クロノス日本版

クロノス日本版 発売日・バックナンバー

全107件中 31 〜 45 件を表示
1,528円
Cover Story ブライトリング
IN THE LIFE01
IN THE LIFE02
IN THE LIFE03
IN THE LIFE04
MEETING01
MEETING02
MEETING03
趣味の〝場〟を築く人々 「時計愛好家」の生活
VACHERON CONSTANTIN CONNOISSEUR SOCIETY
新鋭 WATCH THE NEW
CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET
[アイコニックピースの肖像50]タグ・ホイヤー モナコ
過去と未来を繋ぐ 時を旅するコンプリケーション
ラドーがアップデイトする未来形
選ぶべきは歯車型か、レバー型か? 年次カレンダー概論
選ぶべきは歯車型か、レバー型か? 年次カレンダー概論
BASELWORLD 2019
TEST
腕時計パラノイア列伝 第29回「 ロンジン中興の祖 ウォルター・フォン・カネル」
Top 10 Watches Rankings
定期購読キャンペーン
ブランドリスト
次号予告
1,528円
【第一特集】
ディテールで見極める 良質時計図鑑 外装編
以前、『クロノス日本版』で好評を博した特集「良質な時計選びのABC」。
それから8年、各ウォッチメーカーがリリースする新作は進化を遂げ、
私達の時計に対する見方も大きく変わらざるを得なくなった。
今や、ムーブメントはもちろんのこと、ケースや文字盤といった外装にも、
一層細やかな目を向けなければならなくなったのである。
では、今後、時計を買う際は、どんな部分の、どういった要素に注目すべきなのか?
クロノス日本版編集部による、最も新しい時計の見方、選び方を、詳細な写真とともにシェアする。
<主な項目>
・感触編:針飛びとリュウズのガタ、ケースの重心、ケースとブレスレットのバランス、
ブレスレットの遊び、バックル、クロノグラフ・プッシャーの押し感
・ケース編:ステンレススティール、独自のゴールド、チタン、カーボン&セラミックス、
表面仕上げ、エッジの立ち方、ケースとラグ、ブレスレットの噛み合わせ
・ダイヤル編:ツヤ感、マット感、メッキの質、塗装の質
・針&インデックス編:プレス、ダイヤモンドカット、針高
【第二特集】
パネライ ラジオミール
時計好きならば、知らない人がいないラジオミールコレクション。
1936年に登場し、やがてパネライの高級ラインを担ったこのコレクションは、
紆余曲折を経て、今や良質な実用時計に落ち着こうとしている。
その歩みを、ファーストモデルから振り返りたい。
新CEO、ジャンマルク・ポントルエによる、ラジオミールの今後に関するインタビューも併載。
【第三特集】
GMT進化論
機構別に考えるユーティリティの実際
1937年に登場したルイ・コティエの「ワールドタイム」は、50年代の中頃に表示機能を整理することで、
ホームタイムとローカルタイムのふたつだけを表示する「GMTウォッチ」へと姿を変えた。
センターに配置された24時間表示のGMT針と、それに対応する回転ベゼルの組み合わせで、
任意に選択された2ヶ所以上の時間帯を指し示す、あらゆる“第2時間帯表示モデル”の基本形でる。
再びセンター針仕様のGMTウォッチが注目を集める昨今、その機能に的を絞って分類を試みる。
【漫画】漫画
時計パラノイア列伝 第28回
「工具メーカーが挑む本気の時計作り」
秋田県の工具メーカー、協和精工の手掛ける「ミナセ」は、今や国内外で広く注目を集めるブランドとなった。
では、なぜ彼らはユニークな時計を作ろうと志したのか?
関係者の語る、ミナセの今と未来。
1,528円
1,528円
特集 破天荒な開発力が高級時計を変える-新型ムーブメント研究2018
1,528円
特別付録 オーデマピケ/特集 2018年新作情報Part2-バーゼル・アライヴ!!/2018年度版-ウォッチパーソン紳士録
1,528円
[特集]
●ジュネーブ 引力の秘密
 ―近年、年を追うごとに規模を拡大するSIHH、そして同時期に
  ジュネーブで開催される高級時計ブランドの展示会。2018年は、
  バーゼルワールドから新たにエルメスがSIHHに加わったほか、
  独立系ブランドや独立時計師たちのブースを集約した
  「カレ・デ・オルロジェ」もさらに数を増やした。かように、
  なぜジュネーブは、これほど多くの高級時計ブランドを惹きつける
  のだろうか?現地の詳細な取材を通して、その“引力の秘密”に迫る。

