機能材料 発売日・バックナンバー

全213件中 196 〜 210 件を表示
4,400円

--------------------------------------------------------------------------------

月刊機能材料 2005年10月号

--------------------------------------------------------------------------------


特集:シリサイド半導体の最新動向

--------------------------------------------------------------------------------

総論:鉄シリサイド半導体の基礎と応用
Basic Aspects of Semiconducting Silicides and their Applications

--------------------------------------------------------------------------------

前田佳均(京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻 助教授)

1.55μm帯域のオプトエレクトロニクスへの応用をめざした鉄シリサイド(βFeSi2)の基礎
研究が進んでいる。β-FeSi2の構造物性,作製方法,エピタキシャル結晶成長,格子ひずみ
によるバンドエンジニアリング,発光特性とその増強について概説し,またシリサイド半
導体フォトニック結晶への応用について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 鉄シリサイドの構造物性
2.1 構造物性
2.2 Fe-Si2元系ヘテロ接合
3. β-FeSi2の作製と成長過程
3.1 作製方法と物性
3.2 成長過程
3.3 ポスト・アニール条件
4. ヘテロエピキタシーとバンドエンジニアリング
4.1 シリコン上のエピタキシャル成長
4.2 ひずみバンドエンジニアリング
4.3 空孔の秩序化によるバンド変調
5. β-FeSi2の発光特性と増強
5.1 発光特性の概略
5.2 発光増強
6. β-FeSi2の応用
6.1 LED,PDへの応用
6.2 フォトニック結晶への応用
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シリサイド半導体薄膜の結晶成長と特性-1
-熱反応堆積法に始まる新しいシリサイド半導体薄膜の成長-
Growth and Properties of Semiconducting Silicide Films
-Growth of New Semiconducting Silicide Films based on Reactive Deposition
Technique-

--------------------------------------------------------------------------------

立岡浩一(静岡大学 工学部 電気・電子工学科 教授)
大石琢也(静岡大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻)
水由雄介(静岡大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻)
黒川貴規(静岡大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻)
黒川貴規(静岡大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻)
三浦健太郎(静岡大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻)

シリサイド半導体薄膜の結晶成長と特性:
シリサイド半導体薄膜の成長技術について,第2章では3節にわたり,本特集他章で取り上
げられていない薄膜成長について網羅的に紹介する。種々のシリサイド半導体薄膜の成長
方法と簡便安価な成長方法の開発,Ge導入格子ひずみ変調によるβ-FeSi2 のエネルギーギ
ャップの広帯域化,半導体特性を示すナノ微結晶FeSi2 および強磁性Fe3Siの室温成長と
物性評価について述べる。(立岡浩一,佐道泰造,吉武剛)
 本節ではβ-FeSi2 をはじめMnSi1.7 ,Mg2Si,Mg2Si1-Gex ,Ca2Si およびSr2Siの熱反
応堆積法を用いたシリサイド半導体薄膜の成長技術について網羅的に紹介する。さらにサ
ーファクタント効果を付加したβFeSi2薄膜成長,真空フリーの成長法である溶融塩法に
よるβ-FeSi2薄膜成長,ソースとして塩素化合物を用いたMnSi1.7薄膜成長を取り上げる
とともに,成長した薄膜の構造的評価結果を報告する。

【目次】
1. はじめに
2. シリサイド半導体薄膜の成長法
3. シリサイド半導体薄膜の構造
3.1 β-FeSi2薄膜
3.2 MnSi1.7薄膜
3.3 Mg2SiおよびMg2Si1-XGeX膜
3.4 Sa2SiおよびSr2Si膜
3.5 まとめ
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シリサイド半導体薄膜の結晶成長と特性-2
-Ge導入によるβ-FeSi2のバンドギャップ変調-
-Band Engineering of β-FeSi2 by Ge Doping-

--------------------------------------------------------------------------------

佐道泰造(九州大学大学院 システム情報科学研究院 助教授)

β-FeSi2のエネルギーギャップの広帯域化をめざし,Ge導入による格子ひずみ変調を検討
した。非晶質Si/非晶質FeSiGe積層試料を固相成長するとβ-FeSi2-xGex層が優先的に形成
される。Ge混晶比xが約0.6では,0.4~0.5%の格子ひずみが導入され,これは30meV程度
のエネルギーギャップ変調に相当する。Ge混晶比を制御することで格子ひずみの変調が
可能である。




--------------------------------------------------------------------------------

シリサイド半導体薄膜の結晶成長と特性-3
-室温で成長するナノ微結晶(NC)FeSi2半導体とFe3Si強磁性体-
-Semiconducting Nanocrystalline FeSi2 and Ferromagnetic Fe3Si Thin Films grown
at Room Temperature-

--------------------------------------------------------------------------------

吉武剛(九州大学大学院 総合理工学研究院 融合創造理工学部門 助教授)

高エネルギー粒子付着のスパッタリング法やレーザーアブレーション法を用いることで,
室温にて,半導体特性を示すアモルファスに近いナノ微結晶FeSi2 膜,およびSi(111)
基板上に強磁性Fe3Si をエピタキシャル成長可能である。ともに室温プロセスで生成可
能であり,幅広い応用および適用が期待できる。

【目次】
1. 半導体特性を示すナノ微結晶FeSi2
2. Si基板上へのFe3Si膜のエピタキシャル成長




--------------------------------------------------------------------------------

鉄シリサイドバルク成長と特性
Crystal Growth and Characterization of Iron Silicides

--------------------------------------------------------------------------------

鵜殿治彦(茨城大学 工学部 電気電子工学科 助教授)

多彩な性質を示す鉄シリコン化合物の中で,半導体鉄シリサイドβ-FeSi2はオプトエレクト
ロニクス材料としての利用が期待されており,その物性を明らかにしていくことは応用上
重要である。本稿では,化学気相輸送法および溶液成長法を用いたβ-FeSi2バルク単結晶
の成長技術を中心に,得られた単結晶の電気特性,光学特性,構造特性,エッチング特性
について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. β-FeSi2単結晶の化学気相輸送(CVT)成長
3. β-FeSi2単結晶の溶液成長
4. β-FeSi2単結晶のファセット面と優先成長方位
5. β-FeSi2単結晶の不純物ドーピングと電気特性
6. β-FeSi2単結晶の光学特性
6.1 光吸収測定
6.2 β-FeSi2の偏光反射スペクトルおよび屈折率
6.3 β-FeSi2単結晶のフォトルミネッセンス(PL)
7. バルク鉄シリサイドの構造的性質の圧力効果
8. β-FeSi2単結晶のエッチング特性
9. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

化学気相成長法によるβFeSi2 薄膜の結晶成長とPL 発光特性
Crystal Growth of β-FeSi2 Thin Film by CVD and Photoluminescence Properties

--------------------------------------------------------------------------------

秋山賢輔(神奈川県産業技術総合研究所 電子技術部 技師)
舟窪浩(東京工業大学大学院 総合理工学研究科 物質科学創造専攻 助教授)

有機金属を用いた化学気相成長法(MOCVD)による高結晶品質を有する鉄シリサイド
(β-FeSi2)半導体薄膜の合成と,PL発光特性について紹介する。出発原料であるFe有機金
属の気相合成反応およびSi原料との組み合わせを検討し,炭素・酸素の混入量を低減させ
たエピタキシャル膜をSi基板上に合成した。さらに絶縁基板上膜との検討より,PL 発光特
性に及ぼす基板Siの効果について検討を行った。

【目次】
1. はじめに
2. CVD法での作製方法
3. β-FeSi2相の形成
4. 形態制御した結晶成長
5. β-FeSi2膜のPL発光特性
6. Si基板,Si-buffered-YSZ基板,YSZ基板上のβ-FeSi2エピタキシャル膜作製
7. Siの拡散機構に律速したPL発光
8. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

鉄シリサイド薄膜の発光と光電特性
Photoluminescence and Photoresponse Properties of β-FeSi2 Thin Film

--------------------------------------------------------------------------------

寺井慶和(大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 助手)
前田佳均(京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻 助教授)

シリサイド半導体の一つであるβ-FeSi2は光通信波長1.55μm付近で発光を示すことから,
シリコン系光半導体として注目を浴びている。本稿ではイオンビーム合成法で作製した
β-FeSi2薄膜の光学特性をもとに,発光の起源,発光強度増大メカニズム,光電特性を中
心テーマとした最新の研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. イオンビーム合成法(IBS法)
3. 発光スペクトルの分類
4. β-FeSi2固有発光(Aバンド)の同定
5. 不純物添加効果
6. 表面酸化によるSi原子の増速拡散
7. 光電特性
8. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シリサイド半導体の応用
Future Device Application of Semiconducting Silicides

--------------------------------------------------------------------------------

末益崇(筑波大学大学院 数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻 助教授)

β-FeSi2 は1.5μm帯の発光デバイス用半導体として,またアルカリ土類金属を用いたMg2Si
やBaSi2は,バンドギャップエンジニアリングが可能な新しいSi ベースの半導体として期
待されている。いずれもSi 基板上へのエピタキシャル成長が可能な材料である。本稿で
は,これらの半導体を用いた電子デバイスの可能性を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. β-FeSi2を用いた1.5μm帯赤外発光素子
2.1 シリコン集積回路が抱える問題
2.2 光変調器
2.3 光導波路
2.4 受光素子
2.5 発光素子
3. β-FeSi2を用いた受光素子
4. アルカリ土類金属を用いた受光素子
4.1 BaSi2をベースとする太陽電池材料
4.2 Mg2Siをベースとする赤外受光材料
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

Material Report
--------------------------------------------------------------------------------

REVIEW


--------------------------------------------------------------------------------


米国のナノファイバーの現状-1
US Nanofibers Today

--------------------------------------------------------------------------------

本宮達也(テクノ戦略研究所 代表)
谷岡明彦(東京工業大学大学院 教授)


【目次】
1. はじめに
2. 米国のナノファイバー研究開発の最前線
3. 省エネにつながるナノファイバー
4. 米国ドナルドソン社の状況
4.1 ドナルドソン社の概況
4.2 ナノファイバーはなぜ重要か
4.3 ナノファイバーフィルターの利用例
4.4 産業用のナノファイバー生産における課題
4.5 今後の応用展開



R&D

--------------------------------------------------------------------------------

新規な酸無水物の開発と応用
Development and Applications of a Novel Acid Anhydride

--------------------------------------------------------------------------------

森山聡(協和発酵ケミカル㈱四日市研究所 グループリーダー)
村山俊一(協和発酵ケミカル㈱四日市研究所 主任研究員)

ジエチルグルタル酸無水物(DEGAN)は,α位にエチル分岐を導入したユニークな構造の化
合物である。その分岐構造により低粘度,低吸湿性という特徴をもつ。酸無水物はエポキ
シ樹脂の硬化剤として広く使用されているが,DEGANも同様に利用可能である。DEGANは特
に,操作性,流動性,樹脂や硬化促進剤などとの相溶性に優れ,得られた硬化物に可とう
性や耐加水分解性を付与する。

【目次】
1. はじめに
2. DEGANの一般特性
3. 酸無水物硬化剤の用途
3.1 酸無水物硬化剤の一般特性
3.2 低吸湿性
3.3 硬化時間の比較
3.4 LED(発光ダイオード)封止材用途
4. おわりに


4,400円
特集:精密金属集積化による新ナノ材料

--------------------------------------------------------------------------------

精密積層化による金属集積高分子の構築と電子移動
Precise Fabrication of Transition-metal Complex Polymers by Stepwise Coordination
Method and their Electron-transfer Behavior

--------------------------------------------------------------------------------

金井塚勝彦((独)科学技術振興機構 ERATO中村活性炭素クラスタープロジェクト 研究員)
村田昌樹(東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 助手)
西原寛(東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 教授)

金電極基板上での錯体積み木により,長さ・順序が完全に制御された単一およびヘテロな
遷移金属錯体ポリマーを作ることに成功した。これらの錯体ポリマーの逐次連結挙動とそ
の評価法について報告する。

【目次】
1. はじめに
2. 金属錯体の魅力
3. 1次元ビス(テルピリジン)鉄錯体ポリマーの精密コ合成
4. 1次元ビス(テルピリジン)鉄錯体ポリマーの物性評価
5. 1次元ビス(テルピリジン)コバルト錯体ポリマーの精密合成と物性評価
6. SEMおよびSTM評価
7. ヘテロ錯体ポリマーの精密合成
8. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

ボトムアップテクノロジーによる無機ナノ粒子多次元超格子の構築
Fabrication of Multi-dimentional Superlattices of Inorganic Nanoparticles using
Bottom-up Technology

--------------------------------------------------------------------------------

寺西利治(筑波大学大学院 数理物質科学研究科 化学専攻 教授)

無機原子や分子が数十個から数万個集まった無機ナノ粒子を空間規則配列し超格子構造を
構築すると,無機ナノ粒子集合体としての物理化学に起因した新たな機能が発現する。無
機ナノ粒子を有機分子で表面修飾すると溶媒に可溶になり,有機分子間の相互作用や特殊
テンプレートを利用した種々のナノ粒子多次元超格子の構築が可能となる。

【目次】
1. はじめに
2. 1次元・2次元超格子の構築
2.1 溶媒乾燥による自己組織化法
2.2 配位子間相互作用の利用
2.3 有機・無機テンプレートの利用
3. 3次元超格子の構築
4. 無機ナノ粒子超格子の物性
4.1 微細Auナノ粒子(超格子)の電子輸送特性
4.2 FePtナノ粒子超格子の創製と磁気物性
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

人工DNA を鋳型とする精密金属集積
Precise Metal Assembly Templated by Artificial DNA

--------------------------------------------------------------------------------

塩谷光彦(東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 生物無機化学研究室 教授)

金属イオンを設計どおりに配列するためには,それらの相対的位置関係を制御する有機配
位子の精密設計が必要である。筆者らは,「数」と「配列」の情報をもつDNAの構造特性
を生かして,核酸塩基を金属配位子に置き換えた人工DNAを用いた金属イオンの精密集積
に挑戦した。


【目次】
1. はじめに
2. 金属錯体型塩基対をもつ人工DNA
3. 金属錯対型塩基対によるDNA高次構造の安定化
4. 人工DNAによる精密金属配列
5. 今後の課題




--------------------------------------------------------------------------------

Material Report
--------------------------------------------------------------------------------

REVIEW


--------------------------------------------------------------------------------


ナノファイバーテクノロジーにみる新産業の創製
Nano Fiber Technology is Developing Advanced Industry

--------------------------------------------------------------------------------

本宮達也(テクノ戦略研究所 代表)


【目次】
1. はじめに
2. 先導役を務める欧米のナノファイバーテクノロジー
2.1 先導技術調査
2.2 ナノファイバーテクノロジープロジェクト
2.3 ソウゴウナノファイバーテクノロジーの重要性
2.4 米国でナノファイバーがフィーバーになっている理由
3. ファイバーにおけるサイズの概念
3.1 ナノ(サイズ)ファイバーの太さ
3.2 ナノファイバーの定義と内容
4. ナノファイバーテクノロジーとは
4.1 次元材料の開発をめざす
4.2 環境・安全・健康を目標
5. ナノファイバーの創出法
5.1 代表的なナノファイバーの創出法と特徴
5.2 各種ナノファイバー製法技術とその特徴
6. ナノファイバーの展開と波及効果
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

フェロセンポリマー
Ferrocene Polymer
田中紀男(田中高分子技術研究所 代表)


【目次】
1. 研究動向
2. 将来の展望



R&D
量子コンピューターとスピンエレクトロニクス

--------------------------------------------------------------------------------

伊藤公平(慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 助教授)

【目次】
1. 量子コンピューターの基礎と性能指標
2. 量子コンピューター開発最前線
3. シリコン量子コンピューター
3.1 ケーン型シリコン量子コンピューター
3.2 全シリコン量子コンピューター
4. おわりに



周辺技術
--------------------------------------------------------------------------------

化学物質のアレルギー性検査の現状と新しい試験法
Current Status and Novel Methodology for Detecting Skin Sensitization Potential
of Chemicals

--------------------------------------------------------------------------------

武吉正博(化学物質評価研究機構 日田事業所 試験第四課)

化学物質のアレルギー性の予測にはこれまでモルモットを用いた皮膚感作性試験が実施さ
れてきたが,近年,動物愛護や定量性などの利点からマウスを用いた局所リンパ節増殖試
験(Local lymph node assay ;LLNA)の利用が急速に進んでいる。LLNA法は感作性物質
のアレルギー性の強さ(感作性強度)の定量的予測が可能であり,感作性リスク評価およ
びリスクマネージメントに有用な方法である。

【目次】
1. はじめに
2. 皮膚アレルギー発症のメカニズム
3. 皮膚感作性試験法
3.1 マキシマイゼーション法
3.2 ビューラー法
3.3 新しい皮膚感作性試験法(LLNA法)
4. LLNA法を利用した化学物質の感作性強度の予測
5. 皮膚感作性試験法の比較
6. 皮膚感作性試験結果とその運用
7. おわりに



4,400円
特集:高分子の3次元イメージングによる材料の評価と構造解析(2)

--------------------------------------------------------------------------------

TEMトモグラフィーを用いたポリマー系ナノコンポジット材料の3次元評価
3D Analysis of Polymer Nanocomposite by using TEM-Computerized Tomography

--------------------------------------------------------------------------------

笹倉英史((財)化学技術戦略推進機構)
山口由岐夫(東京大学大学院 工学系 研究科 化学システム工学専攻 教授)

シリカナノ粒子/エポキシナノコンポジット材料に関して,TEM CT による3次元像再構成と
3次元画像処理による粒子分離を行った。さらにナノ粒子分散性の指標を定義し定量的に評
価した。また,今回行った一連の分析法に関して簡易的な分析バリデーションを行い,今
回用いたシステムでの長さに含まれる誤差を求めた。

【目次】
1. ナノ粒子プロジェクトとプロジェクトにおける計測・評価技術
2. ナノ粒子プロジェクトにおける構造体の3次元評価
2.1 TEM-CT法
2.2 3次元画像処理と分散性評価
2.3 簡易分析バリデーション
3. 実験方法
3.1 試料
3.2 TEM用試料調製
3.3 装置
3.4 TEM測定条件
4. 簡易分析バリデーション
4.1 試験法
4.2 試験結果
5. ナノコンポジット材料
5.1 ナノコンポジット材料の背景
5.2 ナノコンポジットの3次元像再構成と3次元画像処理
5.3 ナノ粒子の分散性評価
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

X線位相CTによる高分子ブレンドの3次元観察
Three-dimensional Imaging of Polymer Blends with X-ray Phase Tomography

--------------------------------------------------------------------------------

百生敦(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻 助教授)
藤井明子(東京大学大学院 工学系 研究科修士課程2年(現:(株)東芝セミコンダクター社))

一般的にX線は,炭素などの軽元素からなる物質には感度が乏しいが,X線の位相を検出す
ればその限りではない。X線位相CTはX線の位相検出に基づく新しい断層撮影法であり,そ
の高い感度は生体組織などの無造影観察によって実証されている。X線位相CTは,高分子
系の3次元観察にも有効であると予想される。そこで,高分子ブレンドの相分離構造の観
察にX線位相CTを適用し,その有効性を検証した。

【目次】
1. はじめに
2. X線位相検出の利点
3. X線位相CTの原理
4. 高分子ブレンドの観察
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

X線CTを用いた高分子ブレンド系の相分離構造の3次元観察
Three-dimensional Phase-separated Structure in Polymer Blends studied by X-ray Microtomography

