※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
  • 出版社:毎日新聞社
  • 発行間隔:週刊
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)
  • 出版社:毎日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 雑誌

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)

  • 雑誌

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)

この商品は現在休刊となっております。

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)のバックナンバー

週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」は、この2020年12月26日号を最後に休刊いたします。長きにわたり、ご愛読いただいたみなさまに、心より感謝申し上げます。

---------------------------------------

◆1面 Devoted Achiever 将棋・藤井聡太二冠 一途に強さ求めて
将棋の藤井聡太二冠は、歴代最年少でタイトルを獲得するなど、2020年で最も活躍した日本人の一人です。二冠となった今も、さらに強くなりたいという目標は以前と変わりません。そんな一途な探求心が、将棋以外での知識や交流を広めることにもつながっています。新年の抱負に藤井二冠は「初心」を掲げ、「人と比べてではなく、自分自身として強くなりたい」と語りました。

◆2-3面 HOT TOPICS (英語でニュース)
米で新型コロナワクチン接種開始 / バイデン政権、国防長官にオースティン氏 初の黒人指名 / 「GoToトラベル」全国で停止 / 2020年世界の二酸化炭素排出量、前年比7%減・・・など

◆4-5面 2020年重大ニュース
今年起こった大きな出来事から、この1年を振り返るページ。新型コロナウイルスと東京五輪延期、米大統領選、BLM運動、安倍首相辞任などのニュースをまとめています。

◆6面 日本全国いらっしゃい
世界から招かれ、全国各地の町で国際交流活動を担う「国際交流員」が、住んで暮らして感じた「わが町」の魅力をつづります。今回は「岐阜県 美濃加茂市」。

◆7面 「セロ弾きのゴーシュ」連載、Pearls of Wisdom
易しい英語ですらすら読めるノベルと、英語教育研究家の晴山陽一さんが解説する、知っておきたい英語のことわざです。

◆8面 MONDO MANGA、Garfield、英会話
トルコ、タイ、オランダ、英国在住の漫画家・イラストレーターが交代でお届けするお国紹介のイラストエッセー、今回はオランダから「チーズ」について。他に漫画と英会話学習コーナーも。

◆9面 小川政弘がみつけた映画の中の聖書
元ワーナー・ブラザース映画製作室長で字幕翻訳者養成学校講師の小川政弘さんが、聖書からの引用が含まれているせりふを通じて日本人が見過ごしがちな聖書の言葉の意味を奥深く解説します。今回の映画は「スリー・キングス」。

◆10-11面 毎日ウィークリーの48年間を振り返る
1972年4月に創刊された毎日ウィークリー。英語学習紙としてのほぼ半世紀の歩みを、時代を象徴するニュースや筆者のコメントとともに振り返ります。ここでは2面にわたって、本紙が報じたニュース・出来事を紹介します。1面のデザイン・レイアウトの変化や白黒からカラーへの変遷などからも、時代の移り変わりを感じ取ることができます。

◆12-13面 Letters from columnists 連載筆者からのメッセージ
毎日ウィークリー48年間の歴史の中では、数え切れないほどの筆者が寄稿してきました。ここでは現在までのコラム執筆者と過去の執筆者が連載を振り返り、読者へメッセージを送ります。

◆14面 ’Never give up studying English!’
2001年12月から19年間にわたって毎日ウィークリーで連載を続けてきた安河内哲也先生。実は本紙との付き合いは中学3年生の頃にさかのぼるといいます。約38年間を振り返ってもらい、更に今後の英語学習の勧めについて話を聞きました。

◆15面 Tales of a Tokyo Mother
英国人ライター、ダニエル・デメトリオさんが、日々の子育てや異文化ギャップをユーモアあふれるタッチでつづります。今回のテーマは「今までとこれから」。

◆16面 Everyday English
英語に翻訳した毎日新聞記事を読んで問題にチャレンジしてください。トピックは「街中などでおかしな英語や翻訳が多いとして、通訳や研究者ら8人が『日本の英語を考える会』を発足」

◆17面 竹岡広信の合格への花道
漫画「ドラゴン桜」英語教師のモデルとなったカリスマ講師、竹岡広信先生が語源から単語を解説。語彙力アップを後押しします。今回のキーワードは「jocus 『冗談、戯れ』」。

◆18面 Views :The View From Inside、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週は滋賀県蒲生郡在住のレベッカ音羽さんがつづる「言語学習者への二つのアドバイス」。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「またね!」。

◆19面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆20面 Omotenashi いろは塾、毎日ウィークリーの歴史(4)
よく知っているつもりのことでも、英語で説明するとなると難しいもの。日本文化を英語で紹介するのに役立つページです。今回のテーマは「百人一首」。毎日ウィークリーの歴史の最終回は、普段は紙面に表れない方々の活動に焦点を当てます。
◆1面 Sampling Success はやぶさ2、カプセル帰還 当初計画を完遂
日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が分離したカプセルが12月6日、約52億キロの旅を終え、地球に帰還しました。カプセルに入った小惑星リュウグウの試料は、太陽系や生命の起源を解明する手がかりとなるとみられています。プロジェクトチームは、カプセルを「玉手箱」と呼び、「開けるのが楽しみ。もし、(今回のプロジェクトに)点数を付けるなら、100点満点中1万点です」と語りました。

◆2-3面 HOT TOPICS (英語でニュース)
2030年代半ば、新車販売を「脱ガソリン」へ 政府方針 / 香港、民主活動家に実刑 / 無人駅、全体の半数 障害者に支障 国が指針策定へ /  野球 イチローさんがアマチュア指導者デビュー・・・など