◆アイコニックピースの肖像45
  ブライトリング ナビタイマー
 ―プロフェッショナル向けにもかかわらず、多くの人に支持される。
  そういった時計は、時計史の中でも決して多くない。1952年に
  発表されたパイロット向けのツール、ナビタイマーは、なぜ
  時計業界におけるアイコンとなったのか。半世紀以上にわたる
  歴史と、その新しい歩みを見ることにしたい。

◆時計業界が激震する10のトピックス
 ―マーケットの変化、新素材の普及、そしてスマートウォッチの台頭。
  時計業界を取り巻く環境は、5年前とは大きく変わりつつある。
  そんな中、各社はどのような方向を目指し、どこに着地点を見出そうと
  しているのか。クロノス編集部が選んだ10のトピックスから、時計業界
  激動の時代とそれに対する処方箋を、巨視的に見ることにしたい。 
1,528円
【第一特集】
時計愛好家の生活 Vol.6
毎回好評の「時計愛好家の生活」。今回、筆頭を飾るのは脳科学者の苫米地英人博士。
G-SHOCKの世界的なコレクターでもある彼は、驚くべき時計愛好家だった。
加えて、あえてオメガやIWCといった実用時計の収集に情熱を傾けるK氏、若者たちの時計団体CWYE、
香港の世界的なウォッチコレクターなどを掲載。時計に情熱を傾ける彼らは、人生を費やして、
どんなコレクションを揃えたのか?
【第二特集】
アイコニックピースの肖像44 ブランパン フィフティファゾムス
ダイバーだったCEOと、フランス海軍に所属する二人のダイバーが生み出したダイバーズウォッチは、
いかにして世界的な成功を収めたのか?開発に携わったボブ・マルビエ大尉によるエピソードなどを交えた、
フィフティファゾムス史の決定版。初期のダイバーズウォッチを知りたい人にも必見の特集。
【第三特集】
FAR EAST REPORT スイス人ジャーナリストが見た日本時計市場の最前線
スイスで90年以上の歴史を誇る『europastar』誌。編集長のセルジュ・マイラード氏が見た、
現在の日本時計市場と、その未来。日本の時計産業は、テクノロジー依存から、ラグジュアリーに脱皮する
事はできるのか?セイコーウオッチ、シチズン時計のCEO、そして浅岡肇氏などのインタビューなども掲載
【コミック】
「時計パラノイア列伝」
第23回 TRUMEとオリエントスター-エプソンが創るアナログウォッチの両極
オリエントを傘下に収めただけでなく、独自ブランドのTRUMEをリリースしたエプソン。
「祖業」である時計作りに回帰したエプソンを、どんな人たちが支えているのか?
社長の碓井稔氏をはじめとするエプソンの人たちが語る。エプソンのウォッチメーキング。
ますます磨きのかかる、安堂ミキオの緻密な描写も必見。
【TEST/REPORT】
『クロノスドイツ語版』の翻訳記事とテスト。今回取り上げるのは、IWCの「ビッグ・パイロットウォッチ」
及びロレックス「オイスター パーペチュアル エアキング」。ロレックスに関しては、本邦初公開の新ネタも記載。
【造形の花傳】
VACHERON CONSTANTIN ETARNAL DESIGNS
明確なコードを持たないヴァシュロン・コンスタンタンのデザイン。にもかかわらず、どのプロダクトも、
いかにもヴァシュロン・コンスタンタンらしい造形を持っている。その理由を「トラディショナル」
「オーヴァーシーズ」「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942/1948」「ヒストリーク・アメリカン 1921」
から見ていく。
【WIND from DUBAI 】
「ドバイ ウォッチ ウィーク」がもたらした新しい風
今や世界的なイベントとなった、時計見本市「ドバイ ウォッチ ウィーク」。コレクターファーストを掲げた
イベントは、どのように成長を遂げ、名声を得るに至ったのか?3回にわたって参加したジャーナリスト、
SJX氏による現地レポート。
【他掲載モデル】
パネライ「ラストロノモ」/IWC SIHH 2018新作/リシャール・ミル「RM53-01 パブロ・マクドロウ」/
パルミジャーニ・フルリエ「トンダ クロノール アニヴェルセール」/ヴァシュロン・コンスタンタン
「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」/ユリス・ナルダン「ストレンジャー 日本限定モデル」/
モリッツ・グロスマン「テフヌート"Hirano Limited"/シンガー「トラックI ジュネーブ・エディション」/
ハイゼック「Vキング 35mm オートマティック VK3501A06」、
ペキニエ「リュー ロワイヤル アン・フォンクション ハンド ワインディング」/ロンジン「レコード」/
オリエントスター「メカニカルムーンフェイズ」/TRUME「M Collection」「C Collection」など。
1,528円
【第一特集】
今、選ぶべきスポーツウォッチ

