定期購読で送料無料!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Voice(ボイス)のレビューを投稿する

Voice(ボイス)の内容

現代社会をさまざまな角度で鋭い分析!
月刊誌『voice』21世紀のよりよい社会実現のための提言誌として創刊されました。以来、政治、国際関係、経済、科学・技術、経営、教育など、激しく揺れ動く現代社会のさまざまな問題を幅広くとりあげ、日本と世界のあるべき姿を追求する雑誌づくりに努めてきました。次々と起る世界的、歴史的な変革の波に、日本社会がどのように対応するかが差し迫って闘われる今日、『voice』はビジネス社会の「現場感覚」と「良識」を基礎としつつ、つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合雑誌として、高い評価を得ています。

Voice(ボイス)の商品情報

商品名
Voice(ボイス)
出版社
PHP研究所
発行間隔
月刊
発売日
毎月6日  
参考価格
880円

Voice(ボイス)の無料サンプル

8月号 (2010年07月09日発売)
8月号 (2010年07月09日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Voice(ボイス) 5月号 (発売日2024年04月06日) の目次

2024/5月号の読みどころ
4月10日、総選挙を迎える韓国。
2年前に尹錫悦政権が誕生して以来、それまで険悪な関係が続いていた日韓関係は好転しました。
とはいえ、依然として歴史認識問題や竹島問題などの懸案は存在しますし、今後も韓国の対日姿勢は時々の政治状況により変動するはずで、すべての課題が即座に解決するとの見方は楽観的でしょう。

隣国であればこそ、両国のあいだには種々の課題や因縁が存在しますが、私たちは韓国がいま直面している「現実」を知ったうえで、いかに戦略目標を共有して、建設的な二国間関係を築くべきなのか。駐韓国大使を務めた冨田浩司氏や、尹政権のポピュリズムを紐解く木村幹氏の論稿などを掲載しています。
また、新著『拒否戦略』が話題を呼ぶエルブリッジ・コルビー元米国防次官補代理とハドソン研究所の村野将研究員の特別対談は、東アジアの秩序と日本の安全保障を考えるうえで必読の内容です。

特集2は「トランプは世界を壊すか」。
日本でも「もしトラ」が本格的に議論され始めているいま、アメリカでトランプ氏が支持を集めている背景や、再登板が現実化したときの世界への影響を考えます。

巻頭には、安田峰俊氏による陳水扁元台湾総統への独占インタビューを掲載。中国共産党と対峙し続けてきた陳元総統は、はたして何を語るのか。ぜひご一読ください。

━━━━  もくじ  ━━━━━
日韓関係「再構築」への道筋
冨田浩司
34p
「理念対決」ではなくなった選挙
牧野愛博
42p
尹錫悦政権のポピュリズム
木村 幹
50p
日本との明暗を分けた経済の脆弱性
高安雄一
58p
人口減少対策には「多様性」が欠かせない
春木育美
68p
危機をチャンスに変えた韓流コンテンツ
黄仙 惠
76p
出版事情から考える「韓国との距離」
金 承福
84p
対中国「拒否戦略」の条件と落とし穴
エルブリッジ・A・コルビー&村野 将
92p
特集2:トランプは世界を壊すか
「トランプ化」しないと勝てない?――バイデンの隘路
三牧聖子
130p
「イデオロギー」なき利己主義
橋本 努
138p
トランプの「魔法」をどう解くか
五十嵐元道
146p
楽観主義が「金融市場」に混乱を招く
塚口直史
154p
連載ほか
台湾有事は始まっている
峯村健司
104p
質問の質は「議員の質」
片山宗親
112p
教養とは「将来の自分」を想像する力
森本あんり&レジー
120p
戦争報道の「ジレンマ」の先に
須賀川 拓
200p
独占インタビュー
中国を恐れる必要はない
陳 水扁
14p
「中国嫌い」のための中国史〈8〉
『孫子』
安田峰俊
182p
日本史は「敗者」に学べ〈4〉
源義経
呉座勇一
190p
岡本喜八生誕100年
「戦中派」が戦後日本に問いかけたもの
福間良明 前田啓介
162p
グローバルヘルスは生まれ変わるか
馬渕俊介
208p
ニュースとコメンテーターの未来
石田 健
216p
「世間教」の同調圧力から抜け出せるか
佐藤直樹
222p
令和の事業家
「被害」をふり返る場が必要
坂上 香
230p
著者に聞く
うっかり手にした女性に勇気を
山内マリコ
234p
ニッポン新潮流〈現代社会〉
表層と実態が乖離する政治
西田亮介
26p
ニッポン新潮流〈都市文化〉
13年目の原発被災地から
藤村龍至
28p
地域から日本を動かす〈25〉
大阪の変化とたくましさ
結城豊弘
30p
歴史家の書棚〈46〉
奥島高弘『知られざる海上保安庁―安全保障最前線―』
奈良岡聰智
238p
文明之虚説〈77〉
「仕事」の本義
渡辺利夫
244p
邂逅する中世と現代〈7〉
髪の色
作・文/野口哲哉
1p
里山―未来へつなげたい日本の風景〈5〉
茅葺き
写真・文/今森光彦
6p
令和の撫子〈60〉
中条あやみ 
撮影/吉田和本
9p
Voiceブックス
編集者の読書日記