◆4面 Editor’s Pick 「なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破」、毎日ウィークリーの歴史(3)
アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が、10月16日の公開から10日間で100億円を突破しました。なぜ今、老若を問わず人気なのかを探りました。今週の毎日ウィークリーの歴史は、毎日ウィークリーを支えた連載陣。ほんの一部ですが、その執筆者や連載を振り返ります。

◆5面 「セロ弾きのゴーシュ」連載
易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆7面 戸田奈津子の翻訳の花道
映画字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、最新映画のせりふを日英対訳で紹介します。今週の映画は「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」。

◆8-9面 The Wild Life 
南アフリカのフォトジャーナリスト、スティーブン・カンリフさんが迫力満点の動物写真とともに野生の生態をレポートします。今月は「ザンビア スンブ国立公園」。

◆10面 Global Peculiar Plants、Garfield、英会話
写真家、自然ジャーナリストの山口進さんによる世界の不思議植物の紹介。今回は「ドロサンテマム・ヒスピダム」です。他にマンガや英会話も。

◆11面 SALZ on Kimono
着物を愛してやまないドイツ出身のアンジー・ザルツさんが、着こなしや小物を紹介します。今回のテーマは、「茶染めと絞り染め」について。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC!
元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが本場のビジネス英語を会話形式で紹介します。

◆13面 堀先生と学ぶコロケーションの時間、藤田祐美「英検イディオム」
熊本学園大学教授の堀正広先生と一緒に、仲良し単語の組み合わせを学び、英語力を上達させましょう。隣におなじみ、英検対策の専門講師、藤田祐美先生によるイディオム解説。

◆14面 Views : Indian Insight、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週はインド在住のカリル・ハシミさんが、「インドのあいさつ」についてつづります。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「提出する必要はない」。
¬
◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 リュウガク Reflections
日本で学ぶ外国人留学生の数は、 令和元年に30万人を突破。 留学生活で何を感じたか、聞いてみました。
◆1面 Seeking Santa’s Support コロナ禍 不安な子供たちからサンタへ手紙
フランス南西部リブルヌにある郵便局には、世界中の子供たちから毎年、プレゼントのお願いなどを書いたサンタあての手紙がたくさん届きます。今年は、新型コロナウイルスの流行が続く状況を反映して、子供たちの手紙には、家族が感染することへの恐れや、早い流行収束への願いなどの内容が多く、コロナ禍の日々を過ごす子供たちの不安がにじみ出ています。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)
東京五輪 コロナ対策費に1000億円の見込み / 米バイデン次期大統領、政権広報チーム幹部に全員女性を起用 / サッカー界のレジェンド  ディエゴ・マラドーナ氏死去 / ドラえもん、年間500万部突破 関連書籍など好調・・・など

◆4面 ケリー・ウェザーリルのジャパン・ウォッチ、毎日ウィークリーの歴史(2)
日本在住の海外ジャーナリストがさまざまな観点から日本を論じるシリーズ。今回から登場する米国出身のケリー・ウェザーリル記者が、「新しい『もったいない』」について論じます。毎日ウィークリーは過去48年間、さまざまな取り組みを行いました。そのほんの一端を紹介します。

◆5面 「セロ弾きのゴーシュ」連載、Pearls of Wisdom
易しい英語ですらすら読めるノベルと、英語教育研究家の晴山陽一さんが解説する、知っておきたい英語のことわざです。

◆7面 安河内哲也の この映画で学べ!
人気塾講師、安河内哲也先生が、自身のDVDコレクションの中から英語学習にぴったりの作品をピックアップします。今回は「不都合な真実」。

◆8-9面 Wanderlust 旅の情熱
ドイツ人写真家、ベルンハルト・M・シュミッドさんが世界のお気に入りの場所を紹介します。今回は「スペイン セゴビア」。

◆10面 MONDO MANGA、Garfield、英会話
トルコ、タイ、オランダ、英国在住の漫画家・イラストレーターが交代でお届けするお国紹介のイラストエッセー、今回はタイから「明日のタイ」について。他に漫画と英会話学習コーナーも。

◆11面 写真で見る世界のニュース Snapshots
世界では日々、さまざまなことが起きています。毎日ウィークリーのマスコット、毎子とベア吉と一緒に、写真を見ながら各地の出来事をチェックしましょう!

◆12面 デイビッド・セイン 目からウロコの英作文 / お役立ちフレーズ
豊富な英語教授経験を持つデイビッド・セイン先生が、読者の投稿を添削指導します。「お役立ちフレーズ」は日本語独特の表現を英語でどう言えば良いのか考えるコーナーです。

◆13面 Meglish「TOEICチャレンジ」
英語パーソナルトレーナーのMeglishこと富岡恵先生によるTOEICの実践トレーニング

◆14面 Views:Vancouver Vibe、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週はバンクーバー在住のジャッキー・ホファートさんが「カナダとの関係」についてつづります。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「どこかに行った。」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 日本全国いらっしゃい
世界から招かれ、全国各地の町で国際交流活動を担う「国際交流員」が、住んで暮らして感じた「わが町」の魅力をつづります。今回は「福岡県 築上町」。
◆1面 Transcendent Translation 柳美里さん、全米図書賞の翻訳文学部門受賞
アメリカで最も権威がある文学賞の一つ、第71回全米図書賞の翻訳文学部門に、福島県南相馬市在住の柳美里(ゆう・みり)さん(52)の小説「JR上野駅公園口」の英訳版「TOKYO UENO STATION」が選ばれました。柳さんは受賞決定後のスピーチで「南相馬の人たちと、この喜びを分かち合いたい」と語りました。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)
大阪・札幌 GoTo3週間除外 / 米ファイザー、新型コロナのワクチン緊急使用許可を申請 / 国連 内戦危機のエチオピアで「半年で20万人が難民に」と試算 / 囲碁 若鯉戦で藤沢里菜四段が初V 男女混合での女流優勝は初・・・など

