厚生労働 発売日・バックナンバー

全167件中 1 〜 15 件を表示
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2024年2月号(2024年2月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
悠木碧さん(『薬屋のひとりごと』猫(マオ)猫(マオ)役 声優)

毒にも薬にもなるような
効力の強いものを扱う
責任感が伝われば……

昨年10月にスタート、1月から第2クールが放送され話題となっているTVアニメ『薬屋のひとりごと』。後宮を舞台に「毒見役」の少女・ 猫猫マオマオ が、さまざまな難事件を解決する後宮謎解きエンターテインメントです。本作で主人公の猫猫を演じる声優の悠木碧さんに、作品の面白さや見どころ、キャラクターの魅力、今作に込めた思いなどを聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
女性と依存症
ライフステージごとの 「生きづらさ」の解消へ

現代の女性には、時代や環境の変化から、さまざまな「生きづらさ」が生じています。その生きづらさを紛らわすため、特定の物や行為に依存するようになり、やめたくてもやめられない状態、いわゆる「依存症」に陥ってしまうこともあります。本特集では、女性と依存症の問題にスポットを当て、依存症の“入り口” や、その種類とリスク、本人・家族の相談先や周囲ができることについて考えます。

PART1
対談 依存症の入り口はどこ?
陥りやすい環境や状況を考える

PART2
依存症の種類とリスク
近年の女性患者の傾向を知る

PART3
悩んだときの相談先
安心して自分の気持ちを話せる場所を見つけよう

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■特別企画
 電子処方箋の“はじめの一歩”
 ~知って、調べて、使ってみよう~

「電子処方箋」をご存知ですか?これは、昨年1月からスタートした新たな取り組みです。電子処方箋の仕組みやメリットを図表やQ&Aで紹介します。

■とびラボ企画
 「農業×福祉」による
 多様な社会参加と役割づくり

昨年9・10月に、農福連携を推進する省庁である厚生労働省と農林水産省など4省庁の職員食堂やレストランを活用して「農福連携レストラン」を開催しました。昨年度に続き、2回目の開催となった本企画に込めた企画委員の思いや開催までの連携、そこで得た職員の気づきなどを紹介します。

■連載
〈未来(あした)のつぼみ〉
 企業の労働力確保を支援する担当業務の重みを痛感

〈地方厚生(支)局探検隊〉
 近畿厚生局 健康福祉課

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 近畿厚生局 地域包括ケア推進課
 滋賀県 日野町
 大阪府 枚方市

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈海外からの便り〉世界保健機関

〈人生を広げるSide Business〉
 俳優・グラビアアイドル ×
 コンドルタクシー株式会社 タクシードライバー

〈児童思春期のこころの病〉
 友人にできること

〈技能の道〉車体塗装 星野悠音さん

〈本と厚生労働〉大垣書店 京都本店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2024年3月号(2024年3月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
「がん対策推進企業アクション」
企業と連携しがん検診受診率向上へ(仮)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2024年1月号(2024年1月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
川栄李奈さん(俳優)

患者に寄り添う
「ナースエイド」の魅力を伝えたい

医師が患者の病気を治すプロならば、ナースエイド(看護助手)は患者に寄り添うプロ――ナースエイドの主人公・桜庭 澪(みお)の奮闘を描く、1月スタートのドラマ『となりのナースエイド』。本作で主人公を演じる川栄李奈さんに、役の魅力や作品に込めた思い、主演として意識していることなどを聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
「令和5年版 労働経済白書」から見る
持続的な賃上げに向けて

2022年の経済や雇用、労働時間、賃金などの現状や課題を分析した「令和5年版 労働経済白書」のテーマは、「持続的な賃上げに向けて」です。同年は、新型コロナウイルス感染症の影響が見られたものの、感染防止策と経済社会活動の両立が図られ、経済活動は徐々に正常化に向かっていきました。本特集では、同年の労働経済の推移や特徴、賃上げによる企業・労働者や経済への効果、企業と賃上げの状況を踏まえた今後の方向性などについて、同白書から読み取れる情報を伝えます。

Part1
「令和5年版 労働経済白書」が示すもの
~2022年の社会背景を知ろう~

Part2
2022年の労働経済を知る
~“女性の正規雇用”や“転職者”が増加~

Part3
賃金が増えない理由を探る
~増えない要因の解消とメリットを考える~

Part4
「令和5年版 労働経済白書」のポイント
~制作担当者が語る~

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■とびラボ企画
 HIVの過去40年と経験者の声から学ぶ
 病気と差別の歴史と正しい知識

昨年10月20日開催の「とびラボ企画~病気と差別の歴史と正しい知識」と題した勉強会。日本で約40年前に感染者が現れたHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に対する誤解・偏見・差別の歴史を、感染者の方々の経験をとおして学びました。

■連載
〈地方厚生(支)局探検隊〉
 中国四国厚生局 保険年金課・管理課

厚生行政の政策実施機関として、全国8(支)局で「健康・福祉」「医療」「年金」「麻薬取締」の業務をこなす「地方厚生(支)局」の仕事と、そこで働く人を紹介するコーナー。
第6回は、医療保険と企業年金の制度を支える団体などへの適切な指導・監督・助言を行う、中国四国厚生局の保険年金課・管理課にスポットを当てます。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 中国四国厚生局 地域包括ケア推進課
 岡山県新見市

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 「知って、肝炎プロジェクト」に取り組む

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社LIFULL(クリエイティブ本部ブランドコミュニケーション部) ×
 犬の預かりサービス(ドッグホスト)

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 戸田建設株式会社 医療施設建築

〈児童思春期のこころの病〉
 本人にできること

〈海外からの便り〉経済協力開発機構(OECD)

