過去、現在、そして未来の陸海空軍を完璧に網羅した総合雑誌!毎号お手元にお届け!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊丸のレビューを投稿する

月刊丸の内容

戦艦「大和」からステルス戦闘機F-22ラプターまで幅広い軍事情報を満載
月刊雑誌「丸」は古今東西を問わず幅広いジャンルを取り上げた総合雑誌です。今もなお不動の人気を誇る艦上戦闘機零戦、戦艦「大和」だけでなく、現代最強のステルス戦闘機F-22ラプター、イージス護衛艦「こんごう」といった多彩な兵器を紹介。幅広い読者層に対応するべく、兵器メカニズム、各種戦史、自衛隊や在日米軍の動向、グルジア紛争、原子力空母ジョージ・ワシントン横須賀母港化など最新軍事ニュースを提供していきます。

月刊丸の商品情報

商品名
月刊丸
出版社
潮書房光人新社
発行間隔
月刊
発売日
毎月25日

月刊丸 2024年8月号 (発売日2024年06月25日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
丸2024年8月号 もくじ

第一特集 山口多聞と空母「飛龍」
私は空母「飛龍」の最後の副長だった! 元空母「飛龍」副長・海軍大佐 鹿江 隆
山口多聞の横顔 元海軍人事部長・海軍大佐 大石堅志郎
空母「飛龍」メカニズム徹底検証 戦史研究家 白石光
暗雲ミッドウェー沖「飛龍」昇天秘録 元第二航空戦隊機関参謀・海軍中佐 久馬武夫
空母「飛龍」砲術屋奮戦始末 元海軍砲術学校教官・海軍少佐 浜田幸一
わが必殺の弾幕 上空三千を狙え 元空母「飛龍」砲術士・右舷高角砲指揮官・海軍少尉 長友安邦
「飛龍」飛行機隊のサムライども突撃せよ 元空母「飛龍」艦攻隊小隊長・海軍大尉 橋本敏男
血みどろ空母「飛龍」の怒号を聞け  元空母「飛龍」航海長・海軍中佐 長 益
哀惜の涙は日本人だけではない! E.B.ポッター教授ほか
不屈の闘将 山口多聞の生涯 軍事ライター 堀場亙
ミッドウェーに響け 父・山口多聞に送る哀惜の叫び 山口多聞三男 山口宗敏

第二特集 機動部隊
空母機動部隊の歴史と戦術を分析考察する 海軍史研究家 勝目純也
笛吹けど踊れぬ基地航空隊の宿命と無念 元海軍中将・第三航空艦司令長官 寺岡謹平
機動部隊の艦隊戦法はどうあるべきだったか 元連合艦隊参謀長・海軍中将 草鹿龍之介

第三特集 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦
アーレイ・バーク級の歴史 軍事評論家 岡部いさく

アーレイ・バーク級のメカニズム 
レーダー、兵装、イージス・システム編 テクニカル・ライター井上孝司
船体形状、機関編 軍事評論家 岡部いさく

アーレイ・バーク級の運用 
対空戦  軍事評論家 岡部いさく
対潜戦  軍事評論家 岡部いさく
対艦戦  軍事ライター 岩山英治
BMD  軍事ライター 岩山英治

次世代のアメリカ海軍軍艦 岩山英治

カラー
特集スペシャル カラー彩色で蘇える「飛龍」
蒼穹のページェント F-35C
レストア第二次大戦機ライブラリー38 ノルデンM-9爆撃照準器
ドレミコレクションミュージアム完成披露 岡山の三式戦「飛燕」実物大複製モデル
在日米軍イベント 横田基地日米友好祭2024
陸自ニュース 新生第10偵察戦闘大隊編成完結式
海底のレクイエム117 ラバウルの貨物船「ジョージ」
米軍ガンカメラ写真集118 第58.1任務群の第一遊撃部隊攻撃

モノクロ
特集グラビア 空母「飛龍」特選写真集
特集グラビア 機動部隊特選写真集
JSDF一般公開イベント 新発田駐屯地開設71周年記念行事
JSDF一般公開イベント 北富士駐屯地創立64周年記念行事
JSDF一般公開イベント 神町駐屯地創立68周年記念行事
フネを見に行く 横浜港山下埠頭の砕氷艦「しらせ」一般公開
泰緬鉄道記念グラフ 鉄九の南部仏印進駐1
井上和彦「慰霊の旅」 ギフ高地の岡部隊慰霊碑

