英国The Economist(エコノミスト)

海外との手続きの都合により、開始号がずれる場合がございます。(開始が遅れましてもご契約期間分の雑誌は問題なく配送されます)

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
英国The Economist(エコノミスト)のレビューを投稿する

英国The Economist(エコノミスト)の内容

英国の世界に誇る知性『The Economist』。全体像を把握するには、より確かな視点が必要です。Economistは重要な問題に焦点を絞り、その全容を明らかにします。
未来をコントロールすることはできませんが備えることはできます。The Economistは読者へ綿密な分析を提供し、未来への準備をサポートします。 世界中、地域を問わず最先端のニュースを鋭い分析によって報道。英国やアメリカの知識層に愛読される政治経済誌。”ビッグマック指数”や”トール・ラテ指数”など、購買力平価の目安として独自の指数を発表。The Economist はその鋭い経済分析によって世界経済の”これから”を報道します。また、科学技術・書評・芸術などの文化面も毎号掲載。Online版付には紙の雑誌に加えiPad, iPhone, Android, Windows 8, BlackBerry PlayBook and BlackBerry 10のアプリでのThe Economistの閲覧のほか、Economist.com と音声版へのフルアクセスがついていきます。◆COVID-19を境に、フライトが減便されており、配送に遅れが出ております。毎週土曜日発売ですが、当面は翌月曜日発送となります。その間はオンラインで閲覧頂けます。

※毎週土曜日発売ですが、土曜日に本誌が日本に到着するため翌月曜日発送となります。恐れ入りますが、その間はオンラインで閲覧下さいませ。





いいえ。 The Economist誌は、国際的な視点 に基づいてビジネス・政治経済・時事問題を考察する全ての人のための週刊誌です。世界情勢にインパクトを与える出来事、私達の日々の生活に影響を与える技術革新など、様々なトピックを扱っています。
The Economist誌は週刊の“新聞“でもあります。紙面には毎週、世界中に散らばる弊誌専属の特派員による記事が、専門家・事情通 による貴重なコメント・分析とともに掲載されるからです。( The Economist誌の正式名称は The Economist Newspaperといいます)。
『私達のスタイル、哲学、世界観は、他のどの雑誌とも異なります。私達はインターナショナルで、政治とビジネスの相関関係を重視し、権威に屈することなく、独立しているのです。』( The Economist誌編集長、ビル・エモット氏)。
『極東に住んでいると東洋的なものの見方に偏りがちですが、 The Economist 誌はそれを補ってくれるのです。』(旧東京銀行会長、行天豊雄氏)。
The Economist誌の鋭い分析と洞察力に富んだ記事は国内外のメディアで高く評価されており、日本の主要新聞にも頻繁に引用されています。
飛行機の利用頻度が高い、いわゆるフリークエント・フライヤーである点です。 これには The Economist誌の定期購読者の多くが世界展開している大企業に勤務し、海外出張の機会が多いという背景があります。 アジア地域購読者の64%は上級管理職で、ボードメンバーや複数の企業の取締役を務める人の割合は58%を占めます。 つまり、 The Economist誌は企業戦略の策定において重要な役割を担う人々に愛読されているのです。
日本国内の定期購読者は主要メディアの編集者、外国人ビジネスマン、政府関係者、外資系企業に勤務する日本人ビジネスマンなど、多岐に渡っています。
いいえ、一切関係ありません。日本のメディアは The Economist誌を「“英国”エコノミスト誌」と表記することが多いようです。私どもの The Economist誌は、英語版のみの発行となります。

英国The Economist(エコノミスト)の商品情報

商品名
英国The Economist(エコノミスト)
出版社
The Economist Newspaper Limited
発行間隔
週刊
発売日
毎週土曜日
参考価格
1,234円

