TV Bros.(テレビブロス) 発売日・バックナンバー

全222件中 16 〜 30 件を表示
会いたかった! あいみょん
お待たせしました! TV Bros.
全50ページのあいみょん総力特集!!


4月発売の総集編特大号以来、新型コロナウィルスの混乱に紛れて鳴りを潜めていたTV Bros.が、無宣言の自粛を破り、恥ずかしながら帰ってまいりました! TV Bros.10月号の表紙を飾るのは、3rdアルバム「おいしいパスタがあると聞いて」を9月9日に発売するあいみょんです!
かつて、本誌で連載もしていたあいみょんがTV Bros.の表紙を飾るのは、2019年3月号「あいみょんに愛を込めて」特集以来、2度目! 今回は50ページにわたって、あいみょんへの愛を前回以上にたっぷり込めて大特集します。

まずは、「おいしいパスタがあると聞いて」というアルバムタイトルにちなんで、あいみょんに得意料理であるミートパスタを作ってもらいました。とある休日、お部屋で過ごすあいみょんが目を覚まし、パスタを作って食べて、お皿を洗うまで(!)……気心の知れたスタッフとリラックスしたムードで作り上げた撮り下ろしフォトストーリーは15ページ超えの超濃密ボリュームでお届け。また、このコロナ禍の中、あいみょんがどんな日々を過ごしていたのか、どんな思いでアルバム制作に臨んだのか、ありのままに胸の内を語ったロングインタビューも掲載。さらに、TV Bros.で行っていた人気連載「あいみょんのどうせ死ぬなら」がスペシャル版として復活! あいみょんが、今一番会いたかったという気鋭の漫画家・にくまん子先生と対談をしちゃいました。ほかにも、あいみょん愛あふれる読者からのお悩みに“ゆるーく”答えたお悩み相談室や、TV Bros.の名物企画「ウィキ直し!」にも挑戦(職人の方々、更新をお願いします)。前記のフォトストーリーで披露した秘蔵のパスタレシピの公開や、携帯電話に入っている思い出写真の放出、あいみょんの言葉力を感じる「あいみょんAtoZ」など、あいみょんだらけの総力特集50ページです。あいみょん、会いたかった!


本誌で連載していた細野晴臣&星野源「地平線の相談」、岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」、片桐仁「おしえてなぜならしりたがりだから」は今号より復活!
おいしいカルチャーがあると聞いて、相変わらずの目線で音楽、映画、コミック、舞台、書籍などのカルチャーを紹介する「CULTURE Bros.」に「ウィキ直し!」、編集部に存続の心配電話が多数寄せられたという、ありえ~る・ろどんの占い「星に聞いてくれ!」も健在。


(内容は変更になる場合があります)※画像はイメージです。
TV Bros.がみなさまに感謝を込めて…
32年の総決算!

特集1 
表紙で振り返るTV Bros.

32年あまりのTV Bros.の歴史を表紙で振り返ります。

特集2
連載陣再登場

過去にご執筆いただいた連載陣が再登板。連載当時の思い出などをしたためていただきます。

特集3 
特集特集

これまでの印象深い特集を関係者の選定などで振り返ります。

特集4 
ピピピクラブ総決算

読者投稿ページ「ピピピクラブ」内の企画を新旧織り交ぜて特集。似て蝶、ピピピトレンドワード、「あらま美形」など。

注目ポイント 
連載第1回まとめ小冊子

32年の主要連載陣の連載第1回をそのまま掲載した小冊子が別冊付録に!