--------------------------------------------------------------------------------

西川幸宏(都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 助手
楠本竜也(都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 修士卒業(現・出光化学(株))
新原健一(都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 博士後期課程1年
西敏夫(東京工業大学大学院 理工学究科有機・高分子物質専攻教授;東京大学名誉教授)
陣内浩司(都工芸繊維大学 助教授)

PS/PMMAブレンド系の相分離構造を高分解能X線CTを用いて3次元実空間観察した。X線CTで
PS相とPMMA相の間のコントラストを得るために,PSの臭素化を行った。X線源のエネルギ
ー分散を測定し,最適な臭素化率を検討することにより,臭素化PS/PMMA 混合系の3次元
実空間像の取得に成功した。本稿で述べられる一連の手順は,X線CTのための試料の最適
化の指針となる。


【目次】
1. はじめに
2. 実験
3. 結果と考察
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

ブロック共重合体ミクロ相分離構造のモルホロジー転移の3 次元観察
3D Observation of Morphological Transition of Microphase-Separated Structures
in a Block Copolymer

--------------------------------------------------------------------------------

逢坂武次(京都大学大学院 情報学研究科知能情報学専攻修士課程)
赤坂哲(京都大学大学院 工学研究科高分子化学専攻 博士後期過程)
曽田憲弘(京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 博士後期過程)
長谷川博一(京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 助教授)

ミクロ相分離したブロック共重合体の温度変化に伴う球状ミクロドメインからシリンダー
状ミクロドメイン構造へのモルホロジー転移の様子を,転移過程にある試料を急冷凍結し,
その超薄切片を電子線トモグラフィーにより3次元観察した。その結果,モルホロジー転
移の機構を示唆する興味深い結果が得られた。


【目次】
1. はじめに
2. ブロック共重合体のモルホロジー転移
3. モルホロジー転移過程の3次元観察
4. グレインバウンダリーの3次元観察
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

Material Report
--------------------------------------------------------------------------------

R&D
マグネシウム合金のプレスフォージング法の開発とポータブルMD,デジタルカメラ筐体への応用
Development of Magnesium Alloy Press-Forging Process and Application to Portable
MD Player and Digital Camera Casings

--------------------------------------------------------------------------------

渡辺洋((株)日立金属 MPF  技術顧問)
山浦秀樹(日立金属(株) 素材研究所 主任研究員)

最近の携帯用電子機器は,毎年新機能を織り込んだ斬新なデザインを有する機種が発売さ
れ,メーカーは販売拡大にしのぎを削っている。本報で紹介する製品もその中で生まれた
もので,軽量なマグネシウム材料により新製造技術の特徴が生かされ,新モデルに適用さ
れた。これを機に,今後マグネシウムが広く応用されるものと期待される。


【目次】
1. はじめに
2. 開発状況
2.1 マグネシウムの材料特性調査
2.2 鍛造成形時の問題点と対策
2.3 製造工程
3. プレスフォージングの特徴
4. プレスフォージング法の応用
4.1 ポータブルMDケース
4.2 デジタルカメラボディー



水性光触媒コーティング材
The Development of Water-borne Photocatalyst Coating

--------------------------------------------------------------------------------

福澤成晴(松下電工(株)R &D 企画室材料技術企画開発グループ光触媒コーティング
技術企画チーム主任)

【目次】
1. はじめに
2. 水性光触媒コーティング材の現状
3. 水性無機樹脂の設計
4. 水性光触媒コーティング材の設計
5. 水性無機コーティング材の設計
6. 水性光触媒コーティング材の塗装工程
7. 塗装作業性
8. 水性光触媒コーティング材の防汚性能
9. 耐久性
10. 応用例,実用事例
11. 現在の課題と今後の方針



耐汚染性塗料
Anti-pollution Paint

--------------------------------------------------------------------------------

水谷篤(エスケー化研(株) 営業本部 営業技術開発チーム 主任)

【目次】
1. はじめに
2. 低汚染メカニズム
2.1 塗膜の親水化
2.2 塗膜表面の高硬度化
2.3 塗膜表面の低帯電性
3. 低汚染性試験
4. おわりに



連載:高分子材料の実用性(11)
--------------------------------------------------------------------------------

プラスチックの多様な機能性

--------------------------------------------------------------------------------

鴨川昭夫(元理化学研究所研究員/元工学院大学電子工学科;化学工学科)


【目次】
- リサイクル系
- 雑品系
- 新機能性プラスチック
- 静電気系
- 切削加工
- 極博ポリエチレンフィルム


4,400円
特集:高分子の3次元イメージングによる材料の評価と構造解析

--------------------------------------------------------------------------------

総論-3次元イメージングの展望
Overview of Three Dimensional Imaging

--------------------------------------------------------------------------------

西敏夫(東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻教授 ;工学部 高分子工学科長)

高分子材料の評価と構造解析における3 次元イメージングの意義についてまとめた。特に,
高分子材料で重要な高次構造制御でキーテクノロジーとなる3 次元イメージングについて,
その高次構造制御技術ロードマップに言及しつつ,今後の展開,基礎・応用両面からの要
望についても述べた。

【目次】
1. はじめに
2. 3次元のイメージング
3. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

2軸傾斜透過型電子線トモグラフィー法による高分子ナノ構造の3次元観察
Three-dimensional Observation of a Polymer Nanostructure by Dual-axis Electron Tomography

--------------------------------------------------------------------------------

陣内浩司(京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 助教授)
杉森秀一(京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 修士2年生)
西川幸宏(京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科 助手)

高分子ブロック共重合体の形成するシリンダー状ミクロ相分離構造を,透過型電子線トモ
グラフィー法により3次元観察した。シリンダー構造のような異方的なナノ構造の3次元観
察では,傾斜軸とシリンダードメインの間にある特定の位置関係が満たされると,ドメイ
ンがうまく再構成されないという問題が生じる。そこで,傾斜軸を追加することで異方性
ナノ構造の3次元構造を可能とする2 軸傾斜電子線トモグラフィー法をシリンダー状ミク
ロ相分離構造に適用し,その有効性を検証した。

【目次】
1. はじめに
2. 1軸傾斜透過型電子線トモグラフィー法の問題点
3. 実験と結果
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シロキサン高分子多孔体の3次元イメージングによる構造解析
Structural Analysis of Porous Siloxane-based Polymer Materials using
Three-dimensional Imaging

--------------------------------------------------------------------------------

齋藤明子(京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 博士後期過程)
金森主祥(京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD ))
中西和樹(京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 助教授)
平尾一之(京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 教授)

相分離を伴うゾル-ゲル過程において,マイクロメートル領域に複雑な3次元形状をもつ無
機高分子多孔体が得られる。この多孔体は高性能液体クロマトグラフィーの分離媒体とし
て近年注目を集めている材料であると同時に,その背景には興味深い構造形成過程が存在
する。いくつかの例をあげながら,多孔質材料の新たな評価法の一つとしての3次元イメ
ージングと構造解析について述べる。


【目次】
1. はじめに
2. 3次元構造と流体輸送特性
2.1 多孔体の合成
2.2 共焦点レーザースキャン顕微鏡による観察と原理
2.3 3次元構造
2.4 水銀圧入法とLSCMの比較
2.5 流体輸送特性
2.6 流体輸送特性の3次元構造に基づく評価
3. 相分離構造形成と微小界面の影響による構造異方性の発現
3.1 有機-無機ハイブリッド多孔質ゲルの合成
3.2 微小鋳型内におけるシロキサンゲルのマクロ多孔構造
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

3次元NMR顕微鏡の高分子相分離系への応用
Application for Phase-separated Polymer System by 3D-NMR Microscopy

--------------------------------------------------------------------------------

黒木重樹(東京工業大学大学院 理工学研究科 物質科学専攻 助手)

3次元NMR顕微鏡を用いた高分子相分離系への応用例を紹介する。同じ試料を用いたX線CT画
像との比較から,3次元NMR顕微鏡から得られた画像はX線CTで得られた画像と大差はなく,
ともに共連続構造を観察でき,そこから得られる構造周期長などの構造パラメーターにつ
いても,両者よく一致した値が得られた。これにより,3次元NMR顕微鏡によって高分子相
分離構造に関して厳密な議論ができることがわかる。


【目次】
1. はじめに
2. 3次元NMR顕微鏡の原理
3. NMR顕微鏡の高分子相分離系への応用
3.1 試料の調製法
3.2 NMRイメージング測定
3.3 3次元NMR顕微鏡画像
3.4 共連続構造の分岐数
3.5 構造周期長
3.6 単位体積当たりの界面積(S/V)PS体積分率
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

3次元顕微鏡像上に高分子の鎖構造をイメージングする
3D Imaging of Polymer Chains on the Results of 3D Microscopy

--------------------------------------------------------------------------------

森田裕史((独)科学技術振興機構 CREST 研究員; 東京大学大学院 工学系研究科 
物理工学専攻 研究員)

3次元イメージング実験によって得られた構造に対して,同じスケールの3次元シミュレー
ション(仮想実験)により,実験だけでは観察できない鎖自体の構造データを,その実験
イメージの上に表示する手法を開発している。本稿では,この手法に関する概要をブロッ
クポリマーのラメラ相分離構造を例に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 方法
3. 適用結果
3.1 ブロックポリマーの各部の分布
3.2 高分子鎖表示
3.3 ストレス印加時の変形構造予測
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

Material Report
--------------------------------------------------------------------------------

Review
機能紙産業の発展の軌跡とその将来
Technological Development of High Performance Papers and Their Future Prospects

--------------------------------------------------------------------------------

小林良生(NPO法人機能紙研究会 専務理事; 香川県産業技術センター)

機能紙は製紙産業の中で,汎用紙と異なり,小規模,少量生産,付加価値の高い紙をター
ゲットにして,繊維産業と紙産業の境界領域として誕生した産業分野である。繊維・高分
子産業などの進展とともに発展してきた。その展開は機能紙研究会がドリルとなっており,
同会の歩みを顧み,また市場に出ている機能紙や市場規模,今後の展望などについて概説
する。

【目次】
1. 市場でとらえられてる機能紙の概念
2. 機能紙としての基本特性
2.1 シートとしての特性
2.2 紙としての基本特性
2.3 性能・機能性・特異性
3. 機能紙の製造工程の研究開発課題
3.1 新しいWet End Chemistryの構築
3.2 新たなる紙層形成理論の構築
3.3 繊維間結合の形成
3.4 機能付与
4. 機能紙研究の軌跡と趨勢
4.1 事務局はなぜ四国にあるのか
4.2 研究会で取り上げてきた課題
5. 製造技術からマーケットへ
5.1 機能紙研究で形成された市場とは
5.2 機能紙のホームページをもつ会社例
5.3 機能紙生産メーカーと市場規模
6. 機能紙産業の将来展望



R&D
湿度センシティブな磁性材料
Humidity-sensitive Magnet

--------------------------------------------------------------------------------

大越慎一(東京大学大学院 工学系研究科 応用化学専攻 助教授
; (独)科学技術振興機構 さきがけ研究21 研究員)


【目次】
1. はじめに
2. 含水磁性材料
3. 磁気物性の湿度依存性
4. 構造および光学特性の湿度依存性
5. 湿度応答性のメカニズム
6. おわりに



連載:高分子材料の実用性(10)
--------------------------------------------------------------------------------

プラスチック普及の光と影

--------------------------------------------------------------------------------

鴨川昭夫(元理化学研究所研究員/元工学院大学電子工学科;化学工学科)

本稿ではプラスチック製品がいかに使われているかに着目し,変化に富んだプラスチック
の特徴について取り上げる。具体的には,スポーツ競技における高分子材料の応用例や,
建材,飛行機分野さらには医療材料への応用など,幅広い実用性を例記する。それととも
に,懸念されている害(ダイオキシンや環境ホルモンなど)についても触れていく。

【目次】
- ポリメチルペンテン樹脂のラップについて
- 応用プラスチックス系
- 応用:飛行機
- 建材への応用
- 骨セメントの副作用
- ダイオキシン・環境ホルモン
- 生分解性プラスチック
- 医療関係
- 文化財補修系
- 建築系
- デザイン系


4,400円
特集:機能性単結晶材料の最新動向

--------------------------------------------------------------------------------

総論
Introduction

--------------------------------------------------------------------------------

一ノ瀬昇(早稲田大学 各務記念材料技術研究所 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 単結晶材料の技術動向
2.1 大口径化
2.2 薄膜結晶からバルク化へ
2.3 新規単結晶の出現
3. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

GaN 系材料の開発動向-高出力365nm UV-LED の実現-
High Power 365nm UV-LED

--------------------------------------------------------------------------------

森田大介(日亜化学工業(株) 窒化物半導体研究所 係長)

GaN系材料は優れた物性を有するワイドバンドギャップ(広禁制帯幅)半導体であり,混
晶により広い波長域が実現可能である。近年,結晶成長技術の進展によりGaN を中心とし
て高品質な結晶が得られ,青色LED や紫色LD に代表される発光素子が製品化されている。
しかしながら,短波長化および長波長化した場合,発光効率が低下する傾向にある。今回
は短波長化の開発について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. UV-LEDの用途
3. 従来のUV-LED
4. 高効率化および高出力化
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

紫外・真空紫外で応用可能なフッ化物非線形光学結晶の開発
A Promising New Fluoride Single Crystal for UV/VUV Nonlinear Optical Applications

--------------------------------------------------------------------------------

島村清史((独)物質・材料研究機構物質研究所 主幹研究員)
E.G.V llora((独)物質・材料研究機構物質研究所 特別研究員)
村松研一((株)ニコン 主任研究員)
竹川俊二((独)物質・材料研究機構物質研究所 主席研究員)
北村健二((独)物質・材料研究機構物質研究所 ディレクター)
一ノ瀬昇(早稲田大学 各務記念材料技術研究所 教授)

全固体化された紫外光源の実現は多くの分野で待たれている。しかしながら,従来の材料
である酸化物の非線形光学結晶の利用ではその実現はかなり困難である。そこで今回,大
きなバンドギャップをもつフッ化物結晶に着目し,検討した。その結果SrAlF5 を見いだし
,単結晶育成,物性評価を行った結果,期待のもてる材料であることがわかった。


【目次】
1. はじめに
2. 実験手順
3. 結果と考察
3.1 結晶成長
3.2 成長結晶の物性
3.3 屈折率
3.4 特性の比較検討
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

CZ法による大型CaF2単結晶の育成と光学特性
Crystal Growth Technology and Optical Property of Large Size CaF2 Single Crystal
Groen by the CZ Method

--------------------------------------------------------------------------------

乾洋治((株)トクヤマCF-10 グループ 主任)
伊達健((株)トクヤマCF-10 グループ)
正田勲((株)トクヤマCF-10 グループ)
縄田輝彦(株)トクヤマCF-10 グループ)
柳裕之((株)トクヤマCF-10 グループ)
西島英一((株)トクヤマCF-10 グループ)
佐藤浩樹(東北大学 多元物質科学研究所)
福田承生(東北大学 多元物質科学研究所)

フッ化カルシウム(CaF2)単結晶は真空紫外領域の光線透過性に優れ,ArF(波長193nm)
やF2 (波長157nm)エキシマーレーザーを用いる次世代露光装置用のレンズ材料として
必要不可欠である。本稿では,Czochralski(CZ)法によって育成した大型CaF2 単結晶
の育成技術と,その光学特性を中心に報告する。


【目次】
1. はじめに
2. 結晶育成技術
3. CZ法CaF2単結晶の品質
4. おわりに



Material Report R&D
--------------------------------------------------------------------------------

Review
カーボンファイバーの開発と応用
Carbon Fiber-Features and Applications

--------------------------------------------------------------------------------

杉森正裕(三菱レイヨン(株) 豊橋事業所複合材料開発センター 室長)

カーボンファイバーの歴史,製造方法,特徴,応用技術,応用分野について,PAN 系を中
心に概説した。カーボンファイバーを強化繊維として利用する先端複合材料は,その優れ
た特性から今後の需要拡大が期待される材料であり,その開発動向のトピックスについて
も紹介した。

【目次】
1. カーボンファイバーとは
1.1 カーボンファイバーの歴史
1.2 カーボンファイバーの製造方法と種類
1.3 カーボンファイバーの特徴
2. PAN系カーボンファイバーの応用
2.1 マトリックスの役割と種類
2.2 成形方法
2.3 カーボンファイバーの主要用途
3. カーボンファイバー複合材料の開発動向
3.1 航空機-次構造用高靭性プリプレグ
3.2 オーブン成形用プレプリグ
3.3 レジンインフュージョン技術
3.4 非加熱成形技術
3.5 熱可塑性複合材料
3.6 カーボンナノファイバーの利用
4. おわりに



液晶エラストマー
Liquid Crystalline Elastomers

--------------------------------------------------------------------------------

平岡一幸(東京工芸大学 工学部 ナノ化学科 助教授)


【目次】
1. はじめに
2. 液晶→高分子液晶→液晶エラストマー
3. ネマチックエラストマーにおける可逆変形
4. 1次元液晶・2次元液体としてのSmAエラストマー
5. キラルなメソゲン基からなるSmC*エラストマー
5.1 液晶エラストマーののSmA-SmC*相転移
5.2 モノドメインSmC*エラストマー(単結晶SmC*エラストマー)の作製
5.3 SmC*エラストマーの物性研究
6. その他の興味ある液晶エラストマーの研究
6.1 クロスリンカー(架橋剤)の影響
6.2 ディスコチック液晶エラストマー
6.3 リオトロピック液晶エラストマー
6.4 フォトニクス材料としての液晶エラストマー
6.5 光応答性液晶エラストマー
7. おわりに



R&D
高温超伝導体中に形成された電子結晶
Electronic Crystal State in a High-Tc Cuprate

--------------------------------------------------------------------------------

岩谷克也((独)理化学研究所高木磁性研究室 基礎科学特別研究員)
花栗哲郎((独)理化学研究所高木磁性研究室 先任研究員)
高木英典((独)理化学研究所高木磁性研究室 主任研究員(東京大学新領域創成科学研究科))


高温超伝導現象は,モット絶縁体と呼ばれる母物質にキャリアをドープすることによって
発現する。しかし,その発現機構はいまだ解明されておらず,超伝導が現れる直前のドー
プ領域の理解が重要な鍵を握っている。われわれは走査型トンネル顕微鏡を用い,このド
ープ領域において原子配列とは位置も周期も異なる独自の「電子結晶」を構成しているこ
とを初めて明らかにした。


【目次】
1. はじめに
2. 高温超伝導体中の「電子結晶」の発見
3. 今後の展望
4. おわりに



機能材料マーケットデータ
--------------------------------------------------------------------------------

LED (発光ダイオード)材料と白色LED の市場

--------------------------------------------------------------------------------

小林敏幸((株)シーエムシー出版 編集部)

【目次】
1. LED(発光ダイオード)
1.1 概要
1.2 青色LED
1.3 屋外大型LEDディスプレイ
1.4 市場動向
1.5 企業動向
1.6 開発動向
2. 化合物半導体
3. 白色LED
3.1 概要
3.2 市場動向
3.3 企業動向


4,400円
05年5月号

特集:積層デバイスの最新技術動向
 Recent Technology of Multilayer Devices

--------------------------------------------------------------------------------

序論
Introduction

--------------------------------------------------------------------------------

山本孝(防衛大学校 通信工学科 教授)

