※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Motor Magazine(モーターマガジン)
  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Motor Magazine(モーターマガジン)
  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 12%OFF
  • プレゼント

Motor Magazine(モーターマガジン)

定期購読なら買い逃し無し!毎号お手元にお届けします!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 12%OFF
  • プレゼント

Motor Magazine(モーターマガジン)

定期購読なら買い逃し無し!毎号お手元にお届けします!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、今すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Motor Magazine(モーターマガジン)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

Motor Magazine(モーターマガジン) 雑誌の内容

  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
1955年創刊。現在もっとも歴史のある自動車雑誌です。
今、世界の自動車産業は激動期にあります。環境問題への対応、より安全なモビリティを追求するための自動運転技術の開発、さらにより高性能で魅力ある移動体としてのクルマのありかただけでなく、メーカーも大きな変化を求められています。それに伴い、商品価値を高めた新型車の発表も相次ぎ、クルマを取り巻く環境から目が離せません。「Motor Magazine」は、1955年に創刊された日本で最も歴史ある自動車総合誌として、常に良質な形で、信頼性の高い情報を発信してきました。これからも読者の皆様のご期待に応えるべく、高品位な誌面作りに努めて参ります。

Motor Magazine(モーターマガジン)の無料サンプル

2020/10 (2020年09月03日発売)
2020/10 (2020年09月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Motor Magazine(モーターマガジン) 2022/02 (発売日2021年12月27日) の目次

《 別冊付録 》
『国産車最新諸元データブック 2022』
~日本で買える主要国産車の全モデルを掲載

《 本誌目次 》
【第一特集】
『気になるニューモデル最新動向2021-2022』
~2022年に登場する期待の輸入車を紹介しながら、2021年に我々を魅了したモデルを振り返る。
Part1 2022年注目モデル試乗
~日本導入が期待される4台をレポート
・ポルシェ タイカンスポーツツーリスモGTS
・メルセデスベンツ C クラスオールテレイン
・マセラティ グレカーレ プロトタイプ
・ルノー アルカナ
Part2 2022 New Model
~2022年注目のニューモデル徹底チェック
Part3 クロストーク
・本誌筆者3人+編集長が2021年を振り返る
Part4 SUV/クロスオーバー/ミニバン編
~人気ジャンルは多種多様
Part5 スポーツカー/スーパーカー編
~超高性能モデルも電動化が進む
Part6 ラグジュアリー編
~アッパーミドルからハイエンドまで豪華絢爛
Part7 ABCセグメント編
~マルチに使えて扱いやすいサイズ感
Part8 Dセグメント編
~定番ジャンルの信頼感。高品質なモデルが揃う
Part9 BEV編
~時代の要請で車種拡大が進む
Part10 本誌筆者が語るイヤーカー
~2021年印象に残った輸入車、2022年に期待する輸入車

【第二特集】
『新型メルセデスベンツCクラスと永遠のライバルたち』
~注目のDセグメントの魅力を探る
Part1 新型C クラス、ガソリン or ディーゼル どっちを選ぶ?
Part2 魅力的なプレミアムDセグメントのいま

【特別企画】
◎ ESPERIENZA GIRO JAPAN 2021
~ランボルギーニで九州を巡るドライブツアー
◎ スバル フォレスター 神戸&六甲の絶景自動車紀行
〜1200km ロングドライブでわかったこと

【Motor, Magazine and Man】
「800号に向けて」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「未解決なままのモーターショー問題の背景」
〇 菊地智哉の “クルマ道楽に贈る 極楽ゴルフ情報”
「中島啓太、覚えておいて損はない」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「真壁伝承館」

【連載】
〇 海外通信
・GCOTYにHYUNDAI IONIQ5
〇 スペシャルレポート
・新型アウディRS 3に富士スピードウェイで試乗
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・レクサス NX 450h+ “バージョンL ”
◯ 話題のクルマを味わう
・ダイハツ ロッキー プレミアムG HEV
・トヨタ GR86
◯ M for More
・ボルボ C40 オンライン販売の戦略
・ホンダ 安全ビジョン・テクノロジー取材会
・ホンダの船外機累計生産200万台達成
・2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー
・マツダ CO-PILOT Concept 公道試乗
・KTCの2022SKセール
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「NSXよ、また会える日まで」
〇 日本ブランドの行方
・ホンダ シビック
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「族車なの? いえいえ、ロマンチックなシルエットです」(ホントか?)
〇 2022 INSIDE MOTORSPORT
「劇的な結末を演出したセーフティカー」
〇 the ジドーシャ論
「電気自動車劇場第二幕、開演? その皮切りに思う」
◯ TIRE CLIMAX
・ブリヂストン ブリザック VRX3
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・ボルボ XC60 B5 AWD インスクリプション
・DS 3 クロスバック Eテンス
〇 10年10万kmストーリー
・篠崎雅一さんとホンダ シビック Si (1985年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記 釣り紀行篇
「ロッドを積んで回国巡礼 其の二」
◯ 次号予告
2022年2月号の第一特集は「気になるニューモデル最新動向2021-2022」。2022年に登場する注目のインポートカーの最新情報を伝えるほか、2021年に話題となったモデルを振り返る。第二特集は「新型メルセデスベンツCクラスと永遠のライバルたち」。新型Cクラスとライバルと想定されるモデルとの比較を実施。特別企画はロングツーリングでフォレスターの性能を確かめる「2台のスバルフォレスターで行く日本自動車紀行」をお届けします。



Motor, Magazine and Man「800号にむけて」
木村好宏の耳寄りな話「未解決なままのモーターショー問題の背景」
菊池智哉のクルマ道楽に贈る極楽ゴルフ情報「中島啓太、覚えておいて損はない」
あえてクルマで行きたい場所「茨城県桜川市 真壁伝承館」
目次1
目次2
第一特集「ニューモデル最新動向2021-2022」
Part1「タイカンに新シリーズが登場/高い快適性と走破性を両立/マカンの強力なライバル誕生/ルノーらしさを感じるクーペSUV」
Part2「どのカテゴリーにも注目モデルが登場」
Part3「本誌筆者3人+編集長が2021年の輸入車を振り返る」
Part4「メインストリームの座は2021年?2022年も不変」
Part5「電動車の発表相次ぐもまだまだガソリンエンジン車健在」
Part6「Sクラスのベンチマークを脅かす存在は出るのか」
Part7「Cセグメントの2大ブランドが話題を牽引した2021年」
Part8「電動化の足音が迫るなかで各ブランドの選択は?」
Part9「解決すべき問題はあるが車種の拡充は順調に進行中」
Part10「2021年印象に残ったクルマ、2022年期待するクルマ」
第二特集「新型メルセデスベンツCクラスと永遠のライバルたち」
特別企画「ランボルギーニGIRO JAPAN 2021」
特別企画「日本自動車紀行 スバル フォレスター」
海外通信「GCOTYにHYUNDAI IONIQ5」
スペシャルレポート「新型アウディRS3に富士スピードウェイで試乗」
スペシャルロードインプレッション「レクサスNX/レクサス初のプラグインハイブリッドはNX」
話題のクルマ「ダイハツ ロッキー/ハイブリッド化で大いに燃費が向上。」
話題のクルマ「GR86/ドライビングプレジャーがさらに進化。」
M for More「ボルボC40オンライン販売」
M for More「ホンダ安全ビジョン」
M for More「ホンダ船外機200万台」
M for More「JCOTY」
M for More「マツダCO-PILOT CONCEPT 公道試乗」
M for More「KTC」
清水和夫と石井昌道のソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ2「NSXよ、また会う日まで」
ニッポンブランドの行方「ホンダ シビック」
知ってた? 知らない? 金子直樹な理由「族車なの? いえいえ、ロマンチックなシルエットです(ホントか?)」
2022 INSIDE MOTORSPORT「劇的な結末を演出したセーフティカー」
渡辺敏史のThe ジドーシャ論「電気自動車劇場第二幕、開演? その皮切りに思う」
タイヤクライマックス「ブリヂストン ブリザック VRX3」
MM Info Station
Longterm Report Special「ジープ コンパス リミテッド」
Longterm Report Special「ボルボXC60 B5 AWD インスクリプション」
Longterm Report Special「DS3クロスバックEテンス」
金子浩久によるクルマと人の愛情物語10年10万kmストーリー「クルマのデザインって大切ですね」
クルマでゆるゆる日本回遊記「旨きものを頂き、稀有な博物館を巡り、地獄のアジングに8時間蹂躙さる東伊豆の旅」
次号予告
別冊付録 国産車最新諸元データブック2022

