I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
和樂(和楽)のレビューを投稿する

和樂(和楽)の内容

日本文化の入り口マガジン『和樂』とは?
和樂が考える日本文化の魅力、それは多様性です。

長い時に育まれた多種多様な職人の技、凄まじいまでの技巧と気迫が発露した日本美術、数えきれないほどの種類を誇る地方文化、そのすべてが魅力に満ちており、私たちの人生を豊かに彩ってくれます。


国内外でブームを迎えつつある日本美術は、それぞれが豊かな着想を持った絵師、世界でも類を見ない独特の進化を遂げた技法とあいまって、日本文化の多様性の象徴ともいえる存在です。そして日本文化の多様性のベースとなるもの、それが地方が持つ文化の豊かさです。


北は北海道から南は沖縄まで、日本はその土地土地によってまったく違う風土に基づいたバラエティに富んだ文化があります。これほどの多様性を持った国がほかにあるでしょうか。


都市生活者、海外からの渡航者、あるいは、ほかの地域から訪れる方にとって、美しい姿を残す地方の町並みはまさにそれ自体が文化のアミューズメントパーク。


アミューズメントパークを楽しむように地方の町を楽しみ、地方のいいものにふれる。そんな日本の楽しみ方を私たちは提案していきます。


「日本美術」や「地方のいいもの」に代表される日本文化は世界最高の知的エンターテインメント。「和樂」はこのエンターテインメントを心行くまで楽しんでいただくための入り口マガジンです。



『和樂』編集長 高木史郎


和樂(和楽)の商品情報

商品名
和樂(和楽)
出版社
小学館
発行間隔
隔月刊
発売日
[紙版]奇数月1日  [デジタル版]毎奇月1日
参考価格
[デジタル版]1,100円

和樂(和楽) 2024年6月号 (発売日2024年05月01日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
・ Prologue●ふたりを知る細川護熙さんが語る
次郎さん・正子さんへの変わらぬ思慕
・ Part1●てらいのない“うぶ”な美を終生追い求めた
白洲正子が見出した「日本の美」10選
・ Part2●忖度のない、潔い生き方に、称賛と憧れを抱かずにはいられない
有言実行の人―白洲次郎の言葉と生き方
・ Part3●ふたりの人生と、駆け抜けた時代を振り返ります!
白洲次郎と正子の生涯「W年表」
・ Part4●かっこよく、美しく、深く、そして何よりチャーミング!
次郎と正子、夫婦の「美意識」キーワード27
・ Part5●よく知るふたりが解き明かす ふだん着の白洲次郎、正子の姿
特別対談 牧山圭男さん(娘婿)×青柳恵介さん(古美術評論家)
・ Column●切れ味の鋭いふたりの言葉が、きっと人生の糧になる!
白洲次郎、正子の毒舌名言集
・ Part6●武相荘のたからものSpecial
父・次郎と私、忘れられない5つの物語 文・牧山桂子
・ Part7●白洲次郎、正子の面影を訪ねて
「旧白州邸 武相荘」探訪ガイド
・ 豪華大きめサイズ! 3枚セット!
「武相荘のたからもの」和樂特製ポストカードセット
・ 〈第二特集〉
なぜ「画聖」? なぜ「国宝」? その謎に日本美術ミステリーハンター山下裕二さんと挑みます!
雪舟どこがスゴいの?
・ 襲名披露スペシャル対談
五代目 坂東玉三郎×中村梅枝改め、六代目 中村時蔵
・ 江戸時代から変わることのない唐紙の美を、白洲正子さんも愛しました
十一代千田堅吉さんが今に伝える 京都「唐長」四百年の光と色と文様と
・ 名画で楽しむ初夏の息吹
緑、滴る
・ 日本海の海の幸、山の幸を味わい尽くす 伝統の「食の知恵」が息づいています
古くて新しい! 福井の「発酵食」を巡る旅へ
・ その美味しさには文化と歴史が詰まっていました!
名劇場と「たまごサンド」その密なる関係
・ 宝飾の聖地に誕生!
「シャネル パトリモニー」新たな伝説の始まり
・ 小雪さんと祝う、TASAKI 70周年特別企画
至宝の真珠、伝統と革新の物語
・ エルメスの茜色を纏って、額田王ゆかりの飛鳥の地へ
茜さす…
橿原・明日香・多武峯 ドラマティックな古代奈良の歴史が息づいて…
日本の礎「飛鳥」にはロマンが詰まっています
・ 和歌で読み解く日本のこころ
文・馬場あき子 五月雨、晴れて常夏
・ 坂東玉三郎 私の日課
第五回 珈琲時間
・ 京ことば都がたり
文・彬子女王 第十九回 コンチキチン
・ 茶の湯の「をかし」帖
第二回 ひと筋の雨
・ 和樂スペシャルセレクト
世界が憧れる日本の美意識
MIKIMOTO/ISSEY MIYAKE/SENSAI
・ 和樂好みな名品&逸品
Jewelry/Watch/Fashion/Lifestyle
・ ハイジュエリー 新たなる伝説
DIOR ディオール 纏う人 小雪
・ 美の賢者が語る、今月の至福美容
今月の美の賢者 美容ジャーナリスト 天野佳代子
・ 今月、何かいいコスメ、見つかった?
・ ブルネロ クチネリと日本の尖鋭技術が融合!
知的ラグジュアリーな、大人のアイウエア登場
・ ハリー・ウィンストンから生誕の街ニューヨークへ
煌めくラブレターのようなハイジュエリーのコレクション
・ 宝飾史に燦然と輝く名門ジュエラーの展覧会は見逃せない!
心に刻む「ティファニー」の名品ジュエリー
・ 全国厳選! 美術展カレンダー〔優待クーポン券付き!〕
Art Exhibition NAVI
5か月先までの人気美術館のスケジュールがひと目でわかる!
・ 定期購読のお知らせ、取材協力社リスト
・ プレゼント付き和樂検定クロスワードパズル
・ 和樂八・九月号のお知らせ
美の国ニッポンをもっと知る!