この10年で大きく進歩したスポーツウォッチ。その一方で、クロスオーバーと言うべき、
スポーツシーンでもビジネスシーンでも使える“マルチパーパスウォッチ”も出現するに至った。
様々な変化を見せる現在のスポーツウォッチシーン。
何が進化し、深化したのか?代表的なモデルを例示し、現在のスポーツウォッチ像を詳らかにする。
冒頭では、巨匠ドミニク・フレションがスポーツウォッチ概論を語る。

・掲載モデル
[CHRONOGRAPH] パネライ/ジン/ブレゲ/ブライトリング/オメガ/IWC
[DIVERS WATCH] ブライトリング/ブランパン/ベル&ロス/オーデマ ピゲ/ブルガリ/IWC
[PROFESSIONAL WATCH] ジン/オメガ/セイコー/ヤーマン&ストゥービ/シチズン/G‐SHOCK
[LUXURY SPORTS WATCH] F.P.ジュルヌ/ヴァシュロン・コンスタンタン/ブレゲ/オーデマ ピゲ/
パテック フィリップ/ベル&ロス

【第二特集】
[アイコニックピースの肖像43]オメガ レイルマスター

大ヒット作となった、オメガの「トリロジー」コレクション。中でも注目を集めたのが、レイルマスターだった。
このモデルはどういう経緯で生まれ、2017年に復活なったのか。過去の資料と関係者のコメントから、
過去と今のレイルマスターを見る。

【TEST】
ドイツ語版テスト

タグ・ホイヤー「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45」
ポルシェデザイン「モノブロック・アクチュエーター 24H クロノタイマー」
毎回好評のドイツ語版テスト。今回はタグ・ホイヤーのスマートウォッチと、
ポルシェデザインの新作を縦横無尽にインプレッションする。

【コミック】
腕時計パラノイア列伝

第22回「〝解決〟という〝革新〟を目指すオーデマ ピゲ」
オーデマ ピゲはなぜ今なお一流の時計メーカーなのか。複雑時計部門を率いるジュリオ・パピ、
キュレーターのクローディオ・カヴァリエールがオーデマ ピゲの真実を語る。

【第三特集】
メンテナンスの最前線 WATCH MAINTENANCE IN THE FRONT LINE 2017-2018

時計関係者にもわかりづらい、正規メンテナンス。国内外の48社のメンテナンス事情を徹底比較。
価格や納期、修理可能なモデルなどを一挙掲載する。

【その他】
ゼニスが発表した全く新しい脱進調速機「ゼニス オシレーター」や、ティファニーの新作、
ロンジンの野心作「V.H.P」などを掲載。

【別冊付録】
F.P.Journe Invenit et Fecit
「古典」を確信する突破力

F.P.ジュルヌが満を持してリリースした大作、「クロノグラフ モノプッシャー ラトラパンテ ブルー」をはじめ、
ヴァガボンダージュをセットにした「コフレ」、そしてホーランド&ホーランドとのコラボレーションモデルを、
F.P.ジュルヌ本人が詳細に解説。
1,528円
<第一特集>
現行傑作機徹底インプレッション。
掲載モデルはA.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1」、ショパール 「L.U.C クアトロ」、
グランドセイコー「スプリングドライブ8days」、モリッツ・グロスマン「ベヌー・ピュア ジャパンリミテッド」、
パテック フィリップ「Ref.5230 ワールドタイマー」、リシャール・ミル「RM 029 ジャパン・ブルー」、
ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ・クロノグラフ」の7本。

