日経コミュニケーション 発売日・バックナンバー

全135件中 91 〜 105 件を表示
1,519円
●特集
「次なる成長エンジンに」、NTTが踏み出す新市場
ホームICTの深層

【ビジネス】
ネット化進む家庭をもっと便利に
・NTTコムも今年中に企業向けを展開

【技術】
HGWを起点にホーム・ネットを利用
・“ガラパゴス化”回避へ標準化を推進

【海外動向】
欧米でも動き出す“ホーム”市場
・CO2削減で“ホームICT”を目指す経産省

●ニュース解説
CESで分かったノキア日本撤退の理由
「日本は最先端にあらず」

・直収電話は“逆ざや”に、KDDIなど14社が接続料の凍結要求
・2020年にブロードバンド100%普及へ、業界揺るがす「原口ビジョン」
・NTT東西が最長39年の誤請求、見過ごしていたミスの連鎖
・<セキュリティ・ウォッチ>国内で被害続出するガンブラーの実体

●テレコム新語
IEEE 802.11ac

●ニュース・ピックアップ
Skype搭載テレビが今年半ばに登場 ほか

●編集長インタビュー
弓削 哲也 (ソフトバンクテレコム 専務取締役専務執行役員兼CTO)
「原口ビジョンは適正な進化の契機」

●連載
・仮想化環境でのネットワーク設計術
「第3回 仮想化ネットワークの構成を考える」

・世界のトレンドから導くニッポンの通信の進路
「第21回 Android時代の通信ビジネスの課題(1)」

●公開質問
総務省に聞く
新しいトップ・ドメイン「.日本」、管理者を新規募集する理由は?

●我が社を支えるネットワーク
大成建設
「サーバー刷新とDC移設にダーク・ファイバ活用」

●コラム
1,519円
# 特集 国際ネットはもう遅くない

* アジアの通信インフラが充実,海外DCは急拡大(032p)

* 製造や販売の基幹拠点を海外に展開する日本企業が増えている。そこで欠かせないのが,グローバルのネットワーク ・インフラ。高い通信料金,伝送遅延,現地のインフラ未整備などの課題を考えがちだが,実は状況は大きく変わってきている。最新のサービスや海外データ・ センター(DC)を使えば,「遅い国際ネット」から抜け出せる。

* 高まる国際ネット見直しの機運(033p)

* 意外に知らない運用の現場 国際ネット 三つの基礎知識(036p)

* アジアでも安い “10M” が見えてきた(038p)

* 国際事業者の乗り換え = 現地回線変更(041p)

* 海外DC活用し国際ネットを最適化(042p)

* 「定石」になったWAN高速化装置(046p)

# 一触即発

* これからの10年を描くのは今,通信事業の大転機がやってきた(017p)

# テレコム新語

* One Voice(018p)

# ニュース ・ ピックアップ

* 日本通信がドコモ網上でIP電話 ほか(028p)

# 我が社を支えるネットワーク

* 北海道銀行 システム移行を前にネット刷新,支店網を高速化(056p)

# ニュース解説

* ソフトバンクが新 “ホワイトプラン” 廉価版クラウドが来春登場(020p)

* 産業用途にもイーサネット,NECエレがチップ開発(022p)

* ホワイトスペース,地域の情報発信手段として浮上(024p)

# 編集長インタビュー

* 小野寺 正 [ KDDI 代表取締役社長兼会長] オールIPでサービス開発を推進(050p)

# 連載

* 緊急提言 通信業界 ・ 新マネタイズの方程式 【最終回】 官民ではなく,官こそ国際競争を(026p)

* 2011年のアドレス枯渇に備える IPv6ネットワークの作り方 【最終回】
IPv6標準化の最前線 ~ 広島IETF会議から(060p)

* 世界のトレンドから導く ニッポンの通信の進路 第18回 世界動向からみる日本の世界戦略(2) (064p)

# 公開質問

* NTT東日本に聞く ひかり電話に無い施設設置負担金,なぜ加入電話に残る?(054p)

# コラム

* ユーザーの本音(031p)

* 【Over seas】 海外キャリア ・ リポート(070p)

* 【Over seas】 世界点描(072p)

* 【Over seas】 欧米潮流(073p)

* BOOK REVIEW(074p)

* いまどきのコミュニケーション(075p)

* キャリア ・ ウォッチング(081p)

* NTTの「2010年問題」わたしの提言 金 正勲(キム ・ ジョンフン) 慶應義塾大学大学院 政策 ・ メディア研究科准教授(082p)

* 通信事業の新常識 光ネットワークの最新技術 [18] (066p)

* 通信事業の新常識 モバイル通信の最新技術LTE [6] (068p)

* 新製品 & サービス(076p)

* ラウンジ(078p)
1,257円

特集 3年後の未来図を完全予測 2010年の通信ネットワーク

2010年から2011年にかけて、日本の通信ネットワークが大きな節目を迎える。2007年年初の今でも,いくつもの将来像が提示されており,既にその一部が姿を現している。ユーザーは予想される将来像をイメージしたうえで,今日から対応を始める必要がある。(052p)
目前まで来た「通信インフラ維新」高速・高機能化で変異する網環境(054p)
視点1 サービス・技術 TELECOM2006で見たアプリケーション NGNが端末・サービスを制御(057p)
NGN/FMCの進路 NGNは3つのステップで発展 単なる組み合わせのFMCでは失敗(064p)
視点2 事業者動向 減収時代に直面する3グループ NTT,KDDI,ソフトバンクの試練(068p)
視点3 制度・政策 電話網ありきの通信政策が大転換 融合サービスの誕生をサポート(072p)
視点4 企業ネットワーク ネットにつないだその場が自席に ロケーション・フリー時代が到来(076p)
インタビュー/内海善雄[ITU(国際電気通信連合)前・事務総局長]日本企業には真の国際化が必要(062p)
通信コンサルタントの眼(067p)
相澤 仁 [アクセンチュア] (067p)
田﨑堅志[ガートナージャパン] (067p)
桑津浩太郎[野村総合研究所] (067p)
2010年の総務省への提言(073p)
佐藤治正[甲南大学教授] (073p)
中村 伊知哉[慶応義塾大学教授] (075p)




