※定期購読のイメージ画像
  • 書籍:リグニン化学研究法
  • 出版社:ユニパアクス
  • 発行間隔:既刊
※定期購読のイメージ画像
  • 書籍:リグニン化学研究法
  • 出版社:ユニパアクス
  • 発行間隔:既刊
  • 書籍

リグニン化学研究法

  • 書籍

リグニン化学研究法

この商品は現在取り扱っておりません。

リグニン化学研究法のバックナンバー

第1章 緒言
1.1 リグニン構造の特性
1.2 木部リグニンの濃度および組成変化
1.3 リグニンの分離および回収
1.4 リグニンの物理的性質
1.5 構造修飾の諸反応
1.5.1 芳香核の修飾
1.5.1.1 親電子的置換
1.5.1.2 芳香核から非芳香族性環状構造への変換
1.5.1.3 サイクリックからアサイクリック構造への変換
1.5.1.4 芳香核のカップリングおよび縮合反応
1.5.2 プロパン側鎖の修飾
1.5.2.1 エーテル結合の開裂
1.5.2.2 炭素-炭素結合の開裂
1.5.2.3 置換反応
1.5.2.4 多重結合性茎の生成と除去
1.5.3 将来的にみた分析法

第2章 検出と定量
2.1 リグニンの検出
2.1.1 緒言
2.1.2 リグニンの検出のための試薬
2.1.2.1 脂肪族化合物
2.1.2.2 フェノール類および芳香族アミン類
2.1.2.3 ヘテロ環状化合物
2.1.2.4 無機試薬
2.1.2.5 その他の試薬
2.1.3 呈色反応機構
2.1.4 リグニンの検出方法
2.1.4.1 フロログルシール・塩酸呈色反応
2.1.4.2 モイレ呈色反応
2.1.4.3 クロス・ビバン呈色反応
2.1.4.4 トシルクロリド/ピリジン/p-ニトロソジメチルアニリン/
    シアン化カリウムによる呈色反応
2.1.4.5 キノンモノクロルイミドによる呈色反応
2.1.4.6 ニトロソジスルフォン酸カリウムによる呈色反応
2.1.4.7 ニトロリフェノールの生成による呈色反応(パール・ベンソン法)
2.2 リグニンの定量
2.2.1 緒言
2.2.2 直接法
2.2.2.1 木材およびパルプの酸加水分解
2.2.2.2 木材およびパルプ中の酸不溶性リグニン(クラーソン・リグニン)の定量
2.2.2.3 木材およびパルプ中の酸可溶性リグニンの定量
2.2.2.4 一年生植物、分化中の組織、牧草植物の酸加水分解
2.2.2.5 一年生植物、分化中の組織、牧草植物中の酸不溶性リグニンの定量
2.2.3 間接的方法
2.2.3.1 スペクトル法
2.2.3.2 アセチルブロミド法による木材およびパルプ中のリグニンの定量
2.2.3.3 酸化剤の消費による方法
2.2.3.4 パルプのカッパー価の測定
2.2.4 溶液中のリグニンの定量
2.2.4.1 改良パール・ベンソン法(ニトロソ化法)による溶液リグニンの定量

第3章 単離と精製
3.1 木材からのリグニンの単離
3.1.1 緒言
3.1.2 リグニンの単離および精製法として望ましい方法
3.1.2.1 単離
3.1.2.2 精製
3.1.3 考察
3.1.3.1 推奨法の修正と解説
3.1.3.2 木材中のリグニンの代表としての摩砕リグニン
3.1.3.3 摩砕リグニンとBraunsリグニンの比較
3.1.3.4 摩砕リグニンとCellulolytic Enzymeリグニンの比較
3.2 パルプからのリグニンの単離
3.2.1 緒言
3.2.2 方法
3.2.2.1 パルプ試料および酵素溶液の調製
3.2.2.2 未晒パルプ残存リグニンの単離
3.2.2.3 半晒パルプ残存リグニンの単離
3.2.2.4 残存リグニンの精製
3.2.3 まとめ
3.3 パルプ製造排液からの単離
3.3.1 緒言
3.3.2 原理
3.3.2.1 クラフト(サルフェート)リグニン
3.3.2.2 リグノスルフォン酸塩(サルファイトリグニン)
3.3.3 方法
3.3.3.1 クラフトリグニンの単離法
3.3.3.2 リグノスルフォン酸塩の単離法
3.3.4 単離リグニンの組成
3.3.4.1 クラフトリグニンの各区分
3.3.4.2 リグノスルフォンの酸塩の区分
3.3.5 考察