連載
連載コラムも強力ラインナップ! 区切りの回です。

・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・chelmico「キスがピーク」
・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!SP


(内容は変更になる場合があります)
特集1
Official髭男dism
ニューシングル「I LOVE...」をリリースし、さらなる高みに臨む彼らの撮りおろしグラビア&全員インタビューに加えて、同じ山陰出身のFROGMANほかクリエーターたちが彼らに贈るメッセージも掲載します。さらに、メンバーへ「38の質問」を敢行(8個は予備のつもりが、素晴らしいご回答のため全文掲載の運びに)! Official髭男dismの魅力を余すところなくお送りします。
特集2
カラーグラビア&インタビュー1
賀来賢人&山本舞香
ドラマ『死にたい夜にかぎって』(TBS・MBSほか)に出演の賀来賢人&山本舞香が、スペシャルグラビアで登場。ドラマの魅力をたっぷりと語ります。
特集3
カラーグラビア&インタビュー2
田中圭、中村倫也
ドラマスペシャル『不協和音』(テレビ朝日系)出演の田中圭、中村倫也が、こちらもがっつりカラーグラビアで登場。ドラマの見どころなどをうかがいました。
特集4
アニメ『映像研には手を出すな!』
話題沸騰中のアニメの魅力に迫るべく、主題歌のchelmicoと原作・大童澄瞳の鼎談が実現!
注目ポイント
ブロス探偵舎~3月 テレビ番組解説&コラム~
地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。
連載
連載コラムも強力ラインナップ!

・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・chelmico「キスがピーク」
・ウィキ直し(ゲスト・吉田豪)
・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!
Culture Bros.
映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。 今号は、映画部門は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』特集に柳下毅一郎を迎えてのアカデミー賞特集、音楽部門からはyonawoなど、カルチャーの今をとにかくお届け!
特集1
King Gnu
「NEW POWER, NEW ICON」
昨年の『NHK紅白歌合戦』に出場し、
いよいよ音楽シーンの最前線に立ったKing Gnuが登場。
変わりゆく渋谷に佇む彼らを収めた撮り下ろしフォトに、
ニューアルバム『CEREMONY』の全曲解説、そしてロングインタビューなど、
2020年にさらなる飛躍を遂げるであろう彼らの素顔に迫ります。


特集2
カラーグラビア&インタビュー1
横浜流星、山田裕貴
巻末特集では、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」出演の横浜流星、
ドラマ「SEDAI WARS」に「ホームルーム」と2作で主演を務めている山田裕貴が登場。
スペシャルグラビア&インタビューをぜひご覧ください。


特集3
カラーグラビア&インタビュー2
映画『音楽』座談会、indigo la End
映画『音楽』で声優を務める竹中直人、坂本慎太郎と原作・大橋裕之の豪華鼎談、
indigo la Endの香港ツアー密着リポートなどをカラーページでお届けします。


特集4
モトーラ世理奈
映画『風の電話』、『恋恋豆花』と2作の映画で主演を務めるニュースター・モトーラ世理奈。
彼女のこれまでの足跡と、これからの展望についてうかがいます。


特集5
SKE48 26thシングル『ソーユートコあるよね』<? br> 須田亜香里
SKE48の26thシングル『ソーユートコあるよね』?でセンターを務める須田亜香里。
本曲にかける思いとは<? br>

注目ポイント1
ブロス探偵舎~2月 テレビ番組解説&コラム~
地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。
謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、
さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。
地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、
人生が充実する必見のコーナーです。


連載
連載コラムも強力ラインナップ!
・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん」<? br> ・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった! ! 」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・chelmico「キスがピーク」
・ウィキ直し(ゲスト・吉田豪<前編>)
・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!