240p
Voiceシネマ
編集者の映画三昧

241p
Voiceレター
読者の感想&意見

242
------------------
以上でございます。ぜひ本誌にてお楽しみくださいませ。

Voice(ボイス)の目次配信サービス

Voice(ボイス)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Voice(ボイス)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 3.64
  • 全てのレビュー: 22件
新聞では物足りない人向け
★★★★☆2023年06月17日 かよきち 会社員
日経新聞などでは物足りない方に向いてます。 書いてる方も左右あまり関係なく、本質に迫った内容です。 新聞も最近は事実と異なる記事が見受けられますので、第一線の情報及び幅広く知識を得たい方に良い雑誌です。 就活生などは、新聞プラスこの雑誌を読んでおくと就活、及び就職後も知識レベルで苦労しないと思います。
一度購読してみた
★★★★☆2021年12月09日 龍伏 パート
新聞との観点が違う記事が多く、筆者も左右の偏りが少ないので情報として受け入れしやすい。
中道の老舗総合誌
★★★☆☆2018年11月10日 ダントム 会社員
政治面の話題は穏健な内容が多く、安定感がある。他の右派系、左派系雑誌よりも経済ネタが多い。バランスの取れた雑誌。
今月から始まった連載
★★★☆☆2016年07月01日 クマ 無職
今月から始まった連載の「プリンス」は今後の展開が楽しみです。
日経平均下落論の勘違い
★★★★☆2016年03月03日 アンティパスト 無職
堅い題名にも拘わらず、軽妙なタッチの話の進行にいつの間にか読み終わってしまいました。また、S君とのやりとりにも楽しい雰囲気がかもし出され読みやすくなっています。
PCで見れない
★☆☆☆☆2013年12月24日 ヨッシー 自営業
そちらの突然の変更によりpcで以前のように見れなくなりがっかりです。
馴染めなかった
★★☆☆☆2013年10月17日 車申次郎 会社員
4っか月購読しました。民主党議員を多くだしている松下政経塾関連の出版社だというので中立的な編集方針かと思ってました。実際読んでみたらかなり右に寄った内容で馴染めませんでした。自分は比較的保守的な思想を持っていますが、それでも記事の内容に違和感を感じました。
私の澪つくし
★★★★★2012年07月31日 ゆな 会社員
毎号目次の執筆陣を見渡すとうならずにはいられない絶妙な人選が魅力です。世の中の出来事に対して考える際に、基軸を与えてくれる数少ない雑誌だと認識しております。
政治・経済の論文集
★★★★☆2012年01月07日 daidaikou 部長
新聞では把握しきれない内容が深い内容で記事になっています。少し難解であるが読み応えあり。
様々な観点から見る必要がある
★★★☆☆2011年09月10日 ネアンデルタール人 会社員
興味を引く記事が多くあり、楽しく読めます。しかし、国防や金融政策に関する記事などは偏っていることが多いので、その分は差し引いて自分で考えたりしなくてはなりません。提示される記事に対して、自分の意見を持ち、客観的な観点から記事を見るいい練習になります。
レビューをさらに表示

Voice(ボイス)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.