※最新号の表紙とは限りません

美術手帖

美術出版社
定期購読サービス実施中!新規・更新ともに割引価格にてご提供いたします。
美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。
資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。

美術手帖
雑誌の予約/定期購読 紙版・電子版

おトクな定期購読
すべての定期購読
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
美術手帖のレビューを投稿する
  • + 紙版+デジタル版
  • 毎号価格
    50%
    OFF
    最新号は880円(税込)
    (4冊目以降は10%割引です)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,717円(税込)
    8%
    OFF
    1冊あたり1,620円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 17,954円(税込)
    15%
    OFF
    1冊あたり1,496円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,503円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり1,584円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 9,503円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり1,584円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 8,446円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり1,408円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

美術手帖 雑誌の内容

  • 出版社名:美術出版社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月7日
  • サイズ:A5
  • 1冊定価:[紙版]1,760円 [デジタル版]1,408円
美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。
資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。

美術手帖 2020年10月号 (2020年09月07日発売) の目次

特集
ポスト資本主義とアート

新型コロナウイルスは世界を大混乱に陥れた。
グローバル経済に伴う人の移動がウイルスを拡散させる新たなリスクになり、
加速し続ける資本主義というシステムを再考させる契機にもなっている。
現在私たちが社会の前提としている、商品や労働の概念は、
資本主義が生み出したものであり、
作品が「商品」として市場で売買され、作家の創作活動が「労働」ともされる
アートの「生産関係」もまた同様である。
本特集では、それらをとらえ直し再構築するために、
資本主義社会への問いを投げかけるアーティストやアートプロジェクトを取り上げる。
われわれはその経済システムとの関係をどうつくり変えることができるか? 
資本主義社会の新しいかたちとその可能性を、アートを切り口に探りたい。


PART1

マルクス・ガブリエル
かないみき=聞き手

マルクスからおさらいするアートと資本主義の関係
白井聡=文

「贈与」から考える美術と社会
白川昌生×白井聡

コラム:白川昌生『贈与としての美術』を読む
福住廉=文


PART2

レンゾ・マルテンス
河南瑠莉=聞き手

丹羽良徳
熊倉晴子=聞き手

アマリア・ウルマン
永田康祐+布施琳太郎=聞き手

資本主義とどう付き合うか?
遠藤水城×卯城竜太


PART3

アーティストサバイバルの最新形
喫茶野ざらし/カタルシスの岸辺/四谷未確認スタジオ

ポスト資本主義社会における「芸術生産」
毛利嘉孝×田中功起×清水知子

[論考]ポスト・コーポレーション
新しいコレクティビズムをめぐる2つの物語
河南瑠莉=文


PART4

アイザック・ジュリアン
近藤健一=聞き手

ヨアー・ナンゴ
かないみき=聞き手

[年表]資本主義の余白としての、ベッドルームにおける「展示」の試み
布施琳太郎=文

[論考]後期資本主義/ミュージアム/文化理論を日本において考える
小田原のどか=文

[翻訳論考]アートとポスト資本主義
デイヴ・ビーチ=文 中野勉=翻訳 清水知子=解説

ARTIST PICK UP
ラクス・メディア・コレクティブ/鴻池朋子

WORLD NEWS
London /Berlin /Insight

ARTIST INTERVIEW
内藤礼
星野太=聞き手

特別寄稿
「あいだ」と写真
『太陽の鉛筆』の余白、ではなく写真集の「潮間帯」をめぐって
北澤周也=文

REVIEWS
「ヨコハマトリエンナーレ2020」
椹木野衣=文
桑原正彦展「heavenly peach」
清水穣=文 

青柳龍太「我、発見せり。」(15)
平山昌尚「つづく」42話
プレイバック! 美術手帖

アート&デザイン学校ガイド
文化学園大学/東京工科大学/日本工学院
Go Artists Go! 市森天颯
アートスポットガイド
セゾン現代美術館/ポーラ美術館/
ベネッセアートサイト直島/MIND TRAIL 奥大和/岡崎市美術博物館/福島ビエンナーレ
LA GRANDE DAME Veuve Clicquot×YAYOI KUSAMA

BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

BOOK IN BOOK
台湾アートシーンの現在
武玉玲/何采柔/張徐展/幾米/游文富
栖来ひかり=文

目次
Editor's note
特集 ポスト資本主義とアート
PART1 資本主義社会とアートの関係学
マルクス・ガブリエル アートは資本主義より巨大なもの
白井聡 マルクスからおさらいするアートと資本主義の関係
白川昌生×白井聡 「贈与」から考える美術と社会
白川昌生『贈与としての美術』を読む
"PART2 資本主義をとらえ直すアーティストの実践
"
レンゾ・マルテンス 旧植民地の経済システムに介入し、格差を是正する
丹羽良徳 価値の体系から社会のシステムを考える
アマリア・ウルマン 私的空間から問う、資本主義と言語の関係
遠藤水城×卯城竜太(Chim↑Pom) 資本主義とどう付き合うか?
PART3 来たるべき、新しい「労働」と「連帯」
アーティストサバイバルの最新系
毛利嘉孝×田中功起×清水知子 ポスト資本主義社会における「芸術生産」
論考:河南瑠莉 ポスト・コーポレーション 新しいコレクティビズムをめぐる2つの物語
PART4 資本主義との交点から見る、美術と社会の制度
アイザック・ジュリアン 見えない資本とその不気味さを描く
ヨアー・ナンゴ 遊牧民文化から探るオルタナティブな実践
年表:布施琳太郎 資本主義の余白としての、ベッドルームにおける「展示」の試み
論考:小田原のどか 後期資本主義/ミュージアム/文化理論を日本において考える
翻訳論考:デイブ・ビーチ ポスト資本主義とアート
ARTIST PICK UP ラクス・メディア・コレクティブ
ARTIST PICK UP 鴻池朋子
WORLD NEWS
ARTIST INTERVIEW 内藤礼
アート&デザイン学校ガイド
GO Artist Go ! 市森天颯
アートスポットガイド
LA GRANDE DAME Veuve Clicquot× YAYOI KUSAMA
レビュー 「ヨコハマトリエンナーレ2020」 椹木野衣=文
レビュー 桑原正彦展「heavenly peach」 清水穣=文
青柳龍太「我、発見せり。」
特別寄稿 「あいだ」と写真 『太陽の鉛筆』の余白、ではなく写真集の「潮間帯」をめぐって 北澤周也=文
連載;平山昌尚(40)
プレイバック! 美術手帖
BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告
BOOK IN BOOK 台湾アートシーンの現在