◆4面 NEWS Q & A
日々のニュースへの素朴な疑問に毎日新聞記者が答えます。今回のテーマは「インフル予防接種は必要?」と「クマはなぜ街中に出没?」。

◆5面 「セロ弾きのゴーシュ」連載
易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆7面 戸田奈津子の翻訳の花道
映画字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、最新映画のせりふを日英対訳で紹介します。今週の映画は「また、あなたとブッククラブで」。

◆8-9面 Kyu’s Marine Paradise
水中写真家の古見きゅうさんが、世界の海と海中の仲間たちを紹介する写真コラム。今回の海は「多様性に満ちた日本の海」。

◆10面 アメリカ仕事カタログ、Garfield、英会話
米国の少し変わったお仕事カタログと、漫画、英会話学習のページ。

◆11面 Cross-currents、毎日ウィークリーの歴史(1)
5カ国・地域の筆者に、日常生活にまつわる質問に回答してもらうコーナーです。身近なトピックから浮かび上がるお国柄に注目!今週のお題は「人気のストレス解消法は何ですか?」。また、今週から毎日ウィークリーの48年9カ月の歴史を4回に分けて振り返ります。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC! / サンフランシスコ便り
元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが紹介するビジネス英会話と、米国文化に関するコラムです。

◆13面 堀先生と学ぶコロケーションの時間、藤田祐美「英検イディオム」
熊本学園大学教授の堀正広先生と一緒に、仲良し単語の組み合わせを学び、英語力を上達させましょう。隣におなじみ、英検対策の専門講師、藤田祐美先生によるイディオム解説。

◆14面 Views : Singapore Spotlight、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週はシンガポール在住のトム・ベナーさんがつづる「日本の思い出と毎日ウィークリーとの関わり」。また、日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「~までに」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 Incredible Animals 「ラッコ」
米国出身のイラストレーター、ブルック・バーカーさんの可愛らしいイラストとやさしい英語で、動物たちの驚きの事実を紹介します。まずは、動物の特徴を英語3文で学びましょう。
◆1面 Dragon Riders 野口聡一さん3度目の宇宙 初の民間船で
宇宙飛行士の野口聡一さんが、3人の米国人宇宙飛行士とともに、3度目の宇宙に向かいました。野口さんは今回、スペースX社が開発した民間宇宙船「クルードラゴン」で打ち上げられましたが、民間宇宙船による本格的な宇宙飛行は初めてです。野口さんはこれで、スペースシャトル、ソユーズを含め、異なる3種類の宇宙船への搭乗を達成しました。野口さんは来年4月までの間、国際宇宙ステーション(ISS)の実験棟「きぼう」で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)などの実験に取り組みます。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)
RCEPに15カ国署名 / 香港の民主派議員15人、辞表提出 全人代に抗議 / マーリンズに米大リーグ初の女性GM キム・アング氏が就任 / 元大関・琴奨菊が引退・・・など

◆4面 SPECIAL: グリーティングカードの書き方
クリスマスや新年に向けて、グリーティングカードを送る時期になりました。しばらく会ってない友人や、お世話になった方などに、一言添えて送ってみませんか? 英語のグリーティングカードの書き方の基本をいくつか紹介します。

◆5面 「セロ弾きのゴーシュ」連載、Pearls of Wisdom
易しい英語ですらすら読めるノベルと、英語教育研究家の晴山陽一さんが解説する、知っておきたい英語のことわざです。

◆7面 小川政弘がみつけた映画の中の聖書
元ワーナー・ブラザース映画製作室長で字幕翻訳者養成学校講師の小川政弘さんが、聖書からの引用が含まれているせりふを通じて日本人が見過ごしがちな聖書の言葉の意味を奥深く解説します。今回の映画は「スーパーマン・リターンズ」。

◆8-9面 NORTHERN LIGHTS
1年の約半分をアラスカで過ごす写真家の松本紀生さんが、その北の大地の魅力を紹介します。今回は「アラスカの冬のオーロラ撮影」についてです。

◆10面 MONDO MANGA、Garfield、英会話
トルコ、タイ、オランダ、英国在住の漫画家・イラストレーターが交代でお届けするお国紹介のイラストエッセー、今回はトルコから「トルコと日本の姉妹都市」について。他に漫画と英会話学習コーナーも。

◆11面 Tales of a Tokyo Mother
英国人ライター、ダニエル・デメトリオさんが、日々の子育てや異文化ギャップをユーモアあふれるタッチでつづります。今回のテーマは「日本語の魅力」。

◆12面 Everyday English
コラムを読んで問題にチャレンジ! 今回のコラムのテーマは「デジタル音源が主流となった現代では絶滅危惧種となった、カセットテープとラジカセ」。

◆13面 竹岡広信の合格への花道
漫画「ドラゴン桜」英語教師のモデルとなったカリスマ講師、竹岡広信先生が語源から単語を解説。語彙力アップを後押しします。今回のキーワードは「plaudere 『手をたたく』」。

