毎号お手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
建築技術のレビューを投稿する

建築技術の内容

建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌
月刊「建築技術」は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広く取り上げ、読者のあらゆるニーズに応えるとともに、明日の建築におけるアーキテクノロジーを追求します。

建築技術の商品情報

商品名
建築技術
出版社
建築技術
発行間隔
月刊
発売日
毎月17日
サイズ
B5
参考価格
2,200円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「建築技術」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

建築技術 890 2024/03 (発売日2024年02月17日) の目次

月刊建築技術 2024年3月号
特集:外力の捉え方から構造設計を見直す
監修:朝川 剛(東京電機大学未来科学部建築学科准教授)

建物にはさまざまな外力(風圧力、地震動、土圧、津波洪水など)が作用します。建物規模が大きくなればなるほど外力は増し、想定を超えるような外力がかかるおそれも増えてきます。起こりうる外力からのリスクを予見し、適切に外力設定を行うことが構造設計上重要なポイントとなります。本特集では、外力を種類ごとに解説し、非構造部材や構造骨組みの疲労など知っておきたいポイントも事例で紹介しています

目次

Ⅰ. 外力の捉え方から構造設計を見直す│朝川 剛…… 62
Ⅱ. 外力からみる構造設計時の注意点
 風圧力│松井正宏…… 66
 耐震設計と設計用入力地震動│久礼実希…… 68
 土圧│村川史朗…… 72
 積雪荷重の設定時に配慮すべき事柄│髙橋 徹…… 76
 津波、洪水│小山 毅…… 80
 衝撃(衝突・爆発)│西田明美…… 86
 温度│石川孝重…… 90
Ⅲ. 外力として衝突現象を考慮した天井改修事例│刀田健史…… 92
Ⅳ. 構造骨組における低サイクル疲労│吉敷祥一…… 96
Ⅴ. シミュレーション技術による耐風設計への
 風荷重評価の変革│田村哲郎…… 100
Ⅵ. 外力からみる事例紹介
 40階建超高層住宅における中間層免震構造の設計│高原伸一+近藤秀信…… 104
 海外の建物の設計事例│後藤一真+富岡良太…… 108
 超高層木造建築のロードマップを描く│原田公明+福島孝志…… 112
Ⅶ. 外力にまつわる動向
 大地震時の応答変形評価│竹内 徹…… 114
 偶発作用のハザード評価とリスクマネジメント│濱本卓司…… 116
 相模トラフ巨大地震と想定される長周期地震動の最新動向│久田嘉章…… 118
 異なる荷重が組み合わさる場合の注意点温度荷重と他の荷重の組合せ│中島秀雄…… 120
 異なる荷重が組み合わさる場合の注意点地震と積雪,風と積雪│髙橋 徹…… 122
 ロバスト設計(外力のばらつき)のポイント│山川 誠…… 124
 ここが違う日米の高層建物│堀 裕輔+安本 宏+鈴木芳隆…… 126
 盛土地盤における注意点│本田道識…… 130
【Contents】
まえばしガレリア│㈱平田晃久建築設計事務所…… 12
一本の樹のような建築│青山 稔…… 22
まえばしガレリアをつくる意味│橋本 薫…… 24
浮いているイメージを実現した構造計画│伊佐俊昭+安原大樹…… 28
まえばしガレリアの施工計画│宮下 潤+佐々木 寛…… 30
高知県本山町新庁舎│㈱遠藤克彦建築研究所…… 32
空間を拡張に導く「ストラクチャーとエレメント」│遠藤克彦+木村史聴…… 38
ドローンとBIMが切り拓く先進施工技術の舞台│白川敬理…… 43
木屋根と薄壁で極軽量なRC躯体│佐藤 淳…… 44
【新連載】
SABTEC機械式定着工法SS7組込プログラム取扱い説明書(2023年)
第1回◉SS7組込プログラムVer.1.1.1.19のSABTEC指針(2022年)準拠機能│益尾 潔…… 132
【連載】
新時代を拓く最新施工技術
第171回◉斜め柱を多用する超高層建物の施工と施工時解析を用いた
予測技術に基づく施工事例│佐藤起司+西浦良輔…… 46
建築関連最新判例の解説
第123回◉大規模改修工事が建築一式工事に当たるかどうかの判断基準│秋野卓生+大友秀剛…… 144
建築 千思万考 第8回◉仮設構造物と一般建築物はどこが違う?│田村幸雄…… 148
施工者に幸あれ 第147回◉膜で突き抜ける! 喜多村 淳│朝倉幸子…… 154
自走する構想 第36回◉設計プロポーザル参加を開かれたものにするために│遠藤克彦…… 155
一言居士◉引き継がれていくもの│橋爪慶介…… 143
ザ・ブックス◉アイノとアルヴァ アアルト書簡集│ヘイッキ・アアルト=アラネン 著 金井謙介 評…… 146
【TECHNICAL View】
日本古来の和鉄の特性 現代技術で再現した鋼材…… 54
大阪・関西万博建設資材 製造時CO2排出量50%削減…… 55
地震時の杭への応力負荷を低減する杭頭半剛接合構法…… 56
超高強度RC造柱の補修・補強技術…… 57
BIMを用いた建築物新築時CO2排出量予測システム…… 58
施工段階のCO2排出量を予測するシステム…… 59
【MACRO & MICRO】
トピックス+セミナー+コンペ・コンテスト+企業情報+イベント・ギャラリー+ブックス
Column 追悼・彦根 茂 最高に優れたエンジニア彦根茂のご逝去を悼む│和田 章…… 151
【BRI news & topics】
令和6年2月22日(木)研究所講演会の開催…… 136
【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……140