リポート

【速報】 ついにベールを脱いだNTTのNGNフィールド・トライアル(042p)
業界に大インパクトを与えた総務省MVNOガイドライン(043p)
サービスの主眼はエンドユーザーヘ シスコのアナリスト向け会議より(044p)
「控訴で逆転の可能性は低い」,Winny有罪判決で岡村弁護士(046p)
見切り発車の公衆無線LAN「FON」,課題は各ISPの対応(047p)
ノキアがビジネス向け端末を日本初投入(048p)
総務省,NGNでの顧客囲い込みにくさび(049p)
「電話事業単独では生き残れない」 フュージョン・コミュニケーションズ新社長 大島悦郎氏(050p)




編集長インタビュー

和田紀夫[NTT代表取締役社長] 2010年のNTTには “2つの顔” がある(099p)




特別編集版

ニッポンのNGN いよいよトライアル開始,NGN構築ヘベンダーの動きも加速(083p)




編集長インタビュー

小野寺 正「KDDI代表取締役社長兼会長」次なる糧は回線・サービス一体化(103p)




連載1 通信事業者のネットワークに大革命NGNのすべて

第7回 トランスポートの制御・管理 品質を担保する制御技術,管理技術が堅牢性支える。(106p)




連載2 企業ネットワークを一変させる次世代クライアントの新潮流

第7回 シン・クライアント(2)セキュリティでは画面転送,TCO削減ならネット・ブート(114p)






知っておきたい先端用語 FTTR (040p)
新製品(081p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(102p)
ラウンジ(120p)




広告企画

ITU TELECOM WORLD 2006レビュー(022p)
グローバル・ネットワークセミナーレビュー(028p)

★特集★ 大予測!通信の未来像

2006年のネットワークはこうなる(038p)
2005年は電話網のIP化・光化,携帯電話と固定電話の融合がスタートした年だった。2006年,融合はさらに加速する。通信と放送の融合,通信と金融の融合といった,業界の枠を越えた動きが本格化。企業と個人,仕事と生活といった区分けもあいまいになる。混迷の度合いが高まる2006年の通信を大胆に予測する。(039p)
あらゆる融合が加速する 企業と個人,仕事と生活の区分があいまいに(039p)
[テーマ1] ユーザー・ネットワーク(042p)
・ 必要な時に即座に帯域を確保(042p)
・ WANを自由自在に操る(042p)
[テーマ2] 業界再編(049p)
・ MVNOで変わる携帯電話業界(049p)
・ 垂直統合型モデル,ついに崩壊(049p)
[テーマ3] 通信と放送の融合(053p)
・ 巨大なネット放送局が出現(053p)
・ 融合の原動力は広告収入(053p)
[テーマ4] インターネット(058p)
・ 企業に急浸透するWeb 2.0 (058p)
・ 何でもネットで賄う時代へ(058p)
[テーマ5] モバイル(062p)
・ 汎用OSと無線LANを装着(062p)
・ 携帯が真のビジネス端末に変身(062p)

ユーザー座談会

「ブロードバンドにもっと信頼性を」 東京海上日動システムズ,エステー化学,森永乳業が本音を激白(042p)

アナリストの眼

「2006年の通信,私はこう読む」 乾 牧夫[UBS証券] ,佐分博信[三菱UFJ証券] ,森行眞司[大和総研] (052p)

トップインタビュー

宇野康秀[USEN代表取締役社長] 「目指すは3000万,コンテンツに自信あり」 (057p)

リポート

次世代IP網で回線ビジネスからの脱却狙う日本テレコム(067p)
NTT事業再編の波紋,バトルの舞台は総務省の “懇談会” に(068p)
米シスコが消費者から大企業まで大攻勢,アナリスト会議で公表(070p)
東電とKDDIが無線IP電話でタッグ(072p)
NECの新リモート・アクセス技術,手軽さと安全性を両立(073p)

注目製品/新サービス

ソフトバンクIDCなどが格安の災害対策ソリューション(074p)

ユーザー最前線

[マツバラ] コストを重視し,あえてPHS,N900iL併用の内線システムを構築(075p)
[門司港運] フレッツ・グループでも「ビジネス」と「ベーシック」でメリハリ(076p)
[インテリジェンス] ログイン方式で番号を変更できるIP電話使い,フリーアドレス導入(078p)

編集長インタビュー

須田和博[総務省総合通信基盤局長] 公正な競争で通信を発展させる(087p)

連載1 通信の常識をひっくり返す無線ブロードバンドの核心

ウルトラ3G(前編)/固定通信を統合した次世代網,最適な方式を選択可能(104p)

連載2 ザ・融合 ―― ブロードバンドの理想と現実

固定と携帯の融合(1)/KTのデータ版FMCはWiFiと携帯電話,WiBroを統合へ(110p)