第4章 固体試料の分析
4.1 FTIR分光法(固体)
4.1.1 原理と機械操作
4.1.1.1 はじめに
4.1.1.2 FTIR分光法のアプリケーションについての展望
4.1.1.3 標準的なFTIR装置について
4.1.1.4 FTIR分光法の利点
4.1.2 方法
4.1.2.1 実際のFTIRの分光法
4.1.2.2 操作
4.1.3 中赤外領域(4000-500cm-1)でのリグニン特性
4.1.3.1 リグニンIRスペクトルの吸収帯表示と分類
4.1.3.2 カルボニル基の影響
4.1.3.3 スペクトルの数学的分解
4.1.3.4 アセチル化の影響
4.1.3.5 量的評価
4.1.4 近赤外領域(4000-1000cm-1)のリグニンスペクトル
4.1.5 遠赤外領域(50-500cm-1)のリグニンスペクトル
4.1.6 結論
4.2 紫外線顕微鏡法
4.2.1 はじめに
4.2.2 UV顕微鏡法により得られる情報
4.2.2.1 顕微鏡写真
4.2.2.2 リグニン濃度
4.2.2.3 UV吸収スペクトル
4.2.3 実験法
4.2.3.1 試料作成
4.2.3.2 写真法
4.2.3.3 定量分析
4.2.4 まとめ
4.3 干渉顕微鏡法
4.3.1 はじめに
4.3.2 原理
4.3.3 方法
4.3.3.1 試料作製
4.3.3.2 屈折率の測定
4.3.3.3 屈折率からのリグニン濃度の算出
4.3.3.4 空隙率の測定
4.3.3.5 空隙率からのリグニン濃度の計算
4.3.4 考察
4.3.4.1 他の方法との比較
4.3.4.2 測定可能な試料の種類
4.3.4.3 精度と信頼性
4.4 電子顕微鏡法
4.4.1 序論
4.4.2 原理
4.4.2.1 用語
4.4.2.2 TEM-EDXAおよびSEM-EDXAの原理
4.4.3 方法
4.4.3.1 試料厚さ
4.4.3.2 臭素化法を用いたEDXA分析手順
4.4.4 細胞壁におけるリグニン分布
4.4.4.1 針葉樹材
4.4.4.2 広葉樹材
4.4.4.2.1 リグニン分布
4.4.4.2.2 グアイアシルリグニンおよびシリンギルリグニンの分布
4.4.5 臭素化法によるEDXA分布と他の方法との比較
4.5 固体高分解能核磁気共鳴スペクトル(CP/MAS NMRスペクトル法)
4.5.1 はじめに
4.5.2  CP/MAS NMRの原理
4.5.2.1 交差分極(Cross Polarization)
4.5.2.2 MAS法(マジックアルビルスピニングMagic Angle Spinning)
4.5.3  CP/MAS NMRスペクトルの測定方法
4.5.3.1 スペクトロメーターの選択
4.5.3.2 試料調製
4.5.3.3 木材およびパルプ中のリグニンの定量
4.5.3.4 インターラプテッドデカップリング(Interrupted Decoupling)
4.5.3.5 シリンギル/グアイアシル比(S/G比)の評価
4.5.3.6 エーテル化度の評価
4.5.3.7 分解能増強
4.5.4 考察
4.5.5 将来の進歩
4.6 ラマンスペクトル法
4.6.1 はじめに
4.6.2 原理
4.6.3 方法
4.6.3.1 ラマンシステム
4.6.3.2 散乱法
4.6.3.3 サンプリング
4.6.4 スペクトルからの情報
4.6.4.1 天然リグニンの同定
4.6.4.2 木材中のリグニンの定量分析
4.6.4.3 木材組織中のリグニンの配向と組成
4.6.5 考察
4.6.5.1 他の分析方法との比較
4.6.5.2 将来の進歩
4.7 熱分解-ガスクロマトグラフィー-質量分析法
4.7.1 序論
4.7.2 アナリティカルパイロリシスの原理および方法
4.7.2.1 熱分解と他の装置との組合せ
4.7.2.2 熱分解技術
4.2.2.2.1 誘導加熱(キューリーポイントパイロリシス)
4.7.2.2.2 抵抗加熱
4.7.2.3 試料の調製、大きさ、形態および汚染
4.7.3 ガスクロマトグラフィー
4.7.3.1 操作条件
4.7.4 質量分析法
4.7.4.1 装置
4.7.4.2 イオン化
4.7.4.3 データの取り扱い
4.7.5 パイログラムとスペクトルの評価
4.7.6 本法の利用
4.8 熱分析法
4.8.1 緒論
4.8.2 熱分析の一般的原理および方法
4.8.2.1 熱重量分析(TG)
4.8.2.1.1 装置
4.8.2.1.2 TG曲線
4.8.2.1.3 TG測定に影響する因子
4.8.2.2 DTAおよびDSC
4.8.2.2.1 装置
4.8.2.2.2  DTAおよびDSC曲線
4.8.2.2.3  DTAおよびDSC実験に影響する因子
4.8.3 リグニンへの熱分析の応用
4.8.3.1 リグニン熱分解の速度論的解析
4.8.3.2 リグニンのガラス転移
4.8.3.3 リグニンの熱容量
4.8.4 結論