(内容は変更になる場合があります)
最新号コンテンツ表紙齊藤工特集1『TV Bros. of the year 2019』TV Bros. BEST of the year 2019齊藤工俳優のみならず、監督としての顔を持ち、活躍目覚ましかった齊藤工。’20年の活躍も間違いなし、ということで「大賞」として表紙にご登場いただき、’19年を振り返っていただきました。特集2『TV Bros. of the year 2019』女優、アーティスト、芸人、カルチャー、そしてテレビ…各部門賞女優オブザイヤーに『あなたの番です』(日本テレビ系)で好演した奈緒、アーティストオブザイヤーに活躍目覚ましい折坂悠太、芸人オブザイヤーにミキといった面々を取り上げ、勝手に表彰しちゃいます。また、MUSIC、MOVIE、COMIC、BOOKなどのカルチャーに、バラエティー、ドラマなどのテレビ部門など、多岐にわたってオブザイヤーを決定、人物や番組をご紹介します。特集3「ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!」年末年始拡大版読者の皆様が特にお待ちかねの占い「ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!」年末年始拡大版も増ページでしっかり掲載がございます。’20年の指針決定は、こちらを参考になさってください!特集4カラーグラビア&インタビューニューアルバム「20200101(ニワニワワイワイ)」をリリースする香取慎吾や、1/3放送『「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」~狙われた半沢直樹のパスワード~』(TBS系)出演の吉沢亮のスペシャルグラビア&インタビューを掲載します。特集5『LIFE!presents忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』放送カウントダウン短期特別連載 最終回昨年放送された人気ドラマ『忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』の第2弾放送決定を祝し、12/26の放送まで短期連載がスタート。最終回は座長・内村光良と、バカリズムが登場。撮影の舞台裏、共演者とのエピソードを明かしていただきます。注目ポイント1ブロス探偵舎「年末年始パーフェクト番組ガイド200」「年末年始パーフェクト番組ガイド200」と題し、年末年始の番組や1月からの新ドラマなど200本の番組解説をそろえました。そこへきてテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が番組の見どころやツッコミポイントをいつも通りぶった斬るなど、今号も奮っております。注目ポイント2連載拡大SPPerfume「たちまち、語リンピックせん?」拡大版のほか、爆笑問題が“お笑い第7世代”と対峙する座談会など、年末年始号にふさわしい豪華出演が実現しました。連載連載コラムも強力ラインナップ!・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」拡大SP・清水ミチコ「私のテレビ日記」・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」・細野晴臣&星野源「地平線の相談」・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」・大根仁「中春スケッチブック」・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」拡大SP・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」・川谷絵音「ブレないから、やるせない」・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」・大橋裕之のTV・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」・おおひなたごう「俺に血まなこ」・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」・chelmico「キスがピーク」・ウィキ直し(ゲスト・DJ KOO)・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!
最新号コンテンツ表紙サンドウィッチマン&川島明(麒麟)特集1『業界内で「ウワサ」のテーマを大特集』サンドウィッチマン&川島明(麒麟)話題のバラエティー番組『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)出演のサンドウィッチマン&川島明が登場。ゴールデン帯での冠番組ということもあって勢い込む3人に、番組の魅力や意外な見どころ、“テレビ”の面白さなど存分に語っていただきました。さらには、漫画好きなお3方に、改めてお好きな漫画も挙げていただいております。特集2輝け! ブロスコミックアワード2019今年も大賞作品を勝手に選定するほか、片桐仁、風間俊介ほか漫画好きな連載陣にもおすすめ作品を教えていただきました。ゆうこすと連載陣・劇画狼の漫画漫談も!特集3スペシャルグラビア&インタビュー映画『午前0時、キスしに来てよ』出演の片寄涼太、「岡村靖幸さらにライムスター」としてコラボ曲「マクガフィン」をリリースした彼らのインタビュー&グラビア、発売情報解禁直後から話題沸騰の上坂すみれ写真集「すみれいろ」で惜しくも掲載できなかったカットを厳選して大公開&マル秘エピソードを掲載しています。特集4ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』田中圭ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』出演の田中圭の厳選グラビア&インタビュー。本作から新たに加わった共演者のことやドラマの魅力について、じっくり語っていただきました。特集5『LIFE!presents忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』放送カウントダウン短期特別連載スタート~其ノ弐~向井理 生田絵梨花昨年放送された人気ドラマ『忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』の第2弾放送決定を祝し、12/26の放送まで短期連載がスタート。第2回では向井理、生田絵梨花にかっこよく、かわいくご登場いただきました。直筆の書道で「忍んでいること」をうかがっております。果たしてお2人が我慢していることとは?注目ポイント1ブロス探偵舎~12月 テレビ番組解説&コラム~地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。注目ポイント2chelmico 新連載「キスがピーク」スタートいよいよchelmicoの新連載が本格スタート。今回は、ウワサのクリエーター集団「ピスタチオスタジオ」に潜入します。連載コラムも強力ラインナップ!・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」・清水ミチコ「私のテレビ日記」・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」・細野晴臣&星野源「地平線の相談」・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」・大根仁「中春スケッチブック」・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」・川谷絵音「ブレないから、やるせない」・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」・大橋裕之のTV・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」・おおひなたごう「俺に血まなこ」・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」・chelmico「キスがピーク」・ウィキ直し(ゲスト・濱津隆之)・ありえ~る・ろどんの星に聞いてくれ!Culture Bros.映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。今号は、映画部門は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』特集、音楽部門からは長谷川白紙、ラジオは『又吉・児玉・向井のあとは寝るだけの時間』(NHKラジオ第1)など、カルチャーの今をとにかくお届け!
表紙
BiSH
特集1
『律動の快感 BiSHのrhythm覚醒』
BiSH
今をときめくBiSHが登場! 彼女たちのスペシャルグラビアとロングインタビューで、これまでの歩みと、これからの展望についてじっくり語っていただきました。
特集2
TV Bros.が注目 新世代アーティスト30!
また、新世代の躍動にちなみ、崎山蒼志、ビリー・アイリッシュらTV Bros.が注目する新世代アーティスト総勢30組を特集する企画で、音楽カルチャーにも迫ります。
特集3
スペシャルグラビア&インタビュー
写真集「すみれいろ」発売解禁を記念した上坂すみれインタビュー、ドラマ『左ききのエレン』(TBSほか)出演で話題の神尾楓珠グラビア&インタビュー、そして注目のコンビ・空気階段の鈴木もぐらのコントでのコーデに迫るグラビアなど、カラーページの意義を存分に生かした特集を展開します。
特集4
新ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』
密着リポート
田中圭主演の話題作『おっさんずラブ-in the sky-』の収録現場に密着。出演者らの生の声をリポートします。
特集5
『LIFE!presents忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』
放送カウントダウン短期特別連載スタート~其ノ壱~
昨年放送された人気ドラマ『忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~』の第2弾放送決定を祝し、12/26の放送まで短期連載がスタート。第1回ではムロツヨシ&伊藤健太郎の“忍者対談”が実現。忍者ならではの“仕様”になっておりますので、ぜひご覧ください。
注目ポイント
ブロス探偵舎~11月 テレビ番組解説&コラム~
今号は秋ドラマ&新番組を徹底分析!