美術手帖 2019年10月号(2019-09-06発売) の特集を少しご紹介

アーティストのための宇宙論
P.8~P.107
2019年、史上初めてブラックホールの撮影が成功し、JAXAの探査機・はやぶさ2が小惑星リュウグウに着陸。宇宙ベンチャーも注目を浴び、研究開発は加速的に進歩している。いっぽうで、宇宙はいつの時代も科学にとどまらず、幅広い思想や文化に接続されてきたテーマでもある。宇宙がますます身近なものになり、私たちの認識や身体感覚も変容させていく時代に、表現とはどのようなものでありうるのか?本特集では、宇宙とアートの関わりや、そこに通底する問題意識を様々な角度から探る。宇宙とアートの交点はどこにあるのか? 多くのアーティストが宇宙をテーマとしてきただけでなく、宇宙がもたらすイメージ、地球外生命体への想像力、さらには地球外での表現のあり方など、その論点も可能性もまさに無限に広がる。
金氏徹平 S.F. (Splash Factory)
P.141~P.154
《S.F.(Splash Factory)》は、今年4月に京都で開催された「KYOTOGRAPHIE 2019」の参加作品として京都新聞ビル内の旧印刷工場で発表された(企画はキュレーターの金島隆弘)。本記事は同作品を誌面展開したものである。烏丸丸太町という京都の街中にある京都新聞本社の地下に、2015年に閉鎖されるまで約40年間稼働した、印刷工場が残っている。機械はすべて撤去され、空洞であるが、巨大な紙のロールを移動させるためのレールや機械の設置などは残っており、不特定多数の人間が訪れるには危険な場所であるため、転用できない。しかし、このスペースを取り壊してつくり替えるには、新聞社全体の改修が必要になってしまうなど様々な要因が重なって、奇跡的に街のど真ん中に存在する空洞である。
ARTIST INTERVIEW ENRICO ISAMU OYAMA
P.188~P.203
私は、QTSが自在にドライヴし、拡散していく空間を提供するだけです。「からっぽの記号」を集合的な意味とする、ライティング文化の視覚言語を構造化したモチーフ「クイックターン・ストラクチャー(QTS)」をベースに作品を制作する大山エンリコイサム。中村キース・ヘリング美術館(山梨)での個展に際し、自身のアートに対する思想と、今後の展望を聞いた。QTSの造形原理 ──大山さんは現在ニューヨークを拠点にして、エアロゾル塗料で都市の地下鉄や壁に名前(タグ・ネーム)をかくエアロゾル・ライティング(グラフィティ)の文化から、文字を取り除き、線の動きのみを抽出し、反復・拡張させた「クイックターン・ストラクチャー(QTS)」というモチーフを軸に表現を続けています。はじめに中村キース・ヘリング美術館における個展の展覧会名「VIRAL」についてうかがえますか。

美術手帖 2019年8月号(2019-07-05発売) の特集を少しご紹介

塩田千春
生きることはつくること 魂で紡ぐ芸術の実存
P.8~P.97
ベルリンを拠点に国際的に活躍する塩田千春は、記憶、存在、生と死、沈黙といった、人間の根源的な問いをテーマにした大型インスタレーションなどで知られる。彼女の作品は、その制作の多くが極私的な体験から出発するにもかかわらず、世界中の多くの場所で人々に受け入れられている。本特集では、ベルリンのアトリエで収録した最新インタビューとともに、6月から始まった森美術館での個展レポート、300以上にわたる展覧会歴と私的なエピソードによる年表、関係者へのインタビュー、論考などから、塩田千春の人生と作品にある思想に迫る。2019 記憶を越えて 光の庭のようなアトリウムに白い毛糸の雲が広がり、つながり合う。白い糸は時空の超越を思わせ、雲のなかには建物の歴史をめぐる文書がいくつも結え付けられた。
沖縄の美術
P.114~P.137
沖縄の美術を特集する。琉球王国の時代からアジア諸国と交流し、独自の文化を形成してきた沖縄には、その地理的、歴史的背景から様々な画家や文化人が訪れている。この土地で培われた表現を、第2次世界大戦後、焦土と化した沖縄で立ち上がった美術家らによる生活共同体「ニシムイ美術村」から、現代に続く美術の流れのなかで見ていきたい。現在、沖縄を拠点にする若いアーティストたちは、コレクティブやオルタナティブスペースを運営しながらそれぞれの立場で緩やかなつながりを形成し活動を広げている。彼らは旧来の制度から戦略的に外れ、自分たちの力で立て直す方法論を、集団の力によってうまく機能させている。この特集では、沖縄を拠点に活動するアーティストへのインタビューや、美術関係者らによる座談会、戦後美術史を振り返りながら、沖縄の美術について考える。沖縄の美術とは、何か。
ARTIST INTERVIEW TOM SACHS
P.192~P.207
アートにとって重要なのは、自分のコミュニティのために作品をつくることだ。 ブランドのロゴやキャラクターを転用した彫刻など、ユーモアを持って資本主義社会を風刺する作品で知られるトム・サックス。茶道をテーマにした東京オペラシティ アートギャラリーでの個展「ティーセレモニー」に際し、友人でもある野村訓市がその制作について聞いた。 儀式としての茶道 ──初めに、どのようにして今回の展示のテーマである茶道に興味を持ったのかを教えてほしい。いつ茶道と出合ったか覚えている? サックス 15年前、ニューヨークで友人が裏千家茶道の教室に連れて行ってくれたのがきっかけだね。「ヘイ、アッパーイーストサイドの移動式納屋で、10ドルで茶道のデモンストレーションが見られるんだ。茶道の基礎も教えてもらえるんだよ」という感じで誘われたけど、僕は最初は興味がなかった。

