Motor Magazine(モーターマガジン)
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Motor Magazine(モーターマガジン)
  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Motor Magazine(モーターマガジン)
  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 50%OFF

Motor Magazine(モーターマガジン)

【期間限定】新規月額払いで今だけなんと6号連続50%OFF!毎号送料無料でお届けいたします!(2021年11月30日まで)
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 50%OFF

Motor Magazine(モーターマガジン)

【期間限定】新規月額払いで今だけなんと6号連続50%OFF!毎号送料無料でお届けいたします!(2021年11月30日まで)

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Motor Magazine(モーターマガジン)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

当月分を翌月にご請求
50%
OFF
966円〜(税込)/冊
最大
12%
OFF

Motor Magazine(モーターマガジン) 雑誌の内容

  • 出版社:モーターマガジン社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変型判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]980円
1955年創刊。現在もっとも歴史のある自動車雑誌です。
今、世界の自動車産業は激動期にあります。環境問題への対応、より安全なモビリティを追求するための自動運転技術の開発、さらにより高性能で魅力ある移動体としてのクルマのありかただけでなく、メーカーも大きな変化を求められています。それに伴い、商品価値を高めた新型車の発表も相次ぎ、クルマを取り巻く環境から目が離せません。「Motor Magazine」は、1955年に創刊された日本で最も歴史ある自動車総合誌として、常に良質な形で、信頼性の高い情報を発信してきました。これからも読者の皆様のご期待に応えるべく、高品位な誌面作りに努めて参ります。

Motor Magazine(モーターマガジン)の無料サンプル

2020/10 (2020年09月03日発売)
2020/10 (2020年09月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Motor Magazine(モーターマガジン) 2021/10 (発売日2021年09月01日) の目次

【The Top News】
・メルセデスEQ EQS 海外試乗
・メルセデスマイバッハ Sクラス 海外試乗

【第一特集】
『新型308と新世代プジョーの革新』
~戦略的に魅力的なニューモデルを投入し、革新を続けるプジョーの今と未来を追う
Part1 :新型308にいち早く試乗
「質感の高さが大きくレベルアップ」
・308 GT ハイブリッド
Part2 :最新プラグインハイブリッドの実力検証
「環境性能とドライビングプレジャーを両立」
・3008 GT ハイブリッド4 × 508 GT ハイブリッド
Part3 :パワー・オブ・チョイスの魅力と誘惑
「ICEの “あくまで自然体” か。意外なほど闊達なBEVか」
・208 GT × e-208 GT
Part4 :人生をもっと楽しむ+αがそこにある
「実り多き時間をもたらす “パワー” を選ぶ楽しさ」
・5008 GT BlueHDi × RIFTER GT
Part5 :新CI店 プジョー福山 レポート
「新しいブランドアイデンティティを日本で初めて採用したショールーム」
Part6 :本誌筆者2人+編集長とのクロストーク
「プジョー好調の秘訣」
・竹岡圭×大谷達也×千葉知充

【第二特集】
後輪駆動モデルとクロスツーリスモ
『ポルシェ タイカンの第二章、始まる』
・タイカン
・タイカン 4 クロスツーリスモ

【特別企画】
◎ フォルクスワーゲンのワゴン最前線
「5番目のトビラをもつクルマの深層」
・ゴルフ ヴァリアントeTSI アクティブ
・アルテオン シューティングブレーク R ライン アドバンス
◎ トップ オブ フェラーリを日本で試す
「最高出力1000psを発生するロードカーの頂点」
・フェラーリSF90 ストラダーレ アセットフィオラノ
◎ 新型フォレスターで都会から自然を求めて
「里山で過ごす至福のとき」
・スバル フォレスターX-ブレイク
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ篇 Vol.3
「ほぼ無音の静粛性と滑らかな回転が、本当に心地良くて疲れない」
◎ もうひとつのHONDAパワー
「実用でスタートしたマリンの人気が急上昇」

【Motor, Magazine and Man】
「膨らむ期待」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ミュンヘンモーターショー(IAA)直前情報」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「王様ウェッジの秘密」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「Maison KEI」

【連載】
◯ スーパーカーファイル
・ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ EVO
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「足まわりのセッティングは難しい…」
〇 海外通信
「復活したランボルギーニ クゥンタッチ」
〇 スペシャルレポート
「ホンダ シビック プロトタイプ試乗」
◯ 話題のクルマを味わう
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4 ヴェローチェ
◯ M for More
・ケンウッド DRV-EM4700〝ミラレコ〟
・データシステム ビデオ入力キット
・ランボルギーニ最後のV12自然吸気エンジン搭載モデル
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「日欧のCセグメントカーの現在地とクルマの未来」
・フォルクスワーゲン ゴルフ
・マツダ 3
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「私はBまで、Cはなし。出よ、恋のピンチヒッター!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「2021年F1日本GP 開催中止が決定」
〇 the ジドーシャ論
「第二世代NSX、生産終了。時代の流れを先取りしすぎた?」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・黒川晃彦さんとメルセデスベンツ 320TE(1992年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の三
2021年10月号の第一特集は「新型308と新世代プジョーの革新」。新型プジョー308の詳細情報はもちろん、2008、3008などの人気モデルやパワー・オブ・チョイスなどプジョーの魅力をご紹介する。第二特集の「ポルシェ タイカンの第二章、始まる」では後輪駆動モデルとクロスツーリスモに焦点を当てる。特別企画は「フォルクスワーゲンのヴァリアントとシューティングブレーク」をお届けする。




Motor, Magazine and Man「膨らむ期待」
木村好宏の耳寄りな話「ミュンヘンモーターショー(IAA)直前情報」
菊池智哉のクルマ道楽に贈る極楽ゴルフ情報「王様ウェッジの秘密」
あえてクルマで行きたい場所「静岡県御殿場市 Maison KEI」
The Top News「メルセデスEQ EQS 海外試乗」
The Top News「メルセデスマイバッハ Sクラス 海外試乗」
目次1
目次2
第一特集「新型308と新世代プジョーの革新」
Part1「質感の高さが大きくレベルアップ」
Part2「環境性能とドライビングプレジャーを両立」
Part3「ICEのあくまで自然体か。意外なほど闊達なBEVか」
Part4「実り多き時間をもたらすパワーを選ぶ楽しさ」
Part5「新しいブランドアイデンティティを日本で初めて採用したショールーム」
Part6「プジョー好調の秘訣」
第二特集「ポルシェ タイカンの第二章、始まる」
特別企画「フォルクスワーゲンのワゴン最前線」
特別企画「トップ オブ フェラーリを日本で試す」
特別企画「新型フォレスターで都会から自然を求めて」
特別企画「PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ篇」
スーパーカーファイル「ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ EVO」
特別企画「もうひとつのHONDAパワー」
竹岡圭のラリー挑戦日記 呼び集める、再び集う「足まわりのセッティングは難しい……」
海外通信「復活したランボルギーニ クゥンタッチ」
スペシャルレポート「ホンダ シビック プロトタイプ試乗」
話題のクルマを味わう「アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4 ヴェローチェ」
M for More「ケンウッド DRV-EM4700「ミラレコ」」
M for More「データシステム ビデオ入力キット」
M for More「ランボルギーニ最後のV12自然吸気エンジン搭載モデル」
清水和夫と石井昌道のソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ2「日欧のCセグメントカーの現在地とクルマの未来」
知ってた? 知らない? 金子直樹な理由「私はBまで、Cはなし。出よ、恋のピンチヒッター!」(ホントか?)」
2021 INSIDE MOTORSPORT「2021年F1日本GP開催中止が決定」
渡辺敏史のThe ジドーシャ論「第二世代NSX、生産終了。時代の流れを先取りしすぎた?」
MM Info Station
Long Term Report 「ジープ コンパス リミテッド、DS7 クロスバック Eテンス 4×4、ボルボ V60 B4 モメンタム」
輸入車/日本車価格表
金子浩久によるクルマと人の愛情物語10年10万kmストーリー「なにか、自分の一部になったというか、愛着も生まれてきました」
クルマでゆるゆる日本回遊記「其の三 虹を翔る覇者!大北海道大陸の気高き怪物と対峙し、魂震える」
次号予告

