モダンリビング(MODERN LIVING) 発売日・バックナンバー

全108件中 1 〜 15 件を表示
●豪邸、拝見!2021
「豪邸、拝見!」特集をスタートしたのが2012年。この10年の間、住宅を中心にその時代ごとに
一歩先の最上の建築の在り方、インテリアを中心とした最上の暮らしとは何か?について、
さまざまなコンテンツで模索し、提案してきました。現在でもモダンリビングの基本的な姿勢は変わることはありません。
10年前と現在の違いは――そのひとつが“多様性”といえるかもしれません。
個人が“オートクチュールの上質”を追求できる環境が整いつつあります。


●隈 研吾による「新・住居考」
住宅の新しい試みが進行中です。それは1棟に1家族が住むのではなく、広い敷地に一族が
何棟もの住まいを建てて集まり、コンサートホールやギャラリーも設けて人を招くというもの。
「公」と「私」の境界にとらわれない開かれた住宅を提唱する隈さんの最新の住宅プロジェクトです。


●豪邸のインテリア
豪邸のインテリアにおける完成度の高さを決める基準とは何か――。豪邸特集10周年を迎えた現在、
モダンリビングがたどり着いた答えが“住み手の感性を生かすこと”です。この基本的でありながら、
日本の住まいではいまだに理想的な事例が少ない現状を打開すべく、モダンリビングと積水ハウスが
コラボレーションしました。


●豪邸の設備 2021
現代のライフスタイルを支える存在として住宅設備は欠かせません。
ここでは豪邸を手掛ける2人の建築家によるハイエンド層が求める設備事情対談を実施 !さらにこれからの設備のキーワードとなる
「ウェルネス」「エンターテインメント」「機能美」を備えた最新アイテムも合わせてご紹介します。


●特別対談「豪邸、過去▶現在▶未来」
「豪邸といえば、モダンリビング」、あるいは
「モダンリビングといえば、豪邸」といわれるほど、今やMLの名物となった豪邸特集。
そこで節目の年を迎えるにあたり、この企画の開始時に編集長で現在は発行人である下田結花と10年前は副編集長、2016年から
編集長を務めている志水りえの両者がこれまでを振り返りつつ、豪邸の変遷と印象深い住宅、そして未来の豪邸について
熱く語り合いました。また後半では、この対談で話題に挙がった住宅を改めて紹介します。


●建築家に訊く、これからの住居 Vol.1
これからの理想の住居とは──?全世界が予期せぬ新型コロナウイルスの脅威に見舞われた2020年。
新しい年を迎えてもなお、いまだ不安に包まれています。そんななか、2021年に『モダンリビング』は創刊70周年を迎えました。
この70年間、人間の暮らしの根本にある住宅について考え続けてきたMLが今だからこそ、建築家の方々に尋ねたいこと──。それが1行目の問いです。
1年間、70周年記念企画に関わってくださる建築家の皆さんのお答えはいかに?
70周年記念連載、スタートとなる第1回は、6名の方の登場です。


●インテリアに自分らしさをプラスする ビスポークアイテム
刺繍やプリントで友人や家族の名前を入れたり、色や素材をカスタムしたり――。
自分好みにパーソナライズした小物が暮らしにあるとインテリアがさらに愛着のあるものになります。ここでは、ギフトにも自分にも作りたくなる、
さまざまなブランドのビスポークアイテムをご紹介します。


●アルマーニが手掛けたロンドンのタウンハウス
2004年のスタート以来、世界中で魅力的なインテリアプロジェクトを展開し続けてきたジョルジオ・アルマーニ氏が率いる
アルマーニ / カーザ インテリアデザインスタジオ。今回、日本初公開となるこのプロジェクトは、イギリス・ロンドン市内に立つ
歴史あるタウンハウスのリノベーションです。モダンデザインの巧者によって、見事に再生した空間をご紹介します。













●過ごす、暮らす、シェアする――「別荘」新時代!
軽井沢ではバブル期以上に土地の価格が高騰しているという声も聞こえ、
他の別荘地でも同様の現象が起こりつつあります。テレワークの環境が急速に整備され、
都市部を離れ自然豊かな別荘地に居を移すことがより現実味を帯びるなか、
別荘の在り方や使用目的も多様に。ここでは軽井沢と湘南の
洗練された別荘建築の紹介とともに、そこで営まれる新しいライフスタイルにも触れていきます。


●くつろぎのリラックス小物
誰もがこれまで以上に家と向き合い、長い時間を過ごした2020年。
心休まらない日々のなかでも、部屋を飾る楽しさやインテリアが生活に与えてくれる
豊かさに改めて気づいた人も多いのではないでしょうか?
ここでは寒さ強まる冬の家時間に取り入れたいさまざまなリラックス小物をご紹介します。


●人はなぜ、この地に惹かれるのか──新・軽井沢の魅力
都心へのアクセス、食文化、ショップやライフラインの充実――。
別荘地としての確固たる歴史をもち、多くの人を魅了してやまない軽井沢。
今でも進化しつづけているこの地の特長を改めて振り返りつつ、新たな魅力を探ります。
ここで紹介するのは、すべて軽井沢の達人の皆さんから寄せられた
“とっておき”ばかり!“暮らす・過ごす・訪れる”の特別な時間のつくり方を、ML独自の視点でまとめました。


●コージーな居場所のつくり方
コロナ禍の影響で家で過ごす時間が増えるなか、インテリアをさまざまな方向で充実させる機運は
高まりつつあります。ここでは部屋の一角に自分らしさを表現した、心安らぐコージーな居場所のつくり方を提案。
特にコーナーのクオリティに大きく影響する、“素材感や色”の演出にも注目しました。


●[20世紀の名作住宅]藤森照信さん/反住器
1965年に神戸大学卒業後、神戸で“毛綱モン太”と名乗り設計活動を始めた毛綱毅曠氏。
機能主義や合理主義を否定した新しい建築、ポストモダンをリードする建築家として活躍した彼が、
一人暮らしの母親の住まいとして72年に設計した「反住器」。
住宅としての機能を否定した、独特の表現世界に包まれたこの建物に今回、3回目の訪問となる藤森照信さんと伺いました。


●WORLD GREENERY JOURNAL vol.9 ニューヨーク[前編]/造園家・齊藤太一さん
従来の庭ともランドスケープとも異なる、地球と共鳴する心地よい居場所――。
「グランドスケープ」という新しい概念の構築と景色づくりに取り組む造園家の齊藤太一さん。
彼は2019年から、月に1カ国ペースで、世界中の「グランドスケープ」を求めてインプットの旅に出ることに決めました。
旅先で出会い、感じ、発見したこと。それは、暮らしを変える視点になるに違いありません。
●今こそ、安心とくつろぎを手に入れる「住人十色」のオーダー住宅
「建売住宅」に相反する立場として生まれた「オーダー住宅」特集は
今年8回目を迎え、住まいの在り方はより多様になっています。
コロナ禍で新たな暮らしの模索を余儀なくされている今も、
住宅が住み手にとって安心とくつろぎを与える場所である本質は変わりません。
まさに“住”人十色であることを再認識させてくれる、10軒のオーダー住宅をピックアップしました。