英国The Economist(エコノミスト)の無料サンプル

2013年05月18日発売号
2013年05月18日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

英国The Economist(エコノミスト) 2024年02月17日発売号 の目次

The right goes gaga: Meet the Global Anti-Globalist Alliance

The world this week

Politics
Business
KAL’s cartoon
This week’s cover
Leaders


The right
The growing peril of national conservatism
It’s dangerous and it’s spreading. Liberals need to find a way to stop it

Prepare for President Trump
Europe must hurry to defend itself against Russia—and Donald Trump
The ex-president’s invitation to Vladimir Putin to attack American allies is an assault on NATO. Ultimately, that is bad for America

Decline and fall
Pakistan is out of friends and out of money
A botched election and an economic crisis show how low it has fallen

A shock to the system
A new answer to the biggest climate conundrum
Will electrification of industry live up to its promise?

Silicon rally
As San Francisco builds the future of technology, can it rebuild itself?
People feared a doom loop. Reality has been more surprising

America’s shadow central banks
Another bank subsidy America should kill off
The Federal Home Loan Banks offer loans to Wall Street that are too cheap

The ur-snafu
How not to do a megaproject
The lessons of HS2 for Britain and beyond

Letters

On export controls on China, charter schools, council tax, Ukraine, DEI, Peter Schickele, common sense
Letters to the editor
By Invitation


Politics and ageing
David Owen argues that Joe Biden and Donald Trump are both too old to be president
Corporate culture
Two experts predict AI will transform companies’ understanding of themselves
Briefing


Nationalists of the world, unite!
“National conservatives” are forging a global front against liberalism
The alliance may be incoherent, but that does not make it harmless

The burning question
First electric cars. Next, electric factories?
They could be a major new way to slow global warming
Asia


A historic shift
India’s unprecedented love-in with the Middle East
Junked bonds
India’s Supreme Court delivers a rare setback for Narendra Modi
File under F for “fiasco”
Pakistan’s voters tell the generals where to put it
General, elected
Prabowo Subianto will be Indonesia’s next president
Banyan
Australia needs to rethink its approach to its Pacific island neighbours
China


China and the world
Xi Jinping’s paranoia is making China isolated and insular
Messy for Messi
Hong Kong is struggling to restore its image as a global city
Life’s a beach
China is trying to boost domestic tourism
Chaguan
How China stifles dissent without a KGB or Stasi of its own
United States


Racial progress in America
Black workers are enjoying a jobs boom in America
House of cowards
House Republicans fear Trump too much to aid Ukraine
All in the family
Cousin marriage is probably fine in most cases
Parler games
The far-right’s favoured social-media platform plots a comeback
Night court
The search for justice in America is not a nine-to-five job
Lexington
Donald Trump’s tremendous love

Middle East & Africa


The next phase of the Gaza war
If Israel invades, hell looms in Rafah
The case against UNRWA
The real problem with the UN’s agency for Palestinians
Helping the bad guys
How Yemen’s dominant Houthis blackmail foreign aid agencies
South African politics
Is Julius Malema the most dangerous man in South Africa?
Taking credit
African governments return to international bond markets
Ukrainians in Sudan
Evidence mounts that Ukrainian forces are in Sudan
The Americas


The perils of Petrobras
Why Lula keeps meddling with Latin America’s top oil company
From model to muddle
Chile’s crisis is not over yet
Europe


How to spend it
The EU’s covid-19 recovery fund has worked, but not as intended
A new role
After Russia’s invasion the people of Bessarabia switched sides
A concrete wall
As Donald Trump threatens NATO, the Baltic states stiffen their defences
Back from the slagheap
As German industry declines, the Ruhr gives hope
Overcooked controversy
Europe decides it doesn’t like lab-grown meat before it’s tried it
Charlemagne
How not to botch the upcoming EU leadership reshuffle
Britain


Getting nowhere fast
The horror story of HS2
Crime prevention
Why British police should focus on victims
Hotting up
Climate will be a battleground in Britain’s next election
Britain’s silver zones
How to live to one hundred
A life more ordinary
British lives are getting duller
Bagehot
Ban it harder! An unwelcome new trend in British politics
Roses are perishable
Love, frugality and home-grown flowers are in the air
International


