理学療法ジャーナル 発売日・バックナンバー

全206件中 1 〜 15 件を表示
2,090円
■特集 総合理学療法■
特集 総合理学療法

エディトリアル 総合理学療法──総合的にみる専門性と専門的にみる総合性(内山 靖)
プライマリ・ケア医は何を総合的にみているのか(草場鉄周)
総合診療医は何を総合的にみているのか(野村英樹)
家庭医は何を総合的にみているのか(竹村洋典)
プライマリ・ケア領域の診療看護師は何を総合的にみているのか(小野美喜)
総合的に患者・生活者をみる姿勢と多職種連携能力──モデル・コア・カリキュラムから紐解く(春田淳志)
理学療法士が総合的に捉える視点(水準と領域のマトリックス)
循環器(高橋哲也)
呼吸器(間瀬教史)
運動器(福井 勉)
高次脳機能──半側空間無視とpusher現象合併例(網本 和)
代謝(野村卓生,他)
疼痛(服部貴文,他)
認知・情緒(金谷さとみ)


□Close-up ナラティヴ
ナラティヴと医療とのかかわり(宮坂道夫)
ナラティヴを理学療法に活かす(森下 昇)


●とびら
タッチ(小野田英也)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 11
腰部脊柱管狭窄症(古谷英孝)

●今月の深めたい理学療法周辺用語 2
ナッジ理論(小野裕介)

●中間管理職の悩み 8
職員のモチベーションをどのように向上させればよいのでしょうか? ([回答者]西郡 亨)

●理学療法士のための「money」講座 2
理学療法士はいったいどのくらい稼ぐのか──“自分らしさ”を追求した真のライフプランニング(細川智也)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 11
治療技術⑤ 歩行動作練習(田崎秀一郎)

●症例報告
同側大腿骨三重骨折(転子下・骨幹部・顆部)1例における観血的骨接合術後の理学療法経験(山本洋司)

●私のターニングポイント
あのときがあるから,今がある(山本喜文)

●My Current Favorite 23
障害児・者のよりよい生活を思い描いて(齋藤 武)

●学会印象記
第10回日本小児理学療法学会学術大会──子どもと家族の健康と幸福について考える(仲山玖未)
2,090円
■特集 Physical Activity■
特集 Physical Activity

Physical Activity──理学療法にどう取り込むか・活かすか(金居督之,他)
Physical Activity──高齢者の特性と理学療法の役割(植田拓也)
Physical Activity──なぜ運動を開始・継続できないのか? 習慣化と行動変容(真田将幸)
Physical Activityの心理的影響と理学療法(河合克尚)
脳卒中とPhysical Activity(久保宏紀)
関節疾患とPhysical Activity(白谷智子)
内部疾患とPhysical Activity(内藤紘一)
がんとPhysical Activity(井平 光,他)


□Close-up メカニカルストレス
PFC-FDTMによる治療の概要(髙木 博)
メカニカルストレスに対する関節組織の細胞応答と相互作用(浅田啓嗣)
靱帯再建の意義とメカニカルストレス(金口瑛典)


●とびら
小児理学療法40年──原点は人生の強み(小玉美津子)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 10
腰椎分離症・すべり症(藤澤俊介,他)

●今月の深めたい理学療法周辺用語 [新連載]
Multimorbidity──多疾患併存(菊池徹哉,他)

●中間管理職の悩み 7
指導とハラスメントの狭間で,どのように指導したらよいのでしょう? ([回答者]藤原愛作)

●理学療法士のための「money」講座 [新連載]
お金は大事──実はみんな聞きたかったお金のこと(高橋哲也)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 10
治療技術④ 基本動作練習,移乗動作練習(石坂和貴)

●プラクティカル・メモ
安価な器具──小型デジタルスケールを用いた筋力測定の工夫(坂口翔平,他)

●ひろば
理学療法士の詩(うた)(奈良 勲)

動物に対する理学療法──私の職場紹介(吉川和幸)

●私のターニングポイント
脳卒中理学療法トップランナーとの邂逅が,私にもたらした現状打破(五月女宗史)

●My Current Favorite 22
定量的評価機器を用いた理学療法評価(伊藤翔太)

●学会印象記
第9回日本糖尿病理学療法学会学術大会──「チーム糖尿病理学療法」としてのご報告と深謝(竹田昌広)

●臨床のコツ・私の裏ワザ──人工膝関節全置換術後の熱感を測定するコツ(元家佳仁)
1,980円
■特集 疾病・介護予防のための運動療法■
特集 疾病・介護予防のための運動療法

