The Clarinet (ザクラリネット) 発売日・バックナンバー

全62件中 1 〜 15 件を表示
1,650円
【Cover Story】
ジョエ・クリストフ

クルージュ国際音楽コンクール(最優秀賞)やARD国際音楽コンクール(ミュンヘン国際音楽コンクール)での1位優勝と輝かしい実績を誇る若き俊英ジョエ・クリストフ氏。そのジョエ・クリストフ氏が、シルバ・オクテットのメンバーとして、昨年夏に福島のふくしん夢の音楽堂と東京オペラシティでの公演のため来日。そのコンサート前日、まだ日本に到着したばかりの氏に取材を申し出たが、屈託のない笑顔で受け応えてくれる爽やかなナイスガイで、しかも見ての通り超イケメン。天から二物も三物も授かったギフテッドに、いまクラリネット界の注目が集まっている。


【Special Contents】
演奏家、楽器の行く末は……
クラリネットのまだ見ぬ未来

1700年ごろに誕生した、木管楽器の中では比較的新しいクラリネット。19世紀に入ると「ベーム式」(フランス管)、そして「エーラー式」(ドイツ管)も登場し、大きな発展を遂げました。以来、同属楽器も数多く開発され、オーケストラや吹奏楽をはじめ、ジャズ、ポップスなど様々なステージで目にする楽器となっています。楽器自体も時代の流れに合わせて進化しながら様々なニーズに対応した機種が次々と生み出されています。
その一方で、日本にはソリストやフリーランスとして、またプロのオーケストラや吹奏楽団といった各方面で活躍しているプロ奏者が数多くいます。そんな中、YouTuberなどといった新たなフィールドも開拓され、さらに活動の場が広がっています。
演奏家、そして楽器や仕掛けと、クラリネットを取り巻く環境は日々変化していますが、今後のクラリネット界はどのような発展を遂げるのか……。
今回はクラリネットの現在、過去、未来について様々な角度から、様々な方に意見や感想を述べてもらいます。

●演奏家編
その1 クラリネット往古来今 83sによる座談会
その2 クラリネットの未来を創造しよう!
●楽器編
その1 メーカーに聞く! クラリネットの未来予想図
その2 クラリネット管体材料の現在、過去、未来


【特別企画】
全国クラ吹き一斉リサーチ!
Share the CLARI.net

あるアマチュアクラリネット愛好家が抱いた素朴な疑問。
その答えを求めて、The Clarinet編集部が全国各地のアマチュアクラリネット愛好家を対象に大規模アンケートを実施しました!
仕事や勉強に家事、育児。音楽以外にもやることが数多くある中で、なお音楽を続ける熱心な愛好家たちのクラリネット・ライフを一斉調査!
合計300件を超えた回答を元に、世のクラ吹きたちがどのように日々演奏活動に勤しんでいるかを調べました!


【Close Up-1】
パトリック・メッシーナ
【Close Up-2】
AQUAMUSE×谷口英治

【Gear Report】
The Clarinet Shopオリジナル
Abelia E♭クラリネット&バス・クラリネット

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『希望のうた』(MISIA 歌)〈3B♭Cl&Bass-Cl〉

【Topics】
・アルソ出版 タイアップ企画第24回大阪国際音楽コンクール
・第2回大人のくらりねっとこんてすと

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
CLARINET in New York[最終回]Tei Yuki
クラリネット仕掛人[最終回]木村健雄
のらりクラリNET[最終回]谷口英治
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[最終回]辻本美博
クラ吹き駆け込み寺[最終回]赤坂達三
Clarinet Information
RECOMMEND DISC

【音源連動Score】
365日の紙飛行機(AKB48 歌)〈B♭Cl&Pf〉

【ダウンロード音源&楽譜】
・Moonlight Serenade〈4B♭Cl〉
・Subtitle〈3B♭Cl&BassCl〉
・「ベルガマスク組曲」より 月の光〈3B♭Cl&BassCl〉
1,650円
【Cover Story】
チャールズ・ナイディック&大島文子
Charles Neidich & Ayako Oshima

【Special Contents】
培ったノウハウと技術の粋を集めた逸品
人気5ブランド、フラッグシップモデル集結!

【Gear Report-1】
SELMER Paris社よりクラリネット“Muse”新生
サトーミチヨさん、有馬理絵さんがレコメンド
【Gear Report-2】
BUFFET CRAMPONの次世代モデル
亀井良信、BCXXIを語る!

【Event Report】
第28回 浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル

【Close Up-1】
ベンジャミン・メルフォント Benjamin Mellefont
【Close Up-2】
小和田芽愛 Mei Kowada

【特別企画】
世界的ブームのシティ・ポップをカッコよく吹く!
ポップクラリネットアーティスト Micina

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『ツバメ』(YOASOBI 歌)3B♭Cl+Bass Cl

【Topics】
・マイケル・コリンズ クラリネット・リサイタル -小川典子(ピアノ)とともに-
・PRAGUE SPRING INTERNATIONAL MUSIC COMPETITION 2022 プラハの春 音楽祭コンペティション
・木管六重奏Halocline(ハロクライン)梅雨時ライブ
・スウィングメイド・オーケストラコンサート ベニー・グッドマントリビュート
・The Narmen Clarinet Ensemble 1stアルバムのレコーディング終了!

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
CLARINET in New York[第32回]Yuki Tei
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第15回]辻本美博
クラ吹き駆け込み寺[第33回]赤坂達三
のらりクラリNET[第43回]谷口英治
クラリネット仕掛人[第29回]木村健雄
RECOMMEND DISC
Clarinet Information

【音源連動Score】ク・ラブ
♪中央フリーウェイ
♪君は天然色
♪Down Town
1,650円
【音源連動Score】
♪Lullaby Of Birdland
♪Everything Happens To Me
♪Star Eyes
♪Lotus Blossom

【Clarinet in New York Special Cover Story】
アナット・コーエン
Anat Cohen
現代ニューヨーク・ジャズシーンでNo.1と評される女性ジャズクラリネット奏者のアナット・コーエンさんが登場。イスラエル第2の都市であるテルアビブ出身の彼女は、2008年から2018年まで毎年のようにクラリネッティスト・オブ・ザ・イヤーに選出されました。現在はニューヨークを中心に活動しており、近年ではブラジルの伝統的な音楽にも挑戦し、話題を振りまく才能豊かなプレイヤーです。
そんな彼女に、これまでの活動についてお聞きしました。今回はCLARINET in New Yorkのスペシャル版として、アメリカ・ニューヨークより現地リポートでお届けします。

【Special Contents】
超定番モデルから人気急上昇の最新モデルまで
これだけは知っておきたい!
いま注目のマウスピース43選
試奏:日本フィルハーモニー交響楽団 照沼夢輝

現在、クラリネットのマウスピースは様々なメーカーから数多くのモデルが販売されています。これまで、バンドーレン製の5RV系やB40系などに人気が集中していましたが、近年では各メーカーのマウスピースの精度も上がり群雄割拠の時代に突入していると言えます。
しかし、そのマウスピースを使用する側のクラ吹きは、材質や、ティップオープニングとフェイシングの違いなど、マウスピースについて知らないことも少なくありません。
そこで、現在注目を集めるクラリネット用マウスピース43本をプロ奏者に試奏していただき、音色の傾向などを解説していただきます。
今回は、バンドーレン5RVに近いティップオープニング(やや狭め~中庸)のものから、バンドーレンB40(やや広め)のオープニングサイズのものを中心に取り揃えました。
なお、各マウスピース最良のパフォーマンスを引き出すために数種類のメーカー、硬さのリードを使ったうえで、日本フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者として活躍する俊英 照沼夢輝さんに徹底的に試奏、検証してもらいました。

