最新号・バックナンバーを美本でお届けします

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ジャズ批評のレビューを投稿する

ジャズ批評の内容

楽しくバラエティに富んだ特集が話題のジャズ専門誌。読者の皆さまのおかげで2017年に創刊50周年を迎えました。
創刊50年を超えるジャズ専門雑誌。隔月発行。読者参加型の独自の特集が話題に。ジャズファンの本音が満載。読者の皆さまぜひご参加ください。毎号特集に添った、あの名盤からレア盤、珍盤、最新盤まで、たくさんのアルバムをご紹介。カラージャケットも満載。特集の他に、ミュージシャンへのインタビュー、座談会、コレクター訪問、新譜レビュー、輸入盤紹介、海外レポート、エッセイなど読み物満載です。

ジャズ批評の商品情報

商品名
ジャズ批評
出版社
ジャズ批評社
発行間隔
隔月刊
発売日
毎偶月24日
参考価格
[紙版]1,320円 [デジタル版]1,100円

ジャズ批評 239号 (発売日2024年04月24日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集 ルディ・ヴァン・ゲルダー生誕100周年

【カラーページ】
レコ屋探訪:Face Records SHIBUYA/RVGを紐解く6つのポイント 藤岡靖洋/RVG DIGITAL WORKS/Maureen Sickler Works 15/アナログ盤放浪記/My Best Memory Photo -Albert Mangelsdorff- 中平穂積

【特集読物】
◆The Story of Rudy Van Gelder:高井信成
◆実音の越境者たち:広田好男
◆RVG×ブルーノート=ジャズ史上最高の方程式:福田俊一
◆〔特別寄稿〕最初で最後のRVGとの思い出:海野雅威
◆〔アンケート企画〕これがRVGサウンドだ!~RVGの音にシビれた3枚
ご回答者:相澤榮/伊佐津和朗/門東/川島育郎/川村文久/木下景介/楠瀬克昌/小島良太/後藤啓太/後藤誠一/白澤茂稔/志波正之/高木宏明/高野雲/寺島靖国/林正儀/張子仁玖/平井清貴/平井暁臣/藤岡靖洋/まつもとたくお/MAYA/茂木亮/柳沢正史/山本弘市/吉澤審一/ラズウェル細木/和田知行
◆ルディ・ヴァン・ゲルダーとデジタル・サウンド:平井清貴
◆[DISC GUIDE] RVG DIGITAL WORKS~ルディ・ヴァン・ゲルダーのデジタル・サウンド20選 [データ・解説(編集部)付き]
◆Maureen Sickler~RVGを受け継ぐ女性エンジニア:大塚広子
◆[DISC GUIDE] Maureen Sickler Works 15選[データ・解説(編集部)付き]
◆読者編:15名の読者のみなさん

【特集以外の読物】
《インタビュー》
◆神野美伽~笠置シヅ子カバーアルバム『SIZUKO! QUEEN OF BOOGIR』リリース 取材・文:高木信哉
◆広瀬未来『El valor』リリースインタビュー 取材:星 向紀
◆JAZZ FROM THE WEST 特別編
『有安杏果 Jazz Note 2024』有安杏果・大林武司インタビュー 取材・文:太田”AHAHA”雅文
◆ユッカ・エスコラ×ティモ・ラッシー“Nordic Stew” 取材・文:豊嶋淳志 (jazzProbe)
《鼎談》
◆レコードのスペシャリストが思う現在のアナログカルチャーについて[前編]
大塚広子(DJ)×日比孝征(Face Recordsスタッフ)×福田俊一(Face Recordsスタッフ)

