I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

英国The Economist(エコノミスト)

海外との手続きの都合により、開始号がずれる場合がございます。(開始が遅れましてもご契約期間分の雑誌は問題なく配送されます)

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
英国The Economist(エコノミスト)のレビューを投稿する

英国The Economist(エコノミスト)の内容

英国の世界に誇る知性『The Economist』。全体像を把握するには、より確かな視点が必要です。Economistは重要な問題に焦点を絞り、その全容を明らかにします。
未来をコントロールすることはできませんが備えることはできます。The Economistは読者へ綿密な分析を提供し、未来への準備をサポートします。 世界中、地域を問わず最先端のニュースを鋭い分析によって報道。英国やアメリカの知識層に愛読される政治経済誌。”ビッグマック指数”や”トール・ラテ指数”など、購買力平価の目安として独自の指数を発表。The Economist はその鋭い経済分析によって世界経済の”これから”を報道します。また、科学技術・書評・芸術などの文化面も毎号掲載。Online版付には紙の雑誌に加えiPad, iPhone, Android, Windows 8, BlackBerry PlayBook and BlackBerry 10のアプリでのThe Economistの閲覧のほか、Economist.com と音声版へのフルアクセスがついていきます。◆COVID-19を境に、フライトが減便されており、配送に遅れが出ております。毎週土曜日発売ですが、当面は翌月曜日発送となります。その間はオンラインで閲覧頂けます。

※毎週土曜日発売ですが、土曜日に本誌が日本に到着するため翌月曜日発送となります。恐れ入りますが、その間はオンラインで閲覧下さいませ。





いいえ。 The Economist誌は、国際的な視点 に基づいてビジネス・政治経済・時事問題を考察する全ての人のための週刊誌です。世界情勢にインパクトを与える出来事、私達の日々の生活に影響を与える技術革新など、様々なトピックを扱っています。
The Economist誌は週刊の“新聞“でもあります。紙面には毎週、世界中に散らばる弊誌専属の特派員による記事が、専門家・事情通 による貴重なコメント・分析とともに掲載されるからです。( The Economist誌の正式名称は The Economist Newspaperといいます)。
『私達のスタイル、哲学、世界観は、他のどの雑誌とも異なります。私達はインターナショナルで、政治とビジネスの相関関係を重視し、権威に屈することなく、独立しているのです。』( The Economist誌編集長、ビル・エモット氏)。
『極東に住んでいると東洋的なものの見方に偏りがちですが、 The Economist 誌はそれを補ってくれるのです。』(旧東京銀行会長、行天豊雄氏)。
The Economist誌の鋭い分析と洞察力に富んだ記事は国内外のメディアで高く評価されており、日本の主要新聞にも頻繁に引用されています。
飛行機の利用頻度が高い、いわゆるフリークエント・フライヤーである点です。 これには The Economist誌の定期購読者の多くが世界展開している大企業に勤務し、海外出張の機会が多いという背景があります。 アジア地域購読者の64%は上級管理職で、ボードメンバーや複数の企業の取締役を務める人の割合は58%を占めます。 つまり、 The Economist誌は企業戦略の策定において重要な役割を担う人々に愛読されているのです。
日本国内の定期購読者は主要メディアの編集者、外国人ビジネスマン、政府関係者、外資系企業に勤務する日本人ビジネスマンなど、多岐に渡っています。
いいえ、一切関係ありません。日本のメディアは The Economist誌を「“英国”エコノミスト誌」と表記することが多いようです。私どもの The Economist誌は、英語版のみの発行となります。

英国The Economist(エコノミスト)の商品情報

商品名
英国The Economist(エコノミスト)
出版社
The Economist Newspaper Limited
発行間隔
週刊
発売日
毎週土曜日
参考価格
1,234円

英国The Economist(エコノミスト)の無料サンプル

2013年05月18日発売号
2013年05月18日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

英国The Economist(エコノミスト) 2024年05月18日発売号 の目次

The world this week

Politics
Business
KAL’s cartoon
This week’s cover
Leaders


Democracy
Is America dictator-proof?
The many vulnerabilities, and enduring strengths, of America’s republic

No news is bad news
Canada’s law to help news outlets is harming them instead
Funding journalism with cash from big tech has become a fiasco

Biden’s baleful barriers
America’s 100% tariffs on Chinese EVs: bad policy, worse leadership
The global trade system is disintegrating as you read this

The challenge posed by China
Xi Jinping is subtler than Vladimir Putin—yet equally disruptive
How to deal with Chinese actions that lie between war and peace

A trillion-dollar AI arms race
Big tech’s capex splurge may be irrationally exuberant
Beware of overhype and overbuild

Five more years?
Volodymyr Zelensky’s presidential term expires on May 20th
What does that mean for his country?