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/09(2019-08-01発売) の特集を少しご紹介

最新BMW320dセダンと注目のプレミアムディーゼル車たち
気持ちいいのか、快適なのか。“ 見て、乗って、感じる”
P.32~P.71
2015年に発覚したいわゆる“ディーゼルゲート事件”は、いまだ記憶に新しい衝撃的な出来事だった。その内容が許されざるものであったことはもとより、後のディーゼルエンジン搭載モデル、いや、内燃機関を搭載するすべてのクルマの存亡にまで少なからず影響を及ぼす結果になったという点でも、自動車製造者による史上稀にみる残念なニュースだったことは、否定のしようがない。 あれから間もなく丸4年。そんな今になっても、これまで“本場”と紹介されてきた欧州市場ではこの先の残存価値に対する不安などから、ことさら個人ユーザーにおいてディーゼル車に距離を置いている人が少なくないという。 実際、とある民間調査会社の報告によれば「欧州23カ国で2016年まで 減少を続けてきた乗用車による平均CO2排出量は、2017年に上昇へと転じ、そこにはディーゼル車がガソリン車へと代替えされたこととの相関関係も認められる」と、皮肉にも“ディーゼルゲート”をきっかけとした環境への悪影響すらが懸念される、という状況だという。
今、積極的に選びたい先進のパワートレーン
V60 T6 ツインエンジンとボルボのPHEVのメリット
P.72~P.81
 CO2の排出を低減させることを目的に、世界各国の自動車メーカーが電動化を本格化させているが、その手法は様々だ。 電動化と聞いて最初にイメージするのは、搭載したバッテリーに蓄えた電力のみで走る電気自動車=バッテリーEV(BEV)だろう。確かに走行時のCO2排出量はゼロなので環境に優しいが、十分な航続距離を確保するためには大容量のバッテリーを積む必要があり、コストや充電施設のインフラなど、今後解決しなくてはならない課題も多い。 現時点では、エンジンとモーターを組み合わせて、双方の効率の良い所を引き出すハイブリッド車(HEV)が電動化の主役だ。とくに日本はHEV先進国だが、近年の欧州車は、外部充電ができるプラグインハイブリッド(PHEV)と、ベルト駆動のスタータージェネレーターを用いたマイルドハイブリッドに二分しつつある。
アウディQ 8 × 日本の絶景
P.82~P.85
 アウディQ8についてリポートするなら、そのデザインから話を始めないわけにはいかない。 私は2018年6月に南米チリで行われたQ8の国際試乗会に参加、そこでデザインチームのリーダーであるフランク・ランヴァーティ氏からじっくりと話をきいた。 Q8はアウディにとって初のSUVクーペだ。このジャンルのパイオニアはBMW X6で、メルセデスはGLEクーペで追随。どちらもベースとなったX5とGLEのルーフ後半部分をファストバック風に仕立て直して、クーペルックとした点に特徴がある。 ランヴァーティ氏らも当初はこの手法を踏襲するつもりだったようだが、それでは“3匹目のドジョウ”になりかねない。また、ルーフ後半をなだらかに下げるファストバックにすれば後席のヘッドルームが犠牲になる恐れもあった。そこでまったく新しいSUVクーペの姿を考え始めたという。

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/08(2019-07-01発売) の特集を少しご紹介

注目したい新型マカンと最新ポルシェ
P.28~P.67
「新型マカンが魔法の足まわりを得た!」 もともと快適性とハンドリングを高次元で両立させたことで定評のあるポルシェマカンだが、今回のマイナーチェンジでその魅力がさらに進化。まるで路面の凹凸をすべて削り取ってしまったかのような滑らかな乗り心地を堪能できたのには舌を巻いた。 それでいながらポルシェならではのダイナミックな走りも健在。シャシ関連の変更点はごく一部に過ぎないとの事前情報からは想像もできないほど、長足の進歩を遂げていたのである。 今回の比較テストはいっぷう変わった企画だ。登場するのは2台のマカン。ただし、1台はマイナーチェンジを受けた後のマカンS、もう1台はそれ以前のベーシックグレードであるマカンである。グレードが異なっているのは試乗車の手配の都合で他意はない。それでも2台を揃えたのは、新しいマカンの進化に関する手がかりをなんとかして得たかったからだ。
最新シリーズの進化と実際を試す
デビュー20 周年を迎えたアウディTT
P.68~P.79
アウディTTは、時代の流れとともに大きくそのキャラクターを変貌させてきた。1998年に本国でデビューした初代TTは、その3年前に発表されたコンセプトカーと見紛うようなピュアなデザインをまとって誕生。シンプルな円と直線を組み合わせたバウハウス的スタイリングが好評を博し、またたく間に人気モデルへと成長した。2006年に発売された第2世代TTは、デザイン言語をがらりと変化させたが、アウディらしい外連味(けれんみ)のないスタイリングは健在で、こちらもヒット作となる。また、軽量ボディ構造のASFが採用されたり、フラッグシップのTT RSが追加されたのも、この2代目からだ。現行型の3代目は2015年に登場。
ポルシェ911 カレラS カブリオレとホンダ NSXを海外で比較試乗
スポーツカーの未来が、ここにある。
P.80~P.85
 ミッドシップでハイブリッド、かもフルタイム4WDのハイテクスポーツカーと、プリミティブなガソリンエンジンを、リアに搭載したちょっとクラシックテイストなスポーツカーの比較テストは、ちょっと荒っぽい異種格闘技のように思えるかも知れない。 だが、近未来のピュアスポーツカーの存続を考えた時に、私がぜひともやってみたいと思っていた企画である。かつて、ポルシェの社長であったヴェンデリン・ヴィーデキング氏は「もし世の中から自動車が消滅するとしても、スポーツカーは生き残るでしょう」と言ったが、果たしてそのとおりだろうか。昨今の環境保護を重視する風潮の中で、自動車に対する厳しい目はポルシェ、とくにいまだにハイブリッドシステムを持たない911の存続に、疑問を投げかけていることは確かなのだ。 ちなみに、今回試乗した911カレラSカブリオレは最新のタイプ992。

Motor Magazine(モーターマガジン) 2019/07(2019-06-01発売) の特集を少しご紹介

「心ときめくスポーツカーに乗りたい」
クルマ好きのハートを一瞬にして引きつけ、そして離さない
P.30~P.73
クルマ好きはもちろんのこと、そうでない人の視線も釘づけにする大胆なスタイリング。そして一瞬にして異次元の世界へと誘う強烈なパフォーマンスと官能的なエキゾーストノート。ハンドルを握るたびにかつてない喜びへと導くスポーツカーの魅力を探ってみた。 私はこの特集企画の対談(P68?)で“スポーツカーの魅力とはタイヤの性能を引き出すことにある”と明言した。こうして文字にしてみるとなんだか偉そうだし、“じゃあ、オマエにどんな環境でもタイヤの能力をフルに引き出せるだけのドライビングスキルがあるのか?”と問われれば、ひれ伏すしかない。だが“ドライバーがタイヤと対話できてこそのスポーツカー”との信念は変わらない。 では、ドライバーがタイヤと対話するためには、クルマにどんな資質が求められるのだろうか? その第一は、タイヤが路面をグリップしている状態があますところなくドライバーへ伝わることにある。
「最新ディーゼルのメリットを大いに味わう」
ボルボXC90 D5とアルファロメオジュリア2.2 ディーゼルターボ 東京→福島→山形→秋田→新潟→東京1300km 超ロングドライブ
P.74~P.83
とても興味深いディーゼルエンジン搭載車が日本へ導入された。ボルボX C 9 0 D 5とアルファロメオジュリア2 . 2ターボディーゼルの2 モデルだ。そこで今回はその実力を余すことなく味わい尽くすため、長距離を走ってみることにした。総走行距離1 3 0 0 k mを超えたその道のりで見えてきた。最新ディーゼルモデルの実力を報告する。一連の排出ガススキャンダルがもたらしたマイナスイメージに加えて、主要都市への乗り入れを規制する動きが出てきていることもあって、欧州におけるディーゼル車の販売比率はこの数年間、確実に下降してきている。とは言え、ディーゼルはそのCO2排出量の少なさから、一時期は環境対策のホープとすら言われたエンジン。きちんとした排出ガスの後処理さえ行えばまだまだ将来性はある。実際、都市への乗り入れ規制の対象となるのは、ユーロ4など古い排出ガス規制時に作られたもの。
カッコも走りも、ちょっと似るも、非なるスポーツ
BMW M2コンペティションvs ホンダ シビック タイプRを欧州で比較
P.84~P.93
シビック タイプRの試乗が可能になったことで、その本当の実力を試すべくBMW M2コンペティションとともに約800kmほどのテストドライブを敢行。見た目以上に走りの味付けには、異なる「世界観」が広がっていた。 2018年、私は新たに組織された「ジャーマンカーオブザイヤー」の選考委員に任命された。名誉ある立場に選ばれたことはもちろん誇らしいが、なにより嬉しいのは、様々なニューモデルに今まで以上に自由に試乗することができることだ。 しかも、ここドイツでは、事情にもよるが短い時間ではなく、最低でも一週間ほどは借り出すことができる。さらに、日本ではサーキットのような限られた場所でしか試せない最高速度領域での挙動を、アウトバーンの速度無制限エリアで、合法的にチェックすることも可能なのだ。 そうなると自ずから、走って楽しいスポーティなクルマをどんどん走らせてみたくなる。

