は7.8%に減速
◆シン政権3年目:満2周年を迎えたシン政権、経済改革の促進に期待
◆製造業政策:製造業の振興策、工業生産の停滞に対処
◆IMF:IMFトップ後継問題、インドも注目
◆国際会議:インド・アフリカ首脳会議、貿易会議も同時開催
◆FDI外国直接投資:FDI低迷打破へ、規制緩和を促進

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆インフラ:都市インフラ整備への投資額、今後20年で60兆ルピー
【グラフ】インド主要都市の人口予測(TERI大学研究グループによる)

◆家電:昨年度の冷蔵庫販売、前年比15%増の840万台
【グラフ】インド冷蔵庫年間販売台数
【グラフ】タイプ/サイズ別構成、冷蔵庫のブランド別価格帯(直冷型/霜なし型)

◆今月の注目ニュース(4/21~5/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)
◆トヨタ自動車:トヨタ・キルロスカ、予定より早く通常稼働に
◆スズキ:経済的弱者の若者10万人に運転教習
◆スズキ:「ワゴンR」の累計販売が100万台超
◆日立化成・日本ブレーキ工業:インドに摩擦材料の製造子会社を設立
◆本田技研工業:HMSI、世界戦略車「CBR250R」を発売
◆ヒーロー・ホンダ(印):新契約のライセンス料は450億円
◆BMW(独):インドでエンジン組み立て開始
◆ダイムラー(独):インドで小型車を生産へ
◆ボルボ(スウェーデン):商用車ローンでBNPパリバと提携
◆フォード(米):インド中古車市場に参入
◆GM(米):2012年までに年間41万台に生産増強
◆北汽福田汽車(中):プネに初のインド工場建設
◆タタ・モーターズ(印):商用車販売にポイントプログラム

電気・電子機器
◆パナソニック:6,000人をインドで新規雇用
◆パナソニック:グルガオンにR&D拠点
◆ソニー・コンピュータエンタテインメント:プレステを親世代に売り込み
◆住友電装:系列3社を吸収合併
◆加賀デバイス:インドに現地法人を設立
◆LG電子(韓):3Dテレビ販促に30億ルピー
◆ゴドレジ・アプライアンシズ(印):音楽プレイヤー付き冷蔵庫を発売

精密機器
◆リコー:ITサービスのモメンタム・インフォケアを買収

機械
◆神鋼環境ソリューション:インド合弁会社の業務を開始
◆ジェイテクト:2010年度は純益3倍増
◆GE(米):超臨界圧タービンを投入

鉄鋼
◆新日本製鐵:タタ・スティールとの合弁事業の起工式

インフラ関連
◆東芝:エコシティのFS調査を報告

資源・エネルギー
◆バーラト重電機(印):60万キロワット火力発電機の試運転に成功
◆タタ・パワー(印):風力・太陽光発電に130億ルピー
◆JSWエナジー(印):今年度の計画投資額は300億ルピー

ガラス・土石製品
◆TOTO:ムンバイに現地法人を設立
◆黒崎播磨:耐火物メーカー最大手を子会社化

医薬品・医療
◆アラガン(米):顔用美容製品で60%成長へ
◆ピラマル・ヘルスケア(印):金融事業進出に100億ルピー

化粧品
◆ウテナ:インド市場に3ブランドで6月参入

運輸・輸送
◆SBSホールディングス:国際物流企業の株式を取得
◆エッサール・シッピング(印):港湾・海運強化に1,170億ルピー

住宅・不動産
◆3C(印):ホテル事業に参入
◆アダニ・リアリティー・ビジネス(印):グジャラート州でニュータウン開発
◆タタ・ハウジング(印):高級住宅街をグルガオンに開発へ

情報通信・IT
◆タタ・コンサルタンシー・サービシズ(印): 10年度の四半期連結売上高が過去最高を記録

金融・保険
◆三井住友銀行:ニューデリー駐在員事務所の業務を開始
◆十六銀行:インドステイト銀行と業務提携へ
◆東京海上ホールディングス:エーデルワイスの生保合弁、営業許可を取得
◆第一生命保険:保険料収入が前年度73%増

繊維・アパレル
◆インディテックス(スペイン):ZARAに同業者から熱い視線

小売・流通
◆フューチャー・グループ(印):インド全国で巨大工業団地を建設

外食
◆ラバッツァ(伊):カフェ・チェーン網拡大に注力

サービス
◆ジャイピー・スポーツ・インターナショナル(印):F1チケット売上目標は15億ルピー
◆リライアンス・アニメ(印):アニメ専門学校を全国で設立
◆ユニノール(印):健康情報の携帯アプリを提供


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

【新連載】インドを動かす50人(第1回)
◆多士済々の女性政治家たち
ソニア・ガンディー/J・ジャヤラリタ/マヤワティ・クマリ/ママタ・バナジー
◆タミル・ナドゥ州/西ベンガル州議会選挙の結果(グラフ)

PTI Features─インド最大の通信社特集記事から
◆第12次5カ年計画の成長率目標は9-9.5%

インドひろい読み
◆私の言い分 「成長とインフレ抑制は矛盾するものではない」 インド中銀(RBI)のスバラオ総裁ほか
◆インド紙社説 「ビンラディン殺害は印パ関係修復のチャンス」

インド複眼─今月の視点
◆インド社会と宗教─時代に寄り添いつつ、今なお生活に浸透

新刊案内
◆ 『インド:ポートレート』 India:A Portrait
著者/Patrick French 発行/Penguin India, Knopf 価格/699ルピー (Penguin India)

味ないんど
◆ベランダで調理


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

インド最大の政治的実験―西ベンガル州は復活するか
5,238円
上:クリケットW杯、インドが28年ぶりに優勝。チームメイトにかつぎ上げられ、ファンに手をふるサチン・テンドゥルカル選手 [4月2日 マハラシュトラ州ムンバイ] (PTI)
下:インド国家災害対応部隊(NDRF)、宮城での救援活動を終えて帰国 [4月13日 ニューデリー] (PIB)


===============================================================================
特集:インドの損害保険産業─民間参入後10年でどう変わったか?
================================================================================

インドの損害保険市場に民間参入が始まって、今年はまる10年を迎えた。
過去10年間で損保市場はどのように変化し、成長してきたか?
主要各社の動向を中心に俯瞰する。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆BRICSと印米日、インドの全方位連携外交
◆印パ「クリケット外交」─テロ事件後初のパ首相訪印
◆インドの総人口は12億人超─国勢調査速報値発表
◆汚職防止対策法制定をめぐる動き
◆インド国家災害対応部隊、宮城で震災救援活動

【近隣諸国】 米牧師コーラン焼却、アフガンで暴動
【今月のキーワード】 インドの政治改革─汚職追放


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:RBI、金融政策を発表─0.5%の利上げ
◆第12次5カ年計画:第12次計画「最終案」─計画委員会、全体会議
◆財政法:財政法(2011)成立─サービス税の課税拡大
◆G20不均衡是正:G20会合、インドも監視対象国に
◆BRICS5カ国会議:サミットと貿易会議を開催
◆WTO:ドーハ・ラウンド流産の懸念─米と新興国との対立激化

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆建設:次期5カ年計画の建設需要、17.7兆ルピーに倍増へ
【表】各5カ年計画期の推定建設需要(ICRAの分析による)

◆家電:昨年のルームエアコン販売、39%増の388万台
【グラフ】ルームエアコン販売の推移/メーカー別販売シェア推移
【グラフ】ルームエアコンのメーカー別販売価格帯(最大小売価格)─ウィンドウ型/セパレート型

◆今月の注目ニュース(3/21~4/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)
◆スズキ:3月新車販売、過去最高の12.2万台
◆スズキ:年間300万台に向け新工場を検討
◆トヨタ自動車:3月新車販売は過去最高の9,726台
◆本田技研工業:量産二輪車市場に本格参入
◆本田技研工業:ラジャスタン州で1,500人雇用
◆本田技研工業:ヒーロー・ホンダから撤退完了
◆日産自動車:日印合弁後の第1弾車種を披露
◆ヤマハ発動機・三井物産:来年にもスクーター市場に参入
◆ブリヂストン:震災の影響はインドに波及せず
◆BMW(独):今年も高級車販売トップ目指す
◆アストンマーティン(英):インド高級車市場進出
◆マセラティ(伊):高級車市場へ進出
◆現代自動車(韓):セダンの上級新型車を発売
◆タタ・モーターズ(印):商用車生産が10万台突破
◆ヒーロー・ホンダ・モーターズ(印):3月販売実績は51.6万台

電気・電子機器
◆シャープ:インド事業を再編・強化
◆パナソニック:11年度売上目標は900億ルピー
◆安川電機:インド合弁会社を完全子会社化
◆ソニー・エリクソン:スマートフォン2機種を投入
◆デル(米):インドで売上20億ドルを目指す
◆LG電子(韓):冷蔵庫売上400億ルピー目指す
◆LG電子(韓):3-4年後のインド売上、本国を逆転へ
◆LGモバイル(韓):インドの売上300億ルピーを目指す
◆PLGパワー(印):太陽電池工場を新設へ

精密機器
◆富士フイルム:マーケティング予算を倍増
◆キヤノン:広告に10億ルピー投入へ
◆ローム:チェンナイに販売会社を設立

機械
◆コベルコ建機:インド工場、操業開始
◆ディア(米): 農民研修事業でグジャラート州と連携

医薬品・医療
◆日本光電:グルガオンに販売子会社を設立
◆GEヘルスケア(米):心疾患診断装置をインドで開発
◆フォルティス(印):中小都市で病院チェーンを展開
◆サン・ファーマ(印):新興市場向けジェネリック薬で米メルクと合弁へ

建設
◆清水建設:インドに100%子会社を設立
◆ラーセン&トゥブロ(印):メトロ建設資金の調達にメド

紙・パルプ
◆インターナショナル・ペーパー(米):製紙大手を2億6,000万ドルで買収

資源・エネルギー
◆マハラシュトラ州発電公社(印):発電能力倍増に5,000億ルピー
◆インド・ガス公社(印):ガス事業統合管理システムが始動

運輸・輸送
◆グルガオン・メトロ(印):運行開始は2013年1月か
◆インディゴ(印):エアバス機14機を導入

情報通信・IT
◆NTTドコモ:タタ・テレサービシズへ追加出資

金融・保険
◆国際協力銀行:ICICI銀行向け貸付契約に調印
◆日本生命保険:資本参加には政府承認が必要
◆野村アセットマネジメント:インド資産運用合弁会社を発足
◆アジア開発銀行:太陽光発電への融資に信用保証

その他
◆インド商工会議所連合会:2010年度の求人の6割は中小都市


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの外食チェーン
ニルラズ/ドミノ・ピザ/ヤム・グループ/スターバックス・コーヒー/マクドナルド/カフェ・コーヒー・デイ(CCD)
◆マヘンドラ・シン・ドニ(プロクリケット選手)
◆数字を読む 「インドの宝飾品」

インドビジネス・成功の法則(第62回)
◆インド物流変革への挑戦 [インド日本通運]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース49)
◆読者の皆様へ─バルガバ氏による連載の最終回

インドひろい読み
◆私の言い分「あと20歳若ければ……」 タタ・グループ総帥 ラタン・タタ会長ほか

◆インド紙社説「タミル・ナドゥ州でバラマキ選挙再び」

インド複眼─今月の視点
◆「カバディ」に見る秘められた日印交流史

インドの社会を知る(第127回)
◆時代に名を残す人々 二ティシュ・クマール(4)

新刊案内
◆ 『中国・インドの戦略的意味 【グローバル企業戦略の再構築】』 アニル・K・グプタ/ ハイヤン・ワン 著 (同文館出版)

味ないんど
◆津波の後の風評被害


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

マンモハン・シン首相最後の仕事
5,238円
上:東日本大震災の被災者に祈りを捧げる子どもたち [3月11日 グジャラート州アーメダバード]
下:クリケットW杯、インド対パキスタン戦の開始前に選手たちと握手を交わすシン首相とパキスタンのギラニ首相 [3月30日 パンジャブ州モハリ]


===============================================================================
特集:インド生保市場、日本勢の挑戦─日印合弁生保会社の現地トップに聞く
================================================================================

インドの生命保険市場への日系企業参入が本格化しつつある。2008年に参入した第一生命に続き、今年中にも東京海上日動火災が生保事業を開始し、この3月には日本生命がリライアンスの生保事業に26%の出資を行なうことを発表した。インド生保市場の主要参入各社の動向を俯瞰する。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆インドの支援、原発見直しで日印原子力協力にも影響か
◆東日本大震災に対するインド国内の反応
◆米外交公電が明かす印パ関係の舞台裏
◆2008年の信任投票における買収疑惑
◆州議会選挙の注目点と選挙協力などをめぐる各党の動き
◆テランガナ州創設問題をめぐる混乱
◆【ウィキリークス】2005年、スリランカ内戦の対応に揺れたインド

