日経コミュニケーション 発売日・バックナンバー

全135件中 31 〜 45 件を表示
▲2015年1月号 no.612 1月1日発行


■特集 NTTの世界戦略

●NTTの世界戦略 脱 ・ 通信会社へ、3つの大きな課題(014p)
● 「我々はITカンパニー」 海外企業への出資は累計1兆円超に(016p)
●グループで各社各様の戦略も クロスセル進展で成長に手応え(018p)
●上位レイヤーの強みが不足 ガバナンスの強化も道半ば(024p)


■ユーザー企業425社に聞きました

●携帯 ・ 固定のセットサービスに興味はありますか? 7割強が関心、乗り換えの動機となる割引水準は 「月1500円以上」 が約半数(007p)


■インタビュー

●第5世代モバイル推進フォーラム 会長(京都大学 特任教授 ・ 名誉教授)吉田 進5Gで日本を再び元気にする あらゆる産業、国力の基盤に(008p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●伊藤忠商事クラウドでコミュニケーション基盤を一新 プライベートとパブリックをフル活用(028p)


■マンスリーレポート

●MVNOの攻勢が第2幕へ FMCやサービス卸、中古販売も(032p)
●公衆Wi-Fiに 「ニューマネー」 を呼び込む 「訪日客」 と 「通信強靭化」 で動く企業や国(034p)
●[Mobile OS Watch]端末初期化問題などを解消した Android 5.0.1がリリース(036p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

● 「root化」 できないAndroidが普及へ ポリシー厳格化、アプリごとの制御も可(038p)


■ニュースクリップ 11月18日~12月12日

●シスコの平井社長 2014年11月末で退任 ほか(040p)


■SDNのすべて

●3年目を迎えたSDN Japan 夢から現実への移行を実感(042p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●攻撃者はもう使い始めている 成功率を高めるマーケティング手法(052p)


■ネットワークトラブルへの対応術 サーバー更新

● 「ネットワークはそのまま」 が落とし穴 サーバー更新時のトラブルを誘発サーバーやアプリの性能向上により負荷増大(056p)


■公開質問 NTTドコモに聞く

●携帯電話の標準化 どのように進められる? (060p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●安心 ・ 安全な道路交通網インフラ高度化から車載データ活用まで 目的、条件に合わせて実現手法もいろいろ(062p)


■サイバー攻撃最前線

●あらゆるデータを消去する破壊型のマルウエア シンプルな攻撃ほど対応は厄介(065p)


■Overseas Around The World

●Apple SIMは通信業界を変えるか MNOがMVNOに選ばれる時代の到来(066p)


■BOOK REVIEW アジャイル型のシステム構築 ・ 事業開発を知る3冊

●源流は日本製造業の 「ワイガヤ」 開発にあった分業より 「組織横断」 が創造力と生産性を高める(068p)


■読者の声

●NFVがもたらす破壊的イノべーション ほか(070p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●陳腐化の一方で好業績、違和感のあった2014年(072p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●2015年、MVNOに期待すること(073p)


■編集室から Editors Eye

●スマホ向けビーコン技術、新方式や利用法の提案相次ぐ移動者が 「発信」 など、用途での使い分けが現実的に(074p)
1,731円
▲2014年12月号 no.611 12月1日発行


■特集 無料Wi-Fi活用

●無料Wi-Fi活用 「つなぐだけ」 から 「ITのオアシス」 に進化(014p)
● 「ここだけ」 のサービスで先行 独自性と利便性が集客の鍵(018p)
●安く ・ 早く ・ 価値を生む サービスを成功に導く投資術(024p)


■ユーザー企業439社に聞きました

●通話 ・ チャットアプリに何を利用していますか?全体の利用率は5割強、 「LINE」 が 「Facebook」 や 「Skype」 に大差(007p)


■インタビュー

●OpenDaylight エグゼクティブディレクター ニーラ ・ ジャック“断片化”がSDNを阻む理由 共通プラットフォームで打ち勝つ(008p)


■特別レポート

●本格化する日本の5G推進体制日本案示すホワイトペーパーが公開 オールジャパン体制でさらに加速(044p)
●NFVの未来2015年度商用化に向けて動き出す 相互接続性、オープンソース化もポイント(048p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●ヤクルト本社商品の販売管理に 「iPod」 を採用 マルチデバイス対応でリスクも低減(052p)


■マンスリーレポート

●2014年4~9月期決算分析ドコモが業績予想を下方修正 通期の営業利益は3位転落へ(056p)
●[Android Watch]端末の一時貸し出しに便利 Android 5.0の2つの新機能(058p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●Macを操る大規模ボットネットが発覚 セキュリティの知識と対策の再点検を(060p)


■ニュースクリップ 10月27日~11月12日

●UQが最大220Mサービス 既存WiMAXは減速 ほか(062p)


■サイバー攻撃最前線

●最新の脆弱性とマルウエアの悪用動向から見えてくる 日本を狙ったサイバー攻撃の増加傾向(063p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●リスクを点数化して優先度を付ける 「見える化」 で経営層の判断を促す(064p)


■ネットワークトラブルへの対応術 SaaS型テレビ会議

●特定の拠点や端末、時間帯で不具合発生想定していないトラフィックが悪さ 事前のチェックを忘れず念入りに(068p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●イベント時の歩行支援センサーやカメラで流れ込む人の動きを把握 シミュレーション結果に基づいて流れを制御(072p)


■Overseas Around The World

●Wi-Fi Callingの生きる道T-モバイルUSは熱心、ベライゾンとAT&Tは慎重(074p)


■BOOK REVIEW 経営統合したKADOKAWA ・ DOWANGO会長に迫る3冊

● 「前提が間違っているから、競争相手が少ない」 異色経営者、川上量生氏の思考に迫る(076p)


■読者の声

●キャリアメールの利用率は? ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●プロさえ見誤る経済見通し、今こそ現実を直視すべき(080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