〈技能の道〉建築大工 堀口響生さん

〈本と厚生労働〉コーチャンフォー ミュンヘン大橋店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2024年2月号(2024年2月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
女性と依存症
ライフステージごとの 「生きづらさ」の解消(仮)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年12月号(2023年12月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
桐谷健太さん(俳優)

刑事ドラマや医療ドラマには
人がひかれる“何か”がある

病院内での暴力や患者からのクレームに対応する“院内刑事”と呼ばれる、日本ではまだ聞き慣れない職業にスポットを当てる医療×刑事ドラマ『院内警察』が1月12日からスタートします。元警視庁捜査一課の肩書をもつ傍ら阿栖暮総合病院の院内刑事として働く主人公・武良井治を演じる桐谷健太さんに、本作への思いや役づくりについてインタビューしました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
2024年4月の改正 「改善基準告示」適用で
自動車運転者の働き方が変わる

来年4月1日、「トラック」「バス」「ハイヤー・タクシー」の運転者の時間外労働に年960 時間の上限規制が始まるとともに、改正された「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」が適用され、運転者の労働条件が大きく改善されます。
本特集では、その内容を車種ごとに解説するとともに、長時間・過重労働の実態が見られる事業者に対し監督指導を行っている労働基準監督官の取り組みを紹介。加えて、発着荷主による長時間の荷待ち解消のため新設された「荷主特別対策チーム」の活躍を伝えます。

Part1
トラック バス タクシー運転者の
「拘束時間」と「休息期間」はこう変わる

Part2
労働基準監督署の
「自動車運転者」監督指導

Part3
「荷主特別対策チーム」の活躍

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■とびラボ企画
 哲学対話をしよう
 ~手を止めて、余白をつくって問い直す~

10月19日に行われた、とびラボ企画「永井玲衣さんと『実践!哲学対話』」と題した勉強会。本勉強会に込めた企画委員の思いや講演内容、そこで得た職員の気づきなどを紹介します。

■連載
〈地方厚生(支)局探検隊〉
 北海道厚生局 食品衛生課

厚生行政の政策実施機関として、全国8(支)局で「健康・福祉」「医療」「年金」「麻薬取締」の業務をこなす「地方厚生(支)局」の仕事と、そこで働く人を紹介するコーナー。第5回目は、国内外の豊かな食生活のために、食品の輸出入の安全を守る北海道厚生局の「食品衛生課」の取り組みを紹介します。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 北海道厚生局 地域包括ケア推進課
 北海道美唄市

〈Close Up〉
 WAM 助成
 食料支援を通じて包括的支援につなげる

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈TOPICS〉
 ~ヒト、動物、環境の健康を~
 「ワンヘルス・アプローチ(One Health Approach)」

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各国・地域、世界全体で、ヒト、動物、環境といった分野横断的な連携(ワンヘルス・アプローチ)の必要性が改めて強調されました。パンデミック、薬剤耐性(AMR)、気候変動による健康への影響など地球規模の課題に対して、関連省庁の連携強化が求められています。

〈未来(あした)のつぼみ〉
 多様な観点から考える姿勢・力を磨く

〈人生を広げるSide Business〉
 ライオン株式会社 人材開発センター ×
 キャリアコンサルティング会社で コンサルティング活動

〈児童思春期のこころの病〉
 思春期に多い「こころの病」 ~摂食障害~

〈海外からの便り〉インドネシア共和国

〈技能の道〉パソコン組立 舘野裕太郎さん

〈本と厚生労働〉三省堂書店 名古屋本店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2024年1月号(2024年1月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
「令和5年版 労働経済の分析」から見る
持続的な賃上げに向けて(仮)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年11月号(2023年11月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
北乃きいさん(俳優)

現代の女性活躍推進の
先駆けを演じているよう

日本産メガネの95%を生産している福井県を舞台に、メガネ工場をゼロから立ち上げた兄弟と、二人を信じて支え見守り続けた兄の妻の姿を描いた映画『おしょりん』。本作で主人公の妻・むめを演じた北乃きいさんに、演じた役の魅力や本作に込めた思いなどを聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集1◆
安全な医療のために
~患者と医療者が一緒につくる~

私たちは、医療を受ける際に当然のように「安全」が確保されていると思っているのではないでしょうか。しかし本来、医療は不確実で危険性をはらむものであり、何もしなくても安全なわけではありません。本特集では、「医療の安全」の向上を支えてくれている人たちや国、団体、その取り組みにスポットを当てます。

Part1
患者の安全を守る「縁の下の力持ち」

Part2
「医療安全支援センター」を知ろう、頼ろう!

Part3
座談会
関係者が協働して医療安全をめざすには

-----------------------------------------------------------------
◆特集2◆
日々進化する業界で働く
キラキラ輝く 「介護のしごと」

超高齢社会を迎え、「介護サービス」の需要は増える一方、「仕事がきつい」「給料が安い」といったネガティブなイメージを持たれやすい介護の職場。本特集では、知られているようで知られていない「介護の仕事」の魅力と成長性をさまざまな取り組みとともに紹介します。

Part1
データで見る
「介護職のいま」

Part2
「人に勧められる職場」化進む
介護現場のこんな動き、あんな動き

Part3
最近増えている「親子で介護職」
親の姿を見ながら育った子が同じ職業に就く理由

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■TOPICS
 ~ヒト、動物、環境の健康を~
 「ワンヘルス(One Health)」ってなぁに?