【今月のキーワード】
南アジアの政治的復讐─ユヌス=グラミン銀行総裁の解任─


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:RBI、8度目の利上げ、インフレ対策を継続
◆輸出は好調:2月で年度目標突破、輸出倍増計画
◆UNIDO:インド、世界のトップ10入り─国連機関:世界工業統計
◆景気見通し:景気に陰りか?IIP伸び率鈍化に懸念の声
◆税制改革:憲法修正案 国会に上程、統合税、来年度導入を目指す
◆世銀リポート:日本の大地震の影響は?世銀、東アジア経済リポート
◆東日本大地震:インドから多数の支援と激励
◆FDI政策:FDI規制緩和、外資導入の活性化を図る

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆消費:都会の子供の小遣い額、過去6年で10倍以上に増加

◆家電:ブラウン管カラーテレビ販売、2010年はマイナス成長
【グラフ】ブラウン管カラーテレビ販売台数の推移/液晶テレビ販売台数の推移
【グラフ】2010年ブラウン管カラーテレビ販売
【グラフ】カラーテレビのブランド別価格帯(2010年─ブラウン管テレビ/液晶テレビ(LED液晶含む))

◆今月の注目ニュース(2/21~3/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/テレビ生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

自動車(四輪・二輪・部品)
◆スズキ:今年度は25%増収の見込み
◆スズキ:スポーツセダン広告に8,000万ルピー
◆スズキ:マルチが累計生産1,000万台
◆トヨタ自動車:ユニット生産の新工場を起工
◆トヨタ自動車:小型車販売好調で月産倍増へ
◆トヨタ自動車:来年6月までに年産21万台に
◆日産自動車:7都市で販売店をオープン
◆本田技研工業:ヒーロー株売却額は時価の半額
◆デンソー:インド向けに4つの熱交換器を開発
◆ロールス・ロイス(英):インド国内の販売網拡充を企図
◆フォルクスワーゲン(独):環境対応の高級車を3月に発売
◆フォルクスワーゲン(独):マルチ・スズキ車を欧州で販売か
◆ボッシュ(独):今後3年間で130億ルピーを投資
◆タタ・モーターズ(印):新排ガス基準適合車を発売へ
◆マヒンドラ&マヒンドラ(印):双龍自動車の買収手続きを完了

電気・電子機器
◆パナソニック:電子機器リサイクルを本格展開
◆パナソニック:ハリヤナ州に環境配慮型工場
◆キヤノン:法人向け事業で売上20%増を目標
◆シャープ:教育電子化の実証実験に参加
◆LG電子(韓):生産強化などに150億ルピー

機械
◆NTN:南部に第2の生産拠点を設立
◆コベルコクレーン:AP州に専用工場を建設

鉄鋼
◆JSWスティール(印):来月にも製綱能力が国内最大に

医薬品・医療
◆第一三共(ランバクシー):2010年決算で利益5倍増
◆ウォックハルト(印):ヒトインシュリンの販売で米会社と提携
◆ドクター・レッディー(印):3年以内に売上10億ドルを目指す
◆ルピン(印):日本市場にジェネリック薬10種を投入


化学
◆大陽日酸:空気分離装置をインドに建設
◆マリコ(印):ベトナムの化粧品会社を買収

資源・エネルギー
◆リライアンス・インダストリーズ(印):天然ガス田の権益30%をBPに譲渡
◆バーラト重電機(印):2つの火力発電プロジェクトを受注

物流・輸送
◆日本郵船:欧州─印パ・サービスを開始

住宅・不動産
◆タタ・ハウジング・ディベロップメント(印):低価格住宅開発に約300億ルピー

食品・飲料
◆ペプシコ(米):サルマン・カーンを広告に起用

情報通信・IT
◆バルティ・エアテル(印):3G携帯サービスの地域を拡大

金融・保険
◆国際協力銀行:インド企業投資ファンドに出資
◆三井住友銀行:コタックとインフラファンド設立
◆日本生命保険:リライアンス・ライフへ306億ルピー出資
◆バークシャー・ハサウェイ(米):W.バフェット氏、損保代理店業務を展開へ
◆マックスNY(印):大学進学向け学資保険を発売

小売・流通
◆ネイチャーズ・バスケット(印):店舗売上40%増を目指す

サービス
◆ノキア(フィンランド)/リライアンス・コミュニケーションズ(印):インドで携帯向けアプリを販売
◆ミグ33(シンガポール):携帯電話での仮想ギフト交換が急成長

メディア・広告
◆ソニー:映像制作のトレーニング施設を開設

その他
◆インド郵政局(印):郵政サービスのサイトを開設


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの国営企業
ナブラトナ/インド石油天然ガス公社(ONGC)/インド鉄鋼公社(SAIL)/インド石炭公社(CIL)/ヒンドゥスタン・アエロノーティクス(HAL)/ステイト・バンク・オブ・インディア(SBI)/インド国営航空(NACIL)
◆アーシャ・ボースレ(歌手)
◆数字を読む 「新聞・雑誌広告の業界別内訳」

インドビジネス・成功の法則(第61回)
◆幹部人材への要請に応える [パソナグループ]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース48)
◆自動車産業の未来─環境、エネルギーを意識した技術力の向上を目指して

インドひろい読み
◆私の言い分「インドは新興国ではない」 ウォーレン・バフェット氏ほか

◆インド紙社説「日本の原発大事故から学ぶこと」

インド複眼─今月の視点
◆日本は「異質」を活かすオープンシステム型への転換を─須田 アルナ ローラさん

インドの社会を知る(第126回)
◆時代に名を残す人々 二ティシュ・クマール(3)

新刊案内
◆『インド・から』 水島 司 著(山川出版社)

味ないんど
◆マンゴ売り


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

「今日の次は明後日」と考える必要性
5,238円
上: 新年度予算案発表へ向かうムカジー財務相 [2月28日 ニューデリー]
下:日印包括的経済連携協定(CEPA)に調印後、前原外相と会談を行うシャルマ商工相 [2月16日 東京]


===============================================================================
特集:国家予算案2011/経済白書2010
================================================================================

国家予算案2011
2月28日、2011年度国家予算案が発表された。金融危機後の景気刺激策により、インドの経済成長は幅広い業界で堅調だ。今回の予算案は、雇用や汚職など多くの諸問題に対してもそれなりの対策を組み込んだ、バランスのある内容となっている。


経済白書2010
2010年度のインド経済は、政府の効果的な財政出動が奏功して世界金融危機からいち早く回復を遂げた09年度の勢いをさらに加速させた。来年度はいよいよGDP成長率が9%台を回復すると予想される。ただ、本格的な景気回復に伴って加熱するインフレの鎮静化は依然、大きな課題となっている。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆印パ和平協議再開と米国の影
◆カルマパ17世の不正蓄財問題 中国スパイ疑惑は潔白?
◆予算国会が開幕 パティル大統領、シン首相が演説
◆相次ぐ与党の汚職疑惑
◆アンドラ・プラデシュ州、テランガナ問題で混乱続く
◆ネパール新首相に統一共産党のカナール書記長
◆在外インド人に選挙権の付与

【今月のキーワード】中国の本音―インドは米国による中国包囲網の一部


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆日印経済協定:日印CEPA調印、貿易額は倍増へ
◆円借款:総額464億円を供与、生物多様性保全など
◆鉄道予算:乗客に愛される国鉄を 乗車料金値上げはしない
◆経済成長率:10-12月期は8.2%成長 サービス業が好調

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆予算:新年度予算案への業界の反応─「隠れ増税」に一部で反発

◆家電:衛星放送加入者数、3千万人超─DVDプレーヤー市場は縮小
【グラフ】年間販売台数/メーカー別販売シェア/メーカー別価格帯/DTHサービス契約数

◆今月の注目ニュース(1/21~2/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送機器
◆スズキ:小型車「Aスター」を日本に輸出
◆現代自動車(韓):新ディーゼル・エンジン工場を建設へ
◆GM(米):インド開発の新型ガソリン・エンジン発表
◆キリウ:インド拠点の増強を発表

電気・電子機器
◆サムスン電子(韓):2010年度は売上58%増
◆LG電子(韓):農村市場の開拓に本腰
◆アップル(米):iPadをインドで正式発売
◆フィリップス(蘭):インドの街路照明市場に参入へ

機械
◆神戸製鋼所:L&Tと合弁でタイヤ・ゴム機械事業を展開
◆ヤンマー:ノイダに現地法人を設立
◆前川製作所:チェンナイ工場の操業を開始
◆ケンピ(フィンランド):アーク溶接機工場を建設へ

鉄鋼
◆伊藤忠丸紅鉄鋼:インド北部の鋼材加工・鋼管製造事業に出資
◆山陽特殊製綱:5月にデリー事務所を開設
◆ポスコ(韓):環境省が追加条件つきで製鉄所建設を認可

化学
◆双日:硫酸カリ肥料・工業塩生産プロジェクトへ出資

医薬・製薬
◆第一三共(ランバクシー):露ヤロスラブリ州と保健・医療の充実で協力へ
◆タカラバイオ:デリー子会社設立で売上10億円達成を目指す

その他製品
◆ヴェルサーチ(伊):ニューデリーに高級家具店を出店
◆サンゴバン(仏):太陽電池用基板ガラスの工場新設へ
◆ジレット(米):10-12月期は26%増収も47%減益
◆オリフレーム(スウェーデン):化粧品の新製品350種を投入へ

食品・飲料
◆コスタ・コーヒー(英):インドでカフェ・チェーン網拡張へ
◆ラバッツァ(伊):コーヒー豆の事業拡大に12億5,000万ルピー
◆家族亭:ニューデリーの合弁会社設立手続きが完了

情報・通信
◆NECほか:通信サービス・機器関連で外国企業の参入相次ぐ

インフラ関連
◆三菱商事:シン首相、インフラ投資環境の整備を約束
◆日立製作所:BGRとの合弁発電設備生産は2014年稼働
◆東芝:NTPCとCO2分離回収事業を交渉中
◆興和:アダニ・グループと包括的事業提携
◆三菱重工業:超臨界圧石炭焚きボイラー・蒸気タービンを受注
◆行田電線:太陽電池事業でモーザー・ベアと提携

物流
◆内外トランスライン:ロジスティクス・プラス・インディアの株式取得

サービス
◆MGMホスピタリティ(米):ブルーコースト・ホテルズ系企業と提携

金融・保険
◆三井住友銀行:ニューデリー駐在員事務所の開設認可を取得
◆東海東京フィナンシャル・ホールディングス:レリゲア・エンタープライズと業務提携へ
◆三菱東京UFJ銀行:地方電化公社に1億ドル融資を計画

広告・メディア
◆電通:合弁主要3社を100%子会社化



================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドで活動する中国企業
華為技術(ファーウェイ)/中興通訊(ZTE)/海爾集団(ハイアール)/上海電気集団(SEC)/葛州覇集団(CGGC)/東方電機(DEC)
◆ジャイラム・ラメシュ(上院議員、環境・森林担当国務相)
◆数字を読む 「若い世代の結婚観に変化」

インドビジネス・成功の法則(第60回)
◆製販一体でインド事業を刷新 [パナソニック・インディア]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース47)
◆11年度の予算案─さらなる成長に向けて、政治家汚職への対応と財政赤字の対策

インドひろい読み
◆私の言い分「政府は“魔法のランプ”を持っているわけではない」 ムカジー財務相ほか
◆インド紙社説「国勢調査に寄せる期待」

インド複眼─今月の視点
◆経済連携とインド理解-舞踏家・野火杏子さんによる古今のインド文化紹介

インドの社会を知る(第125回)
◆時代に名を残す人々 二ティシュ・クマール(2)

新刊案内
◆『海外インフラ整備プロジェクトの形成』藤野陽三、赤塚雄三、金子彰、堀田昌英、山村直史 (鹿島出版会)

味ないんど
◆水を運ぶ


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

バランス予算の行方
5,238円
上:大規模太陽光発電所、グジャラート州で操業開始。ナレンドラ・モディ州首相が視察 [1月22日 ガンディーナガル]
下:共和国記念日。地元で開催される祝賀パレートに向かう女学生ら [1月26日 パティアラ]


===============================================================================
特集:快適生活を求めて─インド駐在生活の知恵
================================================================================

社会的なコミュニケーションや住環境など、インドでの生活は日本と大きく異なる。しかし、近年は都市部を中心に生活インフラの整備など、利便性も確実に向上している。より快適に、インドでの駐在生活を実り多いものとする知恵をお分けします。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆胡錦濤国家主席訪米とインド、印米中トライアングル
◆スリランカ海軍、インド漁民を殺害?インド内政にも波及
◆汚職問題をめぐる与野党対立
◆シン政権、内閣改造実施
◆テランガナ州創設問題
◆内戦の傷跡のこるスリランカ北東部で洪水被害
◆共和国記念日をめぐる諸動向

【今月のキーワード】日印関係―大使交替


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆RBI・金融政策:政策金利を引上げ、インフレ抑制を目指す
◆ダボス会議:ダボス会議開催 今年もインドは積極参加
◆WTO交渉:ドーハ・ラウンド、2011年中の妥結を目指す
◆新年度予算:新年度予算は2月28日に発表、経済界からの要望事項を協議
◆IMF:年次審査、インドに利上げを提言
◆内閣改造:シン首相、内閣改造を実施。小幅な改造で人心一新を狙う
◆TN州と基本合意:タミル・ナドゥ州への投資促進、日本政府と基本合意
◆財政赤字:財政赤字幅縮小。対GDP比は5.5%以下に