● 「脱 ・ iPhone」 を考える(081p)


■編集室から Editors Eye

●2.3GHz帯開放、1.7GHz帯上下非対称割当か 総務省の新周波数割り当て方針を読む(082p)
▲2014年11月号 no.610 11月1日発行


■特集 M2M/IoT大乱戦

●M2M/IoT大乱戦 500億デバイス市場の争奪(016p)
●コスト削減と最適化で進化 真価が問われるoneM2M(023p)
●グーグル、アップルがスマートホームへ “ビッグデータ埋蔵金”を掘り出す(033p)


■ユーザー企業442社に聞きました

●米アップルの新製品を購入しますか?購入意向が 「ある」 は、iPhone 6/同Plusで25.7%、Apple Watchで4.4%(007p)


■インタビュー

●ジュピターテレコム 代表取締役社長 牧 俊夫地域密着が成長源 電力 ・ モバイルで接点を増やす(008p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●三井生命保険 タブレットで事務効率化と営業改革 契約も電子ペンでペーパーレスに(058p)


■マンスリーレポート

●総務省の規制改革議論がようやく決着 光の 「1分岐貸し」 の議論も再開へ(062p)
●[Android Watch]Android 5.0が正式発表 WebViewアプリ化で個別更新可能に(064p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●猛威を振るうPOS向けマルウエア Windowsパソコンと同じく厳重対策を(066p)


■ニュースクリップ 9月30日~10月18日

●オールジャパンで5G推進 産学官連携のフォーラム ほか(068p)


■サイバー攻撃最前線

●長びく可能性のあるShellShock問題 今のうちに事後対応ベースの対策を(071p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

● 「危険です」 ではアピール効果なし 購買プロセスに従った提案を(072p)


■ネットワークトラブルへの対応術 老朽化対策

●リプレース後のトラブル対策における鉄則ネットワークの観点から新旧比較を意識して変更する箇所以外にも注目(076p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●未来交通と街づくり観光客などの安全 ・ 快適な移動を支援 バリアフリーや非常時避難経路もナビ(080p)


■Overseas Around The World

● 「モバイルは非規制、固定は規制」 を続けることは正しいのか固定事業者が規制外になったオーストリア(082p)


■BOOK REVIEW データ分析を実務に使う前に読む3冊

●分析よりもまず 「データを発見」 統計の知識は意思決定にも役立つ(084p)


■読者の声

●BCPに対するITはどうなっている ほか(086p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●正解不在の領域に踏み込むパーソナルデータ利活用(088p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●iPhone 6のVoLTEを音声サービス進歩の契機に(089p)


■編集室から Editors Eye

●相対契約で多様化した携帯通話料金 新定額制で法人契約はどう動くか(090p)
1,731円
▲2014年10月号 no.609 10月1日発行


■特集 “節約”上手で勝つ先行企業のコツ

●“節約”上手で勝つ先行企業のコツ 「完全定額」 時代、通信支出はまだ減らせる(012p)
●モバイル全活用が月2000円台で 交渉で事業者の“やる気”を引き出す(014p)
●iOS首位固め、Windows 8急伸 新定額はNTTドコモが好調(022p)
●L2/L3混合型が広域イーサ抜く 料金下落と利用減が同時進行(026p)
●投資増の無線LANとルーター 価格など訴求で新勢力が台頭(029p)
●標的型攻撃対策に大幅な投資増 SaaSの利用率は4割に到達(033p)


■ユーザー企業443社に聞きました

●公衆無線LANサービスに契約していますか? 契約者は4割弱、使える場所が分かりにくいなどの不満が続出(007p)


■インタビュー

●ミドクラ 取締役会長兼共同創業者 加藤隆哉理想のデータセンターを追求していく分散型ネット仮想化は誰にも負けない(008p)


■特別レポート

●モバイルとクラウドの2014年ベンダー別利用率スマホはアップルが独走体制へ タブレットはマイクロソフトが2位(046p)


■大規模ネットワークの裏側

●アカマイのCDN 「いつでも壊れる」 前提に汎用機器でインフラ構築(050p)


■マンスリーレポート

●[企業ネット実態調査 WANサービス別利用率]IP-VPNと広域イーサで首位交代 L2/L3混合型はNTTコムとKDDI僅差(068p)
●[Android Watch]Android One製品をインドで発表 年内に他の東南アジア地域にも展開(070p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●実用化されたマルウエア検知の新手法 振る舞い検知の弱点を機械学習で補強(072p)


■ニュースクリップ 8月27日~9月17日

●KDDIが電力事業参入 マンション向け小売り ほか(074p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●従業員に守ってもらうルール作り 秘訣はマーケティングの発想にあり(078p)


■ネットワークトラブルへの対応術 無線LANコントローラー

●監視システムから見えないアクセスポイント集中管理型AP固有の挙動に注意 仮想環境のトラブルはスイッチ確認(082p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●シンガポールのSmart NationIoTとビッグデータを中核に 国を挙げてスマートな社会づくり(086p)


■サイバー攻撃最前線

●実体が見えてきた政府御用達の 「リーガルマルウエア」流出した情報は自身のために有効活用しよう(089p)


■Overseas Around The World

●KDDI ・ 住友商事連合が携帯電話事業に参入 日本品質はミャンマーで求められるか(090p)


■BOOK REVIEW ソフトバンクグループの理解を深める3冊

●元社長室長やグループ会社代表による著書も 数々のエピソードから同社の戦略を垣間見る(092p)


■読者の声

●トラブル事例の統計情報を知りたい ほか(094p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●アップルですら陳腐になるウエアラブルデバイスの宿命(096p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●設計ポリシーの転換で回線コストを半分にする法(097p)