+   美術手帖の目次配信サービス

美術手帖のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.28
全てのレビュー:93件

レビュー投稿で500円割引!
参考になります!
★★★★★2020年07月28日 H 教職員
美術の専門家ではありませんが、特集する内容はとても興味深く、色々なことを考えるきっかけを与えてくれます。
読み応え
★★★★★2020年07月07日 七夕 学生
毎号読み応えたっぷりです。 一冊の情報量がとても多いです。
中身の充実感
★★★★★2020年06月08日 srs 学生
表紙から最後まで、読者を引き込ませる構成で、しかも読んでいて内容んい充実感があり、大変満足しています。 毎回勉強させていただいています。
美術手帖
★★★★★2020年05月17日 カット 自営業
事前に読んでいくので 展示館での理解度が高まる
美術関係者の必読書です
★★★★★2020年05月15日 つむ 大学生
日本で最も充実した美術雑誌であると断言できます。
美術関係者の必読書です
★★★★★2020年05月15日 つむ 大学生
日本で最も充実した美術雑誌であると思います
漫勉
★★★★★2020年05月03日 う〜さん 会社員
集中力を客観的に見せられると、人の能力は計り知れないと思う。今の日本の教育はその能力を傷つけている。
捨てられない雑誌第1位
★★★★★2020年02月11日 タブロー 教職員
ずっと定期購読をしていて。冊数が溜まってきたのでストップしたが、離れて数年するとその間の情報が抜け落ちていた。やはり必要と再認識。
デジタル付きで定期購入決意
★★★★☆2019年11月13日 310のhide 会社員
雑誌を買うならデジタル版付きが自分の基本姿勢。美術手帖が本の価格程度でデジタル付きだったのが、探した中ではFujisanだけ。美術手帖ホームページなら展覧会情報が豊富で、同社のファンになってしまった。
定期購読
★★★★★2019年05月26日 Penginz 会社員
67歳の造形芸術大学通信の学生してます 古本でこの雑誌見つけ購読をする事にしました
レビューをさらに表示

美術手帖をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

1948年に創刊した美術手帖は、その時代の日本のアートを紹介している雑誌です。アーティストの活動や創作の秘密など、具体的な情報が満載なので人気を得ています。この雑誌は一般的な美術に関する本と違い、当事者としてどのように行うか書かれている特徴があります。例えばアーティストして生きていくためのコツなど、普通の雑誌では学べない知識を得られます。内容は軽いものもありますが、重く深い意味を持った記事も少なくありません。美術に関する仕事をしている方の情報源として使いやすく、日本のアートの傾向を知る時にも利用できます。

美術手帖ではアーティストに必要な、感性を磨ける特集も行われています。絵はただ見るだけではなくなぜそのような表現がいるのか、分からないと深く理解できません。美術手帖には作品を作った背景や、作者へのインタビューなどが書かれています。雑誌を読んでいれば芸術品が作られた理由が分かり、自分が制作する時のヒントを得られる時もあります。アートメディアとして古い歴史のあるこの雑誌は、本格的な美術に関する知識を得たい時に価値のある商品です。特定の芸術家にスポットを当てた記事も多く、興味のあるアーティストを理解したい時にも役に立ちます。

美術手帖の今すぐ読める無料記事

美術手帖を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2020年10月09日発売

目次: 特別付録 ビーパルオリジナル ファイヤースターター/特集 秋冬キャンプを愉しみつくす!焚き火の極意/作り手の顔が見えるナチュラルフード 日本の美味をお取り寄せ!

