ベースボールクリニック 発売日・バックナンバー

全263件中 196 〜 210 件を表示
859円
======
◆# ■特集
守備改善3カ月集中講座 I
中村順司<名古屋商科大監督、元PL学園高監督>の
「基礎から始める守備上達法」(1)
# 私の守備指導論
下山 優<香川・尽誠学園高監督>
# 注目アマチュア選手の技術観
上本博紀<早大内野手>


======
◆# ■現場からの声
高校生に対する打撃指導の指針
渋谷良弥<青森・青森山田高監督> 佐相眞澄<神奈川・川崎北高監督>
# 投打のフォーム連続写真
投手編・有馬 翔<宮崎・日南学園高3年>
打者編・大島隆宏<東京・創価高2年>
# 「野球食」レパートリー<5>
# NEXT WAVE ピックアップ 京都すばる高<京都>
# 投稿 野球における視覚能力の重要性
# ここに投げろ!(2) 第一線の捕手たちが明かす“わがリード”
# 松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<12>
ベースボールキネティックトレーニング<32>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<8>
考える! 使える!! 投手のランニングメニュー<3>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<16>
軟式の主要大会日程
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<77>
小学生のティーボール指導[最終回]
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション

933円
======
◆■特集
走塁向上のための意識と技術
古葉竹識<東京国際大監督、元広島ほか監督>の
走塁レベルアップ概論
プロ高卒ルーキーの3年間の取り組み方
藤村大介<巨人内野手>
私の走塁指導論
中迫俊明<鹿児島・鹿児島工監督>



======
◆■現場からの声
練習試合をより生かすには
中原英明<長野・長野日大高監督> 山崎慶一<岡山・岡山学芸館高監督>
投打のフォーム連続写真
投手編・平生拓也<三重・宇治山田高2年>
打者編・末永 豪 <福島・聖光学院高3年>
短期集中・スポーツビジョントレーニング[最終回]
「野球食」レパートリー<4>
2008年度改正規則解説
麻生紘二<日本野球規則委員会委員>
ここに投げろ! [新連載]第一線の捕手たちが明かす“わがリード”
甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会準々決勝 佐賀北vs帝京



======
◆【別冊付録】
Baseball Diary 2008.4~2009.3
ベースボールキネティックトレーニング<31>
考える! 使える!! 投手のランニングメニュー<2>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<7>
松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<11>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<15>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<76>
小学生のティーボール指導<23>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション

859円
======
◆■特集
投手育成 3カ月集中講座 III
阿波野秀幸<住友金属鹿島コーチ、元巨人ほかコーチ>の
「投球フォームのつくり方」<3>
注目アマチュア選手の技術観
巽 真悟<近大投手>
私の投手指導論
和泉 実<東京・早稲田実監督>



======
◆■現場からの声
オーダーづくりから考える戦術
斎藤智也<福島・聖光学院高監督> 宮崎裕也<滋賀・北大津高監督>
投打のフォーム連続写真
投手編・小熊凌祐<滋賀・近江高2年>
打者編・政野寛明<神奈川・桐光学園高3年>
短期集中・スポーツビジョントレーニング<5>
「野球食」レパートリー<3>
平成19年度日本学生野球協会表彰選手インタビュー
市丸大介<佐賀・佐賀北高3年>
甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会3回戦 長崎日大vs京都外大西
考える! 使える!! 投手のランニングメニュー[新連載]
ベースボールキネティックトレーニング<30>
松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<10>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<6>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<14>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<75>
小学生のティーボール指導<22>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション



859円
======
◆# ■特集
投手育成 3カ月集中講座 II
阿波野秀幸<住友金属鹿島コーチ、元巨人ほかコーチ>の
「投球フォームのつくり方」<2>
# 注目アマチュア選手の技術観
岡崎淳二<鷺宮製作所投手>
# 私の投手指導論
林 卓史<岐阜・朝日大監督>