エディトリアル 疾病・介護予防のための運動療法の基礎(白谷智子)
糖尿病(生活習慣病)予防のための運動療法(井垣 誠)
骨粗鬆症予防のための運動療法(加藤諄一,他)
介護予防(フレイル予防)のための運動療法(大渕修一)
認知機能低下・認知症予防のための運動療法(片山 脩,他)
非アルコール性脂肪性肝疾患・非アルコール性脂肪肝炎予防のための運動療法(水田敏彦)
がんの再発および重症化予防のための運動療法(井上順一朗)
変形性膝関節症予防のための運動療法(黒木裕士)
情報通信技術(information and communication technology:ICT)活用による疾病予防のための運動療法(井尻朋人)
産業保健分野における疾病予防のための運動支援(川又華代)
学校教育現場での疾病予防のための運動療法(川本晃平,他)


□Close-up BCP
医療機関におけるBCPの考え方(有賀 徹)
医療情報システムのBCPへの取り組み──バックアップの考え方(黒田知宏)
医療施設リハビリテーション部門におけるBCP策定の具体的ポイント──COVID-19対応を例に(彦田 直,他)


●とびら
安全な理学療法のための心得(関 公輔)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 9
頸椎症性脊髄症(大坂祐樹,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう [最終回]
個人情報関連のインシデントから学ぶ(木村 泰)

●難しい症例のみかた [最終回]
肺癌の進行に伴い多発骨転移と急性呼吸不全を併発した症例(瀬崎 学)

難しい症例のみかた──症例報告の意義と方法(内山 靖)

●中間管理職の悩み 6
マニュアルを浸透させたうえで,どのように医療の個別性を上げていけばよいでしょうか([回答者]津田陽一郎)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 9
治療技術③ バランス練習(高橋拓真)

●プラクティカル・メモ
情報機器作業における障害予防の指導のポイント(上田泰久)

●ひろば
学生と教員への助言──断片的知識を統合した教育活動(奈良 勲)

●私のターニングポイント
挫折を得て,得たもの(別所慶宗)

●My Current Favorite 21
選択アーキテクチャーとしての能力開発の場を提供すること(八木麻衣子)

●学会印象記
日本呼吸・循環器合同理学療法学会学術大会2023──呼吸理学療法と循環器理学療法の「融合と統合」(中村可愛)

第21回日本神経理学療法学会学術大会──理学療法の原点と未来──臨床知の探究(杉山 黎)
1,980円
■特集 ヴィジョン 見えるものと見えないもの■
特集 ヴィジョン──見えるものと見えないもの

エディトリアル ヴィジョンをめぐって(網本 和)
視覚というマルチプロセス──「見つめ合い」の現象学に向けて(稲垣 諭)
無視された無視症状──見ていないものは無視されるのか(高村優作)
鏡のなかのヴィジョン(渡辺 学)
動作・仕草をみる──見えるものと見えないもの(檀辻雅広)
痛みをみる──自己の痛みと他者の痛み(池田耕二)
隠れている生活をみる──患者背景を推察する(伊藤卓也)


□Close-up HADって何だろう?
HAD(hospitalization-associated disability;入院関連機能障害)の理解と対策(角田 亘)
疾患別のHAD──呼吸器疾患患者のHAD(髙橋佑太)
疾患別のHAD──循環器疾患患者のHAD(平川功太郎)
疾患別のHAD──がん患者のHAD(福島卓矢,他)


●とびら
私が大切にしていること(瀧 昌也)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 8
大動脈弓の石灰化(中尾周平,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう 5
思い込み・コミュニケーションエラーによるインシデント──転倒を繰り返していた患者家族とリハビリテーションチームとのコミュニケーションエラー(髙橋智子)

●難しい症例のみかた 5
人工膝関節全置換術後に術後遷延性疼痛を認めた症例に対する理学療法(田中 創,他)

糖尿病を有し,足部潰瘍により入院となった多疾患合併症例への対応(田村由馬,他)

●中間管理職の悩み 5
経営目標達成と教育時間の確保の両立に必要なことは何ですか([回答者]本田知久)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 8
治療技術② 筋力増強運動,全身持久運動(佐藤久友,他)

●短報
女子学生における月経痛に対する運動効果の認識(漆川沙弥香,他)

●プラクティカル・メモ
関節リウマチ患者の座位・臥位における姿勢・動作の指導(上田泰久,他)

●ひろば
理学療法士は幸せを売る専門職(奈良 勲)

●私のターニングポイント
ターニングポイントに出合うには(田崎竜一)

●My Current Favorite 20
人の行動を変えるには?──ナッジ理論(中村睦美)

●学会印象記
World Physiotherapy Congress 2023──ドバイから世界理学療法連盟学会を振り返る(横山美佐子)