Letters

On college protests, farming, Emmanuel Macron, public opinion, Jeremy Clarkson, working on a plane, lonely-hearts ads
Letters to the editor
By Invitation


Mexico’s presidential election
The main opposition candidate on how to fight organised crime in Mexico
Briefing


In the worst case
Why America is vulnerable to a despot
Its democratic system is not as robust as it seems
Asia


Heirs in races
Who could replace Narendra Modi?
A brutal civil war
The military dictatorship controls less than 50% of Myanmar
Justice in Kazakhstan
The murder that aroused a nation
Self help
Taiwan wants to prove that it is serious about defence
A fragile grid
Taiwan, the world’s chipmaker, faces an energy crunch
Banyan
Narendra Modi ramps up the Muslim-baiting
China


An autocratic bromance
The Xi-Putin partnership is not a marriage of convenience
Where Sun never sets
How Taiwan still hangs on to property in bits of China
United States


Spreading like a weed
Marijuana is already legal for a majority of Americans
Bombs, away
The Biden administration is trying to walk a fine line in arming Israel
Hush puppy
A mano-a-mano contest between Michael Cohen and Donald Trump
High-speed rail
The world’s slowest bullet train trundles ahead in California
Stacking the deck
Can playing cards help catch criminals?
The kids are still alright
After a season of Gaza protests, America’s university graduates are polarised but resilient

Middle East & Africa


Slag to riches
How a Russia-linked mine may keep the ANC in power
Somalia’s never-ending crisis
War and climate change are overwhelming Somalia
The Hamas-Israel conflict
On Independence Day Israel is ripping itself apart
Israel in Gaza
The Israeli army is caught in a doom loop in Gaza
American arms to Israel
Israel has seen arms embargoes before
The Americas


Nothing to see here
Facebook turned off the news in Canada. What happened next?
Elections in the Dominican Republic
Luis Abinader is poised for a thumping re-election win
When the levee breaks
Huge floods in Brazil’s south are a harbinger of disasters to come
The other 19,999
Why Mexico’s largest-ever election matters
Europe


Three-body problem
Germany’s government is barely holding together
Time’s up
Volodymyr Zelensky’s five-year term ends on May 20th
Active measures
Russia is ramping up sabotage across Europe
Gabriel Attal
Meet Gabriel Attal, France’s young prime minister
What’s in a name?
Turkish women should soon be allowed keep their maiden names
Charlemagne
The EU’s best-laid plans for expansion are clashing with reality
Britain


A new kind of threat
Spies, trade and tech: China’s relationship with Britain
The politics of students
Advisers to British government: don’t mess with graduate visas
Free speech and protest
Antisemitism is on the rise in Britain
Pick your projection
What police commissioners tell you about the British election
Levelling the terrain
Is Britain levelling up?
Bagehot
The narcissism of minor differences, Labour Party edition
International


From grey zone to red zone
Taiwan’s new president faces an upsurge in Chinese coercion
Business


Storing up trouble
App stores are hugely lucrative—and under attack
Clocked off
China’s youth are rebelling against long hours
Bartleby
How to be a good follower
Through the floor
Can Home Depot’s “amazing era” return?
Hot property
Meet the Swedish firm trying to shake up heat pumps
Marque to market
How not to name a new car
Schumpeter
What do Joe Biden and the boss of Starbucks have in common?
Finance & economics


Go get ‘em
America is in the midst of an extraordinary startup boom
The 100% manoeuvre
Biden outdoes Trump with ultra-high China tariffs
Farewell to the GOAT
How Jim Simons revolutionised investing
Buttonwood
Joe Biden, master oil trader
India’s economy
Narendra Modi’s flagship growth scheme is off to a sluggish start
Sleepless in Shenzhen
The property firm that could break China’s back
Free exchange
Diego Maradona offers central bankers enduring lessons
Science & technology


Generative AI
Today’s AI models are impressive. Teams of them will be formidable
Disinformation
A Russia-linked network uses AI to rewrite real news stories
Coral hazard
The Great Barrier Reef is seeing unprecedented coral bleaching
Reef-building
Some corals are better at handling the heat
Culture


Money and faith
God™: an ageing product outperforms expectations
Honey, will you be home for dinner?
#Tradwives, the real housewives of the internet, have gone viral
Back Story
The trial of Donald Trump, considered as courtroom drama
Mass tourism
Venice’s new admission fee cannot curb overtourism
Originalist to the core
How did the Founding Fathers want Americans to behave?
A literary life
Alice Munro was the English language’s Chekhov
The Economist reads


The Economist reads
Five novels that imagine dictatorship in America
The Economist reads
Understand South Korea, a success story with a dark side
Economic & financial indicators

Indicators
Economic data, commodities and markets
The Economist explains


The Economist explains
The tawdry history of “catch-and-kill” journalism
The Economist explains
What are the Russian “turtle tanks” seen in Ukraine?
Obituary


Life is too short to stuff a mushroom
Shirley Conran wrote a bonkbuster to teach schoolgirls about sex