+   Motor Magazine(モーターマガジン)の目次配信サービス

Motor Magazine(モーターマガジン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.30
全てのレビュー:115件

レビュー投稿で500円割引!
最新情報満載
★★★★☆2021年08月26日 雪ん子 会社員
記事と写真がまとまって読みやすい。 海外の最新情報も満載。
やっぱり楽
★★★★☆2021年07月11日 kakealtezza パート
定期購読は購入を忘れをホローしてくれるから助かります。
気になる特集があると情報収集で参考になります
★★★★☆2021年06月28日 ひげまー 会社員
情報収集したい事があってもWEBだとその時限りになってしまうことが多いので紙面として手許に置いておけていつでも見られるのはありがたいです。希望の特集が組まれると絶対に買います。
輸入車好きにはたまらない
★★★★★2021年04月06日 kaba3 自営業
手がとどく車種から憧れの車種まで幅広く特集してくれるため、毎号楽しみにしています。
自動車雑誌の中で一番いい
★★★★★2021年03月19日 honeybee123 経営者
カフェに置いています。専門的すぎるメカに関する記事は少ない。車に関する記事だけである。昔のモデルに関するノスタルジックは記事が少ない。手の届く範囲内の車種の記事も多い。以上の理由からこの本がお勧めです。これ以外にもう一冊となると、なかなか難しい。
1ヶ月十分読めます
★★★★☆2020年12月16日 イーサン 部長
写真カットも豊富で気になる車を多角的に情報が取れます。車好きにも十分答える内容が多いと思います。
綺麗です
★★★☆☆2020年12月15日 こおうじ 学生
写真はいつも綺麗で、心が癒やされます。内容については、際だっていいまではないですが。
外車情報ならこれが一番
★★★★☆2020年09月07日 やっさん 会社員
新車のみならず、古い車の情報もあったり、 ライターの方々もいろいろで毎号楽しみにしてます。いつもボロボロになるまで眺めており、夢に浸っています。
毎回楽しみにしています
★★★★☆2020年08月10日 食いしん坊 会社員
特集企画、連載ともに楽しめる内容で毎号楽しみにしています。
次に買う車の参考にしています。
★★★★☆2020年08月10日 shikou 無職
定期購読していますが、取り上げる車が若干高級車及び高額車に偏っているような気がします。一般庶民にも少し頑張れは買えるような車をもっと取り上げてほしいと感じます。 もちろん、高級車にも興味はあり、今の自動車業界がどのような方向にに向かおうとしているのかを知るためには大変役立っています。 最近の地球温暖化対策に様々な模索をしているのはよくわかりますがメーカーによってそのエンジン駆動及び排気ガス対策の呼び名がローマ字で略されて書かれているのでよく分かりません。 一度、整理して簡単な解説をしてもらいたいと思います。
レビューをさらに表示

Motor Magazine(モーターマガジン)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

Motor Magazine(モーターマガジン)は、株式会社モーターマガジン社が発行している月刊の自動車情報誌です。創刊は1955年で、国内で最も歴史が長い自動車関連雑誌として有名です。モーターマガジン社が全精力をあげて雑誌作りに取り組み、日本で自家用車が本格的に普及し始めた1960年代頃から権威が高まっていきました。なお、国内には数えきれないほどの自動車雑誌が存在し、様々な系統がありますがMotor Magazine(モーターマガジン)は特定のメーカー・車種に特化した雑誌ではありません。大まかに言うと「総合誌」にあたり、自動車に関する幅広い情報を掲載しているのが特徴です。

この雑誌は毎号150ページ前後ありますが、モノクロページは存在しません。オールカラーの構成となっていますが、紙の質が良いためひとつひとつ写真の画質がかなり良いのが印象的です。そして、画質が良いため車の色合いや表面の輝きなどがよくわかります。巻頭には国産車ではなく主に海外の高級車の新車紹介などが掲載されているという意味で、外国車好きの人向けとなっています。また、編集部おすすめのタイヤ情報・モーターショー情報・モータースポーツのレースレポートなども載っています。

その他にも車に関する幅広い情報が詰まっており、Motor Magazineは毎日車の事ばかり考えながら過ごしているような人には最高の雑誌と言えそうです。
おすすめの購読プラン

Motor Magazine(モーターマガジン)のバックナンバー

【The Top News】
・メルセデスEQ EQS 海外試乗
・メルセデスマイバッハ Sクラス 海外試乗

【第一特集】
『新型308と新世代プジョーの革新』
~戦略的に魅力的なニューモデルを投入し、革新を続けるプジョーの今と未来を追う
Part1 :新型308にいち早く試乗
「質感の高さが大きくレベルアップ」
・308 GT ハイブリッド
Part2 :最新プラグインハイブリッドの実力検証
「環境性能とドライビングプレジャーを両立」
・3008 GT ハイブリッド4 × 508 GT ハイブリッド
Part3 :パワー・オブ・チョイスの魅力と誘惑
「ICEの “あくまで自然体” か。意外なほど闊達なBEVか」
・208 GT × e-208 GT
Part4 :人生をもっと楽しむ+αがそこにある
「実り多き時間をもたらす “パワー” を選ぶ楽しさ」
・5008 GT BlueHDi × RIFTER GT
Part5 :新CI店 プジョー福山 レポート
「新しいブランドアイデンティティを日本で初めて採用したショールーム」
Part6 :本誌筆者2人+編集長とのクロストーク
「プジョー好調の秘訣」
・竹岡圭×大谷達也×千葉知充

【第二特集】
後輪駆動モデルとクロスツーリスモ
『ポルシェ タイカンの第二章、始まる』
・タイカン
・タイカン 4 クロスツーリスモ

【特別企画】
◎ フォルクスワーゲンのワゴン最前線
「5番目のトビラをもつクルマの深層」
・ゴルフ ヴァリアントeTSI アクティブ
・アルテオン シューティングブレーク R ライン アドバンス
◎ トップ オブ フェラーリを日本で試す
「最高出力1000psを発生するロードカーの頂点」
・フェラーリSF90 ストラダーレ アセットフィオラノ
◎ 新型フォレスターで都会から自然を求めて
「里山で過ごす至福のとき」
・スバル フォレスターX-ブレイク
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ篇 Vol.3
「ほぼ無音の静粛性と滑らかな回転が、本当に心地良くて疲れない」
◎ もうひとつのHONDAパワー
「実用でスタートしたマリンの人気が急上昇」

【Motor, Magazine and Man】
「膨らむ期待」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ミュンヘンモーターショー(IAA)直前情報」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「王様ウェッジの秘密」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「Maison KEI」

【連載】
◯ スーパーカーファイル
・ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ EVO
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「足まわりのセッティングは難しい…」
〇 海外通信
「復活したランボルギーニ クゥンタッチ」
〇 スペシャルレポート
「ホンダ シビック プロトタイプ試乗」
◯ 話題のクルマを味わう
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4 ヴェローチェ
◯ M for More
・ケンウッド DRV-EM4700〝ミラレコ〟
・データシステム ビデオ入力キット
・ランボルギーニ最後のV12自然吸気エンジン搭載モデル
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「日欧のCセグメントカーの現在地とクルマの未来」
・フォルクスワーゲン ゴルフ
・マツダ 3
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「私はBまで、Cはなし。出よ、恋のピンチヒッター!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「2021年F1日本GP 開催中止が決定」
〇 the ジドーシャ論
「第二世代NSX、生産終了。時代の流れを先取りしすぎた?」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・黒川晃彦さんとメルセデスベンツ 320TE(1992年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の三
《 本誌 目次 》