本特集号では,積層構造に注目した受動素子,積層セラミックスコンデンサー,積層イン
ダクター,積層圧電トランス,積層バリスター,積層PTCが述べられる。携帯電話,モバイ
ルパソコンに代表される情報電子機器の小型化,高性能化,省電力化の流れはとどまると
ころを知らず,それらに搭載される受動素子,上記の積層受動素子に代表されるように,
表面実装可能なチップ化が急速に進展している。積層受動素子は,セラミックス(酸化物
)と金属電極が層状に積み重なって一体化(同時焼成)された複合体積層セラミックスコ
ンデンサーの場合はチタン酸バリウムとニッケル(Ni),積層インダクターの場合はフェ
ライトと銀(Ag),積層圧電トランスは鉛系PZTとAg,積層バリスターは酸化亜鉛とパラジ
ウム(Pd),積層PTCはチタン酸バリウムとNiであり,工学的に興味をそそる問題を含むと
ともに,従来の受動素子の延長というよりは,新しい受動素子といったほうが適切である。
この積層(Multilayer)に関する技術は,1940年代に米国で積層セラミックスコンデンサ
ー(MLCC)で始められた技術が総合されて確立されたものである。MLCCが60数年の歴史を
経て進化してきたのに対して,積層PTCはこの世に出たばかりである。




--------------------------------------------------------------------------------

Ni電極積層セラミックコンデンサーの残留応力と電気特性
Residual Stressand Dielectric Properties of Multilayer Ceramic Capacitors with Ni Electrode

--------------------------------------------------------------------------------

中野幸恵((株)基礎材料開発センター 主任研究員)

積層セラミックコンデンサーの残留応力の存在と電気特性について論じた。積層セラミック
コンデンサーは誘電体層数の増加に伴い,残留応力が増加し,見かけ誘電率が増加した。外
部からの力により静電容量が変化することから,残留応力が見かけ誘電率を変化させている
と考えられる。このとき,結晶構造の変化が観察された。

【目次】
1. はじめに
2. 実験方法
3. 結果および考察
3.1 誘電率温度特性の誘導体層数依存性
3.2 積層セラミックコンデンサーの残留応力
3.3 残留応力が電気特性に及ぼす影響
3.4 残留応力と結晶構造
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

大容量積層セラミックコンデンサーの開発
Development of Multilayer Ceramic Capacitors with High Capacitance

--------------------------------------------------------------------------------

和田信之((株)村田製作所)

近年,積層セラミックコンデンサーの小型化,高容量が急速に進行している。これを可能
にするには誘電体素子の薄層化が必要であり,それに伴って,誘電体セラミックの微細化
が求められる。本稿では,素子厚1μmの薄層誘電体素子からなる積層セラミックコンデン
サーを開発するに必要なBaTiO3セラミックの材料設計技術を概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 誘電率温度特性とグレイン成長の関係
3. 非コアシェル構造の信頼性設計
4. 大容量積層セラミックコンデンサー
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

積層インダクターの最近の進展と技術動向
Recent Development and Technical Trendin Multilayer ChipInductor

--------------------------------------------------------------------------------

桜井信雄(太陽誘電(株) R&Dセンター 材料開発部)

最新のデジタル機器の進化の陰には,半導体部品のみならず,コンデンサー,インダクタ
ーなどの受動部品の小型化,高性能化が大きく貢献している。これらの部品は,ここ数年
は特に表面実装型で小型化が容易な積層タイプが主流となりつつあり,今後の動向が注目
されている。ここでは積層インダクターについて,その材料であるフェライト材の開発状
況や技術動向を中心に,最新の情報を織り交ぜて解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 積層インダクター概要と市場動向
2.1 積層インダクター
2.2 市場動向とトレンド予測
3. 積層インダクター開発の技術動向
3.1 積層インダクター開発のポイント
3.2 NiZnCuフェライイト材料における微量不純物の制御
3.3 フェライト粉体設計の高度化
3.4 小型化対応フェライト材料の開発
4. 従来型インダクターへ向けての展望
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

Pr系積層チップバリスターの開発
Producing Multilayer ZnO Chip Varistors in Praseodymium System

--------------------------------------------------------------------------------

松岡大(TDK(株) センサアクチュエータビジネスグループ 半導体材料製品グループ
    積層製品部)
山崎利行(TDK(株) センサアクチュエータビジネスグループ 半導体材料製品グループ
    積層製品部)
小笠原正(TDK(株) センサアクチュエータビジネスグループ 半導体材料製品グループ
    積層製品部)

ZnOPr系で積層型チップバリスターを2012形状から5650形状まで作製し,特性評価を行った。
チップを酸素中で焼成することにより内部電極なしのディスクと特性上は同程度の値が得ら
れたが,バリスター粒界の電子物性が異なり,焼成雰囲気やチップ形状のみならず内部電極
との同時焼成による影響を受けていることがわかった。

【目次】
1. はじめに
2. チップバリスターの作製方法とその評価
3. チップバリスターの作製
4. チップバリスター粒界の解析
5. 内部電極Pdとの同時焼成の影響
6. チップバリスターの設計
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

BaTiO3系半導体(PTCサーミスター)の積層化
Multilayer PTC Thermistor with Ni Electrode

--------------------------------------------------------------------------------

新見秀明((株)村田製作所)

PTCサーミスターでは,これまで単板構造しか商品化されておらず,内部電極と同時焼成す
る積層化が長年の課題であった。これに対し,われわれは数多くの課題を克服し,Niを内
部電極とした積層PTCサーミスターの商品化に世界で初めて成功した。本稿では,積層化時
の技術的課題と商品化した積層PTCサーミスターの特長などを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 積層化における課題
2.1 PTCサーミスターの原理
2.2 積層化の課題
3. セラミック材料による高耐電圧化
3.1 耐電圧支配要因
3.2 厚み要因の解析
3.3 積層構造と特性
3.4 積層PTCサーミスター材料の微構造
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

Ag内部電極積層圧電トランスの開発
Development of Multilayer Piezoelectric Transformer with AgInternal Electrodes

--------------------------------------------------------------------------------

奥田和弘(松下電子部品(株) 開発技術センター デバイスソフトウェア 研究所 主任技師)
南誠一(北海道松下電器(株) セラミック部品工場 工場技術2課 主任技師)
後藤泰司(松下電子部品(株) 回路部品ビジネスユニット品質管理2グループ 主任技師)
森分博紀(松下電子部品(株) 開発技術センター デバイスソフトウェア研究所 主任技師)

従来の積層圧電トランスは,圧電材料の焼成温度が高いため,内部電極に高融点の銀パラ
ジウム電極を用いる必要があり,コスト高の一要因となっていた。そのため,圧電特性を
維持しながら,Ag内部電極と同時焼成可能な低温焼成材料の開発を行った。その結果870℃
での焼結が可能となるとともに,従来材料と同等の圧電特性を得ることができた。さらに,
デバイス構成の検討により高出力側で優れた発熱特性を有するAg内部電極積層圧電トラン
スの開発に成功し,量産対応を実施している。

【目次】
1. はじめに
2. 低温焼成化検討
3. デバイス構成検討
4. Ag内部電極積層圧電トランスの電気特性評価
5. まとめ



Material Report R&D
--------------------------------------------------------------------------------

リサイクル可能な新熱可塑性ゴム「THCラバー」
Novel Recyclable Thermoplastic Rubber,“THCrubber”

--------------------------------------------------------------------------------

知野圭介(横浜ゴム(株) 研究本部 研究部 第1研究グループ 課長補佐)

本稿では,水素結合を用いた熱可逆架橋ゴム「THCラバー」(開発名)の開発について述べ
る。THCラバーは以下のような特長を有する。(1)環境に優しい材料であり,性能を落とさ
ず何度でもリサイクルして使用できる。(2)加硫ゴムに近い性能をもつ(高い柔軟性,良
好な低温特性,フィラー補強性)。(3)さまざまなゴムに適用できるため,多種多様な性
能を発現できる。(4)熱可塑性なので,押出し,射出成形が可能であり,架橋工程が不要
である。(5)接着性を有する。(6)透明性がある。


【目次】
1. はじめに
2. 熱可逆架橋について
3. 合成
4. 物性
4.1 THC-IRの物性
4.2 THC-EPM,THC-AEMの物性物性
4.3 リサイクル性
5. 解析
5.1 示差走査熱量測定(DSC)
5.2 小角X線散乱(SAXS)
5.3 推定構造
6. まとめ
7. おわりに



脂改質に最適な気相法炭素繊維の開発およびその用途展開
The Development of Vapor Grown Carbon Fiber Suitable for the Improvementof
Resinsand the Development of the Markets

--------------------------------------------------------------------------------

長尾勇志(昭和電工(株) ファインカーボン部 シニアリサーチャー)

昭和電工(株)は,ナノテクノロジーの先がけとなる気相法炭素繊維を信州大・遠藤教授
の指導のもとに開発し,1996年VGCFとして上市し,主にリチウムイオン2次電池用添加剤と
して使用されている。本稿では,現在開発を進めている樹脂改質に適した高導電性フィラ
ー(VGCFS)およびVGCFの樹脂複合材の特徴とその用途展開について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. VGCFsの製法と特性
2.1 VGCFsの製法の製法
2.2 VGCFsの代表特性
3. 樹脂複合材開発
3.1 成形加工法に優れた高導電性フィラーVGCFsの導電性分野への展開
3.2 VGCFs複合材のその他の特徴
4. おわりに



連載:高分子材料の実用性(9)
--------------------------------------------------------------------------------

プラスチックのリサイクル

--------------------------------------------------------------------------------

鴨川昭夫(元理化学研究所研究員/元工学院大学電子工学科;化学工学科)

【目次】
- 熱気球の歴史
- ラッピングフィルム
- プラスチックリサイクル


4,400円
05/4月号

特集:透明電子活性材料-基礎研究から応用を探る

--------------------------------------------------------------------------------

透明電子活性材料-意義と現状
Transparent Electro active Materials -Significance and Current Status

--------------------------------------------------------------------------------

細野秀雄(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター 教授)

筆者の研究グループは,「ありふれた透明な酸化物を使って,独自の視点と工夫で,電子
が主役となる新しい機能性の発現をねらう」という基礎的な探索研究を「透明電子活性」
という主題のもとに展開している。この章では,本特集のイントロダクトリーとして,「
透明電子活性」の背景と意義,および今後の応用の芽となることが期待できるこれまでの
研究成果の概略を紹介する。

【目次】
1. 背景と意義
2. われわれのアプローチ
3. 透明導電性酸化物から開けた新しいフロンティア:透明酸化物半導体
4. 12CaO・7AL2O3のナノ構造と活性アニオンを活用した機能開拓
5. これからの課題に




--------------------------------------------------------------------------------

透明酸化物半導体:透明導電性酸化物から開けた新しいフロンティア
Transparent Oxide Semiconductor :New Frontier of Material Science

--------------------------------------------------------------------------------

神谷利夫(東京工業大学 応用セラミックス研究所 助教授)

透明酸化物半導体は,近年注目を集めてきた新しい半導体材料である。本稿では,酸化物
特有の電子構造,キャリア輸送特性から始めて,新材料を開拓するための設計指針につい
て述べる。また,酸化物半導体が従来の共有結合性半導体と大きく異なる特徴は,その構
造と機能の多様性にある。後半では,酸化物結晶がもつ特異な自然ナノ構造に着目し,自
然ナノ構造に由来する物性と応用について紹介する。

【目次】
1. 透明酸化物半導体の材料設計とは何か?
2. 半導体材料の開発設計:TCOからTOSへ
3. 酸化物の電子構造:共有結合性半導体との違い
4. 伝導性設計I:キャリア移動度(有効質量)
4.1 n型TOSの電子構造
4.2 アモルファス酸化物の優れた電子輸送特性
4.3 p型とTOSの材料設計
5. 伝導性設計II:キャリアドーピング
6. 伝導性設計III:キャリアを生成させない工夫
7. 自然ナノ構造をもつ酸化物の電子構造とメゾスコピック現象
7.1 ホモロガスシリーズ層状酸化物に量子構造はみられるか?
7.2 層状オキシカルコゲナイドにみられる2次元電子構造
7.3 ナノ構造を利用した新しいドーピング法
7.4 ワイドキャップ物質内のナノ空間が作る反応容器
7.5 C12A7e-に内包される結合量子ドット





--------------------------------------------------------------------------------

透明酸化物半導体の高品質薄膜成長
High quality Epitaxial Films Growth of Transparent Oxide Semiconductors

--------------------------------------------------------------------------------

太田裕道(名古屋大学 大学院工学研究科 助教授)

高品質透明酸化物半導体の薄膜成長に適した3 種類のエピタキシャル成長技術,「高温パ
ルスレーザー蒸着法」「固相エピタキシャル成長法」「反応性固相エピタキシャル成長法
」および,材料によりそれらの成長技術を使い分けるポイントを述べた。

【目次】
1. はじめに
2. 高温パルスレーザー蒸着法
3. 固相エピタキシャル成長法
4. 反応性固相エピタキシャル成長法
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

透明酸化物半導体を用いた透明電子デバイス
Transparent Electronic Device using Transparent Oxide Semiconductor

--------------------------------------------------------------------------------

野村研二((独)科学技術振興機構 ERATO SORST 透明電子活性プロジェクト 研究員)

n型透明酸化物半導体(TOS)であるホモロガス化合物InGaO3(ZnO)mを基材とし,透明電
界効果型薄膜トランジスタ(透明TFT)を作製した。単結晶薄膜を用いたTFTは,ポリシリ
コンTFTに匹敵する特性を示した。一方,アモルファス膜を用いたTFTは低温プロセスでの
製作が可能で,アモルファスシリコンTFT を凌駕する特性を示した。TOSは,透明エレク
トロニクスおよびフレキシブルエレクトロニクスに有用な材料である。

【目次】
1. はじめに
2. 透明トランジスタとフレキシブルトランジスタ
3. 層状InG8O3(ZnO)5単結晶薄膜
4. キャリア輸送特性と電子構造
5. 高性能単結晶透明トランジスタ
6. フレキシブルアモルファス透明トランジスタ
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

透明p型半導体:層状オキシカルコゲナイド2次元構造に起因したユニークな光・電子物性
Transparent p-type Semiconductors :Layered Oxychalcogenides Unique Optoelectronic Properties Originating from the Two-dimensional Structure

--------------------------------------------------------------------------------

平松秀典((独)科学技術振興機構 ERATO-SORST 研究員)
上岡隼人((独)科学技術振興機構 ERATO-SORST 研究員)

狭バンドギャップカルコゲナイド層と広バンドギャップ希土類酸化物層の積層構造を有す
るLn CuO Ch は,自然の多重量子井戸構造とみなすことができる。この結果生じる2次元
電子状態に特徴的な,室温励起子,階段状光吸収スペクトル構造,大きな非線形光学効果
,p型縮退電気伝導などについて概説する。
【目次】
1. はじめに
2. 層状オキシカルコゲナイドのエピタキシャル成長
3. 光物性
3.1 室温で安定な励起子と2次元的な電子構造
3.2 光学非線形性および励起子間相互作用
4. 電子物性
4.1 正孔輸送特性
4.2 透明p型縮退伝導
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

ナノポーラス結晶C12A7:雰囲気制御による活性アニオンの包接と機能性発現
Nanoporous Crystal C12A7 :Incorporation of Active Anions and Functional Design by Control of Atmosphere

--------------------------------------------------------------------------------

林克郎(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター 助手)

典型軽金属元素のみの酸化物である12CaO ・7Al2O3(C12A7)において,ナノポーラス構造
とそのケージ構造中に包接される陰イオンを利用することによって,従来にない機能性を
もたせることが可能になった。雰囲気処理によって,活性酸素O-や水素化物イオンH-な
ど,通常の酸化物結晶中では安定には存在しにくい活性イオン種が,C12A7中では大量にか
つ安定に存在することができる。これらの陰イオン種の挙動と,それに伴う機能性につい
て概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 活性種としての酸素イオン,O2-
3. 活性酸素O-,O2-の包接と気相中へのO-生成
4. 水素化物イオンH-の包接と紫外線誘起電子伝導性
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

室温で安定なエレクトライド:合成と物性
Room Temperature Stable Electrode :Synthesis and Properties

--------------------------------------------------------------------------------

細野秀雄(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター 教授)
松石聡(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター 博士研究員)

イオン結晶はカチオンとアニオンが静電引力で結合することで構成されている。1983年,
Dye博士はクラウンエーテル溶液に金属セシウムを溶解させ溶媒を蒸発させることで,紫
色の結晶を得た。この結晶中ではセシウムイオンがエーテル分子と錯体を形成し,電子が
アニオンとして働くことで格子を作っていた。このようなエレクトライドは,これまで合
成されてきたものはすべて低温下,不活性雰囲気中でのみしか安定でなかったため,材料
化はもちろんのこと物性研究も十分ではなかった。われわれは,これまでとはまったく異
なるアプローチで室温・空気中で安定なエレクトライドを初めて合成することに成功した。
この章では,その合成法と得られた試料の物性について紹介する。

【目次】
1. エレクトライドとは
2. これまでのアプローチ
3. われわれのアプローチ
4. エレクトライドの合成は成功したのか;物性からの確認
5. エレクトライドの電子状態
6. 冷電子放出特性
7. これからの展開




--------------------------------------------------------------------------------

非平衡プロセスによるC12A7エレクトライド薄膜の作製
Synthesis of C12A7 Electride Thin Film by Non-equilibrium Process

--------------------------------------------------------------------------------

宮川仁(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター 研究員)

高温アルゴンイオン打ち込みにより,C12A7結晶および薄膜中に電子およびH-イオンを包
接することができる。ケージ中の自由酸素イオンが,アルゴンイオンにより選択的に弾き
出され,電子がケージに残された結果である。また,C12A7中に含まれるOH-イオンがH+
イオンの前駆体として機能し,H+と電子が結合してH-イオンが形成される。

【目次】
1. はじめに
2. C12A7へのアルゴンイオン注入
3. H-イオンおよび電子生成のメカニズム
4. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

C12A7 エレクトライドの大量合成法
Synthesis Method of Mass Product for C12A7 Electride

--------------------------------------------------------------------------------

金聖雄(東京工業大学 フロンティア創造共同研究センター)

C12A7粉末をカーボンるつぼ中で融解固化させる,あるいは還元ガラスを真空中で結晶化さ
せるプロセスで,C12A7エレクトライドを直接的に合成できた。簡単で,大量生産に適した
本合成法は,C12A7エレクトライドの応用展開を大きく促進するものと期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 融資状態からの電気伝導性
2.1 融解-凝固による伝導性C12A7の合成
2.2 ガラスの結晶化による伝導性C12A7の合成
2.3 融液から直接的に合成した伝導性C12A7の評価
3. 融液からのC12A7エレクトライド合成のメカニズム
4. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

Material Report R&D
--------------------------------------------------------------------------------

ゼラチン繊維化技術の開発

--------------------------------------------------------------------------------

戸倉清一(関西大学 工学部 教養化学教室HRC)
田村裕(関西大学 工学部 教養化学教室HRC)

【目次】
1. はじめに
2. ゼラチンの繊維化
3. おわりに



機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(14)
--------------------------------------------------------------------------------

結局,因果化学ってなんだ?
What is the Causality Chemistry?