地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。
連載
連載コラムも強力ラインナップ!

・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松居大悟「読むか読まれるか」

Culture Bros.
映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。
今号は、映画部門は『108』出演の松尾スズキ×中山美穂対談に『ターミネーター:ニュー・フェイト』特集、音楽部門からは野宮真貴、ラジオは『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)など、カルチャーの今をとにかくお届け!
最新号コンテンツ表紙東京スカパラダイスオーケストラ表紙に迎えて大特集! デビュー30周年という彼らが今だからこそ明かす活動への思いやこれからのことなど、赤裸々に語っていただきました。特集1『Bros.はやっぱりCULTUREでしょ!!』テレビ、音楽、映画、書籍、ラジオ…秋の注目のCULTURE!<テレビ>『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)吉岡里帆&磯村勇斗『サウナーマン』(ABCテレビ)眞島秀和『The Covers』(NHK BSプレミアム)リリー・フランキー&池田エライザ<音楽>『Perfume The Best "P Cubed"』Perfume『PUNCH』ザ・クロマニヨンズ 甲本ヒロト&真島昌利『Traveler』Official髭男dismTHE COINLOCKERS 長妻美玖<映画>『ジョーカー』『フッド:ザ・ビギニング』タロン・エガートン『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』松重豊&細川徹<書籍>『人間』又吉直樹<ラジオ>『増田明美のキキスギ?』(NHKラジオ第一)増田明美特集2スペシャルグラビア&インタビュー連載「どうせ死ぬなら」特別版としてあいみょん&広瀬すずのスペシャルグラビア&対談、映画『空の青さを知る人よ』で声の出演の吉沢亮のグラビア&インタビューを展開します。注目ポイント1ブロス探偵舎~10月 テレビ番組解説&コラム~今号は新ドラマ&新番組を徹底分析!地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。謎のテレビ批評集団「ブロス探偵舎」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。連載連載コラムも強力ラインナップ!・松尾スズキ&河井克夫「チーム・カラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」・清水ミチコ「私のテレビ日記」・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」・細野晴臣&星野源「地平線の相談」・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」・大根仁「中春スケッチブック」・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」・川谷絵音「ブレないから、やるせない」・大森靖子「超一方的完全勝利」・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」・あいみょん「どうせ死ぬなら」(ゲスト:広瀬すず)・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」・大橋裕之のTV・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」・おおひなたごう「俺に血まなこモノクロ」・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」・松居大悟「読むか読まれるか」
表紙: 田中圭
特集1
田中圭の隙が好き(スキ)