●安藤忠雄さん/ギャラリストの夢をかなえた碧空のペントハウス
米国、ニューヨークのマンハッタンに、また一つ安藤忠雄さんが手掛けた住宅が完成しました。
歴史的建造物に指定され保存義務が課せられている12階建てのビルの最上階と屋上を
全面的に改修したものです。歴史が刻まれた建物の屋上に増築された
ガラスのペントハウスが、建築に新たな命を注いでいます。


●建築家が影響を受けた本
建築家は建築設計に対する創造や思考を形づくるうえで、
さまざまなものに影響を受けています。ここでは「本」にフォーカスしました。
9名の建築家に自身が影響を受けた本を1冊挙げていただき、
どのように影響を受け、それがどのように建築設計に表れたのかを紹介。
家づくりの魅力的な選択肢である建築家をより深く理解する助けとなるはずです。


●これからどう暮らす? どう働く? 今、欲しいのは“働ける椅子”
新型コロナウイルスに関する外出自粛期間によって多くの人がテレワークを経験したことで、
家で働くという新しいライフスタイルが定着しつつあります。
家に対してくつろぎの場所であることだけでなく、仕事場としての快適性も求めたとき、
そこには空間に加え働く環境に適した家具が必要になります。
ここでは見た目が美しく、テレワークでも活躍する“働ける椅子”を、
MLスタッフが実際に座ってみた感想とともにご紹介します。


●新しい住まい方を探求する 未来を担う若手建築家 2020
2018年から始まった40歳以下の若手建築家にスポットを当てた本企画。
今年の応募作品の中から建築家の窪田勝文さんとMLが選出した4人が勢ぞろいして、
熱気あるアーキテクト談議を展開しました。その一部をご紹介します。


●理想の暮らしをかなえてくれる 身近な建築家 vol.68
今号で68回を迎えた「身近な建築家」連載企画。
今回は拡大バージョンとして“福岡を拠点に活動する建築家”が設計した4軒を厳選して紹介します。
開口部の収まりや建築と調和した造作家具――家造りのヒントが凝縮しています。
今ほど“家は家族の安心安全を守る場所”という役割を再認識するときはないかもしれません。自然の光や風、植物を存分に味わえる庭の優先順位は、ますます高くなっています。家族を優しくそして力強く包み込み、ストレスから解放する庭を「建築・緑・家具」という3つのパートで考えました。




目次
EDITORSS LETTER
見えていないデザイン・85
What's Up!
体感する建築 vol.3 建築家が魅せられたホテル
20世紀の名作住宅 File.020 から傘の家/篠原一男
包まれる庭
Part 1「建物」に包まれる
幾重の庭を内包するRC造のシェル
「築山」をコの字に囲む現代の数寄屋
南北にボーダー状に連なる壁から生まれた庭
光学ガラスブロックが遮音と採光を両立する
ループ状の壁に守られた空中のデッキテラス
建物そのものを自然の一部と捉える
34本のフレームが内外をつなぐ二世帯住宅
建物に包まれるQ&A
Part 2「緑」に包まれる
30種もの植物に抱かれる住空間
緑に憩い街に開く十字フレームの住宅
多数のプランターを配した都心のオアシス
“非日常”を演出する巨大な壁面緑化
360°植栽で包まれたルーフトップテラス
2本のシンボルツリーが家族を見守る
緑に包まれるQ&A
Part 3「家具」に包まれる
2タイプのソファで異なるくつろぎを演出
組み替えを楽しめるユニット型のソファ
庭時間を盛り上げる鮮やかなファブリック
家具に包まれるQ&A
これからの豊かさの基準は“サステナブル”
新旧の英知を集めて常に“快温”な邸宅
緑をシェアするコーポラティブハウス
ブレークタイムの演出法とグッズ
穏やかな光に包まれるフォーマルダイニングのある家
開放感あふれる都市の邸宅
本物との出会いから生まれる建築と家具の理想的な相乗効果
GREEN TOPICS 10
『モダンリビング』のスタイリングビジネス
造園家・齊藤太一のWORLD GREENERY JOURNAL vol.7 ハワイ
ミラノ・デザイン・ウィーク2020
アントワープの都市の庭
「モダンリビング大賞」投票受け付けスタート!
身近な建築家 vol.67
『モダンリビング』の定期購読のご案内
TOPICS
『モダンリビング』のデジタル版を読もう
デジタル版のお得なキャンペーン
上質な住宅を建てたい!厳選 強くて美しい木の家16
252号の建築家/取材協力店リスト
次号予告
【特典】モダンリビング246号
目次
EDITOR'S LETTER
見えていないデザイン・79
What's Up!
世界の建築を牽引する注目の建築家 Vol.7 フランシーヌ・ホウベン
20世紀の名作住宅File.016 A型住宅(旧加納邸) 設計/坂倉準三
アウトドアリビングのある家
マルチアングルで楽しめる都市の居場所―― 石井秀樹
ループ状の壁で囲った空中のデッキテラス―― 佐藤 文+鹿嶌信哉
光と風で半屋外の開放感を味わうベトナムの家―― 西澤俊理
4つの庭とボーダーレスにつながる空間―― 小松隼人
パーゴラでかなえる第2のリビングガーデン―― 森山善之+奥 昌子
アウトドアキッチンをつくろう
庭を楽しむホームアイテム
『モダンリビング』デジタル版を読もう
『モダンリビング』のスタイリングビジネス
森の緑を楽しむテラスのある家
自然がある、都心の「億邸」を体験する
美しいキッチンのある風景
高原の光と風を感じ緑と向き合うバスルーム
大工、設計士を育てる新しい工務店の在り方とは…
─清春芸術村ゲストハウス「和心」─石庭を愛でる別邸
マンションのベランダ リビング化計画
スペイン風アウトドアリビング5つの極意
居場所の質から考えるSUEP.の家造り
齊藤太一 「グラウンドスケープ」という考え方
現代の生活に寄り添うフィン・ユールの家具
第15回 「モダンリビング大賞」投票受け付け開始!
身近な建築家 vol.61
『モダンリビング』の定期購読のご案内
植物由来のプレミアムヘアケアライン
TOPICS
上質な住宅を建てたい!厳選 強くて美しい木の家17
246号の建築家/取材協力店リスト
次号予告
●美景キッチン
当たり前の話ですが、食事をとることは日々の暮らしで必須の行為です。
その中心となるキッチンやダイニングには、コミュニケーションが必ず生まれます。
また、ゲストを招くホームパーティではエンターテイメントの場にも。
デザインや機能に加え、チェアやスツールなどの家具、照明の選択肢も増え、インテリアとしても充実。
調理作業だけでなく多様な行為を生む場となるキッチンの完成度の高さが、暮らし全体に豊かさをもたらします。


●キッチンキーワード10
『モダンリビング』で年間に紹介する住宅実例は、少なくとも計100軒以上です。
その膨大なアーカイブの中から、今回は編集部員たちがそれぞれ特に印象に残っている
すてきなキッチンの住まいをピックアップしました。その結果を、誌上リモート座談会という形式で発表。
ここから導き出された10のキーワードと共に、それぞれの魅力について改めて紹介します。


●見せたくなる キッチン家電&道具
美景キッチンに置きたいのは、やはりデザインの美しい調理家電や道具。
見せたくなるような魅力的なたたずまいもさることながら、
誰かに語りたくなるような機能やストーリーをもつアイテムは
おいしい食卓に活気あるコミュニケーションをもたらしてくれます。


