※最新号の表紙とは限りません

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)

毎日新聞社
たくさんの生きた英語に触れることができる!辞書なしで読める週刊英語学習紙。高校生から大学生、社会人まで多くの方に読んでいただいています。
世界を知り、なおかつ英語力をつける! 1面記事の音声も無料提供。
全ページ日本語注釈付きで、電車の中でもニュースやコラムがどんどん読めます。「ドラゴン桜」の英語教師のモデル・竹岡広信先生や、英語界のカリスマコーチ・安河内哲也先生のコラムなど学習面も充実。字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんの映画解説など、エンタメからビジネスまでバラエティー豊かです。公式サイトでは1面記事などの英語音声の一部を無料公開!

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の
定期購読 雑誌

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 3,051円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり235円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 6,102円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり235円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 12,204円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり235円
  • ◆ 送料:
    無料

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の商品詳細

  • 出版社名:毎日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週土曜日
  • 1冊定価:260円
世界を知り、なおかつ英語力をつける! 1面記事の音声も無料提供。
全ページ日本語注釈付きで、電車の中でもニュースやコラムがどんどん読めます。「ドラゴン桜」の英語教師のモデル・竹岡広信先生や、英語界のカリスマコーチ・安河内哲也先生のコラムなど学習面も充実。字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんの映画解説など、エンタメからビジネスまでバラエティー豊かです。公式サイトでは1面記事などの英語音声の一部を無料公開!


毎週土曜日発行の週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」に毎週掲載するクイズ「クロスワード」もしくは「多読チャレンジ」のどちらかの解答を応募してください。応募者の中から抽選で20 組40 人に東京2020 オリンピック・パラリンピック観戦チケットをプレゼントします。応募は1号につき1回です。
詳細


以下の2つの方法のどちらかで応募可能
❶ハガキ
解答、購読者の住所・氏名に加え、「東京2020チケット希望」と記載した上で、読者のページ(通常15 ページ)に記した締め切り日(消印有効)までに送付

宛先 〒100-8051 毎日ウィークリー編集部
「○月○日号」係

❷毎日ウィークリーのウェブサイト
「クロスワードパズル応募フォーム」もしくは「多読チャレンジ応募フォーム」に入り、所定欄に解答、購読者の住所・氏名を記入した上で、ご意見欄に「東京2020 チケット希望」と記載し、締め切り日までに送信

キャンペーン期間は7月27 日号~ 2020 年4月25 日号で、抽選を2020 年5月中旬に行います。

注意事項
・購読者と確認できる方のみ当選対象となります。
・必要事項が記入されていない場合、当選が無効になる場合があります。
・記入された住所や連絡先が不明確で連絡がとれない場合、当選が無効となる恐れがあります。
・応募いただいたはがきは返却できません。
・発表は、当選者様への発送をもって代えさせていただきます。
・賞品のお届け先は日本国内に限ります。
・賞品のチケットは2枚1組で、東京2020 オリンピック10 組20 人、東京2020 パラリンピック10 組20 人の計20 組40 人に当選予定です。枚数等は変更になる可能性があります。
・賞品のチケットの日程、競技、席種は選べません。
・賞品発送の日時は指定できません。
・チケットの受け渡しに際しては、会場などで別途手続きが必要になる場合があります。
・チケットの転売や譲渡はできません。
・当選した賞品以外に必要となる費用(宿泊費、交通費など)は、すべて当選者様のご負担となります。

よくあるご質問
Q 1号につき何回応募できますか?
A 1回です。1号で両方のクイズに解答して応募しても、応募は1回とみなされます。クロスワード、多読チャレンジはともに毎号掲載されており、各号の解答締め切り日は原則、次号発行日前日の金曜日(消印有効)となります。
応募1回でも当選チャンスがありますが、応募回数が多いほどチャンスは増えます。

Q 毎日ウィークリーデジタルを購読しています。
  クイズラリーに参加できますか?
A 可能です。毎日ウィークリーのウェブサイトにある「クロスワードパズル応募フォーム」もしくは「多読チャレンジ応募フォーム」の所定欄に解答、購読者の氏名・住所を記載し、ご意見欄には「東京2020 チケット希望」と忘れずに記入して送信してください。ただ、ウィークリーデジタルライトはクイズの一部しか収録していないため、応募はできません。