連載3 つなぐだけではもう通用しない理論派ネットワーキング

[第2部] ネットワーク・テクノロジー(1)/性能や稼働率の管理は,局所的な視点を見直し,全体を見る(114p)

一刀両断(035p)
知っておきたい先端用語(037p)
U-Japanの胎動(086p)
早わかり講座 セキュリティ(18) (120p)
早かわり講座 光ネットワーク(18) (122p)
新製品(124p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(126p)
ラウンジ(129p)

広告企画

情報漏えい対策,次の一手(091p)

1,257円
■特集1 崖っぷちに立つ「直収電話」■

「定額かけ放題」を武器に,企業の内線網に活路(032p)
日本テレコム,KDDIの参入から約1年。直収電話が不振を続けている。起死回生の策は「定額かけ放題」。企業の内線網の置き換えを狙う。NTT電話の市場を崩すという野望は完全に挫けた。(032p)




◆特集2 企業の無線LANに降りかかる電波干渉

企業が2.4GHz帯無線LANの電波干渉に遭遇するケースが発生している。データ通信のスループットが低下したり,無線IP電話の音質が悪化したりするのだ。電磁波シールドなどを使って対策に乗り出した企業もある。(038p)

◆特集3  “被害度” 別で乗り切る迷惑メール撃退法

費用対効果を極大化!(062p)
迷惑メールの被害度は,企業ごとに違う。特定のユーザーに集中している企業もあれば,全社員にまんべんなく送り付けられている企業もある。今から迷惑度に応じた対策を打っておかないと,先はない。費用対効果を極大化する迷惑メール撃退法を探る。(062p)
迷惑メールに悩む企業の実態(063p)
特定のユーザーのみに被害 単語フィルタで効果あり,即存のシステムで対処せよ(065p)
返信,クリック,投稿の「三ない」で予防(067p)
全社員に被害 抜本的な対策が必須,専用製品のフィルタを駆使せよ(068p)

◆リポート

東電と提携合意,KDDIの次の狙いは電力系全国統一(043p)
狙いはポータルだけじゃない,ライブドアの無線LANサービス(045p)
電力線通信議論が決着,メーカーは来夏に向け製品開発(046p)
「ソフトバンク携帯との連携も相談中」 ―― ヤフー・井上社長(048p)
「WiMAX内蔵PCは2006年登場」 ―― 米インテル主席副社長(050p)

注目製品/新サービス

格安・簡単なIIJの「広域イーサ」,知識不要で中小ユーザーを開拓(052p)
米スパイウエア対策大手が日本上陸,「検出 ・ 駆除能力」をアピール(054p)

ユーザー最前線

[岩谷産業] 出張費削減狙いテレビ会議,格安なVPNで専用網構築(056p)
[宮崎シーガイア] 巨大会議場に無線LAN,メッシュ型でAP配置が自由自在(058p)


◆編集長インタビュー

小川善美[インデックス代表取締役社長] 通信と放送の融合は早くから意識してる(073p)


◆企業を熱くする最新テクノロジ

Web会議 新たな意思伝達手段として急浮上(102p)

◆戦略ネットワーク研究

フレッツ利用の情報系ネット,ADSLでも信頼性追求 仙台銀行(110p)

◆連載1 通信の常識をひっくり返す無線ブロードバンドの核心

iBurst(前編)/VoIPと高い親和性,豪州と南アで実サービスを提供中(114p)

◆連載2 ザ・融合 ―― ブロードバンドの理想と現実

通信と放送の融合(3)/映像コンテンツのネット配信,使用料額はこうして決まった(120p)

◆連載3 つなぐだけではもう通用しない 理論派ネットワーキング

[第1部] ビジネス投資とネットワーキング(3)/IT投資を見直し,企業戦略の根幹もアウトソースへ(126p)


◆一刀両断(029p)
知っておきたい先端用語(031p)
日本の通信が動いたあのとき(100p)
早わかり講座 セキュリティ対策(14) (132p)
早わかり講座 光ネットワーク(14) (134p)
U-Japanの胎動(136p)
新製品(137p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(140p)
ラウンジ(144p)


◆広告企画

セキュリティ・ソリューション(077p)
1,257円
安全・安心・セキュリティ SAFETY JAPAN 2005




特集1 災害発生!でも業務は止められない

被災企業から学ぶ “3ナイ” の教訓(040p)
企業ネットワークを直撃する大災害が連続している。災害時にはシステム保護や企業存続のため,とっさの判断が突きつけられる。それまで有効だと思われてきた手段が機能しない場合もある。いつ襲ってくるか分からない災害に,どう対処すべきか。(040p)
固定も携帯も電話は頼りにならない(041p)
拠点に置いたサーバーは守れない(044p)
バックアップ・データだけでは業務は続かない(047p)
大地震を先回りで知る警報を気象庁が実験(050p)




特集2 携帯電話を武装せよ!