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/09(2019-08-01発売) の特集を少しご紹介

最新BMW320dセダンと注目のプレミアムディーゼル車たち
気持ちいいのか、快適なのか。“ 見て、乗って、感じる”
P.32~P.71
2015年に発覚したいわゆる“ディーゼルゲート事件”は、いまだ記憶に新しい衝撃的な出来事だった。その内容が許されざるものであったことはもとより、後のディーゼルエンジン搭載モデル、いや、内燃機関を搭載するすべてのクルマの存亡にまで少なからず影響を及ぼす結果になったという点でも、自動車製造者による史上稀にみる残念なニュースだったことは、否定のしようがない。 あれから間もなく丸4年。そんな今になっても、これまで“本場”と紹介されてきた欧州市場ではこの先の残存価値に対する不安などから、ことさら個人ユーザーにおいてディーゼル車に距離を置いている人が少なくないという。 実際、とある民間調査会社の報告によれば「欧州23カ国で2016年まで 減少を続けてきた乗用車による平均CO2排出量は、2017年に上昇へと転じ、そこにはディーゼル車がガソリン車へと代替えされたこととの相関関係も認められる」と、皮肉にも“ディーゼルゲート”をきっかけとした環境への悪影響すらが懸念される、という状況だという。
今、積極的に選びたい先進のパワートレーン
V60 T6 ツインエンジンとボルボのPHEVのメリット
P.72~P.81
 CO2の排出を低減させることを目的に、世界各国の自動車メーカーが電動化を本格化させているが、その手法は様々だ。 電動化と聞いて最初にイメージするのは、搭載したバッテリーに蓄えた電力のみで走る電気自動車=バッテリーEV(BEV)だろう。確かに走行時のCO2排出量はゼロなので環境に優しいが、十分な航続距離を確保するためには大容量のバッテリーを積む必要があり、コストや充電施設のインフラなど、今後解決しなくてはならない課題も多い。 現時点では、エンジンとモーターを組み合わせて、双方の効率の良い所を引き出すハイブリッド車(HEV)が電動化の主役だ。とくに日本はHEV先進国だが、近年の欧州車は、外部充電ができるプラグインハイブリッド(PHEV)と、ベルト駆動のスタータージェネレーターを用いたマイルドハイブリッドに二分しつつある。
アウディQ 8 × 日本の絶景
P.82~P.85
 アウディQ8についてリポートするなら、そのデザインから話を始めないわけにはいかない。 私は2018年6月に南米チリで行われたQ8の国際試乗会に参加、そこでデザインチームのリーダーであるフランク・ランヴァーティ氏からじっくりと話をきいた。 Q8はアウディにとって初のSUVクーペだ。このジャンルのパイオニアはBMW X6で、メルセデスはGLEクーペで追随。どちらもベースとなったX5とGLEのルーフ後半部分をファストバック風に仕立て直して、クーペルックとした点に特徴がある。 ランヴァーティ氏らも当初はこの手法を踏襲するつもりだったようだが、それでは“3匹目のドジョウ”になりかねない。また、ルーフ後半をなだらかに下げるファストバックにすれば後席のヘッドルームが犠牲になる恐れもあった。そこでまったく新しいSUVクーペの姿を考え始めたという。

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/08(2019-07-01発売) の特集を少しご紹介

注目したい新型マカンと最新ポルシェ
P.28~P.67
「新型マカンが魔法の足まわりを得た!」 もともと快適性とハンドリングを高次元で両立させたことで定評のあるポルシェマカンだが、今回のマイナーチェンジでその魅力がさらに進化。まるで路面の凹凸をすべて削り取ってしまったかのような滑らかな乗り心地を堪能できたのには舌を巻いた。 それでいながらポルシェならではのダイナミックな走りも健在。シャシ関連の変更点はごく一部に過ぎないとの事前情報からは想像もできないほど、長足の進歩を遂げていたのである。 今回の比較テストはいっぷう変わった企画だ。登場するのは2台のマカン。ただし、1台はマイナーチェンジを受けた後のマカンS、もう1台はそれ以前のベーシックグレードであるマカンである。グレードが異なっているのは試乗車の手配の都合で他意はない。それでも2台を揃えたのは、新しいマカンの進化に関する手がかりをなんとかして得たかったからだ。
最新シリーズの進化と実際を試す
デビュー20 周年を迎えたアウディTT
P.68~P.79
アウディTTは、時代の流れとともに大きくそのキャラクターを変貌させてきた。1998年に本国でデビューした初代TTは、その3年前に発表されたコンセプトカーと見紛うようなピュアなデザインをまとって誕生。シンプルな円と直線を組み合わせたバウハウス的スタイリングが好評を博し、またたく間に人気モデルへと成長した。2006年に発売された第2世代TTは、デザイン言語をがらりと変化させたが、アウディらしい外連味(けれんみ)のないスタイリングは健在で、こちらもヒット作となる。また、軽量ボディ構造のASFが採用されたり、フラッグシップのTT RSが追加されたのも、この2代目からだ。現行型の3代目は2015年に登場。
ポルシェ911 カレラS カブリオレとホンダ NSXを海外で比較試乗
スポーツカーの未来が、ここにある。
P.80~P.85
 ミッドシップでハイブリッド、かもフルタイム4WDのハイテクスポーツカーと、プリミティブなガソリンエンジンを、リアに搭載したちょっとクラシックテイストなスポーツカーの比較テストは、ちょっと荒っぽい異種格闘技のように思えるかも知れない。 だが、近未来のピュアスポーツカーの存続を考えた時に、私がぜひともやってみたいと思っていた企画である。かつて、ポルシェの社長であったヴェンデリン・ヴィーデキング氏は「もし世の中から自動車が消滅するとしても、スポーツカーは生き残るでしょう」と言ったが、果たしてそのとおりだろうか。昨今の環境保護を重視する風潮の中で、自動車に対する厳しい目はポルシェ、とくにいまだにハイブリッドシステムを持たない911の存続に、疑問を投げかけていることは確かなのだ。 ちなみに、今回試乗した911カレラSカブリオレは最新のタイプ992。