World Physiotherapy Congress 2023──プロフェッショナリズムの重要性を再認識したきっかけ(吉田龍洋)
1,980円
■特集 ACP 個人の人生史を尊重し受け入れる■
特集 ACP──個人の人生史を尊重し受け入れる

ACP(Advance Care Planning;アドバンス・ケア・プランニング)──より豊かな医療者-患者関係を築くための実践のすすめ(木澤義之)
理学療法倫理とACP(堀 寛史)
がん患者のACPと理学療法(上野順也)
心不全患者のACPと理学療法(阿部隆宏)
慢性呼吸器疾患患者のACPと理学療法(川越厚良,他)
急性期病院におけるACPと理学療法──救命救急センターでのACP(齊藤 彬,他)
在宅医療におけるACPと理学療法(中田隆文)


□Close-up NICU
NICUと医療安全(守岡義紀)
NICUの個別発達ケア(藤本智久)
NICUにおける予防的視点──早産児における位置的頭蓋変形の予防(内尾 優)


●とびら
1cm上をめざして(中島 愛)

●単純X線写真読影達人への第一歩 7
胸部大動脈瘤(中尾周平,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう 4
ベッドサイドにおける転倒・転落インシデントレポートと転倒・転落予防策(射場靖弘,他)

●難しい症例のみかた 4
10歳女児の環軸椎回旋位固定に対する理学療法(西川正一郎)

修正大血管転位症,重症心不全に対し植込み型補助人工心臓を装着した1症例──治療目標をどう設定するか?(天尾理恵)

●中間管理職の悩み 4
部門発展のために,管理職は何をすればよいのでしょうか?([回答者]大垣昌之)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 7
治療技術① 関節可動域運動(伊藤彰良)

●報告
関節可動域の目測精度における理学療法士の臨床経験年数による比較(仲山 勉,他)

広範囲肩腱板断裂に対する半腱様筋腱・薄筋腱移植術後の理学療法とその治療経過(俵 伊吹,他)

●症例報告
成長期の陸上選手に生じた両側第4腰椎椎弓根部疲労骨折の1例(竹内章悟,他)

●卒業論文のひろば
半腱様筋の伸張低下が下肢伸展挙上の制限に影響する(木村美月,他)

●私のターニングポイント
人との出会いで変わった人生の軌道(松田直樹)

●My Current Favorite 19
Social networking service(SNS)による情報収集と情報発信(平塚健太)
1,980円
■特集 運動器理学療法をどう捉えるか 統合的戦略で自らの思考の枠を乗り越える■
特集 運動器理学療法をどう捉えるか──統合的戦略で自らの思考の枠を乗り越える

エディトリアル 運動器理学療法におけるパラダイムシフト──統合的戦略で自らの思考の枠を乗り越える(常盤直孝)
運動器理学療法におけるクリニカルリーズニング(白尾泰宏)
機能解剖と運動機能障害(山崎 肇)
筋機能が姿勢・運動に与える影響(加藤邦大)
生体力学的要因が運動機能に与える影響(木藤伸宏,他)
メカニカルストレスと理学療法(金村尚彦,他)
筋膜機能が運動機能に与える影響(田島嘉人)
心理的要因が運動機能に与える影響(相澤純也)
自律神経機構が運動機能に与える影響(堀本祥惟,他)
感覚情報と運動機能(鈴東伸洋)


□Close-up 重力を意識する──人体機能・構造への影響
ヒトの身体構造と直立二足歩行の重力適応(荻原直道)
全身用立位CTを用いた重力下の人体の可視化(横山陽一,他)


●とびら
人は物語を生きている(小林浩介)

●単純X線写真読影達人への第一歩 6
気胸(中尾周平,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう 3
歩行に関連した転倒のインシデント──回復期リハビリテーション病棟における理学療法場面を中心に(三浦 創)

●難しい症例のみかた 3
脳出血後に自宅退院し抑うつ状態となっていた80歳台男性へのアプローチ(尾川達也)

●中間管理職の悩み 3
女性管理者としてのワークライフバランスのとり方に悩んでいます([回答者]上薗紗映)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 6
評価⑤ 日常生活活動評価,手段的日常生活活動評価(福原隆志)

●報告
吸気負荷法の違いによる横隔膜筋厚の比較(辻 洋文,他)

健常高齢者におけるPosner課題反応時間の信頼性の検討(秋山和也,他)

●症例報告
Anterior interval部の膝蓋下脂肪体に疼痛を呈した1症例(吉井太希,他)

●私のターニングポイント
臨床のすべてがターニングポイント(大脇 毅)