ピックアップ記事
最後の日本兵となった高砂義勇隊 米国コロラド州立大学名誉教授 アンソニー・トゥー(杜祖健)
最新軍事 AIラベンダーとイスラエル軍による「掃討」作戦の実態 軍事ライター 木村和尊
ノースロップ・グラマンが東京で開催 「技術協力シンポジウム2024」潜入 軍事ライター 稲葉義泰

連載
封印された日本の近現代史 井上和彦
一からわかる第二次世界大戦史 白石光
ドイツ艦艇物語 宮永忠将
情熱零戦 宮崎賢治
こがしゅうとの日本海軍潜水艦
知られざる小艦艇の戦い 勝目純也
大日本帝国エピソード集 軍事法規研究会
ミリタリーカメラマンが見た海自遠洋練習航海 菊池雅之
誰も知らないニッポンの防衛 桜林美佐
ぼたんがキラリ 時武ぼたん
これでわかる防衛関連法 稲葉義泰
ウクライナ戦争最新情勢 木村和尊
World Military Information 井上孝司
世界の陸海空最新兵器 福好昌治
陸海空自衛隊ニュース 野口卓也
ジュラルミンを着たヴィーナス 小々馬亜彦
第一特集 ミッドウェーの勇将と海軍決戦空母の栄光と悲劇
山口多聞と空母飛龍
●ミッドウェー海戦でその戦略的才能を発揮した山口多聞提督の生涯と、最後の旗艦を務めた空母飛龍のメカニズムを徹底分析!

第二特集 海の覇者となった空母戦闘群の歴史と戦法分析
機動部隊

第三特集 最多建造数を記録した米海軍駆逐艦の戦闘力解剖
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦



表紙
朝礼の一例・「朝礼川柳」作品紹介
目次
マイウエー&マイヒストリー「今、働く人たちへ」
7月1日 お便り月
7月2日 誰がやる
7月3日 AAR
7月4日 義務先行
7月5日 3年たつと見えてくる
7月6日 未来のために
7月7日 短冊に願いを込めて
7月8日 観見二つの目
社会人のためのなぜ?トレーニング 水野次郎 第38回
7月9日 みんなでお礼を
7月10日 使えば使うほど
7月11日 表に出ないボランティア
7月12日 褒め育て
7月13日 手ぬぐいを贈る文化
7月14日 幸せになる練習
7月15日 ビーチコーミング
自分見直しチェックリスト
7月16日 フラッシュ・ダッズ
7月17日 私の仕事は
7月18日 良いホウレンソウ
7月19日 土用干し
7月20日 時代に合わせた工夫
7月21日 ホラーで社会貢献
7月22日 凡事徹底
7月23日 3つの調
7月24日 人生の目的
朝礼川柳 終了のお知らせ
7月25日 正しい挨拶
7月26日 サステナブルな大会
7月27日 5W2H
7月28日 夏虫の色
7月29日 プラス一
7月30日 やらなかった
7月31日 スイートピーを飾って
歴史が教える人の生きざま<藤原道長>⑦ 待ち望んだ皇子
こちら編集室 朝礼研究所
コミニケ出版 新刊のご案内 そらのどうぶつえん
日本の祭り フォトエッセイVol.76 北海道松前町 松前神社例大祭(後編)