田中圭を頭からつま先まで堪能いただこうという勢いで、
隙だらけのスペシャルグラビアに、1万字に及ぶロングインタビュー、
ドラマ「あなたの番です -反撃編-」(日本テレビ系)の現場リポートなどはもちろん、
林遣都、沢村一樹、志尊淳、吉田鋼太郎ら、「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」などの
関係者から田中への愛を込めたメッセージをいただくという、
1年前の特集を超える田中圭特集となっております。


特集2
MOVIE LOVE(スキ)

夏の終わりの映画特集です。
「タロウのバカ」(9月6日公開)の菅田将暉&仲野太賀、
「惡の華」(9月27日公開)の伊藤健太郎、
「任俠学園」(9月27日公開)の西島秀俊の、スペシャルインタビューと厳選グラビアのほか、
TV Bros.独占企画として長編映画監督デビューを飾ったオダギリ ジョー(「ある船頭の話」9月13日公開)と
中国の巨匠ジャ・ジャンクー(「帰れない二人」9月6日公開)の監督対談、
エルトン・ジョンの自伝的映画「ロケットマン」(8月23日公開)、
「アナベル 死霊博物館」(9月20日公開)のアナベル人形をはじめとしたホラー映画の人形に迫る「人形ホラー映画」特集など、
残暑を屋内で乗り切るための映画情報が満載です。


特集3
TV Bros.的イケメン特集

現代の「イケメン」という概念に迫るべく、
2019年のイケメンを考察する特集、
イケメンを大胆に分類する「イケメンパラダイ図鑑」など、
ほぼほぼ男たちだけでイケメンについて一生懸命考えます。

注目ポイント1
モノクロで目に優しく!

今号よりTV Bros.はさらなる進化を遂げます。
読み物は読み物らしく増量したモノクロページで、
グラビアはがっつり残りのカラーページで展開します。
連載ページもほぼモノクロページですので、目に優しい!


注目ポイント2
ブロス探偵舎~9月 テレビ番組解説&コラム~

地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。
謎のテレビ批評集団「ブロス探偵社」が、さまざまな番組の面白さ、
見どころを誌面の限りご紹介します。
地上波テレビのない生活をおすすめするコラムなど、
これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。


連載
連載コラムも強力ラインナップ!

・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・あいみょん「どうせ死ぬなら」(ゲスト:山田智和)
・川栄李奈「楽しけりゃいいじゃないe! 」(ゲスト:浜野謙太)
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった! ! 」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松居大悟「読むか読まれるか」


Culture Bros.
映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。
今号は、映画部門は「MOVIE LOVE」特集で全面展開、
音楽部門からはVIDEOTAPEMUSIC、ラジオは『SASUKE's konnichiwa Radio』(InterFM897)など、
カルチャーの今をとにかくお届け!
おかげさまでTV Bros.創刊32周年!
裸一貫がんばります!