◆14面 Views :Letter From Satsuma、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週は鹿児島在住のジェフリー・アイリッシュさんがつづる「鹿児島に暮らすということ」。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「行くことを勧めた」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 Omotenashi いろは塾
よく知っているつもりのことでも、英語で説明するとなると難しいもの。日本文化を英語で紹介するのに役立つページです。今回のテーマは「柔道」。
◆1面 In Living Color 画家・柴崎春通さん ユーチューブから世界へ
千葉県に住む画家・柴崎春通(はるみち)さんは、人気の「おじいちゃんユーチューバー」です。息子さんに勧められて絵の描き方を教える動画の投稿を3年前に始めたところ、注目を集めました。英語翻訳の字幕を付けた動画が流れる柴崎さんのチャンネルには現在、世界中に71万人超の登録者がおり、再生回数は500万回を超えています。柴崎さんは「楽しく、やさしく、分かりやすくがモットーなのでうれしい」と語りました。

◆2-3面 HOT TOPICS (英語でニュース)
世界の新型コロナウイルス感染者、5000万人超える / 米連邦議会上院選、両党過半数届かず ジョージア州では決選投票に / 秋篠宮さま 立皇嗣の礼 / 日本船のモーリシャス沖重油流出 1月に除去完了の見込み・・・など

◆4面 Editor’s Pick 「いじめで母国語を封印 『生きづらさ』解きほぐしたい…愛知の少年院の試み」
外国にルーツを持つがゆえの生きづらさを抱える若者の中には、負の連鎖から非行に陥る者もいます。愛知県瀬戸市の少年院では、彼らの心の成長を促すため、互いの経験を語り合うグループワークを導入しました。

◆5面 「セロ弾きのゴーシュ」連載
易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆6面 SPACIAL 米大統領選 バイデン氏、ハリス氏の勝利演説
米大統領選で当選を確実にした民主党のジョー・バイデン氏と、女性初の副大統領になる カマラ・ハリス氏の11月7日の勝利演説抜粋を紹介します。

◆7面 戸田奈津子の翻訳の花道
映画字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、最新映画のせりふを日英対訳で紹介します。今週の映画は「ノッティングヒルの洋菓子店」。

◆8-9面 Earth Explorer
7大陸最高峰登頂や太平洋の島々の記録など、世界各地を巡る写真家、石川直樹さんが独自の視点でつづる写真紀行。今回のテーマは「未知の渋谷」。

◆10面 Global Peculiar Plants、Garfield、英会話
写真家、自然ジャーナリストの山口進さんによる世界の不思議植物の紹介。今回は「キンチャクソウ」です。他にマンガや英会話も。

◆11面 SALZ on Kimono
着物を愛してやまないドイツ出身のアンジー・ザルツさんが、着こなしや小物を紹介します。今回のテーマは、「妊娠と着物」について。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC!
元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが本場のビジネス英語を会話形式で紹介します。

◆13面 堀先生と学ぶコロケーションの時間、藤田祐美「英検イディオム」
熊本学園大学教授の堀正広先生と一緒に、仲良し単語の組み合わせを学び、英語力を上達させましょう。隣におなじみ、英検対策の専門講師、藤田祐美先生によるイディオム解説。

◆14面 Views : Barcelona Banter、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週は、バルセロナ在住のマリオ・ディシミネさんが「変化の1年」についてつづります。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「山の頂上にいる」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 リュウガク Reflections
日本で学ぶ外国人留学生の数は、 令和元年に30万人を突破。 留学生活で何を感じたか、聞いてみました。

+   Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)取扱い開始コール♪

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー) 雑誌の内容

世界を知り、なおかつ英語力をつける! 1面記事の音声も無料提供。
全ページ日本語注釈付きで、電車の中でもニュースやコラムがどんどん読めます。「ドラゴン桜」の英語教師のモデル・竹岡広信先生や、英語界のカリスマコーチ・安河内哲也先生のコラムなど学習面も充実。字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんの映画解説など、エンタメからビジネスまでバラエティー豊かです。公式サイトでは1面記事などの英語音声の一部を無料公開!

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.25
全てのレビュー:512件

レビュー投稿で500円割引!
読み終わると次の号が出るのが待ち遠しかった
★★★★★2021年03月04日 ます姫 会社員
内容がバラエティに富んでいて、難しい政治の話から地方の観光まで、毎週楽しみに読んでいました。 カフカの『変身』は途中の掲載号を買いそびれ、内容をどうしても知りたくて英訳版を取り寄せました。 ところが私には難しくて、毎日ウィークリー掲載の文章がやさしく訳されていたのを思い知りました。 休刊になると聞いて非常に残念です。 また是非復活させてください!!
読みやすいし勉強になります
★★★★★2021年02月27日 script 会社員
休刊が決まってから初めて手に取って読み始めましたが、ゴシック体の英文フォントが大変読みやすい。長めの記事の文章は多様な視点から書かれ、単なる英語学習紙の枠に収まらない、世界に通じると思わせる知識や思考を感じる。毎日ウィークリーは国際人の育成に多大な貢献をされた事でしょう。私は51才ですが、もっと早く、それこそ学生時代に貴紙に出会えなかったのが心残りです。休刊されたのは本当に本当に残念でなりません!
復刊を望む
★★★★☆2021年01月17日 ユー 高校生
受験対策として定期購読していました。 タイムリーな話題が読みやすく書かれてあり、わかりづらい単語は紙面に訳註記載があるため、英語が苦手でもなんとなく内容が理解できます。 授業では習わない、ニュース記事の言い回しなど、参考になりました。
最高
★★★★★2020年12月29日 syou 学生
夏ぐらいから定期購入を始めたが、毎週読む事によって圧倒的に語彙力の増加を実感できました。コンテンツもとても面白かったです。 今後も引き続き購入予定でしたが、休刊のお知らせを聞きとても残念です。(´ω`)
休刊
★★★★★2020年11月17日 カズ 自営業
長い間購読していて、だんだんと楽に読めるようになってきたので、休刊の知らせをを聞いて残念です。クロスワードが毎回楽しみで、語彙が増やせたと思います。また復活するよう願っています。
どんな年齢層にも!
★★★★★2020年10月12日 あや 教職員
英検を受けるので購読再開しました。 学生から大人まで楽しめる内容です。 これからもいつまでも読み続けたいです。 よろしくお願いします。
TOEIC600点レベルにおすすめ
★★★★☆2020年09月29日 チップ 会社員
TOEIC600点レベル以下の方が読むには丁度良い難易度ではないでしょうか。 日刊ではなくて週一なのでいそがい会社員にとっても飽きることはありません。
初級者でも読める
★★★★☆2020年09月16日 ゆうすけ 会社員
初めて英字新聞を購読しました。初級者にも読みやすく、ページ数も多くなく、飽きることなく続けられました。
日本語注釈があるのはいいのですが
★★★★☆2020年09月11日 ゴンママ 主婦
自分の訳があっているのか確認できないのが、不安もあり、やや残念。全訳何処かにあるのでしょうか。 私が知らないだけ? 英文はさほど難しくないので、頑張れば読破できそうですが、、、 訳つきのものに変えようか悩み中です。
分かりやすい
★★★★★2020年09月04日 たけ 会社員
日本語と英語が併記されているので英字新聞の購読を始める方におすすめです
レビューをさらに表示