●My Current Favorite 18
学会から始まった多施設共同研究(髙良 光)

●臨床のコツ 私の裏ワザ
効果的な呼吸理学療法に向けた医療機器活用のコツ(石光雄太)
1,980円
■特集 睡眠と理学療法の深い関係■
特集 睡眠と理学療法の深い関係

エディトリアル 睡眠と理学療法の深い関係(金谷さとみ)
睡眠の科学──睡眠研究の最前線とリハビリテーションへの応用の可能性(岡部雄斗,他)
睡眠の疫学(植田結人,他)
睡眠障害の治療と薬剤(西條史祥,他)
睡眠と運動(小島 将,他)
睡眠と寝具(木暮貴政)
睡眠障害と理学療法──寝返りと睡眠の関係(山口正貴)
睡眠障害と理学療法──在宅要介護高齢者と睡眠(武 昂樹,他)
睡眠障害と理学療法──認知症と高照度光照射(緑川 亨,他)
睡眠不全と理学療法──睡眠不全に対するbasic body awareness therapy(山本大誠)

□Close-up 筋力評価──○○と組み合わせると何がみえる?
体重からみた筋力評価(山本利春)
歩行速度からみた筋力評価(片山訓博,他)
姿勢からみた筋力評価(鈴木あかり)


●とびら
忘れられないE先生の言葉──臨床実習の思い出(奥田憲一)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 5
心不全・胸水(中尾周平,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう 2
インシデント報告──ヒヤリハットでとどめる大切さ(高橋明美)

●難しい症例のみかた 2
小児先天性四肢形成不全,欠損症における理学療法──膝関節離断術を施行した先天性両脛骨列欠損児の1例(井上和広)

Platypnea orthodeoxia syndromeを呈した重症肺炎患者(宮崎慎二郎)

●中間管理職の悩み 2
プレイングマネジャーとして,管理と臨床のかかわり方に悩んでいます([回答者]永田英貴)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 5
評価④ 姿勢観察,運動学的分析(高田将規)

●原著
成長期新鮮腰椎分離症における体幹硬性装具装着下のストレッチングが骨癒合と柔軟性に与える影響(三宅秀俊,他)

●症例報告
母趾MTP関節周辺の瘢痕組織との癒着によりクロスフィンガーを呈した長母趾伸筋腱断裂縫合術後の1症例(小瀬勝也,他)

リバース型人工肩関節置換術後におけるリハビリテーション──肩関節挙上時前方詰まり感に対する超音波画像診断装置を用いた評価・治療の一考察(氷見 量,他)

●私のターニングポイント
異業種他職種の経験を経て実感する,“療法士”という職の特殊性(奥山航平)

●My Current Favorite 17
誘発筋電図──F波を用いて,運動の習熟度を判断できるかもしれない(鈴木俊明)
1,980円
■特集 腎臓リハビリテーション■
特集 腎臓リハビリテーション

腎臓リハビリテーションのUp To Date(松永篤彦)
保存期慢性腎臓病患者における運動療法(西澤 肇,他)
透析場面における監視型運動療法(森山善文)
腎移植患者における腎臓リハビリテーション(西山裕貴,他)
腎臓リハビリテーションとチーム医療──透析患者の生活を支える(井本洋史,他)
腎臓リハビリテーションと栄養管理(黒住順子,他)
高齢透析患者における運動器重症化予防のための生活指導と支援(河野健一)
思春期・若年成人透析患者におけるQOL向上のための生活指導と支援(三浦健一郎,他)


□Close-up 体外衝撃波療法──スポーツ理学療法での最新治療
石灰沈着性腱板炎に対する集束型体外衝撃波療法(坂井周一郎,他)
足底腱膜炎に対する体外衝撃波療法(内野真明,他)
上腕骨外側上顆炎に対する体外衝撃波療法(大槻哲也,他)


●とびら
利他的/利己的なライフワーク(壹岐英正)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 4
無気肺(及川真人,他)

●臨床研究のススメ──エビデンスを創ろう [最終回]
システマティックレビューとメタアナリシス(森山英樹,他)

●インシデント,ヒヤリハットから学ぼう [新連載]
インシデントは予防できるか?──インシデントから学ぶこと(谷口千明)

●難しい症例のみかた [新連載]
病棟で作製した長下肢装具がうまく使えず,訪問リハビリテーションで歩行再建に挑戦した症例(中谷知生)

腰部脊柱管狭窄症に腰椎椎間板ヘルニアを合併し,下肢の神経麻痺を呈した症例の治療経験(葉 清規)

●中間管理職の悩み [新連載]
管理職は何をすればよいのでしょうか?(村永信吾)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 4
評価③ 協調運動機能検査,バランス検査(田中和彦)

