定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
国際開発ジャーナルのレビューを投稿する

国際開発ジャーナルの内容

国際協力情報をつかむ、グローバル問題に挑戦する専門オピニオン誌
アフガニスタン、イラク、京都議定書・・・紛争や環境問題とともに話題にのぼる国際協力の問題。「国際開発ジャーナル」は、国際協力・ODAに関するあらゆる情報を報道してきた日本で唯一の専門オピニオン誌です。途上国援助に関わるビジネスマン、NGOスタッフ、外交官、国際公務員、研究者、学生やボランティアに向けて、政策の動向から現場の問題まで、独自の視点で解説・分析・提言を行います。

国際開発ジャーナルの商品情報

商品名
国際開発ジャーナル
出版社
国際開発ジャーナル社
発行間隔
月刊
発売日
毎月1日
参考価格
[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円

国際開発ジャーナルの無料サンプル

No.806 (2024年02月01日発売)
No.806 (2024年02月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

国際開発ジャーナル No.811 (発売日2024年07月01日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
<今月の特集>
「法の支配」で人々を守れ 法整備支援の現在地と未来
特別インタビュー 国際刑事裁判所(ICC)所長 赤根智子氏
1.それはベトナムから始まった
2.司法アクセスの改善を目指して
3.次代を担う人材を育てる
4.「法の支配」から民主主義へ

●世界の景色から
カメルーン

●荒木光弥の「羅針盤」
日本経済界の新しい時代認識 「グローバルサウスとの連携強化」

●AD 笹川平和財団
PLAM10は「原点」に戻り 再出発する重要な機会

●BOOK
「新・東アジアの開発経済学」

●大学の国際化最前線
鳴門教育大学 大学院学校教育研究科

●国際協力プロジェクト情報&コンサルタントニュース

●News & Topics

●World Headline

●連載 高校生の国際協力 第8回
成城中学校・成城高等学校

●連載 国際協力への道程
名古屋大学名誉教授 森嶌昭夫氏

●JICA Volunteer’s Next Stage
(株)坂ノ途中 海ノ向こうコーヒー事業部 宮﨑咲弥さん(ルワンダ派遣)

●本日のコーヒー

●パレスチナのいま
「日本人には見方でいてほしい」 元JICA海外協力隊 ヨルダン派遣 前田澄子氏

●ササカワ・アフリカ財団
アフリカ連合主催のアフリカ肥料・土壌健全性サミット開催

●AD ソーシャルイノベーションの明日 第74回

●編集後記
<今月の特集>
「法の支配」で人々を守れ 法整備支援の現在地と未来
特別インタビュー 国際刑事裁判所(ICC)所長 赤根智子氏
1.それはベトナムから始まった
2.司法アクセスの改善を目指して
3.次代を担う人材を育てる
4.「法の支配」から民主主義へ

●世界の景色から
カメルーン

●荒木光弥の「羅針盤」
日本経済界の新しい時代認識 「グローバルサウスとの連携強化」

●AD 笹川平和財団
PLAM10は「原点」に戻り 再出発する重要な機会

●BOOK
「新・東アジアの開発経済学」

●大学の国際化最前線
鳴門教育大学 大学院学校教育研究科

●国際協力プロジェクト情報&コンサルタントニュース

●News & Topics

●World Headline

●連載 高校生の国際協力 第8回
成城中学校・成城高等学校

●連載 国際協力への道程
名古屋大学名誉教授 森嶌昭夫氏

●JICA Volunteer’s Next Stage
(株)坂ノ途中 海ノ向こうコーヒー事業部 宮﨑咲弥さん(ルワンダ派遣)

●本日のコーヒー

●パレスチナのいま
「日本人には見方でいてほしい」 元JICA海外協力隊 ヨルダン派遣 前田澄子氏

●ササカワ・アフリカ財団
アフリカ連合主催のアフリカ肥料・土壌健全性サミット開催

●AD ソーシャルイノベーションの明日 第74回

●編集後記

国際開発ジャーナル 2024年07月01日発売号掲載の次号予告

心を熱くするスポーツ。
近年、スポーツは国際開発の一つのツールとしても注目を浴びている。
一緒に競技をしたり、同じチームや選手を応援したり、誰もが楽しみ、熱狂する不思議な力がある。
さらにはそこから人々の交流が生まれ、信頼や友好が築かれる。
そんなスポーツの力を深堀りしていく。

