月刊むし 発売日・バックナンバー

1,430円
目次:
●今月のむし(ジョナスキシタバ)
●2023年の昆虫界をふりかえって
  蝶界(I)
  甲虫界
  トンボ界
  蛾界
●今月の本
全242件中 1 〜 15 件を表示
1,430円
●今月のむし(オオオカメコオロギ)
●前後翅表面緑色帯が完全青色型となったミヤマカラスアゲハの続報
●マイナー離島のカミキリ紀行 ⑧ 八重山の小離島
●   小さな島での,ゆる~い愉しみ(前編)
●東京都本土部におけるウスモンウミコオロギの採集記録 和田 一郎
●「ナラ枯れ」におけるキレバネクロハナノミの越冬生態に関する知見
●鈴鹿山脈におけるニホンコブヤハズカミキリ属の分布状況に関する考察
●沖縄島産ゾウムシ科甲虫6種の11月下旬の灯火採集例
●ヤドリスズメバチがツヤクロスズメバチの巣に侵入(1)
●むしやの広場
●KIROKU・HOKOKU(短報15編)
1,430円
●今月のむし(サペルダ)
●日本未記録のアラゲケシカミキリ属の一種Exocentrus zikaweiensisが対馬より採集される
●トドマツにも依存して広域分布する北海道のニセゴマダラモモブトカミキリ
●擬態考(後編①)
●鈴木知之の幼生期探訪⑫クロダンダラカッコウムシ
●北海道礼文島で採集したコガネムシ2種
●宮崎県でヒメモモブトチビハナアブを確認
●石垣島のヒメウラボシシジミについて
●ヒメヒカゲの天敵に関する観察記録
●西表島産ヒゲナガゾウムシ(2)
●今月の本
●KIROKU・HOKOKU(短報16編)
●虫誌ダイジェスト
1,430円
●今月のむし(ウスバカミキリ)
●キベリマルクビゴミムシの千葉県・神奈川県での採集例および類似する近縁種との比較
●対馬から発見されたセアカアメンボ(カメムシ目:アメンボ科)
●茨城県南部にけるユリクビナガハムシの発生確認と生態覚書
●キバネセセリの地理的変異に関する一考察
●鈴鹿山脈中央部産セダカコブヤハズカミキリの1新亜種
●「ナラ枯れ」におけるクロホソナガクチキの越冬生態に関する知見
●マルコガタノゲンゴロウの成虫の食性についての観察例
●ユウスイミズスマシ(仮称)予報
●野外で確認されたエサキナガレカタビロアメンボの長翅型
●KIROKU・HOKOKU(短報18編)
●虫誌ダイジェスト
1,430円
●今月のむし(オオメクラゲンゴロウ)
●渡良瀬遊水地のスジキイロカメノコハムシ
●キベリハゴロモ(カメムシ目アオバハゴロモ科)の大阪府からの初記録
●マイナー離島のカミキリ紀行 ⑦ 小笠原・父島
●鈴木知之の幼生期探訪⑪
●「ナラ枯れ」におけるニッポンツノヤセバチの 生態に関する知見
●長野県御嶽山山麓でコキマダラセセリ2化を採集
●京都市2例目のベニトンボの記録
●佐賀県でアカガネエグリタマムシを採る
●アカハネバッタの三重県における文献記録の検討と長野県からの追加記録
●KIROKU・HOKOKU(短報15編)
●虫誌ダイジェスト
1,430円
短報特集号
●今月のむし(オキナワホソヒラタハムシ)
●祭りは終わらない
●KIROKU・HOKOKU(短報57編)
●第36回六虫会報告
●虫誌ダイジェスト
●月刊むし2023年総目次
1,430円
●今月のむし(オオミズアオ)
●タテハモドキの幼虫が忽然と消えた
●マイナー離島のカミキリ紀行 ⑥ 与那国島(上)
●富山県におけるカワラバッタの新記録
●「ナラ枯れ」におけるカンコクザイタマバチに関する生態的知見
●ヒゲコガネの飼育
●コムラサキの礼文島における初記録と♂と♀の訪花行動の観察
●ヒメヒカゲの珍しい変異個体を観察
●ニセゴマダラモモブトカミキリの北海道からの記録
●山陰(島根県)のキマダラルリツバメ
●第52回みくに会報告
●むしやの広場
●KIROKU・HOKOKU(短報15編)
●虫誌ダイジェスト
1,430円
ゾウムシ特集号
●今月のむし(ツブヒゲナガゾウムシ)
●沖縄島における外来種ビサヤアカアシカタゾウムシの分布拡大
●カギアシゾウムシ族(コウチュウ目ゾウムシ科)の多様性と日本産種のノート(1)
●日本産タコゾウムシ亜科に関する知見
●琉球列島におけるナガチビキクイゾウムシの分布
●ユアサハナゾウムシの繭
●ギンネムヒゲナガゾウムシの新寄主記録
●北海道礼文島におけるカラスシジミの記録―北限記録の更新―
●今月の本
●KIROKU・HOKOKU(短報17編)
1,430円
●今月のむし(ニッポンセスジダルマガムシ)
●ド素人タマムシ屋によるタマムシ語り
 日本産タマムシの魅力6 クロコモンタマムシとフライシャーナガタマムシ
●スジグロチャバネセセリとヘリグロチャバネセセリの形態差による明確な区別方法の提案
●「ナラ枯れ」で多発するゾウムシ上科3種の越冬生態に関する知見
●北海道(道南を除く)におけるエゾゼミ・アカエゾゼミの分布記録
●沖縄本島で発見された日本未記録のイクビルリハムシについて
●鈴木知之の幼生期探訪⑩ ムモンチャイロテントウ
●山形県からのコルリクワガタの記録