携帯・動態精度だけでなく、視認性や針合わせの感触などもチェック。ドイツ版のテストとはひと味違う、
日本独自のテストとなりました。

<第二特集>
アイコニックピースの肖像、パルミジャーニ・フルリエ「トリック」。
その独創的なデザインを本人が縦横無尽に語り尽くします。

漫画「ウォッチパラノイア列伝」は、新生H・モーザーを率いるメイラン氏の話。
有名人の父を持つ彼は、なぜかつて避けていた時計業界に戻ったのか?

<第三特集>
「密着IWC 24時間」。IWCで働く人たちに、IWCって何なのを訊ねる企画。
お馴染み、クルト・クラウス氏をはじめ、デザイナーのクリスチャン・クヌープ氏、
COOのアンドレアス・ヴォル氏などが、IWCの魅力と、ココで働く理由を語ります。

他にも、名手ナザニン・ランカラーニさんが執筆したフランクリン・ルーズベルトとティファニーの話、
エプソンの新兵器「TRUME」の紹介、プロフェッサー菅原茂氏が書くL.U.Cの魅力などを掲載。
1,528円
カバーストーリー
ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
034 ― 創造性が拓く新たな地平
    新型モデル徹底研究2017

徹底研究2017さまざまな新作が揃った2017年のSIHHとバーゼルワールド。
数こそ多くなかったが、その実、仔細に見ていくと興味深い製品は少なくなかった。
では、時計メーカーや設計者たちは、これらのモデルに何を込めたのか?
スイス、ドイツの現地取材から得た情報を中心として新作に投影された想いと意図を解き明かしていく。

036 ― オーデマ ピゲ/ジュール オーデマ ミニッツリピーター・スーパーソヌリ
040 ― A.ランゲ&ゾーネ/1815アニュアルカレンダー
044 ― パテック フィリップ/パテック フィリップ・アドバンストリサーチ アクアノート・トラベルタイム Ref.5650
046 ― ヴァン クリーフ&アーペル/レディ アーペル パピヨン オートマタ ウォッチ
050 ― ブライトリング/ナビタイマー ラトラパンテ
054 ― ブルガリ/オクト フィニッシモ オートマティック
056 ― オメガ/コーアクシャル脱進機&マスター クロノメーター
058 ― ゼニス/デファイ エル・プリメロ21
060 ― アジェノー/アジェン・グラフ
062 ― チュチマ/テンポストップ
064 ― タグ・ホイヤー/グランドセイコー/ロンジン/ブランパン/フレデリック・コンスタント/ラドー

…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 41
096 ― グラスヒュッテ・オリジナル セネタ
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集[連載マンガ]
141 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.20
「詩的表現にかける情熱 ヴァン クリーフ&アーペル」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
068 ― マリンクロノメーターに始まり「マリー・アントワネット」を経て「マリーン エクアシオン マルシャント 5887」に至る系譜の秘密
    ブレゲと「均時差」かくも永き蜜月
074 ─ グランドセイコー新世界戦略発動
092 ― RICHARD MILLE TECH
   ナノテク応用で成し遂げた最先端のウルトラライト
108 ─ CHRONOSWISS
   ザ・レギュレーター
110 ─ 「宇宙」を「ミクロ」へ凝華するTASAKIの美学
126 ─ HYT H2 TRADITION
   古典と出会うリキッドテクノロジー
113 ─ ルモントワールとコンスタントフォース概論
   定力装置~時計師たちの賢者の石