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆自動車:自動車サービス人材需要、2015年には130万人を突破
【グラフ】自動車関連サービス人材の内訳(2010年時点)
【グラフ】自動車関連サービス人材の予想需要

◆家電:家電業界売上高ランキング、LGがトップに
【グラフ】インド家電業界2009年度売上高ランキング

◆今月の注目ニュース(12/21~1/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆スズキ:今年度生産台数は120万台の見込み
◆スズキ、ホンダ、トヨタ:自動車商品魅力調査、日系3社が6部門トップ
◆スズキ:100%自社開発車を2012年までに発売へ
◆フォルクスワーゲン(独):2010年インド販売、前年比10倍増
◆GM(米):ハロール工場に1億ドルを追加投資
◆トヨタ:SUV「フォーチュナー」の受注を再開
◆トヨタ:「エティオス」のラインオフ式を実施
◆日産:新型グローバルセダン、インド発売は来年後半
◆ブリヂストン:5月から商用車用ラジアルタイヤを生産

機械
◆東芝:エッサールから蒸気タービン発電設備を受注

電気機器
◆ダイキン:中小都市などで販売拠点を強化へ
◆キヤノン:蘭オセの販売網統合で業務用印刷機事業を強化
◆ハイアール(中国):今年の売上目標は倍増の170億ルピー
◆コニカミノルタ:複写機・プリンター市場でシェア25%を目指す
◆日立ホーム&ライフ・ソリューションズ:インドに洗濯機を年内投入
◆ソニー:今年度は売上54%増の見込み

資源・エネルギー
◆新日本製鐵:タタ・スティールとの合弁契約を正式に締結

インフラ関連
◆三菱重工業:スマートコミュニティづくりで覚書を締結
◆日揮、日本アイ・ビー・エム:都市インフラ支援で提携

化学
◆富士フイルム:本社海外売上でのシェア20%を目指す

金融・保険
◆みずほコーポレート銀行:ルピー建て為替予約取引の取扱を開始
◆第一生命保険:第一生命のインド合弁、農村市場に注目
◆大和証券グループ:印アセットマネジメント会社の買収を完了

食品・飲料
◆コカ・コーラ(米):小売マネジメント専門コース開設でISBと提携

IT関連
◆ノキア(フィンランド):インドで最も信頼されているブランドは「ノキア」

サービス
◆ボストン・コンサルティング・グループ(米):インドの通信市場、5年で1.5倍に
◆カルフール(仏):インドの通信市場、5年で1.5倍に


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの流通・小売業
フューチャー・グループ/タタ・グループ/リライアンス・グループ/バルティ・グループ/アディティヤ・ビルラ・グループ/ITC
◆エラットゥバラピル・スリーダラン(デリーメトロ鉄道公社総裁)
◆数字を読む 「ビューティーケア商品への支出割合」

インドビジネス・成功の法則(第59回)
◆L&T三菱重工のハジラ生産事業[L&T-MHIボイラー(LMB)/L&T-MHIタービン・ジェネレーター(LMTG)]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース46)
◆次世代エネルギー─自動車台数の増加と環境対策

インドひろい読み
◆私の言い分「大手流通資本が進出するためには、まず農村部のインフラを整備しなければならない」シャルマ商工相ほか
◆インド紙社説「マイクロファイナンスの改革なるか」

インド複眼─今月の視点
◆半世紀にわたる日印人材交流-「ヒンドゥ日立スカラシップ」

インドの社会を知る(第124回)
◆時代に名を残す人々 二ティシュ・クマール

新刊案内
◆『12億の常識が世界を変える インド』長谷川慶太郎 著 (ポプラ社)

味ないんど
◆ココナッツの皮剥き


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

インド汚職体質改善策
5,238円
【表紙写真】

上:新年を待ちわび、2011を人文字で描く女学生ら [12月19日 ブバネシュワル]
下:「エティオス」発売を従業員とともに喜ぶトヨタ自動車の豊田章男社長 [12月1日 バンガロール]


===============================================================================
特集:2011年、インドビジネスの注力分野と商機─商社(住友商事、丸紅)の現地トップに聞く
================================================================================

事業への出資・投資から経営まで、産業分野や業種を問わず、インドの日本商社の活動は旺盛だ。
その代表格といえる住友商事と丸紅の現地トップに、インドで注力している分野と2011年の事業展望を聞いた。
ここから、インドにおけるビジネス潮流、日本企業の商機を考えたい。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆2011年の外交展望-外交政策の要となる南アジアの安定化-
◆2011年の内政展望-電波不正疑惑の対応で力量が問われるシン政権-
◆相次ぐ大国首脳のインド訪問、中国との懸案解決はならず
◆2G疑惑と空転する冬季国会
◆ウィキリークスから見えてきたパキスタンの問題

【今月のキーワード】外交と内政とのギャップ


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆RBI・金融政策:政策金利据え置き、流動性緩和に配慮
◆首脳外交:主要国首脳の訪印続く、いずれも大型商談をまとめる
◆FDI:低迷続くFDI、4-11月の累計額は27%減
◆経済成長:今年度の経済成長率は9.2%、相次ぐ楽観的見通し
◆第12次5カ年計画:10%成長を目指す、第12次計画の最終案
◆インド企業週間2010:「企業活動が成長の原動力」シン首相、企業週間を開会

経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数/コアセクター/貿易
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆日用消費財(FMCG):インドのFMCG産業、2020年には4兆ルピー規模に
【グラフ】所得層の世帯数構成予測
【グラフ】日用消費財業界の売上規模─過去の推移と将来予測
【グラフ】主な大手小売チェーンの店舗数(2009年時点)
【グラフ】組織小売業の浸透率

◆小売:インドのショッピングモール、2012年までに100カ所増加
【グラフ】都市別モール数予測

◆今月の注目ニュース(11/21~12/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆スズキ:11月国内販売、2カ月連続の10万台超え
◆トヨタ:新開発小型車「エティオス」を発売
◆トヨタ:エンジン工場建設に50億ルピー追加投資
◆日産:フィールド・クオリティ・センターを開設
◆日産:新MPVでトヨタ「イノーバ」に挑戦
◆ボルボ(スウェーデン):インドのバス合弁を子会社化
◆豊田自動織機:産業車両の販売会社を設立
◆本田技研工業:ヒーロー・ホンダからの撤退を決定
◆住友金属工業:スティールホイールメーカーへ出資

電気機器
◆東芝:液晶テレビでシェア10%を目指す
◆パナソニック:エアコンでシェア15%増を目指す
◆サムスン電子(韓):冷蔵庫工場新設に7,500万ドル
◆LG電子(韓):インドを世界の生産ハブに
◆フィリップス(オランダ):家電の研究・開発センターを新設へ
◆テカムセ(米):コンプレッサーの売上拡大に意欲

機械
◆パナソニック溶接システム:インドでアーク溶接機のシェア1位を目指す
◆ZWZベアリングス(中国):子会社設立でインドに本格参入

鉄鋼
◆伊藤忠丸紅鉄鋼:コイルセンターに出資
◆三井物産:ISCが鋼板リテールセンターを開設
◆神戸製鋼所:エッサールと自動車用鋼板生産のFSに合意

化学
◆住友化学:インドの農薬製造・販売会社を買収

医薬品・医療機器
◆オムロン:売上倍増を計画
◆第一三共(ランバクシー):ランバクシーの米事業が急好転か?
◆レキットベンキーザー(英):パラス・ファーマを買収へ

その他の製品
◆TOTO:インド最大の住設展示会に出展
◆住友商事:水ビジネスでワバッグと戦略提携
◆豊田通商:レアアース製造工場建設計画を推進

食品・飲料
◆カールスバーグ(デンマーク):インド5カ所目の醸造所が操業開始
◆マクドナルド(米):グジャラート州の店舗網を4倍に拡充へ
◆スターバックス(米):インド進出に再挑戦
◆KFC(米):インドで500店体制を目指す
◆エトカー(独):インド第4工場を建設へ

エネルギー
◆九州電力:再生可能エネルギー発電の合弁設立契約へ
◆東芝:BHELとT&D合弁の正式合意が間近か

物流
◆日通:「ニムラナ・ロジスティクス・センター」を竣工

情報・通信
◆システマ(露):携帯電話サービスをグジャラート州で開始
◆ファーウェイ(中国):今後5年間でインドに20億ドルを投資

保険・金融
◆三菱東京UFJ銀行:NTPCに3億ドル融資へ
◆東京海上日動火災:合弁損保ITGIが設立10周年

メディア
◆日本経済新聞社:世界環境ビジネス・フォーラムを開催
◆日本繊維輸入組合(JTIA)、経産省:繊維業界視察団がムンバイを訪問


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インド系日本人
兼高かおる(本名:兼高ローズ)/真理アンヌ(本名:福村デヴィ)/和泉新(いずみ・あらた)/ダース・ローマシュ匡(たすく)/村上世彰(よしあき)/アナスタシア・マルホトラ/グローバー義和
◆ニティシュ・クマール(ビハール州首相、ジャナタ・ダル統一派代表)
◆数字を読む「キャリア公務員試験(AIS)の合格率」

インドビジネス・成功の法則(第58回)
◆ホンダ 二輪事業の新展開 [ホンダ・モーターサイクルアンドスクーター・インディア(HMSI)]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース45)
◆環境問題への対応策─自動車台数の増加と排出ガス規制

インドひろい読み
◆私の言い分「インド企業の倫理が厳しく問われている」マンモハン・シン首相 ほか
◆インド紙社説「スキャンダルと株価」

プロの視点
◆核不拡散と原子力協力-平和利用を共通目的に、技術協力関係の構築を

インドの社会を知る(第123回)
◆社会格差は持続しつつも、先に進むインド

新刊案内
◆『砂マンダラ―インド人間模様』 恵原義之 著(海風社)

味ないんど
◆魔除け/お飾り?


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

縮み思考からの脱出
5,238円
【表紙写真】

上: ディワリ祭前夜、幸運を運んでくれる神様が道に迷わないよう明かりを灯す女性たち [11月4日 コリコード]
下 : 米オバマ大統領が初訪印、インドの国連安保理常任理事国入りを支持 [11月8日 デリー]


===============================================================================
特集:最新 インド物流事情
================================================================================

インドの物流事情は日本と大いに異なる。道路、鉄道などの物流インフラ整備が不十分なだけでなく、社会構造の複雑さゆえ、商品流通の仕組みの近代化にはいまだに多くの障壁がある。
とはいえ貿易量が拡大し、外国企業の進出も増える中、適時適切に輸送する商品流通のロジスティクスが求められ、国内の流通・物流も徐々にではあるが確実に変化し始めている。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆オバマ大統領初のインド訪問、関係成熟ゆえの冷めた反応か
◆印中関係は調整局面、12月に温家宝首相訪印
◆第2世代携帯電話周波数帯の割り当てをめぐる不正疑惑
◆ビハール州議会選挙で与党連合が圧勝
◆ミャンマー、20年ぶりの総選挙実施
◆ヒンドゥー・ナショナリズム諸団体をめぐる騒動

【今月のキーワード】インドの高官腐敗、政治の犯罪化


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆インド経済サミット開催:経済成長の恩恵を広く普及させること
◆オバマ大統領訪印:大型経済ミッションが同行、印米経済関係の拡充を目指す
◆経済協力開発機構:今年度の経済成長率は9.1%、半年毎予測で上方修正
◆労働改正法:シン首相、労働法の改正を示唆、雇用の拡大が最重要
◆経済成長率(GDP):7-9月期のGDP成長率、8.9%と好調
◆輸出促進策:シャルマ商工相、特別委員会を編成
◆外国直接投資(FDI):FDI政策をめぐる財務省と商工省の縄張り争い


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆製薬:インドの医薬品市場規模、2020年には世界2位に
【グラフ】インドの医薬品市場規模/医療保険加入者数予測

◆家電:デジタルカメラ販売、4-6月期は76%増の62万台
【表】2010年度4-6月期のデジタルカメラ出荷台数

◆保険:インド保険市場、成熟期にE&Yリポート
【グラフ】インド保険市場規模の推移/保険市場の企業別構成(2009年度時点:生命保険/損害保険)


◆今月の注目ニュース(10/21~11/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送機器
◆スズキ:アフターサービス拠点、2015年に4,200カ所に
◆スズキ:7-9月期は販売台数過去最高も利幅減
◆トヨタ自動車:「エティオス」の受注、12月1日に開始
◆日産自動車:インド工科大学マドラス校に奨学金
◆いすゞ自動車、住友商事:スワラジ・マツダ、「SMLいすゞ」に改称へ
◆GM(米):新パワートレーン工場が稼働開始
◆フォード(米):小型車「フィーゴ」の輸出先を48カ国に拡大へ
◆フォルクスワーゲン(独):2018年までにインド販売網を1,000店体制に
◆川崎重工業:インディア・カワサキ・モータースを設立
◆本田技研工業:ホンダ・モーターサイクルの10月販売、2.5倍増
◆ボッシュ(独):7-9月期決算、2ケタの増収増益に
◆住友商事:ルイア・グループとラジアルタイヤ合弁設立で交渉
◆メタルワン、スズキ、JFE商事:マルチ・スズキ向け鋼板加工センターを設立

電気機器
◆パナソニック:中小都市の大衆市場へ本格参入
◆シャープ:携帯電話端末をインドに投入へ
◆キヤノン:専売店300店を展開へ
◆サムスン電子(韓):チェンナイ工場拡張に35億ルピー投資へ
◆TCL(中国):ビデオコンに製品供給
◆TCL(中国):インド液晶テレビ市場に格安機で再参入へ

精密機械
◆ラドー(スイス):高級腕時計販売に20店舗体制へ
◆富士フイルム:市場シェアの倍増へ

製薬
◆第一三共:ランバクシーの第3四半期純増が急増

食料・飲料
◆デルモンテ(米):工場と研究・開発施設をタミル・ナドゥ州に開設

衣料品
◆エスプリ(米):2010年度売上30%増を目指す

鉄鋼
◆住友金属工業:ブーシャン西ベンガル州製鉄所に40%出資か?