●名作椅子でつくる サステナブル・ダイニング
名作椅子はデザイン性と機能性の高さだけでなく、合わせる家具や空間を選ばない懐の深さも備えています。
ここでは、よい家具を愛着を持って長く使い続ける=サステナブル(持続可能)として捉え、
5つのパターンのコーディネートを提案。
名作チェアは、空間や合わせるテーブルやランプによっても、常に新鮮な魅力を放ちます。


●キッチンに美しくなじむ シルエットスツール
アイランド型やカウンターを備えたスタイルが増え、
「過ごすキッチン」に必須になりつつあるのがハイスツール。
近年はワークトップや扉材に質感豊かなものが登場し、キッチン自体のデザイン性も各段に向上。
そんな、プランも素材使いも複雑化したキッチン空間に合わせるスツールは、
シンプルかつ完成度の高いものがおすすめ。
主張しすぎず、佇まいの美しい“シルエットスツール”を集めました。


●キッチンブランドカタログ2020
欧米のトップブランドも東京にそろい、キッチンはかつてないほど多様、かつ活気にあふれています。
美景キッチンを支えているのは、各社で独自に開発した素材や機能たち。
デザインの裏にある得意分野や強みにも注目すれば、より深くキッチンを理解できます。


●ハイブランドのキッチン&バス設備
美しいキッチン空間を創出するには、「箱」だけでなくひとつひとつの設備選びも大切。
機能もデザインも優れた信頼のトップブランドをおさらいしながら、最新から定番までおすすめ製品を
ピックアップ。バスまわりアイテムも紹介します。


●今、改めて考える住まい方 家と仕事をつなぐ15
今春、新型コロナウイルス感染症対策のため家で過ごす時間が長くなった方も多いと思います。
そこで、ステイホーム応援企画を特別にスタート !
家の時間を楽しむコツを、モダンリビングならではのアイデアと視点で紹介していきます。
今回は、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)を余儀なくされたことで見えてきた家でのワーク問題を
解決するアイデアをピックアップしています。




●大切なのは「空間の質」!40坪の邸宅
邸宅というと「規模の大きな豪華な家」という意味で使われることが一般的です。
今回モダンリビングでは40坪という具体的な数字をあえて出しました。
それは大切なのは広さだけでなく空間の質であることを伝えたかったから。
ボリュームゾーンの敷地面積だからこそできる
知性のある住宅事例の紹介、住宅の本質、ちょっとした暮らしのアイデアまで幅広く網羅します。


●ラグジュアリー&スマートな家をつくるKEYWORD 5
緑を感じて暮らしたい、お気に入りのインテリアと調和する家にしたい、
職住が一体になった住まいが欲しい――。ひと言に“家”と言ってもそこに求めるものは十人十色。
ここでは、そんな住み手の要望がかなえられた20~40坪台の邸宅をモダンリビングのアーカイブからピックアップ。
さらに実際に46坪の土地に自邸を建てた建築家の石井秀樹さんに敷地がもつ可能性についても伺いました。


●“ヒューマンコンシャス”な空間と家具
日々の暮らしの中でより人に近い空間=インテリアと家具について特集します。
7つのコンテンツがありますが、共通しているのは「人にとっての根源的な心地よさ」。
自然素材や無理のない形はくつろぎだけでなく、共に過ごす人にクリエイティブな感性ももたらします。


●nendo 佐藤オオキがデザインした“発想”の住宅
今、世界で活躍する最も著名な日本人デザイナーの一人、佐藤オオキさん。
プロダクトから商業空間まで、幅広い分野で才能を発揮し続けてきたそんな彼が、
約15年ぶりに取り組んだプロジェクト──それが住宅です。ネンド創設メンバーでありCOOを務める
長年のパートナー、伊藤明裕さんの自邸という題に、大胆でユニークな発想で答えました。


●あなたにとって、「住宅の本質」とは?
本号の表紙にある「40坪の邸宅」や「LUXURY&SMART」には、「住宅の本質」とは
床面積の広さや装飾の豪華さだけで測れるものではないという、モダンリビングからのメッセージが込められています。
識者7名の方々からの答えは、知性のある豊かな住まい造りを実現するおおいなる礎になるはずです。


●1㎡のスマートインテリア
たった1㎡の限られたスペースでも、ウォールシェルフがあれば
収納の問題解決だけでなく、美しい風景をつくることができます。
機能性やデザインはもちろん、どのように配置するかで
空間に大きな変化をもたらしてくれます。


●グリーンアイデア15
今号は、空間のスケール感やインテリアの設えなど、
人にとって心地よい住宅の本質をさまざまな企画を通じて考察してきました。
そしてもうひとつ、豊かな暮らしのエッセンスとして
伝えたいのがグリーンの大切さです。
植物は建築や家具だけではつくることができない
生き物だからこその癒やし、柔らかな風景を住まいにもたらしてくれます──。


●藤森照信の「日本のモダン建築」/20世紀の名作住宅
日建設計のチーフアーキテクトとして活躍し、ビルや美術館などさまざまな公共建築を
世に送り出した林 昌二氏と、住宅設計を中心に活躍し、女性として初めて日本建築学会賞を受賞した
女性建築家の先駆者、林 雅子氏。二人が1955年に作った自邸「私たちの家」は、
生活に合わせて増改築を重ね、二人が育てた家。そして、今のオーナーである建築家、安田幸一氏の手によって
現在も成長を続ける住まいです。

●豪邸、拝見!2020
2020年から毎年特集しつづけている「豪邸、拝見!」。
弊誌は日本の住宅建築における最高峰の基準を数々の
住宅実例を介して提示してきました。9回目となる2020年、
厳選した5つの事例を見るとその基準は間違いなくアップデートされています。
ハードである建築の完成度の高さはもちろんのこと、
照明計画、内装材、家具、調度品など、住み手が
暮らしの豊かさを感じられる要素もますます充実しています。


●安藤忠雄 アトリエとギャラリーを有するスリランカの家
インド洋に浮かぶ島国、スリランカには、
東洋と西洋、そして土着のものが融合した独特な文化があります。
この地で長年、製造業を営む世界的な実業家が、
画家の妻のめにと考えた贈り物──。
それは、安藤忠雄さんの設計によるアトリエを併設した住まいでした。


●マンションリノベーションの高級感を決める4つのキーワード
開口部、水回り、梁、天井高…、
改修に際し制約の多いマンション。また、ほとんどが単層のため、
複層の戸建て住宅のような空間の豊かさ演出できない難しさもあります。
ここではタイプの異なる4つの事例を紹介。
そこからマンションリノベの高級感を決める4つのキーワードが導き出されました。


●魅惑のアクアリウム
多忙な現代、日常生活の中で自然を感じられる瞬間がいかに豊かで大切なことか、
誰しも気づき始めているのではないでしょうか。住宅シーンにおいても、内外を
一体的につくる設計の工夫は今や必須と言えるようになりました。リビングとシーム
レスにつながる「過ごすための庭」を設けたり、観葉植物をコーディネートしたり…
自然の気配を取り込む方法は幾つかありますが、ここで提案するのは「アクアリウム」という
新たな選択肢。豪邸にふさわしいインテリアとしての美しさを備えると
同時に、自ら手を入れて楽しむ“体感する自然”は、まさに究極の癒やしと言えます。