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/07(2019-06-01発売) の特集を少しご紹介

「心ときめくスポーツカーに乗りたい」
クルマ好きのハートを一瞬にして引きつけ、そして離さない
P.30~P.73
クルマ好きはもちろんのこと、そうでない人の視線も釘づけにする大胆なスタイリング。そして一瞬にして異次元の世界へと誘う強烈なパフォーマンスと官能的なエキゾーストノート。ハンドルを握るたびにかつてない喜びへと導くスポーツカーの魅力を探ってみた。 私はこの特集企画の対談(P68?)で“スポーツカーの魅力とはタイヤの性能を引き出すことにある”と明言した。こうして文字にしてみるとなんだか偉そうだし、“じゃあ、オマエにどんな環境でもタイヤの能力をフルに引き出せるだけのドライビングスキルがあるのか?”と問われれば、ひれ伏すしかない。だが“ドライバーがタイヤと対話できてこそのスポーツカー”との信念は変わらない。 では、ドライバーがタイヤと対話するためには、クルマにどんな資質が求められるのだろうか? その第一は、タイヤが路面をグリップしている状態があますところなくドライバーへ伝わることにある。
「最新ディーゼルのメリットを大いに味わう」
ボルボXC90 D5とアルファロメオジュリア2.2 ディーゼルターボ 東京→福島→山形→秋田→新潟→東京1300km 超ロングドライブ
P.74~P.83
とても興味深いディーゼルエンジン搭載車が日本へ導入された。ボルボX C 9 0 D 5とアルファロメオジュリア2 . 2ターボディーゼルの2 モデルだ。そこで今回はその実力を余すことなく味わい尽くすため、長距離を走ってみることにした。総走行距離1 3 0 0 k mを超えたその道のりで見えてきた。最新ディーゼルモデルの実力を報告する。一連の排出ガススキャンダルがもたらしたマイナスイメージに加えて、主要都市への乗り入れを規制する動きが出てきていることもあって、欧州におけるディーゼル車の販売比率はこの数年間、確実に下降してきている。とは言え、ディーゼルはそのCO2排出量の少なさから、一時期は環境対策のホープとすら言われたエンジン。きちんとした排出ガスの後処理さえ行えばまだまだ将来性はある。実際、都市への乗り入れ規制の対象となるのは、ユーロ4など古い排出ガス規制時に作られたもの。
カッコも走りも、ちょっと似るも、非なるスポーツ
BMW M2コンペティションvs ホンダ シビック タイプRを欧州で比較
P.84~P.93
シビック タイプRの試乗が可能になったことで、その本当の実力を試すべくBMW M2コンペティションとともに約800kmほどのテストドライブを敢行。見た目以上に走りの味付けには、異なる「世界観」が広がっていた。 2018年、私は新たに組織された「ジャーマンカーオブザイヤー」の選考委員に任命された。名誉ある立場に選ばれたことはもちろん誇らしいが、なにより嬉しいのは、様々なニューモデルに今まで以上に自由に試乗することができることだ。 しかも、ここドイツでは、事情にもよるが短い時間ではなく、最低でも一週間ほどは借り出すことができる。さらに、日本ではサーキットのような限られた場所でしか試せない最高速度領域での挙動を、アウトバーンの速度無制限エリアで、合法的にチェックすることも可能なのだ。 そうなると自ずから、走って楽しいスポーティなクルマをどんどん走らせてみたくなる。

+   Motor Magazine(モーターマガジン)の目次配信サービス

Motor Magazine(モーターマガジン)定期購読のプレゼント

オリジナル折りたたみコンテナボックス
対象購読プラン:オリジナル折りたたみコンテナボックスと[月額払い]のセット・オリジナル折りたたみコンテナボックスと1年購読のセット
1970年代スーパーカー V型12気筒エンジンをイメージしたコンテナボックス ●外寸:幅366×高さ283×奥行264(㎜) ●有効内寸:幅335×高さ231×奥行258(㎜) ●容量:20L
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

Motor Magazine(モーターマガジン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.32
全てのレビュー:117件

レビュー投稿で500円割引!
写真が好きです。
★★★★★2021年12月24日 しおさま 会社員
以前から月毎に購入していましたが、定期購読に踏み切りました。楽しみです。
日常よりちょっと背伸びした模擬体験ができる
★★★★★2021年10月26日 まーさん 経営者
車が好きで色々な雑誌を読み漁っていますが、モーターマガジンは自分に一番合っているように思っています。 現実的には国産車を乗り継いではいますが、いつかはこのような車にも乗りたいという思いを紙面を通して感じることができます。 担当者によって違うインプレッションの微妙な表現をくみ取りながら毎回購読を楽しんでいます。 これからもちょっと背伸びした空間の提供を宜しくお願いします。
最新情報満載
★★★★☆2021年08月26日 雪ん子 会社員
記事と写真がまとまって読みやすい。 海外の最新情報も満載。
やっぱり楽
★★★★☆2021年07月11日 kakealtezza パート
定期購読は購入を忘れをホローしてくれるから助かります。
気になる特集があると情報収集で参考になります
★★★★☆2021年06月28日 ひげまー 会社員
情報収集したい事があってもWEBだとその時限りになってしまうことが多いので紙面として手許に置いておけていつでも見られるのはありがたいです。希望の特集が組まれると絶対に買います。
輸入車好きにはたまらない
★★★★★2021年04月06日 kaba3 自営業
手がとどく車種から憧れの車種まで幅広く特集してくれるため、毎号楽しみにしています。
自動車雑誌の中で一番いい
★★★★★2021年03月19日 honeybee123 経営者
カフェに置いています。専門的すぎるメカに関する記事は少ない。車に関する記事だけである。昔のモデルに関するノスタルジックは記事が少ない。手の届く範囲内の車種の記事も多い。以上の理由からこの本がお勧めです。これ以外にもう一冊となると、なかなか難しい。
1ヶ月十分読めます
★★★★☆2020年12月16日 イーサン 部長
写真カットも豊富で気になる車を多角的に情報が取れます。車好きにも十分答える内容が多いと思います。
綺麗です
★★★☆☆2020年12月15日 こおうじ 学生
写真はいつも綺麗で、心が癒やされます。内容については、際だっていいまではないですが。
外車情報ならこれが一番
★★★★☆2020年09月07日 やっさん 会社員
新車のみならず、古い車の情報もあったり、 ライターの方々もいろいろで毎号楽しみにしてます。いつもボロボロになるまで眺めており、夢に浸っています。
レビューをさらに表示

Motor Magazine(モーターマガジン)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

Motor Magazine(モーターマガジン)は、株式会社モーターマガジン社が発行している月刊の自動車情報誌です。創刊は1955年で、国内で最も歴史が長い自動車関連雑誌として有名です。モーターマガジン社が全精力をあげて雑誌作りに取り組み、日本で自家用車が本格的に普及し始めた1960年代頃から権威が高まっていきました。なお、国内には数えきれないほどの自動車雑誌が存在し、様々な系統がありますがMotor Magazine(モーターマガジン)は特定のメーカー・車種に特化した雑誌ではありません。大まかに言うと「総合誌」にあたり、自動車に関する幅広い情報を掲載しているのが特徴です。

この雑誌は毎号150ページ前後ありますが、モノクロページは存在しません。オールカラーの構成となっていますが、紙の質が良いためひとつひとつ写真の画質がかなり良いのが印象的です。そして、画質が良いため車の色合いや表面の輝きなどがよくわかります。巻頭には国産車ではなく主に海外の高級車の新車紹介などが掲載されているという意味で、外国車好きの人向けとなっています。また、編集部おすすめのタイヤ情報・モーターショー情報・モータースポーツのレースレポートなども載っています。

その他にも車に関する幅広い情報が詰まっており、Motor Magazineは毎日車の事ばかり考えながら過ごしているような人には最高の雑誌と言えそうです。

Motor Magazine(モーターマガジン)のバックナンバー

《 別冊付録 》
『国産車最新諸元データブック 2022』
~日本で買える主要国産車の全モデルを掲載

《 本誌目次 》
【第一特集】
『気になるニューモデル最新動向2021-2022』
~2022年に登場する期待の輸入車を紹介しながら、2021年に我々を魅了したモデルを振り返る。
Part1 2022年注目モデル試乗
~日本導入が期待される4台をレポート
・ポルシェ タイカンスポーツツーリスモGTS
・メルセデスベンツ C クラスオールテレイン
・マセラティ グレカーレ プロトタイプ
・ルノー アルカナ
Part2 2022 New Model
~2022年注目のニューモデル徹底チェック
Part3 クロストーク
・本誌筆者3人+編集長が2021年を振り返る
Part4 SUV/クロスオーバー/ミニバン編
~人気ジャンルは多種多様
Part5 スポーツカー/スーパーカー編
~超高性能モデルも電動化が進む
Part6 ラグジュアリー編
~アッパーミドルからハイエンドまで豪華絢爛
Part7 ABCセグメント編
~マルチに使えて扱いやすいサイズ感
Part8 Dセグメント編
~定番ジャンルの信頼感。高品質なモデルが揃う
Part9 BEV編
~時代の要請で車種拡大が進む
Part10 本誌筆者が語るイヤーカー
~2021年印象に残った輸入車、2022年に期待する輸入車

【第二特集】
『新型メルセデスベンツCクラスと永遠のライバルたち』
~注目のDセグメントの魅力を探る
Part1 新型C クラス、ガソリン or ディーゼル どっちを選ぶ?
Part2 魅力的なプレミアムDセグメントのいま