--------------------------------------------------------------------------------

市村國宏(東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授)

本稿で,これまでの連載を総括する。因果化学の立場から材料の機能性へアプローチする
作業は3 つの段階からなる。何が機能発現の入力か,どのような素過程から成り立つか,
それぞれの素過程はどのような様式で連結されるか,をそれぞれ知ることである。こうし
た作業を通して,目的とする機能材料にかかわる課題が実践的に整理されるし,また,各
要素を巧みに組み合わせることで新規な機能材料がイメージできよう。

【目次】
1. はじめに
2. 材料機能への3つのステップ
3. トリガー増幅と触媒増幅
4. 素過程の多層化
5. 因果化学的な増幅スキームの意義
5.1 課題が整理できる
5.2 分子増幅の実態を理解する
5.3 非線形な機能発現へ展開する
5.4 既存素材が活用できる
5.5 融合的に材料を考える
6. おわりに




4,400円
CONTENTS 3月号

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開
 -Part2 エマージングテクノロジーによる実装技術の新展開

 実装技術に影響を与えるエマージングテクノロジーとは?・・・・・5
  Emerging Technologies affecting the Packaging Technology

                           宮代文夫

エレクトロニクス実装学会 顧問 

 21世紀に入り,実装技術を牽引するテクノロジードライバーはパソコンからケータイに
代わり,また半導体が65nm時代を迎え,搭載部品が0402時代に突入し,軽薄短小路線がい
っそう加速されている。インターネプコン,JPCAショー,CEATEC,SEMICONショーなどの
展示をみる限り,一定の路線上を歩んでいるように思える。しかし将来を眺めてみると,
数年後にはユビキタス時代が確実に到来しまたUWB の解禁・実用化も間近く,単なる「高
周波モバイル時代」が来るにとどまらない。現在注目すべきエマージングテクノロジーと
しては,ナノテクノロジー,MEMS,バイオテクノロジー(含バイオメトリクス),スピン
トロニクス,オプトエレクトロニクス,ロボットテクノロジー(RT)と目白押しであり,
これらが取り込まれると,実装技術のコンセプトそのものを根本的に考え直す必要がある
ほどの変革を覚悟しなくてはならない。本特集ではこれらのうち主なものを取り上げ,第
一線の専門家からの最新のメッセージをお伝えし,ご参考に供したい。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ユビキタス時代の到来と実装技術
 3.UWB時代の到来と実装技術
 4.エマージングテクノロジーズ
  4.1 ナノテクノロジー
  4.2 MEMS
  4.3 バイオテクノロジー
  4.4 マイクロケモメカトロニクス
  4.5 スピンエレクトロニクス
  4.6 オプトエレクトロニクス
  4.7 ロボットテクノロジー(RT)
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 ナノテクノロジーと実装技術・・・・・・・・・17
 Nanotechnology for Electronics Packaging

                          菅沼克昭

大阪大学 産業科学研究所 教授 

 ナノテクノロジーは,実装の世界にも新たな可能性を広げている。金属ナノ粒子を用い
たナノペーストは,インクジェット,詳細スクリーン,オフセットなどの新しい印刷によ
る多層ファインピッチ配線の可能性をみせている。本稿では,ナノペーストを用いた配線
技術の現状を紹介し,克服すべき技術課題を明確にする。

 ~目次~
 1.ナノテクノロジーの背景
 2.日本のナノテクノロジー戦略と実装技術
 3.金属ナノ粒子の合成
 4.ナノペーストの利用
 5.新たな電子実装技術へ至るための克服すべき課題


--------------------------------------------------------------------------------
 MEMSと実装技術・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
 MEMS Packaging

                         伊藤寿浩

東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻 助教授 

 MEMS実装技術の低コスト化は,MEMS実用化加速の鍵を握るといわれ,内外でも関連する
研究開発が活発化している。その中でもウェハーレベル封止接合技術は,実装技術の標準
化,LSI実装技術の有効活用などの観点からも特に重要である。本稿では,MEMS実装技術
の課題について概観するとともに,その解決に向けた実装コンセプトを議論した。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.MEMS実装の課題
 3.MEMS封止実装
  3.1 封止接合ポイント
  3.2 MEMS封止に使われる接合法 
 4.標準封止構造と常温接合の適用可能性
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 Soft-MEMS技術を駆使したバイオメディカルセンサー・・・・34
  Biomedical Sensors by Soft-MEMS Techniques

                          三林浩二

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 計測分野 教授 

 半導体プロセス技術を機能性高分子膜に適用することで,柔軟性に富み,生体への応用
が可能な各種ウェアラブル化学センサー(Soft-MEMS)を開発し,経皮ガス計測などの生体
計測に応用した。また肝臓などの代謝酵素を活用することで,ヒトの嗅覚メカニズムとは
異なるガスセンサー(バイオスニファー)を作製し,センサー応用として呼気による体内
の代謝機能の評価を行った。本稿では,これら各種ウェアラブル化学センサーやバイオス
ニファーの特徴について述べるとともに,その生体応用について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ウェラブル化学センサー
  2.1 ウェアラブル酸素センサー
  2.2 ウェアラブル導電率センサー
 3.生体材料を使ったガスセンサー
  3.1 酵素を用いたバイオスニファー
  3.2 薬物代謝酵素を用いたバイオスニファー
  3.3 光ファイバー型バイオスニファー
  3.4 スティック型バイオスニファーによる呼気計測
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 金属スピントロニクスの新たな展開とまだ見えぬ実装技術・・・・・・・・42
 Metal based Spin Electronics and New Packaging Technology emerged in Future

                          佐橋政司

東北大学大学院 工学研究科 電子工学専攻 超微細電子工学講座 教授 

 進化を続けるデジタル・情報エレクトロニクスにおいては,大容量・高密度ストレー
ジ/メモリーへの期待がますます高まっている。加えて電子スピン物理の分野では,新た
な革新技術の芽ともなりうる,将来に夢を抱かせる基礎研究成果が続けざまに報告され
ている。本稿では,スピンナノエレクトロニクスへの新たな挑戦とスマートアパレルの
ような新概念・新市場の創生にもつながる可能性があるマイクロ波ナノスピントロニク
スについて,その概要を述べる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.スピンストレージ/メモリーの進展
 3.マイクロ波スピンエレクトロニクスの創生と期待
 4.スピン流とマイクロ波の発生および検出の原理
  4.1 スピントランスファーによるマイクロ波発信原理
  4.2 スピンポンピングを用いたマイクロ波受信原理
  4.3 マイクロ波発生の高出力化と検出の高感度化
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 ユビキタス時代の電子実装技術・・・・・・・・・・・・・・・・・・53
 Electronic Packaging Technology in Ubiquitous Network Age

                          青柳昌宏

(独)産業技術総合研究所 エレクトロニクス研究部門 高密度SI グループ
 研究グループ長 ;光・電子SI 連携研究体 研究体長 

 ユビキタス時代の電子機器内における実装技術は高密度集積と高速信号処理を兼ね備え
た技術になる必要があり,そのためには高密度微細配線と高速信号伝送がキーテクノロジ
ーと考えられる。産業技術総合研究所では半導体LSI 素子の高密度3次元実装を実現するた
め,LSIチップを多数積層して接続するための高密度微細配線インターポーザーを用いたL
SIチップ3次元実装技術の開発に取り組んでいる。このインターポーザーは積層されたLSI
チップの層間に配置し,高密度・高速のシステムを実現可能にするものである。ここでは
本インターポーザー技術の紹介と,今後の展望について述べる。

 ~目次~
 1.開発の背景
 2.高密度微細配線インターポーザーによるLSIチップの3次元実装
 3.感光性ポリイミドによる微細配線インターポーザーの作製技術
 4.経緯と今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------
 UWB時代の実装技術・・・・・・・・・・・・・・・・・・58
 Electronics Packaging Technology in UWB-era

                        大塚寛治

明星大学 情報学部 教授;学部長 

 UWB時代には,周波数がGHzでしかも広帯域を取り扱う実装技術が求められる。すでに実
装系では伝送線路を広く採用していて広帯域の配線を持ち合わせているが,これに対する
電磁気学的考察が不充分なまま実用化されていて,混乱があるようにみえる。ここでは電
磁波とは何か,それを配線の中にうまく閉じ込めるにはどうすればよいかを解説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.広帯域の構造的要件
 3.広帯域の実装技術
 4.おわりに


Material Report
R&D
 紫外レーザー用光ファイバーの開発・・・・・・68
 Development of Optical Fiber for UV Laser

                          大登正敬

昭和電線電纜(株) 技術開発部 ファイバG  主任

 フッ素ドープシリカ(モディファイドシリカ)を用いて深紫外レーザー伝送用の光ファ
イバーを開発した。このファイバーは,従来の紫外用ファイバーに比べ,(1)深紫外可視
近赤外域で高い透過率を示す,(2)紫外レーザー照射に対し優れた耐久性を示す,(3)
エッチングにより容易に先鋭化するなどの特徴をもち,すでに製品化され各種装置に実装
されている。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.フッ素ドープシリカファイバーの構造と透過特性
 3.紫外レーザー照射に対する耐久性
 4.フッ素ドープシリカファイバーの透過率改善
 5.エッチングによるファイバー端の先鋭化
 6.おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(13)
 ハイブリッドおよびデュアルUV硬化技術・・・・・・・・・・・・・74
 Hybrid and Dual UV Curing

                         市村國宏

東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授 

 UV硬化技術はますます裾野が拡大している。その一方で,素材やフォーミュレーション
だけでなく,UV硬化原理に立ち入った技術開発が求められている。こうした背景にあって,
ハイブリッドあるいはデュアルUV硬化系に関心が高まっている。これらは複数の素過程か
らなるので,ここでは因果化学の立場から整理分類を試みる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.硬化反応のいろいろ
 3.ハイブリッドUV硬化とデュアルUV硬化
 4.ハイブリッドUV硬化系
  4.1 ラジカル重合-ラジカル架橋系(Ha型)
  4.2 ラジカル重合-カチオン重合系(Hb型)
 5.デュアルUV硬化系
 6.増殖的なUV硬化反応系
 7.おわりに


連載:高分子材料の実用性(8)
 難燃・接着・帯電防止・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・85

                      鴨川昭夫

元理化学研究所 研究員/元工学院大学 電子工学科 ;化学工学科 

 ポリマーの化学構造式をみると,ほとんどが有機化学因子(C,H,O)で結合され,複雑
な構造を示す。筆者はもちろんのこと,加工技術者として,この構造式を観察して加工性
を判断することは難解とされている。

 ~目次~
 -難燃化のプロセス
 -接着のメカニズム
 -フィルターの効用

4,400円
CONTENTS 2月号

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開
-Part1 実装材料の展開と展望

 実装技術と実装材料の変遷と展望・・・・・・・・・・・・・5
  Transition and Trend of Jisso Technology and Jisso Material

                           銅谷明裕

山一電機(株) 取締役(技術統括)R&D センター長 

 電子情報機器には3つの大きな技術トレンドがある。第1はダウンサイジングであり,こ
れは過去20年間にわたって進展してきた。第2のデジタル化はデジタル家電に代表されるよ
うに今まさに進展しつつあり,第3のユビキタス化はこれから始まる技術である。これらの
技術トレンドを支える実装技術と実装材料の変遷と展望について述べる。

 ~目次~
 1.実装技術の分類と産業規模
 2.電子機器と実装技術の変遷
  2.1 ダウンサイジング化
  2.2 デジタル化
  2.3 ユビキタス化
 3.ボード実装とLSIパッケージ技術の変遷
  3.1 スルーホール実装
  3.2 SMT実装(周辺接続)
  3.3 リードレスSMT実装
  3.4 3次元実装


--------------------------------------------------------------------------------
 実装技術にトリガーを与えたテクノロジー・・・・・・・・・13
 Key Trigger Technologies for Packaging Technology

                          宮代文夫

(社)エレクトロニクス実装学会 顧問 

 実装といえばその中心はいうまでもなく半導体実装である。半導体は「産業のコメ」であ
るから,ユーザーたる産業機器・システム,家電機器など各時代ごとの「テクノロジードラ
イバー」の動向に沿って変遷してきた。ここでは,今まで実装技術に大きく影響してきた主
なテクノロジードライバーとその影響を受けた実装技術をトピックス的に取り上げて紹介し,
今後の見通しについて展望する。そしてもう一つの大きな潮流である「環境問題」について
も言及する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.実装技術にとって重要なテクノロジードライバー
  2.1 IT(情報通信)関連
  2.2 情報家電関連
  2.3 産業機器関連
 3.地球環境保全からみた実装技術へのインパクト
  3.1 ハロゲンフリー材料
  3.2 鉛フリーハンダ
  3.3 分解容易性設計
 4.時で大実装技術とそれを実現するキーテクノロジーの展望
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 基板と構成材料の変遷と展望・・・・・・・・・・・・・・・・・・24
 Transition and Prospect for Printed Circuit Board and its Materials

                                越後文雄

松下電子部品(株) 開発技術センター 材料プロセス研究所 主任技師 

 半導体を中心とした実装技術に対応して,プリント配線基板もスルーホール多層基板から
ビルドアップ基板へと進化を遂げている。基板を構成する材料も,基板プロセスと要求性能
に合わせて多くの提案がなされている。将来的にも微細化や複合化などが進み,電子部品や
実装技術との密な連携が重要となってくる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.多層配線基板に使用される材料
 3.ビルドアップ配線基板に使用される材料
 4.ALIVH基板
 5.ALIVH基板の材料進化
 6.基板材料の将来展望
 7.おわりに


Material Report
R&D
 自然共生型有機合成反応を指向した金属固定化層状粘土触媒の開発・・・33
 Development of Layered Clay-immobilized Metal Catalysts for Green Organic Synthesis

             金田清臣 *1   満留敬人 *2   本倉 健 *3

*1 大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 教授
*2 大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 博士後期課程2 年
*3 大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 博士後期課程2 年

 バイオマスは生物体由来であり,多量の水を含んでいる。このため熱分解でガス化する際
は多量のエネルギーを必要とし,バイオマス中に含まれるH元素がH2Oとして回収される割合
が高い。ここで,減圧下で流通させたガスにマイクロ波を照射しプラズマ場を形成すると電
子の放出やラジカル種などの発生に伴う熱および反応効果により,バイオマスと水分の両者
に含まれるH元素を効率的に水素として生成させることが期待できる。本稿では,水分含有リ
グニンをマイクロ波プラズマ法によりガス化するとリグニン転化率および気体状生成物収率
が高まり,さらに含有水分からも水素製造が可能であることを述べた。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ハイドロタルサイト固定化金属触媒を用いた有機合成反応
  2.1 Ru固定化HTを用いた分子酸素を酸化剤とするアルコールの酸化反応
  2.2 Ru/HTを多機能触媒として用いるone-pot反応系の開発
 3.モンモリロナイト層間固定化金属触媒を用いた炭素-炭素結合形成反応
  3.1 Ti4+-montのプレンステッド酸点を用いる炭素-炭素結合形成反応
  3.2 Sc3+-montおよびCu2+-montのルイス酸点を用いる炭素-炭素結合形成反応
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 新しい発光素子用基板としての酸化ガリウム単結晶の開発・・・42
 Growth of β-Ga2O3 Single Crystals as Substrates for GaN

      島村清史 *1  E. G. V llora *2  青木和夫 *3  一ノ瀬昇 *4

*1 早稲田大学 各務記念材料技術研究所 助教授 
*2 早稲田大学 各務記念材料技術研究所 研究員
*3 (株)光波 執行取締役 
*4 早稲田大学 各務記念材料技術研究所 教授 

 透明導電性酸化物(TCO)の一つである酸化ガリウム(β-Ga2O3)に着目し,その単結晶育
成を行った。多くのTCO は単結晶化が困難であるが,β-Ga2O3 は単結晶化ができる可能性があ
る。また得られた単結晶の応用を考えるうえで,GaN 用の基板としての応用が期待されるの
で,これらについても検討を行った。

~目次~
 1.はじめに
 2.酸化ガリウム
 3.結晶育成
 4.GaN系薄膜の結晶成長
 5.おわりに

機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(12)
 キラリティーおよび生命の起源・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48
 The Origin of Chirality and Life

                             市村國宏

東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授 

 生命の誕生には,生体を構成する分子は高純度な光学活性体でなければならない。どのよ
うにして地球上にキラリティーが発生したかについて,1世紀以上にわたって論議されてい
る。宇宙起源説であれ原始地球起源説であれ,いずれも複雑な現象の因果科学的な積み重ね
を経たものである。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.キラリティーの起源をめぐるさまざまな仮説
 3.パリティー非保存によってキラリティーは発現したか
 4.円偏光による絶対不斉反応
 5.宇宙空間でのキラリティー起源説
 6.光配向におけるキラリティー発現の可能性
 7.おわりに


周辺技術
家電製品にかかわる抗菌・防カビ性能の評価・・・・・33
 Evaluation of Antimicrobial and Antifungal Activity on Household Appliances

                 奥田舜治*1 菊野理津子*2 嶋崎典子*3

*1  北里環境科学センター 微生物部 
*2  北里環境科学センター 微生物部 
*3  北里環境科学センター 微生物部 

 家電製品にかかわる抗菌・防カビ性能の評価として,(1)家電製品の「抗菌・防カビ加
工」を施された材料の性能評価と,(2)家電製品に組み込まれた「除菌」装置の性能評価
について,現状の評価方法(JIS等)と課題,そして筆者らが所属する北里環境科学センター
で実施している改良法などを紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.抗菌・防カビ加工材料の評価
  2.1 家電製品に使われる材料
  2.2 家電製品の抗菌評価方法
 3.今後の課題
  3.1 家電製品使用環境下における抗菌・防カビ加工素材の耐久性(耐水,耐光)
  3.2 家電製品における除菌性能評価
 4.おわりに

4,400円
CONTENTS 1月号

新春特集:ロボットテクノロジーの最新動向
Current Status of Robot Technology
 特集にあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
  Overview-White LED Lighting

                          浅田 稔

大阪大学 大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 教授 


--------------------------------------------------------------------------------
 ロボカップにおけるRTの進化と深化・・・・・・・・・・7
 RT Evolution and Penetration in RoboCup

                          浅田 稔

大阪大学 大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 教授 

 ロボカップは,複数の自律ロボットがサッカーの試合を実現することを目的とするロボ
ティクスと人工知能の研究分野の新たな標準問題を設定することで,それらの分野の研究
を促進させる試みである。本稿では,1997年から始まったロボカップの活動について,そ
の目的,意義,実績を紹介し,各リーグでの深化と進化の度合いを探り,今後の課題を述
べてまとめる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.現在のロボカップ戦略構想
 3.リーグ構成
  3.1 シミュレーションリーグ
  3.2 小型ロボットリーグ
  3.3 中型ロボットリーグ
  3.4 4足ロボットリーグ
  3.5 ヒューマノイドリーグ
  3.6 ロボカップジュニア
  3.7 ロボカップレスキュー
 4.ロボカップにおける基本研究課題
  4.1 視覚
  4.2 その他のセンシング
  4.3 メカと制御
  4.4 認識/判断/立案
  4.5 コミュニケーション
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 ロボットとユビキタスセンサーが融合するネットワークロボット・・・・17
 Network Robots Integrating Robots and Ubiquitous Sensors

                       萩田紀博 *1  石黒 浩 *2

*1 (株)国際電気通信 基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 所長 
*2 (株)国際電気通信 基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 客員室長;
 大阪大学 大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 教授 

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ユビキタスからロボットへ
 3.ネットワークロボットとは
 4.ネットワークロボットに必要な機能
 5.ネットワークロボットの利活用
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 ロボットエンターテインメントの可能性・・・・・・・24
 Potentiality of Robot Entertainment