[別冊付録]
モリッツ・グロスマン
「アトゥム・デイト」カレンダーウォッチの本質を考え抜いたジャンピングデイト
…………………………………………………………………………………………………………
129 ― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
オメガ「シーマスター プラネットオーシャン マスター クロノメーター」
タグ・ホイヤー「アクアレーサー キャリバー5」
ロンジン「ヘリテージ ミリタリー」
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
ショパール共同社長/カール-フリードリッヒ・ショイフレ
ブライトリング副社長/ジャン-ポール・ジラルダン
オメガCEO/レイナルド・アッシェリマン
独立時計師/浅岡肇
…………………………………………………………………………………………………………
1,528円
カバーストーリー
ブレゲ「マリーン エクアシオン マルシャント 5887」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
046 ― [2017年新作詳報&#8197;Part&#8201;2]
    バーゼルを震撼させた100の事件
    
1917年の初開催から、ついに1世紀もの年月を重ねたバーゼルワールド。
今年の時計業界の行く末を占う──というのがこの大見本市の決まり文句だが、
我が『クロノス日本版』編集部では、今年のバーゼルに特定の傾向を見出すことが、ついにできなかった。
本特集では厳選を重ねた100本の時計を“ひとつひとつの事件”と捉えることで、
混沌のバーゼルを活写してみたい。

048 ― いまバーゼルワールドで夢は買えるのか?
068 ― 世界を牽引するジャン-クロード・ビバーという事象
050, 064, 073 ― Editor’s Recommend
052 ― New Movement
055 ― Complicated Watches
056 ― Colored Dials
060 ― Good Deal
080 ― Back to Archive
083 ― Pointed Colors
BASEL TOPICS
[クロノス日本版 定点観測10ブランド]
[インタビュー]
051 ― ナイラ・ハイエック
057 ― &#8202;グイド・テレーニ
063 ― &#8202;エディ・ショッフェル
075 ― &#8202;ジャン-クロード・モナション
081 ― &#8202;ギィ・セモン
076 ― &#8202;ピエロ・ブラーガ
…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 40
112 ― ルイ・ヴィトン タンブール
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集[連載マンガ]
165 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.19
「時計を修理する人々」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
092 ― フランス海軍省御用達時計師の栄光を今に継ぐ
    ブレゲ「マリーン」の万有引力
124 ─ RICHARD MILLE TECH
 1/1000mmの外装技術
128 ― MONTBLANC Time Walker Collection
 ガレージレーサーたちに受け継がれる信頼
130 ─ 真摯なマニュファクチュールの証し
    カール F. ブヘラ進化の法則
134 ─ 大丸創業300周年記念数量限定モデルの心意気
    日本には日本のトゥールビヨンがある
    シチズンにはシチズンの流儀がある
138 ─ 自分だけの時計を仕立てる
    ティファニー&#160;パーソナライゼーション プログラム
143 ─ 古典クロノグラフに挑むロジック
    HAJIME ASAOKA CHRONOGRAPH
146 ─ Romain Gauthier
    ジュウ渓谷に愛された時計師
150 ─ いま、ベルジョンを選ぶ理由
    時計師・本間直樹が語る精密ドライバーの条件
[別冊付録] オーデマ ピゲ
「美」を体現するサヴォワール・フェールの神髄
…………………………………………………………………………………………………………
153 ― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
&#8202;&#8202;IWC/インヂュニア・クロノグラフ“ルドルフ・カラツィオラ”
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
オーデマ ピゲ会長/ジャスミン・オーデマ
ファーブル・ルーバCEO/トーマス・モルフ
プロサー・ホールディングCOO/フロリアン・セレックス
オシロン/ドミニク・ブサー、シラノ・デヴァンシー
…………………………………………………………………………………………………………
1,528円
カバーストーリー
A.ランゲ&ゾーネ「トゥールボグラフ・パーペチュアル“プール・ル・メリット”」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
036 ―賽は投げられた未来を占うジュネーブ
    
男性物ではなく、女性向けのモデルが目立った2017年のSIHH。しかし子細に見ると、
その裏にはさまざまな多様性が感じられた。
価格訴求力を増そうと試みたメーカーもあれば、かつてないコンプリケーションを
リリースしたメーカーもある。それぞれが、それぞれの方向に歩み出したSIHH。
その多様性を、実際のプロダクトから詳らかにしたい。

