定期購読なら割引価格&送料無料で毎号お手元にお届けいたします。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
婦人画報のレビューを投稿する

婦人画報の内容

「これからの上質」を提案するライフスタイルメディアです。
『婦人画報』は今年118周年を迎えました。 創刊より一貫して「知ること、学ぶこと、考えることを重ねて、人は豊かに美しくなる」という考えのもと、歴史と伝統に培われた確かな編集力と美しいビジュアルによって、皆さまに寄り添う上質なコンテンツをお届けしています。
定期購読プレミアムコース
●定期購読1年(12冊)+「イチーナ」のマルシェバッグ(5色から選択)+和ダイアリー
●定期購読2年(24冊)+「イチーナ」のマルシェバッグ(5色から選択)+和ダイアリー

プレミアムコースは「夢を編み、想いを編み、喜びを編む」をコンセプトとした香川のニットブランド「イチーナ」のマルシェバッグドレス SSをご用意しました。ホワイト、ピンク、ブラック、ブルー、グリーンからお好きな色1点、お選びください。

詳細

ホワイト

特典イメージ
特典イメージ

ピンク

ブラック

特典イメージ
特典イメージ

ブルー

グリーン

●「イチーナ」のマルシェバッグ ドレスSS
編み柄の切り替えがポイントになったドレスのようなシルエットのニットバッグで、 ビビッドなカラーでコーディネートの差し色にオススメです。 また、折りたたんで持ち運ぶことができるので、ちょっとしたお出掛けの際や ランチバッグ、サブバッグとしても重宝します。

■カラー:ホワイト、ピンク、ブラック、ブルー、グリーンからお選びいただけます。
■素材:ポリエステル 95% 、コットン 5%
■サイズ:幅約19cm 、高さ約31cm(ハンドルを含む)
■耐荷重:5kg

※平置きで採寸しているため、物を入れて底(マチ・約11cm)が広がると、高さは短くなります。
※編み物のため、サイズが± 2cm程度異なることがあります。
※素材の特性上、あまり重い物を入れると自重で伸び、垂れ下がります。商品特性をご理解の上、ご使用ください。
※ベルト、指輪、ネイルなど、突起物の引っかけにご注意ください。
※濃色品は濡れたまま強く擦るとほかの物に移染することがあります。
※濡れた状態での放置はお避けください。
※お一人様1点のみとなります。
※数量限定のため、品切れとなる場合がございます。

定期購読をお申し込みの方全員にプレゼント!
『婦人画報』2024年1月号付録「和ダイアリー2024」
詳細

●「和ダイアリー2024」
新暦と旧暦、二十四節気、七十二候、月齢などにちなんだ暦の豆知識も記載した和ダイアリー。
今回、お申し込みいただいた方全員にもれなくプレゼントいたします。
※和ダイアリーは雑誌とは別便でお届けします。
※プレミアムコースのお申し込みの方は、「イチーナ」のマルシェバッグとセットでお届けします。

婦人画報の商品情報

商品名
婦人画報
出版社
ハースト婦人画報社
発行間隔
月刊
発売日
毎月1日
サイズ
A4変
参考価格
[紙版]1,400円 [デジタル版]1,100円

婦人画報の無料サンプル

2024年1月号 (2023年12月01日発売)
2024年1月号 (2023年12月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

婦人画報 2024年3月号 (発売日2024年02月01日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
【婦人画報2024年3月号の内容】

1
●私の源氏物語
1月に始まった
令和6年の大河ドラマは
平安時代中期に生きた
紫式部の人生を描きます。
下級の貴族の娘として少女時代を送り
やがて宮廷に出仕すると
宮中のさまざまな人間模様などを
54帖の物語にしたためます。
それが、1000年という
歳月が流れた現代でも
世界中で読み継がれ、愛される
最古の文学『源氏物語』となりました。
いまあらためて、紫式部と
『源氏物語』の魅力を紹介します。