動物からヒトへ、ヒトから動物へ伝播可能な感染症(人獣共通感染症)や、薬剤耐性(AMR)を持つ細菌の出現が、国際社会で大きな課題となっています。ワンヘルス・アプローチとは、こうしたヒト、動物、環境の健康(健全性)に関する分野横断的な課題に対して、関係者が協力し、その解決に向けて取り組むことを指します。この動きは世界的にも広がっています。

■連載
〈地方厚生(支)局探検隊〉
 九州厚生局 年金部門

第4回目は、九州厚生局の年金部門にスポットを当てます。正確かつ確実に行われることが不可欠の社会インフラとしての年金事業。日本の公的年金の業務運営にかかわる機関への監督・支援や、年金制度の正しい知識の普及啓発など、同部門の取り組みを紹介します。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 九州厚生局 地域包括ケア推進課
 長崎県島原市/熊本県大津町

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 医薬品を社会に届けることの責任を感じながら

〈人生を広げるSide Business〉
 カゴメ株式会社 財務経理部IRグループ ×
 中小企業診断士の資格を活かした コンサルタント活動

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 川原経営グループ 医療コンサルタント

〈児童思春期のこころの病〉
 思春期に多い「こころの病」 ~不安症~

〈海外からの便り〉フィリピン共和国

〈技能の道〉レストランサービス 東門清華さん

〈本と厚生労働〉ヴィレッジヴァンガード 下北沢店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年12月号(2023年12月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
2024年4月からの改正 「改善基準告示」で
自動車運転者の働き方が変わる(仮)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年10月号(2023年10月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
真木よう子さん(俳優)

知ろうとする寄り添いと
理解したいという愛情が大切

2004年に出版されて以降、長く深く熱く読み継がれてきた漫画『アンダーカレント』が映画化(10月6日公開)。心の奥底に秘めたる想いを抱える主人公・かなえを繊細な感情のグラデーションで演じている真木よう子さんに、本作への思いや役づくりをはじめ、作品のテーマの一つ「人をわかるってどういうことか」についてもインタビューしました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
あなたの気持ち、行動に移しませんか
よし! 自分も 「臓器提供」について考えよう!

1997年の臓器移植法施行から、日本の臓器提供数は年間100件前後で推移も、2021年の世論調査では、10人に4人が臓器を「提供したい」と答えています。そこで本特集では、意思表示の仕方の紹介はもちろん、臓器提供手術の当事者や支援者による体験談など、独自の情報をお届けします。

Part1
今年度は過去最高の提供ペースで推移
日本の「臓器提供」の最新事情

Part2
筑波大学附属病院高度救命救急センターでの「臓器提供」

Part3
ドナー家族と心臓移植手術経験者の思い

Part4
「臓器提供」の意思表示はこうします

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■TOPICS
 長引く咳や体のだるさに隠れている
 「結核」を正しく知ろう

結核は、患者数および罹患率は順調に減少しているものの、今でも年間1万人以上の新しい患者が発生し1,600人以上が命を落としている日本の主要な感染症です。厚生労働省では、毎年9月24日から9月30日までの「結核予防週間」を中心に、地方自治体や関係団体の協力を得ながら、結核に関する正しい知識の普及啓発を図っています。

■連載
〈地方厚生(支)局探検隊〉
 東海北陸厚生局 医事課・企画調整課

第3回目は、東海北陸厚生局の医事課と企画調整課(愛知県名古屋市)にスポットを当てます。医療安全のためのワークショップ、看護師特定行為研修実施機関の審査、南海トラフ地震を見据えた災害医療に関するBCP作成支援などに取り組む両課を紹介します。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 東海北陸厚生局 地域包括ケア推進課

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 法務省のなかの蛙、厚生労働省を知る

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社SBI新生銀行 グループトレジャリー部 × パントマイム・大道芸

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 独立行政法人福祉医療機構 資金調達

〈児童思春期のこころの病〉
 思春期に多い「こころの病」 ~統合失調症~

〈海外からの便り〉フランス共和国

〈技能の道〉電気溶接 田中 大さん

〈本と厚生労働〉精文館書店豊橋本店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年11月号(2023年11月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集1◆
安全・安心な医療のために
~患者と医療者が一緒につくる~(仮)

◆特集2◆
これから成長間違いなしの業界で働く
キラキラ輝く 「介護のしごと」(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
北乃きいさん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年9月号(2023年9月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
純烈

日本一優しいグループをめざす

長年にわたる温浴施設での地道な活動によって、多くの熱烈なファンを獲得してきた歌謡コーラスグループの純烈。その最大の魅力は、客との距離の近さから生まれる親しみやすさです。新しいファン獲得も視野に入れた、9月からの明治座(東京都)での座長公演に向けて、メンバー全員から意気込みを聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
知らないと“損”をする
薬局活用術

近年、薬局の機能強化に向けた施策が実施されています。2021年8月から「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」の認定が、今年1月からは「電子処方箋」が始まりました。日々の健康管理において、「薬局」「薬剤師」は非常に重要な存在です。本特集では、薬局や薬剤師を活用することで、「損をしない」「得をする」方法を紹介します。

Part1
薬局の電子化
押さえておかないと“損”をする

Part2
薬局の多様化・特徴
知らないと“損”をする

Part3
税金や費用面
制度を理解していないと“損”をする

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■新型コロナウイルス最前線
 新型コロナウイルスから学ぶこと
 ~次なる感染症危機に備えて~

本誌2020年11月号からスタートし、約3年にわたり「新型コロナウイルス感染症の動向と対策」を紹介してきた本連載。最終回は総括として、同感染症対策の司令塔であった「厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策本部」のメンバーたちに、印象的だった出来事や取り組み、今後の危機管理対応に活かしたいことについて聞きました。

■連載
〈地方厚生(支)局探検隊〉
 四国厚生支局 医療指導部門

第2回目は、四国厚生支局医療指導部門(香川県高松市)にスポットを当てます。保険診療のルールや診療報酬の請求が適切に行われているかどうかについて、保険医療機関への指導監督や調査を担う医療指導部門の取り組みを紹介します。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 四国厚生支局 地域包括ケア推進課