第5章 液体試料の分析(スペクトル法)
5.1 紫外分光光度法
5.1.1 序論
5.1.2 測定原理
5.1.3 方法
5.1.3.1 溶媒の選択
5.1.3.2 スペクトル測定用リグニン溶液の調製
5.1.3.3 定量分析の手順(中性スペクトル)
5.1.3.4 イオン化示差スペクトル測定手順
5.1.3.5 二次微分吸光度測定法
5.1.4 リグニンおよびリグニン関連モデル化合物の紫外線吸収特性
5.1.4.1 溶媒効果
5.1.4.2 吸収帯
5.1.4.3 イオン化示差スペクトル
5.1.4.4 NaBH4還元示差スペクトル
5.1.4.5 二次微分吸光度測定法
5.1.4.6 紫外線吸収への化学修飾の効果
5.1.5 考察
5.2 FTIR分光法(液体)
5.2.1 はじめに
5.2.2 測定方法
5.2.2.1 透過型セル
5.2.2.2 全反射吸収測定方法(ATR)
5.2.2.3 CATR法
5.2.3 液体リグニン試料のFTIR分光法
5.2.3.1 クロロホルム中のアセチル化リグニン
5.2.3.2 水中のリグノスルホン酸塩
5.2.3.3 アルカリ溶液中のリグニン
5.2.3.4 パルプ製造排液のFTIRスペクトル
5.3 プロトン(1H)NMR
5.3.1 緒論
5.3.2 有用な測定法
5.3.2.1 アセチル化
5.3.2.2 アセチル誘導体
5.3.2.3 NMR測定
5.3.3 考察
5.3.3.1 望ましい方法に関するコメント
5.3.3.2 スペクトル記録の他の方法
5.4 C-13NMR
5.4.1 序論
5.4.2 パルスフーリエ変換13C NMRの原理
5.4.2.1 用語および記号集
5.4.2.2 NMR実験の原理と要素
5.4.2.3 回転系におけるパルスNMR
5.4.2.4 緩和時間
5.4.2.5 自由誘導減衰(FID)の取り込みとFIDのフーリエ変換(FT)
5.4.2.6 化学シフト
5.4.2.7 スピン-スピン結合:スカラーおよび双極子
5.4.2.8 シグナル強度
5.4.2.9 一次的および二次元NMR実験
5.4.3 実験法
5.4.3.1 試料の調製
5.4.3.2 分光器の仕様
5.4.3.3 13C NMRスペクトルの記録:測定パラメータのまとめ
5.4.3.3.1 ルーチンスペクトル
5.4.3.3.2 定量分析のためのスペクトル
5.4.3.3.3 DEPT
5.4.3.4  NMRシグナルの積分
5.4.4 結果と考察
5.4.4.1 定性的分析
5.4.4.2 13C NMR DEPTスペクトル
5.4.4.3 定量分析
5.4.5 まとめ
5.5 電子スピン共鳴(ESR)
5.5.1 序論
5.5.2 ESRの原理
5.5.3 スペクトルパラメータ
5.5.3.1 g-値
5.5.3.2 強度
5.5.3.3 吸収線の形状
5.5.3.4 超微細構造
5.5.4 方法
5.5.4.1 試料調製
5.5.4.2 ESR測定
5.5.4.3 ESR操作
5.5.5 リグニンのESR
5.5.5.1 リグニン中のメカノラジカルの検出
5.5.5.2 光照射したリグニン中のフリーラジカルの検出
5.5.5.3 光照射したリグニンモデル化合物中のフリーラジカルの検出
5.5.6 考察

第6章 液体試料の分析(化学的分解法)
6.1 アシドリシス
6.1.1 緒言
6.1.2 低分子量アシドリシス生成物の分析によるリグニンの構造解析
6.1.3 アシドリシス法の応用
6.1.4 実験操作法
6.1.4.1 アシドリシス試薬の調製
6.1.4.2 アシドリシス反応
6.1.4.3 アシドリシス反応物分析用試料の調製
6.1.4.4 アシドリシス生成物の分析
6.1.5 アシドリシス実験操作法の考察
6.1.6 二量体アシドリシス生成物
6.2 ニトロベンゼンおよび酸化第二銅酸化
6.2.1 緒言
6.2.1.1 酸化第二銅酸化
6.2.1.2 草本植物組織のニトロベンゼン及び酸化第二銅酸化
6.2.2 実験方法
6.2.2.1 試料調製
6.2.2.2 ニトロベンゼン酸化
6.2.2.3 酸化第二銅酸化
6.2.2.4 酸化生成物の定量分析
6.2.2.4.1 ガスクロマトグラフィー(GC)
6.2.2.4.2 ガスクロマトグラフィーマススペクトル(GC-MS)
6.2.2.5 酸化生成物の定量分析
6.2.2.5.1 ガスクロマトグラフィー(GC)
6.2.2.5.2 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
6.2.2.6 草本リグニン中のp-ヒドロキシ桂皮酸及びフェルラ酸のエステル単位の定量
6.2.2.7 マススペクトルの解析
6.2.3 方法の考察
6.3 化学的分解法:過マンガン酸塩酸化
6.3.1 緒言
6.3.2 実験方法
6.3.2.1 試料調製
6.3.2.2 アルキル比
6.3.2.3 過マンガン酸カリウムによる酸化
6.3.2.4 過酸化水素による酸化
6.3.2.5 エステル化
6.3.2.6 ガスクロマトグラフィー分析
6.3.3 考察
6.3.3.1 反応の選択性
6.3.3.2 構造単位型の同定と推定
6.3.3.3 フェノール性水酸基量の推算
6.4 チオアシドリシス
6.4.1 緒言
6.4.2 リグニンのチオアシドリシス反応
6.4.3 実験法
6.4.3.1 試薬
6.4.3.2 リグニンのチオアシドリシス試薬による処理
6.4.3.3 単量体生成物のガスクロ分析
6.4.3.4 主な単量体生成物の定量分析
6.4.4 方法に関する考察
6.4.4.1 感度と再現性
6.4.4.2 主なチオアシドリシス生成物の同定
6.4.4.3 定量分析法としてのチオアシドリシス法
6.5 水素化分解
6.5.1 緒論
6.5.2 水素化分解に対して提案された反応径路
6.5.3 水素化分解(hyarogenolysis)および水素添加(hydrogenation)反応
6.5.3.1 単位間結合の開裂
6.5.3.2 側鎖と芳香環の水素添加
6.5.4 水素化分解に影響を与える因子
6.5.4.1 触媒活性
6.5.4.2 触媒量
6.5.4.3 水素圧
6.5.4.4 溶媒
6.5.5 単量体生成物への水素化分解
6.5.6 2、3量体生成物への水素化分解
6.6 核交換反応
6.6.1 緒言
6.6.2 反応機構
6.6.2.1 フェノール化反応
6.6.2.2 核交換反応
6.6.2.3 脱メチル化反応
6.6.2.4 NE処理に対する種々のリグニン構造単位の挙動
6.6.3 NE法
6.6.3.1 試料調製
6.6.3.2 試薬の調製
6.6.3.3 操作法
6.6.3.4 GCによる生成物の定量
6.6.4 針葉樹プロトリグニンにおける非縮合型および縮合型グアイアシル核の定量
6.6.5 広葉樹プロトリグニンにおける非縮合型および縮合型フェニル核の定量
6.6.6 手法の考察
6.6.6.1 NE反応の定量性
6.6.6.2 NE法の応用
6.7 オゾン酸化法
6.7.1 緒言
6.7.2 オゾン酸化法の機構
6.7.3 オゾン酸化の処理法を組み立てる上で影響する因子
6.7.3.1 オゾンとの反応条件
6.7.3.2 オゾン酸化生成物の後処理法
6.7.3.3 オゾン酸化生成物の分離と同定法
6.7.3.4 オゾン酸化生成物の定量法
6.7.4 オゾン酸化法の手順
6.7.4.1 オゾン酸化、ケン化、誘導体化
6.7.4.2 GCとGC-MS
6.7.5 リグニン側鎖構造に関する知見
6.7.6 結論