                               藤田雅博
ソニー(株) 情報技術研究所 知的システム研究部 統括部長 

 ロボット産業を立ち上げる目的でエンターテインメント応用から始めよう,という提案を
している。エンターテインメント応用のロボットに関する活動をロボットエンターテインメ
ントと呼び,具体的に家庭用の自律型ロボットをペット型ロボットのような形から導入する,
という新しいアプローチをしている。この活動の波及として,単純に家庭用のエンターテイ
ンメント応用だけでなく,教育あるいは医療応用に対する活動も立ち上がってきた。ここで
は,このような活動を紹介しながら,今後の方向としてどのようなことが考えられるかに関
して述べる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.エンターテインメントロボットの実用例
 3.マーケットの反応
 4.波及効果
  4.1 教育利用
  4.2 医療利用
 5.今後の方向
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 都心型ラボを中核とするRT産業クラスター創出・・・・30
 RT Industry Cluster Generation with City Center Laboratory as the Core Role

                                 石黒 周

 Shu Ishiguro   The RoboCup Federation チーフビジネスオフィサー  

 ロボットテクノロジーをベースとした産業クラスター化の代表事例として,大阪市の次世
代RT産業創出構想を紹介する。ダイヤモンドモデルや連携推進機能などに対応する施策展開
の中で,国際的な研究者ネットワークであるRoboCup と施策間の連携推進機能を果たす都心
型ラボ「ロボットラボラトリー」が重要な役割を担っている。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.産業クラスターの成功要因
  (1)要素条件
  (2)需要条件
  (3)関連産業・支援産業
  (4)企業戦略および競争環境
 3.大阪市次世代RT産業創出構想におけるクラスター化に向けたアプローチ
  3.1 クラスタードメインの設定
  3.2 NPO型分散研究システムとの連携
  3.3 ダイヤモンドモデル4要因の導入
  3.4 連携推進機能
 4.都心型ラボ「ロボットラボラトリー」の役割
  4.1 コラボレーションシステムデザインの場
  4.2 ネットワーク形成とネットワークジェネレーター育成の場
  4.3 実証実験とリーディングベンチャー創出の場
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 RT産業の創出に向けて-現状と課題を踏まえて-・・・・・・・39
 Lead to the Creation of RT Industry -based on the Current Situation
and Foremost Tasks-

                               美濃地研一

大阪市都市型産業振興センター 大阪産業創造館新産業創造推進室 シニアプランナー 
;(株)UFJ 総合研究所主任研究員 

 RT産業は今後大きく飛躍し,将来には巨大な市場が生まれると見込まれている。しかし,
現状のRT産業は「研究開発」段階にあり,産業と呼べる状況ではない。これを打破するに
は,RT産業を受け入れる社会的コンセンサスが必要である。また,個々の企業の努力によ
って産業化の萌芽は出てきており,今後の発展が期待される。

 ~目次~
 1.RT産業の見通し
 2.RT産業の現状
 3.RT産業の発展に向けての課題
 4.RT産業発展のシナリオ


Material Report
Review
 ワイドギャップ半導体シリコンカーバイドSiCの結晶成長とデバイス開発の現状・・・46
 Crystal Growth and Device Development of Wide Bandgap Semiconductor
SiC-Present Status and Future

                              木本恒暢

京都大学 大学院工学研究科 電子工学専攻助 教授 

 シリコンカーバイド(SiC)は優れた物性を有するワイドギャップ(広禁制帯幅)半導体
である。近年,結晶成長技術の進展により単結晶ウェハーが市販されるようになり,高品
質エピタキシャル成長技術も確立されつつある。特に電力変換用の高耐圧・高効率パワー
デバイスに適していると考えられ,300~1200V級のショットキーダイオードが市販される
に至り,パワートランジスタの研究も進められている。本稿では,SiC結晶成長とデバイス
開発の現状について概説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.SiC結晶成長
  2.1 SiCのバルク結晶成長
  2.2 SiCのエピタキシャル成長
 3.SiCパワーデバイスの特徴
 4.SiCパワーデバイスの開発状況
  4.1 ショットキーダイオード
  4.2 PiNダイオード
  4.3 MOSFET
  4.4 その他のスイッチングデバイス
 5.まとめと今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------
R&D
 ・マイクロ波プラズマ法を用いた水分含有バイオマスリグニンからの水素生成技術・・56
 Hydrogen Production from Wet Biomass (Lignin )using Microwave Plasma Technique

               今野克哉 *1 岡村紘充 *2  小林基樹 *3
                       尾上 薫 *4  山口達明 *5

*1  千葉工業大学 大学院工学研究科 工学専攻 博士後期課程1年
*2  千葉工業大学 大学院工学研究科 生命環境科学専攻 博士前期課程1年
*3  千葉工業大学 工学部生命環境科学科 講師
*4  千葉工業大学 工学部生命環境科学科 教授
*5  千葉工業大学 工学部生命環境科学科 教授 

 バイオマスは生物体由来であり,多量の水を含んでいる。このため熱分解でガス化する際
は多量のエネルギーを必要とし,バイオマス中に含まれるH元素がH2Oとして回収される割合が
高い。ここで,減圧下で流通させたガスにマイクロ波を照射しプラズマ場を形成すると電子の
放出やラジカル種などの発生に伴う熱および反応効果により,バイオマスと水分の両者に含ま
れるH元素を効率的に水素として生成させることが期待できる。本稿では,水分含有リグニン
をマイクロ波プラズマ法によりガス化するとリグニン転化率および気体状生成物収率が高ま
り,さらに含有水分からも水素製造が可能であることを述べた。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.rリグニンのガス化
  2.1 リグニンの特徴とガス化指標
  2.2 リグニンの化学原料または熱エネルギーとしての利用
  2.3 不活性雰囲気下でのリグニンのガス化
 3.マイクロ波プラズマ法によるリグニンのガス化
  3.1 マイクロ波プラズマ法とは
  3.2 マイクロ波プラズマ法による実験方法
  3.3 照射時間と転化率,生成物収率の相関
 4.リグニンに対する水野添加効果
  4.1 水素の生成量を高めるアイデアとは
  4.2 水の添加がリグニンのガス化特性に及ぼす影響
 5.おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(11)
 フィードバック化学の実践・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62
 Practical Feedback chemistry

                             市村國宏

東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授 

 フィードバック過程を含む酸あるいは塩基増殖反応は,酸や塩基分子の拡散移動に敏感
に影響されるので,酸や塩基による触媒反応を固体高分子膜内で行う際には,酸や塩基分
子の拡散挙動を十分に把握することが必要となる。こうしたフィードバック型の反応を組
み込んだ例として酸増殖型フォトレジストを述べ,次いで自発的なカチオン重合からなる
デュアルUV硬化材料に言及する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.触媒増幅と自己触媒増幅
 3.高分子膜中での触媒反応
 4.反応圏とは
 5.高分子膜内での酸増殖反応
 6.酸増殖型フォトレジスト
 7.自発的なデュアルUV硬化反応
 8.おわりに


連載:高分子材料の実用性(7)
 吸水性高分子材料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73

                               鴨川昭夫

元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 ナイロンのように結晶構造をもつポリマーは吸水性を示し,温度が上昇すると湿気を帯び
たように水分が生成される現象を示す。このような特性から,高分子材料は紙オムツをはじ
め,湿度を調節するスポーツウェアなど,さまざまな製品に応用されている。


4,400円
CONTENTS 12月号

特集:白色LED照明の最新技術動向
Formation and Characterization of Nanofibers
 総論-白色LED 照明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
  Overview-White LED Lighting

                           田口常正

 Tsunemasa Taguchi   山口大学 工学部 電気電子工学科 教授 


--------------------------------------------------------------------------------
 白色LED 照明技術の展望・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
 The Prospects of White LED Lighting Technologies

                      只友一行 *1  田口常正 *2

*1山口大学 工学部 電気電子工学科 教授 
*2山口大学 工学部 電気電子工学科 教授 

 表示用光源として開発され発展してきたLED(白色LED)が,エジソン電球以来使われてき
た真空管式照明光源に代わる新しい照明光源として注目を集めている。多くの特徴を有して
いる白色LEDであるが,その特徴ごとに現状と白色LED照明技術としての目標を整理し,今後
の開発課題について解説した。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.白色LED照明の原理と構造
  2.1 照明光源に要求される光の質
  2.2 白色LEDの構造
  2.3 白色LEDの構造
  2.4 蛍光体と励起LED
 3.白色LED照明の現状と課題
  3.1 半導体デバイス
  3.2 長期信頼性
  3.3 発光効率
  3.4 光束
  3.5 特性分布
 4.白色LED照明技術の展望
  4.1 ロードマップ
  4.2 市場展望
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 照明機器メーカーの取り組みと白色LED・・・・・・・・・・19
 High Purity Synthesis of Ionic Liquids

                            上田 修

山田照明(株) 商品企画本部 顧問 

 白色LEDは,光量の増大,コストの低減,製品の規準化など市場での採用のしやすさと国際
的な共通仕様が求められている。特に高ワット化の加速(1W/3W/5W ),ルーメン当たりのコ
スト低下(15¥/ルーメン),さらには規格化の推進(日本電球工業会にて推進)にめざまし
いものがあり,照明光源として認知されつつある。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.現況のLEDの市場実力
  2.1 カタログ上の実力
  2.2 製造上の実力
  2.3 他の照明光源との比較
 3.現況LED照明機器の動向
 4.LED照明用途への可能性
  4.1 LEDの特徴
  4.2 光特性
  4.3 温度特性
  4.4 寿命特性
 5.白色LEDによる新時代照明の展望
 6.今後の白色LED光源の拡張性
 7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 白色LED 照明の車載応用・・・・・・・・・・・・25
 Applications of White LED Lighting to Automobile Onboard Devices

                               佐々木 勝
  
 Masaru Sasaki   (株)小糸製作所 システム商品企画室 主管 

 自動車への白色LED応用は,すでにメーターパネルや各種インジケーター類などの小光量
の表示用途で多数の採用実績がある。一方,ヘッドランプに代表される大光量の用途では依
然ハロゲン電球やHID電球が使用されているが,白色LEDのめざましい高輝度化の進展により,
近い将来LEDヘッドランプ実現の可能性がみえてきた。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.自動車照明のLED化の概要
  2.1 内装照明
  2.2 外装照明
 3.ヘッドランプの概要
  3.1 ヘッドランプの変遷
  3.2 配光性能
  3.3 次世代ヘッドランプへの期待
 4.ヘッドランプ用白色LED
  4.1 光束
  4.2 輝度
  4.3 寿命
  4.4 発光色
 5.プロトタイプヘッドランプ
 6.LEDヘッドランプの法規
 7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 白色LED 照明用蛍光体の開発・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34
 Development of Phosphor for White LED Lighting

                               小田喜 勉

(株)ファインラバー研究所 研究員 

 低消費電力,長寿命,有害物質を含まないといった特徴を生かし,白色LEDは将来の照明用
光源として注目されている。蛍光体を用いた白色LEDは小型液晶のバックライトをはじめ多く
の分野で利用されているが,利用できる蛍光体は少ない。ここでは蛍光体の発光原理,求め
られる特性を示したうえで,最近の報告をもとにLED用蛍光体を紹介する。また,筆者らのLE
D用蛍光体の研究について解説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.蛍光体の発光原理
 3.LED用蛍光体に求められる特性
 4.LED照明用蛍光体
  4.1 白色LED
  4.2 市販蛍光体
  4.3 LiEuW2O2
  4.4 LiTbW2O8
  4.5 報告されているLED用蛍光体
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 白色LED 照明の医療応用・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
 Application (of Ionic Liquids )to Energy Storage Devices

                小橋克哉 *1  田口常正 *2  柳井秀雄 *3

*1 山口大学 工学部 電気電子工学科 技術職員 
*2 山口大学 工学部 電気電子工学科 教授 
*3 国立病院機構 関門医療センター 消化器科 医長 

 電気・光変換効率が高い白色LEDは,新光源として産業界から期待されている。本論文では,
自然光に近いスペクトルの白色光を用いて診断することが重要である医療用高演色性白色LED
光源の開発・評価を行った。開発した白色LEDが最も優れていることがわかった。また,白色
LED光源による内視鏡撮影画像においても,従来光源と遜色ない画像を得ることができた。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.医療用白色LED光源の特徴と照明光源の作製
 3.高速イメージング撮像装置による評価
 4.動物実験
 5.おわりに


Material Report
 フォトニックネットワーク用光半導体デバイスの最新動向・・・・・47
 Recent Advances in Photonic Semiconductor Devices for Photonic Networks

                              八坂 洋

日本電信電話(株) NTTフォトニクス研究所 フォトニクスデバイス研究部 主幹研究員 

 相急増する通信トラフィックに対応するためには,大容量・高機能なフォトニックネット
ワークの実現が必要不可欠である。ここでは次世代フォトニックネットワークの実現に欠か
せない半導体可変波長光源,および複数の光半導体デバイスを集積化し複雑な高機能光回路
をワンチップ素子化した光集積素子の研究・開発動向を紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.フォトニックネックワーク
 3.波長可変半導体レーザー
  3.1 波長選択型波長可変光源
  3.2 モードホップフリーDBRレーザー
 4.モノリシック集積型高機能半導体光素子
  4.1 WDM波長セレクター
  4.2 WDM変調器
  4.3 WDM受信素子(AEG-PD)
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 フォトニックフラクタルの電磁波特性・・・・・・・・・・・・・・・・・57
 Electromagnetic Properties of Photonic Fractals

             宮本欽生 *  1桐原聡秀 *2 武田三男 *3
             本田勝也 *4  迫田和彰 *5

*1 大阪大学 接合科学研究所 附属スマートプロセス研究センター 教授
*2 大阪大学 接合科学研究所 附属スマートプロセス研究センター 助手
*3 信州大学 理学部 物理科学科 教授
*4 信州大学 理学部 数理・自然情報科学科 教授
*5(独)物質・材料研究機構 ナノマテリアル研究所 主席研究員 

 フォトニックフラクタルは電磁波や光を局在させる新たな機能材料として,情報通信,
エネルギー,計測,医療などへの広範な応用が期待できる。本稿ではフォトニックフラク
タルの構造設計と作製法,さまざまな誘電体フラクタル構造の電磁波特性と局在周波数の
予測法についてこれまでに得られた知見を紹介し,実用化への可能性を展望する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.周期構造と自己相似構造
 3.フォトニックフラクタルの構造設計と作製
 4.フォトニックフラクタルの電磁波特性
 5.フォトニックフラクタルの構造制御と電磁波特性
 6.周在周波数の予測
 7.フォトニックフラクタルの応用への展望
 8.おわりに


機能材料マーケットデータ
 分散電源の将来展望・・・・・・・・・・・・・・・・・66
 Distributed Power Generation and its Future Perspective

                            金田武司

(株)三菱総合研究所 エネルギー技術研究部 先進エネルギー研究チームリーダー
 兼 次世代エネルギー事業推進室長 主任研究員 

 分散型エネルギーシステムの社会的な役割に関して,新たな視点を提示した。たとえば
「9.11」以降,議論になりつつある都市のエネルギーセキュリティーや地域のエネルギー
自立,関連産業振興などを通じての地域振興政策など,分散型エネルギーシステムの定着
により,地域再生やエネルギー自給に対して新たな方策が開ける可能性がある。分散型エ
ネルギーシステムの位置づけも含めた新たな政策の必要性について言及した。

 ~目次~
 1.分散電源の新たな役割
 2.普及のインセンティブ
 3.経済性の考え方
 4.普及の展望
 5.政策としての位置づけ
 6.おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(10)
 触媒分子が増殖する化学反応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・72
 Chemical Reactions Exhibiting Proliferation of Catalytic Molecules

                             市村國宏

東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授 

 酸や塩基などの触媒は,反応前後で濃度が変わることなく反応を加速するが,失活あるい
は系外への漏洩などによる制約がある。もし,触媒みずから触媒を新たに生成することがで
きれば,その触媒が関与する化学反応の速度は急激に増大する。このようなフィードバック
がかかる反応が酸あるいは塩基触媒増殖反応であり,自己触媒増幅への道を開く。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.触媒増殖反応の速度論
 3.酸増殖剤に求められる諸条件
 4.スルホン酸への分解反応
 5.酸増殖反応と酸増殖剤
 6.塩基増殖反応と塩基増殖剤
 7.触媒増殖反応の特徴
 8.おわりに


連載:高分子材料の実用性(6)
 形状記憶プラスチックほか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・83

                            鴨川昭夫

元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 ポリウレタンのバルーンカテーテルを使用して,心機能の回復促進を図る。整形外科領域
では形状記憶プラスチックが補装具として使用され,効果をあげている。形状記憶現象の著
しい樹脂は,塩化ビニル樹脂である。

-シートベルトの欠陥とは?
-形状記憶プラスチックスギブス


4,400円
CONTENTS 11月号

特集:ナノファイバーの評価法
Formation and Characterization of Nanofibers
 ●多彩な展開が期待されるイオン液体・・・・・・・・・・・・・・5
 Ionic Liquids with Variety of Applications

                           大野弘幸

東京農工大学大学院 共生科学技術研究部 ナノ未来科学研究拠点 教授 


--------------------------------------------------------------------------------
Ⅰ 基礎開発編
 新規イオン液体の設計と特性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
 Design and Properties of Some Novel Fluorohydrogenate Ionic Liquids

                          萩原理加

京都大学大学院 エネルギー科学研究科 助教授 

 本稿はフルオロハイドロジェネート系のイオン液体について,その粘性率や導電率,電気
化学窓などの諸物性に対してカチオンのアルキル側鎖や芳香族性,フルオロハイドロジェネ
ートアニオン中のHF 組成などがどのような影響を与えるか系統的に検討したものである。
電気化学的応用の際に要求される,導電率が高く,電気化学窓の広いイオン液体の開発のた
めの参考になれば幸いである。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン液体1,3-ジアルキルイミダゾリウムフルオロハイドロジェネート
 3.イオン液体N,N-ジアルキルピロリジニウムフルオロハイドロジェネート
 4.イオン液体合成原料としてのフルオロハイドロジェネート塩
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 イオン性液体の高純度合成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14
 High Purity Synthesis of Ionic Liquids

                        小島邦彦 *1  石井信治 *2

*1東洋合成工業(株) 感光材事業本部 エネルギー部 部長 
*2東洋合成工業(株) 感光材事業本部 エネルギー部 研究グループ 主任 

 イオン性液体を使用した応用研究が,電子部品の分野具体的にはキャパシター,コンデン
サー,リチウムイオン二次電池,燃料電池,色素増感太陽電池で多く検討されている。イオ
ン性液体の高純度化は,合成方法,精製方法および分析方法ともに,ますます重要になると
思われる。今回,イオン性液体の高純度化の観点から検討した内容について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン制液体の合成法
  2.1 第4級アンモニウム系イオン性液体の合成
  2.2 原料由来の不純物
  2.3 金属,金属塩,微粒子などの不純物
 3.イオン性液体の精製
  3.1 疎水性のイオン性液体
  3.2 親水性のイオン性液体
  3.3 着色成分の除去
 4.水分の除去
  4.1 真空乾燥
  4.2 吸着剤使用
 5.不純物の分析方法および分析感度
  5.1 イオンクロマトグラフィー
  5.2 クロマトグラフィー分析
  5.3 水分分析
  5.4 ガスクロマトグラフィー分析
  5.5 サイクリックボルタモグラム
  5.6 その他の分析
 6.イオン性液体の安定性
 7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 イオン性液体を用いた有機電解合成・・・・・・・・・・・・20
 Organic Electrosynthesis using Ionic Liquids