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/08/06
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/05/08
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ミセスのスタイルブック

2020年10月12日発売

目次: 4  秋から冬へのカラーパレット
12  ブリティッシュモードに憧れて
18  石田純子のスタイリングレッスン
    着こなし上手になるために、
    おしゃれの悩みに答えます
28  コートが主役
34  ブラウスのエレガンス
38  [BEST ITEM]
    2020年秋冬NEW COLLECTION
    魅力の最旬アイテム30選
50  大人がきれいに見える服
    シャイニーカラーを着る
54  着心地満点 寒い季節のコンフォートウェア[囲み製図対応]
58  大人かわいい 暖か素材のアクセサリー図鑑
62  かたがみスタイル発
    着る人をすっきり見せるパターン考
    ウエストゴム仕様のパンツ編
66  デザインの生まれる場所
    デザイナー 塚田紀子さん
    身近なアイテムを手仕事で彩る楽しみ
68  [実物大パターンつき]
    ハヤマサンデーの
    秋冬ワードローブ
78  “エレガンス”発
    重ね着をブラッシュアップする、コート&カーディガン
80  ベビーロック「Sakura」の高機能がさえる
    圧縮ニットの軽やかジャケット
82  “ユザワヤ”の布地で作る
    花模様の細畝コーデュロイで魅せるデイリーウェア
84  アナウンスメント
85  “ファッションポラリス”の布地で作る
    ジャケット&スカート
86  お便りルーム
87  “伊藤ファッションサービス”の
    端正な柄が大人モードに仕上げるピージャケット
90  私のお気に入り Vol.12
    刺繍作家・青木和子さんのコレクションから
100  「P.62 着る人をすっきり見せるパターン考」の作り方
104  「P.78 重ね着をブラッシュアップする、コート&カーディガン」の作り方
106  「P.82 花模様の細畝コーデュロイで魅せるデイリーウェア」の作り方
108  「P.85 ジャケット&スカート」の作り方
110  「P.87 端正な柄が大人モードに仕上げるピージャケット」の作り方
112  「P.80 圧縮ニットの軽やかジャケット」の作り方
114  「P.68 ハヤマサンデーの秋冬ワードローブ」の作り方
127  「P.68 ハヤマサンデーの秋冬ワードローブ」実物大パターンの製図
132  PATTERN GUIDE パターンガイド
200  2020年・手作りテーマ総索引
203  [特別付録]
    もっと便利に、有効に
    使い勝手アップ
    実物大パターン活用術
220  今こそ作ろう! マイエコバッグ

regulars
88  電話でショッピング
91  「文化式原型成人女子用」「文化式婦人原型」の通信販売
92  文化式原型成人女子用
94  文化式婦人原型
95  採寸のしかた
96  製図記号と製図表示
98  袖山のかき方
113  ニット素材の扱い方
201  文化出版局の本
202  SHOP LIST
224  次号予告
    年間定期購読のご案内
225  バックナンバーリスト
226  読者プレゼント

[とじ込み付録]
実物大パターン
7~15号の5サイズ
P.68~75掲載
ケープコート、コート、ベスト、ワンピース、
ブラウス、パンツ、スカート 8点

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

おしゃれを楽しむためのソーイング&ファッション誌

  • 2020/07/13
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2020/02/12
    発売号

  • 2019/10/12
    発売号

  • 2019/06/12
    発売号

  • 2019/04/12
    発売号

3 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2020年09月07日発売

目次: 特集
ポスト資本主義とアート

新型コロナウイルスは世界を大混乱に陥れた。
グローバル経済に伴う人の移動がウイルスを拡散させる新たなリスクになり、
加速し続ける資本主義というシステムを再考させる契機にもなっている。
現在私たちが社会の前提としている、商品や労働の概念は、
資本主義が生み出したものであり、
作品が「商品」として市場で売買され、作家の創作活動が「労働」ともされる
アートの「生産関係」もまた同様である。
本特集では、それらをとらえ直し再構築するために、
資本主義社会への問いを投げかけるアーティストやアートプロジェクトを取り上げる。
われわれはその経済システムとの関係をどうつくり変えることができるか? 
資本主義社会の新しいかたちとその可能性を、アートを切り口に探りたい。