■編集室から Editors Eye

●クーリングオフ問題が決着へ 意外な結末を裏読みする(098p)
▲2014年9月号 no.608 9月1日発行


■特集 ケータイショップが力尽きる日

●ケータイショップが力尽きる日 クーリングオフ導入で騒然(012p)
●端末は実質、返品できない? 販売現場では早くも大混乱(016p)
●機種に関係なく無料で解除へ 端末と回線の分離を狙う総務省(023p)


■ユーザー企業336社に聞きました

●携帯電話大手3社はどんなイメージ? 「エリアと品質のドコモ」 や 「安さのソフトバンク」 の評価は変わらず(007p)


■インタビュー

●NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 有馬 彰クラウドの世界は相当なスピード感 IT部門ではなく経営部門に入り込む(008p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●丸紅プライベートクラウドをAWSへ全面移行 DR実現にネットワーク機能をフル活用(034p)


■マンスリーレポート

●[2014年4~6月期決算]利益2桁成長へ快調のKDDI 携帯電話市場の競争沈静化が鮮明に(038p)
●総務省の規制改革議論が中間整理案 求められる検証監視体制の確立(040p)
●[Android Watch]アプリ証明書の検証に欠陥見つかる 影響範囲が広く危険性も高い(042p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●ウイルス対策ソフトは 「限界」 に来たのか 最新製品の性能と改善方法を検証(044p)


■ニュースクリップ 7月22日~8月20日

●中国ネット利用状況調査 モバイルがPCを上回る ほか(046p)


■短期集中連載 100年ぶりの通信自由化がもたらしたもの

●自由化、モバイル、インターネット 大波に翻弄された通信市場(下) (048p)


■SDNのすべて

●Interop Tokyo 2014に見る(後編)10年先のネットが見通せるShowNet(054p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●トータルで弱くなる部分最適を避ける 全体最適で戦略的な投資につなげる(062p)


■ネットワークトラブルへの対応術 NAT

●機器のリプレースでセッションタイムアウトが頻発NATの設定ミスが招く通信不良 設計思想や機能差異の確認を(066p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●高速道の安心 ・ 安全を確保動き出した“スマートメンテナンス” 点検業務を効率化、技術者不足にも対処(070p)


■サイバー攻撃最前線

●次に来る脅威が見えたBlack Hatカンファレンス 狙われるUSBデバイスのファームウエア(073p)


■Overseas Around The World

●モバイル着信料の大幅引き下げ狙う英国 料金規制の対象をMVNOにも拡大(074p)


■BOOK REVIEW セキュリティ対策を再考するための3冊

●標的型攻撃から心を欺く接近術まで 技術活用と現場教育の両輪が勘所(076p)


■読者の声

●選択肢の増えたスレート端末の情報を ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

● 「Twitterをやめました」 、SNSが直面する分かれ道(080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

● 「レイヤーゼロ」 が企業ネットを支える(081p)


■編集室から Editors Eye

● 「異免許人」 や 「BWAとLTE間」 のCA 3.5GHz帯割り当てに合わせ解禁へ(082p)
1,731円
▲2014年8月号 no.607 8月1日発行


■特集 顧客とつながる企業の決め手

●顧客とつながる企業の決め手 スマホ時代のO2O/SNS活用法(014p)
●行列も財布も消える スマホ決済とビーコンが鍵(019p)
●業務システムとソーシャルが連携 使い分けと活用の工夫を支援(026p)


■ユーザー企業447社に聞きました

●VoLTEやCAの対応端末に魅力を感じますか?6割前後が魅力を感じるものの、買い替え意向は1割未満(007p)


■インタビュー

●NTT東日本 代表取締役社長 山村雅之光回線の純増数は約半数が法人 中堅 ・ 中小企業の開拓は道半ば(008p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●日本通運 運転状況や作業進捗を即時に把握 安全性を高めつつ業務を効率化へ(042p)


■マンスリーレポート

●クーリングオフ、SIMロック解除義務化 市場にブレーキをかけない配慮が不可欠(046p)
●[Android Watch]次期Androidのプレビュー版が公開 新UIデザイン採用など変更点多数(048p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●ネット銀行で被害が広がるMITB攻撃 解析で判明した巧妙な手口と最新対策(050p)


■ニュースクリップ 6月23日~7月17日

●NTT東がフレッツ新メニュー 月500円上乗せで1Gbpsに ほか(052p)


■サイバー攻撃最前線

●目立ち出したDropboxの悪用 レガシーツールでは驚異の検出すら困難に(053p)


■短期集中連載 100年ぶりの通信自由化がもたらしたもの

●自由化、モバイル、インターネット 大波に翻弄された通信市場(上) (054p)


■SDNのすべて

●Interop Tokyo 2014に見る(前編)SDI ShowCaseで日本企業が存在感(058p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●見逃せなくなったBYOD対策 基本を押さえれば怖くない(062p)


■ネットワークトラブルへの対応術 ネゴシエーションミスマッチ

●画像が止まって見えるテレビ会議のトラブル設定のミスマッチが品質悪化を招く オートネゴシエーションに要注意(066p)


■公開質問 総務省に聞く

●訪日外国人のネット接続環境 利便性をどう高めていく? (070p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●ロボットを通してテレワーク小型テレプレゼンス ・ システムを遠隔操作 五感対応で擬似的な 「どこでもドア」 に(072p)


■Overseas Around The World

●本格始動する中国のMVNO 通信サービスの多様化と料金の低廉化に拍車(074p)


■BOOK REVIEW 国際通信の歴史を知る3冊

●列強の 「情報覇権」 に揺さぶられた戦前日本 国際海底ケーブルを独占した大北電信会社(076p)


■読者の声

●TD-LTEの今後の動向を ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●パーソナルデータ法改正で期待される通信事業者の役割(080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●スマホがパソコンに代わる日(081p)