日本美術をもっと楽しく!日本文化をもっと身近に!世界にも希なる「美の国=ニッポン」の美しさをひとつでも多く見つけてお届けしたい。創刊から23年の今年も、その願いは変わりません。また、西洋美術も含めた美術展情報の充実も心がけてまいります。

※電子版には特別付録「『武相荘のたからもの』ポストカードセット」はつきません。
※電子版では、次の特集にマスキングされた画像が複数含まれます。
「〈大特集〉 永遠のふたり 白洲次郎と正子」
その他、一部マスキングしている写真、掲載されないページや、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。
※電子版からは応募できない懸賞などがございます。


AD
目次
美の国ニッポンをもっと知る!和歌で読み解く日本のこころ
坂東玉三郎 私の日課
襲名披露スペシャル対談 五代目坂東玉三郎×中村梅枝改め、六代目中村時蔵
京都「唐長」 四百年の光と色と紋様と
宝飾の聖地に誕生!「シャネル パトリモニー」新たな伝説の始まり
緑、滴る
〈大特集〉 永遠のふたり 白洲次郎と正子
Prologue ふたりを知る細川護熙さんが語る次郎さん・正子さんへの変わらぬ思慕
Part1 白洲正子が見出した「日本の美」10選
Part2 有言実行の人――白洲次郎の言葉と生き方
Part3 白洲次郎と正子の生涯「W年表」
Part4 次郎と正子、夫婦の「美意識」キーワード27
Part5 ふだん着の白洲次郎、正子の姿
Column 切れ味の鋭いふたりの言葉が、きっと人生の糧になる!白洲次郎、正子の毒舌名言集
Part6 武相荘のたからものSpecial 父・次郎と私、忘れられない5つの物語
Part7 白洲次郎、正子の面影を訪ねて「旧白州邸 武相荘」探訪ガイド
世界が憧れる日本の美意識
彬子女王殿下 京ことば都がたり
茶の湯の「をかし帖」
至宝の真珠、伝統と革新の物語
ブルネロ クチネリと日本の尖鋭技術が融合!知的ラグジュアリーな、大人のアイウエア登場
ハリー・ウィンストンから生誕の街ニューヨークへ 煌めくラブレターのようなハイジュエリーのコレクション
〈第二特集〉 雪舟どこがスゴいの?
茜さす…
古くて新しい!福井の「発酵食」を巡る旅へ
和樂好みな名品&逸品
ハイジュエリー 新たなる伝説 DIOR
美の賢者が語る、今月の至福美容
今月、何かいいコスメ、見つかった?
名劇場と「たまごサンド」その密なる関係
宝飾史に燦然と輝く名門ジュエラーの展覧会は見逃せない!心に刻む「ティファニー」の名品ジュエリー
全国厳選!美術展カレンダー
定期購読のお知らせ、取材協力社リスト
プレゼント付き和樂検定クロスワードパズル
和樂八・九月号のお知らせ

和樂(和楽) 2024年05月01日発売号掲載の次号予告

〈大特集〉田中一村が描いた南国を訪ねて奄美大島へ 長沢芦雪の龍&虎に会いに串本へ 葛飾北斎が愛した富士山・滝・橋を探して…etc.
死ぬまでに見ておきたい!名画と絶景の旅
東西に細長い日本は、小さな島国ですが複雑な景観に富んだ場所が多くあります。
古からその景色は多くの人の心を捉え、芸術家たちにもインスピレーションを与えてきた。
今回は、一度は見ておきたい絶景のなかでも、名画に描かれた絶景、そして名画を生み出すエネルギーにもなった絶景を厳選。
また全国都道府県の観光課に教えてもらった知られざる絶景も紹介。
まだ見たことのない絶景に出合えるかもしれません。

〈第2特集〉
歌人・馬場あき子さんと俵万智さんが、日本人なら知っておくべき「和歌」と、「短歌」を詠む悦楽を手ほどきします
「短歌」のある人生って楽しい!