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の魅力は、なんといっても辞書無しで英語学習ができるという点です。全ページに日本語注釈がついているので、分からない単語を調べながら読むという煩わしさなく、どんどん読み進めることができます。話題のニュースや英語教師・英語界のカリスマコーチの先生方が手がけるコラムなど、学習面も充実しているので、通学・通勤中の電車の中でもどんどん読んで学習することができます。

その他にも、カラー写真が多く興味を引く記事の構成になっていることや、1面記事の音声記事もついており、英語を習いたての中学生でもリスニング学習ができます。新聞は、毎週発行されており、ニュースだけでなく、映画、ドラマなどの情報が簡潔にまとめられて読みやすい記事の量になっているのも魅力の一つです。

それだけでなく、今学力向上で注目されるNIEの観点からも、日本と世界の繋がりから様々な知識を身につけることができます。Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)は、どんな英語参考書よりも、英語の語彙力を増やし、英語能力を確実に高めてくれます。

お気に入りの記事や、重要な記事をうっかり読み忘れたり取り置きし忘れても、バックナンバーも用意されているので大変便利です。

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
30%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2022年05月20日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ



ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
-------------------------------------
[Top News]
Putin channels memory of Hitler’s defeat to urge victory in Ukraine
ロシアのプーチン大統領、演説でウクライナ侵攻正当化

[Easy Reading]
This Brazilian town built a Christ statue. It’s taller than Rio’s Christ the Redeemer.
リオの像より5m高いブラジルで新たな巨大キリスト像完成

[National News]
Yoshinoya shuns ‘foreign’ student from event
吉野家、外国籍理由に説明会に学生参加させず
、他

[World News]
Nepali scales Everest for record 26th time
ネパール人登山家、エベレスト登頂回数の世界記録更新
、他

[Business &Tech]
Square Enix to sell Tomb Raider studio
スクウェア・エニックス、複数のスタジオを売却

[Focus]
Japan firms turn to 4-day workweek to offer flexibility
新しいワークスタイル「週休3日制」、日本でも広がる

[This Week’s OMG]
Goodwill find turns out to be ancient bust
中古品店で購入した像、バイエルン王所蔵の古代ローマ美術品だった



コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
-------------------------------------
[Fast Fun Facts]
英語で豆知識を楽しむコーナー。サメに対して「恐い」というイメージを抱く人は多いかと思いますが、恐竜よりも前から地球上に生息していたことや、体が光る種類がいることなどを知っていましたか?これを読めばサメに対する印象が変わるかもしれません。

[シネマ倶楽部]
今週は軍人の妻たちが結成した合唱団から生まれた実話 “Military Wives”をお届けします。

[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週は戦争で荒廃した街、バグダッドを彩る鮮やかな壁画について取り上げます。

[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはタン・イン・ツェンさんです。シンガポールではここ数年、書店の閉業が相次いでいるようです。コロナ禍を何とかしのいでいた紀伊國屋書店も最近閉店することが決まり、本好きの人々は本と出会う特別な場所が失われていく寂しさを感じているようです。

[Just J-pop]
日本のポップミュージックについてお届けするコーナー。今週取り上げるのは「ラブリー」「今夜はブギー・バック」などの曲を生み出し、90年代に流行した渋谷系を代表するアーティストとして知られる小沢健二です。近年は、SNSでの発信にも意欲的で、音楽はもちろん、BLM などの社会問題についても意見を述べています。

[Business Spotlight]
日本で、世界で成功している数々の企業。その成功の裏側にはどのような物語があるのでしょうか。企業の歴史、人、画期的な取り組みなどについて読んでみましょう。今週はタイ生まれの飲料を元に、世界的な展開が成功したレッドブルを取り上げます。

[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。

[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのは英語コーチングサービスを提供するPROGRITの代表取締役社長である岡田祥吾さんです。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
-------------------------------------
[Small Talk About News]
ニュースで雑談するコーナー。千葉ロッテ・マリーンズの佐々木朗希投手が4月10日のオリックス戦で、プロ野球で28年ぶりとなる完全試合を達成しました。このことについて話す友達2人の会話を見てみましょう。

[英語なるほど Q&A]
このコーナーでは、読者の皆様からの英語に関する質問にお答えします。ご応募をお待ちしています! 今週は冠詞について取り上げます。

[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今月は類似的な言葉について取り上げます。今週のテーマは“Small, little”です。