第7章 官能基分析
7.1 全水酸基および脂肪族水酸基の定量
7.1.1 緒言
7.1.2 全水酸基の定量
7.1.2.1 リグニン試料のアセチン化
7.1.2.2 全O-アセチル基の定量
7.1.2.2.1 Kuhn-Roth法(KuhnおよびRoth 1933, Roth 1953)
7.1.2.2.2 修正Bethge-Lindstrom法(Mansson 1983)
7.1.2.3 全水酸基量
7.1.2.4 全脂肪族水酸基含有量
7.1.3 操作の論議
7.2 フェノール性水酸基の定量
7.2.1 分析の重要性
7.2.2 解析研究の概要
7.2.3 手法
7.2.3.1 アミノリシス
7.2.3.1.1 器具および試薬
7.2.3.1.2 較正
7.2.3.1.3 操作
7.2.3.2 過ヨウ素酸酸化
7.2.3.2.1 器具および試薬
7.2.3.2.2 較正
7.2.3.2.3 操作
7.2.3.2.4 計算
7.2.4 操作の考察
7.3 エチレン基の定量
7.3.1 リグニン中のエチレン構造
7.3.2 操作の概要
7.3.3 全シンナムアルデヒドおよびシンナミルアルコール単位の定量
7.3.3.1 水素化アルミニウムでのカルボニル基の還元
7.3.3.2 接触水素添加
7.3.3.3 水素化示差スペクトルの測定
7.3.4 スチルベン単位の定量
7.3.4.1 水素化アルミニウムリチウム(LiAIH4)でのカルボニル基の還元
7.3.4.2 イオン化示差スペクトルの測定
7.3.5 操作の考察
7.4 カルボニル基の定量
7.4.1 緒言
7.4.2 カルボニル基の定量法
7.4.3 ヒドロキシルアルミン塩酸塩との反応による全カルボニル基量の定量
(GiererおよびSoderberg 1959, GiererおよびLenz 1965)
7.4.4 UV分光法による共役カルボニル基の定量(AdlerおよびMarton 1959)
7.4.4.1 リグニン試料貯蔵溶液の調製
7.4.4.2 アルカリ溶液中におけるリグニンのUVスペクトル
7.4.4.3 水素化ホウ素ナトリウム還元リグニンのアルカリ溶液中でのUVスペクトル
7.4.4.4 還元示差(∆εr)スペクトル
7.4.4.5 共役カルボニル基含有量の計算
7.4.5 定量法の考察
7.4.5.1 ヒドロキシルアミン塩酸塩法と水素化ホウ素法の比較
7.4.5.2 共役カルボニル基定量操作の正確さ
7.5 カルボキシル基の定量
7.5.1 緒言
7.5.2 非水系電位差滴定によるカルボキシル基の定量
7.5.2.1 装置および試薬
7.5.2.2 滴定溶液の標定
7.5.2.3 カルボキシル基の定量方法
7.5.2.4 計算
7.5.3 方法についての考察
7.6 メトキシル基の定量
7.6.1 緒言
7.6.2 試料の調製
7.6.3 ViebockおよびSchwappach法によるメトキシル基の定量
   (Silbernagel 1980、私信)
7.6.4 方法についての考察
7.7 スルホン酸基と全イオウの定量
7.7.1 分析の意義
7.7.2 利用可能な方法の概要
7.7.3 スルホン酸基の定量
7.7.3.1 伝導度滴定の原理
7.7.3.2 パルプの伝導度滴定の方法
7.7.4 全イオウの定量
7.7.4.1 燃焼/イオンクロマトグラフィーの原理
7.7.4.2 燃焼/イオンクロマトグラフィーの方法
7.7.5 定量法についての考察