〈夏の食探求企画〉
「素麺」がもっと美味しくなる物語り

※予告の内容は変更する場合があります

和樂(和楽)の目次配信サービス

和樂(和楽)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

和樂(和楽)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.43
  • 全てのレビュー: 374件
日本の芸術作品に触れたくて
★★★★★2024年04月29日 すいかさま 専業主婦
日本の芸術作品に触れたくて時々購入しています。勉強になります。
わらく
★★★★★2024年02月16日 ちゃちゃ 専業主婦
日本の伝統文化を魅力的に伝えてくれます。イベント情報もあり、あしを運びたくなりました♪
内容が興味深い
★★★★☆2024年01月11日 N 主婦
写真も記事も充実しています。ただ重いし、買い逃してしまうので、定期購読が便利かなと思っています。
世界が広がります
★★★★★2023年12月21日 おもち 会社員
ここ数年、定期購読させていただいています。何といっても、写真の美しさ。子供が幼く、静かな空間へなかなか行けず。 毎号、和楽で美術館へ行った気分を味わっています。
ハイジュエリーをそこまで掲載します?
★★☆☆☆2023年09月08日 のる 無職
日頃愛読していますが、2023年10、11月号のハイジュエリーのページ数多すぎでしょう! 誌面の三分の一占めてます ガッカリ! これが和樂? 趣旨が聞きたくて編集部に連絡するも電話番の女性のところで門前払い! 私はこんなものが見たくて買ってるわけではないので、次回から内容をよく吟味します
再会
★★★★★2023年08月01日 You 自営業
店舗にお客様用として(私が一番愉しんで読んでいますが♪)定期購読していたのですが、コロナ禍の3年間お休みしていました。この度、定期購読を再開し、そして和樂との再会♪ いつもの美術館情報から毎号工夫された特集まで、絵本を愉しむように時間を忘れてしまいます。これからも、ずっとずっと応援しています。
国宝の旅
★★★★★2023年07月01日 タロ 社長
2か月に一度楽しみにしています。和食の特集をいつかお願いします。
写真が綺麗!
★★★★★2023年05月31日 piameg 専業主婦
雑誌自体は知っていましたが、美容院でじっくりと観たら、写真が綺麗なのと美術館情報や画家の比較などがとても興味深く、保存しておきたい雑誌だと思いました。 日本文化をもっともっと知りたくなる本でした。
気分も落ち着くお勧めの雑誌
★★★★★2023年05月20日 satton 公務員
写真も綺麗で毎号発売を楽しみにしています。 心が和むし癒やされます。
勉強になる
★★★★★2023年05月17日 とらじの姉 会社員
定期購読しています。とてもためになるし、心が豊かになります。何度も読み返しても新たな発見があり、飽きません。
レビューをさらに表示

和樂(和楽)をFujisanスタッフが紹介します

和樂(和楽)は、日本の美術や文化を独特の切り口でとらえた読み応えのある雑誌です。日本美術を代表する葛飾北斎や尾形光琳、伊藤若冲などを紹介していますが、その取り上げ方が面白いです。日本美術を世界の名画と比較、対決させるのです。伊藤若冲とフェルメールの比較ではそれぞれの白、黒、青の色づかいをわかりやすく説明していて、思わずなるほどと思ってしまいます。このほかにも、世界の名画と日本美術を対決させるなど、東西の美術について楽しく理解できます。また、日本の伝統芸能の歌舞伎をバレエやオペラと比べたりもします。エンターテイメントとして歌舞伎がいかに魅力あるものであるかがわかりますし、400年の長きに渡って続いてきた理由も納得できます。

日本文化といえば、茶道や華道、着付けなどが一般的ですが、和樂(和楽)では日本文化は多様性が魅力と考え、多方面からアプローチをしています。茶道も茶の湯はROCK!という観点でミュージシャンたちの茶碗を紹介したり、茶道をカジュアルに楽しむ人たちが登場したり、茶道ってあんまり硬く考えなくてもいいのかなと思わせてくれます。そして、多様性ということから、地方文化にも重きをおいており、日本各地のバラエティに富んだ文化も登場します。うだつのある家々、弁柄格子が続く路地などの街並みはもちろんのこと、その地に脈々と受け継がれてきた漆芸や鉄器、機織りものなど長い歴史を持つ地方都市の文化の魅力も伝えています。

和樂(和楽)は目を引く表紙はもちろんのこと、誌面の独創的なデザインや写真もとてもきれいです。文章もわかりやすく、読んでいると日本の文化や美術に興味が涌いてきます。ときには、その場所に行きたくなったりもします。発行は隔月(奇数月の1日発売)ですが、次号が待ち遠しくなります。

和樂(和楽)定期購読のプレゼント

伊藤若冲「玄圃瑤華」ガーゼタオル
対象購読プラン:1年・2年
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

和樂(和楽)の所属カテゴリ一覧

和樂(和楽)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.