【 Gear Report-1】
ビュッフェ・クランポンBCXXI × ポール・メイエ
2021年11月12日に世界同時配信による新製品発表会が行なわれ、その後クラリネット界の話題を独占したビュッフェ・クランポンの新機種【BCXXI】(BC21)。日本では2022年の販売を予定しており、ビュッフェ・クランポンのB♭クラリネットの中では最上位レベルの機種の位置づけとなります。研究開発チームが長年夢見てきた21世紀の新たな進化、あらゆる限界を超える次世代のクラリネットです。今回はテスターを務めた演奏家の一人であり、世界的なクラリネット奏者でもあるポール・メイエ氏に、BCXXIの開発にどのように携わったのか、そしてこの楽器の魅力を語っていただきました。

【Gear Report-2】
ヤナギサワ リガチャー「Yany SIXS」 亀居優斗、瀧本千晶 試奏レポート
音色・響きを追求した画期的な構造とハイスペック感漂うルックスで、発売以降クラリネット奏者の話題を集めている柳澤管楽器開発のリガチャー「Yany SIXS」。本誌前号では東京佼成ウインドオーケストラやThe Narmen Clarinet Ensembleのメンバーをはじめ、多岐にわたる活躍で注目を集める亀居優斗さんにYany SIXSの音色や吹奏感など、そのポテンシャルを解説してもらいました。
今回は、同じく東京佼成ウインドオーケストラのクラリネットセクションで、B♭クラリネット兼アルトクラリネットを担当する瀧本千晶さんにも参加いただき、亀居さんのB♭クラリネット、瀧本さんのアルトクラリネットで、Yany SIXSリガチャーを使ってDUO演奏を行なってもらいました。はたして重奏やアンサンブルでYany SIXSがどんな特性や可能性を発揮するのか? 演奏をとおして実感することを訊きました。

【 Gear Report-3】
音質、操作性の向上を目指した 新ヤマハクラリネットが誕生!

【Close Up-1】
井上幸子 Sachiko Inoue
シベリウス音楽院やロッテルダム音楽院など海外留学の経験を持ち、現在は教育者として常葉大学短期大学部音楽科准教授を務める井上幸子さんが、2021年12月にデビュー20周年を記念したアルバム「秘められた世界」をリリースしました。同アルバムは井上さんの高い表現力と芸術性あふれる魅力的なバスクラリネットの邦人作品集です。
今回は、デビュー20周年を迎えた井上さんにクラリネット人生を振り返っていただくとともに、同アルバムについても語っていただきます。

【Close Up-2】
亀居優斗 Yuto Kamei
東京佼成ウインドオーケストラをはじめとして、ソロ、アンサンブルと広く活躍している亀居優斗氏。The Narmen Clarinet Ensembleのメンバーとして、Clarinet ONLINEでは長く連載を続けてくれた彼が、5月29日にリサイタルを開催します。実はこのコンサートは昨年予定されていたものですが、コロナ禍により1年延期となりました。1年の充電期間を経てさらにパワーアップした自分を見てほしい、と語る亀居氏に話を訊きました。

【特別企画】
土井徳浩が伝授
ジャズの演奏教えます!
今回、掲載楽譜の参考演奏でカッコいいジャズを聴かせてくれたのが、ジャズの第一線で活動し、現在はミュージカルのオーケストラでも活躍している土井徳浩さん。そんな彼にジャズの演奏の仕方をレクチャーしてもらうとともに、今回掲載した4曲の演奏アドバイスをもらいました。

【Event Report】
東京クラリネットフェスティバル開催!
本誌連載でもおなじみの辻本美博が、クラウドファンディングで出資者を募り、去る2月5日に開催が実現したクラリネットの祭典「東京クラリネットフェスティバル」。学生無料招待プロジェクトと銘打たれた新鋭クラリネット奏者6人によるイベントの模様をレポートします!

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『115万キロのフィルム』(Official髭男dism 歌)3B♭Cl+Bass Cl

【Topics】
アルソ出版タイアップ企画
第23回大阪国際音楽コンクール

昭和初期の邦人作曲家が残したクラリネット作品が ここに蘇る!
過去からのメッセージ

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第14回]|辻本美博
クラ吹き駆け込み寺[第32回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第42回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第28回]|木村健雄
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
1,650円
【音源連動Score】
♪夜に駆ける
♪Pretender
♪バレエ組曲「くるみ割り人形」より 花のワルツ
♪ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」より 第2楽章

【Cover Story 】
エディ・ダニエルズ
Eddie Daniels

「ジャズクラリネット界は彼なしでは語れない」と言っても過言ではない、ジャズクラリネット界の巨匠であるエディ・ダニエルズ氏が2回目の登場です。
15歳でニューポート・ジャズフェスティヴァルに出演し、1989年にはアルバム「メモズ・フロム・パラダイス」でグラミー賞を受賞した同氏は、クラシック曲をジャズ風にアレンジしたヴィヴァルディ『四季』や、ロンドン交響楽団との共演を果たしクラシックとジャズを融合させたアルバム「Breakthrough」をリリースするなど、ジャズに限らず素晴らしいクラシックの演奏に多くのファンを持つプレイヤーです。
そんな彼が監修したエディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーが日本初上陸! 今回は、最新リガチャーのことはもちろん、コロナ禍での生活についても語ってもらいました。
また、このリガチャーを開発したデイヴ・ノックス氏にも登場いただきます。


【Special Contents】
おうち時間を充実させる
クラ吹きのYouTubeチャンネル

未だ新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが見えない現在、愛好家のみなさんは自宅にいる時間が長くなり、クラリネットを吹く時間も限られているのではないでしょうか。
そこで、おうち時間を有意義に過ごすために、クラリネット好きなら絶対に見ておきたい、とても気になるクラリネット奏者のYouTubeチャンネルを紹介します!

【Gear Report】
エディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャー
土井徳浩氏が試奏!

現在ミュージカルのオーケストラなどでも活躍されているジャズ・クラリネット奏者の土井徳浩氏に、日本初上陸のエディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーを試奏していただきました。

【BUFFET CRAMPON】
モパネ リミテッドエディション2021
この夏、〈ビュッフェ・クランポン〉は、クラリネットの“ディヴィンヌ”、“レジェンド”、“トスカ”、“R13”の4機種をもとに、世界で85本限定の特別な「モパネ」製クラリネットを販売しました。限定85本のうち日本に入荷したのは4機種、合計17本で、この貴重な楽器を手に入れることができた日本人プロ奏者からも絶賛の声が寄せられています。
世界的なクラリネット奏者のミシェル・アリニョン氏、二コラ・バルディルー氏、ポール・メイエ氏、マルティン・フレスト氏の4名連名の選定書が付属された、このスペシャルな楽器「モパネ リミテッドエディション」を、新日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者の中舘壮志氏が試奏。その感想を聞きました。


【ヤナギサワ リガチャ―「Yany SIXS」×亀居優斗】
装着時にマウスピースとリガチャーの間に創られた6つの空間(SIX Space)を名称の由来とするヤナギサワのリガチャー“Yany SIXS(ヤニー・シクス)”。その風貌が醸し出すハイスペック感がクラリネット奏者の間で話題を呼んでいる。そこで、数々のコンクール受賞等華々しい経歴を持ち、東京佼成ウインドオーケストラ楽団員として、またThe Narmen Clarinet Ensembleメンバーでの活躍など、いま最も注目を集める奏者、亀居優斗氏によりYany SIXSの音色、吹奏感など、そのポテンシャルを解明してもらった。



【台湾の若い才能が生み出したWi&Fiマウスピース】
Wi&Fi(ウィー・アンド・フィー)マウスピースの日本総輸入元として2018年秋から輸入販売をしているのが、みなさんご存じのクラリネット専門店「The Clarinet Shop」だ。このマウスピースは日本各地の楽器店でも販売されており、現在注目を集めている。
硫黄を使わず、水晶を使って硬化させた新素材V-Quarzを使用して作られているWi&Fi(ウィー・アンド・フィー)マウスピースのことを、The Clarinet Shopの仕田敬一店長に伺った。