第8章 分子量、分子サイズおよび分子量分布の測定
8.1 ゲルパーミエーションクロマトグラフィー
8.1.1 序論
8.1.1.1 セファデックスゲルによるリグニンのクロマトグラフィー
8.1.1.2 変性セファデックスゲル
8.1.2 高性能サイズ排除クロマトグラフィー(HPSEC)
8.1.3 実験
8.1.3.1 装置
8.1.3.2 試料の調製
8.1.3.3 アセチル化
8.1.3.4 メチル化
8.1.4 分析法の考察
8.1.4.1 ゲルパーミエーションクロマトグラフィーの問題点
8.1.4.2 StyragelによるHPSEC
8.2 光散乱法
8.2.1 序論
8.2.2 原理
8.2.2.1 光学異方性の補正
8.2.2.2 吸光度の補正
8.2.2.3 ケイ光の補正
8.2.3 測定方法
8.2.3.1 装置
8.2.3.2 操作
8.2.3.2.1 溶媒と溶液
8.2.3.2.2 測定
8.2.3.2.3 レーリー比の決定
8.2.3.2.4 比屈折率増分, db/dc
8.2.3.3 データ処理
8.2.4 考察
8.2.4.1 溶媒と溶液の精製
8.2.4.2 ケイ光の影響
8.2.4.3 異方性の影響
8.2.4.4 分析データの代表例
8.2.4.5 測定精度
8.3 蒸気圧浸透法
8.3.1 序論
8.3.2 原理
8.3.3 測定法
8.3.3.1 装置
8.3.3.2 操作
8.3.3.2.1 溶媒の選定
8.3.3.2.2 測定手順
8.3.3.3 結果の評価
8.3.3.3.1 較正係数
8.3.3.3.2 数平均分子量
8.3.4 考察
8.3.4.1 液滴量の影響
8.3.4.2 応答時間
8.3.4.3 溶媒とリグニンの純度
8.3.4.4 較正係数の恒常性
8.3.4.5 代表的分析データ
8.4 限外ろ過
8.4.1 序論
8.4.2 原理
8.4.3 測定法
8.4.3.1 UF装置と限外ろ過膜
8.4.3.2 供給液の調製
8.4.3.3 操作
8.4.3.4 データの取り纏め
8.4.4 考察

第9章 低分子量生成物およびモデル化合物の分離と同定
9.1 ガスクロマトグラフィー・マススペクトロメトリー(GS-MS)
9.1.1 緒言
9.1.2 試料調製
9.1.2.1 分解生成物の抽出
9.1.2.2 パルプ化排液および漂白排液の抽出
9.1.2.3 誘導体化
9.1.2.4 試料溶液の調製
9.1.3 GC-MS分析
9.1.3.1 GC分析用キャピラリーカラムの選択
9.1.3.2 GC分析の最適条件の選択
9.1.3.3 MS分析の最適モードの選定
9.1.3.4 GC-MS分析装置の操作
9.1.3.5 データの取り出しと後処理
9.1.4 考察
9.1.4.1 構造決定への有効性
9.1.4.2 マススペクトルの状態
9.1.4.3 マススペクトルの解釈
9.2 高性能液体クロマトグラフィー
9.2.1 分析の意義
9.2.2 方法の概要
9.2.3 適性分析のための原則
9.2.3.1 吸着クロマトグラフィー
9.2.3.2 逆相クロマトグラフィー
9.2.3.3 クロマトグラフ理論
9.2.4 適正な分析方法について
9.2.4.1 移動相とポンプ
9.2.4.2 HPLCカラム:取り付け、平衡付与、性能チェック
9.2.4.3 E/Zモノリグノール-分離と検定
9.2.5 考察
9.2.5.1 単量体
9.2.5.2 2量体
9.2.5.3 3量体および高次オリゴマー(リグニンモデル化合物)

+   リグニン化学研究法取扱い開始コール♪

リグニン化学研究法 書籍の内容

アメリカで発行された「リグニン化学研究法」の翻訳版
Lignotech USA Inc.研究部長Stephen Y. Lin博士およびニューヨーク州立大学名誉教授Carlton W. Dence博士編集の「リグニン化学研究法」の翻訳版世界7ヵ国のリグニン研究者35名(日本8名)の優れた内容が掲載されている書です。

リグニン化学研究法のレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!

リグニン化学研究法を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2021年12月03日発売

目次: 【TOPICS】
天体画像処理あれコレ/西條善弘
宇宙からの視点特別編/池内 了
レナード彗星情報/中野主一
月のある絶景/榎本 司
ふたご座流星群2021の撮影/及川聖彦
星空撮影QUICKガイド/成澤広幸
「月・惑星」高画質画像撮影法/山崎明宏

【THE SKY】
1月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春、内藤誠一郎、塚田 健
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
T.G.Factory/西條善弘
読者SPACE!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
リーマンサット・プロジェクト/鬼頭佐保子
今日からロケッティア!/足立昌孝
オーロラカレンダー/篠原 学
宇宙天気/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭
彗星ガイド/中野主一

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年11月26日発売

目次:
Newton Special

“究極の理論”の最有力候補はどこまでできあがっているか?