おかげさまで、TV Bros.は創刊32周年を迎えます。
出版不況が業界内外で叫ばれる中、
休刊もせずにさりげないリニューアルだけでここまで続けられたのは、
これもひとえに、読者の皆様の厚いご支持の賜物であります。
読者の方から寄せられる「お願いだから休刊しないで(ありえ~る・ろどんの占いが読みたいから)」…
そのお声だけで、編集部員は奮い立ちます。
編集部関係者一同、これからも身を引き締めて、
裸一貫からのスタートする気持ちで33年目を驀進してまいります。

ということで、今号は32周年にちなんで32ページ総力特集!
まずは、TV Bros.のおめでたいムードを分かち合うべく、
結成20周年を迎えてこちらもおめでたいキングコングの西野亮廣、梶原雄太のご両名を表紙に迎え、
ともに周年を祝います。
YouTubeチャンネル登録数が100万人を突破した「カジサック」こと梶原のユーチューバーとしての気概、
オンラインサロン登録者数日本一の西野が考える今後など、それぞれの進行形の現在と未来を語ります。

続いて第二特集は、今号のテーマそのままに、原田龍二が裸一貫グラビアを敢行!
悪い意味で世間を賑わせた原田が、TV Bros.とともに裸一貫から再スタートすべく、
まさに裸一貫、酸いも甘いもかみ分けた肉体をお届けします。これは本当に必見です。

32周年企画はまだまだ続きます。
「連載陣からの豪華プレゼント」(一番巨大なものでテーブル! )に、
「32」=「ミニ」ってことで「ミニミニ芸人名鑑2019」、
さらに、あまりに偏った思考でうまく生きるのが苦手な新人編集部員が様々な“初体験"に挑戦する「初体験32」、
奥深いミニ四駆の世界をかえひろみ(ミニ四子)が語る企画、
32ビットゲーム特集などなど、もう「32」で考え付くことは32ページの中で大体やってみております。


ほかにも、ドラマ『サ道』(テレビ東京)で話題の磯村勇斗、
7/28『The Covers』(NHK BSプレミアム)に出演する井上芳雄、崎山蒼志、池田エライザ、
『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』に出演する齋藤飛鳥、与田祐希に、
スペシャルグラビアとインタビューで迫ります。

また、地上波、BS、CS、配信作品のレコメンドページも一層躍動。
バラエティー、ドキュメンタリーなどを謎の集団「ブロス探偵社」がぶった斬るなど、今号も奮っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載
連載コラムも強力ラインナップ!