その他製品
◆ユニ・リーバ(英):7-9月期決算、2ケタ増収に
◆ロレアル(仏):インド事業が100億ルピー規模に

エネルギー
◆油研工業:米社からバイオマス・ガス発電プラントを導入
◆日立製作所:GE日立、ESBWR原子炉技術で現地各社と提携

情報・通信
◆ドコモ:3G携帯サービスにも秒単位課金を導入
◆ヤフー(米):6地方言語でもサービス開始
◆シーエーシー(CAC):ムンバイに現地法人を設立

物流
◆フェデックス(米):物流のAFL・ユニフリートを買収へ

小売
◆ウォルマート(米):一般小売業へのFDI開放を訴える
◆ウォルマート(米):契約農家を3万5,000戸増加へ

サービス
◆TGIフライデーズ(米):5年で19店展開へ
◆学研:小学校向け科学的教育事業に参入
◆マッキンゼー(米):電子支払いシステム導入による歳出削減を提言

メディア
◆ハリウッド:ボリウッドと協力協定を締結

金融
◆みずほコーポレート銀行:チェンナイ環境複合都市プロジェクト覚書締結

その他
◆日本政府:「南部インド産業大動脈」、日本が開発?


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドが参加する国際機関
南アジア地域協力連合(SAARC)/ベンガル湾多分野技術・経済協力イニシアチブ(BIMSTEC)/英連邦(コモンウェルス)/G20(20カ国・地域)/ASEAN+6/非同盟諸国会議/上海協力機構
◆ヴィクラム・アクラ(SKSマイクロファイナンスCEO)
◆数字を読む「インド中間層家庭の使用人雇用状況」

インドビジネス・成功の法則(第57回)
◆ラグジュアリー市場への挑戦 [セイコーウオッチ]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース44)
◆人口拡大と雇用創出─期待される自動車産業の雇用増、問題の残る産業・社会構造

インドひろい読み
◆私の言い分 「インドのIT産業は米国にとって問題ではなく解決策である」 ピロトIT・通信担当国務相 ほか
◆インド紙社説 「オバマ訪印の大きな意義」

プロの視点
◆日印協業の最大の利点-グローバル展開の水先案内人としてのインド

インドの社会を知る(第122回)
◆日印トップ会談 さらなる緊密化へ

新刊案内
◆ 『インド成長ビジネス地図』 浦田秀次郎、小島眞、日本経済研究センター (日本経済新聞出版社)

味ないんど
◆魚の仕分け


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

オバマ大統領の訪印と日本外交

5,238円
【表紙写真】

上: シン首相来日。菅総理と会談後、日印包括的経済連携協定(CEPA)に関する政治文書に署名 [10月25日 東京]
下:英連邦競技大会、インドは38個の金メダルを獲得 [10月25日 ムンバイ]

================================================================================
特集:日系自動車メーカー3社のインド戦略(スズキ、日産、トヨタ─現地トップインタビュー)
================================================================================

リーマンショック以来、わずか1年足らずで再び上昇気流に乗ったインド経済。とりわけ勢いを増しているのは自動車産業だ。R&Dの現地化に本腰を入れるスズキ、インドを輸出拠点として強化する日産、戦略車エティオスを投入するトヨタ――日系3社の現地トップに2010年の実績と今後の取り組みを聞いた。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆シン首相の訪日の意義とは ─インドの新ルック・イースト政策─
◆カルナタカ州政権、崩壊の危機を回避
◆オバマ大統領、初の訪印へ
◆パキスタンと米国、越境攻撃による関係悪化とその後

◎現地レポート:英連邦競技大会が閉幕 成果と課題は


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆日印経済協定:包括的経済協定の締結を最終合意
◆金融政策:第2四半期見直し、今年6度目の利上げ
◆外国直接投資(FDI):現金卸売業やノンバンクに対し一部規制緩和
◆国際会議:相次ぐ国際会議でインドの存在感高める
◆国際競争力:2010年度版が発表 インド、今年は51位に


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆不動産:インドの住宅市場、潜在需要は最大7,000万戸
【図】低価格商業住宅のターゲットとなる所得層と潜在住宅需要
【図】所得層別の典型的な住宅ローン借入先

◆自動車:インドの自動車輸出額、2015年度には177億ドルに
【グラフ】自動車輸出額の推移
【グラフ】FICCIによる自動車輸出額予測
【グラフ】主要部門の輸出先上位5カ国(乗用車/商用車/二輪/トラクター)

◆今月の注目ニュース(09/21~10/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送機器
◆スズキ:累計輸出台数が80万台を突破
◆トヨタ自動車:ブランド・アンバサダーにラヘマン氏起用
◆日産自動車:インドで「マイクラ」輸出を開始
◆住友商事、いすゞ自動車:スワラジマツダ、「SMLいすゞ」に改称へ
◆フォルクスワーゲン(独):AP州進出をめぐる不正取引事件がようやく起訴
◆ブリヂストン:インドでの雇用規模を3,500人に倍増
◆新日本製鐵:ニムラナに鋼管部品工場を建設へ


電気機器
◆ソニー:PS販売は前年比45%増か
◆三菱電機:グルガオンに総合販売会社を設立
◆パナソニック:従業員を2万人に倍増へ

機械
◆村田製作所:チェンナイに販売会社設立へ
◆日立製作所、川崎重工業:来年1月に西ベンガル州鉄道車両工場入札

精密機器
◆ニコン:黒字化を今年度達成へ
◆シチズン時計:全売上の8%をインドに期待
◆セイコーウオッチ:チェンナイに高級時計のブティック開店

食料・飲料
◆ネスレ(スイス):生産強化と研究開発センターに123億ルピー
◆アサヒビール:パルレ・アグロの買収交渉決裂か
◆ペプシコ(米):水資源保護を全工場で徹底へ
◆マクドナルド(米):パテ加工場をインド北部に建設へ
◆マクドナルド(米):ドライブスルー店舗の出店を強化

衣料品
◆キャロウェイ・ゴルフ(米):衣料などライフスタイル製品もインド投入へ
◆フィラ(伊):インドに60-70店を開設へ

製薬
◆第一三共(ランバクシー):営業部門増強にもかかわらず伸び率鈍化
◆武田薬品工業、アステラス製薬:高まる日系製薬メーカーのインド進出熱

その他製品
◆ポーラ:インド発売は2カ月以内に
◆ユニ・チャーム、ヤクルト本社:ベビーケアや食品にグローバル企業が参入

小売
◆ウォルマート(米):全国15カ所に卸売店を開設へ
◆イケア(スウェーデン):外資小売規制の緩和を要請

運輸
◆日本郵船:インドでの完成車輸送事業を統合

石油化学
◆丸紅:IOCとのSBR生産事業は12万トン

インフラ関連
◆GE日立ニュークリア・エナジー:原子炉納入でインド原子力公社と交渉開始
◆オリックス(IL&FS):リライアンスSEZ株式を取得
◆オリックス(IL&FS):グジャラート国際金融都市建設、1月に着工

メディア
◆シネポリス(メキシコ):大規模シネコンをインドで展開へ
◆日本エンタープライズ:インド子会社の増資を決定
◆ソフトバンク(SAIF):南部のローカル放送局の株式15%を取得へ
◆マルチスクリーンメディア:1年以内にローカル・テレビ局を買収か

金融・保険
◆みずほコーポレート銀行:チェンナイ支店開設も検討
◆野村ホールディングス:野村證券のLICMF株式買収手続きが遅延

その他
◆アルタガンマ協会(伊):伊高級ブランド各社、対印投資を積極化へ


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インド系(インド人含む)の著名人
ボビー・ジンダル/チャダ(本名サラブジット・シン・チャダ)/ビジャイ・シン/ディネシュ・パテル
インドラ・ヌーイ/アルン・サリン/ヴィノード・ダム/アマル・ゴパル・ボーズ
◆M.S. スワミナタン(農業科学者)
◆数字を読む「インドの宗教別人口割合」

インドビジネス・成功の法則(第56回)
◆ランバクシーが加速させるグローバル・シナジー [第一三共]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース43)
◆自動車普及の効果─雇用創出を伴う、ビジネスチャンスが拡大

インドひろい読み
◆私の言い分 「(IT産業は)底を打った」 インフォシス・テクノロジーズのゴパラクリシュナン社長兼CEO ほか
◆インド紙社説 「インド、19年ぶりの安保理入り」

プロの視点
◆インドの電力開発と日本-日印の互恵的な関係に必要なものは何か

インドの社会を知る(第121回)
◆アヨーディヤ判決をめぐる課題(第2回)

新刊案内
◆『軍事大国化するインド』西原正、堀本武功 編 (亜紀書房)

味ないんど
◆給水


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

「中庸」ではいけないのですか!

--------------------------------------------------------------------------------
5,238円
【表紙写真】

上:第19回英連邦競技大会開幕 [10月3日 デリー]
下:2年8カ月ぶりのSENSEX指数20,000ポイント超えを祝う投資家ら [9月21日 デリー]

================================================================================
特集:最新 インド特許事情
================================================================================

インドへの生産拠点やR&Dセンターの設置が相次ぐ中、知財の確保・展開は企業戦略上重要な要素となっている。
インド政府もロイヤルティ収入に関する規制を撤廃し、特許庁改革にも取り組むなど、外国企業の知財導入に積極的だ。
インドの最近の特許・知財事情についてご紹介したい。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆緊張含みの印中関係
◆エネルギーめぐる国際政治、天然ガス・パイプライン問題
◆緊張が続くカシミール情勢、政府の打開策は奏功するか
◆アヨーディヤの係争地に対する法的権利をめぐる判決
◆ジャルカンド州で新州政権が成立
◆英連邦競技大会への地元産業界の醒めた視線


◎今月のキーワード:アントニー印国防相が訪韓、防衛協力推進へ─対中国も意識
◎周辺国情報:『オバマの戦争』とアフガンの行方は


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆RBI利上げ:RBI今年5度目の利上げ インフレ抑制を目指す
◆卸売物価指数(WPI):インフレ指標の変更、対象商品や基準年などを刷新
◆FDI規制緩和:外国直接投資(FDI)促進策、既存合弁規制を撤廃へ
◆輸出支援策:政府、輸出優遇制度見直し、関税還付率を引き下げ
◆農業:農業好調、今年度は4%成長か?順調なモンスーンのおかげ
◆印日経済協定:印日CEPA(包括的経済連携協定)10月にも調印へ
◆国民背番号制:基本国民登録制度(UID)が発足、第1号はNo.782、474、317、884


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆消費財:農村市場開拓の目下最大の課題は商品開発
【グラフ】農村の所得水準別世帯数構成
【グラフ】アンケート調査

◆家電:09年度の電子レンジ販売、初の100万台超え
【グラフ】電子レンジ年間販売台数の推移
【グラフ】電子レンジ年間販売台数のタイプ別構成の推移
【グラフ】2009年度の販売台数のシェア構成
【グラフ】2009年度の販売台数の部門別シェア構成

◆今月の注目ニュース(08/21~09/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆スズキ:マネサール第3工場の建設を発表
◆スズキ:軽量化のために高強度鋼を採用へ
◆トヨタ自動車:「エティオス」の試験生産を開始
◆日産自動車:超低価格車、試作車は来年初めに完成へ
◆日産自動車:「マイクラ」の販売が好調
◆フォード(米):8月新車販売、「フィーゴ」好調で3倍増
◆ダイムラー(独):8月インド販売、前年比倍増で過去最高に
◆デンソー:グルガオンにテク二カルセンター設置
◆旭硝子:ラミネートガラスを増産

電気機器
◆黒田電気:プネで韓ECOREAと合弁事業を展開
◆パナソニック:家電事業拡大に140億ルピー
◆パナソニック:「SANYO」ブランドを4月までに再スタートへ

機械
◆キトー:アームセルと株式譲渡契約を締結
◆ボーイング(米):インドの有人宇宙飛行計画への支援提案
◆フィアット(伊):トラクター年産能力を倍増へ
◆日立造船:バンガロール地下鉄工事向け掘進機を受注
◆川崎重工:7,200KW級コージェネレーションシステムを受注