038 ― SIHH2017編集部注目モデル
[新作詳報]
040 ― カルティエ/044 ヴァシュロン・コンスタンタン
048 ― オーデマ ピゲ/050 パネライ
052 ― IWC/054 リシャール・ミル/055 A.ランゲ&ゾーネ
058 ― ヴァン クリーフ&アーペル/059 パルミジャーニ・フルリエ/060 ピアジェ
061 ― ロジェ・デュブイ/062 ジャガー・ルクルト/064 モンブラン
065 ― ボーム&メルシエ/065 グルーベル フォルセイ
068 ― ジラール・ペルゴ/069 ユリス・ナルダン
070 ― Carr des Horlogers
070 ― H.モーザー/071 ヴティライネン/071 ウルベルク
072 ― オートランス/072 ロマン・ジェローム
074 ― OUTSIDE SIHH, OTHER NEWCOMERS
074 ― F.P.ジュルヌ/075 ― フランク ミュラー/076 ―ウブロ/077 ― ボヴェ
…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 39
094 ― ブルガリ オクト
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集
119 ― 今注目すべき時計のトレンドを変える新潮流
…………………………………………………………………………………………………………
第四特集[連載マンガ]
167 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.18
「セイコー アストロンを創った人々」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
106 ― CHANEL Cal.2.
    機械仕掛けで咲く花
110 ─ RALPH LAUREN 2017 New Models
   最小のアトリエから生まれる最良のクォリティ
116 ― ショパール×カミネ×クロノス日本版「ショパール・アカデミー」誌上レビュー
   技術革新のショーケース L.U.C フル ストライク日本初上陸
118 ─ ZENITH BOUTIQUE OSAKA
   新コンセプトを盛り込んだ世界初の旗艦店
…………………………………………………………………………………………………………
133 ― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
オメガ/スピードマスター ムーンフェイズ クロノグラフ マスター クロノメーター
ロレックス/オイスター パーペチュアル ヨットマスター 40
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
ラ・モントル・エルメスCEO/ローラン・ドルデ
ヴァシュロン・コンスタンタン プライベート・クライアント・ディレクター兼レ・キャビノティエ・クライアント・ディレクター/ドミニク・ベルナス
ジャケ・ドロー 副社長兼ヘッド・オブ・インターナショナルセールス/マーク・エレン
HYT CEO/グレゴリー・ドゥード
…………………………………………………………………………………………………………
1,528円
カバーストーリー
ショパール「L.U.C タイム トラベラー ワン」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
040 ―〝趣味の地平〟を超える人々
    時計愛好家の生活 Part5

時計愛にあふれる人々を、
そのライフスタイルとともに描写する人気特集第5弾。

042 ― ①「 どんな時計が好きなのかまだ分かりません。買っていくうちにその限界が見えるのではないでしょうか」 H.H.さん
048 ― ②「 ブリッジにイニシャルや購入年をエングレービングすることで、子孫に私の思い出も遺したい」 K.S.さん
054 ― ③「 あまりそうと見られませんが、実はかなりのオタク。好きになったら、とことんハマります」 K.Y.さん
058 ― ④「 スイス時計業界冬の時代を支えてきた、デュボア・デプラという会社が好きなのです」 H.Y.さん
062 ― ⑤「 意識して収集に励んだことはありません。気がつけば稀少モデルが揃っていました」 I.M.さん
066 ― ⑥「 コンプリケーションは、英知とイマジネーションの粋。そのカラクリをじっくり見たい」 I.K.さん
070 ― ⑦「 車も食べ物も時計も、経験しないと分からない世界。だから時計は買ってみることにしている」 桃井敦氏
…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 38]
082 ― ベル & ロス BRシリーズ
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集[連載マンガ]
167 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.17
「ウォッチビジネス成功請負人 ジャン-クロード・ビバー」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
013 ― 快進撃が止まらない
   〝リシャール・ミル2017超速報
094 ─ ヴァシュロン・コンスタンタン
   スポーティエレガンスを着替える
106 ― A.ランゲ&ゾーネ
   魅惑のムーンフェイズ
112 ─ 進化し続けるロングセラー
   ゼニス「エル・プリメロ」の秘密
111 ─ 進取の気象が証すカルティエの正統性
116 ─ 「ショパール・アカデミー第3弾」市場レビュー
   L.U.C ウォッチメイキングの〝マラソン戦略〟
118 ─ 中東発 高級時計の新しい祭典
   ドバイ ウォッチ ウィーク その画期的な試みとは
124 ─ アワーグラスジャパン20周年
   絢爛たるユニークピース
128 ─ 日本のスケルトンを持つ矜恃
   46周年を迎えたオリエント46系ムーブメント最進化形
130 ─ TAG HEUER Auto+Aviation=AUTAVIA
   名機復活 オウタヴィア55周年の刷新
134 ─ オーガニックとモーターレーシングの風に吹かれて
   サンタモニカで開催された モンブラン プレSIHH詳報
136 ─ ヴェンペ
   新たなオフセットローター自動巻きで挑む躍進
140 ─ ティファニー×フォーブス×クロノス日本版
   ティファニーに息づくベンチャースピリット
154 ─ BASELWORLD 2017
   バーゼルワールドで触れる時計製造への熱情
…………………………………………………………………………………………………………
155 ― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
ロレックス/オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ
タグ・ホイヤー/モンツァ クロノグラフ
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
LVMHグループ ウォッチ ディヴィジョン プレジデント兼タグ・ホイヤーCEO兼ウブロ会長兼ゼニス暫定CEO/ジャン-クロード・ビバー
ブルガリ グループCEO/ジャン-クリストフ・ババン
ジャガー・ルクルトCEO/ダニエル・リエド
ブランパン マーケティング担当副社長/アラン・デラムラ
…………………………………………………………………………………………………………
1,528円
カバーストーリー
リシャール・ミル「RM 68-01 トゥールビヨン シリル・コンゴ」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
044 ― メンテナンスの最前線が語る熟成改良の秘話
    熟成機を味わい尽くす The Well-aged Movements