【第一特集】
『最新インポートSUVのブランド別動向』
Part1 :アウディ SQ5
「シリーズ最高峰モデルは速さと快適性をバランスしているか」
Part2 :メルセデスEQ EQA/メルセデス AMG GLA 35 4 マティック
「今選ぶべきは電動の充足感か? エンジンの恍惚感か?」
Part3 :ポルシェ カイエン クーペ ターボ GT / マカン GTS & S
「熟成進む人気モデルたち。最強仕様に異変あり」
Part4 :ランボルギーニ ウルス グラファイトカプセル
「さらにパーソナルに、カスタマイゼーションが加速」
Part5 :BMW X6 / X7 / iX
「電動化モデルから見えた、エンジンメーカーの新たな覚悟」
Part6 :ランドローバー ディフェンダー 90 / 110 ディーゼル
「ディフェンダー90と110ディーゼル試乗と電動化へのロードマップ」
Part7 :ジャガー Fペイス R-ダイナミック SE D200
「100% BEVのラグジュアリーブランド化計画の行方」
Part8 :プジョー 3008 GT ハイブリッド 4 / 5008 GT Blue HDi / e-2008GT
「充実していくSUVラインナップ。電動化もスムーズに進む」
Part9 :シトロエン C5 エアクロスSUV プラグインハイブリッド / C5 X
「持ち前の乗り味と電動化の相乗効果でさらに進化」
Part10 :DS 7 クロスバック E テンス 4 ×4 / DS 4 クロス
「フレンチプレミアムの旗手も電動化を推進中」
Part11 :ルノー カングー リミテッド ディーゼル MT / キャプチャー
「トラディショナルから革新への移行」
Part12 :マセラティ レヴァンテ ハイブリッド
「すべてはパワフルにするため」
Part13 :ジープ コンパス リミテッド
「着実な進化で強固な老舗ブランドの展望」
Part14 :フォルクスワーゲン/ボルボ/キャデラック/アルファロメオ
そのほかのインポートSUVの動向

【第二特集】
SUV第II章 プレミアム御三家のSUVに食傷気味のアナタに贈る
『ボルボ XC90とXC60という賢い選択』
・XC90 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプション
・VOLVO Safety Story “安全は一日にしてならず”
・XC60 B5 AWD インスクリプション

【特別企画】
◎ SUBARU BRZ サーキット試乗で進化を体感
「安心して愉しめる新時代のFRスポーツ」
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ編 Vol.2
「朝まで充電しておくと40kmほど電気だけで走れますから」
・ボルボ XC40 リチャージ プラグインハイブリッド T5 インスクリプション

【The Top News】
・オペル アストラ プロトタイプ 海外試乗

【Motor, Magazine and Man】
「復調の兆し」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ブガッティの新しいパートナー、リマック」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「高い球で全英を制したモリカワ」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・シボレー コルベット クーペ 2LT
・フォルクスワーゲン アルテオンシューティングブレーク
・ホンダ フィット モデューロX
◯ The Wheel Climax
・BBS RE-V7 × SARD GR86 GT1
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「モントレー2021は波乱の連続も無事完走」
◯ 話題のクルマを味わう
・GR 86 プロトタイプ
◯ M for More
・三菱WRC4連覇の舞台裏を開発者に聞く
・EXGEL OK CHAMP 第3戦&第4戦に現役GTドライバーが参戦
・オートエクゼ マツダ3 チューニングキットBP-06S
・TOTAL QUARTZ INEO HTC 5W-30 酷暑と化した日本の夏でも安心
〇 ニッポンブランドの行方
「ホンダ ヴェゼル」
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「MTで楽しめるスポーツハッチ 再考」
・ルノー メガーヌR.S. トロフィー MT
・スズキ スイフトスポーツ
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「フロントグリルに由来あり これぞ血筋を語る最強デザイン!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「政府のコロナ対応の差が明暗分ける」
〇 the ジドーシャ論
「電動化でも輝きは増すばかり。最新ハイパースポーツ事情」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・小山 亮さんとフォルクスワーゲン シロッコ 1.4 TSI(2009年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「釣り紀行篇 其の二 大北海道大陸へ!深山の小渓流にてエゾイワナと戯れる」

《 別冊付録 目次 》

『最新2カメラ ドライブレコーダー BOOK』
~6メーカー注目のドラレコの実力をレポート
・カロッツェリアVREC-DH300D
・ユピテルSN-TW9900d
・ケンウッドDRV-MR760
・オウルテックOWL-DR803FG-3C
・コムテックZDR035
・セルスターCS-32FH
《 本誌 目次 》

【第一特集】
『新型ゴルフ ベストバイ&最新フォルクスワーゲン一気乗り』
Part 1 :国内導入モデル ロードインプレッション
・ゴルフ eTSI アクティブ/スタイル/ R ライン
Part 2 :トラベルアシストの効能とデジタル化の使い勝手
Part 3 :バイヤーズガイド&私たちのおすすめベストバイ
Part 4 :第8世代のバリエーションを展望
・ゴルフ ヴァリアント/オールトラック/GTI/GTD/R
Part 5 :ティグアン×パサート
・パサート TDI エレガンス アドバンス
・パサート ヴァリアント TDI R ライン
・ティグアン TSI スタイル
・ティグアン TSI R ライン
Part 6 :ティグアン R
Part 7 :アルテオン R シューティングブレーク
Part 8 :Tクロス× Tロック×ポロ
・Tクロス TSI スタイル
・Tロック TDI スタイル デザインパッケージ
・ポロ TSI ハイライン
Part 9 :ゴルフ トゥーラン
Part10 :ID.4 GTX 海外試乗
Epilogue :フォルクスワーゲングループ ジャパン ティル シェア社長に聞く

【第二特集】
『刺激的な “ドイツ スーパーSUV” の個性』
~600psオーバーを誇る驚速SUVの競演
Part 1 4車の特徴を徹底分析
Part 2 4車の走りはどう違う?
・アウディ RS Q8
・ポルシェ カイエン ターボ S Eハイブリッド
・メルセデスAMG GLE 63 S 4MATIC+
・BMW X6 M コンペティション

【The Top News】
・レクサス NX ワールドプレミア
・トヨタ ランドクルーザー ワールドプレミア
・アウディ RS3セダン/スポーツバック 同乗試乗

【特別企画】
◎ 新型M3で駆けぬける
~続・BMW の「シン・Mスピリット」
・BMW M3 コンペティション
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ編 Vol.1
・ボルボ XC60 リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWD インスクリプションと山口泰成氏
◎ マクラーレン 720Sの真価をサーキットで再検証
「コーナーでの限界域が高く爽快なハンドリングを楽しめる」
◎ 高解像度で記録が可能な2カメラドライブレコーダー
「突然のアクシデントにも確実に映像を記録してくれる」
・カロッツェリア VREC-DH300D

【Motor, Magazine and Man】
「ゴルフの記憶」

【Front Talk】
〇木村好宏の “耳寄りな話”
「フォードF150ライトニングがもたらすもの」
〇クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「進化を続ける “最年長” メジャー王」
〇あえてクルマで行きたい場所
「ふふ河口湖」

【連載】
◯ SPECIAL INTERVIEW
スバル STI Sportの開発キーマンが語る
「 “運転が上手くなるクルマ” の作り方」
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・アウディ A3 セダン 1st エディション
・プジョー 508 GT ハイブリッド
◯ 話題のクルマを味わう
・ジープ コンパス リミテッド
◯ 海外通信
「100%BEVブランドへの転身をめざすMINIのBEV第一弾」
・MINI COOPER SE
◯ M for More
・ボルボVISTA2020 日本大会決勝
・史上初の右ハンドルコルベットを初披露
〇 the ジドーシャ論
「待ちに待った新型ゴルフ……その期待と現実」
◯ SPECIAL REPORT
「ユニバンス DMM eアクスル プロトタイプモデル試乗」
〇 ニッポンブランドの行方
「トヨタ MIRAI」
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「最新のBEVとPHEVからその可能性と課題を考える」
・メルセデスEQ EQA
・トヨタ RAV4 PHV
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「バブルちゃん30th」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「タイヤを制するものがレースを制する」
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「ラリー丹後でドライビングに手応えあり」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
・DS7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・陰山 潔さんとMINI クーパー(2002年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「釣り紀行篇 道志みちを介し、聖地東山湖にてニジマスを釣る!」