超ひも理論

監修 松浦 壮

執筆 前田 武,中野太郎



2021年に生誕100周年をむかえた南部陽一郎博士が提唱した「弦理論」は,物理学の“究極の理論” の最有力候補として知られる「超ひも理論(超弦理論)」へと進化した。超ひも理論の基礎から最新研究まで,まとめて解説する。

Newton Special(2)

「世界一美しい式」がゼロからわかる

オイラーの等式

多くの科学者や数学者が「世界一美しい式」と称賛する式がある。「オイラーの等式」とよばれる「eiπ+1=0」だ。オイラーの等式のすばらしさにせまっていこう。

監修 小山信也
執筆 山田久美

FOCUS Plus

気象学

台風の脅威を減らし,恵みに変える「タイフーンショット計画」が始動

協力 筆保弘徳

執筆 今井明子

Super Vision

世界最大級の模擬宇宙

協力 石山智明

執筆 中野太郎

Topic

「科学的」とは何だろうか?

科学と疑似科学の境界を探り,科学的考え方を身につける

監修 伊勢田哲治

執筆 福田伊佐央

Topic

眠りを変える技術「スリープテック」

世界が注目する,快眠にみちびく最新テクノロジー

監修 栗山健一

協力 樋江井哲郎

執筆 山本尚恵

Topic

スマホ依存になっていませんか?

使う時間と場所を自分で制御できない心の病

監修 髙橋英彦

執筆 福田伊佐央

Nature View

海の王者サメ

独自の進化が生んだ特殊な体と生態

監修 田中 彰

執筆 薬袋摩耶

Topic

地球が好きになる岩石図鑑

石には地球の歴史が詰まっている

監修 西本昌司

執筆 中作明彦

Topic

宇宙飛行士の訓練


宇宙飛行士に求められる資質や能力とは?

監修 柳川孝二

執筆 北原逸美

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年11月25日発売

目次: 【特集:地球防衛】
危険な小惑星にどう向き合うか
100年に1回の衝突を見逃さない ほか
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50年 そして現在
極限微生物が変えた進化観 深海に探る生命の起源
-----------------------------------------------------------------
吃音症はなぜ起こるのか 神経科学が示す治療の糸口

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡 ついに開眼へ

太古のマントル岩石にCO2封印 中東オマーンで実験開始
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SCOPE
エキノコックス なぜ日本に?/国産ワクチン開発 今後の課題は/
CO2でCO2吸収材料を作る/小笠原諸島発 軽石1300kmの旅

◇ADVANCES
自転の変化が大気酸素化に影響/原子1層の極薄磁石/泡の力/昔のイヌの食生活/
生命体センサー/記録破りの山火事/クジラの声をつかめ/ニュース・クリップ/
マイクロプラごみ掃除機 ほか

◇From Natureダイジェスト:1~2年でコロナ再感染のリスク

◇新連載! 数楽実験室 マテーマティケー:斜めに見る

◇ヘルス・トピックス:ウルシかぶれに救いの手

◇パズルの国のアリス:勝率の履歴

◇BOOK REVIEW
『なぜ心はこんなに脆いのか』 鈴木光太郎
『ヒトはなぜ「がん」になるのか』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学

◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年11月30日発売

目次: 【総力特集】
○驚きの大地 セレンゲティ
●生命の大移動
数千種の動植物が生きるセレンゲティ。野生の営みが見られるが、そのバランスが崩れる危機がある。
●思いがけない真の王者
オグロヌーはセレンゲティで最も重要な動物だ。太古から大移動を繰り返し、草原の生命を循環させてきた。
●フォトエッセイ 野生の地に暮らす
セレンゲティには豊かな伝統を守りながら暮らす人々がいるが、資源をめぐる難題が影を落としている。
●聖なる森の声を聴く
ケニア南部のロイタ地域には、マサイの人々にとって神聖な森がある。その森を守る精神的指導者に話を聞いた。
●フォトエッセイ 命を懸けた戦い
季節によって獲物が増減するアフリカの平原では、次の食べ物にありつけるかが命を懸けた重要な問題となる。

○特製付録:大平原が支える生命/オグロヌーの大移動


【コラム】
○地球を感じる
●模様
生き物たちがまとう、多種多様な模様。捕食者から身を守るためだったり、パートナーを獲得するためだったり、目的はいろいろだが、どれも自然が生み出したアートだ。
●音
ガラガラヘビが威嚇する音からクモの糸が振動する音、クジラの歌声にオオカミの遠吠え……自然界に存在する、さまざまな音について、読んで、そして聞いてみよう。
●色
火山の噴火が創り出したキャンバスを、ちっぽけな微生物から高くそびえる樹木まで、多種多様な生き物たちがカラフルに彩る。溶岩を吹き出すアイスランドの火山を訪れた。
●香り
100年以上前、ハワイの山腹でひっそりと姿を消したアオイ科の木の花。永遠に失われたその香りをよみがえらせようと、科学者たちが残された標本を基に復元に取り組んだ。
●スピード
2000年以降、世界各地の氷河から溶け出した水は5.3兆トンを超える。景観は一変し、海水面は上昇を続けている。

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「アフタースキーのお楽しみ」
●今月の表紙:草を求めて移動していくシマウマとオグロヌー。捕食動物が潜む場所では、よく一緒に行動する。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

5 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年12月03日発売

目次: 特別付録は星見や撮影にも便利な「星空ハンドブック2022」。特集の「星のゆく年くる年」で2021年の天文イベントを振り返り、2022年を迎える準備をしましょう。