PART1

マルクス・ガブリエル
かないみき=聞き手

マルクスからおさらいするアートと資本主義の関係
白井聡=文

「贈与」から考える美術と社会
白川昌生×白井聡

コラム:白川昌生『贈与としての美術』を読む
福住廉=文


PART2

レンゾ・マルテンス
河南瑠莉=聞き手

丹羽良徳
熊倉晴子=聞き手

アマリア・ウルマン
永田康祐+布施琳太郎=聞き手

資本主義とどう付き合うか?
遠藤水城×卯城竜太


PART3

アーティストサバイバルの最新形
喫茶野ざらし/カタルシスの岸辺/四谷未確認スタジオ

ポスト資本主義社会における「芸術生産」
毛利嘉孝×田中功起×清水知子

[論考]ポスト・コーポレーション
新しいコレクティビズムをめぐる2つの物語
河南瑠莉=文


PART4

アイザック・ジュリアン
近藤健一=聞き手

ヨアー・ナンゴ
かないみき=聞き手

[年表]資本主義の余白としての、ベッドルームにおける「展示」の試み
布施琳太郎=文

[論考]後期資本主義/ミュージアム/文化理論を日本において考える
小田原のどか=文

[翻訳論考]アートとポスト資本主義
デイヴ・ビーチ=文 中野勉=翻訳 清水知子=解説

ARTIST PICK UP
ラクス・メディア・コレクティブ/鴻池朋子

WORLD NEWS
London /Berlin /Insight

ARTIST INTERVIEW
内藤礼
星野太=聞き手

特別寄稿
「あいだ」と写真
『太陽の鉛筆』の余白、ではなく写真集の「潮間帯」をめぐって
北澤周也=文

REVIEWS
「ヨコハマトリエンナーレ2020」
椹木野衣=文
桑原正彦展「heavenly peach」
清水穣=文 

青柳龍太「我、発見せり。」(15)
平山昌尚「つづく」42話
プレイバック! 美術手帖

アート&デザイン学校ガイド
文化学園大学/東京工科大学/日本工学院
Go Artists Go! 市森天颯
アートスポットガイド
セゾン現代美術館/ポーラ美術館/
ベネッセアートサイト直島/MIND TRAIL 奥大和/岡崎市美術博物館/福島ビエンナーレ
LA GRANDE DAME Veuve Clicquot×YAYOI KUSAMA

BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

BOOK IN BOOK
台湾アートシーンの現在
武玉玲/何采柔/張徐展/幾米/游文富
栖来ひかり=文

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

  • 2020/03/06
    発売号

  • 2020/01/07
    発売号

  • 2019/11/07
    発売号

  • 2019/09/06
    発売号

4 Pen(ペン)

CCCメディアハウス

最大
50%
OFF
送料
無料

Pen(ペン)

2020年10月15日発売

目次: 【特集】人生に必要なのは、心に響く本。

コロナ禍のポジティブな側面は、我々に深く考えるきっかけを与えてくれた点だ――。
この特集でも取り上げている話題の一冊『コロナ後の世界』では、ポール・クルーグマンら世界の名だたる知性が、口を揃えてこう発言している。
今回は、いまを見つめ直すその一助となる本について、じっくりと掘り下げた。
読書の意義について改めて考察した作家・朝井リョウによる書き下ろしエッセイや、YouTubeでさまざまな本を紹介し人気を博す中田敦彦のインタビューをはじめ、田原総一朗や橘ケンチら各界の読書家には、一生の愛読書について語ってもらった。
また、「アイヌ」「哲学」「旅」など最近気になるトピックの必読書も、その道のプロが選書。
いまこそ本と向き合い、これからの世界や生き方について考えよう。