【特別企画】
◎ ESPERIENZA GIRO JAPAN 2021
~ランボルギーニで九州を巡るドライブツアー
◎ スバル フォレスター 神戸&六甲の絶景自動車紀行
〜1200km ロングドライブでわかったこと

【Motor, Magazine and Man】
「800号に向けて」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「未解決なままのモーターショー問題の背景」
〇 菊地智哉の “クルマ道楽に贈る 極楽ゴルフ情報”
「中島啓太、覚えておいて損はない」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「真壁伝承館」

【連載】
〇 海外通信
・GCOTYにHYUNDAI IONIQ5
〇 スペシャルレポート
・新型アウディRS 3に富士スピードウェイで試乗
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・レクサス NX 450h+ “バージョンL ”
◯ 話題のクルマを味わう
・ダイハツ ロッキー プレミアムG HEV
・トヨタ GR86
◯ M for More
・ボルボ C40 オンライン販売の戦略
・ホンダ 安全ビジョン・テクノロジー取材会
・ホンダの船外機累計生産200万台達成
・2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー
・マツダ CO-PILOT Concept 公道試乗
・KTCの2022SKセール
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「NSXよ、また会える日まで」
〇 日本ブランドの行方
・ホンダ シビック
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「族車なの? いえいえ、ロマンチックなシルエットです」(ホントか?)
〇 2022 INSIDE MOTORSPORT
「劇的な結末を演出したセーフティカー」
〇 the ジドーシャ論
「電気自動車劇場第二幕、開演? その皮切りに思う」
◯ TIRE CLIMAX
・ブリヂストン ブリザック VRX3
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・ボルボ XC60 B5 AWD インスクリプション
・DS 3 クロスバック Eテンス
〇 10年10万kmストーリー
・篠崎雅一さんとホンダ シビック Si (1985年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記 釣り紀行篇
「ロッドを積んで回国巡礼 其の二」
◯ 次号予告
【The Top News】
・DS 9 海外試乗
・シトロエン ë-C4 Shine 海外試乗
・ポルシェ 911GT3 ツーリングパッケージ 海外試乗
・フォルクスワーゲン ポロ 海外試乗

【特集】
『そうだ、BEVで行こう』
~最新インポート電気自動車のいま
Prologue 脱内燃機関へ加速する世界の自動車メーカー
Part1 BEVの約1200kmグランドツーリングでわかったこと
・Audi RS e-tron GT,e-tron GT quattro
Part2 アウディの最新BEVのパフォーマンスを知る
・Audi RS e-tron GT,e-tron GT quattro
Part3 最新BEV海外試乗記
・Volvo C40 Recharge
Part4 欧州の最新BEV事情
・DISCOVER THE IAA MOBILITY 2021
Part5 日本で買えるインポートBEVたち
Mercedes-Benz EQA,EQC/BMW iX,iX3,i3/Audi RS e-tron GT,e-tron GT quattro,e-tron,
e-tron Sportback/Peugeot e-208,e-2008/Porsche Taycan,Taycan CrossTurismo/
Jaguar I-pace/DS DS3 CROSSBACK E-TENSE/Tesla Model X,Model S,Model 3
Part6 電気自動車のメカニズムと基礎知識
Epologue 電動化のいまと未来

【特別企画】
◎ Motor Magazine執筆陣が選ぶ「モーストファンカー 2021」
~ノミネート総数84 台+αから選んだドライビングが楽しいクルマたち
◎ サーキット走行で進化を体感
・スバル 新型WRX S4 
◎ もうひとつのHONDAパワー
~完成機メーカーにもエンジン供給の理由
◎ Longterm Report Special
・スバル レヴォーグ GT-H EX

【Motor, Magazine and Man】
「充電施設の課題」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「半導体不足がもたらした自動車市場の混乱」
〇 菊地智哉の クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「幻の東京GC〝朝霞コース〟」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「HOTEL WINDSOR」

【連載】
〇 スペシャルレポート
・スバル ソルテラ 世界初公開
・ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・ポルシェ 911カレラGTS
〇 海外通信
・フェラーリ デイトナSP3 世界初公開
◯ 話題のクルマを味わう
・トヨタ C+pod G
◯ M for More
・ランドローバー ディフェンダー オフロード試乗
・マツダ CO-PILOT コンセプト 試乗
・三菱 アウトランダーPHEV ラリーチャレンジ展
・ランボルギーニデイジャパン2021
・アストンマーティン ヴァルハラ メディアショーケース
・ボルボ C40 リチャージ 日本発表
◯ カーグッズレビュー
・ファブリーズ イージークリップ 抗菌エキスパート
〇 日本ブランドの行方
・トヨタ ランドクルーザー
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「最新の技術と研究に見る次世代車のあり方」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「マルカク派に先カク派、ライトに灯をつけて!」」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「緊迫するF1チャンピオン争い」
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「セントラルラリーで有終の美を飾る」
〇 the ジドーシャ論
「建前はクールにEQ、だけど本音はホットにAMG」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4
・ジープ コンパス リミテッド
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・林 敬平さんとマツダ ルーチェ 4ドアハードトップ リミテッド ロータリーターボ
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記 釣り紀行篇
「ロッドを積んで回国巡礼 其の一」
◯ 次号予告
【The Top News】
・プジョー 308 & 308 SW 海外試乗
・プジョー 508 PSE 海外試乗
・メルセデスベンツ Sクラス ドライブパイロット テスト車 海外試乗
・BMW i4 M50 海外試乗

【第一特集】
『アウディの “新しき3と5” 、そしてライバル』
Part1 S3 セダンとS3 スポーツバック、それぞれの好敵手たち
・AUDI S3 SEDAN MERCEDES-BENZ A250e SEDAN / AUDI S3 SPORTBACK BMW M135i xDrive
Part2 RS 3 セダン/スポーツバック海外試乗
・AUDI RS 3 SPORTBACK & RS 3 SEDAN
Part3 RS Q3 スポーツバックとユニークな対抗馬
・AUDI RS Q3 SPORTBACK MINI JOHN COOPER WORKS CROSSOVER
Part4 Q5 スポーツバックとA5 スポーツバックの相関比較
・Q5 SPORTBACK & A5 SPORTBACK
Part5 A3 スポーツバックとA3 セダンの最新対決
・AUDI A3 SEDAN / AUDI A3 SPORTSBACK ✕ HONDA CIVIC EX / VOLKSWAGEN GOLF e TSI STYLE
Part6 歴史とともに知るクワトロの進化
~quattro MOMENT EXPERIENCE~
・AUDI Sport quattro S1 & RS e-tron GT,etc

【第二特集】
『今、注目しておきたい最新の国産6モデル』
Part 1 「FRスポーツを6速 MTで楽しむ」
・スバル BRZ
Part 2 「二代目の集大成と呼ぶべき名車の登場に感涙」
・ホンダ NSX
Part 3 「実は予想以上だった欧州車的な走りの味付け」
・ホンダ ヴェゼル
Part 4 「悪路走破性能の高さを確認」
・トヨタ ランドクルーザー
Part 5 「静粛性と乗り心地を磨き上げた和製プレミアム」
・レクサス ES
Part 6 「SUVでも意のままに走れる! PHEVの大本命」
・三菱 アウトランダー PHEV プロトタイプ

【特別企画】
◎ 日産 ノート オーラ e-POWERの魅力検証
◎ ランボルギーニ ウラカン STO で富士を走る
◎ カウンタックの誕生と50年の軌跡
~LP500からLPI800-4まで~

【Motor, Magazine and Man】
「移動は自由だが」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「BEVでのグランドツーリングに怯んだ私」
〇 菊地智哉の クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「直進性を極めた破天荒なアイアン」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・メルセデスベンツ Cクラス
〇 日本ブランドの行方
・ホンダ NSX
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「ラリーハイランドマスターズで大苦戦」
◯ 話題のクルマを味わう
・スズキ ワゴンR スマイル
・日産 ノート オーテック クロスオーバー
・キャデラック エスカレード スポーツ
◯ M for More
・ゴルフ8 カスタマイズスタイル with O・Z×コードテックCAM
・ボルボ CS-VESCファイナル
・今年もマドンナたちのカートレースが開催された
・フェラーリ 296GTB 日本初公開
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「最新モデルからステランティスを読み解く」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「イメージはウエスタンか、お好みはナチュラル派」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「2強で最終戦まで王者争いか」
〇 the ジドーシャ論
「ランボルギーニだけじゃない? 全世界が空力に萌えている」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・太田 潤さんとTVR タスカン スピード6
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記 釣り紀行篇 其の五
「十勝平野の慎ましき湧水河川にて、艶やかなブラウントラウトと戯れる」
◯ 次号予告
《 本誌コンテンツ 》