●“招かれ上手”に聞く──豪邸の手土産 32
もしも、ラグジュアリーな住まいへの招待を受けた場合、何を手土産に訪問したら喜ばれるのでしょうか?
新築祝いや食事会、カジュアルなお茶会など、さまざまなオケージョンでおすすめのギフトについて、
普段から招かれる機会の多い方々や、ML編集部スタッフからのおすすめの品をコメント付きで紹介します。
食べものからインテリアグッズまで、豪邸に限らずとも、招かれた際のヒントに……。


●見えないところにこそ差が出る 豪邸の設備カタログ2020
規模の大きい豪邸では、日々の生活を支えてくれる設備機器は必要不可欠な存在です。
徹底した素材への追求、機能の充実、仕上げの美しさ…。
そのすべてを兼ね備えた豪邸にふさわしい最新設備アイテムを紹介します。


●藤森照信の「日本のモダン建築」/20世紀の名作住宅
住宅を作る上で、豪華な設えや空間のゆとりが魅力のひとつであることは間違いありません。
しかし、「どこに」「どのように」住むことが、その人にとって豊かなのかはそれぞれ違います。
東京都渋谷区という都会の真ん中にある、わずか6坪の敷地に建てられた「塔の家」。
そこには都市での暮らしを選んだ建築家が模索し手に入れた、
数字では測れない豊かさがありました。


●世界の建築を牽引する注目の建築家
国境を超えて世界各国で活躍する、まさに今、押さえておきたい注目の建築家と
その作品を紹介する連載「ワールド・アーキテクト」。
最終回を迎えた今回は、中国を拠点とする話題の建築家集団MADアーキテクツが登場。
淵上正幸さんによる解説付きで紹介します。




●隈 研吾 パリの「ケンゾーハウス」リノベーションに見る都市住宅のあり方
パリ中心街にあるファッションデザイナー高田賢三さんの元自邸の改修工事が竣工しました。
手掛けたのは隈 研吾さん。木や土壁が豊かな自然を感じさせる住まいは、
これからの都市住宅のあり方を問う試みでもありました。
今、隈さんが住宅について語ろうとしたこと――それは何だったのでしょうか?


●別荘へ帰ろう! 今こそ、多拠点という新しい暮らし方を選ぶ
”別荘に行こう”ではなく”別荘へ帰ろう”――。このタイトルにまさに現在の
別荘ライフが凝縮されているのではないでしょうか?これまでは都市部での暮らしが”主”であり、
別荘で過ご時間は”従”で余暇を楽しむことでした。しかし、ここ数年の
テレワークへの意識の高まりなどにより、
非日常の場である別荘が、自宅と同等に日常生活の場として利用されるように。
さらに新たな拠点として、都市に別荘を持つことも選択肢のひとつとして注目されています。


●美しき別荘へ 宮古島からニセコまで、大自然を心と体で謳歌する
リゾートホテルに宿泊する観光ではなく、自分の気に入った場所の一部を所有し、
建築家と住み手の感性のコラボレーションによって生まれる空間と共に自然を味わうことは、
そこでしか体感することのできない最上の贅沢といえるでしょう。
沖縄から北海道まで気温差の大きい日本には、景色も気候も異なる魅力る別荘地が点在しています。
Part1では全国7か所の別荘事例を紹介。そこには自宅とは異なる新たな拠点として、
住み手それぞれのライフスタイルが美しい環境と共に営まれています。


●もうひとつの非日常の居場所!都市の別荘
都市生活者がつかの間の自然を求め、郊外に建てるのが一般的な別荘。
しかしここ数年、都市に別荘を持つことが新たなムーブメントになりつつあります。
別荘までの移動時間が短い、短期滞在のホテル代わりなる、利便性の高さ…など、都市に新たな拠点を
持つことの魅力は確かに多い。東京と京都、2つの都市の別荘はどのような目的でつくられ、
住み手はそれぞれ、新しい拠点をどう楽しんでいるのでしょうか?


●藤森照信の「日本のモダン建築」/20世紀の名作住宅
モダンリビングが創刊された頃、敗戦による住宅不足は著しかった。
しかし、今はそれも満たされ、住宅のテーマは量から質へと移ったというのに、
質はなかなか上がらない。質を上げるためには、よい実例を見て目を肥やすことが欠かせない。
日本の建築の歴史は長く、優れた住宅はたくさんあるが、今の住宅をよくするには、
近代化の中でつくられた住宅遺産でなければ役に立たない。
そうした住宅を、本誌馴染みの二人組で訪れ、ひもとき、その魅力を写真と文で伝えたい。
そして第17回は…。


●築500年の農家がクリエイターの手で特別な居場所に イビザ島の“小さな家”
イビザ島の小高い丘の上に立つ、古い農家を手に入れて改装を施したピエトロさん。
「 Can Xic(キャンシック)」と名付けられたこの家は、ピエトロさんいわく、「小さな家」
という意味を持つそうです。パートナーと愛犬2匹と共に、心からリラックスできる休日を過ごすため、
伝統的なイビザスタイルに自分らしさを加え、シンプルかつエレガントな空間を実現しています。


●別荘ライフを楽しくする外ごはんアイテム23
別荘での楽しみといえば、豊かな自然の中で味わう“外ごはん”。
ゲストと集まってのバーベキューや家族でゆっくり過ごす朝ごはん。
ここでは、そんな外ごはんに活躍できる家具や小物を集めました。


●時間も空間もボーダーレスに飛び越える達人に聞く 多拠点暮らしの魅力
国内はもちろんのこと、国外にも住まいを構え、複数の場所に生活拠点を持つ人たち
が増えてきました。このように居場所を変えて暮らすことにしたきっかけや、
実際に多拠点での生活をしてみて思ったこととは──?すでにこの魅力的な
ライフスタイルを実践されている3人の方へ、お話を伺いました。
●無二の住宅
「土地そのもの」として建築された岬に佇むRC造の週末住宅/精緻な細部がもたらす明暗のグラデーション/
フレキシブルな中庭を介して水と緑が生み出す豊かな住空間/
庭との関係性と光の導き方を再編集した築70年のリノベーション/
自然を地域とシェアする住宅+賃貸物件/自然の材を生かした質量のある空間/
中庭を挟んだ2つの異なる空間でかなえた職住一体の家


●オーダーだからできる、最高に贅沢な空間
住み手の家族構成や趣味嗜好、職業、さらに敷地の法的な規制や周辺環境…。
それらすべての条件に純粋に応えようとして設計したのなら、家は一様になるはずがありません。
Part 1で紹介する7邸は、建築家が与条件に対して真摯に出した“無二の答え”なのです。
Part 2では建築家の自邸を3邸紹介。建築家としての豊富な経験や
知識も生かされ、住まいに対する強い思いも込められています。
また、自邸ならではの大胆な試みも見どころ。いずれにしても計10邸すべては
決して奇をてらったものではなく、むしろ“自然な形”といえます。


●思いと英知を詰め込んだ 建築家の自邸/内藤廣さん・野生司義光さん・五十嵐敏恭さん
「家は人なり」という言葉もあるように、住まいがその人を映す鏡のような存在であるならば、
建築家が住む家には、少なからずその人の暮らしや建築に対する哲学が反映されているはず──。
特に、自ら設計した空間であれば、なおさらです。
『モダンリビング』では、2021年の創刊70周年記念企画として、これまでに引き続き、建築家の自邸をご紹介していきます。