【Close Up-1】
東京セレーノバスクラリネットアンサンブル【木炭】
古川邦彦、加藤和宏、野沢和弘、渡邊一毅、池田めぐみ各氏からなるバスクラリネットアンサンブル【木炭】。バスクラ人気が高まっている昨今、【木炭】のライブやCDはバスクラリネットの魅力を前面に引き出し、その人気は留まるところを知らないスーパーアンサンブルだ。そのレパートリーはクラシック、ポップス、ミュージカル、ゲーム音楽などと幅広い。それを支えているのは、メンバーの実力にほかならない。その【木炭】が今年6月に通算6枚目となる待望のアルバム「スーパー・バスクラVol.5」をリリース。今回はリーダーの古川邦彦氏に話を訊いた。


【Close Up-2】
中舘壮志
現在、新日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者として活躍中の中舘壮志氏が、東京オペラシティ文化財団主催の人気リサイタルシリーズ「B→C バッハからコンテンポラリーへ」に登場する。このリサイタルで聴衆に伝えたいこと、また中舘氏にとっての音楽、クラリネットについて訊く。


【Score】

クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『三原色』(YOASOBI 歌)3B♭Cl+Bass Cl


【新入生が楽しく吹ける♪】
Duoで先輩と上手くなる! 最終回
『ドライフラワー』(優里 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦


【連載 】
CLN ヘッドラインニュース
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第13回]|辻本美博
クラ吹き駆け込み寺[第31回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第41回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第27回]|木村健雄
Clarinet in New York[第30回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
1,650円
音源連動Score
♪アイ・ガット・リズム
♪アニー・ローリー
♪悲しくてやりきれない
♪にじいろ

【Cover Story 】
辻本美博
Yoshihiro Tsujimoto
本誌の連載企画「本気でクラリネット普及委員会」でもおなじみの辻本美博さんが本領を発揮した待望のクラリネットソロデビューアルバム「Vermilion(ヴァーミリオン)」が完成! 今回のインタビューではこれまでのクラリネット人生を振り返ってもらうとともに、1stアルバムに込めた想いを訊いた。

辻本美博の本気でクラリネット普及委員会 特別編
今回は本連載特別編として、ライブ配信アプリ17LIVE(イチナナライブ)にて数万人のフォロワー数を獲得しているクラリネット奏者のつぶかりんさん、大野まりかさんが登場! 他では聞けない鼎談をお届けします!

【Special Contents】
これを知らないと損をする!?
必ず役に立つ裏ワザ教えます。

憧れのプロ奏者のように「クラリネットが上手くなりたい」と誰しもが思うもの。そのために欠かせないのは根気よく取り組む日々の練習でしょう。しかし、どんな練習をしたら上達できるのか、気づいていない方も少なくないのでは?
また「この曲のこのフレーズを吹きたい!」と思っても、上手く指がまわらない、美しい音色で吹けない……など、どのように吹いたらいいのかわからない方も多いと思います。そんな練習法や奏法に関する門外不出(!?)のアイデアをまとめてみました。クラリネットを始めて間もない人にとっては上達への近道と表現力アップに、そして中級者以上の方は知識の再確認もできる内容となっています。

【Gear Report】
ビュッフェ・クランポン新モデル
「GALA(ガラ)」登場!!
2017年に、ビュッフェ・クランポンの“第三の内径”を持つクラリネットとして鮮烈デビューを果たした「トラディション」。その翌年には、トラディションの上位機種として「レジェンド」が発表されたことも記憶に新しい。この”第三の内径”系統の研究をベースに、「R13」「RC」と並ぶプロフェッショナルモデルが新たに誕生した。新モデル「GALA(ガラ)」、堂々のデビューだ!

【Close Up-1】
吉田誠
国内外で活躍を続けているクラリネット奏者の吉田誠氏と、ベルリンを拠点に活動し、ソリスト・室内楽奏者として多くの演奏家から絶大な信頼を得ている小菅優氏の二人によるアルバムがリリースされた。このアルバムは1894年にフランクフルトのクララ・シューマン邸で行なわれた、ブラームスのクラリネット・ソナタの私的な初演をCDで再演したもの。このアルバムで吉田氏が伝えたかったことを訊いた。

【Close Up-2】
青山秀直
日本国内では数少ないエーラー式(ドイツ式)クラリネット奏者である青山秀直氏の、第8作目となるCD「青山秀直クラリネット・ファンタジー vol.8」がリリースされた。今作もピアニストの山口研生氏とのコンビで、名曲サン=サーンスの『クラリネット・ソナタ』などを収録。青山氏が歩んできた道のりと、今作について訊いた。

【Close Up-3】
中ヒデヒト
待望の1stミニアルバム「Comme on est bien(コモレビアン)」を3月14日にリリースする予定の中ヒデヒトさん。クラリネット奏者としては数少ないスタジオミュージシャンとして、映画やTVドラマの劇伴を数多く演奏している。そんな中さんにスタジオミュージシャンとしての仕事のことや、1stミニアルバムについて訊いた。

【Close Up-4】
山本茉莉奈
TVドラマや映画の劇伴をはじめ、ミュージカルなど、様々なフィールドで活躍している山本茉莉奈さんが、1月27日に自身のオリジナルフルアルバム「星めぐりの旅」をリリース。音楽でめぐる12星座の物語をテーマに、独特の世界観を展開しています。そこで、アルバムのことはもちろん、山本さんのクラリネット人生にも迫ります。

【Zoom In】
Quartet I’s
2018年に結成したクラリネットアンサンブルグループ「Quartet I’s」。メンバーである飯塚健太さん、池谷歩さん、澤本璃菜さん、渋谷圭祐さんのイニシャル“I”と“S”、そしてそれぞれが「個」を忘れずにという観点から命名しました。同グループは、日本クラリネット協会主催の第16回アンサンブルコンクール一般部門において第1位ならびにグランプリを受賞した実力派。そんな彼らの2ndリサイタルが2月24日に開催されました。今後の活躍が楽しみな「Quartet I’s」の素顔に迫ります。

【特別企画】
コロナ禍でも歩み続けるために……
一流プレイヤーの心に響く言葉たち
The Clarinetに登場いただいたプロ奏者は300人以上にものぼる。クラリネット吹きにとって彼らが語るその一言一言は貴重なアドバイスであり、このコロナ禍においては、彼らの前向きな言葉に勇気づけられている方もいるのではないだろうか。今回は名プレイヤーたちがインタビューで語った数々の名言を紹介しよう。

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『Mela!』(緑黄色社会 歌)3B♭Cl+Bass Cl

新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!
『炎』(LiSA 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

【Playwrightレーベル 最新オススメ CDセレクション】

【Topics】
・永江楽器水戸 新店舗オープン記念コンサート
・シルバースタイン社製の新素材リード「アンビポリリード」
ベルリンフィル首席のヴェンツェル・フックスが独占エンドース契約を締結
・アクアミューズが野中貿易YouTubeチャンネルに登場!