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 「キャリア形成・学び直し支援」事業に取り組む

〈人生を広げるSide Business〉
 日本オラクル株式会社 クラウド事業統括 ×
 ジョージ・アンド・ショーン株式会社 代表取締役・CEO

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 株式会社メディカロイド 手術支援ロボット

〈児童思春期のこころの病〉
 思春期に多い「こころの病」 ~うつ病~

〈海外からの便り〉欧州連合(EU)

〈技能の道〉写真撮影 井門仁哉さん

〈本と厚生労働〉
 くまざわ書店 ACADEMIA イーアスつくば店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年10月号(2023年10月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
よし! 自分も 「臓器提供」について考えよう!(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
真木よう子さん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年8月号(2023年8月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
菊地凛子さん(俳優)

旅での出会いと経験で
過去と向き合えるように

映画『バベル』でアカデミー助演女優賞を含む多数の映画賞にノミネートされるなど、世界に認められ、グローバルに活躍されている菊地凛子さん。7月28日に公開された『658km、陽子の旅』で、初の邦画単独主演を務めます。人とのかかわりを避け、非正規雇用としてなんとなく生きている主人公・陽子を演じるに至った経緯や本作への思い、「旅」について聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集1◆
梅毒が急増で過去最多!? HIV感染症の治療が進化
知っておきたい性感染症の正しい知識

昨年、梅毒感染者の報告数が1999年に現在の統計方法になって以来初めて年間1万人を超え、今年に入ってからも依然として増え続けています。本特集では梅毒に加え、患者数が減少しているHIV感染症や、昨年7月に国内1例目の患者が確認されて以降散発的な発生が続いているエムポックスなど、今注視すべき性感染症の現状や予防法・治療法、相談先などを紹介します。

Part1
梅毒を正しく知る
増えている今、知っておくべきこと

Part2
HIV感染症を正しく知る
早期に治療につながることがカギ

Part3
エムポックスを正しく知る
差別・偏見を生まないための知識を持つ

◆特集2◆
コロナ禍を経て再開する
海外での「戦没者遺骨収集」と「慰霊碑巡礼」

厚生労働省は戦没者遺族への援護行政として、第2次世界大戦の「戦没者遺骨収集事業」を実施しています。コロナ禍やウクライナ情勢の影響で進捗が遅れていましたが、昨年1月から再開しました。本特集では、サイパン島の隣にあるテニアン島とアリューシャン列島の西端にあるアッツ島での遺骨収集や、海外に15ある戦没者慰霊碑の建立秘話と慰霊碑巡礼の様子をお伝えします。

Part1
「海外遺骨収集」の現在・過去・未来

Part2
海外遺骨収集への遺族の思いと活動

Part3
海の向こうの「戦没者慰霊碑」建立史

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■新連載
〈厚生行政を最前線で支える 地方厚生(支)局探検隊・特別編〉
 開始記念座談会
 地方厚生(支)局を知っていますか?

地方自治体の医療・保健・福祉の支援や年金行政などを行う、厚生労働省の「地方厚生(支)局」にスポットを当てた連載がスタート。初回は大臣官房参事官を招き、厚生局の仕事の魅力について厚生局職員に語ってもらいました。

〈厚生行政を最前線で支える 地方厚生(支)局探検隊〉
 関東信越厚生局 麻薬取締部

第1回は、薬物乱用を防止し健全な社会を実現することを目的に活躍する、麻薬取締部門を取り上げます。SNSなどのネット空間で横行する薬物密売。サイバー捜査課を新設し、若年層に広がる大麻乱用を防止する取り組みを紹介します。

〈みんなで考える地域包括ケアシステム〉
 関東信越厚生局 健康福祉部地域包括ケア推進課

■連載
〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 制度改正の周知広報の難しさ痛感

〈人生を広げるSide Business〉
 全日本空輸株式会社 客室乗務員 ×
 ANA あきんど株式会社庄内支店の ANA SHONAI Blue Ambassador

〈児童思春期のこころの病〉
 精神科には行きづらい? 精神科って何をするところ?

〈海外からの便り〉スウェーデン王国

〈技能の道〉貴金属装身具 市川ヒカ瑠さん

〈本と厚生労働〉未来屋書店 碑文谷店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年9月号(2023年9月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
知らないと損をする薬局活用術(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
純烈

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年7月号(2023年7月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
高橋文哉さん(俳優)
桜田ひよりさん(俳優)

役としての感情を相乗効果でつくり上げる

青春恋愛映画『交換ウソ日記』で、恋愛映画初主演の高橋文哉さんと、ヒロイン初挑戦となる桜田ひよりさん。本作で、二人は交換日記を通じて心を通わせていく瀬戸山潤と黒田希美を演じます。10代から絶大な人気を誇る青春小説を同世代のキャストで実写化した本作への思いや役づくり、互いの印象についてお聞きしました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
有期契約労働者からの発展
無期転換ルールを知っていますか

日本では、少子高齢化により生産年齢人口が減少傾向にあります。労働力不足の深刻化が予想されるなかで企業は、労働者がこれまで以上に活躍できるよう、職場環境を整備していく必要があります。本特集では、その一助となりうる「無期転換ルール」や「多様な正社員」制度のメリットや注意点などを、実際に無期労働契約に転換した方の声を交えながら解説。あわせて、来年4月からの「労働条件明示のルール変更」についても紹介します。

Part1
「無期転換ルール」を知ろう

Part2
2024年4月から「労働条件明示のルール」が変わる

Part3
無期転換してよかったこととその後の働き方

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 株式会社公文教育研究会 学習療法センター
 認知症対策の「学習療法」と「脳の健康教室」

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 国民を感染症から守るために日々尽力

〈新型コロナウイルス最前線〉
 5類感染症移行後の変更点のまとめ

新型コロナウイルス感染症の法律上の位置づけが「5類感染症」へと変更になりました。今号では、新型コロナウイルス感染症に関する、よくある質問の内容をQ&A形式で掲載。夏休みなどで人の移動や、大人数が集まるイベントが増えるので、今一度感染した際の対応などを確認しましょう。