Counting the votes
2024 is a giant test of nerves for democracy
Business


Chipping in
China is quietly reducing its reliance on foreign chip technology
Tokyo Electrified
Japan’s semiconductor toolmakers are booming
Paramount’s paramours
Suitors are wooing Paramount
The super store
Why Costco is so loved
Bartleby
How to benefit from the conversations you have at work
Boxing match
How worried should Amazon be about Shein and Temu?
Schumpeter
The row over US Steel shows the new meaning of national security
Finance & economics


Artificial intelligence
How San Francisco staged a surprising comeback
Buttonwood
Investing in commodities has become nightmarishly difficult
Putting out fires
How the world economy learned to love chaos
Conflict trading
The Ukraine war offers energy arbitrage opportunities
American banks
Is working from home about to spark a financial crisis?
Free exchange
In defence of a financial instrument that fails to do its job
Science & technology


Lunar odyssey
A private Moon mission hopes to succeed where others have failed
Milk and two microbes
For the perfect cup of tea, start with the right bacteria
Shame, set and match
What tennis reveals about AI’s impact on human behaviour
JET off
A 40-year-old nuclear-fusion experiment bows out in style
Culture


Turkish delight
The third-largest exporter of television is not who you might expect
Indecipherable fingerprints
A secret room in Florence boasts drawings by Michelangelo
Laughing to tears
On “A Wonderful Country”, Israelis joke their way through trauma
Drugs, terms and steel
The Wa: the world’s biggest drug-dealers, with a tiny profile
Pen v plague
From Napoleon to Vladimir Putin, disease has shaped history
Back Story
The real message of Vladimir Putin’s chat with Tucker Carlson
The Economist reads


The Economist reads
What to read about Indonesia
Economic & financial indicators

Indicators
Economic data, commodities and markets
The Economist explains


The Economist explains
What is Russia’s mysterious new space weapon?
The Economist explains
How Ukraine sank the Caesar Kunikov—and is beating Russia at sea
Obituary


A line through the jungle
Jack Jennings was one of the Allied POWs who built the Burma Railway