紛失・盗難で高まるリスク(056p)
携帯電話を業務に活用する企業が増えるにつれ,紛失・盗難時のリスクが高まってきた。個人情報や企業機密の漏えいに直結するからだ。先行ユーザーのセキュリティ対策を追い,サービスと端末の「対抗力」を探った。(056p)
狙われる「個人情報の宝庫」 (057p)
端末には情報を残さない 残すなら強制削除の機能が必須(060p)
事故後の備えが遠隔削除 サービスの対応と機種の多さでKDDIに軍配(063p)
ドコモは遠隔ロックと生体認証を強化(066p)




リポート

ビジネスFOMAにソリューション続々(067p)
「ナノセル」でモバセンに対抗するウィルコム(070p)
無線LANインフラを統合するNTTグループの真意(072p)
ベールを脱ぐKDDIのN900iL対抗端末(074p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] キヤノンSOL,N900iLとシスコIP電話を共存(076p)
[ブロードバンド/テレコム] NHK,日テレ,フジが相次いでVOD参入宣言(078p)
[モバイル/ワイヤレス] KCCSが愛知万博で固定・携帯融合の実証実験(080p)




スペシャル・リポート

世界で本格化する「FMC」 事業者5社が明かす,固定と携帯の融合戦略(090p)




20周年記念連載 日本の通信が動いた,あのとき (4)

ノベルのNetWare ―― 1991年 日本のオフィスにLANをもたらした(088p)




3号連続連載 無線IP電話を実現する「三種の神器」

第3回 SIPサーバー/無線でプレゼンス機能に脚光 内線移行の有無で変わる選択肢(142p)




編集長インタビュー

和才博美[NTTコミュニケーションズ社長] 成長の土台となる “現場力” を見直す(085p)




企業を変えた最新ネット

[カナダ編] トロントの先進4ユーザー/IP電話で “どこでもオフィス” (096p)




ネット構築サービスの料金相場

迷惑メール対策システム(148p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(8) (156p)
身近になる光ネットワーク(8) (158p)






一刀両断(037p)
この一語(039p)
実践e-Japan (082p)
ニュースの裏側(141p)
新製品(160p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(163p)
ラウンジ(168p)




広告企画

ITフォーラム in 大阪レビュー(102p)
VPNソリューション(118p)
セキュリティソリューション(129p)

1,257円
特集1 世界で始まつた無線LANの「面展開」

大都市をくまなくカバーせよ(040p)
都市や特定エリアを「面的」にカバーする公衆無線LANサービスが世界各地に登場してきた。ただ,「ニーズはあるのか」,「利用に十分耐え得るのか」といった疑問の声も少なくない。東京・山手線圏内で提供するライブドアのサービスや台湾・台北市のプロジェクトから,“面展開した無線LAN” の実用度に迫る。(040p)
山手線圏内の8割をカバーするライブドア(040p)
[台湾で動き出す世界最大の面展開] AP1万台で市内の9割をカバー(045p)
IP電話は面展開のキラーとなるか(046p)




特集2 “脱・線路屋” 目指し繰り出すあの手この手

通信事業者のソリューション戦略を徹底解剖(050p)
固定通信事業者のソリューション戦略が変化している。ユーザーの抱える問題を適切に診断することが求められるため,回線とは売り方が異なるからだ。利益拡大に向け,通信事業者は様々な戦略を始めだした。(050p)
[NTT東西地域会社] ポストe-Japanで「民」ヘシフト(053p)
[NTTコミュニケーションズ] 蓄積したノウハウを「ひな型」化(055p)
[日本テレコム] コンサル業者へ転換(056p)
[パワードコム] 「SAP」の手法を取り入れる(057p)
[KDDI] 得意のモバイルに力を注ぐ(058p)




リポート

WANのレスポンスを改善する専用装置が続々登場(059p)
KDDI,「ウルトラ3G」で固定と携帯を融合へ(062p)
“超大物” の参入で現実味を増したWiMAX (064p)
シン・クライアントの落とし穴,ソフトフォンが使えない?(066p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 竹菱電機,PHSの経験生かしN900iLと固定型電話機併用(068p)
[ブロードバンド/テレコム] 東西NTT,新しい「番号ポータビリティ方式」を導入へ(070p)
[モバイル/ワイヤレス] YOZANがWiMAXの実地実験を開始(072p)




20周年記念連載 日本の通信が動いた,あのとき (3)

NTTのINSネット ―― 1988年 中小拠点のデータ通信環境に革命(080p)




3号連続連載 無線IP電話を実現する「三種の神器」

第2回 無線LANスイッチ 音質確保機能で各社工夫 接続制限や優先制御に差(096p)




編集長インタビュー

高橋恒雄[フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン社長] 家電と融合が進む通信ビジネス半導体でARPUの拡大に貢献する(077p)




企業を変えた最新ネット

420台の構内PHSで接客を迅速化/東京全日空ホテル(082p)




技術解説

香り通信(104p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策 (7) (110p)
身近になる光ネットワーク (7) (112p)






一刀両断(037p)
この一語(039p)
実践e-Japan (074p)
デルオロ・リポート(087p)
新製品(114p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(117p)
ラウンジ(120p)




広告企画

グローバル・ネットワーク(088p)

1,257円
創刊20周年特集 世界のメガキャリア電話網の “次” を語る

IP化でコスト削減,FMCで増収,NGNで新基盤構築(044p)
交換機時代の終えんがいよいよ迫ってきた。2004年6月に英BTがIP網への移行を表明してから,KDDI,NTTといった日本の通信事業者も追随。2005年に入って,その流れは世界各国に波及した。世界のメガキャリアは “電話網のこれから” をどう考えているのか。(044p)
事業者はこう動く 生き残りをかけ,IP化とFMCにまい進(045p)




ラウンド1 電話網のIP化

コスト削減と新サービスがIP化する目的だ BT,NTT,FT,SBCが語る “電話網はこう捨てる”  韓国KTも2010年にIP化を完了(049p)
電話網のIP化に三つの壁 相互接続,セキュリティ,品質は解決できるか(053p)
[欧州/アジアとは一線画す米国事情] CATV対抗を最優先,電話網は使い切る(054p)