■編集室から Editors Eye

● 「東京五輪で旅行者に電波開放を」 と都知事 無線ネット接続のモデル都市になれるか(082p)
1,731円
▲2014年7月号 no.606 7月1日発行


■特集 NTTの逆襲

●NTTの逆襲(022p)
●満を持した“ゲームチェンジ” 固定も携帯も一気に攻勢へ(024p)
●ICT市場の活性化で利害が一致 “黒衣”の市場支配力には注視(028p)
●事業者に隙を与えた制度の綻びを正す SIMロック解除で課題を連鎖解決か[パート2:総務省の意地](036p)


■ユーザー企業445社に聞きました

●社内クライアント端末のOSは何ですか? Windows 7が9割弱と圧倒的、約6割がマルチデバイス化を視野に(007p)


■インタビュー

●NTT西日本 代表取締役社長 村尾 和俊光回線の販売モデルはいずれ限界 後方支援に回って利活用促進に貢献(008p)
●ケイ ・ オプティコム 代表取締役社長 藤野 隆雄auのMVNOで先行者利益を狙う 光回線と組み合わせ真のFMCへ(012p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●タマホーム 基幹業務をクラウド化しコスト4割減 専有型でインフラの性能を確保(054p)


■マンスリーレポート

●アプライアンス機能をネット経由で 新世代WANサービスが相次ぎ登場(058p)
●[Android Watch]ランサムウエアによる攻撃が増加中 ファイルを暗号化するタイプも登場(060p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●攻撃に強いソフト開発技法が重要に 「最少特権の原則」 で乗っ取りに対抗(062p)


■ニュースクリップ 5月28日~6月19日

●NTTドコモがiPad発売 SIMロック解除に非対応 ほか(064p)


■サイバー攻撃最前線

●密かに増える更新サーバーを利用した標的型攻撃 一組織では防げず横のつながりが重要(065p)


■SDNのすべて

●広域ネットワークの課題をSDNで解決O3プロジェクトが目指す将来像(後編) (066p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●ビジネスを加速する 「攻め」 の対策 安全 ・ 柔軟に働けるIT基盤を提案(072p)


■ネットワークトラブルへの対応術 高画質テレビ会議

●HD対応のはずがSD画質に適切なビットレートが画質の決め手 映像の乱れはパケットロスに注意(076p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●変革もたらす無人航空機空飛ぶレーダー/センサーとカメラ 監視 ・ 点検、測量、そして物流に波及(080p)


■Overseas Around The World

● 「オリジナル」 で競う米国動画配信サービスYahoo! とマイクロソフトが本格参入、アマゾンも追い上げる(082p)


■BOOK REVIEW スマートデバイスのUIデザインを考える3冊

●リッチ型から流行の 「フラットデザイン」 まで 「見ただけで分かる」 の原理原則は不変(084p)


■読者の声

●公衆網を事業に利用している事例を知りたい ほか(086p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●ネット普及は 「使えない」 ではなく 「使わない」 ことが課題(088p)


■間違いだらけのネットワーク作り

● 「格安SIM」 で変わるルーターの選択(089p)


■編集室から Editors Eye

●スカスカで懸案の地域BWA ユニバへの活用案が急浮上(090p)
1,731円
▲2014年6月号 no.605 6月1日発行


■特集 さらば三種の神器

●さらば 三種の神器 企業ネットワークが快適になる(008p)
●自前主義に将来なし 情報共有も劇的に変わる(012p)
●固定との 「2台持ち」 は非効率 外線が主ならコスト減は確実(016p)
●有線置き換えで運用が軽く 複数端末なら 「無線一本」 が正解(020p)


■ユーザー企業449社に聞きました

●通信業界の競争は進んでいると思いますか? 進んでいるとの評価は携帯電話で6割強、固定通信は約2割にとどまる(007p)


■インタビュー

●米ベライゾン ・ コミュニケーションズ 会長兼CEO ローウェル ・ マクアダムソフトバンクとの競争は大歓迎 クラウドとセキュリティでトップ3に(024p)


■特別レポート

●日本でも商用サービス開始 LTE-Advancedの本命技術キャリアアグリゲーション(CA) (034p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●成田国際空港 音声検索アプリで顧客をおもてなし 発話ログをサービス改善に有効活用(042p)


■マンスリーレポート

●[2014年3月期決算分析](046p)


■ニュースクリップ 5月1日~5月19日

●NTTとアルカテル、富士通 NFV ISGのPoCに認定 ほか(049p)


■マンスリーレポート [Android Watch]

●[Android Watch]MVNOの普及などで存在感を増す 低価格なSIMロックフリー端末(050p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

● 「新型」 ハッシュ関数でマルウエアを検知 亜種をファイルの 「類似度」 で評価(052p)


■SDNのすべて

●広域ネットワークの課題をSDNで解決 O3プロジェクトが目指す将来像(前編) (054p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●突破を前提にした4段階の対策 マーケティング視点が説得の鍵(060p)


■ネットワークトラブルへの対応術 バックアップ

●いざという時に働かないバックアップ 定期的な検証と構成の棚卸しが鍵システムの変更や増設が動作不良の引き金に(064p)


■公開質問 総務省に聞く

●異なる免許人をまたぐ キャリアアグリゲーションは可能? (068p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●公共交通を人にやさしく情報発信の工夫で“スマート”な駅を実現 異種交通機関との連動にも発展(070p)


■サイバー攻撃最前線

●クライアントを狙う 「リバースHeartbleed」 攻撃 メモリー上の機微情報が脅威にさらされる(073p)


■Overseas Around The World

●メーカー競争激化のインドのスマホ市場 ソニーが食い込み、パナソニックが挑む(074p)


■BOOK REVIEW 企業のソーシャルメディア活用を学ぶ3冊

●開かれた企業文化を促すソーシャル 顧客接点も従業員のやる気も活性化(076p)


■読者の声

●本当に必要なモノやサービスとは? ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●NTTの光卸し開始で促したい未来志向の競争政策(080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●企業ネットはキャリア網か、インターネットか(081p)