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第30回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第40回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第26回]|木村健雄
Clarinet in New York[第29回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
1,650円

CD連動Score
♪フニクリ・フニクラ
♪デイドリーム・ビリーバー
♪ひまわりの約束
♪花束を君に
[提供音源]アクアミューズ、オブロークラリネットアンサンブル、東京セレーノバスクラリネットアンサンブル、NYリコリッシュアンサンブル、木管五重奏カラフル

Cover Story
アレッサンドロ・ベヴェラリ
Alessandro Beverari
9歳よりクラリネットを始め、2018年のジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールで優勝を飾った若手実力派プレイヤー、アレッサンドロ・ベヴェラリ氏。
現在、拠点を日本に移した彼に、日本での活動のこと、そしてコロナ禍により自粛期間をどのように過ごしていたのかを訊いた。

Special Contents-1
一人で楽しむクラリネット PART1
自宅でも簡単にできる
楽器を使わないトレーニング
日本だけでなく、全世界を激変させてしまった新型コロナウイルス感染症。6月には緊急事態宣言は解除されましたが、現在もみなさんの活動は制限されており、まだ対面レッスンが受けられない方もいます。そこで今回は、楽器を使わずに自宅などで行なえるトレーニングを紹介します。

Special Contents-2
一人で楽しむクラリネット PART2
今だからこそチャレンジしよう
自分の演奏を録音する!
自宅で練習するとき、音を長時間出すことの難しさに悩んでいる方も多いでしょう。そこで1分でも2分でも、限られた時間で自分の演奏を確かめるために有効なのが録音です。今回は自分の音を確認するための録音方法などをプロ奏者にレクチャーしてもらいます。

Close Up-1
マトシュ・コパーチェク
ドヴォルザークやスメタナなど多数の作曲家を生んだ音楽の国チェコ。その首都を拠点に活躍するプラハ交響楽団に、20歳という若さで入団したのがマトシュ・コパーチェク氏だ。チェコの3大オーケストラの一つといわれるプラハ交響楽団の奏者を務めながら、プラハ芸術アカデミーにも通いさらなる学びを怠らない。それはマトシュさんが持つ、ある大きな夢をかなえるためだという。

Close Up-2
伊藤寛隆
今年12月にクラリネットリサイタルを開催する日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者の伊藤寛隆氏。演奏や指導などで忙しい生活を過ごしていた日々が、コロナウイルスによる3ヶ月の自粛期間、突如として何も予定がなくなった。この期間に改めてクラリネット、音楽と向き合ったことで、得られたことは大きかったという。

Close Up-3
The Narmen Clarinet Ensemble
2015年に結成した“ザ・ナルマン・クラリネット・アンサンブル” は、亀居優斗、吉本拓、三界達義、和川聖也の4名から成るクラリネット四重奏団。9月1日の東京オペラシティ リサイタルホールでのコンサートを終え、間違いなくこれからのクラリネット界を牽引していくであろうクラリネット奏者たちだ。今回はその結成から未来までを訊いた。

特別企画
知っているようで意外と知らない
バレルの基礎知識
最近、オプション設定のバレルに替えているクラ吹きをよく目にする。マウスピースの下が楽器とは違う色だったり、極端に膨れたような形状だったり、楽器とは違うメーカーのバレルを付けている人もいて、目で見ても面白い。そこで今回は、知っているようで意外と知らないバレルの基礎知識を紹介。

New Series
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
今号から様々な楽曲を通してクラリネットカルテットの魅力をお伝えしていく「Let’s Enjoy ! クラリネットカルテット」が始まりました。皆さんのクラリネットライフがもっと楽しくなるようなアレンジ曲をお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!
Score『紅蓮華』(LiSA 歌)3B♭Cl+Bass Cl

Score
新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!
『香水』(瑛人 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

Special Report
シエナ・ウインド・オーケストラ
新型コロナウイルス感染症対策検証試演会

Topics
・エリザベト音楽大学 音楽学部演奏学科 専任教員募集
・一般社団法人 日本クラリネット協会主宰
 誰でも動画で参加!“みんなのクラリネットソロステージ”
・若手女性演奏家だけが出演する見た目にも華やかなコンサートシリーズ
 「私たちと音楽を。」第2回開催

連載
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第29回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第39回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第25回]|木村健雄
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第11回]|辻本美博
Clarinet in New York[第28回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
1,650円
内容紹介
表紙と巻頭インタビューにはワン・タオ氏と、橋本眞介氏が登場。
特集は「あなたのセッティング教えてください! 」と題し、
プロ奏者が使用している楽器、マウスピース、リガチャー、リードについて、
お気に入りのポイントも含めて聞きました。
プロ奏者は普段どんなセッティングにしているのかぜひ今後の参考にしてください。
さらに付属CDでは名曲の数々を様々なプロ奏者の演奏でお楽しみいただけます♪



[CD連動Score]
♪セレナーデ(演奏:黒尾文恵)
♪黄昏のビギン
♪恋のバカンス
♪風笛〜あすかのテーマ〜

[提供音源]青山秀直、赤坂達三、北村英治、
藤井一男、益田英生、 Black Pied
Pipers、 Fevbre、山本正治


[Cover Story]
王 弢×橋本眞介


2019年9月5日、ヤマハミュージック名古屋店にて
マスタークラス&ミニコンサートを行なうために、
北京・中央音楽学院で教授を務めるワン・タオ氏が来日し、
名古屋音楽大学で准教授を務める橋本眞介氏と日中トッププレイヤーによる対談が実現。

[Special Contents]
憧れのプロ奏者はこの組み合わせ!!
あなたのセッティング教えてください!

粟生田直樹、青山秀直、赤坂達三、井上幸子、
川上一道、大島文子、北村英治、熊倉未佐子、
中ヒデヒト、橋本眞介、藤井一男、益田英生、宮崎佳彦、水越裕二、山本正治、若林愛


[Score]
新入生が楽しく吹ける♪ Duoで先輩と上手くなる!
『パプリカ』(Foorin 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

[Close Up-1]
アラン・ダミアン

ピエール・ブーレーズ、エリオット・カーターなど
現代音楽の有名な作曲家たちから深く信頼され、数々の作品を初演したことで知られるアラン・ダミアン氏。
今もマスタークラスで世界中を回り、現代音楽の真髄を広めている。

[Close Up-2]
リッカルド・クロチッラ

高名なズービン・メータが首席指揮者を務め、
世界的マエストロが度々客演することでも知られる、イタリアの「フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団」。
そこで活躍するのが首席クラリネット奏者のリッカルド・クロチッラ氏。
一方でクレズマー音楽の奏者としても世界中にファンを持ち、ユニークな活動を続ける氏に話を聞いた。

[Close Up-3]
ヨハネス・グライヒヴァイト
with ペーター・シュミードル &フェルディナント・シュタイナー

ウィーン放送交響楽団首席クラリネット奏者のヨハネス・グライヒヴァイト氏は、
マウスピースとバレルの接続に従来使用されているコルクではなく、交換可能なOリングを採用したマウスピースを開発。
氏が作り出すマウスピースの魅力について語ってもらう。


[Close Up-4]
ホセ=ルイス・エステレス

スペインを始めとするヨーロッパで活躍しているホセ=ルイス・エステレスさん。
2019年の来日時に、所属オーケストラや指導のことなどをうかがった。

[Zoom In-1]
セルジオ・フェルナンデス・ピレス

弱冠24歳にして、スイス最古のオーケストラ「ヴィンタートゥール音楽院管弦楽団」の
首席クラリネット奏者を務めるセルジオ・フェルナンデス・ピレス氏が昨年10月に来日。
本誌初となるインタビューを敢行。


[Special Report]
東京クラリネットアンサンブル
ファイナルコンサート

常に日本のクラリネットアンサンブルをリードしてきた東京クラリネットアンサンブルが、結成42年で活動を停止することを発表。
メンバー:加藤明久、藤井一男、小倉清澄、
佐川聖二、木村健雄、中村めぐみ、新井清史、稲垣征夫、吉田記子、福島伸夫

[Topics]
・第21回大阪国際音楽コンクール
・島村楽器世界4大クラリネット大展示会
・ポーランドの現代音楽を牽引するSzaZa(シャザ)
・山本拓夫 木管六重奏ハロクライン 2ndアルバム 「GLOBE-TROT」リリース&ライヴ
・東京007 Super Clarinet Ensemble 始動!

[GEAR REPORT]
リーフレック×東京クラリネットアンサンブル
Yany SIXS × 若林愛
シルバースタインリガチャー大研究

[連載]
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第28回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第37回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第25回]|木村健雄
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第10回]|辻本美博
Clarinet in New York[第27回]| Yuki Tei
お手入れレスキュー隊が行く! [第3回]| 大川遥
1,650円
【CD連動楽譜】

♪You’d be so nice to come home to
♪彼方の光
♪グノーのアヴェ・マリア
♪阿吽双調
[演奏]辻本美博、若林愛、北村英治


[Cover Story]
北村英治

[Special Contents-1]
Jazzに触れよう!