ラウンド2 固定と携帯の融合

あと数年でFMCが主力ビジネスに世界をリードする韓国KTと英BTが赤裸々に語る(056p)
FMC事業者の悩み 魅力的な端末の品ぞろえが必須(059p)
[日本の事情] 先を行くKDDI,足並みそろわぬNTT (059p)
[旧電電ファミリー4社に聞く] 交換機ビジネスの “その後” (060p)




ラウンド3 IP時代の電話網標準

NGN(次世代ネットワーク)標準化が着々進行,第1弾は2005年末(062p)
[アルカテルとシーメンスに聞く] 標準化を待たず欧州ベンダーは積極投資(065p)
[NTTに聞く] FTTHで必要な仕様をITUに提案(066p)




リポート

放送参入で火花!米トリプルプレイ最前線(067p)
2つの地裁判決で露呈した住基ネットの「矛盾」 (070p)
Skypeの050番号着信を可能にしたフュージョンの “裏技” (072p)
ひかり電話が不具合連発,揺らぐ次世代電話への信頼(074p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] ヤマト運輸,au携帯電話使う次世代システム稼働(076p)
[ブロードバンド/テレコム] タイムリミット目前,落としどころ見えない電力線通信(078p)
[モバイル/ワイヤレス] 月額525円,ライブドアが山手線圏内で公衆無線LANサービス(080p)




20周年記念連載 日本の通信が動いた,あのとき (2)

NTTのOCN ―― 1996年 常時接続環境を月3万円台で提供(088p)




3号連続連載 無線IP電話を実現する「三種の神器」

第1回 携帯型IP電話機 電話機能はサーバー側に依存 接続できる呼制御サーバーに注意(120p)




編集長インタビュー

鬼頭達男[総務省 技術総括審議官] NGNは日本が巻き返す大チャンスメーカーは標準化活動にもっと力を(085p)




企業を変えた最新ネット

300台のホットラインをIP化 専用線廃止で運用コスト9割削減/朝日新聞社(090p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(6) (126p)
身近になる光ネットワーク(6) (128p)






一刀両断(041p)
この一語(043p)
実践e-Japan (082p)
ニュースの裏側(119p)
新製品(130p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(133p)
ラウンジ(136p)




広告企画

TV/Web会議(098p)
ワイヤレス・ネットワーク(110p)

1,257円
特集1 総務省の電波政策に物申す!

周波数が足りない今こそ(020p)
「国民共有の資源」である電波の割り当てを一手に司る総務省。800MHz帯携帯電話への新規参入を巡り,審査過程の不透明さを指摘されたものの,その後はなぜか鎮静化した。もはや誰も表立って批判できなくなった総務省の電波政策に,本誌が提言する。(020p)
[提言1] 電波の割り当てを早めよ(023p)
[提言2] 自由な周波数帯を増やせ(026p)
[提言3]“電波実験特区” を創設せよ(029p)




特集2 やっと分かった IP電話の「新常識50」

大規模から小規模まであらゆるユーザーがIP電話を使い始め,新たな使い方や思わぬ落とし穴が見えてきた。もはや知らずには済まされないIP電話の新常識を一挙公開する。(032p)
[サービス] 普通の携帯からでもIP電話がかけられる(033p)
[端末] APによってN900iLの電池の持ちは違う(036p)
[ネットワーク/番号] OAB~J番号は加入電話と違う構造(038p)
[サーバー/PBX] 無料のSIPサーバーもある(040p)
[セキュリティ/災害] 瞬断でもIP電話は使えなくなる(041p)
[ひかり電話] ユーザー同士の通話でも無料ではない(035p)




リポート

BWF ASIAに通信業界が集結,電話網IP化が各国でぼっ発(043p)
価格.com事件が浮き彫りにした商用Webサイトの “油断” (046p)
ドコモの新データ・サービス,静かなスタート大きな波紋(048p)
HDDレスPCが続々,情報漏えい対策とコスト削減を両立(050p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] JA全農の80拠点テレビ会議,FTTH化により5年で7900万円削減(052p)
[ブロードバンド/テレコム] 富士通とシスコ,提携後は開発拠点を日本にも(054p)
[モバイル/ワイヤレス] 減収減益のボーダフォン,法人向けサービスは値下げでてこ入れ(056p)




20周年記念連載 日本の通信が動いた,あのとき

(1)モトローラのマイクロTAC 携帯電話の “黒船” ,小型化競争を切り開く(064p)




編集長インタビュー

グレッグ・ピアーソン[インテル 代表取締役共同社長] 2年以内にWiMAX搭載PCが登場 携帯電話の “パソコン化” を推進(059p)




企業を変えた最新ネット

都会のデジタル・デバイドを克服 全拠点に複数インターネットVPN/さくらや(066p)




特別寄稿

2004年度版 総務省の電気通信市場評価(4) 移動体通信(081p)




技術解説

送信ドメイン認証(094p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(5) (102p)
身近になる光ネットワーク(5) (104p)






一刀両断(017p)
この一語(019p)
実践e-Japan (058p)
総務省の通信利用動向調査(080p)
新製品(106p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(109p)
ラウンジ(112p)




広告企画

「ネットワーク計測器/LANアナライザー」 (071p)