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社アダストリア プレス兼eコマース ×
 ポールダンスパフォーマー・インストラクター

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 オリンパス株式会社 医療機器

〈児童思春期のこころの病〉
 精神疾患の早期発見・早期治療の必要性

〈海外からの便り〉中華人民共和国

〈技能の道〉工場電気設備 山﨑大樹さん

第59回技能五輪全国大会「工場電気設備」職種で銀賞、続く第60回大会で金賞を獲得した山﨑大樹さん。大会に向けて訓練に励んだ日々や、金賞獲得後の今の目標について語っていただきました。

〈本と厚生労働〉有隣堂

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年8月号(2023年8月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集1◆
知っておきたい
性感染症の正しい知識(仮)

◆特集2◆
東南アジア、アリューシャン列島……
海外の「戦没者慰霊碑」を旅する(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
菊地凛子さん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年6月号(2023年6月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
生田斗真さん(俳優)

水道局員という「生活を支える仕事」に触れ、決意を新たに

映画やテレビなどで多くの役柄を演じ分け、俳優としての地位を積み重ねてきた生田斗真さん。6月2日公開の映画『渇水』では、渇いた表情で冷徹に水を停める水道局員の岩切俊作役を演じています。企画から公開まで10年を費やし、現代社会の課題がいくつも提示されている本作で、日常の生活を支える勤め人を演じた心境についてお聞きしました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
世界が注目する新しい働き方
「労働者協同組合」の可能性

昨年10月、「労働者協同組合法」が施行され、5月1日現在で19都道府県に39の「労働者協同組合」が誕生しています。自ら組合員として出資し、働く人たち自身の意見が事業に反映されるからやる気も起きやすい、というメリットを持つ新しい組織のかたちです。本特集では、4つの事例をとおして、労働者協同組合の仕組みと運営方法を紹介します。

Part1
「労働者協同組合」って何?
新しい働き方を可能にする新たな法人格

Part2
これが「労働者協同組合」の働き方です

Part3
新しい働き方としての「労働者協同組合」の魅力と可能性
「自分らしさ=こんなふうに働きたい!」を実現できる働き方

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■特別企画
 映画『オレンジ・ランプ』タイアップ企画
 あなたの大切な人が認知症になったら?

親や身近な人、もしくは自分が認知症になったら? 日本では人口の高齢化に伴い認知症の方の数が増加し、不安に思う人も増えています。本企画では、若年性認知症と診断された夫とその家族の実話をもとに描いた映画『オレンジ・ランプ』を糸口に、「認知症と共に生きる社会」を本人や周囲がどのように一緒につくっていくのかを探ります。

■TOPICS
 11社のケーススタディに学ぶ
 副業・兼業のルールと労働時間・健康管理

厚生労働省は昨年8~10月にかけて、副業・兼業を認めている11社から、副業・兼業の解禁の背景や社内制度の概要などについてヒアリングを行いました。その結果を、厚生労働省労働基準局労働条件政策課労働時間特別対策室の本安貴登特別対策係長が解説します。

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 株式会社ハミエル
 集団歯科健診の支援

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 過労死ゼロの社会実現をめざして

〈新型コロナウイルス最前線〉
 5類感染症移行後の対応について

〈人生を広げるSide Business〉
 吉本興業株式会社所属 お笑いコンビBANBANBAN ×
 ナチュラルハウスクリーニング 「宇宙一」代表

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 富士通Japan株式会社 電子カルテ

〈児童思春期のこころの病〉
 受診が遅れる理由

〈海外からの便り〉香港

〈技能の道〉歯科技工 吉田勇己さん

〈本と厚生労働〉ジュンク堂書店 池袋本店

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年7月号(2023年7月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
派遣・パートから多様な正社員になる方法
無期転換ルールを知っていますか(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
高橋文哉さん(俳優)
桜田ひよりさん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年5月号(2023年5月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
小芝風花さん(俳優)

周りの目や失敗を恐れない生き方ってうらやましくて魅力的

愛らしくもコミカルな芝居が魅力の小芝風花さんが、4月21日にスタートした金曜ナイトドラマ『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系)で、ラジオパーソナリティーとして開花していく破天荒な主人公・鼓田ミナレを演じています。小芝さんとかけ離れたキャラクターだからこそ、演技力が重要なポイントになる本作での見どころや役づくりについて聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
女性の未来の健康のため、今からできること
ワクチンと検診で防ぐ子宮頸がん

日本では、25~40歳女性におけるがん死亡の第2位が「子宮頸がん」です。罹患しないためにはHPVの感染を防ぐことが重要であり、2022年4月からHPVワクチン接種の積極的な勧奨が再開され、今年4月からは新たに9価ワクチンが公費で接種できるようになりました。本特集では、子宮頸がんの現状とHPVワクチンに関する最新情報をお伝えします。

Part1
若いときから考えたい女性の未来と健康づくり

Part2
HPVワクチンで感染を防ぐ
9価ワクチンが公費で接種できるようになりました

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 オムロンヘルスケア株式会社
 「心電図記録による受診勧奨モデル」事業

〈今月のPICK UP〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 年間200万回以上アクセスされた「公的年金シミュレーター」の運営

〈新型コロナウイルス最前線〉
 新型コロナウイルス感染症の5類移行後の対応

5月8日に、新型コロナウイルス感染症の位置づけが「新型インフルエンザ等感染症(2類相当)」から「5類」へと変更になります。5類とは、どのような位置づけなのでしょうか。厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部戦略班の南総括調整官に聞きました。

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社リクルート Division 統括本部 まなび進学情報Division ×
 長崎県壱岐市 まちづくりアドバイザー

〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 武田薬品工業株式会社 医薬品

〈児童思春期のこころの病〉
 「こころの病」への思い込み ~後編~

〈海外からの便り〉タイ王国

〈技能の道〉和裁 長谷川彩華さん

〈本と厚生労働〉
 紀伊國屋書店 梅田本店

厚生労働省が所管する「健康・医療」「福祉・介護」「雇用・労働」「年金」「戦没者遺族等の援護」などの書籍を書店員が紹介します。今回は、紀伊国屋書店(梅田本店)の米田さんと笹倉さんが『ユマニチュード入門』(医学書院)と『これ一冊でぜんぶわかる! 労働基準法 2022~2023年版』(ナツメ社)の魅力を教えてくれました。

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年6月号(2023年6月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
世界が注目する新しい働き方
「労働者協同組合」のつくり方(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
生田斗真さん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年4月号(2023年4月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
中条あやみさん(俳優)

健康に生きることが医療従事者への一番の恩返し

華やかなオーラを放ちモデルとして活躍する一方、女優として豊かな表現力を見せる中条あやみさんが、劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で、チームを支える医師を演じます。2021年放送のドラマ版からパワーアップした本作への意気込みや、医療従事者への思い、身体と心の健康を保つ秘訣などを伺いました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
超高齢社会と人手不足で急増中
あなたと家族の職場での「ケガ」を防ぐ!

2022年6月、厚生労働省は「労働災害」防止の取り組みを進める活動体「SAFE(Safer Action for Employees)コンソーシアム」を設立しました。その背景には、過去10 年以上にわたる、職場での「転倒」や「腰痛」などを中心とした「労働災害」の増加があります。本特集では、その取り組みの全容と職場での「ケガ」を防ぐ企業・団体の取り組みを紹介します。

Part1
労働安全衛生を推し進める仕組みをつくる活動体
SAFEコンソーシアム始動

Part2
職場でのケガを減らす先進企業の取り組み
「SAFEコンソーシアムアワード」受賞企業・団体が実践する労災対策

Part3
対応ポイントはココだ
「転倒しない職場づくり」と「転倒しない身体づくり」が両輪

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■TOPICS
 日本で7回目のG7サミット開催!
 G7 労働雇用大臣会合・保健大臣会合を知ろう

毎年開催されているG7サミット(主要国首脳会議)では、世界経済や地域情勢、さまざまな地球規模の課題について、各国首脳が率直な意見交換をしています。今年は日本が議長国を務め、5月に広島市で開催されます。ここでは、同サミットに関連して開かれるG7労働雇用大臣会合・保健大臣会合について紹介します。

■新連載
〈『医療現場』を支える縁の下の力持ち〉
 株式会社EP綜合 治験

〈本と厚生労働〉
 代官山 蔦屋書店

厚生労働省が所管する「健康・医療」「福祉・介護」「雇用・労働」「年金」「戦没者遺族等の援護」などの書籍を書店員が紹介します。第1回目は、代官山蔦屋書店の瀬野尾さんが、『世界の市場』(河出書房新社)『どこ どこ? ねどこ』『やぎさんのさんぽ』(福音館書店)の魅力を教えてくれました。

〈児童思春期のこころの病〉
 「こころの病」への思い込み ~前編~

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 ベンリー立川北店
 生活支援サービス

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 援護行政の重みと思い

〈人生を広げるSide Business〉
 CCCMKホールディングス株式会社CCCマーケティング総合研究所 コンサルタント ×
 秋田県が実施する「半農半X」 モニター

〈海外からの便り〉ミャンマー連邦共和国

〈技能の道〉プラスチック金型 髙野亜依斗さん

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年5月号(2023年5月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
梅毒が急増で過去最多!? HIVの治療の進化
知っておきたい性感染症の正しい知識!(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
小芝風花さん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年3月号(2023年3月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
長澤まさみさん(俳優)

揺れ動く気持ちを大切に演じる

特撮ヒーロー映画で巨大化する分析官を演じ、別の作品では育児放棄をするシングルマザーに。さらに、詐欺師役でコメディエンヌの才能を開花させたり??と、作品ごとに新しいチャレンジを続けている長澤まさみさん。最新作では、介護現場で起こった殺人事件を追う検事・大友秀美を演じています。犯人を糾弾しながらも、やがて翻弄されていく難役に挑んだ心境、介護や家族のあり方について聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
一人ひとりの「生きづらさ」を社会で解消する
誰も自殺に追い込まれることのないように

自殺の多くは「追い込まれた末の死」であり、その背景には精神保健上だけでなく、さまざまな社会的要因があります。その多くは防ぐことのできる問題であるとの認識の下、自殺対策の現状やポイント、自殺総合対策大綱の骨格にもなっている生きるための包括的な支援の重要さ、相談先や周囲の人ができることについて紹介します。

Part1
データや大綱から読み解く
日本の自殺対策の今

Part2
電話やSNS、メールなど
困ったり悩んだときの相談先

Part3
悩んでいる人に気づき、声をかける
ゲートキーパーになろう

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■医療現場の最新事情(最終回)
 小児在宅医療

栃木県宇都宮市にあるひばりクリニック。医療に頼らないと生きていけない重度障がい児とその家族の「当たり前の生活」を支援するために、日中のお預かり、自宅での見守り、外出などのプログラムを提供する施設、NPO法人「うりずん」設立の背景や、社会に問われている意識の問題について髙橋昭彦医師にお聞きしました。

■ハロトレでキャリアアップ(最終回)
 神奈川県立東部総合職業技術校
 かなテクカレッジ東部
 (給食調理コース)

病院や介護施設などさまざまな給食施設で活かすことができる技術を身につけられる給食調理コース。食品衛生や調理理論などの基礎知識、給食調理の技術など、実践的な技術を学びます。介護老人福祉施設若竹苑で調理を担当しながら、今後さらに資格取得をめざすという白井善之さんにお話を伺いました。

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 東京都豊島区
 福祉事業協同組合設立を支援

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈新型コロナウイルス最前線〉
 マスク着用の考え方の見直しと
 感染予防、感染後の対応について

〈TOPICS〉
 育児休業制度が変わりました!