[教えて!日本のコト]
日本の大学に留学中のアメリカ人女性 Lillian。彼女が日本で生活する中で感じる疑問に、英語で答えてあげましょう。今週は「善光寺の御開帳」についてです。

[Crossword Puzzle]
英語でクロスパスワードに挑戦!正解者の中から、抽選で素敵な賞品も当たります。

[Life as an Expat]
トロント駐在中の須藤健の海外奮闘記をお届けします。




※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:224円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2022/05/13
    発売号

  • 2022/05/06
    発売号

  • 2022/04/22
    発売号

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2022年05月20日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2022/5/22号

This Week
On the Cover

沖縄返還から半世紀
沖縄が日本に返還されてから、5月15日に50年を迎えました。那覇市の国際通りでは伝統的なエイサーが披露されるなど、各地で記念行事がありました。22日号の表紙は、エイサーの模様をお伝えします。


◇今週の注目記事 ================

◇Special: 今年の沖縄国際映画祭
「笑いと平和」をテーマに国内外の作品を紹介する「沖縄国際映画祭」が4月中旬、沖縄県内で開かれました。2009年から毎年開催され、沖縄返還50周年に当たる今年は主会場の那覇市のほか県内各地で関連行事がありました。東京在住のスリランカ人ジャーナリストのスベンドリニ・カクチさんが、映画祭で司会を務めたお笑いタレントで映画監督のゴリ(照屋年之)さんに、映画祭にかけた思いを聞きました。

◇Weekly Picks: ウクライナ 戦闘続く中、帰還する難民
ロシア軍のウクライナ侵攻以降、隣国に避難していた難民らが母国に戻り始めています。ウクライナへの入国者数が出国者数を上回る日も出てきました。異国の地で歓迎され様々な支援を受けていることに感謝しつつ、ふるさとへの熱い思いが勝るようです。ただ、戦闘は継続しており、帰還は時期尚早とする関係者も少なくありません。

◇Movies: 「シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声」
原題は“Military Wives”。アフガニスタンに派遣された英軍人の帰還を待つ妻らが、歌うことを通して支え合い、 きずなを深めている実在の合唱団がモデルの映画です。衝突や失敗を乗り越えながら練習を続けるうちに、いつしか妻たちの間に連帯感が生まれ、美しい歌声を響かせるようになります。しかし、戦地から最悪の知らせが届き始めます。

◇Travel: 冬の長野で聖地をたどる
冬のさなかに善光寺と戸隠神社をめぐり、竹細工や漆器といった工芸品の工房や中山道の宿場を訪れて、山岳とは別の長野の魅力を紹介します。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
福島県富岡町の「桜のトンネル」を原発事故後初めて全面公開▽高級ブランド「シャネル」のパリの店舗で強盗▽故マラドーナ選手が「神の手ゴール」で着用のユニホーム、11億円超で落札▽日系人初の米政府閣僚、ノーマン・ミネタ元運輸長官死去――の4つのニュースを取り上げています。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「北京パラリンピック ロシアとベラルーシを一転除外」です。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう 色とりどりの英語表現
教科書では学ぶ機会の少ない英語らしい慣用表現やイディオムを、クイズ形式で出題します。例文を使った穴埋め問題を毎回6題用意し、それぞれにイラストを付けて視覚的に記憶に残るように工夫してあります。正解に加えて解説欄を設け、取り上げたキーフレーズ以外の英文の意味や用法も説明します。こうした慣用表現は会話をスムーズにするだけでなく、映画やドラマを理解するために不可欠です。日本語の発想とは異なる粋な言い回しを数多く取り上げていきます。


◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーと友人たちが、学校で上演する演劇について話しています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。4~6月は、シカゴ大学で歴史と東アジア文化を学び、学生時代に東京と北海道でホームステイを体験、同志社大学への留学経験もある米国出身のジュリア・セルチさんの担当です。ユダヤ教徒のセルチさん。パンデミック中の「過ぎ越しの祭り」を祝う伝統の食事の準備には、手には入る食材で創造力を駆使したそうです。

◆シミケンの語源で探る固有名詞
KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんによる語源に関する新シリーズです。英語の地名・人名・ブランド名など、誰もが一度は目にしたことのある固有名詞はどのような経緯で生まれてきたのでしょうか? 本連載では、固有名詞の語源やそれにまつわる逸話を紹介し、楽しみながら単語の歴史をひも解いていきます。また、固有名詞と普段使っている単語との意外な接点を考察することで、語彙(ごい)力増強に役立つようになっています。毎回、冒頭にクイズがあり、正解を考えながら、英語と英語文化の奥深さを味わうことができます。今週号のテーマは「OrientとAsia」です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 伊勢神宮(三重県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回訪れたのは、広大な敷地に125の宮社がある伊勢神宮です。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「やるせない」です。

◆私のおすすめの洋書
異文化コミュニケ-ションと人事管理を専門とする米国出身の経営コンサルタントで、「英語の品格」などの著書があるロッシェル・カップさんが日本語で書き下ろす、お勧めの洋書を紹介するコラムです。今回は、国家の危機をテーマに各国の事例を集めた「Upheaval」(邦題「危機と人類」)を紹介します。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんのエッセーです。今回は、エルビス・プレスリーの「トゥー・マッチ」について解説します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
韓国新大統領が就任▽米大統領、ウクライナ支援のため「武器貸与法」に署名▽フィリピン大統領選、マルコス氏が圧勝――の3本をお伝えします。