■編集室から Editors Eye

●ドコモVoLTEは年度内500万台の内部目標 まず対応端末を増やすシナリオか(082p)
1,731円
▲2014年5月号 no.604 5月1日発行


■特集 ケータイ料金を破壊する格安SIM

●ケータイ料金を破壊する格安SIM 波に乗るMVNO、次なる挑戦へ(012p)
●帯域幅課金が格安SIMの鍵 ポリシー制御で付加価値も(020p)
●レイヤー2接続はほぼ当たり前に さらなる設備開放で競争を促進(024p)


■ユーザー企業391社に聞きました

●携帯電話の料金は高いと思いますか? 「高い」 が8割超、平均の料金は月5673円、通信量は月1.46Gバイト(011p)


■インタビュー

●総務省 大臣官房審議官(情報流通行政局担当) 渡辺 克也ICTで付加価値産業を創っていく データの循環が活性化の鍵(032p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●竹中工務店3200台のモバイル端末を全社に配置 情報共有強化などで生産性向上目指す(058p)


■マンスリーレポート

●携帯電話販売にクーリングオフ 総務省の議論に業界が戦々恐々(062p)
●[Android Watch]OpenSSL問題はAndroidにも影響 検査ツールによる確認と対策を(064p)


■セキュリティトレンド [寄稿]

●未知のマルウエア検知に機械学習 回帰分析でヒューリスティックを改善(066p)


■ニュースクリップ 3月26日~4月15日

● 「サイバー防衛隊」 が発足 防衛相直轄で脅威に対処 ほか(068p)


■SDNのすべて

●WANで注目のSegment Routing 分散と集中のハイブリッドSDNを実現(070p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●高まる 「多層防御」 の重要性 よく聞かれる3つの層を正しく理解(078p)


■ネットワークトラブルへの対応術 無線LAN端末

●無線の障害は 「現場で確認」 が鉄則 APだけではなく端末環境もチェック通信レートを上げるローミングが悪さをすることも(082p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●地理情報使い安心 ・ 安全自治体に広がる地理情報システム 安心して暮らせる街づくりの基盤に(086p)


■サイバー攻撃最前線

●遠隔操作ウイルス事件で注目高まるキーワード「スラック領域」 がサイバー犯罪捜査の行方を左右(089p)


■Overseas Around The World

●周波数割り当ての効率化と合併条件の緩和が焦点EUの規制見直しはモバイル業界を救えるか(090p)


■BOOK REVIEW 通信政策について理解を深める3冊

●通信政策の理論的な背景 規制の法制度的、経済学的な位置付けを理解通信政策について理解を深める3冊(092p)


■読者の声

●家庭向け回線をSDNで企業向けに ほか(094p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●グーグル、アマゾンが通信インフラを担う時代が到来(096p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●LINE電話で考える 「電話番号」 とビジネス(097p)


■編集室から Editors Eye

● 「自衛隊と協業」 「気球型の基地局」 など続々 通信各社、大規模災害への備えは進化中(098p)
▲2014年3月号 no.602 3月1日発行


■特集 スマートデバイス時代の乗り遅れない動画活用術

●スマートデバイス時代の乗り遅れない動画活用術(010p)
●適用領域と効果はアイデア次第 費用は品質依存で、障壁は低い(014p)
●初心者でもきれいに仕上がる 押さえておきたい5つの鉄則(020p)
●大手は先行者利益を享受 主役は 「若者とソーシャル」 (024p)


■ユーザー企業411社に聞きました

●動画を業務に利用していますか? 利用中は4割強、社内教育 ・ 研修や広告 ・ 宣伝、プレゼンなどで活躍(009p)


■インタビュー

●フリービット 代表取締役社長 CEO 石田 宏樹垂直統合で月2000円を実現 スマホに 「時間節約」 をもたらしたい(034p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●ヤフー 自社DCをOpenStackで全面管理 あらゆるリソースを抽象化へ(038p)


■マンスリーレポート

●NFV実現に向けたデモが続々登場した NTT R&Dフォーラム2014(042p)
●総務省、2020年代に向けた規制改革へ 焦点はスマホ料金や禁止行為規制(044p)
●[決算分析 2013年4~12月期]来期に向けて絶好調のKDDI iPhone投入でも苦しいドコモ(046p)
●[Android Watch]SELinuxのポリシー強化作業が進行中 アプリのroot権限での実行が困難に(048p)


■セキュリティトレンド

●GOM Playerを巡る標的型攻撃の教訓 求められる自動アップデートの安全性(050p)


■ニュースクリップ 1月23日~2月14日

●総務省が公開ヒアリング 4G向けの3.5GHz帯 ほか(052p)


■SDNのすべて

●ここが変わったOpenFlow 1.4 最新の仕様からSDNの進化を見る(054p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●例え話を使って平易な理解を促す パスワードはゲームの世界で考える(060p)


■ネットワークトラブルへの対応術 音声ネットワークの設計

●IPパケットだけを見ていては駄目 音声特有のプロトコルに注意SIPの方言やRTPパケットの経路にトラブルの芽(064p)


■公開質問 NISCに聞く

●官公庁のSNSアカウント 運用ルールはどうなっている? (068p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●最適な病院選びを支援様々な公開データに基づきランク付け 膨らみ続ける医療費の抑制に一役(070p)


■サイバー攻撃最前線

●増え始めるショートカットを利用したサイバー攻撃 ユーザーの先入観をうまく突く(072p)


■Internet market report from Asia

●拡大する韓国スマホゲーム市場 プラットフォームの在り方が今後の焦点(073p)


■Overseas Around The World

●免許発給で加速する中国TD-LTE iPhone初のTD版が販売開始(074p)


■BOOK REVIEW IoT/M2Mを理解する3冊

●過去何度も注目された巨大市場がついに離陸か IoT/M2Mが変える世界とそれを支える技術(076p)