【連載など】
【Enjoy! Jazz Live ライヴレポート】
瀬戸カオリ Musicスクランブル/平栗康夫 里帰りライヴ/中本マリwith福井ともみ/米田あゆQuartet
◆北都市の猫たち The CATS in North City「 Vol.94 村越 葵(サックス奏者)」:山本弘市
◆藤岡靖洋の海外探訪紀「ニューヨーク・レポート[前半]」
◆日常茶飯エッセイ ジャズと暮らす 第78回「日々のチョイス」:ラズウェル細木
◆女が聴くジャズのひとつやふたつ 第90回 レッツ・スウィング!:豊田葵
◆シネマに行こうよ第163回「マエストロ:その音楽と愛と」:宮本洋通
◆OTHER ASPECTS Vol.67「マーゼット・ワッツ」:井上和洋
◆ライナーノーツの誘惑 第30回「紛れもない人間性を感じるベーシスト」:シュート・アロー
◆ジョン・ハモンドの軌跡 第18回「新しいモダン・ジャズという音楽の原点」:貝田雅之
◆オール・アバウト北欧ジャズ 第6回「アイスランド・ジャズ」:豊嶋淳志 (jazzProbe)
◆[書評] 死ぬまでジャズ/鈴木良雄著:小針俊郎
◆アナログ盤放浪記「名ドラマー、デイヴ・ベイリーを偲ぶ」:玉木一成
◆Slow Swingin’ ~失われた名曲やアルバムを求めて~
第15回 ミュージシャンのラスト・レコーディング:後藤誠一
◆ジャズオーディオ・ディスクのオススメ 聴かなきゃソン盤 第77回 後藤誠一/藤田嘉明
◆キアロスクーロ・ジャズ・クラシックス 第5期:星 向紀

【DISC REVIEW】
◆MOONKS selection 解説:小山智和/白澤茂稔
◆新譜紹介 解説:小針俊郎/村井康司/Suzuck/高木信哉
◆New Disc Pick Up
◆DISC紹介

*シュート・アロー氏の「ライナーノーツの誘惑」はデジタル版の掲載はありません。紙版のみの掲載となります。
創刊50年を超えるジャズ専門雑誌。隔月発行。ジャズファンの本音が満載。毎号特集に添った、あの名盤からレア盤、珍盤、最新盤まで、たくさんのアルバムをご紹介。カラージャケットも満載。特集の他に、ミュージシャンへのインタビュー、座談会、コレクター訪問、新譜レビュー、輸入盤紹介、海外レポート、エッセイなど読み物満載です。



レコ屋探訪:Face Records SHIBUYA
RVGを紐解く6つのポイント
これがRVGサウンドだ!
RVG DIGITAL WORKS/Maureen Sickler Works 15 
アナログ盤放浪記
My Best Memory Photo –Albert Mangelsdorff– 中平穂積
CONTENTS
The Story of Rudy Van Gelder 高井信成
実音の越境者たち 広田好男
RVG×ブルーノート=ジャズ史上最高の方程式 福田俊一
最初で最後のRVGとの思い出 海野雅威
これがRVGサウンドだ!~RVGの音にシビれた3枚
ルディ・ヴァン・ゲルダーとデジタル・サウンド 平井清貴
RVG DIGITAL WORKS
Maureen Sickler~RVGを受け継ぐ女性エンジニア 大塚広子
Maureen Sickler Works 15 
読者投稿
Enjoy! Jazz Live
[インタビュー] 神野美伽
[インタビュー] 広瀬未来
[鼎談] 大塚広子、日比孝征、福田俊一
北都市の猫たち The CATS in North City 山本弘市
[インタビュー] ユッカ・エスコラ、ティモ・ラッシー
[インタビュー] 有安杏果、大林武司
K-POP番長の「JAZZも韓流!?」 まつもとたくお
藤岡靖洋の海外探訪紀
日常茶飯エッセイ ジャズと暮らす ラズウェル細木
女が聴くジャズのひとつやふたつ 豊田 葵
シネマに行こうよ 宮本洋通
OTHER ASPECTS 井上和洋
ジョン・ハモンドの軌跡 貝田雅之
オール・アバウト北欧ジャズ 豊嶋淳志(jazzProbe)
新刊書評 小針俊郎
アナログ盤放浪記 玉木一成
Slow Swingin’ 後藤誠一
聴かなきゃソン盤 後藤誠一/藤田嘉明
キアロスクーロ・ジャズ・クラシックス第5期
新譜紹介
MOONKS selection
New Disc Pick Up/DISC紹介
お知らせ&コンサートガイド
バックナンバー案内
次号予告/映画のおしらせ
広告索引/楽器略号表
編集後記