●選ぶなら、“エシカル”な小物
最近よく耳にする“エシカル”という言葉。
日本語で「倫理的な」という意味で、人や環境・社会などへの
さまざまな貢献につながるアイテムのことを指します。
ここではデザイン性も高く、かつ選ぶことで誰かの支えになる、
そんなエシカルな小物を集めました。


●心をOFFにできる家とは?
「豊かさ」の基準が、物質的なことからクオリティーオブライフへと変わってきた今、
暮らしのONとOFF、シティーライフとスローライフのバランスを大切にする人が増えています。
この時代に求められる、充実したOFFを過ごすことのできる家造りについて考えます。


●藤森照信さんの実家改築プロジェクト 住まいという生活の器
建築家・建築史家として活躍する藤森照信さん。長野県茅野市にある実家は藤森さんが子供の頃から過ごしてきた場所。
お父さまの代から増改築を行い、13年前に藤森さんが玄関に手を加え、昨年新たにキッチンとダイニングをリノベーション。
住む人や住み方に合わせて形を変えてきた、今の自宅の姿をモダンリビングで初公開します。


●未来を担う若手建築家
昨年から始まった40歳以下の若手建築家にスポットを当てた本企画。
今年も応募いただいた作品の中から、建築家の窪田勝文さんとMLが選出した3人が勢ぞろいして
アーキテクト談議に花が咲きました。その一部をご紹介します。


●ベルギーのファクトリーリノベーション
ベルギー西部にある街、ヘーステルトのリノベーション住宅。
ここは戸建てでもマンションでもなく、なんと古いファクトリー。荒々しいレンガの表情や経年変化した窓のサッシの
風合いをインテリアに取り込んだ、インダストリアルスタイルの住まいです。








●欲しいの部屋のような庭!アウトドアリビングのある家
[実例5軒]マルチアングルで楽しめる都市の居場所/ループ状の壁で囲った空中のデッキテラス/
光と風で半屋外の開放感を味わうベトナムの家/4つの庭とボーダレスにつながる空間/
パーゴラでかなえる第2のリビングガーデン


●火元、水回りに工夫を凝らして、アウトドアキッチンをつくろう
テラスにダイニングテーブルを置いて食事することは、一般的になりました。
そこにキッチンがあれば、準備する、片付けるといった機能が高まり、
屋外での食事のシーンが大きく変わります。
そんなコンセプトでつくられた“アウトドアキッチン”で、これからの暮らしを
より豊かに!


●インドアのお気に入りをアウトドアへ持ち出そう!庭を楽しむホームアイテム
ゲストや家族、大切なペットと過ごす居場所を、庭にもつくりませんか?
わざわざ屋外用にアイテムをそろえなくても大丈夫。
ここでは、室内はもちろん外に持ち出しても活躍できる
小家具や照明、ホームアイテムなどを厳選して紹介します。


●マンションのベランダリビング化計画
マンションには庭がないからアウトドアリビングをつくることができない…。
そんなことはありません。鉢植えのグリーンと屋外家具、小物の組み合わせによって、
マンションのベランダでも十分に心地よく過ごせる場は実現可能です。
ここでは「モダンリビング」が約2×5mと約3×6mの広さのベランダを想定して、
動線や風、避難経路の確保など、マンションならではの問題を解決しながら、
それぞれ2パターン・計4つの現実的なコーディネートを考えました。
さらに、各プランに合うおすすめ家具カタログも網羅しています。


●スペイン風アウトドアリビング5つの極意
屋外に家具が1つ置かれただけで、そこは居場所となり、
快適なアウトドアリビングが生まれます。
スペインのイビザ島、バレンシアで出合ったさまざまなアウトドアスタイルは、
地中海の光と風を存分に楽しむための工夫に満ちていました。
ここでは、その中でも特徴的な5つのポイントをご紹介します。


●居場所の質から考えるSUEP.の家造り
「SDGs」という言葉を聞いたことはありますか?
「Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標」という人々が
持続的に繁栄していくために、あらゆる垣根を越えて協力し、より良い未来をつくろうと
国連で決定した17個の目標のことです。
その中には、エネルギーや気候変動、生物多様性など「地球の未来を変える目標」が示されています。
では今、家造りはどうあるべきでしょうか?――「自然との共生」をテーマに活動を続ける
SUEP.の建築家、末光弘和さん、末光陽子さんの取り組みを追いながら考えてみたいと思います。


●大地と共鳴する庭造り 齋藤太一「グラウンドスケープ」という考え方
グリーンは人を幸せにする――。その揺るぎない信念のもと、精力的に活躍の場を拡大
している造園家・齋藤太一さん。
彼が今、新たに発見し取り組み始めたのが「グラウンドスケープ」という概念。
これまで手掛けてきた“庭”とも“ランドスケープ”とも違う、地球と共鳴する
“景色づくり”。齋藤さん自身、まだ模索中というその発想の源、そして輪郭を、
つかんでみたいと思います。


●北欧の美学が宿る 現代の生活に寄り添うフィン・ユールの家具
天性の豊かな感性を持った家具デザイナー、フィン・ユールが亡くなって今年で
30年という月日が流れました。
この決して短くはない間に、現代に活躍するデザイナーの新作家具が数多く
登場していますが、フィン・ユールの人気は衰えることがなく、その作品を
熱望する人は世界中で増えています。
椅子研究家の織田憲嗣さん自らにフィン・ユール本人のストーリーと作品の
魅力を教えてもらいながら、コレクションの一部をご紹介します。
モノがあふれている現代だからこそ、美しい家具を長く大切に使い続けるという
豊かな暮らし方をかなえてみてはいかがでしょうか。



1,833円
1,630円
●人がつながる 食がつながる インテリアがつながる シームレスキッチンの時代がやってきた!
毎年恒例のキッチン特集ですが、今年はメインテーマを
「seamless=継ぎ目がないキッチン」としました。
キッチンとリビングダイニングを家具も含めてデザイン的に統一するのは当たり前のこと。
さらに住み手の暮らしに合わせて、LDK全体での動線や視線のヌケも含めたコミュニケーション、
食事をする場の拡張など、丁寧に空間をつなぐことが求められ、
それを体現できるのが「シームレスキッチン」なのです。


●[実例5軒]シームレスキッチン
「シームレス」という言葉には“、継ぎ目がない”という意味と共に、
“垣根のない”という訳語もあります。この住まいは、キッチンとLDが少し雁行しつつ、
自然につながる継ぎ目を感じさせないプランと仕上げが実現。さらに、
人と人のまさに“垣根のない”自由なコミュニケーションもかなえられる場所になりました。
[実例5軒] LDとキッチンをずらして配置/リビングまで連続した収納/
LDKの造作家具をデザインで統一/設備らしさを極限まで排除/キッチンの機能を2ヵ所に分配


●「シームレスキッチン」のバリエーション6 
プランやデザイン、素材の選び方の工夫によって、
キッチンはどこまでも“シームレス”につながる存在になり得ます。
本誌アーカイブの中から美しい「シームレスキッチン」の実例を紹介します。


●答えはプロが知っている キッチンにまつわるQ26
配置プランはもちろん、設備、収納、カウンターの高さ、奥行き…いざキッチンについて
考え始めると決めなければならない項目の多さに誰しも悩むもの。この企画では長年キッチンを
手掛けてきた建築家やキッチンプランナーの方に、キッチンづくりで生まれる悩みや疑問に
プロの視点から答えていただきました。