■読者の声

●SDNは商売として成り立つのか ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●大震災から3年を機に思う、ICTの 「ニーズ」 と 「ウォンツ」 (080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●あなたのプレゼン、 「寄り道」 ありますか? (081p)


■編集室から Editors Eye

●時代にそぐわなくなったドコモへの禁止行為規制 問題はユーザーメリットにつながるかどうか(082p)
1,781円
▲2014年2月号 no.601 2月1日発行


■特集 岐路に立つキャリアクラウド

●協調か競争か 岐路に立つキャリアクラウド(012p)
●自社クラウドで業務システムを狙う 「商社」 としては組み合わせに強み(016p)
●インターネットと閉域網のせめぎ合い クラウドが変えるWANの在り方(022p)
●クラウドを支えるL2/L3混合サービス 2009年の開始から5年の道程(028p)


■ユーザー企業406社に聞きました

●2013年の重大ニュースは何でしたか? 「NTTドコモのiPhone販売参入」 が 「米政府の個人情報収集プログラム」 に大差をつけて1位(009p)


■インタビュー

●IPA理事 田中 久也セキュリティ人材の不足は危機感の表れ タスクとスキルの見える化が育成に効果(048p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●イオンディライトiPadで営業担当者の働き方を改革 3分動画の活用で提案力アップ(052p)


■マンスリーレポート

●法改正で端末修理体制が一変へ 第三者修理を可能に、“黒船”も襲来中(056p)
●免許不要帯でLTE-Advanced 帯域不足に“秘策”、クアルコムが提案(058p)
●[Android Watch]Chromeブラウザーが圧縮機能に対応 プロキシ利用で通信データ量削減(060p)


■セキュリティトレンド

●マルウエア分析に新手法 「クラスタリング」 で人手を支援(062p)


■ニュースクリップ 12月11日~1月17日

●1万7000台のIP電話基盤 NTTコムがANAに納入 ほか(064p)


■SDNのすべて

●OpenStackとSDNの最新動向 OKINAWA Open Days 2013報告(068p)


■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら

●あなたのそのセキュリティ認識 間違っています(074p)


■ネットワークトラブルへの対応術 周期性のあるトラブル

●繰り返すトラブルは地道な調査が鍵 数字を手掛かりにタイマーを確認無線LAN端末のリンクが一定の間隔で切れる(078p)


■公開質問 NTTドコモに聞く

●遠隔から書き換え可能なSIM 仕様書の完成で何が変わる? (082p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●疾患の流行を把握 ライフログの統計データを活用 電子お薬手帳との連携サービスも(084p)


■サイバー攻撃最前線

●注目高まる次世代フォレンジック技術 メモリーやネットワークトラフィックの解析に踏み込む(086p)


■Internet market report from Asia

●インドネシアで苦戦のネットメディア 急成長するスマホユーザーを取り込みへ(087p)


■Overseas Around The World

●仮想通貨 「Bitcoin」 の本質 「計算資源本位制」 をもたらすデジタル暗号通貨(088p)


■BOOK REVIEW 注目を集める機械学習を理解する3冊

●機械学習に精通していなければデータサイエンティストではない時代が来るか(090p)


■読者の声

●利用者から見たネットワーク仮想化 ほか(092p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●CESで垣間見た、パソコンの 「終わりの始まり」 (096p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●iPhoneにマイクが3つある理由(097p)


■編集室から Editors Eye

●評判の悪いソフトバンクの 「スマート値引き」 あえて投入した理由は何か(098p)
1,676円
▲2014年1月号 no.600 1月1日発行


■特集 2020年 クラウド時代のサバイバル

●2020年 クラウド時代のサバイバル(016p)
●4つの波に飲み込まれる既存市場 過去に類のない大変革が訪れる(018p)
●新たな市場をもたらす 破壊的なイノベーション(022p)
●注目技術ロードマップ(038p)
●識者に聞く 2020年のテクノロジー/トレンド(056p)
●規制改革を妨げる 「既存の社会」 (057p)
● 「オープン」 がもたらす次なる破壊と創造(058p)


■ユーザー企業440社に聞きました
●ウエアラブル端末の購入意向はありますか? 「ない」 が5割弱、現状は 「技術が未成熟」 「価格が高い」 などの声も(011p)


■インタビュー
●NTT 代表取締役社長 鵜浦博夫通信ビジネスは大きな節目 協業を加速して変革を目指す(012p)


■マンスリーレポート
●NTTコムがオーバーレイ活用したVPN 既存ネット上に即座に閉域網を構築(060p)
●[Android Watch]Android 4.4の修正版が相次ぎ登場 アプリ権限制限機能は使用不可に(062p)


■セキュリティトレンド
●車載ネットワークのセキュリティ 増加する接続デバイスが脅威に(064p)


■ニュースクリップ 11月22日~12月9日
●LTE-Advancedや5G ドコモが技術展示会 ほか(066p)


■Internet market report from Asia
●中国で盛り上がる 「独身の日」 バーゲンセールでモバイルECも急成長(067p)


■SDNのすべて
●これからこうなるSDNの技術と標準 SDN JAPAN 2013報告(後編) (068p)


■ネットワークトラブルへの対応術 給電
●非常用電話機とUPSの落とし穴 停電時の通信確保に検証を徹底給電にまつわるトラブルは多種多様(076p)


■スマートな社会を支えるICT最前線
●家が人を見守り ICT駆使して家庭内で健康管理 目指すは街全体での生活支援(080p)


■Overseas Around The World
●外資が狙う魅力的なミャンマー携帯市場仏、英、シンガポールの事業者や中国 ・ 韓国のベンダーに動き(082p)


■BOOK REVIEW 未来を予測する7冊
●希望が持てる楽しい科学技術予測 一方で警告を発するつらい予測も(084p)


■読者の声
●経営視点の面白い記事を ほか(086p)


■業界の先を読む ICT千里眼
●2014年は 「将来に向けた仕込みの年」 に(088p)