★表紙画像
大熊正美さん撮影の「11月8日 白昼の金星食」です。青空の中、細い月とキラリと輝く金星の姿が美しいです。

★綴じ込み特別付録 星空ハンドブック2022
2022年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブック。B5版で見やすく、フィールドへ持ち出しやすいサイズです。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「ゆく年」
「2度の月食」や「ペルセ群突発出現」が話題になった2021年。「はやぶさ2」のサンプルリターンや加速する有人宇宙開発、コロナ禍で行われた天文イベント、新発売の天文機材をまとめました。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「くる年」
2022年の天文界は私たちにどんな天文ショーを見せてくれるでしょうか。注目は「皆既月食と同時に起こる天王星食」。そのほかにも、好条件のしぶんぎ座流星群や5惑星の接近、火星の最接近など見逃せない天文現象が満載です。

★機材セレクション 進化した電視観望専用機 eVscope 2
一世を風靡した電視観望専用望遠鏡「eVscope」の次世代機「eVscope 2」が発売されました。光害のある場所でも写真に近い天体の姿を楽しめたり、スマートフォンを用いて天体画像をシェアしたりできます。実際に試用してレポートします。

★Observer’s Navi 2022年の注目現象 小惑星による恒星食・変光星・彗星
2022年に観測したい現象を項目ごとに解説。好条件なものが多い「小惑星による恒星食」、2022年注目の「変光星と観測ポイント」、大化けの可能性もある「彗星」。気になるトピックをチェックして2022年に備えましょう。

★天文台マダムがゆく 拡大版 みんなでワイワイ!宇宙ボードゲームで盛り上がろう
アナログ世代には懐かしく、デジタルネイティブには斬新で現在ブーム再燃中のボードゲーム。家族や仲間で楽しめる、宇宙にまつわる2作品を紹介します。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

7 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2021年12月01日発売

目次: 特集//物流テック最前線 ~自動認識,ロボティクスからDX人材育成まで
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今や,本誌特集の定番のイメージもある物流テック。IT,ロボティクス,AI,DX……等々,フォーカスするポイントによって様々な切り口があり,今シーズンも何度目かのイシューとなったが,メインテーマを同じくしながらも,毎回全く彩を変えてお届けしたいと考えている。今回は,自動認識技術の物流関連トピックを総覧してJAISAのキーマンに語っていただき,先端ロボット導入現場その後のリアルな改善報告という視点で日通×ラピュタの現場ルポ,ASLFの超速ルポでは,先端卸企業対談で「DX人材の育成」という未来志向の取り組みを掘り下げた。三菱商事×GreyOrangeのセミナー報告では海外初の新たなビジネスの潮流から,RaaSの実際について詳らかに紹介。フィニッシュはいよいよその成果の全貌が見え始めてきたSIPの注目トピックについてダイジェストでお届けする。色とりどりの物流テックの「今」を読み取っていただければ幸いである。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


■特集
[日本自動認識システム協会]
物流DXに貢献する自動認識技術
◎RFID・画像認識とのハイブリッド活用主流に

[日本通運/ラピュタロボティクス]
AMR増強でヒトとの協働型オペレーションを徹底追求
◎トータルピッキングからオーダーピッキングへ転換

[ASLF2021誌上セッション|先端卸企業対談]
デジタル化時代の課題を突破する物流人材の素養とは
◎トラスコ中山(株) 取締役 物流本部 本部長 直吉秀樹氏×㈱PALTAC 常務執行役員 研究開発本部長 三木田雅和氏

[三菱商事×GreyOrange|オンラインセミナー]
倉庫ロボットの潮流を語る~今,世界で注目のマイクロ・フルフィルメント・センターとは
◎GreyOrange(株) CO-FOUNDER&CEO Samay Kohli氏

[戦略的イノベーション創造プログラム]
社会実装に向けて各プロジェクトの進捗を中間報告
◎SIP「スマート物流サービス」,オンラインシンポジウム開催

■企画
[日本物流システム機器協会]
半導体・電子部品不足に係る緊急覆面座談会
◎納期遅延から大幅売上減にまで波及しかねない半導体クライシスの実態

[展示会レポート]
第23回 自動認識総合展
AUTO-ID & COMMUNICATION EXPO

[統計調査レポート]
物流関連市場調査結果を紹介
◎食品通販,ERPパッケージ,段ボール市場の将来予測

■連載
[物流現場を刷新するDDM(デジタル・デシジョン・メイキング)入門]2
デシジョン(判断)するコンピュータが現場を劇的に変革
◎The Team Digital Decision LLC 代表 酒匂秀敏

[医薬品GDP入門]12
GDPガイドラインの実践に向けて
◎小山ファーマコンサルティング 代表 小山靖人

[チャイナレポート]9
《キーパーソンインタビュー》落とし穴にはまった大企業が再び走り出せるようになる顧客最優先の新時代SCM…中国科学院ソフトウェア研究所 研究員 韓永生教授
《物流改善事例》ロジスティクスはどのようにしてブランド力を高めるための強力なツールになるのか?…eifiniサプライチェーン
《ニュースフラッシュ》

[LOGI裏の統計学]8
海上運賃の高騰を機に考える国際物流コストの統計~貿易統計をベースにしたコスト把握アプローチで実態に迫る
◎合同会社サプライチェーン・ロジスティクス研究所,城西大学非常勤講師/久保田精一