《 別冊付録 目次 》

『フォルクスワーゲン ゴルフのアプローチ』
~47年で8代に渡るコンパクトカー ベンチマークの系譜
Part 1 ビートルの終焉からゴルフ登場前夜
Part 2 初代ゴルフとジウジアーロ
Part 3 元祖ホットハッチ、ゴルフGTI
Part 4 2代目ゴルフは正常進化
Part 5 スタイルも一新された3 代目ゴルフ
Part 6 大きな変化を感じさせた4 代目ゴルフ
Part 7 多くの新機軸を盛り込んだ5 代目ゴルフ
Part 8 5代目ゴルフのダウンサイジングエンジン
Part 9 社内改革をもリードした6 代目ゴルフ
Part 10 全面刷新して登場した7代目ゴルフ
Part 11 8代目ゴルフとフォルクスワーゲンの未来
【第一特集】
『ニッポンの輸入車最新事情2021-2022』
~最新トレンドと次世代戦略を分析
・アウディ|Q4 eトロン、Q5 スポーツバック、A6 eトロン、RS eトロン GT、A3、A4、A5 eトロン、Q5、RS Q3、RS Q8、
・MINI|MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル/JCW、クロスオーバー
・メルセデスベンツ|Cクラス、CLS、EQS、EQB、Sクラス、EQA
・オペル|コルサ、グランドランドX、コンボ ライフ
・フォルクスワーゲン|ゴルフ8シリーズ、アルテオンシリーズ、ID.4、ティグアン、トゥーラン、パサートシリーズ
・ポルシェ|911ターボシリーズ、タイカンクロスツーリスモ、パナメーラ、718 ケイマン&ボクスター GTS 4.0、911 GT3、改良型カイエン、次期マカン
・プジョー|308シリーズ、508ハイブリッド、208/2008シリーズ、3008シリーズ、5008シリーズ
・DS|DS4、DS9、DS7 クロスバック Eテンス 4×4
・ルノー|Eテックシリーズ、新型カングー、キャプチャー、ルーテシア、メガーヌR.S.トロフィー
・フェラーリ|ポルトフィーノ M、F8 トリブート、SF90 スパイダー
・ランボルギーニ|ウラカン STO、エッセンサ SVC12
・マセラティ|MC20、ギブリ ハイブリッド、レヴァンテ ハイブリッド
・アルファロメオ|ジュリア GTA
・ベントレー|フライングスパー V8、ベンテイガ ハイブリッド、コンチネンタルGT スピード コンバーチブル
・ジャガー|Fペイス、Eペイス
・ランドローバー|ディフェンダー 90
・ロールスロイス|ゴースト
・マクラーレン|アルトゥーラ
・ボルボ|C40 リチャージ、XC40 リチャージ P8 AWD
・キャデラック|エスカレード
・シボレー|コルベット
・ジープ|グラディエーター、グランドチェロキー
◯ エピローグ:期待の新型車を大胆予想
フォルクスワーゲン ゴルフ R 400、ルノー 5、フィアット プント、BMW 7シリーズ、メルセデスベンツ EQE、オペル アストラ OPC

【第二特集】
『新型アウディA3とS3が変えるCセグメントのベンチマーク』
~ライバルを引き離す
Part1 新型A3/S3シリーズの概要とファーストインプレッション
Part2 新型A3/S3シリーズの付き合いやすさ
・A3 スポーツバック ファーストエディション
・S3 スポーツバック ファーストエディション

【特別企画】
◎ドイツのスーパースポーツの本領に迫る
「3つの個性の最新ポルシェ」
・911 タルガ4 × 911 ターボ × ケイマンT
◎UNLOCK ANY ROAD JAPAN ランボルギーニウルスで日本縦断
「全走行距離約6,500kmをリレー方式で走るという挑戦」
◎新型レヴォーグ〝JNCAP2020〟快挙の理由
「ドライバーの感性に寄り添う総合安全性能で大賞を受賞」

【Motor, Magazine and Man】
「自動運転時代」

【Front Talk】
〇木村好宏の “耳寄りな話”
「大事なのはタイミング」
〇クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「松山英樹は “顔” にこだわる」
〇あえてクルマで行きたい場所
「オーベルジュ オー・ミラドー」

【連載】
◯ もうひとつのHONDAパワー
「日々の暮らしを支えるパワープロダクツ」
◯ The Wheel Climax
「BRZ × STI × BBS ピュアな走りを究める新アイテム完成」
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・ホンダ ヴェゼル e:HEV Z 4WD
◯ 海外通信
「ランボルギーニのCEOが語った電動化へのロードマップ」
〇 ニッポンブランドの行方
・ホンダ センシング エリート
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「練習なくしてスキルアップなし」
〇 the ジドーシャ論
「70thのカーニバルだよ!ランクルのHappy Birthday」
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「KAZと石井が振り返る2021年上半期に出会った良きクルマたち」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「こんなご時世でござる。さあ、Strip your door away!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「夢を諦めない姿勢に共感」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
・プジョー 508 SW GT ブルーHDi
・ボルボ V60 B4 モメンタム
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・野村充央さんと日産ローレルハートトップ2000GX
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「連載15周年記念のじっくり温故知新。思えばいろいろありました編 その13」
【第一特集】
新型M4とM3で知る
『BMWの〝シン・Mスピリット〟』
Part1 M4クーペ コンペティション試乗
・M4クーペ コンペティション × M3
Part2 Mモデル比較試乗
・M2 コンペティション × M5 コンペティション × M4クーペ コンペティション
Part3 M3CSL リバイバルインプレッション
・E46 M3 CSL(2003年式) × M4クーペ コンペティション
Part4 S58B30A型エンジン解説
・M3/M4 専用Sエンジン
Part5 競合モデル比較試乗
・M4クーペ コンペティション × ケイマン GTS 4.0 × GT-R プレミアムエディション

【第二特集】
『最新電気自動車事情 Pure Electric Soul Paradise ?』
1 BEVなNEWS:アウディ Q4 eトロン/ Q4 スポーツバック eトロン降臨
・Q4 eトロン
・Q4 スポーツバック eトロン
2 BEVなNEWS:アウディ eトロン GT 詳解
・eトロン GT クワトロ
・RS eトロン GT クワトロ
3 BEVなNEWS:メルセデス EQS 同乗試乗記
・メルセデス EQS
4 欧州メーカーのBEV戦略を俯瞰する
5 レクサスが目指す新たな地平
・LF-Z Electrifi ed
・UX300e
6 ニッポンブランドのこれから
7 総括:BEVの急激な台頭をどう考えるべきか?

【特別企画】
◎日本自動車紀行 Ⅰ
「1600kmを超えるロングドライブでわかったこと」
・ボルボ V90 リチャージ プラグイン ハイブリッド T8 AWD インスクリプション
◎日本自動車紀行 Ⅱ
「南アルプスの源流を巡り、新緑の大井川をゆく」
・スバル フォレスター SPORT
◎極上のV8で味わう ベントレー コンチネンタルGTの至福
「ともに過ごす時間はいつだって特別だ」

【The Top News】
・シトロエン C5 X ワールドプレミア
・レクサス ES 公開
・メルセデスベンツ C クラス プラグインハイブリッド 同乗試乗

【Motor, Magazine and Man】
「自動運転時代」

【Front Talk】
〇木村好宏の “耳寄りな話”
「1カ月遅れのエイプリルフール」
〇クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「松山の背中を押したコーチの存在」
〇あえてクルマで行きたい場所
「ザ・プリンス パークタワー東京」
◯キーパーソンに訊く
「フェラーリジャパン フェデリコ パストレッリ社長」

【連載】
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・プジョー 3008 GT HYBRID4
・ルノー メガーヌ R.S
・フォルクスワーゲン パサート オールトラック
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「ラリーにおける “空気圧” の重要性」
〇 ニッポンブランドの行方
・日産 ノート e-POWER
◯ 話題のクルマを味わう
・キャデラック XT4 スポーツ
〇 M for More
・フェラーリ SF90 スパイダー/マクラーレン アルトゥーラのジャパンプレミア
・ホンダ 初代シビック テストドライブ
・ホンダ レジェンド 自動運転レベル3
◯ ホイールクライマックス
「新コンセプトも誕生。『春のO・Z祭』にじっくり浸る」
◯ 自動車博物館巡り
・四国自動車博物館 [第四部]
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「ハンズオフとアイズオフに見る運転支援技術の到達点」
・ホンダ レジェンド & 日産 スカイライン
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「煙が目にしみる…あの時代。酒とタバコのF1ハーモニー」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「若者たちよ、才能に自惚れるな」
〇 the ジドーシャ論
「ピュアだから生き延びた? 86&BRZ 第二世代誕生への喝采」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
・プジョー 508 SW GT ブルーHDi
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・野本正夫さんとアルファロメオ 155 TS 1.8 フォーミュラ
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「連載15周年記念のじっくり温故知新。思えばいろいろありました編 その12」
【第一特集】
その真価と驚きの再発見
『楽しきアンダー “500万円” 輸入車』
Part1 刺激に満ちた痛快な走りにホレる
・フォルクスワーゲン ゴルフ GTI パフォーマンス × MINI クーパーS クラブマン
Part2 着実な進化を感じる電動車という選択肢
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe × プジョー e-2008 GT
Part3 熟成のダイナミクスとプレミアム感のD セグメントモデル
・アルファロメオ ジュリア 2.0 ターボ スプリント × ボルボ V60 B4 モメンタム
Part4 賢者は超絶人気のSUVをアンダー500万円で楽しむ
・ボルボ XC40 × プジョー 3008 × アウディ Q3 スポーツバック × DS 7 クロスバック
Part5 200~300万円台で楽しむ唯一無二感
・ルノー トゥインゴ S × アバルト 595