2
●麻布&虎ノ門の歩き方2024
この写真のように
首都・東京を一望すれば
時代ごとに新たな顔が登場し
この街をいつも魅力的に
彩ってきたことがわかります。
手前には虎ノ門ヒルズ、
その奥には東京タワー、
右には麻布台ヒルズ……
なかでも、麻布と虎ノ門は
2024年、東京でもっとも
話題が集まる注目のエリア。
美に触れ、美食を満喫する
最新スポットがあるだけでなく
江戸の昔から息づく老舗や
パワースポットも共存しています。
高層ビルと広場と路地と、
その合間を歩く楽しみをぜひ
ここで見つけてください。

3
●ビューティ&ウェルネス“絹”の可能性 シルク美容、最前線
近年、養蚕業の応援という視点から
衣服以外でのシルクの活用が進んでいます。
絹の成分を使っている“シルクコスメ”やシャンプー、
その特性を生かした寝具や雑貨まで──。
シルク製品は美容や健康によいとされており、
誰もが“よさそう”と感じてはいますが
その理由を説明できる人は少ないようです。
シルクが美容や健康に活用される場が
広がっているいまだからこそ、正しい知識を
得ておきませんか? そして、これから手にしたい
美と健康に役立つ製品もご紹介しましょう。

4
●おいしい紅茶の3カ条
麗かな季節はまだ少し先……。肌に触れる空気が冷たい日は、
紅茶を飲んでほっとひと息つきませんか?いつもの一杯をさらにおいしくする方法や、
世界の茶園から厳選した茶葉、そしてティータイムが華やぐ茶器。
最高の一杯を楽しむための“3カ条”をお届けします。

5
●聖なる恵みと暮らす国 リトアニア、心と体の養生旅
リトアニアという国をご存じでしょうか?バルト3国の南の端、手付かずの大自然に恵まれたこの国には、古くからすべてのものに精霊が宿るという
自然崇拝が息づいています。“最高の治療法は強力な自然そのものから得られる”という教えに基づいた暮らしを覗いてみました。

6
●父・堂本尚郎、母・毛利眞美 ふたりの画家から 堂本右美へ 受け継がれる美意識
日本画家・堂本印象の甥であり、
抽象表現の洋画家として
戦後の美術界を牽引した堂本尚郎。
その偉大なる芸術家を
献身的に支えた妻、毛利眞美が
自身も若いころパリに留学して油彩を学び、
新進の〝女流画家〟として
注目を集めた一時期があったことは
ほとんど知られていませんでした。
一冊の評伝が出版されるまでは──。
ひとつ屋根の下にふたりの画家が
在ることがいかに難しい時代だったか。
息をするように描き続けた父。
その一方、創作から離れて
潔く夫のサポート役に徹した母。
奇しくも両親と同じ画家の道を歩んだ
堂本右美さんに受け継がれたものとは
何だったのでしょう?
娘の視点から見た芸術一家の物語です。

7
●春、来る「名品バッグ&コート」揃い踏み
持ち物とともに、出掛け先や
これから会う人への思いを込めたバッグ。
コーディネートの主役として存在感を発揮し、
気持ちまで“よそ行き”にさせてくれるコート──。
バッグとコートは装いを彩るだけに留まらず、
大切なシーンに“役割”を果たしてくれる
伴侶ともいえるアイテムです。
新たな季節の訪れを前に、人生のキーピースとなる
タイムレスな魅力に満ちたバッグとコートが揃いました。
●私の源氏物語
●麻布&虎ノ門の歩き方2024
●ビューティ&ウェルネス シルク美容、最前線
●おいしい紅茶の3カ条
●リトアニア、心と体の養生旅