●デコレーションする美しさを食の場に ベルギーの飾るキッチン
物を出さない生活感のないキッチンは、清潔感がありもちろんすてきですが、
アイテムが出してあっても美しいキッチンは、物がその人の個性を表現してくれます。
ベルギー・ヘーステルトで見つけたのは、そんな飾る楽しさが詰まったキッチンでした。


●都市住宅のバス空間をもっと楽しもう! 空想バス
プライバシーの保護や防水への配慮などの理由から、プランに制約の多いバスルーム。
近隣に住宅やマンションが立ち並び、敷地面積に限りのある都市部では、
バスルームに対する優先順位は、さらに低くならざるを得ません。
ここでは既成概念にとらわれない家造りを提案している、中川エリカ/畑 友洋/
サポーズデザインオフィス 3人の建築家にバス空間を空想していただきました。
斬新で実現可能なプランは都市住宅でバス空間を楽しむ発想を広げてくれます。


●ミラノ・デザイン・ウィーク 2019
世界のインテリアトレンドが一堂に会する、ミラノ・デザイン・ウィーク。
ここ数年、インテリア関係者だけにとどまらず、一般の人々にも人気のイベントに。
今年も、未来のライフスタイルの方向性を示唆する新発想が詰め込まれていました。
モダンリビングの視点で選んだ、ラグジュアリー・インテリアの動向をリポートします。
1,833円
1,630円
●安藤忠雄・継承される建築──美術館と共に在るシカゴの邸宅
安藤忠雄さんがアメリカで初めて手掛けたプロジェクトは、
1997年に竣工した「シカゴの住宅」でした。
それから20年余の歳月を経て、この住宅に隣接する1930年代に建てられた
歴史的建造物であるレンガ造の39戸のアパートを美術館へと再生させるという
プロジェクトが、新たに安藤さんの手に委ねられました。
今回、ついに完成したその「継承される建築」を紹介します。


●インテリアに、もっと個性を!
モダンリビングはこれまで十数年の間に
さまざまなインテリアの特集を掲載してきました。
それらすべては、表紙にも掲げている、「インテリアに、もっと個性を!」と
いう課題を実現するため。特集を通じて蓄積してきたノウハウをもとに、
LDKの新基準、自分らしさの演出、建築とインテリアの融合の
3つのバージョンに分けて14のルールを作りました。


●version1 LDK全体のインテリアの印象を変える新基準
自分らしさを空間に表現するためには、LDK全体のコーディネートを考え直す必要があります。
デザイナー、深澤直人さんへの「インテリアとは何か?」という問いに対する答えを受けて、
ソファの斜め置きや失敗しない色の取り入れ方。L字に代わるソファ、
家具化が進むキッチンとダイニングの新しい関係。テイスト別の床・壁・窓まわりの組み合わせ。
これらは決して特殊の企画ではありません。
住み手の暮らしや志向の多様性に応えるために生まれたのです。



●これからは“フレキシブルリビング”の時代!
現代の日本の住宅において、リビングスペースの考え方は
ほとんどの場合テレビが中心でした。「テレビを見る」という目的に伴って、
ソファはL字形かストレート形を選び、正対させて配置するという画一的なレイアウトが定着。
しかし、この常識化したリビングのあり方は、本当に今の暮らしに合っているのでしょうか?
『モダンリビング』が次の時代に向かって提案したいのは、
もっと自由な形でくつげる“フレキシブルリビング”というコンセプト。
過ごし方やインテリアのつくり方など…あらゆる面で多様性をもたらしてくれる
この概念を、今の、将来の、豊かな空間づくりの参考にしてみてください。


●version2 インテリアに自分らしさを美しく演出する方法
ここからはより具体的に自分らしさを演出するアイデアを提案します。
飾る場所と飾り方、1アイテムで空間の質を変える名作家具、照明選びの新基準、
ML流のスタイリングのノウハウを凝縮したティップス集。さらに玄関・寝室・
コージーコーナーの事例まで網羅します。大切なのは“家具や小物を買いそろえた状態が
インテリアのスタート”という考え方。物の配置を少し変えたり小物を買い足すだけでも、
より自分らしい居心地のよい空間が実現できるのです。


●ストーリーのある名作家具と暮らす!
デザイナーの審美眼とメーカーの情熱が生み出した名作家具には魂が宿っています。
だから時代を超えて生き続けるのです。日々、美しいフォルムを目にし、
それを使う喜びを感じるのはとても贅沢なこと。
ただし、そんな名作家具も空間で見ればひとつのパートであり、
好きなスタイルで使いこなして初めて、自分のものとなるのです。
ここでは20世紀を代表するモダンな名作の中から、使うほどに美しくなる
端正なデザインの家具を選び、背景にあるストーリーを解説しつつ、
インテリアシーンに落とし込んだ例を紹介します。
あなたならこの名作家具を、自宅のどこにコーディネートしたいと思いますか?
“名作の持つストーリー”と“名作と暮らすインスピレーション”をお届けします。
2,017円
1,630円
●[杉本博司さんに訊く]アートと建築の現在、そして未来
現代美術作家として幅広い活動を行い、
常に各界から注目を集める存在である杉本博司さん。構想期間20年を経て
2017年秋に開館させた複合アート施設『江之浦測候所』は、
1年後、新たな施設や展示物も登場し、さらなる新展開を見せています。
今回は、そんな杉本さんにアート、建築に寄せる現在、さらに未来への思いを
伺いました。また、杉本さんが建築家の榊田倫之さんと設立した
建築設計事務所『新素材研究所』の活動とプロジェクトをご紹介します。


●豪邸特集2019
2012年にスタートした「豪邸拝見!」は、今号で8回目になります。
この特集を続けている理由――
それは豪邸=規模の大きさではなく、建築やインテリアの質の高さを測る
基準を読者の皆さんに伝えることで、満足度の高い住宅を手に入れてほしいという
思いがあるからです。
2019年は個性際立つ5つの事例が集まりました。
それは使用目的、設計手法、インテリアなど、豪邸に求められる要素とそれに
対する答えが、ますます多様化していることを表しています。


●空間が際立つハイエンド小物
ソファやダイニングテーブルといった美しい家具で設えられた空間、
そこに“個性”をプラスしてくれるのが小物です。
ここではリビング、ダイニング、そしてバスルームとそれぞれの場を
華やかにしてくれる、ハイブランドの中でも最もラグジュアリーで
上質なアイテムだけを厳選して紹介します。


●豪邸の極意
モダンリビングが豪邸特集を始めたきっかけは、
単に豪華絢爛な住宅を紹介したかったわけではありません。
世界レベルの最高峰の住宅を分析することが、私たちの未来の家造りに
役立つと考えたからです。豪邸特集は今年ですでに8冊目!
モダンリビングが考える豪邸の定義も、時代の動向と共に少しずつ
あり様を変えています。現代のハイエンドな住宅に必要な要素は、
あくまでも「質」です。豪邸と呼ばれる住宅には、
圧倒的なスケール感や風格ある佇まい、細部まで徹底された空間美、
唯一無二の風景の描き出し方、社交の場として設えられているか…などの
要素があることが大前提。ここで改めて整理して掲げた6つのキーワードは、
これからのあらゆる住まいの指針になりますので参考にしてみてください。


●豪邸に選ばれる設備の頂点
家族の生活を支える頼もしい味方、設備。特に近年は
テクノロジーの進化によってこれまでにない機能を備えたアイテムも
登場しています。この企画では豪邸を数多く設計している3名を招き
トレンド鼎談も実施! 設備の最新情報を集めました。