〈男性育休のススメ〉最終回
 家族との時間の充実が仕事へのモチベーションに

〈人生を広げるSide Business〉
 損害保険ジャパン株式会社
 経営企画部サステナビリティ推進グループ 課長代理 ×
 株式会社machimori(まちもり)広報業務 

〈ハロトレでキャリアアップ〉最終回
 神奈川県立東部総合職業技術校
 かなテクカレッジ東部
 (給食調理コース)

〈医療現場の最新事情〉最終回
 ひばりクリニック NPO法人うりずん
 小児在宅医療

〈未来(あした)のつぼみ〉
 厚生労働省の災害対応を不断に見直していく

〈知っておきたい こころの病〉
 PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSDは、命にかかわる恐怖体験の後に、後遺症として同じような恐怖がよみがえってくる疾患です。治療によって治せることや、正しい知識が社会に普及していくこと、周囲の人の寄り添いが大切であることについて、国立精神・神経医療研究センターの金吉晴さんに解説いただきます。

〈海外からの便り〉ベルギー王国

〈技能の道〉表計算 米田涼子さん

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年4月号(2023年4月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
あなたと家族の職場での「ケガ」を防ぐ!(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
中条あやみさん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年2月号(2023年2月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
中島裕翔さん(Hey! Say! JUMP)

表も裏もある
一人の人間を演じたい

アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーとして活動する一方、多くの作品で俳優としての幅を広げてきた中島裕翔さん。その最新作は、驚愕のシチュエーションスリラー映画『#マンホール』です。幾層にも重なった複雑なストーリーを引っ張るこの難役を演じきった中島さんに、作品や演技にかける思いを聞きました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
「令和4年版 労働経済白書」が示す
主体的なキャリア形成と転職についての課題

「令和4年版 労働経済白書」の分析からは、ITや介護など、他業界からの転職が強く求められている業界があることや、転職が活発化し労働生産性が上昇することで賃金増加につながる可能性があることなどがわかります。キャリアチェンジを伴う転職や主体的なキャリア形成に向けた課題は何かについて読み取っていきます。

PART1
「転職者数」は2年連続で減
2021年の労働経済を振り返る

PART2
「転職」の活発化
労働力需給の展望と労働移動の動向

PART3
主体的な転職やキャリアチェンジの促進において重要な要因
転職の満足度を高める「自己啓発」「キャリアコンサルティング」

PART4
「主体的なキャリア形成」に向けた課題
公共職業訓練による「職種を超えた転職」

PART5
「令和4年版 労働経済白書」のポイント

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■とびラボ企画
 たとえ加害者とされる人でも支援が必要とされるとき
 ―紛争・テロ解決の現場から―

今回のとびラボ企画では、紛争・テロの現場で投降兵の支援に取り組むNPO法人を招いて勉強会を実施。企画提案者は、厚生労働省においてもとても大切な「対話の姿勢」が学びとれ、今後の厚労行政に活かしていきたいと言います。その講演内容と学びの様子をレポートします。

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 SOMPOケア株式会社
 子ども食堂の運営

〈今月のPICK UP〉

〈新型コロナウイルス最前線〉
 抗原定性検査キットの選び方と自己検査の留意点

〈男性育休のススメ〉
 仕事と育児それぞれの難しさを学ぶことができた

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社リクルート「カーセンサー」マーケティング担当 ×
 株式会社エドギフト共同代表取締役

〈医療現場の最新事情〉
 医療法人社団輝生会 初台リハビリテーション病院
 リハビリテーション医療

〈今月のイベント〉

〈知っておきたい こころの病〉発達障害

生まれつきの脳の働き方の違いによるもので、10人に1人ほどが診断されるという病気――発達障害の特徴やそれを取り巻く社会との関係性、偏りを補い合える周囲の理解と環境づくりの大切さについて、長崎大学病院の今村明さんに解説いただきます。

〈海外からの便り〉インド共和国

〈技能の道〉家具 石橋 葵(あおば)さん

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年3月号(2023年3月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
一人ひとりの「生きづらさ」を社会で解消する
~誰も自殺に追い込まれることのないように~(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
長澤まさみさん(俳優)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2023年1月号(2023年1月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
木村拓哉さん

「新たなシーンを切り拓く者」として
「プレッシャー」を力に変える

映画やドラマ、CMなどで独自の存在感を誇る木村拓哉さんが、天下統一をめざす戦国大名織田信長役を演じる映画『レジェンド&バタフライ』が1月27日に公開します。歴史の大きなうねりを壮大かつ綿密に描きながら、綾瀬はるかさん演じる濃姫との愛慕あふれる30年を綴ります。木村さんが強い憧れを持つという信長役への想いや、信条について伺いました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
早期発見・早期治療につなげるために
正しく知ろう! がん検診

日本では、がんは30年以上も死因の第1位で、2人に1人ががんになると言われています。がんによる死亡や、治療などによる生活の質の低下を減らすには早期発見・早期治療が重要です。国が推奨する5つのがん検診について、タレントの山田邦子さんのインタビューや専門家の解説で紹介します。

PART1
がん検診の必要性
がんを知り適切な受診を

PART2
山田邦子さん INTERVIEW
早期発見のススメ
定期検診で現在まで再発なし

PART3
国が勧める5つのがん検診
健康だからこそ定期的なチェックを!