AD
レンズを通して もふもふ
目次
fashion as a way of life「個(モード)」の記録 vol.12
祇園割烹十二考 八寸に映ゆる 弥生
今日庵つれづれ咄 千 宗室 第三回 師匠と弟子
リトアニア、心と体の養生旅
私の源氏物語
巻の一 紫式部を旅する
巻の二 紫式部を描く
巻の三 源氏物語をアートに
巻の四 源氏物語を旅する
巻の五 源氏物語を読む
『婦人画報』定期購読のご案内
麻布&虎ノ門の歩き方2024
〝新・食の聖地〟でランチ
東京のゲートウェイ、虎ノ門から始まるコト
麻布台、裏道さんぽ
馴染みの場所、思い出の味
我が街の歩き方
「心眼の人」ミスリン・コレクション つなぎたい心 第60回 思いやりの形
FUJINGAHOリコメンズ
春、来る「名品バッグ&コート」揃い踏み
共鳴するエスプリ[シャネル]
「私」を語るバッグ[カルティエ]
モネの光彩を彫る人[ヴァン クリーフ&アーペル]
“レ・キャビノティエ”の世界へ[ヴァシュロン・コンスタンタン]
季節のきもの通信[弥生] 春の付けさげ「甘辛」スタイル
ビューティ&ウェルネス シルク美容、最前線
Beyond Age ─年齢を超えた美へ[ハーバー研究所]
肌に、光あれ![ゲラン]
婦人画報の美養塾 LESSON 12 春の肌作りを学ぶ
ひみつの保健室 (12)足の爪の変形
山形・東京 風土に触れる旅へ[東京観光財団]
おいしい紅茶の3カ条
受け継がれる美意識
杉本博司の折々の花 第三十六回 肝くらべ
岡本翔子の心理占星術 2月1日~2月29日
歌舞伎の真髄 尾上右近さん/コラム連載 八代目市川染五郎のしばい絵日記/吉崎典子の「歌舞伎耳寄り話」
エコール・ド・婦人画報
いつか我が家の定番に あしたの家庭料理
定期購読のご案内
ショップリスト
次号予告

婦人画報 2024年02月01日発売号掲載の次号予告

北陸新幹線延伸で、その魅力が明らかに!
一陽来〝福〟!知られざる福井へ
今年3月の北陸新幹線延伸により、ぐっと訪れやすくなる福井県。
土地に根差した伝統工芸品や、新しくオープンする宿、ショップなど、知られざるその魅力をいち早く、〝お福分け〟します!

1章 絵本作家・松本春野さんが旅する、2泊3日の福井、〝福めぐり〟

2章 〝眼福〟伝統工芸のいまを訪ねて越前和紙、越前漆器、越前焼、越前刃物、若狭塗箸の工房へ

3章 〝福徳〟永平寺心を整える

4章 〝口福〟福井の最上級の美味処

コラム 福井ゆかりの方々が推す、とっておきのアドレスを〝お福分け〟
名勝・寺社/アート・ミュージアム カフェ・食事処/ショップ・お土産/宿

「湯船から桜が見える宿」を探しました 
絶景!花見温泉
日本全国に数多ある温泉宿のなかでも、稀少とされているのが、湯船から花見を楽しめる宿です。
そこで、湯に浸りながら桜を愛でることができる花見風呂を備えた宿をご紹介。
見上げれば手に届きそうな万朶の桜。
湯船にはたゆたう薄紅色の花びら。
季節限定の最高に贅沢な花見温泉で、心身を満たしてください。

FEATURE
「魔法の文学館」から〝未来の読書〟を考える。
本の魔法~角野栄子さんから子どもたちへ~

脇 雅世さん、加藤巴里さん母娘が提案
春のおうちビストロレシピ

ミシェル・オバマが教えてくれる 不安の乗り越え方

FASHION
この春選びたい 「これから」のジャケット&靴

BEAUTY & HEALTH
〝適齢〟な美しさって何?年相応のさじ加減

更年期以降の心身の〝おまもり〟 あなたの知らない「テストステロン」の世界

好評連載
レンズを通して 写真・文=高円宮妃久子殿下
祇園割烹十二考 八寸に映ゆる
続・裏千家の茶室から
つなぎたい心  Noriko“Daisy Lin ”Maeda
杉本博司の「折々の花」
あしたの家庭料理 菅野彰造さん
岡本翔子の心理占星術
辛酸なめ子のこの人を深掘り! 
歌舞伎の真髄 

