I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

ヘルス・グラフィックマガジン 発売日・バックナンバー

全15件中 1 〜 15 件を表示
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.49『冷え症』特集】
トビラ「とにかく冷えルンです。」
靴下は重ねて履くし、家の中でもマフラー必須。
コートのポケットからはカチカチのカイロがいくつも出てくる……。
そんなしつこい冷えと闘うあなた。「冷え」を解消するためのヒント、本誌で見つけてみませんか?

pp.4-5 「ひえこママのひとこと言わせてもらうわヨ」
現代のありふれた生活習慣が、実は冷えを招く原因になっているかもしれません。
まずはどんな生活習慣がどうして冷えにつながるのかを知ることから始めましょう。

pp.6-7 「冷えのタイプから原因を知りましょう」
冷え症は、大きく4つのタイプに分類できるって知っていましたか?
タイプごとに原因が異なるので、
まずは自分がどのタイプなのかをチェックしてみましょう。

pp.8-9 「冷たいところを温めればいいってもんじゃないんです」
自分の冷えのタイプがわかったら、それぞれに合った対策をしていきましょう。
冷えているところを温めてしまいがちですが、
タイプによっては必ずしもそれが正解とは限らないんです。

pp.10-11 「エニタイム!ランジタイム!」
冷え対策には筋肉が必要。筋肉量が足りていないとわかっていながらも、
なかなか始められないもの……。
ここでは、スキマ時間に取り入れやすいトレーニング方法、”ランジ”のやり方をご紹介。

pp.12-13 「足からポカポカ&リラックス リラポカリフレクソロジー」
西洋で発展したリフレクソロジーで、
心身のリラックスやストレス解消につながる冷え対策してみませんか?
簡単に始められるリフレクソロジーの6つのやり方をご紹介。

pp.14-15 「あったかからだになるスープ」
冷え症の原因の一つとなる筋肉不足。
筋肉量を増やすためにはたんぱく質を意識した食事が大切です。
今回は、たんぱく質が摂取できるスープレシピ3品をご紹介。


pp.16-17 「かんぽーでぽっぽー」
冷え性対策には漢方薬も強い味方。漢方はドラッグストアなどで手軽に買える一方、たくさん種類があるから選ぶのが大変……。
そんなあなたのための選び方のヒント、薬剤師に聞いてみました。

pp.18-19 「それ、冷え症じゃないかも。」
冷え症だと思っていたら、実は別の病気が隠れていることも。
症状の一つとして冷えが出る病気や、注意が必要な症状をご紹介。

pp.20-21 「穴と冷えの女王」
ワクサカソウヘイさんによる冷えにまつわるコラム、第四回。

pp.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.48『災害と健康』特集】

トビラ「あなたも忘災していませんか?」
大災害を何度も経験しているはずなのに、
私たちはそのことをあえて忘れ、防災袋のありかも忘れ……
そんな私たちの”忘災”を、肩肘張らずに無理なく“防災”に変えるためのヒント、集めました。
あなたに合った備え、本誌で見つけてみませんか?

pp.4-5 「巷にあふれる知ったか防災に気をつけろ!」
災害大国ニッポンに暮らしながら、私たちは防災について意外なほど誤解しているもの。
本ページでは、防災にまつわる代表的な誤解をご紹介。

pp.6-7 「身近な防災探してみよう!おうち編」
防災の準備、しなければと思うと気が重いですよね…
でも、実は私たちが普段から無意識に行っているちょっとしたアクションが
防災につながったりもするんです。ここでは、身近な防災〈おうち編〉をご紹介します。

pp.8-9 「身近な防災探してみよう!おそと編」
無理なくできる身近な防災力アップのカギは、おうちの外にもたくさん。
防災アクション〈おそと編〉をご紹介します。

pp.10-11 「フェーズフリーで、無理せず備える。非常食は普段食!!」
場所をとるし、割高だし、いつの間にか賞味期限切れてるし…
なんて非常食の備蓄にハードルを感じていませんか?ここでは、日常と非日常の区別をしない
フェーズフリーの観点から、気軽にできる非常食の備えをご紹介。

pp.12-13 「尿意・便意は待ったなし!トイレハザードに備えよ!」
防災備蓄といえば水や食料を想像しがちですが、「食べたら出る」こともお忘れなく。
災害時の備えとして意外と見落としがちな「トイレの備え」、ご紹介します。

pp.14-15 「救急セットがない!もしもの時の止血ケア」
災害時、ガラスが割れたり物が落ちてきたりして思わぬケガをしてしまうことも。
そんなときに慌てず対処できる、応急手当(直接圧迫止血法)のキホンを少女漫画風にお届け。