【The Top News】
・フォルクスワーゲン ID.5 プロトタイプ 海外試乗
・ポルシェ 911 カレラ GTS 海外試乗

【第一特集】
『純ガソリンエンジン車に愛を込めて』
~今こそ乗っておきたい
◯ 10 CYLINDER V10 ENGINE
「V10自然吸気DOHCの咆哮を聞け」
・ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー
・アウディ R8 クーペ V10 パフォーマンス 5.2 FSI クワトロ Sトロニック
◯ 12 CYLINDER V12 & W12 ENGINE
「究極のレシプロエンジンにはドラマがある」
・フェラーリ 812 GTS
・ランボルギーニ アヴェンタドール LP780-4 ウルティメ
・アストンマーティン DBS ヴォランテ
・ベントレー コンチネンタルGT マリナー
◯ 6 CYLINDER STRAIGHT 6 ENGINE
「気持ちが良いエンジンと言えば直列6 気筒だ」
・BMW M440i xDrive カブリオレ
◯ 6 CYLINDER FLAT 6 ENGINE
「911とフラットシックスは不可分の存在」
・ポルシェ 911 カレラ系/ 911 ターボ系/ 911GT3 系/ 718 4.0 GTS 系
◯ 5 CYLINDER STRAIGHT 5 ENGINE
「アウディの魂は今なお進化を続ける」
・アウディ TT RS クーペ
・アウディ RS 3 セダン&スポーツバック
・アウディ RS Q3&スポーツバック
◯ 8 CYLINDER AMERICAN V8 ENGINE
「新世代のOHVが織りなす走りは欧州スポーツとは一線を画す」
・シボレー コルベット コンバーチブル
◯ 8 CYLINDER BRITISH V8 ENGINE
「さながら“最後の晩餐”? 完熟のV8を味わう」
・ジャガー Fタイプ Rクーペ
◯ 6 CYLINDER ITALIAN V6 ENGINE
「このV6には紅い血が流れている」
・アルファロメオ ジュリア 2.9 V6 ビターボ クアドリフォリオ
◯ 4 CYLINDER STRAIGHT 4 ENGINE
「直4搭載車ならではの人馬一体感」
・メルセデスAMG A 45 S 4マティック+
・ルノー メガーヌ R.S.トロフィー
◯ EPILOGUE
「ハイパフォーマンスエンジンへの希望と期待」

【第二特集】
これ、どんなクルマ?
『ちょっと注目しておきたい最新SUV 7モデル』
Part 1 「大幅な進化が感じられるポルシェの電動化」
・ポルシェ カイエン Eハイブリッド クーペ
Part 2 「12気筒エンジンならではの動的質感」
・ベントレー ベンテイガ スピード
Part 3 「スタイルと実用性の融合は、まさに才色兼備」
・アウディ Q5 スポーツバック ファーストエディション
Part 4 「シャープなスタイリングと大人っぽさ」
・アウディ Q2 35 TFSI アドバンスド
Part 5 「もうハンドルから手を離す必要はない」
・ボルボ XC60 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション
Part 6 「ナチュラルなハンドリングが魅力」
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.0 ターボ Q4 ヴェローチェ
Part 7 「200kgの軽量化で軽快に走れる」
・トヨタ ランドクルーザー ZX

【特別企画】
◎ 旗艦としての真価 新型レガシィ アウトバック
「世界で認められた “上質と安全” を手に入れた」
◎ IAAモビリティ2021 レポート
「新たな時代へと向かうモビリティショーへ」
◎ TIRE CLIMAX SPECIAL
「最新スタッドレスタイヤコレクション2021-2022」
・ヨコハマ iceGUARD 7
・ブリヂストン BLIZZAK VRX3
・トーヨータイヤ OBSERVE GIZ2 ほか

【Motor, Magazine and Man】
「五輪と四輪の差」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「IAA ミュンヘン国際自動車ショーレビュー」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「クロスハンド派、大増殖中」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「箱根・翠松園」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・ホンダ シビック EX
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「ラリージャパン開催中止を受けて」
〇 日本ブランドの行方
・レクサス IS
◯ M for More
・コボテクト サンブロックフィルム
・トタルエナジーズ、ル マンへの挑戦
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「今こそ知っておきたい福祉車両」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「ヒッパレ~♪ ヒッパレ~ 前から引っ張れ~」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「F1で2強を脅かす伏兵現る」
〇 the ジドーシャ論
「日産スポーツ名車たちの〝神通力〟を見た」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・高木貴史さんと日産スカイライン ハードトップ 2000 ターボインタークーラー RS-X
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の四

《 別冊付録コンテンツ 》

『輸入車 最新諸元 データブック 2021』
~今、日本で買える主要インポートブランド全モデルのデータを掲載
【The Top News】
・メルセデスEQ EQS 海外試乗
・メルセデスマイバッハ Sクラス 海外試乗

【第一特集】
『新型308と新世代プジョーの革新』
~戦略的に魅力的なニューモデルを投入し、革新を続けるプジョーの今と未来を追う
Part1 :新型308にいち早く試乗
「質感の高さが大きくレベルアップ」
・308 GT ハイブリッド
Part2 :最新プラグインハイブリッドの実力検証
「環境性能とドライビングプレジャーを両立」
・3008 GT ハイブリッド4 × 508 GT ハイブリッド
Part3 :パワー・オブ・チョイスの魅力と誘惑
「ICEの “あくまで自然体” か。意外なほど闊達なBEVか」
・208 GT × e-208 GT
Part4 :人生をもっと楽しむ+αがそこにある
「実り多き時間をもたらす “パワー” を選ぶ楽しさ」
・5008 GT BlueHDi × RIFTER GT
Part5 :新CI店 プジョー福山 レポート
「新しいブランドアイデンティティを日本で初めて採用したショールーム」
Part6 :本誌筆者2人+編集長とのクロストーク
「プジョー好調の秘訣」
・竹岡圭×大谷達也×千葉知充

【第二特集】
後輪駆動モデルとクロスツーリスモ
『ポルシェ タイカンの第二章、始まる』
・タイカン
・タイカン 4 クロスツーリスモ

【特別企画】
◎ フォルクスワーゲンのワゴン最前線
「5番目のトビラをもつクルマの深層」
・ゴルフ ヴァリアントeTSI アクティブ
・アルテオン シューティングブレーク R ライン アドバンス
◎ トップ オブ フェラーリを日本で試す
「最高出力1000psを発生するロードカーの頂点」
・フェラーリSF90 ストラダーレ アセットフィオラノ
◎ 新型フォレスターで都会から自然を求めて
「里山で過ごす至福のとき」
・スバル フォレスターX-ブレイク
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ篇 Vol.3
「ほぼ無音の静粛性と滑らかな回転が、本当に心地良くて疲れない」
◎ もうひとつのHONDAパワー
「実用でスタートしたマリンの人気が急上昇」

【Motor, Magazine and Man】
「膨らむ期待」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ミュンヘンモーターショー(IAA)直前情報」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「王様ウェッジの秘密」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「Maison KEI」