1,257円
特集1 新生ウィルコムが仕掛ける大攻勢

KDDI傘下を離れ “逆L字” 回復へ(040p)
国内初の移動電話の音声定額サービスにより,5年ぶりに音声端末の純増に転じた新生ウィルコム。同業者の相次ぐ撤退など逆風が吹く中,PHS事業者では唯一気を吐いている。早期の100万加入増を目指し,横ばいから急増へ “逆L字” 回復のシナリオを描く。(040p)
音声端末契約数が純増に転じた(040p)
カーライルによる買収で守りの経営から脱却(044p)
勝ち残りの決め手「定額化」の舞台裏(046p)




特集2 IP電話狙うスパム「SPIT」出現,芽を摘むのは今だ

噂は本当だった!(050p)
IP電話を使ったスパムが発生した。NTTコミュニケーションズ,ニフティ,ソフトバンクBBの3社が実在を確認しており,海外でも事例が散見される。まだ数は少ないが,ひとたび登場すればその迷惑度は電子メールの比ではない。対策はあるのか。(050p)
[最新状況] SPITの暗躍が始まっている(051p)
[背景] 「同一サービス内無料」を悪用(053p)
[対策] 制度と技術の両面で開始(055p)




リポート

NTT和田社長のなりふり構わぬ体制固め(059p)
IPsecにぜい弱性,ただし危険度は「少」 (062p)
省令改正とチャネル追加で変わる5GHz帯無線LAN (064p)
全世界でIP-PBXが急成長,出荷7割増で年間1400万(066p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 朝日新聞社がIPホットライン・システムを構築(068p)
[ブロードバンド/テレコム] ドコモが初の減収,2004年度の通信事業者決算(070p)
[モバイル/ワイヤレス] FeliCa携帯ずらりのドコモ,auの機能満載端末と激突(072p)




編集長インタビュー

田邊忠夫[ケイ・オプティコム社長] トリプルプレイこそ当社の生命線新サービスを出し続けるしかない(077p)




企業を変えた最新ネット

製鉄所こ2300台の構内PHS IP電話1万台導入計画にも着手/神戸製鋼所(080p)




特別寄稿

2004年度版 総務省の電気通信市場評価(3) FTTHとIP電話(129p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(4) (142p)
身近になる光ネットワーク(4) (144p)






一刀両断(037p)
この一語(039p)
実践e-Japan (074p)
【New】 ニュースの裏側(085p)
新製品(146p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(149p)
ラウンジ(152p)




特別広告企画

NETWORLD+INTEROP TOKYO 2005プレビュー(087p)




特別広報企画

ディザスタリカバリ・カンファレンス2005レビユー(119p)

1,257円
特集1 大阪ガスのモバイル・セントレックス始動!

無線IP電話6000台稼働のノウハウを凝縮(028p)
日本中が注目するビッグ・プロジェクトが5月,いよいよ始まる。創業100年目の大阪ガスがNTTドコモのモバイル・セントレックス・サービスを全社に展開するのだ。6000台の無線IP電話を導入して,場所にとらわれない業務スタイルを確立。年間4億8000万円のコスト削減を見込んでいる。(028p)
N900iLの大量導入だけじゃない! 新内線電話に託した五つの挑戦(032p)




特集2 ベスト ・ チョイスの電話番号計画

運用をラクに,コストも半減(040p)
IPセントレックスとモバイル・セントレックスが,従来の「電話番号計画」に見直しを迫る。うまく計画できれば運用が楽になりコスト消減も可能。しかし,検討すべき項目は多い。最適な電話番号計画のポイントを探る。(040p)
IP電話の導入効果を最大化する(041p)
[新生銀行] 加入電話番号から050番号へ(042p)
[新光証券] 転勤時はIP電話機を置いていく(045p)
[東京ガス] 番号は組織にひも付けて固定(046p)
[JFEシステムズ] ダイヤルイン番号を追加(047p)
[イトーキ] パソコンとの連携で転送操作を補完(049p)
[日立COM] 「大代表+内線」がうまくマッチ(050p)




リポート

ドコモ,FOMA/無線LANトラブルの経緯を本誌に公開(051p)
進む迷惑メール対抗策,一方で「VoIPスパム」も登場(054p)
「赤字地域はどこ?」,電話の全国提供義務でつばぜり合い(056p)
音声定額という「劇薬」で回復図るボーダフォン(058p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 第1段階終了した東京ガスのIP電話プロジェクト(060p)
[ブロードバンド/テレコム] NTT以外の光ファイバ敷設,総務省が「推進」へ(062p)
[モバイル/ワイヤレス] 日本と韓国では,WiMAXは固定よりモバイル(064p)




編集長インタビュー

三田聖二[日本通信 社長] 「通信電池」でサービスを箱売り ボーダフォンと提携し携帯も品揃え(067p)




企業を変えた最新ネット

530店にフレッツ導入でコスト4割減 スタッフ1人でネット更新乗り切る/スターバックス コーヒージャパン(070p)




技術解説

メッシュ型無線LAN (086p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(3) (100p)
身近になる光ネットワーク(3) (102p)






一刀両断(025p)
この一語(027p)
実践e-Japan (066p)
アンケート調査から(085p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(095p)
新製品(098p)
ラウンジ(104p)




広告企画

メール ・ システムの “有事” 対策(078p)