鉄鋼
◆JFE:JSW債務返済に回ったJFEの投資資産

化学
◆デュポン(米):インド事業で人員を倍増へ

塗料
◆関西ペイント:50%増産に60億ルピー

医療品
◆第一三共(ランバクシー):南アで2番目の生産工場を開所
◆大正製薬:パラス・ファーマの買収合戦に参戦か

その他の製品
◆豊田通商:オリッサ州に合弁でレアアースの精錬工場建設へ
◆ロレアル(仏):インドに総合研究開発センターを設立か

インフラ関連
◆ABB(スイス):風力発電器工場、バドダラで操業開始
◆丸紅:グジャラート・メトロ受注に意欲
◆日立製作所:インドに原子炉2基を建設へ
◆アルストム(仏):チェンナイ・メトロと車両供給契約
◆三菱電機、三菱商事:バンガロールメトロ用車両が初出荷
◆双日:インド民間最大の物流企業と物流インフラ事業参入

食品・飲料
◆ドミノ・ピザ(米):チェーン網拡大で2,000人を新規雇用へ
◆ヤクルト:バンガロールでの販売を開始
◆ネスレ:即席麺市場でシェアを落とす

小売
◆ウォルマート(米):小売40店、C&Cを年内に新設
◆メトロ(独):C&C店をパンジャブ州でも展開へ

情報・通信
◆NTTドコモ:「1秒1パイサ」の国際電話をグジャラート州に導入
◆NTTドコモ:TTSLの3G設備供給は中国の華為に

保険・金融
◆東京海上:「牛の生命保険」をオリッサ州で試験導入

メディア
◆ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント:ハリウッド映画放送を強化

銀行・証券
◆日興証券:アンビットとPEファンドで提携
◆三菱東京UFJ銀行:電力金融公社とECBで協議
◆大和証券:印KECの米社買収アドバイザーを担当
◆損保ジャパン:インド合弁、2年以内に黒字化か
◆第一生命保険:10年度の目標収入額は125億ルピー

その他
◆日本大学:ゴア大学に交換学生協定を提案


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの携帯電話サービス会社
BSNL(バーラト・サンチャル・ニガム)/ボーダフォン・エッサール/バルティ・エアテル/タタ・テレサービシズ/リライアンス・コミュニケーション/アイデア・セルラー/エアセル
◆ズービン・メータ(指揮者)
◆数字を読む 「インド主要都市の電力供給」

インドビジネス・成功の法則(第55回)
◆インド物流に必要な二つの改革 [川崎汽船]

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース42)
◆社外取締役の重要性─上場企業では社外取締役の採用が義務化

インドひろい読み
◆私の言い分 「RBI(インド中銀)はインフレ目標を決める立場にはない」 RBIのスバラオ総裁 ほか
◆インド紙社説 「公正な土地収用を」

プロの視点
◆農民生活 安定への道-インド農業が抱える構造的問題をどう解決するか?

インドの社会を知る(第120回)
◆アヨーディヤ判決をめぐる課題

新刊案内
◆『アサー家と激動のインド近現代史』 森茂子 著 (彩流社)

味ないんど
◆パパイアの花と実


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

「チェーホフの拳銃」と「日印経済連携協定」
5,238円
【表紙写真】

上:クリシュナ外相と握手を交わす岡田外相 [8月21日 デリー]
下:独立記念日式典で恒例の演説を行うマンモハン・シン首相 [8月15日 デリー]

================================================================================
特集:インド・スポーツビジネスの開拓者たち
================================================================================

インドでスポーツビジネスが急拡大の兆しを見せている。
2008年に始まったクリケットの「インディアン・プレミア・リーグ(IPL)」はかつての日本のプロ野球のように国民を熱狂させている。10月3日には旧英連邦のオリンピックとも称されるコモンウェルス・ゲームが開催され、さらに2011年にはF1グランプリも行われる予定だ。一大産業として興隆しはじめているインド・スポーツビジネスの一端を『The Week』の特集記事(2010年8月29日号)を基に紹介する。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆シン首相、独立記念日式典で演説
◆日印外相会談 原子力協定、引き続き協議
◆原子力損害賠償責任法案 議論の末、成立
◆パキスタン大洪水、インドも支援
◆キャメロン英首相の訪印、ビジネス外交
◆国勢調査でカースト調査実施へ
◆開催間近の英連邦競技大会、続くゴタゴタ


◎今月のキーワード:正念場の日印関係─EPAと核協力
◎周辺国情報:スリランカの大規模港湾整備


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆日印関係 : 日印外相会談、EPAは年内に
◆独立記念日 : 首相、独立記念日演説「インド経済は世界のお手本」
◆貿易政策 : 今年度補正版を発表、輸出目標額は2,000億ドル
◆経済成長率 : 第1四半期8.8%増、製造業が牽引
◆PSU株売却 : 公営企業の株式売却を促進、年度内に7公社の株式を売却
◆外国直接投資 : 小売業への外国直接投資、公開質問状に賛否両論
◆税制改革 : 直接税・間接税ともに来年度からの導入は断念


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆消費財:インドの中間層人口、本格成長はこれから
【表】人口と消費規模から見た中間層の国別比較
【グラフ】一人当たり1日支出額からみた人口規模(2005年時点購買力評価)
【表】一人当たり1日支出額からみた耐久消費財保有率(2005年時点購買力評価)

◆通信:3G携帯電話利用者数、2015年には1億人突破へ
【グラフ】インド第3世代携帯電話サービス利用者数予測

◆今月の注目ニュース(07/21~08/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆スズキ:政府のロイヤルティ上限規制の撤廃で減益に
◆トヨタ自動車:トヨタ工業技術学校で初の卒業式
◆現代自動車(韓国):累計生産300万台突破
◆フィアット(イタリア):近隣諸国への輸出を計画
◆シュコダ(チェコ):2012年初めにも新開発の量販小型車を発売
◆ダイムラー(ドイツ):インド工場を2交代制に、生産能力1万台
◆ロールス・ロイス(イギリス):今年のインド販売目標は50台
◆アストンマーティン(イギリス):年内にもインド市場参入
◆ブリヂストン:不当廉売課税反対を申し立て

電気機器
◆エプソン:5年で100億ルピー企業を目指す
◆ソニー:Braviaが第1四半期薄型テレビ販売でトップに
◆サムスン(韓国):薄型テレビの販売倍増を狙う
◆サムスン(韓国):スマートフォンでシェア20%を目指す
◆エイサー(台湾):スマートフォンの多数投入で売上40%を狙う
◆ASUS(台湾):スマートフォンとモバイルPCのシェア拡大に注力
◆台湾貿易センター(TAITRA):「台湾ブランド」対印販売の強化へ
◆華為技術(中国):携帯電話端末の販売を開始へ

精密機器
◆ニコン:インド事業強化へ本腰
◆キヤノン:UIDプロジェクト向けで20億ルピー受注目指す

化学
◆日本ペイント:パンジャブでの生産拠点建設を検討
◆ポーラ化成工業:インド企業に商品ライセンス供与

医療機器
◆テルモ:現地合弁で大規模な事業拡大へ
◆コニカミノルタエムジー:ムンバイに医療用製品販売会社を設立

医療品
◆武田薬品工業:米国で印ウォックハルトを提訴
◆第一三共(ランバクシー):ランバクシーに三代目新社長就任
◆ルピン(インド):日本事業は同社全売上の10%に

その他の製品
◆スウォッチ(スイス):「オメガ」の宝飾品をインド投入へ

鉄鋼
◆神戸製鋼:NMDCと共同で豪鉄鉱山の株式取得か
◆三井物産:グジャラートに鉄鋼用総合物流倉庫施設を建設

造船
◆常石造船カンパニー:パルマリ・グループ向けタンカーが進水

インフラ関連
◆住友重機械工業:ONGCへの所得税還付要求、最高裁が支持
◆西日本環境エネルギー:TN州バイオマス発電プロジェクトへ出資
◆日立製作所:米GE日立、原発事業でタタと提携
◆日立造船:バンガロールメトロ用ボーリングマシンを供給

食品・外食サービス
◆オリックス(IL&FS):オリッサ州政府と食品加工パークを立ち上げ
◆家族亭:インド全土で日本食のFC事業展開へ

金融
◆みずほ証券:インド現地法人を設立
◆大和証券、豊田通商:FIPBから投資の許可
◆三井物産、ヤマハ:バイク・ローンの融資額10億ルピー目指す
◆オリックス(IL&FS):IL&FS、25年利付社債を発行

保険
◆第一生命保険:地方市場への販売網を拡大
◆東京海上日動火災:好調な農村保険

その他
◆兵庫県:県視察団、グジャラート州を訪問


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの航空会社
インド国営航空(NACIL)/ジェット・エアウェイズ/キングフィッシャー航空/インディゴ航空スパイスジェット/パラマウント航空/ゴー・エア
◆カリーナ・カプール(女優)
◆数字を読む 「インドの家電普及率」

インドビジネス・成功の法則(第54回)
◆ニーズに応え、社会を変える 社会変革型企業の成功物語

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース41)
◆適切な法人形態とは? 非公開会社か有限責任事業組合(LLP)が一般的

インドひろい読み
◆私の言い分 「タタはインドの企業だ。パルシー(ペルシャ渡来のゾロアスター教徒)による財閥ではない」 タタ・グループ総帥のラタン・タタ氏 ほか
◆インド紙社説 「パキスタンの大災害を看過するな」

プロの視点
◆インドの「国民所得倍増計画」-中国との比較で見えてくるもの

インドの社会を知る(第119回)
◆カーワド祭

新刊案内
◆『駐在員のインド漫録』 井上晴美 著 (文芸社)

味ないんど
◆職場のランチタイム


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

「核なき世界を目指す」日本外交の限界
5,238円
【表紙写真】

上:12月に開業予定のバンガロール・メトロ1号線で使用する車両の実物大模型の除幕式 [7月16日 バンガロール]
下:インド政府は7月15日、通貨単位「ルピー」の記号を閣議で承認した。写真は記号をデザインしたインド工科大(IIT)の卒業生 [7月15日 ムンバイ]

================================================================================
特集:インド エネルギー事情
================================================================================

目覚ましい経済発展を遂げ、世界でのプレゼンスが高まるインド。それにともない、エネルギー需要のますますの拡大が見込まれる。しかし、頻発する停電など、インドのエネルギー事情には課題が多い。現在のインド経済の発展を支えるエネルギー事情を紹介する。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆日印次官級2+2対話、初めて開催
◆緊張続くカシミール情勢
◆険悪ムードの印パ外相会談、非難の応酬でも対話は継続か
◆ナクサライト対策、総合指揮部設置へ
◆インドとミャンマー、犯罪捜査情報協力などで合意
◆名誉殺人問題、今国会で法改正案提出か


◎今月のキーワード:モンスーン国会の焦点
◎周辺国情報:パキスタンとアフガニスタン、貿易協定調印


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:印中央銀行、金利を引き上げ インフレ抑制と成長持続を狙う
◆国家開発会議:シン首相が主宰、税制改革で経済規模は倍増
◆世界銀行:印政府、世銀と融資契約 マイクロファイナンス支援など
◆英首相訪印:経済関係閣僚会談、経済関係拡大を合意
◆税制改革:モノとサービスの統合税、導入に遅れか?
◆通貨記号:インドルピーに通貨記号、一般公募から選抜
◆経済成長率:IMFとADB、成長率を発表
◆自由貿易協定:日本との自由貿易協定、年度内の締結を目指す


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆バイオ:昨年度のバイオ業界売上、2ケタ成長を維持
【表】バイオ企業の2009年度売上高ランキング
【グラフ】バイオ産業規模の推移

◆家電:昨年度の洗濯機販売、前年比38%増の380万台
【グラフ】洗濯機販売の部門別数推移
【表】洗濯機販売のメーカー別シェア推移

◆今月の注目ニュース(06/21~07/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆トヨタ自動車:新小型車「エティオス」、来年初に発売
◆トヨタ自動車:2012年より「エティオス」用エンジン生産開始
◆トヨタ自動車:カーローンでインディアン・バンクと提携
◆日産自動車:バジャージと超低価格車プロジェクトで覚書
◆日産自動車 :「マイクラ」の受注好調
◆デンソー:スブロスと合弁でノイダに研究開発拠点
◆フコク:プネ近郊にブレーキ部品製造の新会社を設立
◆ベルソニカ:マルチ・スズキの増産に伴い生産体制拡大
◆GM(米):アフターサービスの新スキームを発表
◆フォード(米):チェンナイ工場を2交代制に
◆フォード(米):「フィーゴ」の南ア向け輸出を開始
◆BMW(独):「5シリーズ」のインド生産を開始

電気機器
◆富士フィルム:デジカメ市場でのブランド強化に2億ルピー
◆パナソニック:セパレート型エアコンでトップ3入りを目指す
◆東芝:ノートパソコン・シェアの二桁台を目指す
◆NEC:国民生体認証プロジェクトのベンダー候補入り
◆オリンパス:インド市場開拓で売上1兆ドルを目指す
◆キヤノン:政府プロジェクトに照準
◆パナソニック:液晶テレビで価格競争を仕掛ける
◆LG(韓):家電売上1,900億ルピーを目指す
◆フィリップス(蘭):医療・照明機器事業でインド企業買収へ

機械
◆アルストム(仏):バーラト重電機、原子力発電公社と合弁設立
◆三菱重工業、三菱電機:L&Tとの合弁で発電用機器の生産を開始
◆神戸製鋼、コベルコクレーン:クローラクレーン事業がインド進出
◆島津製作所:第1号代理店と提携40周年を祝う

精密機器
◆セイコーウオッチ:最高級ブランド「ガランテ」を投

鉄鋼
◆新日本製鐵、神戸製鋼所:NMDCと合弁協議

塗料
◆DIC:4-6月期純益は前年同期比7倍増
◆日本ペイント:ハリヤナ州が工業用地8万平米を割り当て

医療品
◆第一三共:ランバクシーと新薬研究開発体制を一元化
◆エーザイ:認知症啓発キャンペーンを開催
◆エーザイ:インドでの生産・研究強化に2,000万ドル

エンターテインメント
◆ソニー:インドへPSP用ゲームソフトの廉価版を投入
◆ヤマハ:インドでも「Asian Beat」を開催

その他製品
◆日本たばこ産業(JT):インド政府、JTの新規FDIの公正性を調査

インフラ関連
◆九州電力:NTPCとグリーン発電で提携
◆オリックス(IL&FS):ナヤル渓谷水力発電事業に暗雲
◆オリックス(IL&FS):メイタス株式をビンラディン・グループに売却
◆クボタ、メタルワン:西ベンガル州の業者制限条項に異議申し立て
◆日立製作所:BGRと8月にも生産施設建設に着工か?