【連載】
◯ スーパーカーファイル
・ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ EVO
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「足まわりのセッティングは難しい…」
〇 海外通信
「復活したランボルギーニ クゥンタッチ」
〇 スペシャルレポート
「ホンダ シビック プロトタイプ試乗」
◯ 話題のクルマを味わう
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4 ヴェローチェ
◯ M for More
・ケンウッド DRV-EM4700〝ミラレコ〟
・データシステム ビデオ入力キット
・ランボルギーニ最後のV12自然吸気エンジン搭載モデル
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「日欧のCセグメントカーの現在地とクルマの未来」
・フォルクスワーゲン ゴルフ
・マツダ 3
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「私はBまで、Cはなし。出よ、恋のピンチヒッター!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「2021年F1日本GP 開催中止が決定」
〇 the ジドーシャ論
「第二世代NSX、生産終了。時代の流れを先取りしすぎた?」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・黒川晃彦さんとメルセデスベンツ 320TE(1992年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の三
《 本誌 目次 》

【第一特集】
『最新インポートSUVのブランド別動向』
Part1 :アウディ SQ5
「シリーズ最高峰モデルは速さと快適性をバランスしているか」
Part2 :メルセデスEQ EQA/メルセデス AMG GLA 35 4 マティック
「今選ぶべきは電動の充足感か? エンジンの恍惚感か?」
Part3 :ポルシェ カイエン クーペ ターボ GT / マカン GTS & S
「熟成進む人気モデルたち。最強仕様に異変あり」
Part4 :ランボルギーニ ウルス グラファイトカプセル
「さらにパーソナルに、カスタマイゼーションが加速」
Part5 :BMW X6 / X7 / iX
「電動化モデルから見えた、エンジンメーカーの新たな覚悟」
Part6 :ランドローバー ディフェンダー 90 / 110 ディーゼル
「ディフェンダー90と110ディーゼル試乗と電動化へのロードマップ」
Part7 :ジャガー Fペイス R-ダイナミック SE D200
「100% BEVのラグジュアリーブランド化計画の行方」
Part8 :プジョー 3008 GT ハイブリッド 4 / 5008 GT Blue HDi / e-2008GT
「充実していくSUVラインナップ。電動化もスムーズに進む」
Part9 :シトロエン C5 エアクロスSUV プラグインハイブリッド / C5 X
「持ち前の乗り味と電動化の相乗効果でさらに進化」
Part10 :DS 7 クロスバック E テンス 4 ×4 / DS 4 クロス
「フレンチプレミアムの旗手も電動化を推進中」
Part11 :ルノー カングー リミテッド ディーゼル MT / キャプチャー
「トラディショナルから革新への移行」
Part12 :マセラティ レヴァンテ ハイブリッド
「すべてはパワフルにするため」
Part13 :ジープ コンパス リミテッド
「着実な進化で強固な老舗ブランドの展望」
Part14 :フォルクスワーゲン/ボルボ/キャデラック/アルファロメオ
そのほかのインポートSUVの動向

【第二特集】
SUV第II章 プレミアム御三家のSUVに食傷気味のアナタに贈る
『ボルボ XC90とXC60という賢い選択』
・XC90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション
・VOLVO Safety Story “安全は一日にしてならず”
・XC60 B5 AWD インスクリプション

【特別企画】
◎ SUBARU BRZ サーキット試乗で進化を体感
「安心して愉しめる新時代のFRスポーツ」
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ編 Vol.2
「朝まで充電しておくと40kmほど電気だけで走れますから」
・ボルボ XC40 リチャージ プラグインハイブリッド T5 インスクリプション

【The Top News】
・オペル アストラ プロトタイプ 海外試乗

【Motor, Magazine and Man】
「復調の兆し」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ブガッティの新しいパートナー、リマック」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「高い球で全英を制したモリカワ」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・シボレー コルベット クーペ 2LT
・フォルクスワーゲン アルテオンシューティングブレーク
・ホンダ フィット モデューロX
◯ The Wheel Climax
・BBS RE-V7 × SARD GR86 GT1
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「モントレー2021は波乱の連続も無事完走」
◯ 話題のクルマを味わう
・GR 86 プロトタイプ
◯ M for More
・三菱WRC4連覇の舞台裏を開発者に聞く
・EXGEL OK CHAMP 第3戦&第4戦に現役GTドライバーが参戦
・オートエクゼ マツダ3 チューニングキットBP-06S
・TOTAL QUARTZ INEO HTC 5W-30 酷暑と化した日本の夏でも安心
〇 ニッポンブランドの行方
「ホンダ ヴェゼル」
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「MTで楽しめるスポーツハッチ 再考」
・ルノー メガーヌR.S. トロフィー MT
・スズキ スイフトスポーツ
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「フロントグリルに由来あり これぞ血筋を語る最強デザイン!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「政府のコロナ対応の差が明暗分ける」
〇 the ジドーシャ論
「電動化でも輝きは増すばかり。最新ハイパースポーツ事情」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・小山 亮さんとフォルクスワーゲン シロッコ 1.4 TSI(2009年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「釣り紀行篇 其の二 大北海道大陸へ!深山の小渓流にてエゾイワナと戯れる」

《 別冊付録 目次 》

『最新2カメラ ドライブレコーダー BOOK』
~6メーカー注目のドラレコの実力をレポート
・カロッツェリアVREC-DH300D
・ユピテルSN-TW9900d
・ケンウッドDRV-MR760
・オウルテックOWL-DR803FG-3C
・コムテックZDR035
・セルスターCS-32FH

バイク・自動車・乗り物 雑誌の売上ランキング

1 鉄おも

ネコ・パブリッシング

最大
10%
OFF
送料
無料

鉄おも

2021年12月28日発売

目次: ★特別付録:でんしゃカルタ

◎特集:2022年の鉄道はズバリ!こうなる‼
2022年ア西九州新幹線や相鉄・東急直通線などの新規路線の開業や、新しい観光列車の登場が
予定されています。そんな新しい年の鉄道情報を先取りしましょう。

1月    JR北海道 SL冬の湿原号「たんちょうカー」がデビュー!
3月5日   JR東海  315系が中央線でデビュー!
3月    相模線の新旧交代が完了!
3月    JR東海  211系0番代が引退
3月    JR北海道 キハ283系が「おおぞら」の運用を終了
3月    JR北海道 釧路エリアのキハ40形が引退
3月    JR東日本 「とれいゆつばさ」の運行を終了
4月29日  近畿日本鉄道 観光特急「あおによし」がデビュー
4月    長良川鉄道 長良川鉄道に国鉄カラーの新型車両が登場!
春ごろ   JR東日本 宇都宮線・日光線 E131系600番代がデビュー!
春ごろ   伊豆急行 伊豆急行が3000系を導入します
春ごろ   JR四国 「伊予灘ものがたり」をリニューアル
春ごろ   JR九州 「ふたつ星4047」が登場
春ごろ   「はやとの風」が運行を終了
7月     JR西日本 岡山エリアで「SAKU美SAKU楽」を運転
秋ごろ   JR東日本 只見線 会津川口~只見間が復活
秋ごろ    JR九州 西九州新幹線が開業
下期    相模鉄道・東急電鉄 相鉄・東急直通線が開業
2022年度  東京都交通局 都営地下鉄三田線6500形がデビュー
2022年度  京都市営地下鉄 烏丸線 20系の営業運転を開始
2022年度  福岡市地下鉄 七隈線博多~天神南間が開業

【その他コンテンツ】
■3月5日にデビュー!JR東海315系
■銀色のレッドサンダー JR貨物EF510形300番代
■JR東日本相模線E131系が営業デビュー
■東京駅から乗り換えないでどこまで行ける?
■マンガでんしゃ遠足隊
■JR北海道のラッセル車キヤ291形
■東武「デラックスロマンスカーカラー」スペーシアが運行開始
■「キキ&ララモノレール」トゥインクルツアー編成が登場!
■JR九州「呪術廻戦」ラッピングトレイン運転中!
■遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道がエヴァンゲリオンとコラボ
■阪神電車チャギントンラッピング・和歌山電鐵たま電車ミュージアム号
■くま川鉄道が一部復活

ほか










参考価格: 730円

鉄道&おもちゃの情報誌『鉄おも』。電車好きのお子さん、そしてパパ、ママに大人気な雑誌です。

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

送料
無料

オールドタイマー(Old-timer)