PART4
住み慣れた地域でがん検診を受けよう
大阪市の大腸がん検診の事例

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■とびラボ企画
 デザイン×政策
 ~メンタルヘルスをもっと身近なものにするためには~

今回のとびラボ企画では、厚生労働省と美大生、経済産業省がコラボし、「メンタルヘルス」という重要だけれども届きにくいテーマについて、4つの小グループに分かれてワークショップを開催しました。本勉強会に込めた企画委員の思いや勉強会の様子をレポートします。

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 城北ヤクルト販売株式会社
 がん対策への協力

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈未来(あした)のつぼみ〉
 日本の隅々まで想いを届ける

〈新型コロナウイルス最前線〉
 新型コロナ・インフルの感染拡大に備えて
 ~救急車の利用を迷ったときの対応と年末年始に注意したいこと~

〈男性育休のススメ〉
 家族で育児を中心とした新たな生活スタイル確立

〈人生を広げるSide Business〉
 株式会社クラウドワークスのチームリーダー ×
 reborn株式会社でコンサルティング業 

〈ハロトレでキャリアアップ〉
 学校法人大原学園 大原こども専門学校
 (保育士養成2年コース)

〈医療現場の最新事情〉
 医療法人社団家族の森 多摩ファミリークリニック
 プライマリ・ケア

〈知っておきたい こころの病〉てんかん

約100人に1人の頻度で発症する、患者数の多い、よくある病気であるにもかかわらず、発作の症状が多様なので周囲が判断しづらく誤解されやすい病気――てんかんについて新宿神経クリニックの渡辺雅子院長に解説いただきます。

〈海外からの便り〉ドイツ連邦共和国

〈技能の道〉機械製図 木下侑飛(ゆうひ)さん

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年2月号(2023年2月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
「令和4年版 労働経済白書」が示す
主体的なキャリア形成と転職についての課題(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
中島裕翔さん(Hey! Say! JUMP)

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2022年12月号(2022年12月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
竹野内豊さん(俳優)
黒木 華さん(俳優)

信頼し合い、響き合う
師弟のようで仲間のような二人

竹野内豊さんと黒木華さんが演じて話題をさらったドラマ『イチケイのカラス』が映画化し1月13日に公開します。名コンビを演じてきたお二人だからこその落ち着いた雰囲気と、一つひとつの質問にていねいに言葉を紡ぐ姿が印象的だった本取材。役にかける思いや、見どころについてじっくりお聞きしました。

-----------------------------------------------------------------
◆特集◆
誰もが安心して働ける職場をめざす!!
働く人のために奮闘する労働Gメンたちの挑戦

「働き方改革」が叫ばれて久しい現在でも職場で起きている、労働基準法に違反するさまざまな問題。その解決に向けて日夜戦う労働基準監督官(通称「労働Gメン」)たちの奮闘ぶりや社会的重要性をご紹介します。

PART1
労働Gメン戦記
都内A社の実例に見る「労働基準監督官」の活躍

PART2
労基署から本省まで
戦うGメンたちの日常

PART3
労働Gメンたちのキャリアと採用
キャリアアップの道のりと1年間の初年度研修

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■Close Up(WAM助成)
 AIを活用したリーチで貧困の解消をめざして

■とびラボ企画
 「農業×福祉」の可能性を探る

■TOPICS
 2022年10月から育児休業制度が変わりました!

■連載
〈ソーシャル・チャレンジャーズ〉
 株式会社 うさぎ薬局 × 株式会社 にしはらグループ
 寄付型自動販売機の設置

〈今月のPICK UP〉

〈今月のイベント〉

〈新型コロナウイルス最前線〉
 長引く症状との付き合い方
 ~コロナ罹患後の症状に悩んでいる方へ~

新型コロナウイルス感染症の罹患後、多くの方は時間の経過とともに症状が改善するとされるなか、長引く症状に悩んでいる方々がいます。その症状は、目に見える症状もあれば、目に見えず外見ではわかりにくい症状のものも。罹患後の症状や対応について、神奈川県川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦さんに聞きました。

〈男性育休のススメ〉
 ワンオペ育児の負担軽減
 夫婦で子育ての悩みや喜びを共有

〈人生を広げるSide Business〉
 パーソルキャリア株式会社の事業責任者 ×
 株式会社ハピキラFACTORY代表取締役 ほか

〈ハロトレでキャリアアップ〉
 株式会社個別教育研究所とぴあITスクール
 (アプリ・WEB・システムエンジニア養成科)

〈医療現場の最新情報〉
 医療法人 むつみホスピタル
 精神科医療

〈知っておきたい こころの病〉パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の原因はまだ十分にわかっていません。生まれつきの性格と関連しているとしても、そのような性格がこの障害の原因だということではありません??。パーソナリティ障害について三恵会西ヶ原病院精神科の林 直樹さんに解説いただきます。

〈海外からの便り〉ベトナム社会主義共和国

〈技能の道〉オフィスアシスタント 井門(いど)明日香さん

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2023年1月号(2023年1月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集◆
正しく知ろう! がん検診
―早期発見・早期治療につなげるために―(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
木村拓哉さん

-----------------------------------------------------------------
■編集協力:厚生労働省
おすすめの購読プラン

厚生労働の内容

厚労省の政策をわかりやすく伝える唯一の情報誌
月刊『厚生労働』は、厚生労働省と共同で編集・制作! 医療・介護・年金・働き方など、私たちの暮らしに密着した政策が今後どう変わり、私たちの暮らしにどんな影響を及ぼすのか、さまざまな制度をどのように活用すればいいのかなど、わかりやすく伝えます。著名人へのインタビューや自治体の取り組み、バリアフリー体験記、働く場においての法律違反となる事例紹介、厚労省から発信される統計データの読み方など、さまざまな連載記事が満載です。

厚生労働の無料サンプル

2021年10月号 (2021年10月01日発売)
2021年10月号 (2021年10月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

厚生労働の目次配信サービス

厚生労働最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

厚生労働の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.