[特別寄稿] 朝井リョウ
時間をかけてでも本を読む意義とは、なんだろうか?
加瀬亮が見つめた、“翻訳者”の孤独な闘い。
中田敦彦は、なぜいま動画で本を語るのか。
生涯をともにしてきた、“捨てられない”愛読書。
田原総一朗/幅 允孝/島地勝彦/柳亭小痴楽/村上 要/真藤順丈/小野瀬雅生/橘 ケンチ/登坂淳一 ほか
歴史を変えた男たちは、なにを読んだか。
コロナ禍の全人類が読むべき、歴史学者の提言。
名著から学ぶ、パンデミック時代の生きる術。
吉田鋼太郎が考える、シェイクスピアの魅力。
古典文学の海に飛び込み、昔日の精神に触れる。
文学界を賑わせる、最新トピック集めました。
世界の真理を描く、話題のノンフィクション
謎に包まれた作家、ピンチョンの世界。
気鋭の映画監督を驚愕させた、『三体』の衝撃。
読書に没頭するなら、話題のブックカフェへ。
その道のプロが選んだ、いま読むべき3冊。
1.美術/木村宗慎(茶人)
2.アイヌ/中川 裕(千葉大学文学部教授)
3.食と酒/森 一起(文筆家)
4.哲学/大澤真幸(社会学者)
5.アメリカ/町山智浩(映画評論家)
6.テクノロジー/林 信行(ジャーナリスト)
7.旅/寺田直子(トラベルジャーナリスト)
8.ジェンダー/清田隆之(文筆家)
9.宇宙開発/野田篤司(宇宙機エンジニア)

ほか、連載など。

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:400円

新しい視点と美意識で、ほかにはない独自のスタイルを提案するクオリティマガジン「毎号が永久保存版!」

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

  • 2020/08/17
    発売号

  • 2020/08/03
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

最大
20%
OFF

ステッチidees(ステッチイデー)

2020年10月10日発売

目次: 特集は「モノトーンのクロスステッチ」。
1色の糸でたっぷりと、じっくりと楽しめるクロスステッチで、秋の夜長は家でゆっくり刺しゅうを楽しみましょう。
スカートやシャツなど、着るものに刺しゅうをする「身にまとう刺しゅう」や、
クリスマスやお正月、雛祭りなどの季節の歳時記のクロスステッチ、クリスマスの小ものなど、
さまざまな刺しゅうの技法を使った作品をテーマに沿ってご紹介します。
刺し方のコツを解説するプロセスレッスンや、作家さんの取材なども。図案集と実物大型紙つきです。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,188円

刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2019/10/03
    発売号

  • 2019/04/11
    発売号

  • 2018/10/11
    発売号

  • 2018/04/11
    発売号

  • 2017/10/11
    発売号

送料
無料

ウルトラ特撮PERFECT MOOK

2020年10月10日発売

目次: 7号は「怪奇大作戦」「恐怖劇場アンバランス」を大特集!

両作品に登場する、奇想天外な犯罪や怪奇現象の謎を徹底紹介
円谷プロが、その特撮技術を駆使して送り出した本格ホラードラマの全貌。

SRIメンバーと特殊装備
スタッフの証言
メイキング

特別インタビュー 勝呂 誉(三沢 京助役)

参考価格: 693円

  • 2020/09/26
    発売号

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

  • 2020/08/06
    発売号

  • 2020/07/25
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

送料
無料
参考価格: 1,100円

山登りをやってみたいと思っている20~30代、登山雑誌になじめない40~50代の人への情報誌。

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

COTTON TIME(コットンタイム)

2020年10月07日発売

目次: ・特別付録「黒ネコモチーフカットクロス」

今年の秋冬はよりいっそう家ですごす時間がふえ、ハンドメイドにじっくり向き合う絶好の機会。
家族みんなが持つようになったエコバッグ、テレワーク増加でPCや資料が入るリュック、
近所にも着ていけるエプロンワンピースなどタイムリーなアイテムをご紹介。
刺し子や、お菓子の包装をヒントにした小物など、
時間がある今だからこそ挑戦したいテーマも取り上げました。
手を動かすことで、豊かな気持ちになりますように。