                                   淵上寿雄

東京工業大学大学院 総合理工学研究科 教授 

 イオンのみから構成されているにもかかわらず,常温で液体であるイオン性液体は,不揮
発性・不燃性・化学的安定性・高イオン導電性などの優れた特徴をもち,有機・高分子合成
用の溶媒や電気化学的デバイスなどへの応用が期待されている。本稿では機能材料を指向し
た種々の有機化合物や導電性高分子の電解合成について,筆者らの研究を中心に解説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン性液体中での有機電解合成
  2.1 α-アミノ酸の電解合成
  2.2 環状カーボナート類の電解合成
  2.3 ベンゾイルギ酸からマンデル酸の電解合成
  2.4 金属錯体触媒による電解還元的カップリング
  2.5 ニトロキシルラジカル固定イミダゾール塩をメディエーターとするアルコール
      の間接電解酸化
 3.イオン性液体中での有機化合物の選択的電解フッ素化
 4.イオン性液体中での電解重合
  4.1 高密度平滑導電性高分子膜の創成
  4.2 耐久性/多機能導電性高分子の電解合成
  4.3 ポリ[3-(4-フルオロフェニル)チオフェン](PFPT)およびポリ(3,4-エチレンジ
      オキシチオフェン)(PEDOT)の電解合成
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 イオン性液体中の酵素反応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27
 Enzymatic Reactions in the Ionic Liquids Solvent System

                                 伊藤敏幸

鳥取大学 工学部 物質工学科 精密合成化学講座 教授 

 高濃度の塩溶液中では酵素反応は不可能と考えられてきたが,室温で液体状態をとるイオ
ン性液体を反応溶媒としてリパーゼ触媒反応が進行し,イオン性液体の特徴を生かした酵素
再利用システムが構築できた。リパーゼのみならず抗体酵素などの反応も起こり,イオン性
液体を生体触媒反応の溶媒として利用できることがわかった。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン性液体と生体触媒
 3.イオン性液体溶媒中の酵素不斉触媒反応
 4.イオン液体による酵素の安定化と活性化
 5.イオン性液体の溶媒による生体触媒反応
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
Ⅱ 応用開発編
 イオン性液体のエネルギー貯蔵デバイスへの展開・・・・・・34
 Application (of Ionic Liquids )to Energy Storage Devices

                                 宇恵 誠

(株)三菱化学科学技術研究センター 電池材料研究所 所長 

 近年,イオン性液体の不揮発・耐熱性および難燃・不燃性を生かして,電気化学デバイス
用の電解質として応用することに関心が高まっている。本稿では,最もポピュラーな1エチ
ル3 メチルイミダゾリウム(EMI)塩系のイオン性液体を,電気二重層キャパシターやリチ
ウムイオン電池に電解質として応用する技術について概説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン性液体の電解質としての歴史
 3.イオン性液体の基本物性
  3.1 電気伝導率
  3.2 電位窓
 4.イオン性液体のエネルギー貯蔵デバイスへの応用
  4.1 電気二重層キャパシター
  4.2 リチウムイオン電池
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 電解質としてイオン性液体を用いた電気二重層キャパシター・・・43
 An EDLC using Ionic Liquids

                                   佐藤貴哉

日清紡績(株) 研究開発本部 事業推進部(現・鶴岡工業高等専門学校物質工学科教授) 

 分子内にメトキシエチル基を有する脂肪族4 級アンモニウムタイプの新しいイオン性液体
の物理化学特性と,そのイオン性液体を電解質として用いた電気二重層キャパシターの諸性
能について報告する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.新しいイオン性液体の特徴
 3.イオン性液体を電解質とした電気二重層キャパシター
  3.1 高温安定性に優れる電気二重層キャパシター
  3.2 低温充放電性能に優れる電気二重層キャパシター
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 リチウムイオン二次電池への展開・・・・・・・・・・・・・・・・・50
 Application of Ionic Liquids to Lithium ion Rechargeable Batteries

                                   中川裕江

(株)ジーエス・ユアサコーポレーション 研究開発センター 第六開発部 リーダー 

 分子内にメトキシエチル基を有する脂肪族4 級アンモニウムタイプの新しいイオン性液体
の物理化学特性と,そのイオン性液体を電解質として用いた電気二重層キャパシターの諸性
能について報告する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.イオン性液体のリチウムイオン二次電池への応用に際して予想される課題
 3.イオン性液体の電解質としての基礎特性
  3.1 液体状のイオン性液体の電解質としての基礎特性
  3.2 イオン性液体の電解質としての基本特性
 4.イオン性液体を電解質として用いたリチウムイオン二次電池の特性
  4.1 LiBF4-EMIBF4を電解質として用いたリチウムイオン(ポリマー)二次電池の作製
  4.2 LiBF4-EMIBF4を電解質として用いたリチウムイオン(ポリマー)二次電池の特性  5.イオン性液体の今後の課題
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 色素増感太陽電池への展開・・・・・・・・・・・・・・・・・・55
 An EDLC using Ionic Liquids

                                   小野三千夫

富士写真フイルム(株) R&D 統括本部 材料研究本部 デジタル&フォトイメージング材料
研究 所 主任研究員 

 色素増感太陽電池(DSC)の研究において,イオン性液体電解質(ILE)は,揮発性の有機
溶媒電解液(OLE)に起因する電池性能の劣化を改良する目的で研究されている。ILE を用い
たDSCの変換効率は,OLEを用いたDSCにはいまだ及ばない。非効率要因の改良を目的としたILE
の検討,および擬固体化に関する筆者らの研究を中心に述べる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.DSCの原理とILEの構成
 3.光電変換効率にかかわる電解質要因
 4.イオン性液体の分子設計
  4.1 イオン性液体の構造とイオン拡散性
  4.2 イミダゾリウム塩の機能化
 5.ILEの擬固体化
  (1)高分子ゲル化剤
  (2)低分子ゲル化剤
  (3)無機なの粒子ゲル化剤
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 イオン液体のトライボロジーへの展開・・・・・・・・・・・・・・・・63
 Application of Ionic Liquids to Tribology

              上村秀人 *1  南 一郎 *2  森 誠之 *3

*1 出光興産(株) 営業研究所 設備油グループ 主任 
*2 岩手大学 工学部 応用化学科 助教授
*3 岩手大学 工学部 応用化学科 教授 

 トライボロジーは摩擦や摩耗など,潤滑にかかわる技術と科学を扱う分野である。トライ
ボロジーを取り巻く環境は,近年の機械技術の進歩,社会環境の変化とともに大きく変わろ
うとしている。新しい機構,過酷な使用環境,多様化する要求特性これらに応えるには,従
来技術の延長上にある潤滑システムだけでは限界がある。将来的な選択肢の一つとして,ま
ったく新しい物質をトライボシステムに適用することも必要である。今回,その試みの一つ
として,液状の塩であるイオン液体を潤滑に適用した例を,最近の研究成果を交えながら紹
介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.潤滑油とイオン液体
 3.潤滑油としてのイオン液体
  3.1 粘度特性
  3.2 耐熱性
  3.3 摩擦特性
  3.4 イオン液体の摩擦化学反応(トライボ化学反応)
 4.その他の性能
 5.おわりに


Material Report
 相変化メモリーの現状・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・69
 Current Status of Phase Change Memory (PRAM )

         中山和也 *1  高田雅史 *2  泉 貴富 *3  北川章夫 *4

*1 金沢大学 医学部保健学科助手 
*2 金沢大学 大学院 自然科学研究科 博士後期課程1年生
*3 金沢大学 大学院 自然科学研究科 博士前期課程1年生 
*3 金沢大学 大学院 自然科学研究科 助教授 

 相変化型メモリー(PRAM)は,カルコゲナイド半導体薄膜の結晶非晶質相変化を利用した
不揮発性メモリーである。結晶状態と非晶質状態では抵抗値が異なり,電気パルスにより上
書き可能である。素子構造は単純であり,相変化膜はスパッターで製膜可能であるなど,大
容量不揮発メモリーやSoC向きのメモリーといえる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.原理
  2.1 記録材料
  2.2 電気伝導度の温度依存性
  2.3 書き込み消去(セット動作,リセット動作)
 3.研究開発動向
  3.1 リセット電池削減の試み
  3.2 大容量化
  3.3 高速化
 4.おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(9)
 フィードバック化学反応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・78
 Chemical Reactions including Positive Feedback Processes

                             市村國宏

東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授 

 非線形な効果を示す化学反応として,フィードバックがかかる化学反応系を取り上げる。
自己触媒反応や自己複製反応はわかりやすい反応例だが,反応活性種を生成させてから二次
的に反応を加速する考え方もある。具体的な例をあげて紹介するが,これらは触媒増幅系と
しての意義をもつ。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.酵素と自己触媒的な反応
 3.非線形な有機化学反応
 4.2段階露光型フォトポリマー
 5.光および熱による酸の増殖反応
 6.酸増殖による光発色
 7.おわりに


連載:高分子材料の実用性(5)
 FRP,透明樹脂,抗菌樹脂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・88

                               鴨川昭夫

元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 防災のためのFRP(繊維強化プラスチック)と,赤ちょうちんの屋形船,半透明で溶ける
ポリエステルと溶けないポリエステル。現在,清潔上,人が変わるたびに水平に動く抗菌
性のプラスチックの便座が作られている。熱可塑性樹脂であるポリプロピレンの切削が行
われている。金属の代わりにできたプラスチックの弾丸などもある。

 ~目次~
-スキー板素材の進化
-発泡スチロールのリサイクル
-ぬれても透けない白の水着
-透明樹脂の防音壁


4,400円
CONTENTS 10月号

特集:ナノファイバーの評価法
Formation and Characterization of Nanofibers
 ●特集号によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

                           谷岡明彦

 Akihiko Tanioka   東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 教授 


--------------------------------------------------------------------------------
 散乱法によるナノファイバーの解析・・・・・・・・・・・・7
 Analysis of Nanofibers by means of Scattering Methods

                          梶 慶輔

 Keisuke Kaji   京都大学 名誉教授 

 ナノファイバーの形状(太さと長さ)とその分率,および内部構造の散乱法による解析を説明す
る。散乱法としては,小角X 線散乱(SAXS),小角中性子散乱(SANS,広角X線回折(WAXD),レ
ーザーラマン散乱などを取り上げた。これらの散乱実験結果の解釈には信頼できるモデルが不可欠
であることを強調した。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ナノファイバーの構造と散乱法
 3.小角散乱によるナノファイバーの形状の測定
  3.1 棒状粒子の散乱理論
  3.2 小角X線散乱によるミクロフィブリルの太さの決定
  3.3 小角中性子散乱によるシシの太さの決定
 4.広角X線回析による結晶サイズの決定
  4.1 シェラー(Scherrer)の方法
  4.2 ホーゼマン(Hosemann)の方法
  4.3 実験法と実際例
 5.ラマン散乱による結晶サイズの決定
  5.1 ポリエチレン(PE)
  5.2 その他のポリマー
 6.シシの分率の決定
 7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 複屈折近接場光学顕微鏡の開発と応力イメージングへの応用・・・・17
 Development of Birefringence Scanning Near-field Optical Microscope and its
Application to Stress Imaging

                                梅田倫弘

 Norihiro Umeda   東京農工大学大学院 共生科学技術研究部 教授 

 ナノテクノロジーによる構造・機能材料分野の進展に伴い,応力や異方性分布を非接触・高分解
能に観測評価できる分析手法として,複屈折を高速に評価できる計測法を近接場光学顕微鏡に導入
した新規な計測システムを開発した。開発装置の構成および光磁気ディスクやナノインデンテーシ
ョン圧痕の応力分布の観測結果について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.複屈折近接場測定の条件
 3.複屈折近接場の顕微鏡の装置と計測特性
  3.1 装置構成
  3.2 計測特性
 4.光ディスク基板の観測
 5.ナノインデント圧痕の応力分布
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 AFMによる高分子一本鎖のナノ力学測定・・・・・・・・・・24
 Nano-mechanical Measurement of a Single Polymer Chain by AFM

              中嶋 健 *1 酒井康博 *2 伊藤耕三 *3 西 敏夫 *4

*1  Ken Nakajima   東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助手 
*2  Yasuhiro Sakai  東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻 博士課程3年 
*3  Kohzo Ito     東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻 教授 
*4  Toshio Nishi   東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 教授

 通常表面の凹凸情報を取得するための「顕微鏡」として利用されるAFMを高分子表面のナノ力学
物性を測定するための手段と位置づけ,高分子に特化した形で筆者らが開発してきた測定法・評価
法について述べる。高分子表面のナノスケールでの力学物性測定に始まり,ナノブリッジ,高分子
一本鎖とその研究の道筋をたどっていく中でナノレオロジーAFMと名づけたこの方法がいかに有効
であるかを示す。

 ~目次~
 1.はじめに
 (1)ナノレオロジーAFM
 (2)ナノトライボロジーAFM
 2.高分子表面のナノレオロジー
 3.ナノブリッジ
 4.ナノフィッシング(単一高分子鎖伸張)
 5.高分子一本鎖のナノレオロジー
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 3次元電子顕微鏡の概要と高分子ナノ構造の観察・・・・・・・・・・・33
 Introduction of Three-dimensional TEM and Application for Polymeric Materials

                 古河弘光 *1  陣内浩司 *2  清水美代子 *3

*1  Hiromitsu Furukawa  日本電子システムテクノロジー(株) 第5技術部 部長 
*2  Hiroshi Jinnai    京都工芸繊維大学 繊維学部 助教授 
*3  Miyoko Shimizu    日本電子システムテクノロジー(株) 第5技術部 

 ナノテクノロジーをキーワードに,微細領域の研究が盛んである。これを背景に,ナノレベルの3
次元構造を観察したいという要求が高まってきた。現在,この要求に応えられる唯一の装置が3次元
電子顕微鏡である。本稿では3次元電子顕微鏡の原理および概要と,高分子ナノ構造の観察事例を紹
介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.透過型電子顕微鏡
 3.3次元再構成の原理
 4.3次元電子顕微鏡
 5.高分子分野への応用
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 陽電子消滅試験および微小領域応力測定による材料評価技術・・・・43
 Material Evaluation Technology by Positron Annihilation Measurement and Micro/
Nano-scopic Stress Measurement

                        藤城泰文 *1  溝尾 律 *2

*1  Yasufumi Fujishiro  住友金属テクノロジー(株) 関西事業部 試験・調査部 部長 
*2  Osamu Mizoo      住友金属テクノロジー(株) 関西事業部 試験・調査部

 半導体素子のようなナノテクノロジーを活用した微細構造物の品質評価技術は,従来の評価方法
では難しく,新しい評価技術およびその適用が研究されている。陽電子消滅試験は各種材質の微細
構造変化(析出現象,疲労破壊ほか)を定量的に評価することが可能であり,また光や電子線を用
いた微小領域応力測定技術は,0.1μm程度の微小部の残留応力や作用応力を測定することができる。
本稿ではこれらの技術と適用例について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.陽電子消滅試験
  2.1 陽電子消滅法
  2.2 ナノ構造を陽電子で探る
  2.3 陽電子消滅寿命の測定例
  2.4 陽電子消滅寿命の今後
 3.微小領域応力測定
  3.1 微小領域応力測定の原理
  3.2 微小領域応力測定の測定例
  3.3 微小領域応力測定の今後
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 ナノテク材料評価における振動分光法の活用・・・・・・・・54
 Application of Vibrational Spectroscopy to Materials in Nano-technology

                     幾田信生 *1  西尾悦雄 *2

*1  Nobuo Ikuta   湘南工科大学 工学部 マテリアル工学科 教授 
*2  Etsuo Nishio  (株)パーキンエルマージャパン 代表取締役社長 

 赤外吸収とラマン発光による振動分光法は一般的な分析であるが,ナノテクノロジー分野でも構
造解析法として用いられている。ここでは,ナノ構築表面あるいは局所空間の評価技法として振動
分光を紹介するとともに,ナノカーボンチューブの特性解析として用いられる共鳴ラマン分析を取
り上げる。末尾には振動分光法を用いた当該分野の最近の研究動向を記した。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.赤外分光による表面状態分析
  2.1 各種反射法によるLB膜評価
  2.2 誘起電磁波による高感度赤外分析
 3.最近の表面界面分析:和周波発生(SFG)
 4.顕微赤外分光法
 5.カーボンナノチューブの共鳴ラマン
 6.最近の研究動向と今後の展望


Material Report
R&D
 フェノキシイミン錯体触媒の開発と応用・・・・・・・・・・・・60
 Development of Highly-Active Olefin Polymerization Catalysts "FI Catalysts"
and their Applications to New Polymers

                     中山 康 *1 三谷 誠 *2 藤田照典 *3

*1  Yasushi Nakayama  三井化学(株) 触媒科学研究所 研究員 
*2   Makoto Mitani   三井化学(株) 触媒科学研究所 主任研究員 
*3  Terunori Fujita  三井化学(株) 触媒科学研究所 研究主幹 

 FI触媒の大きな特徴は,配位子構造の変換により,従来のオレフィン重合触媒では合成困難であっ
たユニークなポリオレフィンが合成できることにある。本稿では,FI触媒を用いた分子量制御ポリマ
ー(極低~超高分子量)の合成や,リビング重合技術を利用したブロックポリマーの合成について紹
介する。また,工業プロセス上重要な担持型FI触媒の開発についても述べる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.オレフィン重合触媒発展の歴史
  2.1 Ziegler触媒の発見と高活性Mg系担持型チタン触媒
  2.2 ポストメタロセン触媒の研究の進展
 3.FI触媒の現状と機能性ポリオレフィンへの展開
  3.1 分子量制御ポリマー
  3.2 ブロックポリマーへの展開
  3.3 塩化マグネシウム助触媒系への展開
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 音力発電の現状とこれから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68
 An Overview of Research and Development of Sound-generated Electricity

                     速水浩平 *1 武藤佳恭 *2

*1  Kohei Hayamizu    慶應義塾大学 環境情報学部 
*2  Yoshiyasu Takefuji  慶應義塾大学 環境情報学部 教授;政策メディア研究科委員 

 「音力発電」とは,音のエネルギーを電気エネルギーに変換する発電方法である。この発電では特
に騒音や雑音・振動などこれまで捨てられていた音を有効に使う(再利用する)ことを目的としてい
る。音力発電の研究領域は,「波動や振動のエネルギー」を使って発電する「振動力発電」の研究領
域と重なる。その意味で,音力発電は振動力発電の技術の一部を応用したものともいえる。音と振動
の2つの発電方法を組み合わせた「音力・振動力発電」は,新しいエネルギーとして将来さまざまな
分野において利用することが可能である。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.音力発電の紹介
  2.1 音力発電とは
  2.2 振動力発電とは
  2.3 目的
 3.技術的特徴
  3.1 2種類の発電方法の比較
  3.2 音力発電の技術的特徴
 4.長所と課題
 5.他技術との比較
 6.音力・振動力発電が可能にすること
 7.共同研究について
  7.1 注目される音力・振動力発電
  7.2 JR東日本との共同研究
  7.3 音力発電のMOT-ジュールプロダクト
 8.音力・振動力発電の普及
 9.応用展開
  (1)ユビキタス発電とは
 10.音力・振動力発電を生かすべき
  10.1 音や振動で駆動する低消費電力機器
  10.2 複合リソースとして
 11.おわりに

機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(8)
 材料展開を複眼視する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・76
 Multiple Viewpoints of Materials

                             市村國宏

 Kunihiro Ichimura   東邦大学 理学部 特任教授 

 材料は科学と産業技術の接点で深化しているが,材料の研究開発が進めば進むほど専門以外の材料
分野を理解することが難しくなっている。実際には,多種多様な素材を組み合わせて実用的な性能や
機能を創造しているので,異種の材料技術間での横断的な見方が重要となっている。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.材料技術の展開
 3.相互作用と相互依存
 4.超分子系と分子協調系
 5.分子協調系における因果化学的な機能発現
 6.材料技術を複眼視する
 7.おわりに