●オオウバタマコメツキ新潟県の記録
●今月の本
●KIROKU・HOKOKU(短報15編)
●虫誌ダイジェスト
1,430円
●今月のむし(マヤサンコブヤハズカミキリ)
●トホシカミキリ族の後食習性
●至福の日々:九州南半部のカミキリを探る(5)
●  ~ウスモンメダカなんかどうやって探せばいいのだ!~
●伊豆諸島・利島のカミキリムシ
●エゾムモントゲヒゲトラカミキリとは何か?
●静岡市におけるケブカトラカミキリの発生
●今月の本
●虫誌ダイジェスト
●KIROKU・HOKOKU(短報18編)
1,320円
●今月のむし(オナジショウジョウバエ)
●ハラビロハンミョウの稀有な生態を観察
●北海道産コキマダラセセリの斑紋解析による本州との差別化に関する考察
●擬態考(前編)
●日本のキリギリスに対する認識の混乱について
●葉裏で翅を開いた状態のまま死亡していた越冬中のウラギンシジミ
●クシヒゲクロツツコメツキの採集状況から
●奥多摩町で採集した東京都未記録の甲虫類(IV)
●第35回六虫会報告
●KIROKU・HOKOKU(短報17編)
●虫誌ダイジェスト
1,320円
●今月のむし(ギフチョウ)
●2022年の昆虫界をふりかえって 蝶界(II)
●訂正・波照間島のチョウトンボは サイジョウチョウトンボの 誤同定
●老虫屋の出版事情 ―終わりはじまる―
●アミガサハゴロモに近似の外来種について(カメムシ目:ハゴロモ科)
●タイワンヒラアシキバチの寄生蜂に関する記録
●Nagiella tristalisの新産地と和名の提唱
●今月の本
●KIROKU・HOKOKU(短報16編)
1,320円
●今月のむし(シンプレックスコノハワモン)
●2022年の昆虫界をふりかえって
 蝶界(I)
 甲虫界
 トンボ界
 蛾界
1,320円
●今月のむし(オオシモフリスズメ)
●春の北陸詣で
●日本に侵入・定着したメリケントビハムシ
●福井県の多田ヶ岳でニシコルリクワガタを採集
●「ナラ枯れ」におけるクロナガタマムシの越冬生態と 寄生部位について
●関東平野における希少なテングスケバ科昆虫の記録
●アラカワカンアオイを食草とするギフチョウ
●千葉県野田市でリュウキュウカギアシゾウムシを採集
●図鑑で新種を記載すべきではない
●虫誌ダイジェスト
●KIROKU・HOKOKU(短報17編)
1,320円
●今月のむし(ナガサキアゲハ)
●「ナラ枯れ」におけるルイスホソカタムシの 生態に関する若干の知見
●ハバビロクチブトゾウムシの生態的知見
●鈴木知之の幼生期探訪⑨ コテングアツバ
●岬に舞うヒロオビトンボエダシャクの黒化型
●幻の赤い翅(下)
  ~アカハネバッタの分布の全体像を見渡す~
●兵庫県高砂市におけるシルビアシジミの新産地追加
●むし屋の広場
●KIROKU・HOKOKU(短報17編)
●虫誌ダイジェスト
1,320円
●今月のむし(ムチヒゲアリモドキバチ)
●前後翅表面緑色帯が完全青色型となったミヤマカラスアゲハの報告
●ド素人タマムシ屋によるタマムシ語り
●愛媛県に侵入したムネアカハラビロカマキリ
●アオアカガネヨトウの幼虫形態と寄主植物について
●オオムツボシタマムシの蛹室から得られたツツカッコウムシ類2種の記録
●ヤマトタマムシの蛹化に関する新知見
●滋賀県初のトウキョウヒメハンミョウの記録
●本州で発見されたシロムネクチカクシゾウムシ
●宮古島におけるオキナワチャバネゴキブリの初記録
●KIROKU・HOKOKU(短報13編)
●虫誌ダイジェスト
おすすめの購読プラン

月刊むしの内容

  • 出版社:むし社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20前後
深く、正しく昆虫のことを知りたい人のための、硬派な昆虫専門月刊誌
1971年3月から30年以上発行されつづけている昆虫専門の月刊誌。クワガタムシやカブトムシはもちろん、カミキリムシ・タマムシ・オサムシなどの甲虫全般、蝶・蛾、トンボ、バッタなど、世界の昆虫の最新情報が掲載されています。図鑑のような解説記事、新種の命名記載や分類・分布・生態などの新知見、国内外の採集紀行など、幅広く、深く掘り下げた内容の情報が満載。年間12冊のうち数冊は、「クワガタ特集」「カミキリ特集」「短報特集」「前年度の昆虫界をふりかえって」などの特集記事が組まれています。昆虫の初心者には難しくてとっつきにくいかもしれませんが、昆虫界の正確で最新の知識を得るためには必要不可欠な雑誌です。

月刊むしの無料サンプル

2001年01月20日発売号
2001年01月20日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊むしの目次配信サービス

月刊むし最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊むしの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.