●報告
主観的伸張感で実施時間を設定した静的ストレッチングの有効性
第2報──セット数の検討(清野浩希,他)

●症例報告
変形性股関節症に対する人工股関節全置換術後に発症した外側型弾発股の画像評価と理学療法評価の統合と解釈(丹羽結生,他)

●紹介
当院における急性期脳卒中患者に対する歩行練習支援ロボットの実施状況──チェックリストを用いた運用(本間大智,他)

●私のターニングポイント
落とし穴がふさがった(鈴木聖子)

●My Current Favorite 16
情報を意思決定に活かす(佐々木康介)
1,980円
■特集 脳卒中の予後予測と目標設定■
特集 脳卒中の予後予測と目標設定

エディトリアル 脳卒中における予後予測と目標設定の重要性(野添匡史)
脳卒中後運動障害の予後予測と目標設定(久保田雅史,他)
脳卒中後起居動作の予後予測と目標設定(石渡正浩)
脳卒中後歩行障害の予後予測と目標設定(関口雄介)
脳卒中後pusher現象の予後予測と目標設定(深田和浩,他)
高齢脳卒中患者の予後予測と目標設定(阿部貴文,他)
脳卒中治療の進歩と理学療法への影響(徳田和宏)
予後予測と目標設定に基づいた脳卒中患者への装具療法(脇坂成重,他)
脳卒中後疼痛の発生予測と予防(壹岐伸弥)


□Close-up 職場管理
職場管理――経営者として(松井一人)
職場管理――中規模民間病院の部門責任者として(田中隆司)
職場管理――大学病院の部門責任者として(山本周平)


●とびら
トップは孤独なのか(小島伸枝)

●単純X線写真読影達人への第一歩 3
肺炎・急性呼吸促迫症候群(花田匡利,他)

●「経営者」の視線 最終回
社会での存在意義(岡持利亘,他)

●臨床研究のススメ――エビデンスを創ろう 6
臨床研究に必要な統計知識(田島敬之)

●臨床に役立つアプリケーション活用術 最終回
文献検索(森山英樹,他)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 3
評価② 筋力検査(磯邉 崇)

●報告
小学生の軟式野球選手におけるFunctional Movement Screenと過去の肘・肩痛との関連(大山祐輝,他)

●症例報告
Extension thrust patternを呈する脳卒中片麻痺患者の下肢装具変更後4年間の歩行能力の変化(栗田慎也,他)

有鉤骨鉤摘出術後に尺骨神経障害を呈した1症例――超音波画像診断装置を用いた病態解釈(西野雄大,他)

●私のターニングポイント
“理学療法士という人”との出会い(桑原 渉)

●My Current Favorite 15
地元の理学療法のあり方を考える――日本理学療法士協会の活動を通して(渡邊家泰)
1,980円
■特集 関節間トレードオフ■
特集 関節間トレードオフ

エディトリアル 協調性とトレードオフ(福井 勉)
Uncontrolled manifold(UCM)概論(浅賀忠義)
動作における運動協調性(阿南雅也,他)
シナジー解析と関節間協調性(舩戸徹郎)
上肢リーチ動作の運動等価性を支える関節間協調性とシナジー――脳卒中患者における「回復」と「代償」とは(冨田洋介)
しゃがみ動作の関節間トレードオフ(滝澤恵美)
ランニング中の後足部・下腿間の協調性パターン(高林知也)
足部可動性への介入により膝関節前額面モーメントを制御する(佐藤俊彦)
歩行時の下肢の協調性(山縣桃子)
脳性麻痺児の足関節と股関節の関係(石原みさ子)


□Close-up Long COVID
Long COVIDとは何か?(大平雅之,他)
Long COVIDに対する回復期理学療法の実際(松尾知洋,他)
Long COVIDと世界の理学療法(永田健太郎,他)


●とびら
ぼくらが旅に出る理由(美﨑定也)

●単純X線写真読影達人への第一歩 2
間質性肺疾患(竹内里奈,他)

●「経営者」の視線 5
豊かな施設生活のために(野尻晋一)

●臨床研究のススメ――エビデンスを創ろう 5
無作為化比較試験(牧野圭太郎,他)

●臨床に役立つアプリケーション活用術 5
解剖学とアプリケーション利用(町田志樹)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 2
評価① 関節可動域検査(伊藤雄矢)

●症例報告
人工膝関節全置換術後に脆弱性踵骨骨折を呈した1例(濵 澪,他)

●課題指向型アプローチによりロッカー機能を再獲得した人工距骨置換術後の1例(加藤俊宏,他)