Part1 誌面を彩ったジャズ・クラリネットプレイヤーたち
Part2 のらりクラリNET特別編|谷口英治
Part3 本気でクラリネット普及委員会 特別編 辻本美博
Part4 Swing Jazz物語
Part5 Jazzを聴きに行く!


スウィングジャズが大流行した1930~40年代、花形楽器として活躍したのがクラリネットだ。
ジャズのスタイルは時代の流れとともに進化してきたが、それぞれの時代に名プレイヤーが登場。
近年では再びクラリネットでスウィングジャズを演奏するプレイヤーも増えている。
そんな、ジャズクラリネットの世界に触れてみよう!


[Score]
新入生が楽しく吹ける♪Duoで先輩と上手くなる!特別編
『Lemon』(米津玄師 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦


[Special Contents-2]
大事なところでいつも鳴ってしまう……
なぜ、リードミスは起こるのか? 後編


[Close Up-1]
シモーネ・ニコレッタ

[Close Up-2]
山本拓夫 木管六重奏ハロクライン

[Close Up-3]
アルバロ・セヒェルス

[Close Up-4]
アンドレアス・オッテンザマー

[Zoom In-1]
相原雅美

[Zoom In-2]
三浦千花音

[GEAR REPORT]
ビュッフェ・クランポン E11×粟生田直樹
ビュッフェ・クランポン Tradition×芳賀史徳

[特別企画]
ヒット商品を世に送り出した
SILVERSTEIN WORKSの次世代への取り組み

[Event Report]
第30回 BCJ CLARINET ACADEMY 2019
第25回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル
安藤友香理クラリネットリサイタル

[Topics]
D’Addario WOOD WINDS 新製品発表会
「マルティン・フレスト財団」設立

[連載]
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第27回]|赤坂達三
クラリネット仕掛人[第23回]|木村健雄
お手入れレスキュー隊が行く![第2回]| 大川遥
Clarinet in New York | Yuki Tei
1,650円
今号よりThe ClarinetはCD付きとしてリニューアルしました!
変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
リニューアル第1弾となる今号の特集は2本立て!

特集1は、いま注目を集めるリガチャーを16個集め、東京都交響楽団に所属し、自他ともに認めるリガチャー好きの勝山大舗さん、そして東京佼成ウインドオーケストラに所属する原浩介さんの2人に試奏してもらいました。特集2では、必ず1度はやってしまったことのある“リードミス”がなぜ起こるのかを、クラリネットを知り尽くしたプロ奏者と修理技術者に聞きました。今号と次号の2回にわたって取り上げます。


表紙を飾ったのは、ベルギーのオーケストラで約20年間首席奏者を務めたルーランド・ヘンドリックス氏です。インタビューでは国内外問わず活躍している氏のクラリネット人生に迫ります。さらに、掲載楽譜の参考演奏を、本誌連載でもおなじみの辻本美博さんと、マルチな活躍を続けている若林愛さんにお願いしました。また、ビュッフェ・クランポンのBbクラリネットとマウスピースの試奏も2人が行ない、参考演奏とともに付属CDに収録。他にも盛りだくさんな内容となっています♪



[CD連動楽譜]
♪Blue Bossa
♪傷だらけの天使
♪クラリネット・ポルカ
♪ダッタン人の踊り
♪シシリエンヌ
[演奏]辻本美博、若林 愛、大浦綾子


[CD連動企画]
ビュッフェ・クランポン
Bbクラリネット8機種&マウスピース2本吹き比べ
[試奏]
Bbクラリネット8機種:若林愛
マウスピース2本:辻本美博

【目次内容】

[Cover Story]
ルーランド・ヘンドリックス Roeland Hendrikx
ベルギーのオーケストラで2017年までの約20年間にわたり
首席奏者を務め、マーストリヒト音楽院(オランダ)とルーヴァンLUCA 芸術高等学校(ベルギー)にて後進の指導を行なっているルーランド・ヘンドリックス氏が本誌初登場。

[Special Contents-1]
吹奏感や音色がこんなに変わる!?
いま、気になるリガチャーを吹いてみた!

[Special Contents-2]
大事なところでいつも鳴ってしまう……
なぜ、リードミスは起こるのか?

[Close Up-1]
コラド・ジェフレディ
クラリネット・ヴィルトゥオーゾとして知られ、日本でもファンの多いイタリア人奏者コラド・ジェフレディ氏。管体にカーボンファイバーを使用したバックーンのニューモデル「CGカーボン」を日本で初披露するとあって、いま大きな注目を集めている同氏に、ニューモデルの魅力、そしてクラリネットへの思いを語っていただきます。


[Close Up-2]
谷口英治
本誌連載「のらりクラリNET」でもおなじみのジャズ・クラリネットプレイヤー谷口英治氏が、記念すべき10作目となるアルバム「In A Mellow Tone」をリリース。
今回は、ニューアルバムの内容から、ジャズ、そして演奏のルーツについても訊きました。


[Zoom In]
tantanto
1stアルバム「玉手箱」をリリースしたクラリネットアンサンブル「tantanto」。竹内久力(1st-Cl)、木山亮子(2nd-Cl)、松本裕三子(3rd-Cl)、𠮷本沙矢(4th-Cl)の各メンバーに同アルバムについてのインタビューを敢行しました。

[GEAR REPORT]
Halocline×GAO Firebird LowC Bass Clarinet
マルチリードプレイヤーの山本拓夫氏によって2013年に結成され、2016年に1stアルバム「Halocline」をリリースした、木管六重奏「Halocline ハロクライン」。
同氏をはじめ、渡邊一毅氏、大下和人氏、フルーティストの黒田由樹氏、三枝朝子氏、高市紀子氏と、そうそうたるメンバーがそろい、この編成での可能性を追求しています。
今回はクラリネットを担当する山本拓夫、渡邊一毅、大下和人の3氏が、今注目のアメリカのクラリネットメーカー「GAO」のバスクラリネットを試奏チェック!


[!New Series!]
お手入れレスキュー隊が行く!
今回よりスタートする本コーナーは現在、東京藝術大学に在学し演奏活動も積極的に行なっている、大川遥さんをナビゲーターに、そして個人工房を営み、専門学校の講師なども務めていた金澤恭悦氏をご意見番として迎え、お手入れグッズや、正しいお手入れ方法を紹介していきます。
第1回目は、様々な種類、素材があるスワブを紹介します。

[Evant Report]
第4回ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクール

[Topics]
第20回大阪国際音楽コンクール
フィリップ・ベロー マスタークラス&ミニコンサート
アレッサンドロ・カルボナーレ レクチャー&マスタークラス&ミニコンサート
スティーヴン・ウィリアムソン マスタークラス
楽器フェア2018

[Score]
新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!(監修:大和田智彦)
『プロローグ』(Uru 歌) 2BbCl

[連載]
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第26回]|赤坂達三
クラリネット仕掛人[第22回]|木村健雄
のらりクラリNET[第35回]|谷口英治
Clarinet in New York | Yuki Tei
クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ[最終回]|仕田敬一
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第9回]|辻本美博
1,019円
[Cover Story]
アレクサンドル・シャボ

現在、パリ・オペラ座管弦楽団(パリ国立歌劇場管弦楽団)のソロ奏者、そしてパリ12区立音楽院やヴェルサイユ地方音楽院で教授を務めているアレクサンドル・シャボ氏が本誌初登場。
8月2日〜9日に開催されたBCJクラリネット・アカデミー2018の講師として来日したときにインタビューを敢行しました。
古典クラリネットでの演奏活動、さらに現代音楽の演奏にも熱心な同氏のクラリネット人生に迫ります。


[Close Up-1]
橋本眞介

広島クラリネットアンサンブル主宰、日本クラリネット協会理事を務めるなど、日本の第一線で活躍している橋本眞介氏。
一方で一流音楽家による音楽劇団「クレイジークラシックス」への参加や名古屋音楽大学准教授、活水女子大学客員教授を務め後進の指導も積極的に行なっている同氏に、これまでの活動を中心にお聞きしました。

[Close Up-2]
カレン・ヒース
オーストラリアで誕生した現代音楽ユニット「The Phonos Project」は、クラリネット奏者カレン・ヒースさんが音楽監督を務めるアンサンブル。ドイツの現代音楽作曲家カールハインツ・シュトックハウゼンが開催する講習会で出会った音楽家たちが結成したユニットのメンバー3人(ヒースさん、フルーティストの井原和子さん、作曲家のヘンリック・デネリンさん)がこのほど、東京でコンサートを行なった。踊りと音楽が融合したクラリネット作品など、コンテンポラリーの最先端を表現するその音楽に、客席は大いに魅了された。コンサート終了後に、話を聞いた。


[Special Contents]
モノにすれば演奏がガラリと変わる
正しい音程の取り方、教えます!!