●5つのキーワードから知る 世界のラグジュアリーホテル
日々の暮らしから離れ、最上級の時間を演出する――そんなラグジュアリーホテルが
世界各地にあります。中でも時代に求められる志向をデザインし、人々の関心を
集めているレジデンス(邸宅)仕様のホテルを、5つのキーワードから読み解きます。


●サステナブル住宅で豊かに暮らす
照明、冷暖房、パソコンやスマートフォン…現代に生きる私たちにとって
エネルギーは必要不可欠な存在。しかし目には見えないその力を当たり前のように
使っていながら、エネルギーがどうやってつくられるのかということに
目を向ける人は限られています。屋外家具ブランド「エクストレミス」のCEO、
ディルク・ワイナンツ氏の自邸は約2000坪の敷地に立つ豪邸でありながら、
ゼロエネルギーを実現。生活の質を落とさず、地球にも優しい暮らし──
それはもう未来の話ではないということを、この家が証明しています。

1,833円
1,630円
●美景の別荘
週末や休暇というわずかな時間を過ごすために、コストと時間をかける――。
改めて考えても、別荘を所有することはぜいたくの極みといっても過言ではありません。
自然をさらに魅力的なものにするために、建築費は周辺環境と建築の豊かな関係性を
さまざまな形で表現します。
今回、特集のテーマを「美景の別荘」としました。
美景とは窓に切り取られた景色、別荘の外観と自然との掛け合わせ、インテリアを含みます。
それらがすべてそろってこそ、そこで過ごす価値が生まれるのです。


●別荘に似合う作家の器
日常の喧騒を忘れさせてくれる、別荘で過ごすくつろぎの時間。
その食卓には、自然に囲まれた環境に調和する質感豊かな器が似合います。
実用性はもちろん、置いておくだけで絵になる作家の器を
クラフトバイヤーの日野明子さんにレコメンドしていただきました。


●イビザ島に浮かぶ白い海の別荘
スペイン・バレンシアの東岸から約80km。地中海にあるイビザ島は、1999年に島全体は
世界遺産に登録されました。旧市街には素朴な白い土壁の家が連なり、ヨーロッパやアラブ、
北アフリカなど歴史的に多文化の影響を受けたエキゾチックな街並みが残っています。
その美を温暖な気候に引かれ、世界中のセレブリティがバカンスを過ごす憧れの地を訪ねました。


●藤森照信の転住考「非日常と日常」の間にある最高の住まい方
“建築のあるところに藤森先生あり”というほど、世界各地を飛び回る藤森照信さん。
そんな藤森さんに、定住の日常から発展して人が多拠点に移り住むこと、
別荘などで非日常を過ごすことについて、改めて考察していただきました。
話題は、『方丈記』から自身の別荘作品「鸛庵(ストークハウス)」まで……。
まさに藤森版・転住のススメです。


●デザイナー深澤直人さんが考える 上質な環境をつくるもの=遊具
現在の日本において、あらゆるもののデザイン性が
目覚ましく向上している中で、遊具のデザインはほとんど時が止まったまま。
しかし、変化の兆しが。デザイナーの深澤直人さんがジャクエツと
コラボレートして生まれた遊具は、従来とは一線を画すもの。
一つ置くだけで周囲の空気が一変します。公園でも都市でも、そして別荘でも!


●壁と床の「感度」を高めよう!
日本の住宅建築は世界中のメディアから注目されていますが、
なぜか出遅れているのがインテリア。その主な原因の一つとして
指摘されるのが、無表情な壁と床です。インテリアを占める
2大要素の感度を高めて豊かにすることは、建築と物をなじませ、
コーディネートの幅を広げるきっかけにもなります。


●宮脇 檀の住宅の作法
62年の生涯を、住宅作業として、啓蒙家あるいはエッセイストとして
駆け抜けていった宮脇 檀さん。その旅立ちから早くも20年が過ぎました。
この短期連載最終回では、宮脇 檀建築研究室の所員として宮脇さんと共に
歩んだ人々の言葉を通して、宮脇 檀と彼の仕事が私たちに遺したものを振り返ります。
1,833円
1,630円
●オーダーで自分らしさを表現 夢の住まいを叶えよう!
敷地や周辺環境、法的な制約、住み手の家族構成や要望…。
まったく同じ条件であっても、例えば3人の建築家に依頼すれば、
三者三様の異なる設計プランが提案されます。
住み手と建築家のコラボレーションにより、住宅の可能性は格段に広がる――。
それがまさにオーダー住宅の最大の魅力です。建築への美しさの追及、
新たな素材感への試み、環境への配慮、インテリアの演出など、既成概念にとらわれず、
オーダーで自分らしい夢の住まいを叶えた15の住宅事例を紹介します。


●空間に効くPOWER PIECES
空間に置かれるものは住み手の個性を住まいに表現する要素といえます。
ここでは、インテリアに精通している4人のスタイリストと『モダンリビング』の
スタッフも参加して、1点で空間の印象をガラリと変えてしまうようなアイテムをセレクト。
すでに家具を買いそろえている方のために、ソファやダイニングセット以外のものを厳選しています。
また、選んだ理由もコメントしていただきました。


●ベルギーの豊かな時間 職と住が一体の住宅
フラワーショップ、カフェ、インリテリア、BnB…歴史的な建造物が数多く残る
ベルギーのブルージュは、その街並みの美しさから「天井のない美術館」とも称される街。
毎年300万人以上の観光客が訪れるという人気エリアにある、
フレデリック・ヴァン・パメル氏の住まいは、ショップとカフェ、
BnBがひとつになったユニークなプラン。


●未来を担う若手建築家
時代が変われば住宅はもちろん、住まい方も変容していきます。
それに応えるべく、若手建築家はどんな発送と提案で未来を見つめているのか?
建築家・窪田勝文さんとMLが注目する3人の若手アーキテクトに、そのリアルな声を聞いてみました。


●青山インテリアショップMAP 2018
モダンリビング編集部もある青山でお気に入りのインテリアを見つけよう!
さまざまな家具ブランドが集まる“インテリアの街”としても知られている街、青山。
近年は家具や雑貨だけでなく、キッチンやバス、建材などの設備ブランドもオープンし、
ますますにぎやかに。ラグジュアリー住宅誌『モダンリビング』が家造りを考える人に
まず訪れてほしい家具の街・青山の最新ショップマップを紹介します。切り取って持ち運べる!