◆Topics  
テスラ社のイーロン・マスク氏が「日本はいずれ消滅するだろう」とツイートした話と、カスタムナンバープレートで下品なメッセージが横行することに業を煮やした米メイン州が、規制法導入を発表した話題を紹介します。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:170円

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2022/05/14
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/23
    発売号

  • 2022/04/16
    発売号

  • 2022/04/09
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2022年05月14日発売

目次: The Japan Times / The New York Times Weekend Edition
2022/05/14 No.43,688
The Japan Times section contents

NEWS
------------------------
[World]
・Russia trains missiles on Ukraine’s quiet zone
・North Korea reports first COVID-19 death as virus ‘explosively spreads’ ほか

[National]
・Taiwan tensions resonate in Okinawa
・Calls for easing COVID-19 mask standards grow ほか

[Asia]
・No quiet retirement for Philippines’ Duterte after handover
・U.S. condemns jailing of four Hong Kong democracy activists ほか

[Sports]
・Butler excels as Heat finish off Sixers - NBA playoffs
・PGA Tour’s stance toward LIV Golf reveals unrest in sport - Golf ほか

[Week in review]
・Putin likens conflict in Ukraine to WWII
・Police in Japan warned against racial profiling when making stops ほか

[Longform]
・Okinawa through the lens

[Culture]
・Dark satire obscures the light of humanity - Books

OPINION
------------------------
・New president, new chance for Japan-South Korea ties

参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2022/05/07
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/23
    発売号

  • 2022/04/16
    発売号

  • 2022/04/09
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

6 捜査研究

東京法令出版

送料
無料

捜査研究

2022年05月15日発売

目次: ◆◆Practical Stage◆◆
-----------------------------------------------------------------------------------
■特集
共謀の認定(第2回)
熊本学園大学客員教授
(元名古屋高等裁判所[刑事部]部総括判事) 山口 裕之
-----------------------------------------------------------------------------------
■基礎から学ぶ取調べ(第15回)
国士舘大学法学部教授
(元東京・大阪地検特捜部検事) 吉開 多一
-----------------------------------------------------------------------------------
■最新 刑事判例研究(第64回)
判例と学説の齟齬の解消 犯人が他人を教唆し自己を蔵匿・隠避させた場合
東京都立大学法学部名誉教授 前田 雅英
-----------------------------------------------------------------------------------
■誌上講義 第32回
危険運転致死傷罪のイロハと喫緊の課題(上)
昭和大学医学部教授(薬学博士)・警察大学校講師
元最高検察庁検事 城 祐一郎
-----------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
トランジット目的で入国した被疑者がケタミンを本邦内に持ち込んだ行為につき、適用罪名等が問題となった事案
那覇地方検察庁沖縄支部検事(前東京地方検察庁検事) 山田 与志人
-----------------------------------------------------------------------------------
■検証 サイバー(ハイテク)犯罪の捜査(第108回)
暗号資産の無断マイニング(コインハイブ)事件で無罪とした最高裁新判例
~~ 事例・判例・法令編 ~~
NPOデジタル・フォレンジック研究会(IDF)会員 大橋 充直
-----------------------------------------------------------------------------------
■(続)覚醒剤使用事犯における留置き・追尾行為を巡る最新判例(証拠排除)研究(第20回)
修士(法学)・元栃木県警察学校長(駒澤大学法科大学院在籍) 細谷 芳明
-----------------------------------------------------------------------------------
■元検察官のキャンパスノートNo.111
-外事事件- 外国人犯罪の特質と捜査上の留意点
元法務総合研究所教官 須賀 正行
-----------------------------------------------------------------------------------
■警察教養としての読書(第39回)
『連合赤軍 浅間山荘事件の真実』
評者 古野 まほろ
-----------------------------------------------------------------------------------
■文献紹介280
『第三版 擬律判断ハンドブック刑法編~急訴事案への適切・迅速な対応のために~』
杏林大学総合政策学部専任講師 尾崎 愛美
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査関係ファイル
(3月のできごと)
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査の英語 Case109
-----------------------------------------------------------------------------------
■Book Land
『トリカゴ』

参考価格: 990円

実務と教養に資する犯罪捜査の専門誌

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/03/15
    発売号

  • 2022/02/15
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

8 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2022年05月10日発売

目次: 2022年5月10日号の主な内容

■ニュース
・物価高&円安、漂う期待と不安 リユース業界への影響
・雑貨・食品が半額、全国120店 東亜産業
・パソコン修理「スマホドック24」 PC買取に参入 
・個人向けにリユース開業支援 プレジャーリンク
・大須にブランド時計の新店 「ブランドシップ」
・板蔵ファクトリー 一枚板製品のサブスク
・就労移行支援、修了者を雇用 ブックオフFCのメディアパワー
・古着卸、5年で年商8億 山久商会
・スポーツバイク、24H貸出し ZuttoRide Sharing
・大黒屋HD がJTBと提携 査定額110%をトラベルポイントに
・学生服とスケートの中古レンタル リユース業のぎゃくし
・店の混雑状況を見える化 電材買取センター
・関西に初出店、駅ビルで古着 デザートスノー
・企業の余剰在庫、フリマ出品代行 モノテクノロジーズ
・メンズ古着卸を強化 プロジェクトカラーズ
・商業施設で古着回収 ウィファブリック
・真贋・ささげを代行 ルクレール
・ジュエリー時計の一括査定サイト ジュエルネット
・海外バイクの中古品・サブスク チャンピオン76
・体験型ストアで調理家電お試し レンティオ