情報・通信
◆NTTドコモ:TTSLとTTMLが合弁・経営統合へ

広告・メディア
◆博報堂:化粧品大手シンガルの広告制作を受注
◆電通:ゴヤル氏、AAAI会長選挙に異例の立候補

保険・金融
◆MS&ADインシュアランスグループ:生保事業のパートナーを選定中?
◆三井住友海上火災保険:合弁損保の保険料収入90億ルピーを目指す
◆東京海上日動火災保険:女子児童向け教育支援プログラムに参加


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドの自動車メーカー
マルチ・スズキ/現代自動車/タタ・モーターズ/ホンダ・シエル・カーズインディア/トヨタ・キルロスカ・モーター/ヒンドゥスタン・モーターズ/ヒーロー・ホンダ/バジャージ・オート
◆シャラド・パワール(農業、消費・食糧・公共配給相、連邦下院議員、国際クリケット評議会 ICC会長)
◆数字を読む 「インドの識字率」

インドビジネス・成功の法則(第53回)
◆手強いタイヤ市場に挑む ~ 横浜ゴム株式会社 ~

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース39)
◆官民連携の強化-国営企業と民間企業の協力で補完関係へ

インドひろい読み
◆「(マルチブランド)小売業の外資への開放には政治決断力が必要となる」商工省のR・P・シン次官 ほか
◆インド紙社説 「小売部門への外資参入を歓迎する」

プロの視点
◆インド洋をめぐる国際政治-各国の思惑が交錯する最重要のシー・レーン

インドの社会を知る(第118回)
◆トヨタ工業技術学校(TTTI)

新刊案内
◆『アジアのハリウッド―グローバリゼーションとインド映画』(東京堂出版)

味ないんど
◆ごちそう、まだかなぁー!


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

進むインドの外資規制緩和
5,238円
【表紙写真】

上:完成したデリー国際空港(インディラ・ガンディー国際空港 IGI)の第3総合ターミナルビル(T3)。
下:英連邦競技大会(コモンウェルス・ゲームズ)で使用される自転車競技場完成の様子。


================================================================================
特集:チェンナイからインドを攻める アマダの成功とパナソニックの挑戦
================================================================================

西洋とアジアを繋ぎ、南インドの交易都市として栄えたチェンナイがいま、日系製造業の集積地として急成長している。チェンナイを自社ソフト開発のグローバル拠点に育て上げたアマダと同地を足がかりにインド市場の制覇に動き出したパナソニックの動向を紹介する。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆相次ぐ外交イベント、印米、G20、上海協力機構
◆印パ外務次官協議、7月の外相会談に向けた動き
◆国家諮問会議が初会合、ガンディー議長が返り咲き
◆シン首相がJK州訪問、依然として安定化の道は険しく
◆史上最悪の有毒ガス流出事故、当事者に判決
◆上院議員の改選、ほぼ順当な結果に


◎今月のキーワード:日印原子力協定
◎周辺国情報:パキスタン・イラン間のパイプライン、合意へ


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆金融政策:印中央銀行、緊急利上げを実施 インフレ抑制が狙い
◆ガソリン価格自由化:燃料価格引き上げ、懸念されるインフレ加速
◆税制改革:直接税基本法の改革案、一般からの意見を募集中
◆公営企業株売却:内閣経済諮問委員会、一部企業の株式売却を承認
◆G20サミット:シン首相、サミットに出席 インド経済は順調な歩み
◆世界銀行:世界経済成長見通し3.3%増、インドは8.2%成長に
【表】世界銀行による経済成長見通し
◆第12次5カ年計画:経済成長率10%を目標、農業部門は4%を目指す
◆印米CEOフォーラム開催:印米両国より多数参加、幅広いテーマで協議


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆電力:商都ムンバイの電力市場で、タタとリライアンスが対立

◆電子機器:昨年度の携帯電話販売、国内ブランドが躍進
【グラフ】携帯電話端末販売額の推移
【グラフ】ブランド別携帯電話端末販売額シェア(GSM形式+CDMA方式)

◆今月の注目ニュース(05/21~06/20)
電力/石油・天然ガス/鉄鋼・金属・鉱業/情報通信/家電・電子機器/自動車/医薬品・医療・バイオ/その他

◆産業統計
石炭生産/原油生産/原油輸入/LPガス消費/ガソリン消費/ディーゼル消費/ナフサ消費/発電量/主要港貨取扱/航空旅客人数/携帯電話契約数純増/砂糖生産/紅茶生産/織物生産/既製服輸出/ポリエステル長繊維生産/エチレン生産/セメント生産/鉄鋼製品生産/洗濯機生産/エアコン生産/冷蔵庫生産/商用車生産/乗用車生産/二輪車生産


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆スズキ:今年度中に販売拠点を200カ所追加
◆トヨタ自動車:エンジン工場とR&Dセンター設立を検討
◆トヨタ自動車:24時間ロードサービスを開始
◆日産自動車:インド工場が商業生産を開始
◆現代自動車(韓):工場でスト、200名以上が拘束
◆現代自動車(韓):AP州で部品工場建設を計画
◆スズキ:二輪車で攻勢、生産倍増へ
◆ヤマハ発動機:2012年までにバイク60万台生産体制へ
◆本田技研工業:第2工場建設に50億ルピー投資
◆ダイムラー(独):長距離路線バス市場に参入へ
◆万能工業:印部品メーカーに設計・評価技術を供与

電気機器
◆デル(米):大幅増収増益をインドが牽引
◆ソニー:ノートPCの販売増を目指す
◆サムスン電子(韓):ネットブック市場でシェア20%を目指す
◆日亜化学工業:スジャナ・エナジーとLED事業で提携
◆GE(米):インド家電市場に参入
◆キングストン(米):半導体メモリ工場の建設を計画

機械
◆椿本チエイン:チェンナイに販売会社を設立

精密機器
◆キヤノン:移動ショールームで地方市場開拓
◆ニコン:ブランド構築と販促に6億2,000万ルピー
◆カシオ計算機:若者志向で腕時計のシェア増強

インフラ関連
◆テマセク(シンガポール):インフラ投資で印政府と協議
◆日立製作所、三菱重鉱業:バンガロール・モノレール計画に熱意
◆東芝:WHがエンジニアリングセンターを設立
◆日立製作所:8月にもBGRエナジーとの連携が成立か?
◆オリックス(IL&FS):インド初の民営メトロ、2013年開業目指す
◆オリックス(IL&FS):ITNL、海外の道路建設事業に参入

鉄鋼
◆新日本製鐵、JFE、住友金属:進むインドの自動車鋼板拠点化

物流
◆DHL(独):自由貿易倉庫地区をチェンナイ近郊に設置へ

衣料品
◆トリンプ(独):女性下着の売上45億ルピー超を目指す
◆インディテックス(スペイン) :「ZARA」インド1号店がデリーに開店

医療品
◆第一三共:ランバクシー、今年は南アで売上1億ドル
◆武田薬品工業:ドクター・レッディーを特許侵害で告訴

医薬機器
◆テルモ:「世界献血者デー」フェスティバルを開催
◆オムロンヘルスケア:1年以内にインドの販売拠点を倍増

食料品
◆マクドナルド:南・西部の店舗網を強化へ
◆オリックス(IL&FS):オリッサ州と加工食品のSPV

情報・通信
◆NTTドコモ:データ通信の新プランをオリッサ州で発表
◆NTTドコモ:TTSL、今年中にも加入者1億人突破か?
◆NTTデータ:印系の米インテリグループを買収
◆富士通:2012年末までに3,200人増員
◆九州旅客鉄道:パトニグループと博多に合弁会社設立へ

金融
◆スタンダード・チャータード銀行(英):今年もインドで2,500人採用
◆野村アセットマネジメント:投信運用技術事業でLIC子会社と合弁設立

保険
◆第一生命保険:条件改定前に生保各社が駆け込み販売

メディア・広告
◆ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント:大ヒット映画『3 Idiots』の放映権を取得
◆博報堂:パーセプトH、インド固有ID局の広告受注

サービス
◆ペイバッグ(独):ポイントカード・サービスのiミントを買収


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆インドのスポーツ
クリケット/テニス/フィールドホッケー/カバディ/クシュティ/カラリパヤット
◆カラニディ・マラン(サン・テレビネットワーク会長)
◆数字を読む 「インド人の海外旅行」

インドビジネス・成功の法則(第52回)
◆製造業が栄えれば島津も伸びる ~ 株式会社 島津製作所 ~

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース39)
◆官民連携の強化-国営企業と民間企業の協力で補完関係へ

インドひろい読み
◆「インドには9-10年かけて続けるような研究が欠如している」 インフォシス・テクノロジーズのゴパラクリシュナンCEO ほか
◆インド紙社説 「ボパール事故に判決~事件の本質見失うな」

プロの視点
◆BRICsレポート以降のインド:人口の優位性を活かせるかが鍵

インドの社会を知る(第117回)
◆お祭りの国インド-シャヒディ・グルプラブ「チャビール」

新刊案内
◆『インドの鉄人』世界をのみ込んだ最後の買収劇(産経新聞出版)

味ないんど
◆カレーリーフ


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

インドの経済成長と日本の中小企業
5,238円
【表紙写真】

上:中国の胡錦濤国家主席(右)と乾杯をするプラティバ・パティル大統領(左)。
下:中央中等教育委員会(CBSE)による試験を終え、喜ぶ学生たち。


================================================================================
特集:ニムラナ工業団地の可能性 ダイキン工業と日信工業
================================================================================

デリー・ムンバイ間産業大動脈(DMIC)のアーリーバードプロジェクトに指定され、インド北部の新たな日系産業集積地として脚光を浴びているニムラナ工業団地。同地にいち早く進出したダイキン工業と日信工業との先行2社に進出の経緯とインド事業の現況・展望を聞いた。


================================================================================
政治・社会情勢
================================================================================

◆第2次UPA政権発足1周年、シン首相が記者会見
◆対話再開に向かう印パ関係、来月パキスタンで外相会談
◆中国、印の理事国入り支持表明、パティル大統領訪中で
◆ラメシュ発言、内務省が印中関係緊張を招く
◆ジャルカンド州に大統領直轄統治導入
◆第2世代携帯電話周波数割り当てをめぐる不正疑惑
◆国勢調査、カースト調査も含まれるか


◎今月のキーワード:インドの対パ攻勢?ムンバイ・テロ犯死刑判決と米国でのテロ未遂
◎周辺国情報:ネパール制憲会議1年延長、首相は辞任


================================================================================
経済動向
================================================================================

一般情勢
◆経済成長率:09年度の経済成長率、政府予測上回る7.4%
◆日印包括的経済連携協定:日印経済交渉、医薬品の規制緩和で交渉加速
◆外国直接投資:小売業の外資参入、許可なるか
◆公営企業株売却:国営製鉄所RINLに着手、10%分の売却を義務付け
◆輸出目標:今年度は2,000億ドル、世界貿易シェアの拡大も
◆統一進歩同盟政権:第2次シン内閣、発足満1周年
◆世界競争力年鑑:2010年度版が発表、インドは31位
【表】競争力ランキング
◆国際金融:ギリシャ危機、インドへの影響は軽微


経済指標
◆月次統計:鉱工業生産指数の前年同月比伸び率/コアセクター生産指数の前年同月比伸び率/貿易収支の推移
◆四半期統計:GDP成長率/国際収支
◆年次統計:実質GDP/実質GDP成長率/中央政府財政収支対GDP比/卸売物価指数上昇率/消費者物価上昇率/国際経常収支/国際総合収支/対外債務残高/対外債務対GDP/外貨準備高/対米ドル為替レート