・松尾スズキ&河井克夫「チーム・カラマーゾフの兄弟の罪と罰」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん」<? br> ・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・あいみょん「どうせ死ぬなら」
・川栄李奈「楽しけりゃいいじゃないe! 」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった! ! 」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこカラフル」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松江哲明「松江の奥の奥」
・松居大悟「読むか読まれるか」
・てれびのスキマ「ラ・テ欄愛好会」
・木俣冬「画面でつながる『現実』と『虚構』」
・西森路代「演じるヒト、演じないトキ」
最新号コンテンツ表紙堀未央奈(乃木坂46)特集1『ホットギミック ガールミーツボーイ』堀未央奈今や飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルの映画初出演・初主演作となる『ホットギミック ガールミーツボーイ』(6/28公開)には、新時代の青春映画としての“LOVE”がいっぱい詰まっているのです。堀のロンググラビア&インタビューをはじめ、共演する清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗の「LOVEって難しい」鼎談、桜田ひより&上村海成のフレッシュ対談、そして山戸結希監督インタビューと、LOVEな作品にLOVEを求めて迫ります。出演者それぞれが愛してやまない“LOVEなもの”についても必見です。特集2映画『愛がなんだ』今泉力哉監督、岸井ゆきの、若葉竜也公開直後から人気沸騰のため、瞬く間に公開規模を拡大したという同作。その魅力に迫るべく、今泉力哉監督、出演する岸井ゆきの、若葉竜也を直撃します。特集3「仲良きチャラ男は美しきかな」と題してEXIT相方愛がすさまじいEXITに、その愛を語りつくしていただきます。仲睦まじすぎる厳選グラビア、ぜひご覧ください。注目ポイントススめ! ブロス探偵社~7月 テレビ番組解説&コラム~地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。各界の著名コラムニストや、テレビの裏側で暗躍する謎のテレビマニア集団「ブロス探偵社」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。また、『劇場版?仮面ライダージオウ?Over Quartzer』出演の押田岳&大幡しえりの仮面ライダー愛、B級LOVE映画特集、地上波のない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。連載連載コラムも強力ラインナップ!・松尾スズキ&河井克夫「チーム・カラマーゾフの兄弟の罪と罰」・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」・清水ミチコ「私のテレビ日記」・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」・細野晴臣&星野源「地平線の相談」・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」・大根仁「中春スケッチブック」・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」・川谷絵音「ブレないから、やるせない」・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」・あいみょん「どうせ死ぬなら」・川栄李奈「川栄李奈の楽しけりゃいいじゃなe!」・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬(ば)なし」・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」・大橋裕之のTV・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」・おおひなたごう「俺に血まなこカラフル」・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」・松江哲明「松江の奥の奥」・松居大悟「読むか読まれるか」・てれびのスキマ「ラ・テ欄愛好会」・木俣冬「画面でつながる『現実』と『虚構』」・西森路代「演じるヒト、演じないトキ」Culture Bros.映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。今号は、映画部門から『いちごの唄』を、音楽部門からはハンバート ハンバート、ラジオは『マッスルRADIO』(ニッポン放送)、コミックからは『あれよ星屑』作者・山田参助など、カルチャーの今をとにかくお届け!
[特集]
●THE YELLOW MONKEY
  Neverending Epilogue
 ―4/17にニューアルバム『9999』をリリースする
  THE YELLOW MONKEYが登場。ニューアルバム
  制作秘話から人形(?)の話まで、メンバー4人の
  ロングインタビューと超貴重グラビア!
  そして、“イエモン”という呼称の是非など、本人による
  Wikipedia検証(ファンの皆様、加筆修正を
  お願いします)、関係者特別寄稿などを掲載。さらに
  音楽以外のことをメンバーがとことん語るコーナーでは、
  吉井は「バス釣り」、エマは「車」、ヒーセは「ヴィンテージ」、
  アニーは「科学」と、大変勉強になることまでお話しいただきました。

◆映画『キングダム』
  主演・山崎賢人、原作・原泰久

◆ニューアルバム「HOCHONO HOUSE」
  細野晴臣にインタビュー

[注目ポイント]
◆ススめ! ブロス探偵社~4月 テレビ番組解説&コラム~
[特集]
●ニューアルバム『Eye』『Lip』発売記念
 SEKAI NO OWARI
  The Beginning To The Future.
 ―ニューアルバム『Eye』『Lip』を2枚同時にリリースする
  SEKAI NO OWARI。表紙を飾るFukaseから始まる
  個々人のパート、そして4名揃ってのにぎやかなパートに、
  それぞれの厳選グラビア&ロングインタビュー!
  Fukaseは「Future」、作家対談となるSaoriは
  高山一実(乃木坂46)と「Literature」、
  Nakajinはミックスエンジニアの前田和哉氏と
  「Sound」、DJ LOVEは造詣の深い「Game」、
  そしてメンバー座談会は「New Album,New Story」と
  題して深く語っていただきました。

◆連載「どうせ死ぬなら」スペシャル
  あいみょん×新垣結衣
◆ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』
  川栄李奈×永野芽郁

[注目ポイント]
◆ススめ!ブロス探偵社~3月 テレビ番組解説&コラム~
 ・特集:「騎士竜戦隊リュウソウジャー」
  「デバック・トゥ・ザ・フューチャー」

TV Bros.(テレビブロス)の内容

多様化するカルチャーシーンを“ブロスらしい”独自の目線で
2018年4月に月刊テレビ情報誌としてリニューアル。 テレビ視聴環境の変化にあわせ、地上波やBS、CSに加え動画配信サービスまで、番組解説コラムでブロスらしくテレビ情報を紹介しています。 また、テレビだけではなく、ラジオ、映画、音楽、アニメ、コミック、書籍など、様々なカルチャーを取り上げた特集は、他誌とは一線を画すディープな視点が高く評価されています。

TV Bros.(テレビブロス)の目次配信サービス

TV Bros.(テレビブロス)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

TV Bros.(テレビブロス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.