2021年12月24日発売

目次: オールド・タイマー2022年2月号 No.182

特別付録2022カレンダー
THE FACTORY MACHINES
爆音と静謐のシンフォニー

我ら、箱車党
固定観念を吹き飛ばす金の“ゴーヨン”/書無しから蘇るケンメリ・スカイライン/
小さなセダン・B10サニーに首ったけ/発見 「岡5」の初代セドリック/
箱車の饗宴ストックカーレース/ワゴンとセダン、2台の411型ブルーバード

・アッシュのエンジンオイル
・沼尻 新のミニカー夜話
・予告「旧車の公認車検&書無し車復活マニュアル」
・大盛況 昭和レトロカー万博2021
・自動消火システム「BLAZE CUT」新登場
・忘れがたき名車100傑
・日本レース史の謎を解く 宇田川 武良さん
・金子健一自伝「チェッカーはセピア色」7
・マン島TTのトランスポーター5
・私的’80年代車探求「特別仕様車の魔窟」

ステイ・ガレージ2022
BAN-ZIでアンダーコート施工/新・板金実験室/思い出のダックス再生記7/
ドア内張をミシンで縫う3

・理想のS30Zを作る
・メトロポリタン再生
・秋のイベント4題
・ナカライの定番メッキお手入れ用品
・感動工具インプレッション097 ヒーロー電機・端子のハナシ9
・SUPER PRESENT BOX

TEA TIME SQUARE
TALKS/NEWS/旧車B級雑学講座/旧車野郎の玉手箱

・旧車を楽しむキャブレター生活
・口語訳・保安基準&審査事務規程
・CLUB PRESENTATION
・「OT-club」のごあんない
・ハンダごて王子の電気初心者レッスン
・ ’56年式VWタイプ2 日本デビューへの道
・FIAT500 愉快な泥沼
・ 旧車メンテの勘所1
・修理は推理だ フェラーリ250GTE /北海道の松井さん通信

参考価格: 990円

「古い車」と徹底的に付き合う雑誌、それがOld-timerです。

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/02/26
    発売号

  • 2020/12/24
    発売号

最大
11%
OFF
送料
無料

driver(ドライバー)

2022年01月20日発売

目次: ドライバー2022年3月号

●【特別付録】熱田 護 Honda F1カレンダー「THE LAST BATTLE」
●東京オートサロン2022出展車レポ「ヴェゼルe:HEVモデューロX コンセプト/三菱ラリーアート・軽EV」ほか
●三菱ラリーアート復活記念「快走回顧録」
●日産ノート オーラ「打ち立てたプレミアムの新基準」

●vsライバル検証「どっちを買うべき? “選択の理由”」
【国産車編】
・新型ノア/ヴォクシーにビックリ仰天!
・脱オラオラ宣言! 新型ステップワゴン
・どっちが欲しい? ノア/ヴォクシー vs ステップワゴン
・ライズとノートとヤリス クロス「コンパクトHV徹底比較」
・どう進化した? 新型アルト vs ミライース
・新型レクサスLXはランドクルーザーと何が違う?
・マイナーチェンジでタフ系に? CX-5試乗 vs フォレスター
【輸入車編】
・VWゴルフGTI×TDI
・シトロエンC4 vs ルノーキャプチャー
・VWティグアンR vs メルセデスAMG GLA
・アウディRS eトロン GT vs ポルシェ タイカン ターボ
・アウディQ5スポーツバック vs BMW X4

●熟成極まる年次改良。スバルXV解説

●データシステムの後付けペダル踏み間違い抑制機能「アクセル見守り隊」を試す

参考価格: 650円 定期購読(1年プラン)なら1冊:578円

ニューモデル情報の正確性・速報性を確立した雑誌です

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

BikeJIN(バイクジン)

2021年12月27日発売

目次: ■巻頭特集 今、バイクでほしいモノ100
皆さん、2021年はどうお過ごしになりましたでしょうか
思う存分、とまではいかなかったかもしれませんが、
なにはともあれ、2022年もバイクを楽しむことは決定事項だと思います!

ということで、バイクを楽しむライダーなら、
欲しい・買いたいモノをドドンと100個掲載しました!
・最新のヘルメット
・旅の必需品であるツーリングバッグ
・ツーリングを快適にするタイヤ
・便利で役立つインカム
・普段もバイク乗りでいたい人のためのアパレル
・いつかは手にれたい革ジャン
・見た目も性能もアップするマフラー
などなど、たくさん。

いつか買うなら2022年に実行に移すべき!
物欲あふれる危険な特集となっております!

・特集内容
[読者アンケート]皆も買ってるから、アナタも欲しいモノ買っちゃいません?
ツーリングウエア編
アイテム編
カスタム&ガレージ編

●[特別付録]2022BikeJINラリー帳
通算6回目、2年ぶりの復活!
コチラが指定する全国のスポットを1年かけて走るという、
本気の旅人のための企画です! 2022年の旅の目的に、
新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか!?

●人気連載企画
バイクから見れば景色も変わる ツーリングガイド
ロックンライダー・マヒトが行く!
気になるバイク、とことん乗ります 深掘りバイク日誌

●その他の企画
アナタのバイクライフに役立つ!? BikeJINコラム
BikeJINコラボアイテム続々登場!
ライダースカフェ探訪「あのオーナーに会いたい」
バイクと社会、そしてその未来について「Thinking Time」

参考価格: 990円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:792円

ツーリングを楽しんでいる旅するライダーのための大人のバイクライフ誌

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

CLUB HARLEY(クラブハーレー)

2022年01月14日発売

目次: 理想のガレージを手に入れるアイデア満載!!

■巻頭特集:「ハーレー乗りの秘密基地、ガレージ探訪!!」
理想的なバイクライフを送るうえで重要なのが、愛車の保管場所だ。
しかし、車体が大きく駐車するのに広いスペースが必要なハーレーのオーナーにとって、満足いく環境はなかなか手に入れられないのが現実だ。
だからこそ、いつかは理想のガレージを……と夢が膨らむのは、至極当然のことといえる。
もしそれを実現できたなら、愛車を眺めながらゆったりできるソファを置いて、バイク関連のウエアやギアさらには秘蔵のコレクションを飾りつけ、自分の好きなモノだけを詰め込んだ秘密基地のような空間にしたい……などなど、願望は尽きないだろう。
というワケで今回の特集は、オトコのロマンを実現したハーレー乗りのガレージを拝見。数々の実例を見ることで、より具体的な理想像を想い描けるようになるハズ。彼らのアイデアを参考にしながら、究極のガレージを目指そうじゃないか!!

■第2特集「YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW“勝手にアワード”発表!」
昨年末の12月5日に開催された、国内最大規模のカスタムショー「ヨコハマホットロッドカスタムショー」。今回は2年ぶりの開催となり、例年にも増してたくさんのファンが会場に駆け付けた。
そして会場に展示された、実に500台ものカスタムバイクの中から、クラブハーレー的な価値観で「スゴイ!」と思うカスタムを“勝手にアワード”としてピックアップ。最新カスタムの神髄を紹介するぞ!

■その他の注目コンテンツ:
・世界的フォトグラファーが撮影した珠玉の一台を紹介「The Artistic Motorcycles」
・中古ハーレー選びの虎の巻「いまが買いドキ!? ちょい旧ハーレー調査隊」
・ウワサのパーツを徹底検証!!「気になるパーツ実験君」
・ソロキャンプの楽しみ方がわかる!「ひとりでハレキャン」
・今さら聞けないギモンを解消「ハーレー雑学王」
・全国のハーレー乗り大集合!「HARLEY PARK」
・愛車もオーナーも十人十色「1000RIDER 1000HARLEY」
・スポスタオーナー物語「I LOVE SPORTSTER」
・……他

参考価格: 1,100円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:880円

ハーレーはトクベツなバイクではないのです。だから今、気になります。

  • 2021/12/14
    発売号

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/09/14
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/14
    発売号

Nostalgic Hero(ノスタルジック・ヒーロー)

2021年12月27日発売

目次: Nostalgic Hero Vol. 209 2022 FEB.