================================================================================
産業動向
================================================================================

◆通信:3G携帯向け電波競売が終了、電波料は目標を上回る150億ドル
【表】第3世代サービス用周波数帯のキャリア別獲得状況と支払い電波料

◆エネルギー:アンバニ兄弟間のガス訴訟、RILが逆転勝訴

◆家電:昨年の冷蔵庫販売、730万台 雨季の遅れが普及を後押し
【グラフ】インドの冷蔵庫年間販売台数
【表】冷蔵庫のメーカー別販売シェア

今月の注目ニュース
◆04/21~05/20

【表】産業統計


================================================================================
金融市場
================================================================================

◆短期金利/為替相場/外貨準備高/株式/インフレ率
【表】金利推移/コマーシャルペーパー/インド政府証券/外国為替相場(直物)/外貨準備高
【グラフ】ムンバイ平均株価/インフレ推移(卸売物価)


================================================================================
企業動向
================================================================================

輸送用機器
◆日産自動車:インドからの輸出を試験開始
◆トヨタ:「フォーチュナー」、予想を大きく超える受注
◆スズキ:NIPPOをテストコースのコンサルタントに指名
◆ホンダ:エキサイドのバッテリー工場でスト、生産に影響
◆川崎重工業:インド二輪市場に本格参入
◆ヤマハ発動機・三井物産:低価格オートバイで農村市場を開拓
◆住友電装:マザーサン・スミ、欧州子会社の貢献で高収益
◆日本自動車部品工業会:新興国向け低価格車の試乗会を開催
【表】日系3社のセグメント別販売台数(4月/4-4月期)

電気機器
◆パナソニック:SANYOブランドで低価格市場を開拓へ
◆オリンパスイメージング:初のインド小売り店舗を開設

インフラ関連
◆日立製作所:発電機器製造でBGRと技術提携
◆タムラ製作所:英ロマーシュ社を買収、インドに拠点獲得
◆三菱グループ:発電プロジェクト90件立ち上げへ
◆三菱重工業:マハラシュトラ州発電公社から発電設備を受注
◆三菱重工業:火力発電所ボイラー用ポンプを18台受注

鉄鋼
◆新日本製鐵:鉄鋼公社、技術提携を打診
◆JFEスチール:JSWへの出資で最終合意の模様

化学
◆関西ペイント:インド子会社の09年度期純益は68%増

その他製品
◆ぺんてる:インド生産の世界戦略商品を日本で拡販

医薬・医療品
◆第一三共:「後発薬トップ」奪回に向けて新戦略
◆アステラス製薬:インドの専門医薬品市場に注力
◆第一三共:ランバクシー製後発薬の新会社を設立
◆HOYA:眼科医院と共同で特注レンズを発売
◆ニプロ:インドに生産拠点を設立
◆第一三共:ランバクシー抗鬱剤など、欧州で一部リコール
◆ピジョン:育児用品販売を本格展開

食料品
◆日本たばこ産業(JT):インド合弁会社に追加投資

情報通信
◆NTTドコモ:タタ・ドコモ、パンジャブ州全域をカバー
◆NTTデータ:パトニ・コンピューター・サービスを買収か
◆NEC:生体認証の開発拠点を設置
◆NTTドコモ:中国製通信機器輸入禁止の緩和を要求
◆NTTドコモ:タタ・ドコモ、ショールームを100店開設へ

金融
◆野村ホールディングス:石炭公社株売却の幹事候補に
◆オリックス(IL&FS):IL&FSが長期債権の発行を計画
◆オリックス(IL&FS):IIML、1年内に資金を6億ドル超へ

保険
◆東京海上日動火災保険:09年度総収入は8%増の151億ルピー
◆日本興亜損害保険:カーボンオフセット付き商品で排出権獲得
◆第一生命保険:保険料収入の今期倍増を目指す

物流
◆山九:グルガオンに現地法人設立
◆日立物流:同業のフライジャックを買収
◆日本郵船:新型コンテナ導入にライセンス取得の必要か

サービス
◆オリックス(IL&FS):携帯による英語学習サービスを提供
◆博報堂:合弁子会社がRBIのTV広告を制作


================================================================================
連載・コラム
================================================================================

いろはのいんど
◆ジャイナ教
◆マハーヴィーラ
◆不殺生(アヒンサー)
◆空衣派(裸行派、ディガンバラ)
◆白衣派(シュヴェタムバラ)
◆シュラバナベルゴラ
◆アディ・ゴドレジ(ゴドレジ・グループ会長)
◆数字を読む 「インドのアルミ生産」

インドビジネス・成功の法則(第51回)
◆インド物流のグランドデザイン ~ 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO) ~

インドビジネスQ&A マルチ・スズキ会長、バルガバ氏に聞く(ケース38)
◆韓国企業、成功の秘密-インドの消費者が求める製品とは何か

インドひろい読み
◆私の言い分 「企業はもっと、後進カーストの人々を雇用するべきだ」 インド工業連盟(CII)のバルティア新会長 ほか
◆インド紙社説 「国勢調査とカースト」

プロの視点
◆インドのブラックマーケット-横行する脱税と巨大化する地下経済

インドの社会を知る(第116回)
◆縁起のよい日「アクシャエ・トリトヤ」

新刊案内
◆中国とインドの経済発展の衝撃 (横川信治・板垣博著/御茶ノ水書房)

味ないんど
◆野菜の買い出し


================================================================================
編集後記(株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長 島田卓)
================================================================================

経済力と政治力

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー) 雑誌の内容

日本初!ビジネス、投資に必携のインドビジネス情報専門誌
経済、産業、政治、社会、日系企業などの1ヶ月の動向をカバーできるのはもちろん、「インド進出企業の現地取材」、「日印の幅広い専門家による解説」など、ビジネス視点で掘り下げた特集記事や、インドを代表する自動車メーカーであるマルチ・スズキ会長のR.C.バルガバ氏による寄稿など充実した内容で、1997年の創刊以来高い評価を得ています。

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)の無料サンプル

No.145 (2009年08月12日発売)
No.145 (2009年08月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

1 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年06月01日発売

目次: 【大特集:日本滅ぼす平和ボケ】
石原慎太郎/非核の妄執を排す 真の防衛論議を
織田邦男/台湾有事へ欠く政治の当事者意識
潮 匡人/軍事忌避続けば安全保障は破綻
仲村 覚/誰も想定していない尖閣有事の住民避難
井上久男/経済安全保障に鈍感な日本社会
濱本良一/外資撤退で中国のアキレス腱を衝け
志田淳二郎/中国が仕掛けるハイブリッド戦争
大澤 淳/産業競争力奪うサイバー攻撃の脅威
松原実穂子/国家機能マヒさせる身代金要求型ウイルス
藤原かずえ/危機から目を逸らすメディアの大罪
<反共鼎談>石平・楊海英・矢板明夫/「中国こそ脅威」と堂々と言おう 
福島香織/戦狼外交とSNSで目指す「中国の夢」 
アフメット・レテプ/日本人も使う中国プロパガンダ

【特集: 「脱炭素」に反対】
加藤康子/国益損じるより今こそ製造業強化を
杉山大志/中国利するだけの愚かな温暖化対策
長辻象平/日本製小型原発を活用せよ
竹田恒泰/イメージだけで石炭火力手離すな

▼掛谷英紀/武漢研究所起源説はもう陰謀論ではない
▼ジェイソン・モーガン/アメリカの分裂は始まっている
▼西岡 力/河野談話「上書き」する新談話を検討せよ

【特集:日本共産党に騙されるな】
横尾洋一・公安調査庁次長×佐藤 優/革命路線に変わりなし~過去と現在の主張から読み解く
松崎いたる/コロナ禍に乗じて党勢拡大

▼久野 潤/阿南惟幾 戦後日本への〝遺言〟

<好評連載!>
●【連載 情報災害と福島 Vol.2】林智裕/メディアが量産する偏見と風評
●若手官僚らが国家のあり方を考える「訥行塾」②
宮本雅史/次世代に残したい日本のこころとは(内村鑑三著『代表的日本人』を読む
●昭和の大戦とあの東京裁判
-同時代を生きた比較史家が振り返るー
第15回 二重に敗北した日本/平川祐弘 

▼国民守る憲法改正急げ/公開憲法フォーラム
櫻井よしこ/松本 尚/下村博文/足立康史/山尾志桜里
▼国家存亡の危機に平和憲法は通じない/憲法BlueWave事務局 神谷龍

▼皇室歳時記 ご就職
▼東日本大震災から10年 ブドウとイチゴで新たな地域作り/写真・文=渡辺照明
▼われらの女性自衛官④  「空女」の先駆け 
航空自衛隊 金野浩子1等空佐/ライター 渡邉陽子
▼文字のふるさと<最終回>瀧野喜星
▼不肖・宮嶋の現場/自由諸国の連合艦隊 

●清水ともみ/ 『日本製』を求めて。
●西原理恵子/ぬるま湯正論
●文人論客 壺中之天/坂上二郎「成増 おにぎり小島米店」/取材・構成 将口泰浩

●巻頭コラム 激流世界を読む 田久保忠衛 
●フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
●フィフィの本音   タレント フィフィ
●経済快快    産経新聞特別記者 田村秀男
●政界なんだかなあ  産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比
●アメリカの深層   福井県立大学教授 島田洋一
●朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員・國學院大學客員教授 久保田るり子
●SEIRON時評  評論家 江崎道朗
●日本が好き 「福祉好きな私と自衛官の父」 お笑い芸人 安藤なつ×ジャーナリスト 井上和彦
●シネマ異聞 そこまで言う!? 読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘
●読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ
●編集者へ・編集者から
●メディア裏通信簿
●折節の記
●操舵室




参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年06月25日発売

目次: 30年安心!無敵のマネー学

年収180万円老後はなぜ、リッチなのか
あなたの老後を襲う4大爆弾。対処法は?

「薄明かり、ドン冷え」の分岐点
1万世帯家計診断!

底をつく貯金…………………………65歳まで毎月16万円の赤字に耐えられるか
老親&老老介護………………… 老老介護よりも危険な別居介護の落とし穴
持ち家の借金……………………… 1500万円の退職金がすっからかんになる日
年金頼みの現実………………… 年金暮らしは「夫が死んでから」が地獄
コラム▼

徹底試算「豊かな老後に3000万円など必要ない」
飯島勲 「カネがないなら、頭を使え、手を動かせ」
拝見!人生後半戦「明るく強く」生きるハッピー家計術がわかった

月13万円でも「豊かさ20倍」で暮らす智慧
CASE1▼埼玉県・吉田さん(月収13万円・貯金850万円)

妻と両親を介護した日々。わずかな貯金で人生を好転させる!
CASE2▼ 宮城県・土屋さん(月収34万円・貯金530万円)

退職金が湯水のように消えていった。「隠れ」すねかじり体質
CASE3▼ 神奈川県・佐々木さん(月収41万円・貯金1800万円)

60歳からの企業年金バブル!収入多&貯金多世帯の落とし穴
CASE4▼ 大阪府・岡田さん(月収21万円・貯金3500万円)

薄給シニアが貯めた3500万円! 「取り崩し方」のルールとは
これが結論。これでいいのだ▼

月収15万円老後はなぜリッチなのか
自治会の役員、クルーズ船の旅……あなたはやろうとしていないか

老後に始めると危ないことランキング10
専門家がアドバイス「老後にやりたかったことは、こうやって準備をすれば安心」
株で貯金が5倍になる

反響轟々「ほったらかし投資術」完全ガイド
飛行機、鉄道、レンタカー、ホテル利用の満足度120%テクニックの数々

「2人で1万円の国内旅行」超入門
特大付録

お待たせしました!「日本全国温泉マップ」西日本編
日本人最大のリスク「長生き」とどう向き合うか

世界一わかりやすい「お金」と「年金」の授業
再ブーム! なぜ、「相田みつを」は日本人の心に迫るのか
一流リーダー23人が絶対の自信を持って薦める大傑作

わが生涯最高の映画1本
いちご白書/紅の豚/ロッキー/エデンの東/ラストエンペラー/ALWAYS 三丁目の夕日……
前内閣総理大臣・独占手記 辞してなお圧倒的存在感を放つ。ポスト菅の最有力!