※内容と価格は変更になる場合もあります。

婦人画報の目次配信サービス

婦人画報最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

婦人画報のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.56
  • 全てのレビュー: 414件
いろんなジャンルに精通している雑誌です
★★★★☆2024年02月01日 KAZUR 自営業
美容院に置いております ほどよい 本の厚さで いろんなことに精通し 旅行 ファッション グルメ など いろんな情報を手にすることができます 若干 広告で使われているブランド品は、 価格の高いものが多いので一般的にはあまり 身近なものではありませんが 憧れのものとしては良いと思われます
★★★★★
★★★★★2024年01月29日 ふきのたいたん 自営業
見応えのある記事が多く写真も綺麗で紙質も良い。店舗に設置してるが年配の方が手にすることが多いので記事のフォントサイズをもう少し大きくしていただけるとなお良し。
素敵な雑誌です。
★★★★☆2024年01月05日 ddd 自営業
ファッションや芸術に関することも多く、とても興味深い雑誌です。
婦人画報
★★★★☆2023年12月25日 fufu 専業主婦
ここ数年、定期購読しています。 写真が美しく、特集も毎回楽しみです。 お料理や、住宅など、目の保養になります。
上質の癒し
★★★★☆2023年12月09日 satrin.b 会社員
一冊を手に取り、観て読んでゆったりその世界に浸るのも至福のひとときですが、実際に紹介された街やショップを訪れるのもさらに深い楽しみを味わえます。頼りになる余暇のガイドです。
婦人画報
★★★★★2023年12月07日 いちご 会社員
5年以上定期購読しています。写真も綺麗、読み物も楽しく、大好きです。
現実逃避の時間に
★★★★☆2023年12月02日 たまご 主婦
美しいページをめくっていると、しばし慌ただしい日常から解放され、ゆったりとした気分になります。
楽しい
★★★★★2023年11月27日 クレオパトラ 専業主婦
婦人画報は、いろんな情報が読み取れてとても楽しく拝読しています。 自分の日々の生活の中でとても参考になる事ばかりです。 自分の生活スタイルが1ランク上回るような気がします。 とにかく楽しい雑誌と言えます。
素敵な世界
★★★★☆2023年11月21日 しも 無職
日常から少し(たくさんの時も多いですが)上の世界を見せてくれる雑誌です。雑誌に出てくる、いつか泊まってみたい宿、訪れてみたいレストラン、まといたい服などを見ながら、それにふさわしい人格も身につけたいと思いながら、読ませてもらっています。
くるのが楽しみ!
★★★★☆2023年11月20日 Michiko その他
時々書店で見かけ、気になって少し立ち読みさせていただいていました。 他の雑誌を定期購読していたのですが、期間が過ぎ解約したのです。これからは家でじっくり楽しめそうです。
レビューをさらに表示

婦人画報をFujisanスタッフが紹介します

婦人画報は、その雑誌名から純日本らしいようなイメージを持たれがちかもしれません。しかし、この雑誌を出版している会社はニューヨークのメディアグループに所属していて、革新的かつグローバルな空気を持った雑誌です。どちらかというと年配の女性向けですが、年齢を問わず、若い人にも関心の高いコンテンツが扱われているのが特徴です。例えば、今若い人の間でも器にこだわることばブームになっていて、大量生産の安い食器から、産地のはっきりした食器へと関心が移っています。婦人画報では地域を九州に限定して焼き物の特集を組んでおり、これは性別や年齢に関係なく器に興味のある人にとっては保存版の特集と言えるでしょう。

それから、開運カラーのお財布選び、といったいかにも女性誌らしい特集もあります。ただ、よくある12星座占いではなく、十二支をもとにした三合という珍しい占いによって特集が組まれています。大人の女性は、開運カラーには興味があっても、ただの占いは安っぽいし…などと思ってしまいますよね。この特集では「占いは統計学」と言い切る知性が感じられました。いかにも女性的なコンテンツばかりでなく、大人の女性が暮らしを豊かにするための良質な読み物が魅力的な雑誌です。

婦人画報定期購読のプレゼント

期間限定!(2024年02月29日迄) 和ダイアリー
対象購読プラン:1年・2年
新暦と旧暦、二十四節気、七十二候、月齢などにちなんだ暦の豆知識も記載した和ダイアリー。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

婦人画報の所属カテゴリ一覧

婦人画報の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.