月刊丸の目次配信サービス

月刊丸最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊丸のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.18
  • 全てのレビュー: 11件
★★★★★2023年04月27日 チビコ 専業主婦
実際は、夫が読む為に購入している本です。本が届くと夫は、すぐ本開いて読んでます。時々本の内容を話てくれます。とても、大好きな雑誌のようです。
紫電改の入門に丁度よい一冊
★★★★★2022年11月10日 初島 会社員
別冊付録目的に購入しました。 紫電改のファンになりたての方にはとても良い導入本と思います。 紫電と紫電改の比較画像も豊富です。個々に三面図が掲載されている書籍は多くありますが、比較し解説もあるのは嬉しいですね。 その最期が不明と言われる菅野機の、最期に参加した作戦の写真(菅野機ではないが)も掲載されており、かなりお得でした。 (紫電改と疾風を混同しており、米国側の交戦記録に残っていなかった、という8月1日の空戦) 8月1日、連合国の報告には恐らく「疾風」として報告されてしまい、日本海軍では行方不明扱いとなった菅野隊の最期の戦いの写真も載っています。 ノンブルが赤丸囲みに二本ライン(残念ながら白ですが)のデザインとなっており、細部まで紫電改への愛情を感じ、ファンとしては嬉しく思いました。
素晴らしい
★★★★★2021年12月28日 平和 教職員
歴史的事実が詳細に記述されており本当に素晴らしい。
見応え満載
★★★★★2021年03月06日 ishi3269 会社員
自衛隊の最新装備から太平洋戦争や欧州大戦の兵器や先史まで網羅した内容でマニアから初心者まで楽しめる内容です。
戦記も扱う貴重な雑誌ではあるが…
★★☆☆☆2020年04月29日 びんちょうたん 自営業
最近、親会社が変わってからの方針転換なのか、戦記物への偏りが目立つ。 新しい資料もないのに大戦期の兵器を繰り返し特集しており、以前のような海外や自衛隊を扱った独占記事やレポートは少なくなった。
装備品の分析
★★★★☆2020年03月02日 ペーさん 会社員
装備品の分析記事を楽しみにしています。最新技術の解説や歴史的な兵器類についても改めて考える機会を与えてくれます。
若い人に読んで欲しい
★★★★★2018年12月27日 黒猫 会社員
大東亜戦争の事などが詳しく載っているので戦争をしない人達に是非読んで欲しいです
戦記から最新軍事情勢まで幅広い記事
★★★★☆2015年04月11日 XPS7500 会社員
この雑誌はかつては「戦記雑誌」で第二次大戦関係の記事がほとんどでした。時代の変化と共に、最新軍事情勢の記事が増えています。一方で第二次大戦関係の記事も毎月載っておりバランスが良いと思います。
安定した内容で安心して楽しく読めます
★★★☆☆2014年11月04日 nya nya 部長
10代の頃から、はや30年「丸」を愛読してきましたが、やはり真面目な視点と内容で安心して読めますね。入り口としては良いのでしょうが、昨今の薄いミリタリー系の内容では読者に誤解を与えてしまうことも多々あると思いますが、その点、「丸」は色々な角度から検証されていて安心できます。これからも、今まで同様、真面目な記事で邁進して欲しいと思います
歴史ある雑誌です。
★★★☆☆2012年01月17日 すも 会社員
私が、物心ついた時には本屋にありました。(もしかしたら生まれる前から?)軍事マニアが喜ぶ特集記事には毎号楽しんでます。でも太平洋戦争モノの記事が未だに多く、最新の軍事情勢を知りたい私には、やや不満です。
レビューをさらに表示

月刊丸をFujisanスタッフが紹介します

月刊丸は、古今東西および陸海空軍の兵器や戦史などを幅広くカバーした、軍事分野の総合雑誌です。創刊は1948年と古く、これまで軍事分野の知識や情報を求める、数多くの読者のニーズに応えてきました。ちなみに雑誌名の「丸」の由来は、円形のように全ての方向を見渡せるような、多角的な視点の必要性から命名されています。

月刊丸の特徴の1つは、グラビアやオールカラーの特集記事が充実していること。最新の兵器や軍事事情を、臨場感とリアリティのある誌面で伝えます。また、太平洋戦争当時の兵器や軍事情勢を詳しく知ることができるのも、この月刊丸の特徴。軍艦や軍用機あるいは戦車などの技術的な解説はもちろん、運用から作戦さらには当事者の回顧録まで、豊富な情報量を誇ります。特に艦上戦闘機「零戦」や戦艦「大和」を扱った連載記事は、長年にわたり多くの読者を魅了してきた、人気のシリーズです。

もちろんステルス戦闘機「F-22ラプター」や、イージス護衛艦「こんごう」といった、現代の最新兵器も漏れなく紹介。兵器のメカニズムから自衛隊や在日米軍の動向まで、トータルにカバーします。その他にも、海外の戦史博物館や戦争遺跡を紹介したり、兵器や演習あるいは航空祭などの様子を、フォトレポートを通じて詳しく読者へ伝えます。

月刊丸の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.