======
◆ * ■現場からの声
冬場にできる走塁強化策
北川 良<石川・星稜高監督> 杉山繁俊<福岡・福岡工大城東高監督>
* 投打のフォーム連続写真
投手編・田中健二朗<静岡・常葉菊川高3年>
打者編・藤井 翼<富山・桜井高3年>
* 短期集中・スポーツビジョントレーニング<4>
* 「野球食」レパートリー<2>
* NEXT WAVE ピックアップ
聖和学園高<宮城>
* 甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会1回戦 新潟明訓vs花巻東

* 松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<9>
ベースボールキネティックトレーニング<29>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<5>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<13>
日華親善大学軟式野球国際大会リポート
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<74>
小学生のティーボール指導<21>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション



859円
======
◆■特集
投手育成 3カ月集中講座 I
阿波野秀幸<住友金属鹿島コーチ、元巨人ほかコーチ>の
「投球フォームのつくり方」<1>
注目アマチュア選手の技術観
佐藤由規<宮城・仙台育英高3年>
私の投手指導論
小川茂仁<宮崎・日南学園高監督>



======
◆■現場からの声
冬場にできる守備強化策
竹内政晴<長野・丸子修学館高監督> 堀口雅司<兵庫・東洋大姫路高監督>
投打のフォーム連続写真
投手編・甲斐大樹<大分・楊志館高3年>
打者編・樺沢 健 <群馬・前橋商3年>
短期集中・スポーツビジョントレーニング<3>
「野球食」レパートリー<1>
NEXT WAVE ピックアップ
安房高<千葉>
甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会準決勝 広陵vs常葉菊川
ベースボールキネティックトレーニング<28>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<4>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<12>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<73>
成長期のスポーツ障害と外傷[最終回]
小学生のティーボール指導<20>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション
859円
======
◆■特集
打撃強化 3カ月集中講座 III
3カ月連続で打撃強化をテーマとしてきた締めくくりとなる今月、かずさマジック・初芝清コーチ(元千葉ロッテ)の「打撃フォームのつくり方」は体重移動からフォロースルーまでの解説で総仕上げ。また、10月に行われた高校生ドラフトの1巡目で5球団競合の末、東京ヤクルトが交渉権を獲得した仙台育英高・佐藤由規投手から、今夏の甲子園で1イニング5点を奪って勝利を挙げた智弁学園高の小坂将商監督に強力打線をつくり上げるための打撃指導論をうかがっているほか、大学球界を代表する左の強打者として、亜大・岩本貴裕外野手に登場していただいた。
初芝 清<かずさマジックコーチ、元千葉ロッテ>の
「打撃フォームのつくり方」<3>体重移動からフォロースルーまで
私の打撃指導論
小坂将商<奈良・智弁学園高監督>
注目アマチュア選手の技術感
岩本貴裕<亜大外野手>



======
◆■現場からの声
オフシーズンの時間の使い方
西原忠善<山形・酒田南高監督> 片桐哲郎<東京・創価高監督>
投打のフォーム連続写真
投手編・永井 剛<新潟・新潟明訓高3年>
打者編・中井大介<三重・宇治山田商3年>
短期集中・スポーツビジョントレーニング<2>
選手の体をつくる「野球食」レシピ<72>
NEW WAVE ピックアップ
総合技術高<広島>
甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会2回戦 開星vs徳島商
松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<8>
ベースボールキネティックトレーニング<27>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<3>
軟式社会人レポート・天皇賜杯第62回全日本軟式野球大会
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<72>
成長期のスポーツ障害と外傷<9>
小学生のティーボール指導<19>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション

859円
======
◆■特集
打撃強化 3カ月集中講座 II
私の打撃指導論
矢川雅英<徳島・池田高監督>


======
◆初芝 清<かずさマジックコーチ、元千葉ロッテ>の
「打撃フォームのつくり方」<2>始動からトップの位置


======
◆注目アマチュア選手の技術感
平馬 淳<東芝内野手>


======
◆■現場からの声
競り合いに負けない強さを求めて
富岡潤一<群馬・前橋商監督> 大野康哉<愛媛・今治西高監督>


======
◆投打のフォーム連続写真
投手編・垣ヶ原達也<東京・帝京高3年>
打者編・川村 誠<滋賀・近江高3年>


======
◆短期集中・スポーツビジョントレーニング<1>


======
◆選手の体をつくる「野球食」レシピ<71>


======
◆NEW WAVE ピックアップ
楊志館高<大分>


======
◆甲子園“監督の目”そのときベンチは
第89回選手権大会 1回戦 東福岡vs桜井


======
◆松本匡史<小社顧問、元巨人二軍監督>のスピードスター球論<7>
ベースボールキネティックトレーニング<26>
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究<2>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<11>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<71>
成長期のスポーツ障害と外傷<8>
小学生のティーボール指導<18>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション
859円
======
■特集
打撃強化 3カ月集中講座 I
今月から、少し装いが新たになった本誌。特集でも、初の試みとして、打撃強化という一つのテーマに3カ月続けて取り組んでみることにしました。まずは、一昨年まで千葉ロッテで活躍していたかずさマジック・初芝清コーチが3回にわたって指南する「打撃フォームのつくり方」の1回目のほか、注目の大阪桐蔭高・中田翔選手の打撃への取り組み方や、こちらも同じ大阪で、近年、スケール感のある打者を輩出している履正社高・岡田龍生監督の打撃指導論をうかがっている。


======
初芝 清<かずさマジックコーチ、元千葉ロッテ>の
「打撃フォームのつくり方」<1>自分に合った構え方を決める


======
注目アマチュア選手の技術感 中田 翔<大阪・大阪桐蔭高 3年>


======
私の打撃指導論 岡田龍生<大阪・履正社高監督>


======
■現場からの声
夏に花を咲かせる年間計画
嶋崎久美<秋田・金足農監督> 布施正臣<山梨・甲府商監督>


======
投打のフォーム連続写真
投手編・植松優友<大阪・金光大阪高 3年>
打者編・濱野裕真<岡山・岡山理大付高 3年>


======
第1回全日本中学野球選手権大会リポート


======
選手の体をつくる「野球食」レシピ<70>


======
NEW WAVE ピックアップ 常磐大高<茨城>


======
米国発! 現場で使える最新スポーツ科学研究[新連載]
松本匡史(小社顧問、元巨人二軍監督)のスピードスター球論<6>
ベースボールキネティックトレーニング<25>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<10>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<70>
成長期のスポーツ障害と外傷<7>
小学生のティーボール指導<17>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
B.C.インフォメーション

859円
======
■今月の巻頭企画
日米大学選手権、悲願の敵地初Vを語る
河原井正雄(青学大、学生日本代表監督)



======
■特集
コーチを育てる
高校野球が終わり、それまでひたすらプレーに打ち込んできた状況から自らの進路に目を向けたとき、「生来は野球の指導者になりたい」と考える選手も少なくないだろう。そこで今月は、指導者育成という観点から特集を組んでみた。PART1は野球界に多数の指導者を輩出している大学の監督による現場からの声を集め、PART2で就任1年目にして激戦の神奈川から都市対抗本大会出場を決めた東芝・印出順彦監督にこれまで影響を受けた監督や目指す指導者像をうかがっているほか、PART3では6月号に研究成果の投稿を寄せてくれた早大大学院の4人の院生に座談会形式で「なぜ、大学院で学んで指導者を目指すのか」を語り合ってもらった。


======
[PART1]
現場からの声
川村 卓(首都・筑波大監督)
筒井大助(首都・日体大監督)
村瀬耕次(愛知・中京大監督)


======
[PART2]
さまざまな監督と出会って指導者としての自分がある
印出順彦(東芝監督)


======
[PART3]
野球を科学的に学ぶことで分かったことを生かしたい
早大大学院スポーツ科学研究科院生座談会


======
BIG GAME プレーバック
第56回全日本大学選手権決勝 早大vs東海大


======
■連載
松本匡史(小社顧問、元巨人二軍監督)のスピードスター球論<5>
ベースボールキネティックトレーニング<24>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<9>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<69>
成長期のスポーツ障害と外傷<6>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<最終回>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<16>
B.C.インフォメーション




859円
======
■今月の巻頭企画
第56回全日本大学選手権優勝記念トーク
應武篤良(早大監督)