安倍晋三 「これからの『日本』の話をしよう」
NEWS & INTERVIEWS
メルカリより高く!ジャンル別「不用品の賢い売り方」
電車を降りた瞬間にわかる!認知症になる街、ならない街
野党らによる政権批判はヤクザの交渉さながらだ!
入国在留管理局に問い続けることをやめてはいけない
好評連載
人間邂逅[792]

●野並 晃×麻生太郎

地方に人物あり
茂木健一郎の「成功への物語」[239]

日本一速く走る男・山縣亮太の独学術
大前研一の「日本のカラクリ」[270]

なぜイスラエルと台湾には日本にない4つの強さがあるか
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[64]

悲惨な戦争を戦い抜いた証言が、あなたの苦悩を軽くする
「橋下 徹」通信[126]

急速なワクチン普及はトランプ前大統領の功績だ
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[32]

野党らによる政権批判はヤクザの交渉さながらだ
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[29]

入国在留管理局に問い続けることをやめてはいけない
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[34]

小池百合子に忖度?強く出られない知事たちのウラ事情
三浦瑠麗の「私たちの民主主義」[6]

成長を続ける香港現実と思い込みの溝
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[34]

手軽に“リッチな気分”が味わえる「超便利グッズ」
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[65]

『紅の豚』の舞台 クロアチア・ボスニア
渡瀬裕哉のワシントン便り[16]

菅総理、ワクチン戦争で「世界の敵」を倒せ!
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[32]

電子レンジ
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[24]

いつか訪れる“愛別離苦”を前に、あなたならどうする
職場の心理学[730]

【閲覧注意】誰でも秒でバズる!悪魔の文章テクニック7
マネーの新流儀 [328]●山野祐介

YouTube Premiumを安く利用する人々
探せ!みんなの新定番体当たりレビュー部[17]

今年も夏が来ました!アイスクリーム
牙を剥く香港 [2]

天安門もタブーに集会の自由なき香港
運命の1年、リーダーたちの時の時[2]

●JA全中会長・中家 徹

1987年
新刊書評

赤石晋一郎 著『完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

馬渕磨理子 著『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

鈴木康弘 著『成功=ヒト×DX デジタル初心者のためのDX企業変革の教科書』
プレジデント言行録
プレジデントINFORMATION
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/23
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/03/26
    発売号

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年06月21日発売

目次: ◎ZAi NEWS CHANNEL
2021年後半の日経平均はどうなる?
プロ10人中7人が年内再び3万円超を予測

◎別冊付録
割高・割安がズバリわかる!
最新決算で一新!
上場全3809銘柄の最新 理論株価

◎第1特集
買っていい株が276銘柄も
人気の株500+Jリート激辛診断-2021年夏版
ザイ独自の最新の業績予想にも注目
●儲かる株の見つけ方
[1]旬の3大テーマから見つける
テーマ1「今期の会社予想が大幅増収増益の株」
テーマ2「海外の景気回復が追い風の株」
テーマ3「ワクチン接種の進展に期待の株」
[2]5大ランキング[3]セクター別
●2021年夏のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7/Jリート4
●気になる人気株
大型株 371/新興株 108/Jリート10

◎第2特集
「10倍株」や「利回り7%超」の株も
人気の米国株150オススメ&診断-2021年6-9月版
3カ月先の相場や株の買×売を大予測!
●[PART1] NYダウ&ナスダック 指数予測
●[PART2] 買いの高成長株8&高配当株8
●[PART3]GAFAM+2N 徹底分析
●[PART4]定番の127銘柄買い売り診断

◎第3特集
3000円から始める投資入門
●[Part1]---「株」1株から買えるオススメ株も
--スマホ証券を徹底比較
--少額投資にピッタリのオススメ株
成長株8/高配当株8/500円株12/値がさ株50
●[Part2]---「投信」コツコツ積立て基本と選び方
--自分に合った投信の選び方
--迷ったらコレを買え! ベスト30
--つみたてNISA&iDeCoを徹底比較
●[Part3]---その他の米国株・金・ビットコインなど少額からできる商品

◎第4特集
国内のオイシイを食べつくせ!
ふるさと納税で日本縦断
エリア1-北海道/エリア2-東北/エリア3-関東/
エリア4-中部/エリア5-近畿/エリア6-中国・四国/
エリア7-九州・沖縄

◎好評連載にも注目!
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「豪雨に打ち勝つ株で相場に勝つ! 」編
●株入門マンガ恋する株式相場! VOL.57
「投資型クラウドファンディングって?」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「親子を守る好手段、遠距離介護は手より頭を動かせ! 」
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「マイナスの利回りは為替ヘッジ型および円建て債券型の3本のみ! 」

参考価格: 780円 定期購読(1年プラン)なら1冊:665円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年06月22日発売

目次: Special Report
ファクトチェック韓国ナゾ判決
慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が──
「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?
日韓関係 イデオロギーで分断された韓国司法の真実
■タイムライン 慰安婦・徴用工判決で二転三転する韓国司法
外交 日韓、歴史と感情の自縄自縛
視点 菅首相と文大統領がいま歩み寄れない理由

ビットコインを法定通貨にした国
中米 エルサルバドルが暗号資産を正式通貨にしたい本当の理由

Periscope
JAPAN 日本版ワクチン外交が始まる
HUNGARY ハンガリーでLGBT教育が違法に
CHINA 新宇宙ステーション「天宮」の野心と限界
GO FIGURE 米共和党vs民主党、ロシア嫌いはどっち?

Commentary
中国 100歳の共産党は不死身に非ず──ミンシン・ペイ
欧州 EU非加盟スイスが「EU離脱」──ゲオルク・リーケレス
中東 日本人が知らない国連救済機関の闇──飯山陽
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「田舎ブタ」対「都会の白菜」──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
日本人が知らない水道の大問題── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
13年前の義母の行動に今もモヤモヤ
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
誰もが医者に世話になる、よね── 早坂隆

World Affairs
香港 潰された「六四集会」と知られざる希望の灯
核問題 イラン核交渉が宙に浮く訳
首脳会議 空虚な米ロ会談に大きな「進展」あり

Features
オフィス コロナ収束で始まる「リモートvs出社」

Life/Style
Television ムスリム女性版『SATC』の衝撃
Parks 「リトルアイランド」の夢と現実
Entertainment 健全なラブシーンを目指して
Travel まだコロナのこの夏は新刊本で世界旅行を
Drama 邪悪な人物像を存分に表現する
My Turn 難民だった僕の人生をチェスが変えた

Picture Power
アマゾンの最後の叫びに包まれて

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
日韓の父親が育休を取りにくい訳

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:389円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/06/08
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/05/18
    発売号

  • 2021/05/11
    発売号

6 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2021年06月18日発売

目次: 2021年3集夏号では、上場会社全体の約7割を占める3月期決算会社の本決算を完全収録!
これを踏まえ、業界担当記者が独自取材に基づいて今2021年度の業績予想を全面的に見直し、新たに2022年度の予想を行いました。
日本国内上場全3,822社をフルカバーした四季報で自分だけの「お宝銘柄」を探しましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●全社調査:外国人投資家の持株比率を追跡
海外勢が狙う企業はコレだ!
●注目ランキング:コロナ前より好業績、上振れ期待、連続増配

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

7 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年06月21日発売

目次: 特集
コロナ後のビッグテーマ「半導体・EV・新エネ」、最高益更新銘柄に注目 厳選⑧銘柄

スペシャルレポート
好業績のグロース株とバリュー株の二刀流の循環物色
「前門の虎、後門の狼」、そして「中門の猪」は恐れるに足りず
テーパリングは「市場との対話」で、織り込みが進む

クローズアップ
決算発表で企業業績の急伸を確認
ワクチン効果でV字回復、業績急浮上株を仕込め

特別銘柄企画
待ち伏せ狙いの「低PBR/中低位株」厳選⑦銘柄
今22年3月期の好業績を確認、金融相場から業績相場へシフト

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

8 週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

最大
45%
OFF
送料
無料

週刊ダイヤモンド

2021年06月21日発売

目次: 特集
最新超楽チン理解
決算書100本ノック!
2021夏

Part 1 ベストセラー『会計の地図』で理解する財務3表 ダイジェスト版
会社のお金はどう流れている? 1つの図で会計を可視化!
PL 損益計算書
BS 貸借対照表
CF キャッシュフロー計算書
PL、BS、CFの関係を図で可視化 財務3表はつながっていた!
書籍紹介 「お金の流れ」がたった1つの図法でぜんぶわかる 会計の地図

Part 2 決算書100本ノック! 2021夏版
主要15業種の決算書で浮き彫り! 「脱炭素サバイバル」の強者
ANA・JAL 賞与ゼロ提案をするほど業績最悪でも ANAがつぶれずにいる理由
トヨタ 電池への執念が設備投資の“質量”で鮮明に 「EVシフト」及び腰の大誤解
任天堂 「デジタル販売」の増加で急変する利益構造 任天堂最高益のからくり
富士フイルムHD 「ROA」の推移で読み解く古森氏vs御手洗氏 精密機器“長老対決”の結末は?
東芝 外部報告書で勢いづくアクティビスト 「将来の飯の種」投資が激減
鉄鋼 前門の原料高、後門の値下げ圧力 日鉄社長“値上げ宣言”の裏事情
外食 勝ち組外食、「借金戦略」頂上決戦 すき家vsスシロー
不動産 三菱地所と三井不動産が首位逆転 営業利益を底支えしたオフィスビル賃貸収入
武田薬品工業 「5兆円企業」をゴールに掲げた 外国人CEO、前半戦の通信簿
GAFA アマゾンがついに低利益率から脱却? 勝ち組を財務から徹底予測!
東京海上日動火災保険 事業環境の良さは反映されにくい!? 損保決算を難解にする「宿命」
みずほ システム障害は影響なしだが… 絶好調みずほの「暗い影」
商社 日本基準で減損なのにIFRSは利益 伊藤忠・CITICの珍事
楽天vs携帯3社 携帯では大手3社相手に「勝ち目ゼロ」 それでも楽天が強気の理由
私鉄3社 東急の“試算利益”は347億円下振れ 「移動ありき」の多角化が裏目


特集2
トップMBAが教える
新・資本主義


News

ダイヤモンドレポート
“赤裸々”報告書でアクティビスト猛攻!
東芝で高まる「上場廃止」リスク

(1)Close Up 生徒数日本一の高校が労基法違反 角川ドワンゴ・N高に是正勧告

オフの役員 中村浩二●BEENOS代表取締役副社長


ウォール・ストリート・ジャーナル発
ビットコインの身代金回収したFBI、その手法とは


政策マーケットラボ
ETF買い入れ縮小でも最大株主日銀の未体験の難題
井出真吾●ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジスト


Data

数字は語る
947円 英国における最低賃金の2024年目標を日本に当てはめた場合の時給●神田慶司


連載・コラム

井手ゆきえ/カラダご医見番
牧野 洋/Key Wordで世界を読む
山本洋子/新日本酒紀行
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
藤田一郎/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
後藤謙次/永田町ライヴ!
From Readers From Editors
世界遺産を撮る

ビジネス掲示板

定期購読(3年プラン)なら1冊:398円

書店で一番売れているビジネス週刊誌(ABC協会調べ)東証企業情報満載

  • 2021/06/14
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

  • 2021/05/31
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

  • 2021/05/17
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

9 会社四季報 プロ500

東洋経済新報社

送料
無料

会社四季報 プロ500

2021年06月18日発売

目次: 「大転換期」に躍進する日本株
■注目テーマ絡みの好業績銘柄がズラリ
本命銘柄50
期待銘柄200
注目銘柄250

■すぐに探せる銘柄索引
社名順  証券コード順

■相場をリードする有望テーマを徹底解説
1.厳しい環境でも最高益、コロナ影響から復活銘柄も 好業績
2.連続増益かつ連続増配の成長・好還元銘柄を探す 高配当
3.手元資金が少なくても可、分散投資でリスク軽減も 少額投資
4.今や世界のメガトレンド、環境投資の強力追い風 脱炭素
5.好調米国やバイデン投資、回復顕著な外需取り込む グローバル
6.政策に売りなし! 次世代型の国づくり 日本躍進
7.コード厳格化で企業統治に変革期到来 ガバナンス
8.9月に新司令塔発足へ、「デジタル庁」が加速促す DX
9.根付く新生活様式、変異株も予断許さず 新常態 
10.もはや夢物語ではない、空飛ぶクルマ・量子コンピュータ 新技術 
11.加速するキャッシュレス、ワクチンで「リア充」再興も 大化け期待

■特集:四季報記者に聞く 21年度の「注目企業」と「業界見通し」

■株主優待詳細情報

■プロ500 徹底活用法
ポイント解説 プロ500を使い切る方法
新レーダーチャートで銘柄発掘
銘柄ページ詳細解説/見方・使い方
株価チャートを使った売買サインの見つけ方

■マクロウォッチ/「会社四季報」夏号でわかった伸びる業種

■今号掲載の500銘柄注目ランキング
PER PBR 信用好取組 高配当利回り 営業増益率 純増益率 高ROEでランキング

■前号フォローアップ 前回掲載銘柄の値上がり率上位

■全上場3822銘柄を大診断/無料ダウンロードサービス
PER PBR 理論株価 業績進捗率(会社営業増益率)で徹底比較

■会社四季報最新ランキング
四季報業績予想が強気の100銘柄
今期に業績が伸びる100銘柄
ROEが高い・改善する100銘柄
高配当利回り100銘柄
黒字化幅が大きい100銘柄

■有望ルーキーを探せ! IPO銘柄大紹介
 新規上場銘柄7社のデータ、株価チャートを総まとめ

■図書カードなどすてきなプレゼントが当たる読者アンケート/編集後記

参考価格: 1,300円

株式市場が注目する要ウォッチ500銘柄を選出

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

INDO WATCHER(インド・ウォッチャー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