音程の重要度│高くなる音・低くなる音│チューニング方法│自分の音程を知る│音程を合わせる│練習法

クラリネット吹きの誰もが悩んでいるといっても過言ではない「音程」。この時期、吹奏楽コンクールが終わってしまった今こそ、じっくり音程に向き合うチャンスかも!?
今回は、プロ奏者に音程の取り方についてレクチャー。音程で悩んでいる方は必見ですよ!正しい音程の取り方が、これでわかります!!

[Event Report-1]
BCJ Clarinet Academy 2018

[Event Report-2]
第24回浜松国際管楽器

[Gear Report-1]
バックーンB♭/Aクラリネット新製品
“ルミエール”誕生!

[Event Report-3]
XXIII Julian Menendes
国際クラリネット講習会

[Event Report-4]
NONAKA クラリネット・アカデミー in 軽井沢2018
フィリップ・ベローと仲間たち2018

[Gear Report-2]
亀井良信が愛用する
ブルズアイリガチャーの実力

[Zoom In-1]
渡邊一毅

オブロークラリネットアンサンブル、ブリッツフィルハーモニックウインズ、バスクラリネットアンサンブル【木炭】、山本拓夫木管六重奏Haloclineなど、様々なクラリネットを使ってマルチに活動している渡邊一毅さんの1stアルバムが10月3日にリリース。

[Zoom In-2]
八巻志帆

9月7日に3枚目となるアルバムをリリースした、バスクラリネット奏者の八巻志帆さんが久々に登場。11月からワーキングホリデー制度を使ってドイツに住むという驚きの内容も!?

[Score1]
新入生が楽しく吹ける♪
Duo で先輩と上手くなる!|監修:大和田智彦
『打上花火』(DAOKO×米津玄師 歌) 2BbCl

[Score2]
『アイデア』(星野源 歌) BbCl

[Score3]
『新参者-MAIN THEME-』 3BbCl+Bass Cl

[Topics]
ポール・メイエ クラリネット・リサイタル
第32回 花岡詠二プレゼンツ スヰングタイム“Memories of Benny Goodman”
第5回 NSO(ノン・ストリングス・オーケストラ)    
CLNヘッドラインニュース
赤坂達三のクラ吹き駆け込み寺[第25回]
クラリネット仕掛人[第21回]│木村健雄
Clarinet in New York[第24回]│Yuki Tei
のらりクラリNET[第35回]|谷口英治
クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ[第42回]|仕田敬一
1,019円
今号の表紙を飾ったのは、現在マーラー・チェンバー・オーケストラ、レ・ディソナンスの首席クラリネット奏者として活躍されているヴィセンテ・アルベローラさんです。2000年よりミュージック・マスターズ・コース・ジャパンの講師として毎年来日されており、日本は第二の故郷だと語っています。
Close Upに登場したのはハンガリーNo.1のオーケストラ、ハンガリー放送交響楽団の首席クラリネット奏者であるヴァルガ・ガーボルさん。ハンガリー作品への愛情が伝わってくるインタビューとなりました。
そして、特集は「楽器をしっかり調整してる?」と題し、実際に行なっている調整作業の内容について“調整の達人”にレクチャーしてもらいました。また、プロ奏者にはどのタイミングで調整に出すのか、調整から戻ってきたら何をするのかを聞いています。調整の必要性、また調整後の確認の仕方など、参考になる興味深い話が満載です。さらに、今話題のビュッフェ・クランポン「レジェンド」と、メイド・イン・フランスのJLVリガチュアーなども取り上げています。今号も隅から隅までお楽しみいただければと思います。

【Cover Story】
ヴィセンテ・アルベローラ Vicent Alberola

世界の一流オーケストラから入団を熱望されるクラリネット奏者のヴィセンテ・アルベローラ氏が、ルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーとして来日した。浜松国際管楽器アカデミーや、毎年夏に開催されるMMCJ(ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン)の講師としても知られる彼は「日本は第二の故郷」と語る親日家でもある。指揮者としても活躍の幅を広げるアルベローラ氏に、愛する音楽と楽器について聞いた。


【Close Up】
ヴァルガ・ガーボル Varga Gabor

ハンガリーNo.1 のオーケストラ、ハンガリー放送交響楽団の首席クラリネット奏者を務めると同時に、ソリストとしてもキャリアを積み重ねてきたハンガリーを代表する奏者のヴァルガ・ガーボル氏が来日、インタビューが実現した。ハンガリーのクラリネット事情、そしてヴァルガ氏のハンガリー作品への愛情が伝わってくるインタビューとなった。


【Gear Report1】
BUFFET CRAMPON 最新モデル  LEGENDE レジェンド

2016年に発売された “トラディション”。新型内径をコンセプトにもったこのモデルは、「ビュッフェ・クランポン第三の内径」と呼ばれ、世界のクラリネット市場に大きなセンセーションを巻き起こしたのは記憶に新しい。
そして、2017年12月、トラディションをベースに更なる研究を重ねた上位機種 “レジェンド”(Legende)が発売された。ここでは、2017年末最大のニュースとなったモデル“レジェンド”の魅力を紐解いていこう。


【Special Contents】
いつ出すの? 今でしょ!楽器をしっかり調整してる? Part-1

「楽器の調整」という言葉はよく聞きますが、楽器店などへ足を運び、楽器の状態を定期的に見てもらっている人でも、実際に調整の作業がどのように行なわれているのか、知らない人が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、調整の作業内容を紹介。調整が必要な楽器の状態、その原因、対処方法や予防方法などを、調整の達人にレクチャーしてもらうとともに、その達人に楽器の調整を依頼する側のプロ奏者にも“調整について”語ってもらいます。

【Contents】
調整ではこんなことまでする!?
奏者に聞く! 調整前、調整後にするべきこと
クラリネット仕掛人[第18回]|木村健雄



【Topics】
第19回 大阪国際音楽コンクール
花岡詠二プレゼンツ 新春 室内楽& スイング・コンサート
北田学のNew York滞在記 後編


クラリネット上達マストアイテム
[JVCレッスンマスター編] by 水越裕二


【Gear Report2】
JLVリガチュアーが爆発的に売れているワケ

2013 年にフランスで発売され、昨年12 月よりThe Clarinet Shop(https://clarinet-shop.co.jp/)で取り扱いを開始。現在、爆発的な売れゆきを誇る今注目の商品がJLVリガチュアーだ。その開発者であり、サクソフォニストでもあるJean-Luc VIGNAUD(ジャン=リュック・ヴィニョオ)氏が来日。JLVリガチュアーが売れているワケを教えてもらった。
今回は、同氏と親交の深いクラリネット奏者の生島繁氏にも同席いただいた。


【SCORE1】
新入生が楽しく吹ける♪ Duo で先輩と上手くなる!|監修:大和田智彦
灰色と青』(米津玄師 歌) 2BbCl

このコーナーは、新入生と上級生の二人で一緒に楽しく吹ける連載です。
1st はクラリネット初心者、2nd は先輩や経験者が楽しめるようアレンジしました。クラリネット歴の浅い人でも上手な人とデュオを楽しみながらクラリネットの上達を目指しましょう。