======
■特集
レベルアップ走塁術
打ち勝つ野球は、確かに魅力的だ。かといって、打てないから点が取れない、だから負けるのも仕方ないというものではない。単打であっても、走者は二つでも三つでも先の塁を狙えるのが野球。打撃と打撃の間をつなぐ走塁次第では、いくらでも得点能力は変わってくる。夏の大会が終わっても、すぐ新チームでの実戦が控えているのがこの時期だけに、今月の特集では走塁をテーマとした。まず、走塁の指導について高校野球監督による現場からの声を集めたPART1のほか、PART2で“世界の盗塁王”として知られる元阪急・福本豊氏にその卓越した盗塁論の一端をうかがい、PART3では創価大の全日本大学選手権3年連続4強を三塁コーチスボックスから支えてきた堀内尊法コーチにベースコーチの心得を語っていただいている。



======
[PART1]
現場からの声
小池啓之(北海道・旭川南高監督)
飯島孝則(千葉・千葉商監督)
藤原弘介(大阪・PL学園高監督)




======
[PART2]
“世界の盗塁王”が伝授する盗塁を成功するための極意
福本 豊(元阪急外野手、オリックス二軍監督)



======
[PART3]
選手からのアンサー確認はベースコーチにとって必須
堀内尊法(創価大コーチ)



======
■連載
甲子園“監督の目”そのときベンチは 第79回選抜大会1回戦 北陽vs鹿児島商
松本匡史(小社顧問、元巨人二軍監督)のスピードスター球論<4>
ベースボールキネティックトレーニング<23>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<8>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<68>
成長期のスポーツ障害と外傷<5>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<17>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<15>
B.C.インフォメーション



======
投打のフォーム連続写真
丸佳浩&松本歩己(千葉・千葉経大付高) 解説・松本吉啓監督



======
選手の体をつくる「野球食」レシピ<68>

859円
======
■今月の巻頭企画
馬渕史郎(高知・明徳義塾高監督)×
香田誉士史(北海道・駒大苫小牧高監督)
スペシャル対談


======
■特集
バントの理論と戦術
今春の甲子園を制した常葉菊川高はバントをしないことで注目されたが、2年前には徹底したバント戦法の愛工大名電高が優勝しているだけに、使い方によって、強力な武器となることは間違いないバントの技術。目前に迫る夏の大会に備え、再確認を怠らずにしておきたいものだ。そこで今月の特集は、バントの指導と作戦的な考え方について高校野球監督による現場からの声を集めたPART1のほか、PART2で現役時代は犠打世界記録を樹立するなど、“バントの職人”として知られる中日・川相昌弘内野守備走塁コーチにその奥義を、PART3では広島、巨人で139勝を挙げた川口和久氏に、逆に投手の立場からいかにバントを封じるかを、それぞれうかがっている。


======
[PART1]
現場からの声
中村良隆(長野・佐久長聖高監督)
中内博和(山口・柳井商監督)
佐々木未応(宮崎・都城泉ケ丘高監督)


======
[PART2]
100パーセント成功できるエリアはどういう状況でも必ずある
川相昌弘(中日内野守備走塁コーチ)


======
[PART3]
簡単に決めさせないための「投手のバント対応」の要点
川口和久(元広島、巨人投手)


======
■連載
甲子園“監督の目”そのときベンチは 第79回選抜大会1回戦 熊本工vs県和歌山商
松本匡史(小社顧問、元巨人二軍監督)のスピードスター球論<3>
ベースボールキネティックトレーニング<22>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<7>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<67>
成長期のスポーツ障害と外傷<4>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<16>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<14>
B.C.インフォメーション


======
# 投打のフォーム連続写真
野村祐輔&土生翔平(広島・広陵高) 解説・中井哲之監督
# 選手の体をつくる「野球食」レシピ<67>






859円
======
■今月の巻頭企画
選抜大会優勝には訳がある
常葉菊川高グラウンド訪問


======
■特集
打撃力の充実を図る
先月は投手指導をテーマとしたが、投手を中心に守りを固め、失点が計算できるようになっても、点を取らなければ勝つことはできない。そのために、バントや走塁を磨いていくのも一つの手だが、シンプルに、打って取れればそれに越したことはないだろう。これから夏に向けて、打者個々のレベルアップや試合に備えての調整などが重要になってくる。そこで今月は、打者の指導について高校野球監督による現場からの声を集めたPART1、元日本ハム監督で現役時代は代打本塁打のシーズン記録も持つ大島康徳氏に代打成功の確率を上げる心得などをうかがったPART2、早大大学院生4人が研究した左打者の左投手攻略に関する投稿を取り上げたPART3という構成で特集を組んでみた。