ジャズ批評の目次配信サービス

ジャズ批評最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ジャズ批評のメルマガサービス

ジャズ批評よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

ジャズ批評のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.57
  • 全てのレビュー: 23件
日本ジャズ界をリードしてる
★★★★☆2023年06月28日 ROKU 会社員
永らく購買させて頂いております。 内容的には浅くなく深掘りもされてなく、軽い感じで読める内容となっております。 個人的には新人記事が好きです。
ジャズの歴史が分かる
★★★★★2023年06月15日 ROKU 会社員
以前は店頭若しくはネットにて都度購買しておりました。 今回、年間定期購買に変更させて頂きました。忘れずにしかも安くて非常に助かっています。
コレクション熱が再燃しております!
★★★★★2022年12月19日 K 自営業
ジャズを聴き始めた頃からコツコツとコレクションしてきました。 音楽メディア、活字媒体はアナログからデジタルへの変遷などを経てきましたが、アナログレコード&フィジカル派としてはやはり紙媒体でなくてはなりません! 転勤などで幾度となく引っ越しを経験しましたが、ジャズ批評は処分せずに今も本棚で大きな顔をして、手にとってくれるのを待っているかのようです。 季刊から隔月刊の移行期(雑誌の厚みが減りだした頃)から仕事が忙しくなり、読む時間とコレクションの勢い、そしてレコードを聴く時間も減ってきましたが、コロナ渦が幸いしてか嬉しい事にレコードを嗜む余裕が出来ました。 カートリッジやスピーカーも新調し(ヴィンテージですが)アナログを聴く至福の時間のお供に最適なモノ、それはジャズ批評と云う事を改めて再認識! 再びコレクション熱がメラメラ燃え始めています!末永く発行される事を心より祈念致します!
ジャズをもっと沼るために。
★★★★☆2022年11月27日 青の人 会社員
JAZZJAPAN誌を購読していますが、こちらが長年発行されているとのことで、年間購読を申し込みました。雑誌も変われば内容も変わり、大きな学びになっています。 これに応じて自宅のCDラックはジャズのCDが増えていく一方で、まさしく沼です。これまでは50~60年代のジャズ中心でしたが、日本のジャズ、近年のジャズも聴くようになりました。 扉を開けてくれた1冊です。
ジャズの潮流を知ることができました!
★★★★★2022年09月04日 だいだい 役員
今までJazzは散々聞いてきてはいましたが、ボーカル、や楽器の違いには目を向けていても、地域性や細かなジャンルについての解説をしてくださる雑誌は今まで他に見たことがありません。ルーツや音楽性など、アーティストの根幹を知ることができるので良い雑誌だなと思います。
毎号のテーマが楽しみ
★★★★☆2022年08月28日 お爺ちゃんドラマー 会社員
テーマごとのディスク紹介はとても参考になります。 特に参加プレイヤーが詳しく記載されていて助かります。
おもしろい
★★★★★2021年11月18日 よ 会社員
大変まとまっており、勉強になる 今後も購読します。
2021のjazz動向
★★★★★2021年04月01日 Crescent848 自営業
2021年のjazz fes動向の掲載しますよね!?
日本の老舗のジャズ誌
★★★★★2021年03月04日 アイラブ・ブルーノート 会社員
1967年に産声をあげたジャズ批評は、同人誌からスタートしただけあって、いまでも手作り感満載なつくりで、一連の量販雑誌とは一線を画する温かみと親近感を感じております。ジャズのスタイルは時代とともに変化しますが、聴く側も時代とともに感じ方が変わったりします。同じアルバムであっても、ウン十年前の佳作が今の時代に聴きなおすと名盤級に感じたり…。ジャズ批評も年月が経って読み返しても、また違った楽しみ方ができる「スルメみたいな専門誌」だと思います。
CD購入の指針
★★★★☆2021年01月19日 geese 無職
JAZZを聴くようになって50年になりますが、コロナ禍の下で気安く外出というわけにもいかず、 最近参考にしているのが「JAZZ批評」です。 今どきはストリーミングが主流なのでしょうが、どっぷり昭和な世代で、アルバムを一旦は所有したいと思うのです。 そんな中で貴誌の編集内容はマニアックな気持ちを刺激します。 人それぞれ好みがあるので作品の批評は自分で聴いてみないと分からないですが、 聴いてみたくなる文章に出会う機会を多く提供してくれているなと感じています。 記事取材も大変な状況と思いますが、これからも参考になる情報発信を期待しています。
レビューをさらに表示

ジャズ批評の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.