[システムの眼Ⅱ]65
八番目の孫は突如やって来た
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 87《おススメ書籍》ひとくちガイド]
核心の中国~習近平はいかに権力掌握を進めたか(朝日新聞出版)
旧制高校物語~真のエリートのつくり方(潮書房光人新社)
西郷隆盛101の謎~なぜ今も日本人にこれほど愛されているのか(文春文庫)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

9 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2021年11月25日発売

目次: 2021年11月25日号の主な内容

■ニュース
・半導体不足の影響、中古にも 買取りに苦戦、相場1~2割上昇
・神社の境内に無人古着店 つなぐ本舗
・鉄道模型のポポンデッタ 初のリユース専門店
・ブックオフが食品の取扱い、16店で賞味期限間近の訳あり品
・倉庫を古道具店に hito.to
・印刷会社が「古本カフェ」 共栄産業
・GOMI-MAP リサイクル拠点の地図サービス
・ヤフオク!代行、法人向けが成長 エコネットトレーディング
・ディスクユニオン 関西に初出店
・中古レコードのサブスク NOWHERE
・自社ブランド衣類のリユース スレッドツール
・遺品整理業界に新団体 一般社団法人心結が本格稼働
・ヤフオク!機械学習で不正取引防止
・au Payマーケット ライブ配信機能提供
・コーユーレンティア 子会社がメディエイターと提携
・ホビーサブスクを刷新 アンドトイボックス
・YBA横浜ブランドオークション 米WGACAと連携、出品2倍に
・楽天市場 ライブ配信本格始動
・札幌に新品・中古扱うキャンプ店 ノースジニアス・アール
・RKオークション 周年記念大会で出来高22億円
・古着のデザートスノー 越谷レイクタウンに出店
・衣類の裁断くずをアップサイクル ネキスト

■トップインタビュー
ゲットイット 廣田 優輝社長
「ITハード機のサステナブル、売上36%成長」

サーバー等のITハードウェアにおける、企業向けサステナブルサービスで成長を遂げているのがゲットイットだ。メーカーサポートを終えた製品に対する「第三者保守」や中古機器の買取販売で、2020年度は前年から36%増となる26億円(推定)を売り上げた。廣田優輝社長に話を聞いた。

■トピックス
リユース大手7-9月決算
「売上高前年同期比平均15%増」

リユース上場企業各社最新の7~9月期(一部6~8月期)の決算が出揃った。この期間は昨年、緊急事態宣言が明け各社の業績が急速に回復していた時期に当たる。また、回復の戻りが鈍かった商材も含め、コロナ禍でもリユース企業が成長しているかどうかが注目されている。

■コーナー
◎Z世代
古着ドレス使った撮影会
「気軽にウェディング気分」

◎イチオシ集客
レコードコンビニYショップ上総屋
「コンビニで中古レコード 店内にブース、DJ催事も」

◎リユース×テクノロジー
デジクルの「デジクル for lineミニアプリ」
「LINEミニアプリの開発・運用をサポート」

◎越境販売実態調査
・アラスタ…売上昨対44%増、信用保証も注視
・G R A C E…2年で海外売上倍増、国内仕入れが好調
・齋藤質店…定価1割増出品で値下げ交渉に対応
・えんが和…Etsyで着物販売、翻訳サイト「DeepL」活用

◎注目のコラボ
ソフマップ×ピーステックラボ
「休眠の家電をレンタルに」

◎シェアエコNEWS
「リユース容器をシェア」
鎌倉の飲食店5店舗で試験運用

◎リユース×福祉
ワーキングバリアフリー(東京都)
「就労支援施設を古書で支援」

◎グローバルトピックス
中国「独身の日」、ECセール開催
「ライバーの販売力上がり、高単価品も売れやすい」

◎女性活躍 未来の働き方
A pois(あぷあ) 奥野彩規子代表
「整理収納アドバイザーのいるいる店で差別化」

◎我が社のSDGs
伊藤畳(千葉県)
「畳をリユース、端材も余さずリサイクル」

◎ひと工夫レポート
東洋(埼玉県)
「お片付け手帳 利用客に贈呈」

◎ニッチ商品企画
鉄道本舗(愛知県)
「コロナで鉄道好き増加」

◎アップサイクル通信
とこらぼ(広島県)
「地域の不用品を無料回収、幅広い世代が集まる拠点に」

◎注目の取り組み
シクロ(東京都)
「カフェで本の物々交換 コンセプトは〝循環〟」

◎海外二次流通(番外編)
「SAI JAPAN VINTAGE」
ニューヨーク発ヴィンテージ着物リメイク

◎思い出の一冊
ナインブリックス 橋本征太さん
「ぽっぺん先生シリーズ」

◎VOICE
テーマは「緊急事態宣言解除後の変化」
・常連の質利用が戻り、新規では若いお客様が微増…井上質店
・郊外の需要変わらず、10万円位のバッグが良く売れる…チケット&ブランドリサイクル トーカイ

■連載
◎繁盛店の店づくり(番外編)
MTG BAR Nomeruya 飲める屋(東京都)
「お酒と一緒に… 大人のトレカ」

◎ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ! 
「古物業界でよく言う○○筋って?」
〝知ってるつもり〟の業界用語を再確認

◎倒産1000本ノック?
人生最大のしくじり?! 
「ドンドン×ハンジロー僕たちのM&A パート6」

◎生前・遺品整理ダイヤリー 思い出に寄り添って
いまここ(東京都)
「コロナ禍で姉と会えなくなり、健康と住環境壊した高齢男性」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2021/11/10
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

リグニン化学研究法の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