======
[PART1]
現場からの声
佐藤友昭(愛知・享栄高監督)
山下善啓(奈良・高田商監督)
山内 明(広島・盈進高監督)


======
[PART2]
とにかく初球を振ることで代打成功率は上がってくる
大島康徳(元日本ハム監督)


======
[PART3]
[投稿]左打者の左投手攻略に関する一考察 ~野球の指導表現を考える~
鵜瀬亮一(早大大学院スポーツ科学研究科)ほか


======
■連載
甲子園“監督の目”そのときベンチは 第79回選抜大会1回戦 宇部商vs日大藤沢
松本匡史(小社顧問、元巨人二軍監督)のスピードスター球論<2>
ベースボールキネティックトレーニング<21>
メジャー審判への道<最終回>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<6>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<66>
成長期のスポーツ障害と外傷<3>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<15>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<13>
B.C.インフォメーション


======
投打のフォーム連続写真
佐藤由規&高橋巧(宮城・仙台育英高) 解説・佐々木順一朗監督


======
選手の体をつくる「野球食」レシピ<66>
海老久美子(ニュートリションコーチ)




859円
======
■今月の巻頭企画
東京スポニチ大会で今季優勝一番乗り
JR九州の揺るぎない実力


======
■特別企画
選抜大会だけでは分からない
「投手・中田」の秘めた可能性


======
■特集
投手力の充実を図る
春季大会など実戦に入ってくると、まず気になるのが投手の出来ではないだろうか。さらに、これから夏に向けて、投手個々のレベルアップと連戦をまかなえるだけの投手陣の整備が重要になってくる。そこで今月は、投手の指導について高校野球監督による現場からの声を集めたPART1、若手の指導手腕に定評があるオリックス二軍・サーパスの清川栄治投手コーチにお話をうかがったPART2、PART3には米国の大学で最新のスポーツ医学に取り組む日本人研究者から寄せられた成長期の投手指導に関する投稿という構成で特集を組んでみた。

======
[PART1]
現場からの声
稗田 徹(千葉・千葉日大一高監督)
多賀章仁(滋賀・近江高監督)
神谷嘉宗(沖縄・浦添商監督)


======
[PART2]
ここだけは負けないというスペシャリストを目指そう
清川栄治(サーパス投手コーチ)


======
[PART3]
[投稿]けがなく投手を育てる成長期の選手へのアプローチ
小山啓太(米国・セントラルミシガン大スポーツ医学科臨床講師、ATC)


======
■連載
松本匡史(元巨人二軍監督)のスピードスター球論[新連載]
ベースボールキネティックトレーニング<20>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<5>
メジャー審判への道<46>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<65>
成長期のスポーツ障害と外傷<2>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<14>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<12>
B.C.インフォメーション




933円
::::::::::
【別冊付録】
Baseball Diary 2007.4~2008.3

::::::::::
▼今月の巻頭企画
球春到来!
監督で読み解く2007選抜高校野球大会


::::::::::
▼新年度特別企画
グラブに魂を込めろ!
グラブインストラクターの誌上講習
梅原伸宏(株式会社ミカサスポーツ代表取締役)

::::::::::
▼特集
下級生の生かし方
いよいよ4月。高校野球では、昨年の夏を終え新チームを結成して以来、2学年で活動してきたところに新入生が加わり、3学年がそろうことになる。チーム事情にもよるだろうが、その新入生を加えた下級生に即戦力としての期待をかけたり、あるいは次代を担わせるべむまずはじっくり体づくりなど、指導者としては頭を巡らせないはずがない。そこで、今月の特集は「下級生の生かし方」と題し、高校野球監督による現場からの声を集めたPART1、これまで下級生の思い切った起用を成功させてきた東洋大・高橋昭雄監督にその秘けつをうかがったPART2、前東北楽天ヘッドコーチの松本匡史・小社顧問の経験談から選手の立場での心得を考えるPART3という構成にしてみた。