【第二特集】
『アウディのエモーション……さらなる現在進行形』
Section 1 :深化し続けるQスタイルのパフォーマンスとプレミアム性を探る
・RS Q3 スポーツバック
・RS Q8
Section 2 :Dセグメントの最適解はやはり、クリーンディーゼルで選びたい
・A4 35 TDI アドバンスド
・A4 アバント 40 TDI クワトロ Sライン
・A5 スポーツバック 40 TDI クワトロ アドバンスド
Section 3 :ちょうどいいバランスを備えたeトロンの新バリエーション
・eトロン 50 クワトロ アドバンスド

【特別企画】
◎ベントレー ベンテイガ V8の真価を味わう旅
「ベンテイガで春を探して南紀へ」
◎モーターアシストで爽快な走りを実現
「スバル XVでe-BOXERの優秀性を再検証」

【The Top News】
・DS 4 ワールドプレミア
・BMW M3 コンペティションセダン/M4 コンペティションクーペ 海外試乗
・アウディ Q4 eトロン プロトタイプ 海外試乗
・ポルシェ タイカン クロスツーリスモ プロトタイプ 海外試乗
・メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティック 海外試乗

【Motor, Magazine and Man】
「業績報告」

【Front Talk】
〇木村好宏の “耳寄りな話”
「ワクチン接種で感じたデジタル化の差」
〇クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「世界が認める〝遠藤製〟」
〇あえてクルマで行きたい場所
「ホテルキーフォレスト北杜」
◯Top Interview
「ランボルギーニS.p.A ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO」

【連載】
〇 スーパーカーFile
・フェラーリ 812 GTS
◯ SPECIAL ROAD IMPRESSION
・メルセデスベンツ Sクラス
・BMW アルピナ D3
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「2021年初戦はハードなラリーに」
◯ スペシャルレポート
・2021年はギブリの魅力がさらに広がる
〇 ニッポンブランドの行方
・ホンダ e
◯ 話題のクルマを味わう
・ホンダ S660
〇 M for More
・世界に3台しかないボルボC40デザインプロト
・レジェンドから始まる交通事故ゼロ社会
◯ 自動車博物館巡り
・四国自動車博物館 [第三部]
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「春だから……4シーターオープンカーに乗りたい」
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「ボンネットの上のソリスト、パワーバルジという熱狂の証」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「角田裕毅、世界への挑戦が始まる」
〇 the ジドーシャ論
「GRヤリスも人気者に!? 日本車が欧州COTYを久々に獲得」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ボルボ V60 B4 モメンタム
・ジープ レネゲード リミテッド 4xe
・プジョー 508 SW GT ブルーHDi
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・織田健次郎さんとアルファロメオ SZ
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
「連載15周年記念のじっくり温故知新。思えばいろいろありました編 その11」

バイク・自動車・乗り物 雑誌の売上ランキング

最大
50%
OFF
送料
無料

driver(ドライバー)

2021年09月18日発売

目次: driver(ドライバー) 2021年11月号

一塁“キャンバス”に牽制球
「ワゴンRスマイル」解説

知れば知るほどホームラン級
「カローラ クロス」ついに日本へ!

俊敏さも兼ね備えた長距離砲
「ランドクルーザー」徹底試乗

アメリカ育ちのユーティリティプレーヤー
「レガシィ アウトバック」実車見聞

最終打席でフルスイング!
「NSX タイプS」詳報

彼の地でデビュー……凱旋待ち遠し
「新型フェアレディZ」市販版が登場

【 輸入車ニューモデル試乗】
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント

人気のコンパクトカー&SUVを一挙掲載
優劣判定「○×」アルバム

シーズン到来! 便利な「ポータブル電源」も
キャンプアイテム ベストセレクション2021
HONDA ACCESS/FLEX/JAOS/EcoFlow/MARVELLOUS…etc.

基本のキから魅せる最新ホイール選びまで!
BBS / RAYS VOLK RACING / WORK /エーモン

最新カーグッズ使ってみた
KENWOOD ココデス EZ-950/
Data System ハイマウントリアカメラ RCK-91J3

regular
d’s pick up!「トヨタ、全固体電池はハイブリッドに?」
新車ぞくぞく「NEW CAR INDEX」

読者のコーナー
・読者の広場「クルマノラヂオ」

driver’s colum
・三好秀昌「ニッポン探訪」〈チゴハヤブサ〉
・島下泰久「じどうしゃのキモチ」
・丸山 誠「最新トピック 丸っと解説!」
・ケニー中嶋「日本人の知らない北米クルマ社会」
・今井亮一「悪い違反者ほどよく眠る」

峠狩り〈新潟県・枝折峠〉後編

News
・マル得ディーラー情報局&モデルチェンジ情報

読者プレゼント&クロスワード
熱田 護のF1 FOCUS
千葉 匠「カーデザインOld&New」
編集部がくやうら

休載:d’s総研、トーコのモータースポーツ挑戦記、高齢ドライバー安全運転強化書、New Goods、news&information、We LOVE RALLY、ぞっこん!愛車物語

参考価格: 650円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:325円

ニューモデル情報の正確性・速報性を確立した雑誌です

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/18
    発売号

2 鉄おも

ネコ・パブリッシング

最大
10%
OFF
送料
無料

鉄おも

2021年09月01日発売

目次: ☆特別付録:クイズでバッチリ!「でんしゃブック」

◎特集:青い電車

青は空や海をイメージする色。
たくさんの電車のカラーに青色が採用されています。
ここではできるだけたくさんの青い電車を選んでみました。

・青い新幹線(JR東日本・JR西日本 E7系・W7系 など)

・青い特急(JR北海道 キハ261系・キハ283系・キハ281系・キハ183系 など)

・青い観光特急(JR東日本「サフィール踊り子」・JR西日本「WEST EXPRESS銀河」など)

・青い通勤電車(相模鉄道「YOKOHAMA NAVY BLUE」・京浜急行電鉄「KEIKYU BLUE SKYTRAIN」など)


【その他コンテンツ】

■キハ261系「ラベンダー編成」「はまなす編成」活躍中!

■東武200型「りょうもう」に1800系カラーリングが登場!

■南海「すみっコぐらしラッピングラピート」が運転開始!

■E4系Maxファイナル!

■マンガでんしゃ遠足隊

■JR東日本 日光線・宇都宮線E131系600番代が登場

■JR西日本DEC700が登場しました。

■京都市営地下鉄新型車両をお披露目

ほか

参考価格: 730円

鉄道&おもちゃの情報誌『鉄おも』。電車好きのお子さん、そしてパパ、ママに大人気な雑誌です。

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

オールドタイマー(Old-timer)

2021年08月26日発売

目次: Old-timer(オールド・タイマー) 2021年10月号 No.180

商用車ノスタルジア
和菓子屋さんのスカイラインバンの今/父の愛した四駆のレオーネバン/
ダイハツCM8を親子2代で実用に供する/いにしえのトヨエースを日常使用する青年/
幸福をもたらすサビだらけのチェリーキャブ/商用車バイヤーズガイド

Mr.缶スプレーと家族の旧車物語

・カプチーノ改ヨタハチ“ヨタチーノ”
・ナカライのメッキお手入れ“最鏡”ケミカル
・ボンネビル・ソルトフラッツに挑む防錆術
・忘れがたき名車100傑 15
・日本レース史の謎を解く 43 蒲谷英隆さん〈後編〉
・金子健一自伝「チェッカーはセピア色」5
・マン島TTのトランスポーター スズキ編 1

ステイ・ガレージ2021
ガレージのドア&床のペイント/単管パイプガレージを拝見/
松井さんの北海道通信・番外編/思い出のダックス再生記 5/
VWビートルにフォグを装着/ドア内張をミシンで縫う 1