おすすめの購読プラン

モダンリビング(MODERN LIVING) 雑誌の内容

「住宅建築」と「インテリア」が2大特集!今すぐ、そしていつか役立つ住宅専門誌。
ハイグレードな居住空間を提案するインテリア誌。モダンリビングは住宅とインテリアについて、さまざまな実用情報とアイデアを提供するライフスタイルマガジン。住まいの改装、改築、新築を計画している、30~40代の女性が中心読者です。

モダンリビング(MODERN LIVING)の無料サンプル

No.247 (2019年10月07日発売)
No.247 (2019年10月07日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   モダンリビング(MODERN LIVING)の目次配信サービス

モダンリビング(MODERN LIVING)の今すぐ読める無料記事

モダンリビング(MODERN LIVING)を買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

こどものとも年少版

2021年03月03日発売

目次: へっちゃらプーちゃん

本田いづみ 文/さとうあや 絵

こぶたのプーちゃんは、草すべりで目が回っても、川でびしょ濡れになっても、「へっちゃら へっちゃら へっちゃらプー」と歌いながら駆けていきます。元気いっぱい駆け回るプーちゃんと、「へっちゃら」の歌の繰りかえしが楽しい作品です。
人気作『こぶたのプーちゃん』の続編です。

絵本が大好きになる絵本

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

ちいさなかがくのとも

2021年03月03日発売

目次: さあ おいで こどもたち

小風さち 文/しもかわらゆみ 絵

カルガモのお母さんが大事に温めた卵からひながかえりました。10羽の元気なひなたちは、お母さんと一緒に、向こう岸までおいしい水草を食べにいきます。
ひなたちには「初めて」がいっぱい。泳ぐのも、コイやカメを見るのも初めて。そして、こわーいカラスに出会うのも……。
ひなたちは無事に水草にありつけるでしょうか?

ちいさなふしぎ、みーつけた!

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

こどものとも0.1.2.

2021年03月03日発売

目次: たいこ どん

きくちちき 作

子どもが「どこどん どこどん どこどこ」と太鼓を叩いていると、ネコがきました。ネコと一緒に太鼓を叩いていると、今度はイヌがきました。
太鼓を叩くたびに動物の仲間が増えて、一緒に太鼓を叩きます。最後は「どーん!」と大きな音を鳴らしてフィニッシュ!
太鼓のリズムに、赤ちゃんも思わず身体が動く絵本です。

赤ちゃんがいい気持ちになれる絵本

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

天然生活

2021年02月20日発売

目次: 別冊付録 家仕事ごよみ 春・夏編/特集 素朴でやさしいお弁当/特集2 受け継ぐ想い

参考価格: 820円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:425円

シンプルな暮らしを楽しむ雑誌「天然生活」は、無理をせず、手を動かして、自分なりの暮らしを育む雑誌

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

5 かがくのとも

福音館書店

かがくのとも

2021年03月03日発売

目次: わたしの ちいさな いきものえん

大島加奈子 作

ダンゴムシやテントウムシ、モンシロチョウといった身近な生きものを飼ってみましょう。飼育ケースがなくても、イチゴパックやペットボトルなどを再利用すれば大丈夫! 
簡単なケースの作りかたや、お世話の方法、そして多様な生きものを飼育観察する喜びを伝えます。
さあ、お家の中に小さな生きもの園の開園です!

子どもの強い好奇心=子どもの科学の芽を大きく伸ばす絵本

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

こどものとも年中向き

2021年03月03日発売

目次: ケロケロきょうだい

たかおゆうこ 作

冬眠から覚めた7匹のかえるのきょうだいが、池を探しに出かけます。行く手に待ち受けるのは困難の数々。泥まみれになったり、犬に追いかけられたり。
真っ暗な下水道を進んだ先には、海が広がっていました。果たして7匹は池を見つけられるのでしょうか?
小さなかえるたちが繰り広げるゆかいな大冒険をお楽しみください!

物語の楽しさに出会う絵本

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

7 こどものとも

福音館書店

こどものとも

2021年03月03日発売

目次: バルバルさんと おさるさん

乾栄里子 文/西村敏雄 絵

ある日、バルバルさんの床屋におさるがやってきて、手伝ってくれるようになりました。
おさるが熱心なので、バルバルさんは毎日丁寧に仕事を教えます。練習にとバルバルさんの髪を切ったおさるは、緊張して切りすぎてしまうのですが、意外にもその髪型が街じゅうに大流行。
人気の「バルバルさん」シリーズ第3弾です。

子どもの想像の世界を大きく広げる絵本

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

送料
無料

月刊ニュースがわかる

2021年02月15日発売

目次: <巻頭特集>
★暮らしと社会を支える物流
生活に必要なものが手元に届くのは、「物流」という仕組みがあるからです。
思わぬ災害で店が閉まっても、物流網さえしっかりしていれば生活必需品は届きます。
私たちの暮らしを支える物流について学びます。

<ニュース特集>
★核兵器禁止条約が発効
1月に「核兵器禁止条約」が発効しました。
核兵器を持つ国はいずれも署名していないためすぐに廃絶されるわけではありませんが、
核兵器を違法とする国際ルールの誕生で、核軍縮に期待が高まっています。

★新型コロナ ワクチン接種始まる
新型コロナウイルスがいまだに猛威を振るう中、ワクチンに期待が集まっています。
昨年末からイギリスやアメリカで接種が始まり、日本でも間もなく開始されます。
どのような薬なのでしょうか。

★東京五輪 本当にやれるの
一度延期された東京オリンピックですが、
コロナの感染拡大が収まらず、今年の開催も不透明な状況です。
菅義偉首相は「実現する」と述べましたが、
選手たちは練習もままならず、不安が広がっています

★トランプさん支持者がアメリカ議会に乱入
アメリカ連邦議会に1月6日、多数のトランプ大統領(当時)支持者が乱入し、銃撃に発展する騒乱がありました。
バイデンさんが勝利した大統領選の結果を集計する会議が行われていた最中で、
民主主義をゆるがす大事件に世界がショックを受けました。

★読者インタビュー パラアーチェリー選手
東京パラリンピック出場を目標にしているパラアーチェリーの永野美穂選手は、
左腕が使えないため、口で弦を引いています。
強い気持ちで金メダルをめざす永野選手に、
アーチェリーを練習中の中学生がインタビューしました。

ほかに、次のような1月のニュースを扱っています。
バイデンさんがアメリカ大統領に就任/阪神大震災から26年/北陸などで記録的な大雪

<好評連載>
● ニュース検定4~3級模擬問題
●「ざわつき★ナゾ科学」
● 不登校がテーマのまんが「わたし行進曲」
● 言葉で遊ぼう「ねじめのコトバ嵐」
●「ニュース ジョゼでもわかる系」
● 環境まんが「カグヤとエコ神サマ」
● 時事芸人、プチ鹿島の「オジさんの話を聞いて!」
● おススメのグッズを読者が紹介「イチオシ!」
● 歴史クイズ「レキッパ!!」
● 動物写真企画「みんな生きている!」
● ニュースなお題に投稿コーナー「答えよ」
● ギャグまんが「Newsがわからん!!」
● 学習まんが「ニュース探偵 小一郎」
● 投稿ギャグまんが「マナブとオカン」
● まんが「パトラっちとこまっち」
●「東田大志の きわめろ! パズル道」

参考価格: 490円

受験勉強に最適!お子さま向けにニュースを説明する雑誌です。送料無料!1ヵ月のニュースをビジュアルに解説 ニュースが好きになる・受験に強くなる

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/12
    発売号

たくさんのふしぎ

2021年03月03日発売

目次: ひと粒のチョコレートに

佐藤清隆 文/junaida 絵

口の中でさっととけて、おいしさが広がるチョコレート。その秘密は、原料のカカオの油が持つふしぎな性質にありました。チョコレートは美しい油の結晶なのです。しかしその性質ゆえに、チョコレートが生まれるまでには長い歴史がありました。
ミクロの世界から、舞台は古代アステカ、ヨーロッパへ。壮大な物語が始まります。

子どもはもちろん、おとなも楽しめる不思議の世界へようこそ!身の回りのあらゆる”ふしぎ”にせまります。

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

モダンリビング(MODERN LIVING)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