常に愛好家の注目を集めるのは最新鋭のムーブメントである。
しかし時間をかけて熟成を重ねたムーブメントにこそ、一層高いパフォーマンスと、
多くを語れるだけのヒストリーがある。
完熟の域に達したムーブメントを搭載する〝熟成機〟。
その安定した品質と真の魅力に多方面から迫る。

046 ― パテック フィリップ Cal.324
052 ― オーデマ ピゲ Cal.3120
058 ― パネライ Cal.P.2002
064 ― ジラール・ペルゴ Cal.GP03300
070 ― ブライトリング Cal.01
076 ― いま“熟成機”を想う &#12316;未来のヴィンテージを腕にする&#12316;
…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 37]
092 ― オーデマ ピゲ ロイヤルオーク オフショア
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集[連載マンガ]
143 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.16
「ヴァシュロン・コンスタンタン“オーヴァーシーズ”を創った人々」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
090 ― ハリー・ウィンストン
    〝キング・オブ・ダイヤモンド〟輝きの謎
106 ─ ブレゲ&マリー・アントワネット
コンプリケーションが今につなぐブレゲの歴史と遺産
110 ― ハ最先端の〝内面〟とレトロな〝外見〟の融合
ロンジン ヘリテージコレクションが〝復刻〟を超越する理由
112 ─ 進化し続けるロングセラー
    ゼニス「エル・プリメロ」の秘密

128 ─ ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー
    巨匠たちが拓いた新たな境地
…………………………………………………………………………………………………………
[別冊付録]
モリッツ・グロスマン
あるマイスター時計師が語る半生と
グラスヒュッテ高級時計産業の歩み

ショパール
ショパール マニュファクチュール創設20周年
成熟と革新の軌跡
…………………………………………………………………………………………………………
131― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
オメガ/シーマスター プロプロフ
ブライトリング/アベンジャー ハリケーン
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
シチズン時計社長/戸倉敏夫
モンブラン モントレ ウォッチ ディヴィジョン マネージング ディレクター/ダビデ・チェラート
カール F.ブヘラ ムーブメント製造責任者/フィリップ・ルーリッヒ
ジャン・ルソー 社長/ジャック・ボルディエ
…………………………………………………………………………………………………………
1,528円
カバーストーリー
オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリ」
…………………………………………………………………………………………………………
第一特集
042 ― ETAを克服するウォッチメーカー&サプライヤー