1,257円
特集1 固定と携帯の融合「FMC」最前線

世界で進む通信サービスの大変革(052p)
世界の通信事業者が「FMC」の3文字に揺れている。FMCとは固定電話と携帯電話の融合のこと。これを我先に実現しようと,各社が競い合っているのだ。これまでの通信サービスのあり方を大きく覆す可能性を持ったFMC。その最先端の現場を追った。(052p)
初の本格的FMCサービス「Bluephone」 (053p)
世界の通信事業者がFMC推進で結束(058p)
融合の鍵を握る「UMA」と「IMS」 (059p)




特集2 メリハリ・ネットがやって来た

ネットワーク構築手法の新潮流(064p)
拠点ごとに適材適所のサービスを使い分けるメリハリ・ネットが大流行の兆しを見せている。次々に登場する新サービスや製品を使えば,効果的な回線増強やコスト削減が可能。社内ネットをメリハリの利いた “引き締まった体” に改造できる。先行ユーザーのメリハリ事例も増え始めた。(064p)
企業ネットを変えた3種サービス/製品(065p)
先進事例に学ぶメリハリ・ネットの構築手法(068p)
ASP型VPNもメリハリ・ネットに効果(074p)




リポート

IP放送,光「だけ」のNTTとADSL「も」のUSEN (075p)
1.7GHz携帯参入戦略,好対照のバンクとイー・アクセス(078p)
N900iLの波に乗る無線IP電話機/スイッチ・メーカー(080p)
シスコ,業種向けソリューション促進に報奨制度発表(082p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 東京都民銀行,携帯電話600台に情報漏えい対策(084p)
[ブロードバンド/テレコム] NTT西日本,モバイル・セントレックス本格参入(086p)
[モバイル/ワイヤレス] 2004年度の携帯電話純増数,auが連覇(088p)




編集長インタビュー

チェン・シューシェン[ファーウェイ スリーコムCOO] 新生銀への納入で顧客獲得に弾み3年後に日本でシェア10%狙う(093p)




企業を変えた最新ネット

現場と一体でフリーアドレス推進 ドコモのN900iLも部分導入/日本郵船(096p)




早わかり講座

企業情報を守るセキュリティ対策(2) (132p)
身近になる光ネットワーク(2) (134p)




広告企画 「最新セキュリティ事情」

情報漏えい対策特集(101p)
RSA Conference 2005 Japan プレビュー(120p)






一刀両断(049p)
この一語(051p)
実践e-Japan (090p)
Web刷新(125p)
新製品(126p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(129p)
ラウンジ(136p)



1,257円
特集1 固定電話の「完全勝利」 NTTが描くシナリオを読む

接続料高騰,直収電話とIP電話競争の陰で(030p)
固加入定電話の市場に異変が起きている。ひとりNTTコミュニケーションズだけがマイライン契約数を大幅に伸ばしているからだ。追い出される形で競合事業者は直収電話やIP電話へのシフトを強める。ところがその市場では,光IP電話のフルラインナップ化を完了した東西NTTの本格攻勢が始まろうとしている。(030p)
マイライン契約で独走するNTTコミュニケーションズ(031p)
[接続料高騰] 3年連続で上昇中,05年度から新モデルに(034p)
制度疲労した接続料が電話ビジネスの幕を閉じる(036p)




特集2 先行ユーザーを困惑させる N900iL,7つの疑問

FOMA/無線LANデュアル端末を使ったモバイル・セントレックス。初期導入ユーザーは数々の疑問点を抱えたまま運用に突入した。実は,この疑問の多くは,唯一の端末であるN900iL自体の仕様に負っている。例えば標準SIPを独自に拡張したことによる機能の違いなどだ。先行ユーザーが抱いたこうした数々の疑問に,取材現場から答える。(040p)
[電話番号の疑問] 050番号を割り当てられる?(042p)
[操作性の疑問] 多機能電話と同じように使える?(043p)
[SIPの疑問] どのSIPサーバーでも使える?(044p)
[無線LANの疑問] 無線LAN機器の組み合わせは自由に選べる?(046p)
[端末の疑問] FOMAの契約をせずに買える?(048p)
[プレゼンスの疑問] 何に活用すればいい?(049p)
[導入台数の疑問] 小規模拠点でも導入できる?(050p)




リポート

海外発通話に盲点,起こるべくして起こった発番偽装(051p)
東西NTT,企業向けIP電話で総力戦に突入(054p)
AV機器との融合が加速,CeBITで見えた携帯電話の進化形(056p)
KDDIがPC向けサイト閲覧を定額,EZwebも別枠で強化(058p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 神戸製鋼所,全社IP電話導入へ,N900iLも順次採用(060p)
[ブロードバンド/テレコム] J:COMが上場でエリア展開,トリプルプレイを強化(062p)
[モバイル/ワイヤレス] WiMAXなど無線の周波数分配,総務省が提案募集(064p)




編集長インタビュー

八剱洋一郎[ウィルコム社長] 音声定額は月額2900円でも黒字 直収電話との定額通話も検討中 (069p)




企業を変えた最新ネット

刷新でブロバン回線を徹底活用 安さ,速さ,信頼性を全部追求/新出光(072p)




技術解説

電力線通信(078p)




早わかり講座

【新連載】 企業情報を守るセキュリティ対策(086p)
【新連載】 身近になる光ネットワーク(088p)






一刀両断(027p)
この一語(029p)
実践e-Japan (066p)
デルオロ・リポート(077p)
新製品(090p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(093p)
ラウンジ(096p)