●紹介
進行期パーキンソン病のリハビリテーションプログラムの紹介(渡邉志保,他)

●学会印象記
第9回日本地域理学療法学術大会――地域理学療法学の過去,現在,未来を学ぶ(石塚大悟)

第11回日本支援工学理学療法学会学術大会――知識×技術×情熱=社会課題解決(小川秀幸)

●私のターニングポイント
本気になると,毎日の臨床はもっと面白く,難しく,奥深い(長坂脩平)

●My Current Favorite 14
慢性疼痛患者に対するリハビリテーション――「いきいきリハビリノート」を用いた認知行動療法に基づく運動促進法(岩﨑 円)

●臨床のコツ・私の裏ワザ
回旋運動を引き出すコツ――内腹斜筋に着目したエクササイズ(飯田 開)
1,980円
■特集 理学療法の2040年■
特集 理学療法の2040年

エディトリアル 理学療法の2040年――十分な供給数で国民の多様なニーズに応える(内山 靖)
2040年を見据えた日本の社会保障の取り組み(松田晋哉)
2040年を見据えた理学療法の取り組み――夢と可能性に向かって進む道(半田一登)
□2040年を見据えた理学療法の取り組み
脳神経疾患(森岡 周)
運動器疾患(加藤 浩)
循環器疾患(神谷健太郎)
呼吸器疾患(神津 玲)
がん(森下慎一郎,他)
地域・在宅(小山 樹)
教育(福井 勉)
□エッセー 2040年への思い
入院医療から在宅医療・介護分野への変革とその担い手の持続的な確保に向けて(安藤雅峻)
新たな時代に備えて,情報技術を手段として活用していく力をもつ(岡澤和哉)
2040年に向けた地域理学療法のこれから(高橋和宏)
国際交流から見た,2040年への思い(永田健太郎)
臨床5年目理学療法士が考える2040年への思い(奈良 猛)
少しばかりの余裕(山口雅子)
妊娠期・産後のトラブルを見落とさず,一生涯にわたる健康管理をめざして(吉田李沙)
□座談会
2040年に向けた理学療法の取り組み――新たなる役割と働きかた(高橋哲也,佐々木嘉光,塩田琴美,徳田和宏,馬路祥子,山口良太,米田モローネ裕香)


□Close-up 最新物理療法
ラジオ波療法(烏野 大)
拡散型圧力波治療(大森康高,他)
磁気刺激(樋口拓哉)


●とびら
私版“理学療法の職場内教育”(小池朋孝)

●単純X線写真 読影達人への第一歩 新連載
重症慢性閉塞性肺疾患(名倉弘樹,他)

●「経営者」の視線 4
リハビリテーション業界の教育改革を胸に(大北 潤)

●臨床研究のススメ――エビデンスを創ろう 4
コホート研究(木村 朗)

●臨床に役立つアプリケーション活用術 4
スタッフの情報共有(吉井秀仁)

●臨床実習サブノート 臨床実習で技術のステップアップをめざそう 新連載
情報収集~問診,診療録記載,臨床推論(薄 直宏)

●報告
デスクワーカーの慢性頸部痛有愁訴に影響を及ぼす身体機能因子――整形外科クリニック通院患者における横断的検討(平野健太,他)

●症例報告
膝蓋下脂肪体に起因した疼痛が生じていたと考えられた変形性膝関節症症例に対する理学療法(河治勇人,他)

●ひろば
保健医療福祉関連職の教育における連携と教養に関する考察(中村壮大,他)

●学会印象記
第9回日本スポーツ理学療法学会学術大会――科学的エビデンス構築と臨床応用に向けて(小松﨑美帆)

第11回日本理学療法教育学会学術大会――「効果的な教育実践」に向けた研究の発展を期待して(永野 忍)

●My Current Favorite 13
ジェネラリストとしての情報収集(髙橋忠志)

●私のターニングポイント
ターニングポイントは失敗談とともに(濱田和明)
1,980円
■特集 システムとしての姿勢制御 メカニズムの解明から臨床応用まで■
特集 システムとしての姿勢制御──メカニズムの解明から臨床応用まで

エディトリアル システムとしての姿勢制御──メカニズムの解明から臨床応用まで(森岡 周)
システムとしての姿勢制御戦略(宮田一弘)
予測的および反応的姿勢制御戦略(萬井太規)
随意的姿勢制御戦略──随意的な身体重心位置移動の制御メカニズムと理学療法(冨田洋介)
姿勢制御における感覚戦略(光武 翼)
注意操作を用いた姿勢制御アプローチ(植田耕造)
接触操作を用いた姿勢制御アプローチ(石垣智也)
聴覚フィードバックを用いた姿勢制御アプローチ(長谷川直哉)
ニューロモデュレーション技術を用いた姿勢制御アプローチ(犬飼康人)


