• 定期購読 ドロップダウンメニュー
  • 単品購入 ※単品でのお取り扱いはございません
旬がまるごと 表紙
※定期購読のイメージ画像
この商品は現在休刊となっております。

旬がまるごとの内容

マザーフードマガジン【「旬」がまるごと】、はじめました。
毎号ひとつの食材をテーマにした食のカルチャー誌。ひとつの食材から人々の生活や文化、歴史が見えてきます。『「旬」がまるごと』は単なるレシピ集でも、グルメガイドでもなく、ひとつの食材を切り口に、自然の豊かさ、人間の生活・文化を楽しむ知的カルチャー誌。目と舌を満足させるだけでなく、脳も刺激する食の雑誌を目指します。「料理の鉄人」「世界遺産」の小山薫堂が責任編集。

旬がまるごとの商品情報

商品名
旬がまるごと
出版社
ポプラ社
発行間隔
隔月刊

旬がまるごと取扱い開始コール♪

「旬がまるごと」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

旬がまるごとのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.38
  • 全てのレビュー: 21件
一冊にひとつの食材を詰め込んだ
★★★★★2014年07月23日 くま 大学生
タイトルそのままです。その食材についての食べ方や、コラムなども掲載していて、とてもおもしろいと感じました。
切り口たのしい!
★★★☆☆2012年08月11日 タブリエ 自営業
ひとつの食材をさまざまな角度から切って調理して目と頭脳に食べさせてくれる、いままでにない雑誌。日本、世界、生産者、調理人、家庭やマニアなどのじつに多彩な視点には驚かされるほど。食育にもおすすめです。ただし休止になってしまったのがとても残念。
ねたが切れません
★★★★☆2011年08月10日 けん 会社員
だんだんマイナーな旬な食材が登場する様になって、ますます面白くなったように思います。定期購読を継続します。
ほんとに丸ごと
★★★☆☆2010年08月10日 ken 会社員
旬なものが、いろいろな切り口で、丸々1冊ドドンと本になってます。食べることだけじゃなくて、その後ろにある方々の思いもわかって面白いです。毎回、新しい発見があって楽しく読んでます。
まさに「まるごと!」
★★★★★2010年07月03日 そら 教職員
毎号ひとつの食材にこだわって、その活用法から歴史まで、とても詳しく紹介されています。その内容と、シンプルながら美しい写真に惹かれ、書店で見つけたその日からバックナンバーを集め、定期購読も始めました。料理・写真・食材そのもの、どれも興味がある方にはとってもおススメの雑誌です。
素材が丸ごと入ってる
★★★★☆2010年04月01日 mizuki0306 その他
これほどひとつの食材に突っ込んで書いてくれている本は、初めて見ました。一冊にひとつなので、細かい所まで書いてくれていて大変面白いです。
じゃがじゃが
★★★★★2009年12月23日 たかたか 会社員
「ねぎ」で出会い、待つこと5ヶ月。やっと大好きな「じゃがいも」の登場に心躍りました!マニアックだけど解りやすいうんちくや精密なイラストに感動です。 あまりのうれしさに、P44に紹介された料理を作りました。今度は実際に食べに行きたいです。
さんま大好き!
★★★★★2009年09月29日 くろろ 自営業
創刊号のキャベツから全て楽しく読んでます。シュークリームのシューがキャベツの意味を始めて知りました。今回は大好きなさんま。未だ刺身では食べたことがなく、全国さんまの町MAPを参考に高速料金が安い時に夫婦して”さんまの旅”をしたいです。大船渡のさんまが今年から東京タワーで第3の目黒のさんまになりました。3333匹、来年は是非行列を覚悟して参加したいと思ってます。
ねぎ
★★★★☆2009年09月05日 みじぇ 専門職
初めてこのシリーズを知ったのが、自分の一番好きな野菜のネギでした。フードグラビアあり、ネギ切り機紹介ありと、野菜と野菜をとりまく環境が面白く紹介されています。
ねぎ
★★★★☆2009年09月05日 みじぇ 専門職
初めてこの雑誌を知ったのが、一番好きな野菜のねぎの特集。フードグラビア・ねぎカッターのネギーの特集など非常に面白い構成になっています。
レビューをさらに表示

旬がまるごとの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.