006 Nostalgic 2days 2022 2月19~20日開催
010 巻頭特集 日産スカイライン三代記 The Three Generations of Nissan Skyline ハコスカ、ケンメリ、ジャパンと続く黄金時代
014 KPGC10 スカイライン HT 2000 GT-R
018 KPGC10 スカイライン HT 2000 GT-R
022 PGC10 スカイライン HT 000 GT-X
026 KPGC110 スカイライン HT 2000 GT-R
030 GC111 スカイライン HT 2000 GT-X・E
034 GC111 スカイライン 2000 GT-E・L
036 HGC211 スカイライン HT 2000 GT-E・X
040 HGC211 スカイライン 2000 GT-E・S
042 三世代のスカイライン2000GT
046 連載再開 林コレクション
050 JCCA SUKUBA MEETING ENDURANCE 2021
054 プリンスS54 ツーリング 2021
058 イワイガワ ジョニ男の珍旧車探索記15 エンドレス130コレクション
062 ジェントリー オーダースーツの魅惑的な世界
064 トヨタ2000GT最上級復活計画Vol.1
068 エンドレスが挑む
072 松田次生の旧車徒然記 vol.12
074 珍車秘宝館 幻のイタリア製ウエーバー「46IDA3C」の新品!?
076 コーヨーラドがハコスカ用ヒーターアッシーを新発売
078 レトロ自販機の旅19
080 ビンテージウオッチの奥深き世界 第24回
082 輸入車版懐古的勇士 Vol.59
086 スターロード井上正嗣のフロンテクーペでどこまでも!
088 大貴誠のレディーバードの旅 第64回
090 アメリカ発!ニッポン旧車の楽しみ方 第64回
094 ピックアップニュース
096 第42回 2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー
098 クルマ好きのハートをくすぐる、ちょっといいアイテム Vol.24
100 時系列でたどる日本レース史 第4回
103 英雄列伝 第4回
106 ノス・トピックス 第118回
108 編集部自腹散財記「直」の場合 第9回
110 本誌に掲載されない不幸なクルマたち スズキ編
116 塗装職人ヒグ~のつぶやき 第66回
118 レジェンド・レーシング・ドライバーズ・クラブ2021 イヤー・エンド・パーティ
120 リーダーズコラム
121 トークルーム
129 スワップミート
141 大募集
142 バックナンバー
143 定期購読のご案内
144 次号予告・広告さくいん
145 読者アンケート用紙
148 EVENT1 2021サイドウェイ・トロフィー・ウインター
152 EVENT2 第32回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
154 EVENT3 昭和レトロカー万博2021
156 EVENT4 YOTA8 生誕55周年祭@トヨタ東自大
158 ノスタルジック ウイークエンド@バイカーズパラダイス
160 博物館へ行こう! 海外編#7
162 BOOK GUIDE 三樹書房・グランプリ出版
164 モデルカーの世界 第139回
166 草ムラのヒーロー 第196回
168 PRESENT

参考価格: 950円

今も、輝きを失わないノスタルジックカーにスポットライトをあてた名車マガジン。

  • 2016/12/26
    発売号

  • 2011/03/01
    発売号

  • 2010/09/01
    発売号

  • 2009/09/01
    発売号

送料
無料

鉄道ダイヤ情報

2022年01月15日発売

目次: 大阪からの距離にさほどの違いはない神戸と奈良。しかしその地形によって、路線のアプローチ方法はまったく異なるものとなりました。
神戸は、北に六甲山、南に神戸港が迫り、限られた土地のなかでJR・阪神・阪急がひしめき合いながら共走しています。いっぽうの奈良は、大阪との府県境に生駒山地がそびえ立ち、迂回かトンネルで突っ切るか、JRと近鉄とで経路に大きな差が生まれました。
各路線の解説に加えて、JR神戸線~大和路線と阪神~近鉄の乗り比べのほか、京都経由のちょっとひねったルートもレポート。神戸、大阪、奈良。三つの都市間の“輸送のこだわり”を紐解きます。


巻頭特集:神戸-大阪-奈良 都市間輸送のこだわり
●神戸-大阪-奈良 JR/私鉄で乗り通す
●阪神間の3路線と阪奈間の2幹線
 大阪-神戸① JR神戸線
 大阪-神戸② 阪神線
 大阪-神戸③ 阪急神戸線
 大阪-奈良① JR大和路線
 大阪-奈良② 近鉄奈良線
●阪奈間に立ちはだかる生駒山地を越えた鉄道たち
●三都市間のお立ち寄りポイント
●のぞみ&京奈特急 京都経由で乗り尽くす


JR東日本 ダイヤグラム[2021(令和3)年3月13日改正]
中央本線(東京~塩尻)、篠ノ井線、
信越本線(篠ノ井~長野)/しなの鉄道


DATA FILES
■貨物列車時刻表
中央本線[(東京~)国立~立川~塩尻]

●冬の臨時列車追加情報
●定期列車編成変更情報
●集約臨時列車運転予定表
●DJ時刻表
●団体臨時列車運転予定表
●検測車運転予定表
●甲種鉄道車両輸送計画表


GRAPHICS
●スナックカー 最後の日 ともに「ありがとう」の時間を
●鉄道瞬景 vol.78/のりかえ駅
●DJフォトコンテスト 第409回/出口・入口
●旅空ノオト #22/心満ちる


NEWS
●JRグループ 2022年3月12日 ダイヤ改正概要
●新車トピックス
●SL情報ファイル
●国内ニュース


REGULAR
●鉄道HERO完全密着 京王電鉄 車両電気部 技術掛(後篇)
●遖!はらから鉄道塾 驚きと感動の東武鉄道鬼怒川線撮影!
●シリーズ車両基地 Vol.88/東京地下鉄 綾瀬工場
●台湾鉄道TOPICS
●鉄夫のトリセツ 付き合い始めた先輩が、鉄道オタクと発覚!
OTHERS
●らくがきダイヤグラム
●新製品・新刊情報
●DJ情報局
●読者プレゼント

参考価格: 990円

行動派レールファン必携の情報源

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/16
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

8 Daytona(デイトナ)

ネコ・パブリッシング

最大
5%
OFF
送料
無料

Daytona(デイトナ)

2021年12月06日発売

目次: ☆特別付録:世田谷ベースオフィシャルカレンダー2022

◎今月の世田谷ベース
・乗りやすくて楽しい2スト 中目黒通勤快速仕様完成‼
・世田谷ベースレザージャケット最高傑作が完成致しました‼
・究極のシューティング APSをご存知ですか?
・小型カメラを手に入れてドローンに行き着いた‼


◎特集:❝マニアなお店❞と❝ディープな店主❞

世の中には特定のジャンルにこだわったマニアックなお店が存在する。そこには、店主が人生をかけて
選りすぐった商品が陳列され、そしてその心意気にシンパシーを受けた人間がやってくる。つまり、専門
店はモノを買う場所であると同時に、物語や繋がりを得る場所でもあるのだ。今回の特集ではそんな専門
店ならではのこだわりに迫ってみようと思う。ネットショップ全盛のこんな時代だからこそ、実際に存在
するマニアなお店と、そこを切り盛りするディープな店主に着目したいのだ。

・幅広い業界から注目を集める職人技のネオンサイン
・捨てれられる運命の自転車に命を吹き込む場所
・ネジに関するすべてのことに応える店主
・趣味人の”救いの場”を目指す輸入映画専門店
・”濃い”アメリカンリカーを輸入販売する唯一無二の西海岸カルチャーショップ
・旅客機の飛行体験からプロパイロットと同じ訓練まで
・ハマったらド壺となるヴィンテージギアの沼
・昆虫の美味しさを伝えていきたい

【その他コンテンツ】

■独断と偏見で斬る SEMA SHOW 2021 BEST10
■物欲前回‼ お父さんのクリスマス
■HOUSE RENOVATION PROJECT #03
■カバンに忍ばすレトロラジオ

ほか

参考価格: 730円

アメ車好きも、国産車好きも、車好きなら1読を

  • 2021/10/06
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/04/06
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:660円

鉄道旅行の魅力を語る、深める、伝える! 鉄道ファン・旅行ファン必携の“乗り鉄”バイブル

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

Motor Magazine(モーターマガジン)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