・感動工具インプレッション 22
・アッシュのエンジンオイル
・理想のS30Zを作る 7
・再開 コスモポリタン再生 2

初夏~夏のイベント3選
コッパディ京都/皆野サンデーミーティング/ツール・ド・ムナカタ

・私的’80年代車探求「特別仕様車の魔窟」22
・ヒーロー電機・端子のハナシ 7
・SUPER PRESENT BOX

TEA TIME SQUARE
TALKS/NEWS/旧車B級雑学講座/旧車野郎の玉手箱

・旧車を楽しむキャブレター生活 27
・口語訳・保安基準&審査事務規程 27
・CLUB PRESENTATION

新サービス「OT Club」について

旧車ショップ情報局

・ハンダごて王子の電気初心者レッスン 14
・’56年式VWタイプ2 日本デビューへの道 31
・FIAT500 愉快な泥沼 19
・スキッパー偏愛生活 31
・北海道の松井さん通信 8
・編集後記
・大切なお知らせ/フリーマーケット

参考価格: 990円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

「古い車」と徹底的に付き合う雑誌、それがOld-timerです。

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/02/26
    発売号

  • 2020/12/24
    発売号

  • 2020/10/26
    発売号

  • 2020/08/26
    発売号

4 オンリーメルセデス

交通タイムス社

最大
50%
OFF
送料
無料

オンリーメルセデス

2021年09月01日発売

目次: 常に最先進テクノロジーをまとい、安全・安心の絶対的基準を作り上げてきた指標でもある。その新型Sクラスを徹底解剖。
クリーンディーゼルエンジンSクラスのパワーパフォーマンスとコストパフォーマンスは?
上質の直6ガソリンエンジン+ISGの電動パワーで上書きするS500の快適性は?
ロングランテストから女性ドライバー目線のインプレまで、徹底してその魅力を引き出します。

そしてSを超えるS。メルセデスのプレステージブランドのマイバッハSが緊急発表。マイバッハ誕生100周年を記念して速報でお届けします。
また、世界的に急ピッチで開発が進むEVモデルのSクラスとなるEQSも本国からの速報レポート。
カスタムは今旬なSクーペ&カブリオレのSドリームカーシリーズを軸に展開。


第2特集は新型Cクラス!
発表間もないW206型Cクラスを速報でダイジェストレポート。そして名車の誉れ高いW205をはじめとする190シリーズからはじまったCクラスヒストリアをお届けします。読み応えたっぷり!


プチ特集として、メルセデスの高経済的モデルの徹底比較インプレを掲載。
EVのEQA250 vs ハイブリッドA250e vs コンパクトディーゼルのGLA200dの新世代ユニットはどれが経済的でお買い得か? 必読です!

最高級サルーンから経済的コンパクトモデルまで気になるモデルをほぼ集約したオンリーメルセデス10月号です!

参考価格: 1,400円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:700円

メルセデスベンツ購入&ドレスアップ情報誌

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

Motor Magazine(モーターマガジン)

2021年09月01日発売

目次: 【The Top News】
・メルセデスEQ EQS 海外試乗
・メルセデスマイバッハ Sクラス 海外試乗

【第一特集】
『新型308と新世代プジョーの革新』
~戦略的に魅力的なニューモデルを投入し、革新を続けるプジョーの今と未来を追う
Part1 :新型308にいち早く試乗
「質感の高さが大きくレベルアップ」
・308 GT ハイブリッド
Part2 :最新プラグインハイブリッドの実力検証
「環境性能とドライビングプレジャーを両立」
・3008 GT ハイブリッド4 × 508 GT ハイブリッド
Part3 :パワー・オブ・チョイスの魅力と誘惑
「ICEの “あくまで自然体” か。意外なほど闊達なBEVか」
・208 GT × e-208 GT
Part4 :人生をもっと楽しむ+αがそこにある
「実り多き時間をもたらす “パワー” を選ぶ楽しさ」
・5008 GT BlueHDi × RIFTER GT
Part5 :新CI店 プジョー福山 レポート
「新しいブランドアイデンティティを日本で初めて採用したショールーム」
Part6 :本誌筆者2人+編集長とのクロストーク
「プジョー好調の秘訣」
・竹岡圭×大谷達也×千葉知充

【第二特集】
後輪駆動モデルとクロスツーリスモ
『ポルシェ タイカンの第二章、始まる』
・タイカン
・タイカン 4 クロスツーリスモ

【特別企画】
◎ フォルクスワーゲンのワゴン最前線
「5番目のトビラをもつクルマの深層」
・ゴルフ ヴァリアントeTSI アクティブ
・アルテオン シューティングブレーク R ライン アドバンス
◎ トップ オブ フェラーリを日本で試す
「最高出力1000psを発生するロードカーの頂点」
・フェラーリSF90 ストラダーレ アセットフィオラノ
◎ 新型フォレスターで都会から自然を求めて
「里山で過ごす至福のとき」
・スバル フォレスターX-ブレイク
◎ PHEVが変えた自動車ライフのリアル物語 ボルボ篇 Vol.3
「ほぼ無音の静粛性と滑らかな回転が、本当に心地良くて疲れない」
◎ もうひとつのHONDAパワー
「実用でスタートしたマリンの人気が急上昇」

【Motor, Magazine and Man】
「膨らむ期待」

【Front Talk】
〇 木村好宏の “耳寄りな話”
「ミュンヘンモーターショー(IAA)直前情報」
〇 クルマ道楽に贈る “極楽ゴルフ情報”
「王様ウェッジの秘密」
〇 あえてクルマで行きたい場所
「Maison KEI」

【連載】
◯ スーパーカーファイル
・ランボルギーニ ウラカン スーパートロフェオ EVO
〇 ラリー挑戦日記 “呼び集める、再び集う”
「足まわりのセッティングは難しい…」
〇 海外通信
「復活したランボルギーニ クゥンタッチ」
〇 スペシャルレポート
「ホンダ シビック プロトタイプ試乗」
◯ 話題のクルマを味わう
・アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼル Q4 ヴェローチェ
◯ M for More
・ケンウッド DRV-EM4700〝ミラレコ〟
・データシステム ビデオ入力キット
・ランボルギーニ最後のV12自然吸気エンジン搭載モデル
◯ ソウル トゥ ザ・ソウルサーチャーズ シーズンⅡ
「日欧のCセグメントカーの現在地とクルマの未来」
・フォルクスワーゲン ゴルフ
・マツダ 3
〇 クルマは乗って良し、語って良し
「私はBまで、Cはなし。出よ、恋のピンチヒッター!」(ホントか?)
〇 2021 INSIDE MOTORSPORT
「2021年F1日本GP 開催中止が決定」
〇 the ジドーシャ論
「第二世代NSX、生産終了。時代の流れを先取りしすぎた?」
◯ MM Info Station
・今月のニュースとインフォメーション
〇 Longterm Report
・ジープ コンパス リミテッド
・DS 7 クロスバック Eテンス 4×4 グランシック
・ボルボ V60 B4 モメンタム
◯ 国産車&輸入車価格表
〇 10年10万kmストーリー
・黒川晃彦さんとメルセデスベンツ 320TE(1992年型)
〇 クルマでゆるゆる日本回遊記
・釣り紀行篇 其の三

参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

1955年創刊。現在もっとも歴史のある自動車雑誌です。

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

CarNeru(カーネル)

2021年09月09日発売

目次: カーネルvol.51 2021 秋号

CONTENTS

◆1枚の写真から SUNRISE
◆スペシャル企画!カーネルvol.1.50全部持っている人プレゼント!
◆ CarNeru NEWS
・「カーネルプレミアム」オープン情報/読者プレゼント発表&報告
・横浜、大阪、福岡各地で開催!キャンピングカーショー情報ほか

総力特集
Let’s go VAN CAMP!
車中泊キャンプで遊べ!
・車中泊とキャンプは、両方合わせて秘密基地!
・のんびりと過ごすための快適スタイル 宮崎秀仁さん
・全国をソロで旅するガールズキャンパー ちょもかさん
・車中泊キャンパーがエアフレームテント Kampa CROSS AIR VWで快適リビングを手に入れた!
・リアゲートタープ&カーサイドタープ銘品Catalog
・火を眺める贅沢な時間を車中泊でも! 焚き火のできるRVパーク
・‟快適”の工夫とアイデアが詰まったこれがプロのスタイル&テクニック!
・バンキャンパーたちの“ワザあり”テク