■トップインタビュー
REGATE 十河 良寿社長
「出張買取、年商70億。古美術取扱いで成長」

俳優・中尾彬さんがTVCMで、「福ちゃんだね」と宣伝する出張買取サービス。これを運営するREGATEが成長している。前期年商は前年から20億円増の70億円。新卒採用も100人規模と組織を拡大中だ。十河良寿社長に戦略を聞いた。

■トピック 
「小中高生、PCが身近に“学び舎”でリユース品活躍」

プログラミング教育の必修化や、大学入学共通テストに「情報」が追加されるなど、教育の中身がひと昔前と比べ様変わりしてきている。オンライン授業も浸透し小中高生にとってパソコンが身近なものになる中、「学び舎」でリユースPCが活躍する事例も生まれている。若年層への中古品循環が上手くハマれば、新たなマーケットを作り出せそうだ。

■コーナー
◎市場考察
トレジャー・ファクトリー 野坂 英吾 社長
「物価高でもリユースは強く」

◎STUDYレポ
ATC JAPAN AUCTION
「比向けコンテナ輸出解説」

◎小トピック1
ジャニヤードに聞く
新旧ジャニーズアイドルグッズの価格事情

◎小トピック2
中古ぬいぐるみ事情
「かさばる割に低単価 それでも扱う理由は?」

◎小トピック3
アパレルメーカーのリユース事業参入が増加
リユース事業の考えや取組みを紹介

◎リユース初心者の部屋
査定初心者が使いやすい相場検索ツール
「相場観、鑑定眼を養うには」

◎Z世代
古着屋「リリー・オブ・ザ・バレイ」(茨城県)
現役筑波大生が運営

◎リペア通信
リサルト(サルト・愛知県)
「洋服リフォーム専門店」

◎リユース×テクノロジー
「出品ロボ」 (プライスバンク・東京都)
アパレル製品の出品作業を支援するアプリ

◎注目の取り組み
ぼくの書店(福岡県)
「Z世代によるシェア本棚」

◎VOICE
テーマ「今関心のあること、知りたいこと2」
1.中古の宝石価格や市場全体がどうなっていくのか知りたい/某買取店
2.ヨーロッパでどんな中古品の需要があるのかを知りたい/KRC

■連載
◎古着店が同業者に知られたくない 古着卸店
「テンストライク(埼玉県川口市)編」
ミニマム以上購入で20%オフ、一般購入も可

◎古物商のためのトレカ入門
「トレカ査定時のポイント、見分け方とは?」
ポケカ、「プロモ」マークは高額チャンス

◎繁盛店の店づくり
RIENINAL(リィエニナル、東京)
「サステナブルがテーマWEGOの新レーベル」

◎WEB集客カイゼン講座
「Web集客方法のまとめ回」
潜在層にアプローチできている企業に優位性

◎交友録
色川商事(神奈川県)色川大亮氏→
地新(神奈川県)稲垣良介氏
「20代半ばで店と市場を立ち上げた凄い人」

◎この店で一番高いモノはこれだ!
オールワン(大分県)
「アンティークのキャンドルスタンド 30万円」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

9 ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

アカデミック・リソース・ガイド

送料
無料

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

2022年05月13日発売

目次: ◆巻頭言:
 図書館を考えるとき、子育てはどう扱えるのか 岡本真(arg)

◆特集:子育て支援と図書館
・責任編集 下吹越香菜(arg)
・共同企画 後藤清子(株式会社ピクニックルーム 代表取締役)
 
◇はじめに
 下吹越香菜

◇図書館親子の往復書簡-私たちの子育てと図書館-
 下吹越かおる(母)、下吹越香菜(娘)

◇特集論考
 まちで育てる-子どもが育つための多様な支援と“ 場”-
 三輪律江(横浜市立大学大学院都市社会文化研究科・教授/博士〈工学〉)

◇特集対談企画
 子どもが育つ環境にとって大切なこと-人的・物的・社会的環境の視点から-
 本特集対談の企画にあたって
 下吹越香菜

・対談1 及位友美(株式会社ボイズ チーフディレクター/編集・執筆)×後藤清子
・対談2 太刀川英輔(NOSIGNER 代表/デザイナー)×後藤清子
・対談3 岡本 真×後藤清子
・アフタートーク 後藤清子×下吹越香菜

◇図書館総合展LRG 第39号公開インタビュー収録「移住者と子育て支援」
 西ノ島への移住で見つけた、仕事と子育てを両立できる暮らし
 小山亜理沙(「あそびとくらしの店 海月堂」店長)

◇事例レポート:身近に欲しい子育て支援サービス
 下吹越香菜

◇〈付録〉アイデアノート「これからの子育て支援サービス」
 下吹越香菜

◇おわりに
 下吹越香菜

◆連載:
・猪谷千香の図書館エスノグラフィー vol.20
 地域資料を収集、学術的な価値を高めて利活用
 津島市立図書館
 猪谷千香
・伊藤大貴の視点・論点 第17回
 オープンイノベーションと新規事業のこれから
 お金よりも熱意を大事にできるかが分かれ道
 伊藤大貴
・かたつむりは電子図書館の夢を見るか LRG編 第22回
 完成!?どんなアンケートをするべきか、そもそもアンケートをするべきかどうかがわかる「 どんな調査をしたらいいか診断」
 連載内連載:アンケート調査再考(6)
 佐藤翔
【連載マンガ】ここが変だよ地方行政 第13回
 そろそろ親身になってサポートするの辛くなってきた
 小田理恵子

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)業務実績 定期報告

参考価格: 2,750円

図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

  • 2022/02/18
    発売号

  • 2021/11/19
    発売号

  • 2021/08/13
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の所属カテゴリ一覧

%{{pickup_service}}% %{{app_download_link}}% %{{category_list}}%