英国The Economist(エコノミスト)の目次配信サービス

英国The Economist(エコノミスト)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

英国The Economist(エコノミスト)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.39
  • 全てのレビュー: 265件
The economist
★★★★☆2024年02月29日 REN 会社員
かなり高度な英語ですが、確かな情報をレベルの高い文章で読むことができるのでかなり勉強になります。
地域に偏らない
★★★★★2024年01月07日 Love cycling 公務員
欧米はもちろん、アフリカやアジアまで幅広く網羅しています。コンパクトな記事も多く、読みやすい構成になっています。
最高な雑誌
★★★★★2023年11月13日 パエリャ 会社員
以前定期購読したことがありますが、量が多いからやめました。最近英語を使う場合が増えてきて、またこれを利用して英語を勉強しようと思います。ちょっと高いですが、うまく利用できればいいです。
匿名記事による深い分析
★★★★★2023年07月19日 Daniel 会社員
国際情勢が激動するなかで、一歩引いた英国からの視点は役に立ちます。多くのメディアがネット重視に傾き記事内容が希薄になる中で、エコノミスト誌は紙の雑誌を見捨てることなく記事の水準を保っていると感じます。
匿名記事による深い分析
★★★★★2023年07月19日 Daniel 会社員
英国のエコノミスト誌は近年ますます記事の質が上がってきました。他のメディアがネット重視になり一つ一つの記事の内容が希薄になっている中で、同誌は雑誌づくりも大事にしている印象です。激動の世界情勢を知る上で、欠かせません。
量多いけど、勉強になる。
★★★★★2023年05月13日 まなび 公務員
一週間で読むには量が多くて大変ですが、経済のことや、経済以外のことでも世界のことを知る良い雑誌です。英語も難しいですが、今使われている正しい表現を学べます。
日本のメディアでは取り上げきれない地域や分野の記事が多いです
★★★★★2023年04月09日 OldEngineer 会社員
日本ではあまりなじみのない単語や熟語のような言い回しが目立ちますが、そのうち内容がわかると類推が利くようになります。 日本では米国視点で、東アジア周辺のニュースや、日本バンザイ的な情報が中心となりますが、この雑誌では米国とは違った視点で、裏付けの取れた情報に基づいた取材がなされており、日本では敬遠されがちな記事(中東、アフリカ、南アジア、中南米、英独仏以外の欧州、日本自体の海外から見た厳しい内容、日本が苦手とする金融・投資の流れと世界的なビジネスの背景など)が適切な長さで展開されています。 ただ難点もあり、途上国や民主主義の弱い地域、日本や韓国を含めた非欧米地域の場合や、投資筋の喜びそうな内容(特に AI)の場合では、単純なパターン化が目立ちますが、そういう要素を割り引くと、かなりバランスの取れた情報が得られると思います。
楽しく英語学習!!
★★★★☆2023年01月15日 gorigori 大学生
毎号楽しく購読しています。値段がちょっと高いですが、オンラインでも見れるし、メールも送られてくることができるので映像も見れて楽しく学習できます。
国際社会の情勢や政治、社会経済に関する教養を深めるには最高峰!
★★★★★2022年12月16日 coco 会社員
国際社会の情勢や政治経済、ビジネスなどに関する最新動向や知識を得るために、5年ほど前から定期購読しています。CNNなどのニュース番組でも最新情報を得ることはできますが、やはり、そこは世界に誇る知性‟The Economist”、綿密な調査や分析に基づいた様々な情報が論理的に記事展開され、問題提起もされていて、一つ一つの記事を読むことで、しっかりと考える、ということができます。日本人にとっては英語力などの問題で、一見ハードルが高そうに見えますが、文章自体はとても論理的かつシンプルに書かれているので、実は読みやすいと感じています。毎週、全ページを読了することはできないのですが、LeadersやBusiness、United Statesなどをざっと網羅し、その後、各ジャンルから好きな記事をピックアップしながら読むのが楽しく、長続きしているのかなと思います。
英国的視点の宝庫
★★★★☆2022年09月07日 カンポアリバ ジャ-ナリスト
国際問題につき論考を発表していることもあり、米国、西欧、中国、ロシアなどについての同誌特有の「覚めた見方」、「きつめの見方」は、大いに参考になる。日本の読者諸氏も同様の印象を持たれるものと想う。 、
レビューをさらに表示

英国The Economist(エコノミスト)をFujisanスタッフが紹介します

英国The Economist(エコノミスト)は英国を代表する老舗政治経済誌です。創刊は実に1843年にさかのぼる歴史ある誌です。雑誌の形態をとっていますが、毎週ロンドンで発行されている英字週刊新聞との位置づけです。「ビッグマック指数」や「トール・ラテ指数」など独自の指数を発表していることでも知られています。
毎号、世界各国の政治・経済に関する問題をはじめ、科学技術・書評・芸術などの文化面も取り上げています。
鋭い政治・経済に関する分析は、その論調が世論を左右することも多く、時代の先を読むための必読の書として欧米の知識人層に愛読されています。また、「重役のバイブル」と称されることも多く、グローバルに活躍するビジネスマンや経営層が多く購読しています。

英字での情報はアメリカからの情報に偏りがちになりますが、英国にて発行されている本誌では英国や欧州からの視点といった、よりグローバルな見方を学ぶことができます。使用されている英語はやや難解ですが、知識人層の間で使われている、時事問題を的確にとらえた英語表現を学ぶことができるため、英語のレベルを一ランク上げるための雑誌としてもおすすめです。
一流のグローバルなビジネスマンには必携の書と言えそうです。

英国The Economist(エコノミスト)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.