★巻頭特集★ハンドメイドでおうち時間充実
Part1/家族みんなでエコバッグ
Part2/丈夫で大きなリュック&トート
Part3/配色のお手本はかわいいお菓子のパッケージ
Part4/おうちでちくちく刺し子に初挑戦
Part5/ちょこっと近所もサマになるエプロンワンピース
★第2特集★ステイホームのクリスマス支度
Part1/クリスマスが待ち遠しい! アドベントカレンダーのある家
Part2/LEDライトでクリスマス演出
Part3/100均グッズで素敵なクリスマス
★綴じ込み特別付録★マスクSPECIAL BOOK(巻末からお読みください)

〈特別付録企画〉黒ネコモチーフカットクロスでキュート or シックなアイテムを作りましょう
手作りマスコットで疫病退散!
9月号付録のカットクロスでかわいい作品ができました!
おしゃれモチーフグッズ

連載/ちくちくちどりさんの 糸ボタン歳時記
連載/赤峰清香さんの帆布バッグレッスン
連載/みんなの知りたい調査隊「ボタンとスナップのつけ方」
63名様にPRESENT
COTTON TIME おしゃべり広場

〈INAZUMA〉30色の持ち手&ショルダーを使った作品コンテスト大賞決定!
〈ブラザー〉「スキャンカット」はクリスマスデコレーションの強い味方!

参考価格: 930円

布のある居心地のいい暮らしを楽しむためのハンドメイドマガジン

  • 2020/08/06
    発売号

  • 2020/06/05
    発売号

  • 2020/04/07
    発売号

  • 2020/02/07
    発売号

  • 2019/12/07
    発売号

  • 2019/10/07
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2020年10月09日発売

目次: THE BEST MUSEUMS 2020
日本のBEST美術館100

【最新版】いつかは訪れてみたい!
日本のBESTミュージアム100選。

美術館とは、建築、アート、食の楽しみを一度に味わえる特別な空間です。
そこで得られる体験はいついかなる時も何ものにも代えがたいものがあります。
ここ日本においては2020年に向けて注目の美術館がさまざまに誕生しました。
注目の建築家による施設、あの人の個人ミュージアム、再生した名作美術館……。
そこで、いつかは訪れてみたい日本のBEST美術館100の最新版をまとめました!

【AOMORI】
記憶を未来につなげる建築、弘前れんが倉庫美術館オープン。

祝10周年! 目[mé]と巡る、十和田市現代美術館。

MAP:美術館と名作建築を巡る青森の旅。

【KANAZAWA】
KAMU kanazawa
金沢を現代アートの街へ。コレクターが仕掛ける美術館。

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
モダニズムを代表する2人の建築家のデザインを体験する。

国立工芸館
伝統工芸王国・金沢の地で、再び花開く工芸の館。

MAP:美術館と名作建築を巡る金沢の旅。

【KENGO KUMA】
隈研吾による石の超建築、角川武蔵野ミュージアム。

サントリー美術館
明治神宮ミュージアム
COMICO ART MUSEUM YUFUIN

【SINGLE-ARTIST MUSEUM】
アーティストの個人ミュージアム。

櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。特別編
小田原文化財団 江ノ浦測候所/杉本博司

モリムラ@ミュージアム/森村泰昌
草間彌生美術館/草間彌生

【DIALOGUE】
美術館をめぐる対話。青木淳×西沢立衛

【REBORN】
名作美術館、再生物語。

京都市京セラ美術館
富山県美術館
鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
福岡市美術館

【5 NEW MUSEUM】
5つの最新美術館。

千葉市美術館
アーティゾン美術館
福田美術館
SOMPO美術館
東京都現代美術館

【MUSEUM CAFE】
最新ミュージアムカフェ15軒。

【BEST MUSEUMS IN JAPAN 100】
日本のBEST美術館100

ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
祐真朋樹 ファッションスペシャル 2020 A/W
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

  • 2020/05/09
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

美術手帖の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

%{{pickup_service}}% %{{app_download_link}}% %{{category_list}}%