国際開発ジャーナルの目次配信サービス

国際開発ジャーナル最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

国際開発ジャーナルのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.45
  • 全てのレビュー: 20件
沈みゆく我が国が果たす国際貢献とは
★★★★☆2021年09月05日 リゲル 教職員
国際協力に関する、最新情報が満載であり、創設者であり主幹の荒木光弥の記事は、秀逸であり我が国の国際協力に関するオピニオンリーダーであり、毎号楽しみにしている。
国際協力の最新動向にはコレ!
★★★★☆2021年06月23日 よしどい 公務員
コロナ禍で海外の情報そのものが入手し辛くなっている状況の中で、国際協力はどのように動いているのか、最新の状況を把握したうえで、今後の方向を模索していくことは極めて重要と考えています。そうした動きを全般的に的確に把握する上では、この月刊誌を読むことが最も効率的かもしれないと思います。
国際開発業界唯一の専門誌
★★★★★2020年11月04日 YOSHIK 役員
毎回購読している。毎月大局的な視野にたった特集記事が組まれており、専門家たちの知見の深い執筆・対談記事が載せられている。国際協力業界において仕事をする上での基本的な考え方が身につく。Devex等の英語ソースの重要情報が何本かまとめられているのも助かる。
国際協力のトレンドを把握する上では極めて有用です
★★★★★2020年06月01日 よしどい 公務員
海外での国際協力に携わられる方にとってみれば、今国際協力はどういった方向を指向しているのかが把握できるので、非常に有効な雑誌であると考えています。
進路を考える上でも
★★★★★2020年05月27日 まこ 学生
国際開発分野について、多くの立場の人からの意見を読むことが出来、毎号大変勉強になっています。私のように、進路を検討している学生にもおすすめです。
国際的に働くための情報源
★★★★★2020年05月09日 マッサン 学生
世界各地で行われている国際開発事業について知ることができる。 広告も国際協力系のもので埋め尽くされており沢山の情報が得られる。
貴重な情報源に活用できます。
★★★★★2019年03月05日 マルチ 社長
業界唯一の専門誌です。海外の貴重な情報を入手でき国際情報通として仕事に活用できます。是非購読して見て下さい。お勧めです。
国際開発分野の最新情報が手に入る
★★★★☆2017年12月06日 Tim 大学院生
国際開発に関する様々なトピックを取り上げる雑誌。JICAと開発コンサルの視点が比較的多めではあるものの、NGOや民間企業の取り組みも紹介されている。大学院で国際開発関係の研究をしているが、この雑誌で当分野の最新の情報が手に入り、非常に助かっている。国際開発の実務家はもちろん、研究者にも薦められる。
国際開発の潮流を知る
★★★★★2016年10月28日 マジシャン 大学生
開発分野の専門誌は、普段のTVニュースでは補いきれない深い部分まで独自の視点で論じてくれます。
現場の今がわかる
★★★★☆2012年12月05日 みー 大学生
事業の詳しい内容が官民それぞれから解説されていて、大変ためになる雑誌です。なかなか他メディアでは取り上げられないことも載っているので、読み応えがあります。
レビューをさらに表示

国際開発ジャーナルをFujisanスタッフが紹介します

国際開発ジャーナルは、国際開発ジャーナル社が刊行している国際協力専門誌です。1967年創刊から一貫してアジアやアフリカなどの途上国の支援とあるべき協力関係についての記事が多数を占めるなど国際協力におけるオピニオン的存在でもあります。「国際協力の最前線リポートする」を大テーマに掲げているとおり現地のナマの情報を知ることができるため、海外支援活動をする政府や企業やNGO関係者らの購読者に加えて、貧困や医療、生活環境などの社会問題に関心を持つ学生やボランティアにも注目されています。

国際開発ジャーナルのメインコンテンツは、最前線の情報です。例えばアジアやアフリカにあるスラム街を取り上げ、子どもたちの教育や貧困問題、経済・社会構造などを多面的に取り上げることで問題の本質や対策などに役立ちます。1つの国を取り上げる「世界の景色から」では、支援のあり方や現地の声などを掲載するなど一方通行になりがちな支援活動に一石を投じています。また有識者や政府・国会議員の提言やインタビューに加えて、国際協力プロジェクト情報を中心に普段は知ることのできないアジアやアフリカのローカルニュース、現地に進出した企業の社会貢献プロジェクトなど他、詳細かつ多彩な記事を掲載しています。

国際開発ジャーナルの所属カテゴリ一覧

国際開発ジャーナルの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.