2014年7月、スウォッチ グループとスイス連邦競売政策委員会の間で、2019年12月31日をもって他社へのムーブメント供給義務を解消されるという合意がなされた。これがいわゆる「ETA2020年問題」の起点だが、多くのウォッチメーカーやサプライヤーは、それ以前から否応なく、この問題に向き合い、対処せざるを得なかった。
結果、業界地図は大きく変動を遂げつつある。
今、世界の時計産業はどうなっているのか? その最新事情を現地から詳細に報告する。

044 ― 「ETA2020年問題」決着への道筋
074 ― 「ETA2020年問題」総括
075 ― 現行エボーシュ総覧
[CASE STUDY]
046 ― ①デュボア・デプラ/ 048 ― ②セリタ/ 050― ③ラ・ジュー・ペレ/
052 ― ④フレデリック・コンスタント/ 062 ― ⑤コンセプト/ 062 ― ⑥テクノタイム/
066 ― ⑦レジェンス・プロダクション/ 070 ― ⑧ヴェンペ/
072 ― ⑨エントリークラスに広がる自社製ムーブメントの実力――パネライ、IWC
[〝ジェネリックムーブメント〟検証]
056 ― ETA×セリタ徹底比較/ 061 ― ソプロードM100の出自と実態
[証言者]
054 ― ①〝事情通〟が語る「ETA問題」の今と未来――グレゴリー・ポンス×広田雅将
068 ― ②世界の修理業者を取り巻く現実
…………………………………………………………………………………………………………
第二特集 [アイコニックピースの肖像 36]
098 ― ウブロ クラシック・フュージョン
…………………………………………………………………………………………………………
第三特集 混迷の世に得るべきタイムピース
     無垢な時間 穢れなき時計
125 ― ウブロ クラシック・フュージョン
…………………………………………………………………………………………………………
第四特集[連載マンガ]
153 ― 腕時計パラノイア列伝 vol.15
「〝生まれながらの高級機〟生みの親、カール-フリードリッヒ・ショイフレ」
…………………………………………………………………………………………………………
SPECIAL FEATURES
088 ― 何人も到達できないパテック フィリップ頂点の証し
    スターン父子が創り上げたミニット・リピーター百花繚乱の極み
094 ─ グルーベル フォルセイ
完全無欠の手仕上げ美
110 ― ハリー・ウィンストンの神髄を体現する実力機
才色兼備のプロジェクトZ10
112 ─ ロジェ・デュブイが先駆ける
モダンスケルトンウォッチ大解剖
114 ─ ベル&ロス BR 01 ニューコレクション
    〝シンボライズ〟の闘い
116 ― オーヴァーシーズ・ツアー
    スティーブ・マッカリーの視線
136 ― [Kamine×Time Aeon Foundation×クロノス日本版]
    スペシャルトークセッション
    〝伝統を守る〟という想いが交差する瞬間
…………………………………………………………………………………………………………
[別冊付録]
F.P.ジュルヌ
帰ってきたヴァガボンダージュ
…………………………………………………………………………………………………………
141― 人気連載 ドイツ版TEST「腕時計を点数評価」
A.ランゲ&ゾーネ/グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ〝ルーメン〟
ユンハンス/マイスター ドライバー クロノスコープ
シャウアー/アナログ リマインダー
…………………………………………………………………………………………………………
【インタビュー】
A.ランゲ&ゾーネ インターナショナルセールスディレクター/アレクシー・ドゥ・ラポルト
モーリス・ラクロア CEO/ステファン・ワザー
クロノスイス CEO/オリバー・エブシュタイン
スピーク・マリン CEO/ピーター・スピーク・マリン
…………………………………………………………………………………………………………
おすすめの購読プラン

クロノス日本版の内容

ハイクオリティーな時計専門、世界の高級時計を紹介するドイツの雑誌の日本版
時計界における最新ニュースもヨーロッパから発信。専門誌ならではのアカデミックな視点に立った、腕時計のムーブメントやケース、ブレスレット&ストラップにいたる詳細な性能比較やスペックテストという同誌独自の看板企画も翻訳し掲載します。ビジュアルにおいても他の時計専門誌と一線を画し、カタログ的に陥らない、例えばファッション写真のようなクオリティを提供します。

クロノス日本版の目次配信サービス

クロノス日本版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

クロノス日本版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.