【表紙】
まえばしガレリア
設計:㈱平田晃久建築設計事務所

撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M’s SPACE)

通巻 890号
発売日 2024年2月17日
判型・頁 B5判・166頁
雑誌コード 03325-3

※建築技術特集「外力の捉え方から構造設計を見直す」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般社団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。

建築技術の目次配信サービス

建築技術最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

建築技術のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.33
  • 全てのレビュー: 18件
とても重宝しています。
★★★★★2023年09月14日 1 役員
専門的な内容で毎号勉強になります。今後も定期購読していきます。
貴重な雑誌です。
★★★★★2023年07月03日 nk 経営者
いつも購読しています。構造設計をやっているのですが、JASS5の改定などのポイントがまとまっていて大変参考になります。2023/4号より
建築の技術を知るには最高の書籍です
★★★★★2023年01月24日 賢さん 会社員
いろんな技術の歴史や、最新技術を知ることができることは建築に携わる者にはいいですね
拘りを捨てずに
★★★☆☆2021年03月06日 gikigen24 会社員
長年の施工管理業務から引退し、指導業務を商うようになり、経験だけでなく、知識を維持補填するに欠かせない書籍に出会いました。
CPD単位取得と日々の知識取得
★★★★★2020年12月10日 エレ男 会社員
最新技術や業界の最新情報が載っており、毎号とても勉強になります。 CPDの単位取得にも繋がり、建設業者には是非おすすめの一冊です。
常に知識を更新
★★★★★2020年08月07日 gijyutu 役員
常に知識を更新していくことは責務だと思っています。今を知ることができるので感謝しています。
誤植でしょうか?
★★★★★2020年05月20日 アーサー君 会社員
2020年2月号(No.841) P113の表1の打込み杭の極限周面抵抗力「砂質土τs」が20Nsとなっていますが、2.0Nsではないでしょうか?
建築技術
★★★★☆2020年05月15日 ぺけボン 自営業
実務に役立つ内容が多いです。定期購読していると興味のない月もありますが総合的に興味深い雑誌です!
参考書
★★★☆☆2019年05月06日 はなだい 専門職
現場に行かない私にとっての参考書です。もう少し図と写真があればいいのですが、ディテ-ルを決めるときに参考にさせてもらいます。 今後も最新の情報をお願いします。
実技の参考
★★★★☆2019年04月23日 はなだい その他
毎号気になるときに購入して読んでます。 日頃現場に出る機会がないので情報を得るため 大変ためになっています。 もう少し写真や図面で解説があればCADオペの私 でも理解できるのですが。
レビューをさらに表示

建築技術をFujisanスタッフが紹介します

日々進化している住宅を始めとした建造物、建築業界に身を置いている人であっても、その技術の進化についていくのは難しいと言われています。しかしデザインだけでなく、暮らしやすさや耐震性などを追及するためには、新しい技術を知っておく必要があるでしょう。そんな人におすすめな雑誌が月刊「建築技術」です。月刊「建築技術」は、最新の構造や施工だけでなく、計画・意匠・監理など建築に関わる全てのことに関する記事が掲載されている雑誌となります。

専門的で高度な技術を知ることが出来る雑誌ですが、分厚い専門書とは異なり、気軽に読むことが出来る月刊誌なので、時間が空いたときに目を通しやすい専門誌として読まれています。「建築技術」で得ることが出来る情報は、移り変わりの激しい建築業界の最新技術のみならず、より実務的な内容など、号によって幅広い特集が組まれているのが特徴です。現場に出向くことが少ない人や経験が少ない人にとって、様々な実用例を写真や解説とともに見られることは貴重な情報源となります。

月刊「建築技術」を定期購読したあとは、自分にとって必要な号だけを保管しておいたり、現場に持って行ってほかの人と内容を共有することにも役立つと人気の高い専門雑誌です。

建築技術の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.