1,257円
特集1 無線ブロードバンドが「速い,安心,どこでも使える」

年内にもメガビット・クラス月額3000円が実現(054p)
月額数千円で使えるメガビット・クラスの無線通信。モバイル・ユーザーなら誰でも夢見たことが,ようやく現実になる。広域をカバーするWiMAXによるサービスの登場と,無線LANアクセス・サービスのエリア拡大が互いに補い合って進むためだ。(054p)
無線ブロードバンドの新技術WiMAXの衝撃(055p)
標準化が待たれるWiMAXの “本命” 規格(058p)
データ通信 “密集地” を補完する(059p)
無線LANアクセス・サービス(059p)
WiMAX以外にも高速無線が続々登場(061p)




特集2 意外に知られていない新型固定電話の実像

本当に “おとく” ?ユーザーに “プラス” ? (064p)
固定電話の自由化がいよいよ本格化してきた。日本テレコムやKDDIなどが新型固定電話サービスを開始。低料金を売りに東西NTTの牙城を切り崩しにかかる。しかし新型固定電話には疑問点も多い。はたしてNTT電話の代わりが本当に務まるのか。新型固定電話の実力を探った。(064p)
今さらなぜ固定電話なのか(066p)
既存サービスに料金で勝てるのか(068p)
NTT電話の代わりが務まるのか(070p)
各サービスはどこが違うのか(073p)




リポート

「N900iLを使いこなせ」,インテグレータが続々導入(083p)
新生銀行が050番号を導入,全行員4500人が利用へ(086p)
今からする情報漏えい対策,まずは「ワイヤーでつなげ」 (088p)
光3000万へ背水の陣,フレッツのトリプルプレイ本格化(090p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] イノック製造がSoftEther CAで本社と工場を直結(092p)
[ブロードバンド/テレコム] 「ひかり電話」を前面に,NTTグループが2005年度の事業計画(094p)
[モバイル/ワイヤレス] 月2900円でPHS間通話がかけ放題,ウィルコムの新メニュー(096p)




編集長インタビュー

森下俊三[NTT西日本社長] 現状では地方の光化が進まない もう “競争原理主義” ではダメだ(103p)




企業を変えた最新ネット

造船ドックに携帯型IP電話を展開 N900iLのシスコ連携に挑戦/常石造船(106p)




早わかり講座

【最終回】 IPセントレックス・サービス(164p)
【最終回】 広がる無線LAN (166p)






一刀両断(051p)
この一語(053p)
実践e-Japan (098p)
新講座紹介(101p)
新製品(158p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(161p)
ラウンジ(168p)




広告企画

Security Solution (111p)
無線LAN構築&活用法(144p)
ブロードバンドインフラを支える配線ネットワーク(152p)

1,257円
特集1 光アクセスは敷設競争へ

軌道修正された 「東西NTT頼み」(030p)
東西NTT以外の通信事業者にも光アクセスを積極的に引かせよう――。FTTHサービスは,東西NTTの光ファイバを借りて提供するのが当たり前という構図に,総務省が一石を投じた。他の通信事業者が自前の光ファイバを引けるように,電柱の貸し出しルールの変更などの条件整備にも着手している。(030p)
3300億円をつぎ込む東西NTT なお残る規制にジレンマ(034p)




特集2 モバイルに走るインテグレータ

商機拡大,競争激化するIP電話(038p)
企業ユーザーの関心を引きつけているモバイル・セントレックス。登場間もないこの新概念とサービスは,システムの提供者にも事業拡大のチャンスをもたらす。新たな商機を逃がすまいと,インテグレータ各社がモバイル・セントレックスの売り込みに動き始めた。(038p)
中小企業にも導入進み,活性化する市場(039p)
モバイル・セントレックスのビジネスは段階的に広がる(043p)
主なモバイル・セントレックス向けソリューション(049p)




リポート 

接続料大幅値上げで崩壊する中断系電話サービス(051p)
迷走するMSのIP電話戦略,戸惑うソフトフォン・メーカー(054p)
NTTドコモ,PHSサービス撤退の真相(056p)
NTTコム,KDDIがGMPLS導入で “世界初” を競う(058p)




ニュース・ウォッチング

[企業ネットワーク] 岡谷電機,高音質IP電話機を120台導入(060p)
[ブロードバンド/テレコム] 総務省でユニバーサル・サービス見直しが白熱(062p)
[モバイル/ワイヤレス] NTTドコモのFeliCa携帯がSuicaを搭載(064p)




編集長インタビュー

孫 正義[ソフトバンク社長] 800メガの戦いは終わっていない高い参入障壁にはあきれるばかり(077p)




企業を変えた最新ネット

半年で1万台の超スピード導入 IPv6電話だからこそできた/共立メンテナンス(072p)




技術解説

PHS高速化技術(090p)




早わかり講座

IPセントレックス・サービス(23) (086p)
広がる無線LAN(23) (088p)






一刀両断(027p)
この一語(029p)
実践e-Japan (066p)
アンケート結果から(143p)
新製品(082p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(084p)
ラウンジ(144p)




広告企画

ネットワーク イノベーション 「ソフトパンクBB」(099p)
ネットワーク管理/帯域管理(107p)
VPNソリューション(122p)



日経コミュニケーションの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
通信・ネットワークの総合情報誌
「日経コミュニケーション」は、通信・ネットワークの全分野をカバーする我が国最大の総合情報誌です。通信・ネットワークの技術・製品・サービスに精通した専門記者が、広範な取材網を駆使。常にユーザーの視点に立ってお届けする情報は、この分野でビジネスを展開される方を強力にサポートします。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経コミュニケーションの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.