■間違いだらけのネットワーク作り
●2014年は通信自由化30年目、変革すべき年(089p)


■編集室から Editors Eye
●BYODをもっと生かせる道 福利厚生の一つとして検討を(090p)
1,676円
▲2013年12月号 no.599 12月1日発行


■特集 携帯エリアと速度のウソ ・ ホント

●過熱競争がもたらす“誤解” ネットワークの真実を詳らかに(012p)
●鍵を握る伝搬特性とアンテナ指向性 チルト角制御には2つの方式(022p)
●携帯各社のアプローチは3社3様 地道な努力が“つながりやすさ”に(026p)


■ユーザー企業292社に聞きました

●ソーシャルメディアを利用していますか? 利用中は6割強、Facebookが最も多く、LINEとTwitterが拮抗(011p)


■インタビュー

●ソネット 代表取締役社長 吉田 憲一郎FTTH市場はまだ伸びる 世界最速でメガキャリアに挑戦(036p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●クレハ 標的型攻撃に備えて出口対策 「侵入される前提」 で手を打つ(040p)


■マンスリーレポート

●[決算分析 2013年4~9月期]好調さ維持するソフトバンクとKDDI 海外M&Aも各社で加速(044p)
●2013年末に使えなくなる証明書 新たにハッシュ関数の問題も(046p)
●[Android Watch]SELinuxによる保護の有効化など Android 4.4のセキュリティ強化点(048p)


■セキュリティトレンド

●機械学習をセキュリティに応用 ビッグデータ解析でマルウエア検知(050p)


■ニュースクリップ 10月22日~11月13日

●NECがNFVを商用化 まずは仮想化モバイルコア ほか(052p)


■SDNのすべて

●ここまできたSDNの最新技術と製品 SDN JAPAN 2013報告(前編) (054p)


■Webプラットフォーム新潮流 車載プラットフォーム シリーズ

●多彩なアプリをブラウザーで実現 WebSocketとWebRTCが鍵(060p)


■ネットワークトラブルへの対応術 性能設計と拡張設計

●想定外の運用が引き起こす L3スイッチの設計限界超えネットワーク更新や拠点追加で通信がスローダウン(064p)


■公開質問 総務省に聞く

●PHSの番号ポータビリティー参加 混乱を避けるための対策は? (068p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●社会を守る天気予報 センサーとコミュニティーの力で 予報精度を高めてリスク回避(070p)


■ネットワーク活用講座 SNSと企業の一歩進んだ付き合い方

●マーケティング活動を妨げない それがシステム部門の生きる道(072p)


■Internet market report from Asia

●急伸するベトナムのオンライン決済市場 2017年には他のアジア諸国並みに(073p)


■Overseas Around The World

●大手事業者に保有周波数の上限は必要かインセンティブオークションをきっかけに米国で議論が沸騰(074p)


■BOOK REVIEW CPU、OS、ルーターを自作する3冊

●仕組みを理解するには自作が一番 ブラックボックスを解き明かす(076p)


■読者の声

●外資系企業が高利益を生み出す秘密 ほか(078p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●混乱する 「XPサポート終了」 問題、それでも移行すべきだ(080p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●Windowsタブレットは 「タブレット」 では.ない(081p)


■編集室から Editors Eye

● 「オプション強制」 や 「抱き合わせ販売」 問題噴出のauショップの裏側(082p)
1,676円
▲2013年11月号 no.598 11月1日発行


■特集 世界のモバイル通信事情

●今こそ、押さえたい10大テーマ(008p)
●台頭する“100ドルスマホ” 新興国では中古端末も人気(010p)
●急拡大するサービス提供地域 周波数帯の断片化は未解消(012p)
●プリペイド方式が圧倒的多数 メッセージアプリの利用が急増(014p)
●オープン化を進める大手事業者 狙いはエコシステムへの関与(016p)
●ニッチ市場向けで一定の成果 事業者がサブブランドにも活用(018p)
●シェアプランの導入が進む マルチデバイス時代にマッチ(020p)
●現状はオフロード目的が中心 今後は付加価値の提供手段へ(022p)
●Web+クラウド方式が主流に マーケティングへの活用が課題(024p)
●遠隔医療/予防の動きが加速 日本は制度の緩和が急務(026p)
●ロック解除は欧米で一般的 日本は閉鎖的で流動性に課題(028p)
●数字で見る事業者動向(030p)


■ユーザー企業358社に聞きました

●自宅のインターネット接続手段は何ですか? 固定回線のみは6割弱、3割がモバイル回線を併用(007p)


■インタビュー

●UQコミュニケーションズ 代表取締役社長 野坂 章雄WiMAX 2+の満足度は80点 常に一歩先行くサービスで成長する(048p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●楽天 データセンターの構成を分散から集中へ 国内最大規模のL2ファブリック構築(051p)


■ニュースクリップ 9月18日~10月19日

●広域SDNプロジェクト NECなど5社が開始 ほか(055p)


■マンスリーレポート

●マルウエア対策に総務省が実力行使 改ざんサイトなどブラックリスト化(056p)
●無線や光伝送の未来の姿 つくばフォーラムの展示から垣間見る(058p)
●[Android Watch]端末紛失時の位置確認などに役立つ 「Androidデバイスマネージャー」 (060p)


■セキュリティトレンド

●OpenFlowで想定される脅威を探る セキュリティを保つ3つの原則が明らかに(062p)


■SDNのすべて

●ネットワーク機能を仮想化するNFV SDNと関連性は高いが依存せず(064p)


■Webプラットフォーム新潮流 車載プラットフォーム シリーズ

●自動車業界がHTML5に急接近 囲い込みからオープンへかじを切る(070p)


■ネットワークトラブルへの対応術 テレビ会議の相互接続

●いまだに絶えない相互接続トラブル MCUは有効だが過信は禁物グローバル展開でマルチベンダー化が進行(074p)