□Close-up リウマチ今昔物語
関節リウマチの治療──変わったことと変わらないこと(神野定男)
関節リウマチの理学療法──変わったことと変わらないこと(島原範芳,他)
関節リウマチの作業療法──変わったことと変わらないこと(田口真哉,他)


●とびら
すべての学生は有能で能動的な学び手である(有馬慶美)

●「経営者」の視線 3
心に響くサービスをめざせ(宮脇 敬,他)

●臨床研究のススメ 3
尺度研究──信頼性と妥当性(楠本泰士)

●臨床に役立つアプリケーション活用術 3
動画活用と編集(森尾裕志,他)

●臨床実習サブノート
退院後から振り返るゴール設定──推論を事実と照合して学ぶ 最終回
施設入所 車椅子自立(安部泰広,他)

●報告
石灰沈着性腱板炎に対する超音波治療と拡散型圧力波治療の治療効果の比較(三船昴平,他)

●症例報告
免荷式歩行器の前進負荷機能を用いた歩行練習により歩行能力が改善した既往症を有する腰部脊柱管狭窄症の1例──シングルケースデザインによる検討(吉川大志)

●プラクティカル・メモ
骨折後の荷重量コントロールの一工夫──鉛直方向への操作を用いた軸圧荷重(眞本 匠)

●私のターニングポイント
大きな影響を与えてくださった2人の理学療法士との出会い(鬼頭大輔)

●学会印象記
第9回日本小児理学療法学会学術大会──今,小児理学療法に問われるもの(曽我崇大)

第9回日本予防理学療法学会学術大会──予防理学療法で地域をサポートする(岡﨑陽海斗)

●My Current Favorite 12
理学療法の在り方「ケアとセラピー」(廣濱賢太)
1,980円
■特集 嚥下機能に着目した理学療法■
特集 嚥下機能に着目した理学療法

嚥下機能と全身機能の関連──誤嚥のメカニズム(杉山岳史)
フレイルとオーラルフレイル(長谷川翔平,他)
摂食嚥下機能とチームアプローチ(森光 大)
嚥下機能に着目した理学療法評価(久保高明,他)
嚥下機能に着目した理学療法──嚥下関連運動機能(吉田 剛)
嚥下機能に着目した理学療法──姿勢と呼吸(内田 学)
嚥下機能に着目した在宅理学療法──評価と実践(高橋浩平,他)
嚥下機能と栄養──予防理学療法(原山永世,他)


□Close-up 運動制御
筋シナジーと運動制御(神﨑素樹)
体幹の運動制御(成田崇矢)
片麻痺歩行の多関節運動制御(森 公彦,他)


●とびら
「理学療法×(かける)○○」のキャリアデザイン(西川正一郎)

●「経営者」の視線 2
貢献の輪を広げて(池畑健太)

●臨床研究のススメ──エビデンスを創ろう 2
シングルケースデザイン(久保田雅史)

●臨床に役立つアプリケーション活用術 2
自助具に関するアプリとウェブサービス(林 園子)

●臨床実習サブノート
退院後から振り返るゴール設定──推論を事実と照合して学ぶ 9
施設入所 歩行自立(濱原健太郎,他)

●原著
鏡視下腱板修復術後における複合性局所疼痛症候群様症状の発症に影響する術前因子──決定木分析による検討(今井孝樹,他)

●報告
速さ-正確性トレードオフを示す運動調整課題データを統合的に分析する方法の検討(平井達也,他)

●症例報告
イラストやオノマトペを活用した運動学習により片麻痺機能と自立度の改善を認めた慢性期失語症患者の1症例(村部義哉)

●My Current Favorite 11
臨床理学療法研究者の育成(玉利光太郎)

●私のターニングポイント
多くの理学療法士から影響を受けて(八木優英)

●新型コロナウイルス感染症──現場からの報告
新型コロナウイルス感染症流行に伴うコロナフレイル予防の取り組み(石光雄太)
1,980円
■特集 多様化する急性期理学療法■
特集 多様化する急性期理学療法

エディトリアル 多様化する急性期理学療法(高橋哲也)
救命救急集中治療室における早期離床・リハビリテーション(松嶋真哉)
小児集中治療室(PICU)における早期離床・リハビリテーション(熊丸めぐみ)
熱傷センターにおける早期離床・リハビリテーション(久保貴嗣,他)
プレハビリテーション――がんの外科領域(井上順一朗)
プレハビリテーション――整形外科領域(和田 治,他)
プレハビリテーション――心臓外科術(阿部隆宏)
急性期遠隔理学療法(青山大輝,他)
急性期病院での労務管理・メンタルヘルス・ハラスメント対策(平田和彦)
――Topics――急性期病院でのゲーミフィケーション応用の可能性(澤 龍一,他)