英国The Economist(エコノミスト)の目次配信サービス

英国The Economist(エコノミスト)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

英国The Economist(エコノミスト)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.40
  • 全てのレビュー: 264件
地域に偏らない
★★★★★2024年01月07日 Love cycling 公務員
欧米はもちろん、アフリカやアジアまで幅広く網羅しています。コンパクトな記事も多く、読みやすい構成になっています。
最高な雑誌
★★★★★2023年11月13日 パエリャ 会社員
以前定期購読したことがありますが、量が多いからやめました。最近英語を使う場合が増えてきて、またこれを利用して英語を勉強しようと思います。ちょっと高いですが、うまく利用できればいいです。
匿名記事による深い分析
★★★★★2023年07月19日 Daniel 会社員
国際情勢が激動するなかで、一歩引いた英国からの視点は役に立ちます。多くのメディアがネット重視に傾き記事内容が希薄になる中で、エコノミスト誌は紙の雑誌を見捨てることなく記事の水準を保っていると感じます。
匿名記事による深い分析
★★★★★2023年07月19日 Daniel 会社員
英国のエコノミスト誌は近年ますます記事の質が上がってきました。他のメディアがネット重視になり一つ一つの記事の内容が希薄になっている中で、同誌は雑誌づくりも大事にしている印象です。激動の世界情勢を知る上で、欠かせません。
量多いけど、勉強になる。
★★★★★2023年05月13日 まなび 公務員
一週間で読むには量が多くて大変ですが、経済のことや、経済以外のことでも世界のことを知る良い雑誌です。英語も難しいですが、今使われている正しい表現を学べます。
日本のメディアでは取り上げきれない地域や分野の記事が多いです
★★★★★2023年04月09日 OldEngineer 会社員
日本ではあまりなじみのない単語や熟語のような言い回しが目立ちますが、そのうち内容がわかると類推が利くようになります。 日本では米国視点で、東アジア周辺のニュースや、日本バンザイ的な情報が中心となりますが、この雑誌では米国とは違った視点で、裏付けの取れた情報に基づいた取材がなされており、日本では敬遠されがちな記事(中東、アフリカ、南アジア、中南米、英独仏以外の欧州、日本自体の海外から見た厳しい内容、日本が苦手とする金融・投資の流れと世界的なビジネスの背景など)が適切な長さで展開されています。 ただ難点もあり、途上国や民主主義の弱い地域、日本や韓国を含めた非欧米地域の場合や、投資筋の喜びそうな内容(特に AI)の場合では、単純なパターン化が目立ちますが、そういう要素を割り引くと、かなりバランスの取れた情報が得られると思います。
楽しく英語学習!!
★★★★☆2023年01月15日 gorigori 大学生
毎号楽しく購読しています。値段がちょっと高いですが、オンラインでも見れるし、メールも送られてくることができるので映像も見れて楽しく学習できます。
国際社会の情勢や政治、社会経済に関する教養を深めるには最高峰!
★★★★★2022年12月16日 coco 会社員
国際社会の情勢や政治経済、ビジネスなどに関する最新動向や知識を得るために、5年ほど前から定期購読しています。CNNなどのニュース番組でも最新情報を得ることはできますが、やはり、そこは世界に誇る知性‟The Economist”、綿密な調査や分析に基づいた様々な情報が論理的に記事展開され、問題提起もされていて、一つ一つの記事を読むことで、しっかりと考える、ということができます。日本人にとっては英語力などの問題で、一見ハードルが高そうに見えますが、文章自体はとても論理的かつシンプルに書かれているので、実は読みやすいと感じています。毎週、全ページを読了することはできないのですが、LeadersやBusiness、United Statesなどをざっと網羅し、その後、各ジャンルから好きな記事をピックアップしながら読むのが楽しく、長続きしているのかなと思います。
英国的視点の宝庫
★★★★☆2022年09月07日 カンポアリバ ジャ-ナリスト
国際問題につき論考を発表していることもあり、米国、西欧、中国、ロシアなどについての同誌特有の「覚めた見方」、「きつめの見方」は、大いに参考になる。日本の読者諸氏も同様の印象を持たれるものと想う。 、
表紙
★★★★☆2022年04月11日 もちくん 会社員
表紙の写真や風刺画が内容にリンクして今の世界情勢を物語っている。
レビューをさらに表示

英国The Economist(エコノミスト)をFujisanスタッフが紹介します

英国The Economist(エコノミスト)は英国を代表する老舗政治経済誌です。創刊は実に1843年にさかのぼる歴史ある誌です。雑誌の形態をとっていますが、毎週ロンドンで発行されている英字週刊新聞との位置づけです。「ビッグマック指数」や「トール・ラテ指数」など独自の指数を発表していることでも知られています。
毎号、世界各国の政治・経済に関する問題をはじめ、科学技術・書評・芸術などの文化面も取り上げています。
鋭い政治・経済に関する分析は、その論調が世論を左右することも多く、時代の先を読むための必読の書として欧米の知識人層に愛読されています。また、「重役のバイブル」と称されることも多く、グローバルに活躍するビジネスマンや経営層が多く購読しています。

英字での情報はアメリカからの情報に偏りがちになりますが、英国にて発行されている本誌では英国や欧州からの視点といった、よりグローバルな見方を学ぶことができます。使用されている英語はやや難解ですが、知識人層の間で使われている、時事問題を的確にとらえた英語表現を学ぶことができるため、英語のレベルを一ランク上げるための雑誌としてもおすすめです。
一流のグローバルなビジネスマンには必携の書と言えそうです。

英国The Economist(エコノミスト)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.