Q クイズの内容はオリンピックやパラリンピックが中心ですか?
A オリンピックやパラリンピックとは限りません。クロスワードは1面記事から、多読チャレンジは複数の記事から出題されており、内容は多岐にわたります。英語を幅広く、継続的に学んでいただきたいからです。

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の無料サンプル

2019年11月16日発売号
2019年11月16日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー) 2月22日号 (2020年02月22日発売) の目次

◆1面 Barrier Buster アカデミー作品賞に「パラサイト」 外国語映画初
韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が2月9日、外国語映画として初めて、米アカデミー賞作品賞を受賞しました。同時に、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞も受賞し、合わせて4冠となりました。パラサイトの受賞は、これまで多様性を欠くと批判されてきた米アカデミー賞にとっては、画期的なこととなりました。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)
米大統領選 民主党予備選挙開幕 38歳ブティジェッジ氏躍進 / 新型コロナウイルス拡大止まらず 観光・経済に大打撃 / フィギュアスケート4大陸選手権 羽生選手が初優勝 主要大会制覇 / スイス 同性愛差別禁止法が成立 国民投票賛成多数で・・・など

◆4面 SPECIAL 好きなことを英語で学ぼう
文部科学省が2021年以降の「大学入学共通テスト」で予定していた英語の民間試験導入が見送られました。一方、グローバル時代の人材育成に向け、今春からは小学3年から英語教育が始まるなど、英語教育改革が進んでいます。NHKラジオ 「実践ビジネス英語」講師の杉田敏(さとし)さん(75)はどう受け止めているのか、話を聞きました。

◆5面 フランツ・カフカ「変身」連載、Pearls of Wisdom
易しい英語ですらすら読めるノベルと、英語教育研究家の晴山陽一さんが解説する、知っておきたい英語のことわざです。

◆7面 海外ドラマ「modern family」(最終回)
個性あふれる3家族が繰り広げるドタバタ劇の英日対訳シナリオ。日常生活で使える会話表現を学べます。今回のお話は「すべての人に平等を」。

◆8-9面 TRAVEL  アメリカ ナッシュビル
米国テネシー州ナッシュビルは、カントリーミュージックが盛んな「音楽の街」として知られています。街中では、そのライブ演奏を聴く機会にあふれており、カントリーミュージック殿堂博物館でその歴史に触れることもできます。第1週10面で「アメリカ仕事カタログ」を連載するアユン・ハリデーさんが実際に訪れ、その街の魅力を紹介します。

◆10面 MONDO MANGA、Garfield、英会話
トルコ、タイ、オランダ、英国在住の漫画家・イラストレーターが交代でお届けするお国紹介のイラストエッセー、今回はタイから「買い物バッグ事情」について。他に漫画と英会話学習コーナーも。

◆11面 Tales of a Tokyo Mother
英国人ライター、ダニエル・デメトリオさんが、日々の子育てや異文化ギャップをユーモアあふれるタッチでつづります。今回のテーマは「皮肉の文化」。

◆12面 Everyday English
コラムを読んで問題にチャレンジ! 今回のコラムのテーマは「子供のスマートフォンの長時間使用や依存が問題となる中、専門家が情報モラルの教材を手帳会社と組んで開発した」。

◆13面 竹岡広信の合格への花道
漫画「ドラゴン桜」英語教師のモデルとなったカリスマ講師、竹岡広信先生が語源から単語を解説。語彙力アップを後押しします。今回のキーワードは「soci 『仲間』」。

◆14面 Views :The Views From Inside、MACHIGAI!
国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週は滋賀県蒲生郡在住のレベッカ音羽さんがつづる「駅伝とマラソンの違い」。日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「X印」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 Omotenashi いろは塾
よく知っているつもりのことでも、英語で説明するとなると難しいもの。日本文化を英語で紹介するのに役立つページです。今回のテーマは「うるう年」。