【SCORE12】
作曲家の肖像 ジャコモ・プッチーニ
『私のお父さん』<歌劇「ジャンニ・スキッキ」より>


【SCORE3】
NHK 大河ドラマ『西郷どんのテーマ』 2BbCl + Pf
編曲:Mami

─────────────────

CLNヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第23回]|赤坂達三
Clarinet in New York[第22回]|Yuki Tei
のらりクラリNET[第33回]|谷口英治
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第6回]|辻本美博
クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ[第40回]|仕田敬一
その練習法、間違ってない?[最終回]|川村慎敬
RECOMMEND DISC
Clarinet Information
1,019円
[Cover Story]
アンドレアス・オッテンザマー

7月、ウィーン・フィル首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマー氏が急逝。国内でも多くのクラリネット奏者が彼の業績を悼んだ。しかし、父エルンスト氏の急逝にも関わらず予定通りアンドレアス・オッテンザマー氏は来日を果たした。
クラリネット界、そしてクラシック界の貴公子とも称される彼に、エルンスト氏との思い出、10月から12月にかけて日本で行なわれた演奏会、そして彼が現在取り組む「マンハイム楽派」の楽曲リリースされた新アルバム「NewEra」について大いに語ってもらった。

[Close Up]
ジェシカ・フィリップス
メトロポリタン歌劇場管弦楽団クラリネット奏者として活躍中のジェシカ・フィリップス氏が来日。東京・大阪、そして名古屋にてソロリサイタルを開催した。
日本への印象からメトロポリタンでの日常、そして彼女の代名詞とも言えるE♭クラリネットへのこだわりを訊いた。


[Special Contents]
とことん、指レン!
「運指練習」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?メトロノームと向き合ってとにかく地道にやるしかない。苦手なんだよなぁ。できればやりたくない......。ネガティブなイメージを持っている方も多いと思います。しかし、クラリネットという楽器を吹いている以上、どこかで「指レン」に向き合わなければいけないのもまた事実。
特集では「指レン」にいろんな角度からアプローチしてみました。努力ももちろん必要ですが、その努力が最大限活かされるように、身体の使い方やグッズなども含めて、普段の練習方法を見直してみましょう。もちろん練習用の譜例も多数掲載!毎日の練習に活かしてみてください。

[Contents]
松本健司氏に訊く運指の極意
指レンをやりやすくする身体の使い方│大谷淳子
必勝!クラリネット仕掛人拡大版│木村健雄
とことん!指レン用譜例集
編集部厳選指回しを手助けグッズ&楽譜を紹介!

[SPECIAL EVENT]
ビュッフェ・クランポン・ジャパン設立50周年記念コンサート
第34回 日本クラリネットフェスティバル in 福井

[TOPICS-1]
オブロー+ヒロクラ奇跡のコラボ
大阪国際音楽コンクール
北田学のNew York滞在記

[楽譜]
新入生が楽しく吹ける♪Duoで先輩と上手くなる!│監修:大和田智彦
『Family Song』(星野 源 歌)2B♭Cl

[New Series]
作曲家の肖像
ジョージ・ガーシュウィン
『亡き王女のためのパヴァーヌ』4B♭Cl

CLNヘッドラインニュース
その練習法、間違ってない?|川村慎敬
第5回|アンサンブル曲を練習してみよう
音のまにまに|木村奈保子
のらりクラリNET[第32回]谷口英治
Main Theme|モダンスイングって何? 前編
赤坂達三のクラ吹き駆け込み寺[第22回]
クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ[第38回] 仕田敬一
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会
集まれ!クラリネット吹き
1,019円

[Cover Story]
ミシェル・アリニョン & 吉野亜希菜
Michel
ビュッフェ・クランポン・ジャパン 設立50周年記念 コンサートに出演する2人の師弟対談が実現

1967年(昭和42年)に設立された株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパンは、クラリネットをはじめサクソフォン、オーボエ、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバなどの数々の銘器を日本に紹介し、音楽の可能性を大きく広げてきた。今年の秋、その設立50周年を記念したコンサートが開催される。豪華アーティストが多数出演するこのコンサートで重要な役割を果たすのが、ミシェル・アリニョン氏と吉野亜希菜氏だ。師弟でもあるお二人に、コンサートへの意気込みを聞いた。
(写真:土居政則/協力:株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパン)

[特別企画]
ビュッフェ・クランポン・ジャパン50周年 二宮和子氏が語る設立から発展の歴史
創業から 190 年以上伝統を守り続けてきたフランスの管楽器メーカー、ビュッ フェ・クランポン。その理念を日本に広めようと誕生した「ビュッフェ・クランポ ン・ジャパン」が、今年設立 50 周年を迎えた。楽器の販売のみならず、フランス 音楽やフランスの音楽教育を積極的に紹介することで、日本クラリネット界の発 展に多大な貢献をしてきた法人だ。今回は、設立にも関わったという二宮和子 先生から、その歴史を紐解きながらお話を伺った。
(協力:株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパン)

[Special Contents]
知ってる!? クラリネットの原材料
─ クラリネット管体素材研究 ─
クラリネットが黒い理由――それはわざわざ黒く塗っているのではなく、原材料の木であるグラナディラの色だということはご存じの方も多いかもしれません。しかし、なぜグラナディラがここまで多くの楽器に使われているのか、そしてそもそもグラナディラがどんな植物なのか......というところはあまり知られていないのではないでしょうか?そして、そのグラナディラは絶滅の危機に瀕している、ということも。近年ではグラナディラではなくココボロなど他の木材、そして樹脂などを使った楽器も登場しています。歴史的に振り返ってみれば、金属製のクラリネット(!)というものも存在しました。そんな奥深いクラリネットの素材の世界に迫ってみましょう。

・クラリネット素材の歴史……三戸久史
・注目が集まる“茶色” のクラリネットたち……使用プレイヤーアンケート(蔭山晶子、谷尻忍)
・十亀正司のメタルクラリネットコレクション
・グラナディラ消滅の危機 !? 田中正敏 ×FSC(森林管理協議会)前澤英士

[Topics]
・フィリップ・ベローと愉快な仲間たち
・第31回 花岡詠二プレゼンツ スヰング・タイム
・アテア・クインテット

[楽譜]
新入生が楽しく吹ける♪
Duo で先輩と上手くなる!│監修:大和田智彦
『RAIN』(SEKAI NO OWARI歌)2B♭Cl
New Series
作曲家の肖像:ジョージ・ガーシュウィン
『ラプソディ・イン・ブルー』3B♭Cl


■CLNヘッドラインニュース
■その練習法、間違ってない?|川村慎敬
第3回|スケール、アンサンブルを練習してみよう
■音のまにまに|木村奈保子
■のらりクラリNET [第31回] 谷口英治
Main Theme|えいちんツーリスト
■赤坂達三のクラ吹き駆け込み寺 [第21回]
・駆け込み問1:前号のThe Clarinet63号で、ダイビングの話をされていましたが、赤坂さんはダイビングを趣味にされているのですか? 潜ったことのある海で一番良かったのはどこですか?
・駆け込み問2:もっと深みのある音色で吹きたいと思っています。赤坂さんは、音色や吹奏感が変わると言われているスライド & コルクグリスの「La Tromba」などを試されたことがありますか? またオススメ商品があったら教えてください!
・駆け込み問3:高音の音程が安定しません。特にアンサンブルになると他の楽器と合わないことが多いです。チューナーを使って確認しているのですが。。。どうしたらいいですか?