□Close-up パラリンピックブレイン
パラアスリートの脳研究(中澤公孝)
パラアスリートにみるヒト脳の適応可能性――理学療法士の立場で考える(中西智也)


●とびら
一人の人間としての自分が理学療法士であるということ(三浦正徳)

●「経営者」の視線 新連載
私が中・大規模病院の理学療法科のトップに任命されたら――組織マネジメント,経営の定石を起点に(山根一人)

●臨床研究のススメ――エビデンスを創ろう 新連載
臨床研究の誕生(山科俊輔)

●臨床に役立つアプリケーション活用術  新連載
動作分析アプリKinovea(多米一矢)

●臨床実習サブノート
退院後から振り返るゴール設定――推論を事実と照合して学ぶ 8
在宅復帰 歩行外出自立(古川美緒子,他)

●報告
腰痛患者のドローイン動作における腹横筋と内腹斜筋の筋厚変化率(池田俊史,他)

●症例報告
回復期脳卒中患者に対する末梢神経電気刺激とGame-Based Exercisesの併用がバランス能力に与える影響――ABABデザインを用いた1症例での検証(奥野博史,他)

●紹介
結核に対する理学療法の紹介(垣内優芳,他)

●私のターニングポイント
出会いと体験によるパラダイムシフト(唐木大輔)

●My Current Favorite 10
行動経済学でスタッフ・患者が能動的に動ける環境づくり(久川裕美子)

●臨床のコツ・私の裏ワザ
テニス肘に対する他関節からの運動療法(岡村 俊)
1,980円
■特集 脊椎圧迫骨折に対する理学療法の工夫■
特集 脊椎圧迫骨折に対する理学療法の工夫

エディトリアル 脊椎圧迫骨折に対する理学療法の工夫(古谷英孝)
脊椎圧迫骨折の疾患概要と疫学(木村鷹介)
脊椎圧迫骨折後の臥床期における理学療法の工夫(森川大貴,他)
脊椎圧迫骨折後の離床期における理学療法の工夫(岡安 健)
脊椎圧迫骨折後の回復期における理学療法の工夫(中村 学)
脊椎圧迫骨折術後の理学療法の工夫――BKP術後(葉 清規)
脊椎圧迫骨折術後の理学療法の工夫――外傷性後彎症術後(大坂祐樹)
続発性骨折を予防するための理学療法の工夫――ホームエクササイズの指導(西田直弥)


□Close-up 取り組もう 末梢性顔面神経麻痺
末梢性顔面神経麻痺の診断と治療(古川孝俊)
末梢性顔面神経麻痺に対する実践的理学療法(森嶋直人)


●とびら
「裸のリーダー様」にならないために(谷内幸喜)

●画像評価――何を読み取る? どう活かす? 最終回
集中治療室でのモニタリング(西原浩真,他)

●理学療法のスタート――こうやってみよう,こう考えていこう 最終回
・モチベーションへの支援
・共感とは? ラポールの構築とは?(三宅貴志)

●臨床実習サブノート
退院後から振り返るゴール設定――推論を事実と照合して学ぶ7
在宅復帰 車椅子(髙原 剛)

●報告
透析患者の転倒危険因子に着目した運動機能と注意機能の特徴(柿原稔永,他)

●紹介
令和2年7月豪雨における熊本JRATの初動対応(田中康則,他)

●ひろば
理学療法士の特性を問う(中村壮大,他)

映画「MINAMATA―ミナマタ―」(山下雅代)

●My Current Favorite 9
スポーツ選手に生じる協調運動障害「イップス」(青山敏之)

●私のターニングポイント
他分野の研究者との出会い(西川裕一)

●新型コロナウイルス感染症――現場からの報告
広島中央リハビリテーション病院におけるスタッフ配置の工夫(藤谷友介)
おすすめの購読プラン

理学療法ジャーナルの内容

  • 出版社:医学書院
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:不定期  
理学療法士を対象とした専門誌
『PTジャーナル』として理学療法士に親しまれている。毎号話題のテーマで特集を組み、Physical Therapyの技術と知識を、図・写真を多用して分かりやすく紹介している。「入門講座」、「講座」、「1 ページ講座」などの連載欄では、理学療法に関する具体的な問題を取り上げている。PTによる研究論文も掲載。

理学療法ジャーナルの目次配信サービス

理学療法ジャーナル最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

理学療法ジャーナルの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.