■公開質問 総務省に聞く

●携帯メアドの“ポータビリティー” なぜ今もできない? (078p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●センサーで水をきれいにライフラインを支える浄水場 安定運用に向けM2Mをフル活用(080p)


■ネットワーク活用講座 SNSと企業の一歩進んだ付き合い方

●ソーシャル担当者の1週間 何にどれだけ時間を使うか(082p)


■Internet market report from Asia

●PCからスマホへの転換進む韓国 非ゲーム領域にも参入機会(083p)


■BOOK REVIEW タネンバウム 「コンピュータネットワーク」 をひもとく

●ネットワーク技術の大著 当時の動向を色濃く反映する各版を比べてみる(084p)


■読者の声

●安価で適度に速いモバイルを ほか(086p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●パーソナルデータの制度整備、論点は 「責任主体」 に(088p)


■間違いだらけのネットワーク作り

●JR北海道だけじゃない、ITにもある 「危険無視」 (089p)


■編集室から Editors Eye

●産みの苦しみに直面する 「第3のOS」 ドコモはTizen延期、KDDIも売り方悩む(090p)
1,467円
▲2013年10月号 no.597 10月1日発行


■特集 企業ネットワーク実態調査

●スマホ、BYOD、セキュリティ、クラウドの今 企業ネットワーク実態調査(012p)
●半数を超える企業が利用へ 事業者はソフトバンクが強い(014p)
●許可済み企業は前年から微増 検討中企業はコストを高めに想定(018p)
●ライセンス更新が投資のメイン 標的型攻撃の対策に意識の差(020p)
● 「検討しない」 企業が大幅減 WAN見直しの契機になる(023p)
●WANを見直す企業が突然の増加 L2/L3混合型サービスが急伸(026p)
●法人携帯はNTTドコモの独壇場 企業はエリアの広さを重視(028p)
●実績で他を圧倒するシスコ PBXはNECが一頭地を抜く(030p)
●総合評価はイー ・ アクセスが1位 大手3社ではソフトバンク一歩リード(032p)


■ユーザー企業366社に聞きました

●IPv6を利用していますか? 「利用していない」 が9割、大半の企業が 「特に困らない」 と回答(011p)


■インタビュー

●[ラック 取締役CTO] 西本逸郎 多発するサイバー攻撃の裏に組織犯企業連携で根っこを絶つ取り組みを(054p)


■フォーカス

●小型加速器中性子源を用いた試験技術 宇宙線に起因する誤動作を再現通信機器のソフトエラーを未然に防ぐ(058p)


■特別レポート

●企業のスマホ利用で選ばれる理由 価格のサムスン、デザインのソニーモバイルとクラウドのベンダー別利用率を調査(064p)


■現場に学ぶネットワーク作り

●三和シヤッター工業 営業担当者1400人にiPadを配布自作動画のフル活用で提案力向上(068p)


■マンスリーレポート

●[企業ネット実態調査 WANサービス別利用率]NTTコムのIP-VPNが首位返り咲き L2/L3混合型サービスは2社が接近(072p)
●ドコモiPhoneがもたらすパラダイムシフトMNPはシュリンクか、競争は次フェーズへ(074p)
●[Android Watch] 選択肢増えるスマホ向け050IP電話基本料無料のサービスもAndroid対応(077p)


■セキュリティトレンド

●マイクロソフトの新 「EMET」 を検証 Man in the Middle対策を強化(079p)


■ニュースクリップ 8月21日~9月12日

●LINEが新サービスで攻勢 音楽配信、通販に参入 ほか(081p)


■SDNのすべて

●ベンダー主導の団体OpenDaylight SDNの“ものづくり”を加速(082p)


■Webプラットフォーム新潮流

●アプリケーションは分離して守る 2重3重のセキュリティ機構も(088p)


■携帯インフラ講座

●屋外で1Gビット/秒超を達成 周波数の使用効率向上に貢献(092p)


■ネットワークトラブルへの対応術 モバイルM2M

●定番のpingコマンドが使えない モバイルM2M環境のNATに注意携帯電話網を利用した遠隔からの機器管理(096p)


■公開質問 総務省に聞く

●携帯電話の電波利用料 軽減される方向なのはなぜ? (100p)


■スマートな社会を支えるICT最前線

●急拡大する植物工場 工場内で数百個ものセンサーが動作 栽培技術をコモディティー化(102p)


■ネットワーク活用講座 SNSと企業の一歩進んだ付き合い方

●炎上対策に近道なし 日常的なモニタリングに尽きる(104p)


■Internet market report from Asia

●インドネシアで高まるスマホ熱  「おしゃべり」 好きの国民性を映す(105p)


■Overseas Around The World

●国内通信事業者の顧客獲得コスト偏重傾向を打破するヒント継続利用シバリなしの 「アンキャリア」 戦略(106p)


■BOOK REVIEW 再び注目を集める人工知能(AI)を理解する3冊

●人工知能に力を入れるグーグル、アップル クラウドの次の競争ポイントになるか(108p)


■読者の声

●■あの製品は今?  ほか(110p)


■業界の先を読む ICT千里眼

●ネット大衆化にともなって 「免許」 が必要になるか(112p)


■間違いだらけのネットワーク作り

● 「コミュニケーションのAPI化」 がもたらす革新(113p)


■編集室から Editors Eye

●繰り返されたiPhone予約直前のチキンレース もっとユーザーに誠実なビジネス

日経コミュニケーションの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
通信・ネットワークの総合情報誌
「日経コミュニケーション」は、通信・ネットワークの全分野をカバーする我が国最大の総合情報誌です。通信・ネットワークの技術・製品・サービスに精通した専門記者が、広範な取材網を駆使。常にユーザーの視点に立ってお届けする情報は、この分野でビジネスを展開される方を強力にサポートします。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経コミュニケーションの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.