連載:高分子材料の実用性(4)
 医療機器への応用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・87

                               鴨川昭夫

 Akio Kamogawa   元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 プラスチックを使用して,コンピューター制御で頭部模型を塑性変形で作り,それを用いた医学の
発達のための研究が始まっている。また,プラスチックは加工されると弱電を帯びるために,これを
防ぐためにスプレーでアンモニアを吹き付けるが,時計バンドのような帯状のプラスチックでは静電
気除去用のプラスチックが開発されている。

 ~目次~
-感光性樹脂製の実物大頭部模型
-ポリエステル製抗菌白衣
-人工筋力で人間並みの反応速度を達成
4,400円
CONTENTS 9月号

Material Report
Review
 極限CMOS開発の現状と将来展望・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
 Present Status and Prospect of Ultimate CMOS

                           平本俊郎

 Toshiro Hiramoto   東京大学 生産技術研究所 教授 

 VLSIを構成するMOSトランジスタのサイズは急速に微細化している。ゲート長が10nm以下にまで
微細化された極限CMOSは,将来の高度情報通信化社会を根底で支える基盤デバイスである。本稿で
は,MOSトランジスタの微細化の現状と,極限CMOSの将来について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.トランジスタの微細化とスケーリング則
 3.半導体技術ロードマップにみるMOSトランジスタの微細化
 4.サブ10nmトランジスタ
 5.トランジスタの微細化限界
 6.極限CMOSの重要性
 7.極限CMOS開発の課題と解決策
 8.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
R&D
 カーボンナノコイルの合成と特性・・・・・・・・・・・・14
 Synthesis and Properties of Carbon Nanocoils

                          中山喜萬

 Yoshikazu Nakayama   大阪府立大学大学院 工学研究科 電子物理工学分野 教授 

 ナノコイルは特異な形態から,電磁波吸収材や電子源,微小領域の磁場発生・検出素子,ナノの
バネ,さらに電気や熱の伝導性,機械的強度,伸縮性などに優れた高機能性ナノコンポジット素材
として期待される。本稿ではこういったナノコイルの合成法,成長機構,大量合成に向けた取り組
みについて,また機械的特性および電界放出特性についても概説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.合成法
 3.Fe/ITO触媒を利用したコイル合成9,10)
 4.触媒の機能
 5.コイル径制御
  5.1 流量による制御
  5.2 鉄・インジウム・スズ合金酸化膜による制御
 6.微粒子触媒の開発
 7.ナノコイルの特性
  7.1 機械的特性
  7.2 電界放出特性
 8.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 カーボンナノコイル・ナノツイストの合成・・・・・・・・・・・・23
 Syntheses of Carbon Nanocoils and Nanotwists

                     滝川浩史

 Hirofumi Takikawa   豊橋技術科学大学 電気・電子工学系 助教授 

 らせん形状を呈したカーボンナノファイバーは,カーボンナノチューブの合成法と同じ触媒CVD法
によって合成できる。その形状は,触媒やプロセス条件などによって変化する。本稿では,コイル形
状を呈したカーボンナノコイルの量産的合成,およびねじれ形状を呈したカーボンナノツイストの膜
状合成について概説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.ヘリカルカーボンナノファイバー
  2.1 合成方法
  2.2 合成物
 3.カーボンナノコイル(CNC)の量産
 4.カーボンナノツイスト(CNTw)膜の合成
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 制振合金M2052製据え付けマウントによる研削加工性能の向上・・・・29
 Improvement of the Quality in a Surface Grinding Machine by using a Mount made of the Damping Alloy ,M2052

                     細谷武司

 Takeshi Hosoya   (株)セイシン 常務取締役 

 研削加工は,平滑で高精度な仕上げ面を得るための加工法であるが,その精度を左右する因子は
工作物砥石間の相対振動変位である。本研究は今までのアプローチである剛性と重量による共振周
波数対策ではなく,高強度で加工性の良い制振合金M2052を据え付けマウントと砥石フランジに利
用して,簡便で効果的な性能向上を実現した。

 ~目次~
 1.背景
 2.据え付けマウントと砥石フランジ部へのM2052の応用
 3.実験方法
 4.評価結果
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 カラー舗装用着色バインダー・・・・・・・・・・・・・・・・・38
 Color Binder for Color Pavement

                     博多俊之

 Toshiyuki Hakata   戸田工業(株) 創造本部 課長 

 カラー舗装道路を施工する場合に,従来はアスファルトプラントで別々に添加し,混合されていた
アスファルトと顔料をプレミックスし,2~30mm程度の固形状としたことにより,作業性に優れ,かつ
特性面においても優れたバインダーとした。今後さまざまな応用が期待されるカラー舗装用着色バイ
ンダー(当社製,品名:CSファルト)について紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.CSファルトの特長-作業面での特長-
 3.アスファルト特性
  3.1 バインダー特性
  3.2 アスファルト混合物特性
  3.3 低温カンタブロ試験
  3.4 舗装面の退色性
 4.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 反応性プラズマ蒸着法によるGa添加酸化亜鉛透明導電膜・・・・44
 Transparent Conductive Ga doped ZnO Thin Films Prepared by Reactive Plasma Deposition Method

  山本哲也 *1  岸本誠一 *2  池田圭吾 *3  酒見俊之 *4  粟井 清 *5
  白方 祥 *6  碇 哲雄 *7  中田時夫 *8  仁木 栄 *9  矢野哲夫 *10

*1 Tetsuya Yamamoto 高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター センター長・教授
*2 Seiichi Kishimoto 高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター 助教授 
*3 Keigo Ikeda    高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター
*4 Toshiyuki Sakemi 住友重機械工業(株) 
*5 Kiyoshi Awai   住重試験検査(株) 
*6 Sho Shirakata  愛媛大学 工学部 電気電子工学科 
*7 Tetsuo Ikari   宮崎大学 工学部 電気電子工学科 
*8 Tokio Nakata   青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 
*9 Shigeru Niki  (独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 光エレクトロニクス材料グループ
*10 Tetsuo Yano  (独)産業技術総合研究所 海洋資源環境研究部門 海洋環境材料開発研究グループ 

 Gaドーピングした酸化亜鉛薄膜(GZO)を反応性プラズマ蒸着法によって成膜した。基板温度は
200℃であり,Gaの含有量は3wt%である。本成膜条件での成膜速度は170nm/minであった。
抵抗率2×10-4Ω・cm ,キャリア濃度は8×1020cm-3,最大ホール移動度は29cm2/V ・secである。
可視光領域で透過率90%以上のものが得られた。反応性プラズマ蒸着法は酸化亜鉛薄膜の大面積製膜
も可能であり,1m角の大きさのGZO製膜に成功した。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.反応性プラズマ蒸着法(RPD法)
 3.実験結果と考察
  3.1 SEM像
  3.2 X線回析測定
  3.3 透過率
 4.大面積製膜
 5.おわりに

--------------------------------------------------------------------------------
機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(7)
 能動的な表面で液体を動かす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・55
 Displacement of Fluids by Active Surfaces

                             市村國宏

 Kunihiro Ichimura   東邦大学 理学部 特任教授 

 固体表面の構造変化は濡れ性を変える。熱,化学吸着,光,電場などによって誘起される表面の
構造変化が,濡れ性の変化として増幅されているとみなすことができる。固体の表面エネルギーに
これらの外部刺激によって勾配を設けることができれば,マランゴニ効果に基づいて液滴が動く。
これらについて,最近の研究動向を紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.マランゴニ効果
 3.温度変化で濡れ性を変える
 4.電場印加で濡れ性を変える
 5.表面吸着反応により液滴を動かす
 6.光照射で濡れ性を制御する
 7.デバイス化への道
 8.おわりに

--------------------------------------------------------------------------------
連載:高分子材料の実用性(3)
衣料,レンズ,医療分野-その3・・・・・・・・・・・・・・・・・66
 Foreign Clothes of Polyester,Lens of Plastics,Plastic of Medical Science

                               鴨川昭夫

 Akio Kamogawa   元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 ~目次~
 実用例-3
・引っ張っても切れない人工毛髪,台所用スポンジ…
-しわにならないワイシャツ
-生体になじむアクリル樹脂
-カードも紙も再利用時代に
-形状記憶樹脂の点滴針

--------------------------------------------------------------------------------
機能材料マーケットデータ 
電池用構成材料ケミカルスの現状・・・・・・・・・・・・・・・・・74

 ~目次~
 1.概要
 2.各種電池における開発・材料動向
  2.1 一次電池
  2.2 リチウムイオン電池
  2.3 ニッケル水素電池
  2.4 リチウムポリマー電池
 3.二次電池の市場動向
 4.二次電池メーカーの動向
 5.二次電池材料メーカー
4,400円
CONTENTS 8月号

創刊23周年特集:UWB技術の最新動向
超広帯域(UWB )無線技術の現状と展望・・・・・・・・・5
 Current Status and Trend of UWB Wireless Technology
                            河野隆二

   Ryuji Kohno   横浜国立大学大学院 工学研究院 知的構造の創生部門 教授  

 モバイル情報通信システムにおいて,機能材料・デバイス研究とシステム設計が実を結びつつある
超広帯域(UWB:Ultra Wideband)無線技術に関して,本特集では,独特の特性を有する機能材料の
応用領域として注目されるUWB無線の基礎から最新動向を中心に解説する。

~目次~
 1.はじめに
 2.UWB無線技術の要点
  2.1 UWB無線技術とは
  2.2 UWB無線技術の特徴
  2.3 UWB無線技術の主な応用
 3.UWB無線システムの研究開発
  3.1 NICTおよびUWBコンソーシアムによる産学官連携による研究開発
 4.UWBシステムの法規制化
 5.UWBシステムの標準化
 6.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
 UWB信号伝送方式 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12
 UWB Signal Transmission Systems
                       原 晋介

 Shinsuke Hara   大阪大学大学院 工学研究科 電子情報エネルギー工学専攻 助教授  

 UWBは従来の無線システムにはないさまざまな特徴をもっているため,その特徴を生かした
種々の信号伝送方式がこれまで提案されてきている。ここでは,UWBの生い立ちから無線パーソ
ナルエリアネットワークへの応用を中心にして,UWB信号伝送方式を解説する。

~目次~
 1.はじめに
 2.UWBの定義
 3.インパルス無線タイプのUWB信号
  3.1 メリット
  3.2 デメリット
 4.マルチバンドタイプのUWB信号
  4.1 MB-OFDM
  4.2 Two Band DS-CDMA
 5.おわりに
 6.
 7.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
UWBシステム装置化およびデバイス化の現状と課題 ・・・・・・19
  Current Issues on UWB System and Device Implementation
                             笠松章史

Akifumi Kasamatsu(独)情報通信研究機構 無線通信部門 ミリ波デバイスグループ 研究員 

 UWBシステムの装置化をめざす立場から,技術動向の概要と,具体的に想定される技術課題の
いくつかを取り上げ,現状と今後の可能性について述べる。さらに,独立行政法人情報通信研究
機構を中心に結成されたUWBコンソーシアムでの活動を紹介し,UWBシステムの装置化検討の一端
を示す。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.UWBシステム装置化の動向と課題
  2.1 DS-SS方式
  2.2 MB-OFDM方式
  2.3 その他の方式
 3.NICT UWBコンソーシアムでの取り組み
  3.1 CMOS-MMIC試作
  3.2 SAWデバイス試作
  3.3 受動部品特性評価
  3.4 UWBアンテナ特性評価
 4.回路技術および半導体デバイス技術からみた課題
 5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
UWBマイクロ波応用領域・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26
 Application for Systems using Microwave UWB
                           坂根敏朗
   Toshiaki Sakane    富士通㈱ モバイルシステム事業本部 担当部長 

 2002年2月14日に,米国FCC(連邦通信委員会)が,Ultra Wideband(UWB)無線技術を用いた
製品の販売と利用を許可すると報道された。元来,UWB技術は軍用に研究開発されていたものであ
るが,技術基準を発表し,UWBの民生機器への応用を認可したのである。しかし,量産・商用化す
るにはさらなる研究開発,標準化ならびに法制化など検討すべき課題が多いのが現状である。UWB
無線技術は,一般に普及している通信技術と比較してきわめて低い送信電力でしかも超広帯域
(比帯域が25%を超える)を利用する通信技術である。超高速伝送のみならず,高分解能な測距
測位も同時に行うことができる。今後は通信領域ばかりではなく,センサーやレーダー領域への応
用も期待されるユビキタスネットワーク時代に向けたワイヤレス技術である。ここでは,UWBの基
本的な伝送技術とマイクロ波における応用分野ならびに標準化動向について紹介する。

~目次~
 1.UWB伝送技術
  1.1 変調方式
  1.2 多元接続
  1.3 復調の原理
 2.WPANとUWB
  2.1 米国FCCの動向
  2.2 WPAN(Wireless Personal Area Network)
 3.マイクロ波応用領域
  3.1 屋内通信の応用例
  3.2 屋外通信の応用例
  3.3 地中探査・壁内部探査・医療システムおよび透過映像・監視システムの応用例
  3.4 医療分野のイメージシステムの応用例
 4.標準化の動向
  4.1 IEEE802.15 TG3aの状況
  4.2 IEEE802.15 TG3aの物理層通信方式
 5.日本の標準化の動向
 6.今後の動向


--------------------------------------------------------------------------------
24GHz UWB 短距離車載レーダー・・・・・・・・・・・・38
 24GHz UWB Short Range Radars for Vehicular Applications
                           廣瀬敏之
   Toshiaki Sakane    シーメンス㈱ 移動通信技術推進部 担当部長 

 24GHz帯を用いる超広帯域短距離車載レーダー(SRR)の開発と,周波数の世界的な割り当てを
求める動きが並行的に進められている。この論文は,欧米における周波数割り当ての状況,SRRの
機能と性能,およびヨーロッパで開発されているSRDの変調方式について概要を記載している。

~目次~
 1.はじめに
 2.欧米における周波数割り当ての状況
 3.24GHz SRRの機能と性能・定格
  3.1 24GHz SRRの機能
  3.2 24GHz SRRの性能・定格
 4.ヨーロッパで開発されているSRDの変調方式
  4.1 パルス周波数ホッピング方式
  4.2 直接拡散方式PN-BPSK


Material Report
Review
微生物分解性樹脂の進歩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45
 Biodegradable Plastics ?Recent Progress
                         田中紀男

 Norio Tanaka   田中高分子技術研究所 代表 

 ナノ粒子を用いた複合化技術は,新物質の創製を比較的容易に実現できるため,ナノパーティ
クルテクノロジーを新たにブレークスルーする手法の一つとして期待されている。本稿では当社が
最近開発を行った機械的複合化装置ノビルタと気相化学反応装置ナノクリエータの2つの複合化技
術を取り上げて,それぞれの技術的なデータを具体的に紹介する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.微生物分解性ポリマーの合成
 3.将来の展望


--------------------------------------------------------------------------------
R&D
フラーレン誘導体ナノウィスカー・・・・・・・・・・・・49
 C60 Derivative Nanowhisker
                     増野匡彦 *1  宮澤薫一 *2

*1 Tadahiko Mashino  共立薬科大学 薬学部 教授 
*2 Kun ichi Miyazawa (独)物質・材料研究機構物質研究所 エコデバイスグループ 主幹研究員 

 フラーレンナノウィスカーは,ナノチューブに匹敵する新規素材として期待されている。本稿では
置換基を有するフラーレンナノウィスカーを紹介するとともに,これの作製および応用を考える際の
基礎となるフラーレン誘導体について解説する。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.フラーレン・ナノチューブ研究の動向
 3.ナノウィスカー
 4.フラーレン誘導体
  4.1 フラーレンの化学反応性
  4.2 フラーレン誘導体の物性
 5.フラーレン誘導体ナノウィスカー
  5.1 フラーレン誘導体ナノウィスカーの作製
  5.2 フラーレン誘導体ナノウィスカーの特性
 6.フラーレン誘導体ナノウィスカーの展望


--------------------------------------------------------------------------------
機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(6)
液晶光配向の展開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56
 Extensive Techniques of Liquid Crystal Photoalignment
                             市村國宏

 Kunihiro Ichimura   東邦大学 理学部 特任教授 

 高分子薄膜の光配向状態がさまざまな液晶層へ転写,伝達される例を説明し,トリガー増幅の
多様性を示す。配向転写が可能な液晶として,通常の低分子系ネマチック液晶のみならず,コレス
テリック液晶,ディスコチック液晶,さらにはリオトロピック液晶がある。熱アニール処理によっ
て光配向状態を増強させてから液晶層の配向制御をする手法は,2段階のトリガー増幅に属するこ
とについても述べる。

 ~目次~
 1.はじめに
 2.水平的な展開
 3.ディスコチック液晶
 4.コレステリック液晶
 5.リオトロピック液晶
 6.2段階トリガー増幅
 7.まとめ

--------------------------------------------------------------------------------
連載:高分子材料の実用性(2)
衣料,レンズ,医療分野-その2・・・・・・・・・・・・・・・・・67
 Foreign Clothes of Polyester,Lens of Plastics,Plastic of Medical Science
                               鴨川昭夫

 Akio Kamogawa   元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科 

 ~目次~
 実用例-2
 記録の出る陸上トラック,空中に浮かぶ魚・・・・
 -プラスチックゴミと水鳥の受難
 -グニャグニャ感覚を遊ぶ

--------------------------------------------------------------------------------
INFORMATION CORNER ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74
おすすめの購読プラン

機能材料 雑誌の内容

あらゆる材料の高機能化に対応する総合機能材料情報誌
本誌は日本で初めての総合機能材料情報誌として創刊1981年以来、あらゆる材料・形態の高機能化情報を提供して参りました。弊社の豊富な蓄積と情報網をもとに、機能材料関連の動向を深く広範囲に正確に捉え、「仕事に直結する」最新技術・市場情報を掲載しております。

機能材料の無料サンプル

2010年11月号 (2010年10月05日発売)
2010年11月号 (2010年10月05日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   機能材料の目次配信サービス

機能材料を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2022年04月26日発売

目次:
Newton Special

ゼロからよくわかる

数学教養教室 指数・対数編

監修 小山信也

執筆 山田久美

スマホの「ギガ」,地震の規模をあらわす「マグニチュード」,ウイルスの感染者数の増加曲線など,指数・対数は身近にひそんでいる。指数・対数の基本をゼロからやさしく解説しよう。

Newton Special(2)

防災・減災のための第一歩

天気と気象の科学知識


異常気象や気象災害にそなえるためには,天気や気象のしくみを正しく知ることが重要だ。実際におきた気象現象や災害を通じて,天気と気象のメカニズムをやさしく解説する。

監修 筆保弘徳
執筆 今井明子

FOCUS Plus

工学

「第6の指」がひらく身体拡張の未来

協力 宮脇陽一/ゴウリシャンカー・ガネッシュ

執筆 山本尚恵

Super Vision

世界で最も完全なトリケラトプス

監修 林 昭次

執筆 中作明彦

Topic

灼熱の物理学

300℃から5兆℃まで,私たちを取り巻く高温の世界

監修 鎌田 裕/川岸京子

執筆 中野太郎

Topic

世界の最新ロケット


超大型から小型まで。官民がしのぎをけずる開発競争

監修 森田泰弘

執筆 加藤まどみ

Topic

嫌悪の心理学

私たちの心に消しがたく存在するネガティブな感情の正体とは

監修 岩壁 茂

執筆 前田 武

Topic

最期の閃光─超新星爆発

宇宙の大爆発がもたらす,星々の輪廻転生

監修 戸谷友則

執筆 小熊みどり

Topic

進化をつづける「地図」の科学

人工衛星やデジタル化,地理情報システムによって,地図はここまで進化した

監修 若林芳樹

執筆 北原逸美

Nature View

南アメリカ─動物の楽園

多様性に富んだ生物たちが暮らす大陸

監修 幸島司郎

執筆 薬袋摩耶

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2022/03/26
    発売号

  • 2022/02/26
    発売号

  • 2022/01/26
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

2 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
24%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2022年04月25日発売