■クラリネット仕掛け人 [第17回] 木村健雄 フィンガリング Part3
■クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ [第38回] 仕田敬一
■辻本美博の本気でクラリネット普及委員会 [第4回]
■集まれ!クラリネット吹き
■Clarinet Information
○CD紹介
・ヤマハのオト~奏でる匠のオト~II
・木管五重奏カラフルの 1st アルバム発売決定!
・コハーン・イシュトヴァーンの 3rd アルバムが完成
○コンサート告知
・内山洋 クラリネットアンサンブル 第4回演奏会
・青山秀直クラリネットファンタジー ~四戸世紀氏を迎えて~
・創立35周年記念コンサート 横浜クラリネット合奏団 第66回定期演奏会
・YMSA ワンコインコンサート
○イベント告知
・第34回 日本クラリネットフェスティバルin福井
○コンサートレビュー
・クラリネットアンサンブル・ヌーヴォー 2nd コンサート ~熱帯夜に煌く、ダンスホール~
・ハンナ・ショパン・アイ愛コンサート5 ロマンティックアンサンブル
■RECOMMEND DISC
1,019円
[Cover Story]
ヤン・ヤクブ・ボクン
Jan Jakub Bokun
時を経てから自分で聴き返しても新鮮に楽しむことができる

ヴロツワフ音楽アカデミーでクラリネットを学び、その後パリ国立高等音楽院でギイ・ダンガン氏に師事。現在は演奏活動の傍らヴロツワフ音楽アカデミーでクラリネットと室内楽を教え、さらにヴロツワフのクラリネットフェスティバル「クラリマニア」の芸術監督も務めるなど多方面で活躍するポーランドを代表するクラリネット奏者ヤン・ヤクブ・ボクン氏。ニューアルバムではギター奏者ヤクブ・コシチュシコ氏とのデュオでクラリネットの新たな可能性を広げている。そのデュオによるリサイタルのために来日したボクン氏に、3年ぶりのインタビューを敢行した。
(通訳・文:クラリネット奏者・横田揺子/写真:土居政則/協力:ヤマハ株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン)

[Special Contents 1]
2017年度全日本吹奏楽コンクール
課題曲徹底攻略

毎年夏に熱い闘いが繰り広げられる「全日本吹奏楽コンクール」。全国の中学生から大人たちまで、吹奏楽愛好者にとっては課題曲をどのように練習していくかは今の時期の最大の関心事かと思います。今年はクラリネット奏者の坂本和彦さんに、課題曲I~IVのクラリネットパートをより良い演奏にするためのアドバイスを書いていただきました。また、クラリネットオンラインでは坂本さんに「コンクールの演奏時に気をつけたいこと」「審査する際にどのような点を聴く?」というテーマで書いていただいたコラムを掲載予定です。こちらもお楽しみに!

課題曲I スケルツァンド
課題曲II マーチ・シャイニング・ロード
課題曲III インテルメッツォ
課題曲IV マーチ「春風の通り道」

[Special Contents 2]
選別、調整、保管はこれで OK!
リードの準備は万全ですか?

クラリネット吹きの永遠のテーマともいえるリード選び。音色や吹奏感に大きく影響する重要なパーツであり、自分の好みに合ったものを探すのはプロ奏者でも苦労している。ここでは、リードの選び方から調整の仕方、保管方法など、一例としてプロ奏者はどのように行なっているのか。また、楽器店などで手に入れることができるリード調整ツールやリードケースも紹介していこう。

今回は3人の奏者に調整法を聞きました!
大浦綾子/木村健雄/長谷川皆等

[Zoom In 1]
コラド・ジェフレディ
Corrado Giuffredi
オープンな気持ちで演奏することを心がけて

去る4月にスイス・イタリアーナ管弦楽団で首席奏者を務めるコラド・ジェフレディ氏が来日し、東京、名古屋、大阪で公開レッスンと公演を行なった。現代作曲家ミケーレ・マンガーニの作品を多く取り上げるなど、常に新しいことにチャレンジする演奏家としての姿を見せてくれる一方、公開レッスンでは学生たちの奏でる音にじっくりと耳を傾け、適切なアドバイスを施してくれた。彼の音楽に対する思いや新しく手にした楽器について、お話を伺った。

[Zoom In 2]
クラリネットだけのビッグバンド
BLACK PIED PIPERS
待望の1stアルバムが完成!

ジャズ界では数少ないクラリネット奏者の一人であり、最近では日本テレビ系ドラマ「きょうは会社休みます」の劇中曲を演奏したことでも知られる益田英生氏のリーダーバンド“BLACKPIEDPIPERS(ブラック・パイド・パイパーズ)”。日本で唯一とも言えるクラリネットだけのビッグバンドとして注目を集める同バンドの1stアルバムが完成した。

[Gear Report]
Wood Stoneリガチャー×赤坂達三
工房潜入で名作リガチャーの秘密に迫る!

人気、実力を兼ね備えたクラリネット界随一のスタープレイヤーである赤坂達三氏が長年愛用するリガチャー、それが石森管楽器のWood Stoneリガチャーだ。Wood Stoneリガチャーが赤坂氏のみならず、魅力的な音色と確かな品質を認められて多くのクラリネットプレイヤーに使用されていることは周知の事実だろう。今回は石森管楽器の協力により、なんと赤坂氏とともにWood Stoneリガチャーが製作される工房への潜入取材が実現!そしてインタビューでは赤坂氏がWood Stoneリガチャーの魅力を大いに語り尽くした。

[Topics]
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熊本県の音大生がクラリネットアンサンブルのステージに
大阪国際コンクール
NSO(ノンストリングスオーケストラ)


[楽譜]
新入生が楽しく吹ける♪
DUOで先輩と上手くなる!
『明日はきっといい日になる』 高橋 優 歌
2B♭Cl


■CLNヘッドラインニュース
■その練習法、間違ってない?|川村慎敬
第2回|クラリネットを吹いてみよう 
■音のまにまに|木村奈保子
■のらりクラリNET [第30回] 谷口英治
Main Theme|えいちんツーリスト
■赤坂達三のクラ吹き駆け込み寺 [第20回]
・駆け込み問:赤坂先生はどんなリードケースを使っていますか? またリードの保管方法に関してこだわっていることなどあれば教えてください!
・駆け込み問:生まれ変わったら、またクラリネットを吹きたいですか? それとも他の楽器にチャレンジしてみたいですか?
・駆け込み問:無粋な質問かとは思いますが……赤坂先生が今までクラリネットで演奏してきた曲の中で、「一番難しく感じた曲」は何ですか?

■クラリネット仕掛け人 [第16回] 木村健雄 フィンガリング Part2
■クラリネットおじさんの楽譜コンシエルジュ [第37回] 仕田敬一
■辻本美博の本気でクラリネット普及委員会 [第3回]
■集まれ!クラリネット吹き
■Clarinet Information
イベント告知
・石見銀山国際音楽アカデミー 2017 第3回マスタークラス
コンサート告知
・アレッサンドロ・カルボナーレ クラリネット・リサイタル アバド絶賛!イタリアの至宝が奏でる脅威の演奏
・第31回 花岡詠二プレゼンツ,スヰング・タイム Memories Of Benny Goodman
・ベルリン・フィル首席クラリネット奏者 ヴェンツェル・フックスを迎えて~ハルモニームジークの愉しみ~
コンクール結果
・第14回クラリネットアンサンブルコンクール
コンサートレビュー
・JUNKO Presents! 春のカラフルコンサート
・東京クラリネットクワイアー 第 31回定期演奏会
・第458回日経ミューズサロン ダニエル・オッテンザマー クラリネット・リサイタル
・ウェールズ弦楽四重奏団&金子 平 若き音楽家が育んだ華麗な響きによる共演
■RECOMMEND DISC

The Clarinet (ザクラリネット)の内容

クラリネット唯一の専門誌!
全国の吹奏楽愛好者を中心に一般アマチュアの人達に愛読され、レッスン情報誌の役割を担っています。ジャズクラリネットやポップスを好む人達にも情報を幅広く提供し、クラリネット唯一の専門誌にもなっています。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

The Clarinet (ザクラリネット)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.