◆旅するシンガー・Miyuuの軽バンDIYプロジェクト Vol.1
◆日本にも“オーバーランド”時代到来! ルーフテントが今、アツいワケ。

本場USAからおくる最新バンライフレポート

◆デザインもテイストも元気なアメリカン・クラフトビア
◆キャンピングカーとアウトドアの祭典が開催! “車中泊キャンプ”を彩るテント&ファニチャーに注目
◆ カーネルに「キャネル」がやってきた!! Vol.6北海道へ
◆withコロナ時代の新クルマ旅マナー改訂版
◆守って楽しいカーネルマナー
◆カーネル流車中泊マナー10カ条

◆CarNeru Selection
・ダイレクトカーズ ATSUGI BASE
・MYSミスティック レジストロ+リチウムバッテリー / ステージ21 バンビーノファミリア+12Vエアコンワンクール21
・アイズ エブリイアイズブロッカー / 井上自工 50系エスティマキャプテンシートキット
・かーいんてりあ高橋 VPナローバン/ナッツRV キャネルポップアップルーフ

車中泊の達人
・植物写真家&音楽家を支える移動ベースの進化 いがりまさしさん
・通勤もレジャーもこの一台! 載せているのは最低限のアイテムだけ 旅人ちはるさん

NEW CAR NEWS
・スズキ・ワゴンRスマイル

NEW EVENT INFORMATION
・注目のアウトドア&クルマ旅イベント「アソモビ2021 inSaitama」開催!

車中泊で旅する
能登半島で、「日本をそつなく旅する力」を磨く旅
しっかり金沢、がっつり能登。

SPECIAL EVENT REPORT
CAMP JAPAN presents昆布干し+クルマ旅

参考価格: 1,400円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,330円

車中泊を楽しむ雑誌

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

モトチャンプ

2021年09月06日発売

目次: 2021スクーターカタログ
100台掲載 完全保存版
国内&海外の注目モデル一挙登場!
電動自転車より何倍も快適で便利!

最新“カブ”情報が満載!
釣りやキャンプの最適ギア発見


OTHER LINEUP

RACER REPLICA NOW
カワサキKRという異端児

ミュージシャン×バイク Interview
「人間椅子」和嶋慎治さんのスズキ偏愛!?

ジャイロ系「三輪スクーター」のカスタムが面白い!

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:330円

読者を積極的にリードしていくトレンディー・マガジン

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/06
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/06
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

鉄道ダイヤ情報

2021年09月15日発売

目次: 東西方向に走っているから東西線。だと、思っていませんか? 5社局にある東西線は、じっくり見てみると、路線によっては南北方向に走っているものも見受けられます。そこで、DJ編集部は独自に“東西率”を考案。数字を割り出してみれば、各路線の意外な模様が……。
そのほか、東京メトロ05系のバリエーションの解説、JR東西線を経由する長距離列車の乗り通しのレポートなど盛りだくさん。ちょっとだけ、南北線の話題にも。また、本誌でおなじみの伊藤壮吾さんは、大好きな東京メトロ東西線について熱く語ってくれました。かたちにとらわれない「東西線」の魅力に迫ります。

巻頭特集:東西線
●東京メトロ東西線の「顔」 05系
●“最長距離”東西線列車5429Mを乗り通す
●各地の「東西線」概要① 札幌市交通局(札幌市営地下鉄)
●各地の「東西線」概要② 仙台市交通局(仙台市地下鉄)
●各地の「東西線」概要③ 東京地下鉄(東京メトロ)

●各地の「東西線」概要④ 京都市交通局(京都市営地下鉄)
●各地の「東西線」概要⑤ JR西日本[JR東西線]
●東西線車両の「個性」に迫る
●東西線の“東西率”
●全国の「南北線」備忘録
●伊藤壮吾、メトロ東西線愛を熱く語る

JR東日本 ダイヤグラム[2021(令和3)年3月13日改正]
東北本線(黒磯~盛岡、岩切~利府)、左沢線、仙山線、常磐線(いわき~岩沼)、津軽線、北上線、釜石線、山田線/仙台空港鉄道、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道

DATA FILES
■貨物列車時刻表
篠ノ井線、信越本線、しなの鉄道北しなの線/しなの鉄道線[塩尻(塩尻大門)~篠ノ井~北長野/坂城]

●私鉄車両のうごき[2021.4.1~6.30]
●秋の臨時列車一覧表
●夏の臨時列車追加情報
●定期列車編成変更情報
●DJ時刻表
●団体臨時列車運転予定表
●集約臨時列車運転予定表
●検測車運転予定表
●甲種鉄道車両輸送計画表
GRAPHICS
●2021.6.30 長崎にて 潮風と“汽車”の余韻
●旅空ノオト #18/スキヤキソング
●鉄道瞬景 vol.74/虹色のエール
●四季を走る鉄道 2021 秋/秋の息
●DJフォトコンテスト 第405回/ダブルデッカー(2階建て構造)

NEWS
●新車トピックス
●国内ニュース
●SL情報ファイル

REGULAR
●シリーズ車両基地 Vol.84/東京地下鉄 新木場CR・小石川CR
●遖!はらから鉄道塾 「ヨコハマネイビーブルー」の本拠地へ
●鉄夫のトリセツ 差があり過ぎ!? 鉄道スイッチをオフにしたTさんの休日
●台湾鉄道TOPICS
※「鉄道HERO完全密着」は休載です

OTHERS
●西九州新幹線「長崎駅」を見る 進化する長崎らしい玄関口
●らくがきダイヤグラム
●新製品・新刊情報
●DJ情報局
●読者プレゼント

参考価格: 990円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

行動派レールファン必携の情報源

  • 2021/08/16
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

送料
無料

GT-R Magazine(GTRマガジン)

2021年07月30日発売

目次: 平成元(1989)年8月21日。ケンメリことKPGC110型スカイラインGT-R以来、16年ぶりに「GT-R復活」。同年5月22日に発売された8代目のR32型スカイラインに遅れること3カ月、ついに待望のGT-Rがラインアップされました。最高出力280psを発生する2.6Lの直6ツインターボエンジンにトルクスプリット式のアテーサE-TSを備えた4WD。イメージカラーはスパルタンなガングレーメタリック(ガンメタ)で、当時の市販車としては大型のリヤスポイラーや前置き大型インタークーラーを備えるなど見るからにただモノではない雰囲気を醸し出していました。実際、走らせてもバカッ速! GT-Rよりも1カ月早くZ32型フェアレディZもデビューしましたが、こちらも上級グレードのターボ車に280ps3L V6ツインターボエンジンを搭載。「GT-R vs Z」という日産の同門対決にクルマ好きは歓喜したものです。あれから32年。平成から令和へと時代が変わろうとも、R32GT-Rの人気は健在で、多くのオーナーが大切に維持しています。
今号ではR32の「生誕32周年」ということで、デビュー当時にタイムスリップするとともに、R32商品主管・伊藤修令氏、同実験主担・渡邉衡三氏、現行R35の統括責任者であり自身もR32を32年間所有している田村宏志氏の特別インタビューを掲載。32年を経た今だから語れる貴重な証言も多数あり! また、新車から32年間、コツコツとチューニングしながら乗り続けている強者や、R32でなんと64万kmも走行しているオーナーも登場。GT-Rファンにとって「永遠のヒーロー」であるR32GT-Rの偉大さにあらためて迫る特集です! また、2021年10月24日(日)に富士スピードウェイで開催予定のGT-R Magazine主催イベント「R’s Meeting 2021」のエントリー受け付けも今号の発売と同時に開始します。初代ハコスカから最新のR35まで、GT-Rオーナーの方は「世界最大級のGT-R祭り」に奮ってエントリーしてください!

【主な内容】
●RB26用新作タービンの秘部を初公開「NISMO R3ターボの深層」
●10月24日(日)は富士がGT-R色に染まる「R’s Meeting 2021エントリーユーザー募集開始!」
●第2世代GT-Rのリフレッシュ済み完成車販売!「GT-R賢者の指南書 TOPSECERT」
●BNR32の後継モデル、その変遷を辿る「BCNR33進化の系譜」
●AUTOBACS SUPER GT 2021「このままじゃ終われない! GT-R試練のとき」
●平成チューニング 調律の系譜「クラッチ」編
●大切なGT-Rと末永くつきあうために「電装系トラブルの傾向と対策」
●R32/R33/R34/R35 「スタッフカー運行日誌」 etc.

参考価格: 1,300円

究極のスカイラインバイブル

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/07/31
    発売号

Motor Magazine(モーターマガジン)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