目次: 【特集:時空の起源】 
 創発する時空 量子情報がもたらしたパラダイム
 「時空の創発」ってどういうこと? 細谷曉夫氏に聞く
-----------------------------------------------------------------
【特集:コロナで世界はどう変わったか】
 データ解説 コロナ禍の社会変化?
 ついに始まったmRNA 医薬の時代
 変異株を追跡 暴かれたオミクロン株の正体
 コロナ後遺症が変えた慢性病のとらえ方
 実験室から現場へ 検査を革新したPCR技術
 なおも消えないウイルス起源の陰謀論
 遠のく脱格差社会
-----------------------------------------------------------------
アンドロメダとの衝突 天の川銀河の最後の姿

トランスジェンダーの人々を守った最初の医師
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇フロントランナー挑む
 人間はなぜ攻撃的なのか 愛憎の根源に迫る:黒田公美(理化学研究所)

◇SCOPE:AIフェイクの攻防/木質バイオマス発電への疑問/鉄剣,隕石から低温鍛造
 カーボンナノチューブで“ 脱炭素”/スプレーで植物を一時的に改変

◇ADVANCES:極小の虫の飛翔法/過密で加速/温暖化でアホウドリが離婚/
 期待高まる超低磁場MRI/圧力かけても流れない/満腹を感じる脳/海洋生物の重さ/
 社会性昆虫の社会的距離/ニュース・クリップ/視野の外を見る

◇From Natureダイジェスト
 核融合のエネルギー発生量で新記録/CAR-T細胞療法実施から10年

◇グラフィック・サイエンス:ダイナモ機構を探る
◇パズルの国のアリス:拠点巡り
◇BOOK REVIEW
 『情報発信者の武器』 鈴木光太郎,
 『がんは裏切る細胞である』 丸山 敬,
 <連載>森山和道の読書日記 ほか
◇サイエンス考古学
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,121円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

3 天文ガイド

誠文堂新光社

最大
50%
OFF

天文ガイド

2022年05月02日発売

目次: 【特集】
〇手軽なシステムで迫力の天体像を観る
自宅ではじめる電視観望/Sam
特集は「自宅で始める電視観望」。最近注目されている新たな観望スタイルが「電視観望」です。市街地の空からでも星雲などの天体を色味のある姿で観察することができ、かつ手軽な機材で始められるため、人気が高まっています。電視観望とはどのようなものかを紹介しながら、まずは自宅で楽しむための具体的な方法をじっくりと紹介します。



〇天体観望が変わる!?
デジタル望遠鏡 eVscope 2/沼澤茂美
ニコンとユニステラ社のコラボレーションによる新時代の望遠鏡「eVscope 2」。ワンタッチで見たい天体を視界に入れることができ、眼視で見にくい天体も明瞭な姿として観望することができる、新時代の望遠鏡です。フィールドでの試用インプレッッションを紹介します。



〇5月27日 昼間の金星食/早水 勉
5月27日の昼間に金星食が起こります。食が見られるのは九州南部~南西諸島で、九州南部の限界線の近くでは金星の一部がかくされます。そのほかの地域でも27日と28日の明け方に月と金星の接近を楽しむことができます。注目の現象を詳しく紹介します。



〇コニカミノルタ プラネタリアYOKOHAMAオープン/塚田 健
3月24日に横浜のみなとみらいエリアにオープンした「コニカミノルタ プラネタリアYOKOHAMA」。昨秋オープンの「コニカミノルタ プラネタリウム満天NAGOYA」と同じく自発光するドームシステムを採用した同社直営の最新型プラネタリウムです。プラタリアYOKOHAMAの目玉は番組投影中にプラネタリウムの空を視聴者がスマホで撮影できること。オープン初日に取材、注目のプラネタリウム館を紹介します。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2022年04月30日発売

目次: 【特集】
○まるごと一冊 未来に残す 世界の森林
●森林の未来
世界各地で、猛暑と干ばつによって森林の木が次々に枯れている。しかし、世界の国々が力を合わせれば、被害を最小限に抑えることができる。
●火をもって火を制す
オーストラリア先住民の人々が伝統的な火入れを復活させて、増加傾向にある大規模な森林火災を抑えようとしている。
●マルミミゾウの森
ガボンの森林では、夜の気温上昇や降雨量の減少によって果実の量が減り、マルミミゾウが脅かされている可能性がある。
●森林を救う四つの方法
別の土地へ移植するか、植林を進めるか、DNAを改変するか、それとも、何もせずに自然に任せるか?炭素を吸収してくれる森林を助けるには、どの方法がベストだろう?

○特製付録:消える世界の森林/熱帯雨林のバランス
数十年の間に世界の森林がどのように変化してきたかを、詳細なグラフィックと地図で見てみよう。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「春を告げる霧幻の森」
山形県の白川ダム湖では、雪解け水が流れ込み、1か月だけ、水の中から木々が生えているかのような幻想的な光景が現れる。写真家の小関一成が記録した。
●EXPLORE 探求するココロ
「伐採されなかった森」「3.6億年前の森は?」「森づくりで豊かな漁場を」「白いセコイアの木」

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「干潟に立つ大鳥居」
●今月の表紙:デンマークの首都コペンハーゲンの郊外にある森につくられた高さ45メートルのらせん形の通路。新しい視点で森を眺めて、楽しむことができる。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2022/03/30
    発売号

  • 2022/02/28
    発売号

  • 2022/01/28
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/11/30
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

5 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2022/05/12
    発売号

  • 2022/05/05
    発売号

  • 2022/04/28
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/04/14
    発売号

  • 2022/04/07
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2022年03月15日発売

目次: トップリーダーに訊く「環境配慮型経営」
第9回
経済合理性と環境が正しく循環する社会を目指して
カルビー株式会社代表取締役社長兼CEO伊藤秀二 氏

特集1
株式市場再編で加速するカーボンニュートラル
2022年4月より、東京証券取引所は「プライム」「スタンダード」「グロース」体制へ
東京証券取引所

TCFD賛同企業No1の日本 環境立国として、世界をリードできるか
一橋大学CFO教育研究センター長  TCFDコンソーシアム会長 伊藤邦雄氏

CO2排出量算定・削減クラウドサービス+ SXコンサル支援の両方を提供
アスエネ

サステナビリティ戦略の強化が企業成長のカギ
みずほリサーチ&テクノロジーズ

積極的な情報開示で脱炭素系技術を投資家にアピール
経済産業省

第24回環境ビジネスフォーラムレポート
脱炭素経営の実践へ
CO2削減とエネルギーの効率化

CO2削減と事業の進化・創出を
ボストンコンサルティンググループ

緩和と適応で多角的な対策を推進
カルビー

カギは手法・削減量・費用の明確化
ソコティック・サーティフィケーション・ジャパン

特集2
環境先進企業が取り組むCO2排出削減量の可視化

カーボンニュートラル社会に向けた企業の長期戦略の重要性
三菱総合研究所

国内外サプライヤーの排出削減意識と調達側企業の意識との間に温度差
ジェトロ

カゴメはサプライヤーの削減努力をスコープ3に反映する算定方法を探る
カゴメ

配合飼料トップメーカーが業界を牽引し、 ESG/SDGsに取り組む
フィード・ワン

温室効果ガス排出量削減につながる可視化から実行まで伴走で支援
NTTデータ

特集3
COP26で注目が集まる市場メカニズムとビジネスチャンス

パリ協定6条運用ルールが合意 世界共通の巨大な COクレジット市場が誕生
環境省

クレジットの質が問われる時代 国内外の状況を見極めた戦略が重要
伊藤忠総研

拡大するカーボン・クレジット市場
需要と供給、守りと攻めのバランスがビジネスのポイント
ボストンコンサルティンググループ

クレジットの本質を見極め正しい価値観でビジネスを行うことが重要
みずほリサーチ&テクノロジーズ

特別企画
洋上風力に課せられる地域固有の産業支援・創生

三菱商事FIT上限の 1/2価格で総落札 洋上風力発電事業の根底を覆す
環境ビジネス編集部

洋上風力発電の入札上限額 29円の不具合  2040年30~45GW達成に早くも赤信号
環境ビジネス編集部

三菱商事は洋上風力の再エネ電力を産業界全体でフル活用する
環境ビジネス編集部

水揚げ日本一銚子漁港の 30年後を見据え 漁業との共生と新産業の創出を探る
銚子市

特別企画
太陽光発電の現状と
2030年稼働目標達成へ“課題と重点施策”

公共建物50%に太陽光発電を導入し公共部門全体で 60GW導入を見込む
環境省

市場が急縮小の中、野心的な目標を掲げる JPEA
太陽光発電協会

2030年に7円/kWhを達成し太陽光発電の自立化を実現するには、
事業者の開発意欲と市場規模の維持が必要
環境ビジネス編集部

巻頭グラビア
未来環境都市 Smart DOTS and Soft MOBS
オーガニック花火  SPARK
水上移動式住居 Floating Habitat
気候原理主義?欧州社会にしっかり根をおろすグレタ世代

スペシャル対談
企業の脱炭素経営と働き方改革をオフィス面からサポート
EPSON×オウルズコンサルティンググループ 羽生田慶介氏

TOPICS
洋上風力発電で「国内・地域サプライチェーン」

環境キャリア
デジタルとグリーンの融合で、新領域を開拓していくコンサル部隊
NTTデータ経営研究所

FOCUS
企業の脱炭素に、“オンリーワン”のソリューション提供
関西電力

自己治癒コンクリートで脱炭素化モデル構築へ
會澤高圧コンクリート

絶縁型双方向DC -DCコンバータ『 EZAシリーズ』
TDKラムダ

高度な制御技術で充放電容量 15%向上、コストも 20%削減
ファーウェイ・ジャパン

独自技術を社会実装し、脱炭素・循環型社会の構築に貢献
放電精密加工研究所

データ入力作業なしで、 CO2排出量を自動算出
e-dash

BUSINESS CASE
百貨店が挑戦する環境配慮型の売り場づくり

COLUMN
日本文明を環境から解き明かす 第19回
「初めての都市のダム」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

日本文明を環境から解き明かす 第20回
「平和から生まれた国土と共同体-260年間の江戸時代-」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
SDI

ハダニの薬剤抵抗性が教えてくれた多様性の意義
国立環境研究所五箇公一氏

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

洋上風力発電と漁場
農林水産政策研究所上席主任研究官梶脇利彦氏

Offshore Wind
日本気象高祖研一氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業渋谷正信氏

漁業と洋上風力との共存の道を探る
一般社団法人海洋産業研究・振興協会塩原泰氏

再エネ海域利用法と漁業との関係
前水産庁計画課計画官(現加工流通課課長補佐)冨樫真志氏

新刊案内

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
一般社団法人炭素回収技術研究機構( CRRA)代表理事・機構長村木風海氏

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

7 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2022年05月10日発売

目次: 2022年5月10日号の主な内容

■ニュース
・物価高&円安、漂う期待と不安 リユース業界への影響
・雑貨・食品が半額、全国120店 東亜産業
・パソコン修理「スマホドック24」 PC買取に参入 
・個人向けにリユース開業支援 プレジャーリンク
・大須にブランド時計の新店 「ブランドシップ」
・板蔵ファクトリー 一枚板製品のサブスク
・就労移行支援、修了者を雇用 ブックオフFCのメディアパワー
・古着卸、5年で年商8億 山久商会
・スポーツバイク、24H貸出し ZuttoRide Sharing
・大黒屋HD がJTBと提携 査定額110%をトラベルポイントに
・学生服とスケートの中古レンタル リユース業のぎゃくし
・店の混雑状況を見える化 電材買取センター
・関西に初出店、駅ビルで古着 デザートスノー
・企業の余剰在庫、フリマ出品代行 モノテクノロジーズ
・メンズ古着卸を強化 プロジェクトカラーズ
・商業施設で古着回収 ウィファブリック
・真贋・ささげを代行 ルクレール
・ジュエリー時計の一括査定サイト ジュエルネット
・海外バイクの中古品・サブスク チャンピオン76
・体験型ストアで調理家電お試し レンティオ

■トップインタビュー
REGATE 十河 良寿社長
「出張買取、年商70億。古美術取扱いで成長」

俳優・中尾彬さんがTVCMで、「福ちゃんだね」と宣伝する出張買取サービス。これを運営するREGATEが成長している。前期年商は前年から20億円増の70億円。新卒採用も100人規模と組織を拡大中だ。十河良寿社長に戦略を聞いた。

■トピック 
「小中高生、PCが身近に“学び舎”でリユース品活躍」

プログラミング教育の必修化や、大学入学共通テストに「情報」が追加されるなど、教育の中身がひと昔前と比べ様変わりしてきている。オンライン授業も浸透し小中高生にとってパソコンが身近なものになる中、「学び舎」でリユースPCが活躍する事例も生まれている。若年層への中古品循環が上手くハマれば、新たなマーケットを作り出せそうだ。

■コーナー
◎市場考察
トレジャー・ファクトリー 野坂 英吾 社長
「物価高でもリユースは強く」

◎STUDYレポ
ATC JAPAN AUCTION
「比向けコンテナ輸出解説」

◎小トピック1
ジャニヤードに聞く
新旧ジャニーズアイドルグッズの価格事情

◎小トピック2
中古ぬいぐるみ事情
「かさばる割に低単価 それでも扱う理由は?」

◎小トピック3
アパレルメーカーのリユース事業参入が増加
リユース事業の考えや取組みを紹介

◎リユース初心者の部屋
査定初心者が使いやすい相場検索ツール
「相場観、鑑定眼を養うには」

◎Z世代
古着屋「リリー・オブ・ザ・バレイ」(茨城県)
現役筑波大生が運営

◎リペア通信
リサルト(サルト・愛知県)
「洋服リフォーム専門店」

◎リユース×テクノロジー
「出品ロボ」 (プライスバンク・東京都)
アパレル製品の出品作業を支援するアプリ

◎注目の取り組み
ぼくの書店(福岡県)
「Z世代によるシェア本棚」

◎VOICE
テーマ「今関心のあること、知りたいこと2」
1.中古の宝石価格や市場全体がどうなっていくのか知りたい/某買取店
2.ヨーロッパでどんな中古品の需要があるのかを知りたい/KRC

■連載
◎古着店が同業者に知られたくない 古着卸店
「テンストライク(埼玉県川口市)編」
ミニマム以上購入で20%オフ、一般購入も可

◎古物商のためのトレカ入門
「トレカ査定時のポイント、見分け方とは?」
ポケカ、「プロモ」マークは高額チャンス

◎繁盛店の店づくり
RIENINAL(リィエニナル、東京)
「サステナブルがテーマWEGOの新レーベル」

◎WEB集客カイゼン講座
「Web集客方法のまとめ回」
潜在層にアプローチできている企業に優位性

◎交友録
色川商事(神奈川県)色川大亮氏→
地新(神奈川県)稲垣良介氏
「20代半ばで店と市場を立ち上げた凄い人」

◎この店で一番高いモノはこれだ!
オールワン(大分県)
「アンティークのキャンドルスタンド 30万円」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

最大
47%
OFF
送料
無料
参考価格: 2,000円 定期購読(3年プラン)なら1冊:1,056円

電子・情報・通信技術の総合誌

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2022年05月01日発売

目次: 特集//コールドチェーン2022最新事情 ~鮮度維持して届ける輸送・保管・管理
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ある意味で日本物流の“お家芸”的なアドバンテージを有していたコールドチェーンのノウハウはアジアへの幅広い展開を期待できる貴重なアセットと言えるだろう。J-SASとISOの両輪で歩みを進める国交省のロードマップがその1つの指標になることは間違いない。その一方で今月号特集では,複数の取材対象から,コロナ禍,エネルギー問題,勃発した国際紛争等の影響による様々な懸念材料が異口同音に発せられている。安定した低温での管理が大前提のコールドチェーンにとって,その源となるエネルギー供給の不安は深刻な影を落としかねないものだ。本誌では,コールドチェーンの安定的な発展を願って,今後とも注視していく。 (編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

■特集
[国土交通省]
日本式コールドチェーン規格のASEANでの普及進める
◎国土交通省 大臣官房参事官(国際物流) 大坪弘敏氏

[日本冷蔵倉庫協会]
電力コスト上昇が最大の業界課題 T11主導のパレット標準化に異論
◎(一社)日本冷蔵倉庫協会 理事長 土屋知省氏

[ニチレイロジグループ本社]
持続可能な物流の構築に向け2024年問題が最優先課題
◎㈱ニチレイロジグループ本社 取締役執行役員 業務統括部長 葛原雅人氏/業務統括部 業務革新担当 部長 勝亦 充氏

[横浜冷凍]
DXで冷蔵倉庫の働き方改革を 作業品質の追求で自動化に自信
横浜冷凍㈱ 執行役員 冷蔵事業本部長 兼 冷蔵業務品質部長 兼 京浜ブロック長 内山卓爾氏/IT戦略企画部 部長 兼 システム管理部 部長 阿部広康氏

[豊島区/トールエクスプレスジャパン]
超低温のワクチン輸送ラストマイル 3師会協調の豊島方式とは?
◎正確な温度維持管理とフレキシブルな配送を両立

■企画
[MF REPORT]
フィジカルインターネットシンポジウム2022
◎ロードマップも定まり社会実装へ向けた次なる課題に向け激論!

[FOCUS]日立物流南関東×オムニヨシダ×Mujin
重労働から解放し生産性向上を達成するオムニデパレシステム(ODS)

[NEWSスペシャル特別編]
物流博物館展示「平原 直展」いよいよ5/8?で終了
日本の「荷役近代化の父」の足跡に触れるラストチャンス!

[NEWSスペシャル特別編]
パナソニック コネクト発足記者説明会を開催

[展示会REPORT]
JAPAN PACK2022 日本包装産業展/リテールテックJAPAN2022/2022国際ロボット展[iREX2022]

■連載
[チャイナレポート]14
《キーパーソンインタビュー》書物による知識をより身近なものに出版業界の物流スムーズ化をAMRがサポート…雲南出版集団物流有限責任公司 総経理 楊林暉氏/
《物流改善事例》爆買いでも倉庫の機能は安定運用を持続,日本ブランド300社のEC物流を支える耐震スマート物流倉庫ソリューション…APT・GALAXIS/
《ニュースフラッシュ》

[LOGI裏の統計学]13
輸送マッチング業界の実態と拡大への方策は 1兆円の巨大なマッチング市場を狙い,新規参入が次々と
◎合同会社サプライチェーン・ロジスティクス研究所,城西大学非常勤講師/久保田精一

[システムの眼Ⅱ]70
“会社の存在意義”が話題に
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 92《おススメ書籍》ひとくちガイド]
マッキンゼーが読み解く食と農の未来~業界の壁を壊し、協働を最適化せよ(日本経済新聞社)
老人ホームリアルな暮らし~入ってみなきゃわからない これがホームの「掟」だ!(祥伝社新書)
処世術~自分らしく生きる方法(ちくま文庫)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

機能材料の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