+   Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の目次配信サービス

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.22
全てのレビュー:474件

レビュー投稿で500円割引!
英語学習の為
★★★★★2020年02月15日 usa 学生
子供の英語学習のために購読しています。 難しい単語は日本語訳がすぐ見れてわかりやすいそうです。 飽きない文章の長さでちょうどいいです。
英語学習
★★★★★2020年02月12日 うさこ 無職
英語の学習によさそうなので、もう少し続けてみようかなと思います。
写真もいい
★★★★★2020年02月10日 ヒロ 会社員
 見開きページでは写真が満載で海外の旅行記やサファリやダイビングスポットなど毎回、写真だけでも楽しめます。その中でもエベレスト登山を書いている石川直樹さんの記事が好みです。
英字新聞で語学学習!
★★★★★2020年01月23日 キャンディー 会社員
語学学習のために定期購読します。届くのがとても楽しみです。
英語に慣れます
★★★★★2020年01月19日 カワシマン 会社員
英単語に慣れる為に定期購入しています。頑張りを続けているうちに何とか慣れて来ました。世界の時事や英文ノベルなど、楽しめます。
勉強には、良いようです
★★★★☆2020年01月16日 よしよしとし 会社員
英字新聞を読みたいとの事でしたので、高校生の子供が定期購読しております。初めは、読みずらそうにしていましたが、今では慣れたようです。単語の意味合いが載っていたり、ちょっとした解説があるので、嫌気は差さないようです。私も少し見ておりますが、他の同じようなものに比べて、見やすいレイアウトです。これからも続けていくようです。
初めての
★★★☆☆2020年01月11日 さち 会社員
初めての英字新聞購読でした。難易度はそれほどです。英検学習に使うためであったのですが、効果はまだ定かではありません。読みやすいのは読みやすいです。
英語の勉強
★★★★★2020年01月02日 あっちゃん 専業主婦
デジタル版を購読していたが、書き込みがしたいので、紙面に変更。 とても、ためになって面白い。
クイズで楽しく覚える英語
★★★★☆2019年12月16日 Kokiジィー 無職
定年後に、英語の再勉強のため本紙を購読始めました。内容的には小学生から大人まで楽しめる英語新聞だと思います。そこで記事の英文理解度を自らチェックする挑戦型のクイズ設問を定期的に、例えば月一回~二回でも紙面に掲載していかがでしょうか。辞書を引かなくても読めるタイプの英字新聞なのでクイズで熱心な読者を知的に刺激するのも面白いのではないでしょうか。
英語学び直し!
★★★★★2019年12月12日 うめてつ 医者
英語の学びなおしに役立っています。トピックも面白く、勉強になるものばかり。今後も継続したいと思います。
レビューをさらに表示

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の魅力は、なんといっても辞書無しで英語学習ができるという点です。全ページに日本語注釈がついているので、分からない単語を調べながら読むという煩わしさなく、どんどん読み進めることができます。話題のニュースや英語教師・英語界のカリスマコーチの先生方が手がけるコラムなど、学習面も充実しているので、通学・通勤中の電車の中でもどんどん読んで学習することができます。

その他にも、カラー写真が多く興味を引く記事の構成になっていることや、1面記事の音声記事もついており、英語を習いたての中学生でもリスニング学習ができます。新聞は、毎週発行されており、ニュースだけでなく、映画、ドラマなどの情報が簡潔にまとめられて読みやすい記事の量になっているのも魅力の一つです。

それだけでなく、今学力向上で注目されるNIEの観点からも、日本と世界の繋がりから様々な知識を身につけることができます。Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)は、どんな英語参考書よりも、英語の語彙力を増やし、英語能力を確実に高めてくれます。

お気に入りの記事や、重要な記事をうっかり読み忘れたり取り置きし忘れても、バックナンバーも用意されているので大変便利です。

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)のバックナンバー

260円
260円
260円
260円
260円
260円

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

新聞・業界紙の売上ランキング

Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)の所属カテゴリ一覧

%{{pickup_service}}% %{{app_download_link}}% %{{category_list}}%