::::::::::
[PART1]
現場からの声
青柳博文(群馬・健大高崎高監督)
鍵谷英一郎(岐阜・県岐阜商監督)
井上 力(徳島・徳島商監督)


::::::::::
[PART2]
才能ある選手はどんどん使い少しでも多く経験を積ませる
高橋昭雄(東洋大監督)


::::::::::
[PART3]
先輩たちとうまく付き合い実力を出すための選手心得
松本匡史(小社顧問・前東北楽天ヘッドコーチ)


::::::::::
スペシャル企画 第88回全国高校野球選手権大会決勝
早稲田実・和泉実監督が語る駒大苫小牧戦のベンチワーク<後編>
::::::::::
2007年度改正規則解説
~改正理由と適用上の解釈について~ 麻生紘二(日本野球規則委員会委員)

::::::::::
■連載
成長期のスポーツ障害と外傷[新連載]
ベースボールキネティックトレーニング<19>
メジャー審判への道<45>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<4>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<64>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<13>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<11>
B.C.インフォメーション


::::::::::
# 投打のフォーム連続写真
大田阿斗里&中村 晃(東京・帝京高) 解説・前田三夫監督
# 選手の体をつくる「野球食」レシピ<64>
海老久美子(ニュートリションコーチ)



859円
::::::::::
▼今月の巻頭企画
大阪桐蔭高グラウンド訪問

::::::::::
▼特集
シーズンインを見据えて
オフの厳しいトレーニングを乗り越え、選手たちの待ちに待った球春が、もうそこまで迫ってきている。指導者にとっても、冬の成果がどう現れてくるか、楽しみな時期だろう。ここからつまづくことなく、スムーズにシーズンインを迎えるためには、何が必要になってくるのか。今号の特集は、PART1で高校野球監督による現場からの声を集め、PART2にシーズンで好結果を出すための選手のあり方を探るべく平成18年度日本学生野球協会表彰選手のインタビューを、 PART3ではけがのないシーズンを送るための「ベースボールストレッチ」を紹介する投稿を掲載。この1カ月で準備を万全にしてほしい。

::::::::::
[PART1]
現場からの声
根城亮輔(青森・三沢高監督)
萩生田博美(東京・日大鶴ヶ丘高監督)
堂 統(京都・京都学園高監督)

::::::::::
[PART2]
みんなの力を一つにできれば大きなことも成し遂げられる
鮫島哲新(鹿児島・鹿児島工3年)

::::::::::
[PART3]
姿勢を正し、けがを予防する「ベースボールストレッチ」
近藤英隆(若田接骨院院長)

::::::::::
スペシャル企画 第88回全国高校野球選手権大会決勝
早稲田実・和泉実監督が語る駒大苫小牧戦のベンチワーク<前編>

::::::::::
整形外科Dr.岩間の新連載開始特別インタビュー
成長期の選手たちへの指導と障害について考えること
~巨人育成担当・宮本英治コーチに聞く~

::::::::::
▼速報
ベースボールキネティックトレーニング<18>
メジャー審判への道<44>
軟式社会人プレーヤーから学ぶ上達法<3>
レジー・スミスのジュニアベースボールアカデミー<63>
ことばで伝える野球の道「ショートストップの囁き」<12>
アマチュア野球情報アラカルト
少年野球ホットライン
小学生のティーボール指導<10>
B.C.インフォメーション


::::::::::
投打のフォーム連続写真
高須 諒&堂上直倫(愛知・愛工大名電) 解説・倉野光生監督


::::::::::
選手の体をつくる「野球食」レシピ<63>
海老久美子(ニュートリションコーチ)





おすすめの購読プラン

ベースボールクリニックの内容

ベースボールに関する情報誌
小・中・高校生などが、正しく指導され技術を磨けるよう各現場の情報やコメント満載した技術専門誌。

ベースボールクリニックの目次配信サービス

ベースボールクリニック最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ベースボールクリニックの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.