pp.16-17 「いつものバッグにおくすり手帳 もしものリュックに薬の説明書」
持病のためにいつも飲んでいる・使っている薬がある人は、お薬の防災も忘れず行いましょう。
「おくすり手帳」や「薬の説明書(薬剤情報提供文書)」を使ってできる、簡単な備えをご紹介。

pp.18-19 「ココロがつらいと思ったら」
大きな災害を経験したとき、目に見えない負担が心にかかることもあります。
でも、それは大きなストレスを前にしたときに起こる自然な防御反応なんです。
災害との向き合い方や心を軽くするヒント、お伝えします。

pp.20-21 「災害時の病気 予防対策マニュアル!」
災害後、すぐに日常の生活に戻れないとき、心だけでなく体の不調も心配です。
避難生活中に起こりやすい代表的な病気について、あらかじめ知って備えましょう。

pp.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.47『頭痛』特集】

トビラ 「頭痛を止める、その歩みは止まらない。」
太古から私たちを悩ませてきた頭痛。
その昔、古代エジプトでは頭痛患者の頭に薬草をくわえさせた粘土製のワニをくくりつけ、呪文を唱える治療が行われていたとか…。
いえいえ、そんなことをしなくても、頭痛治療は医学とともに進歩し続けています。
この機会に一度、頭痛との向き合い方、見直してみませんか?

pp.4-5 「OH! MY! HEAD!!!!」
頭痛は大きく「片頭痛」と「緊張型頭痛」に分けられるってご存知でしたか?
種類が違えば、原因も対処法もそれぞれ異なります。
自分の頭痛がどちらの傾向が強いのか、まずはチェックしてみましょう。

pp.6-7 「あ、いたい…。そのきっかけ、実は身近にあるのかも。はじまりはいつもーー」
片頭痛の場合、特定の事柄がきっかけで痛みが起こることが少なくありません。
中には「え、こんなことが?」というような意外な悪化要因が潜んでいることも?
自分の頭痛のきっかけになっている事柄を知り、頭痛を遠ざけたりあらかじめ備えたりといった対策に役立てましょう。

pp.8-9 「その頭痛の「クセ」を探れ!手がかりは頭痛ダイアリー」
自分の頭痛の特徴を知ることは、頭痛対策の第一歩。
「頭痛ダイアリー」で特徴を記録すると、自分でも気づかなかった小さな変化や新たな気づきを得られることも。
今使っている手帳やカレンダーに記録する習慣、はじめてみませんか?

pp.10-11 「まわすだけで予防と改善!ぐるぐる頭痛体操!」
片頭痛と緊張型頭痛ぞれぞれの予防と改善につながる手軽な体操をご紹介。
やることは簡単、隙間時間に腕をぐるぐる回すだけ。
どこでも気軽に始められる体操で、頭痛知らずの毎日を手に入れませんか?

pp.12-13 「頭痛にSweetなDessert Recipe」
毎日頑張る自分にごほうび!Sweetなデザートで頭痛対策してみませんか?
片頭痛の緩和に役立つ栄養素を含む食材を使ったデザート3種類をご紹介します!

pp.14-15 「教えて!薬剤師さん 市販鎮痛薬のここが知りたい!」
頭が痛いとき、薬局やドラッグストアで手軽に購入できる鎮痛薬。
でも、店頭にはたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか迷ってしまうことってありますよね。
また市販鎮痛薬には思わぬ危険が潜んでいることも。気になることを薬剤師さん聞いてみましょう!

pp.16-17 「大人にわかってほしい あたまいたいのほんとだもん」
頭痛は大人の病気と思っていませんか?実は、大人と同じように片頭痛や緊張型頭痛に悩んでいる子どももいるんです。
子どもの頭痛の特徴や、起こってしまった場合の周りの大人の寄り添い方について、知っておきたいことをまとめました。

pp.18-19 「知ってる?片頭痛を予防する新薬のこと」
これまでの片頭痛治療薬は、起きた痛みを薬で抑える方法が基本でした。
でも、2021年に登場した新薬は片頭痛そのものを予防できる画期的なもの。
片頭痛が重く、日常生活に支障をきたしてしまっている…という方は
ぜひ一度専門医を受診して相談してみてはいかがでしょうか?

pp.20-21 「万城目流、頭痛との付き合い方」
デビュー作『鴨川ホルモー』を始め、『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など
数々のヒット作を生み出している作家・万城目学(まきめ まなぶ)氏による書き下ろし頭痛エッセイ。

pp.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.46『かぜ』特集】

トビラ 「感謝状 かぜの諸症状殿」
一見うっとうしいかぜの諸症状。
でも、それらはウイルスから身を守るための大切な働きです。
今号では、誤解や思い込みも多い「かぜ」について、
正しい知識や役立つセルフケア情報をご紹介します。

pp.4-5 「かぜの理解度をチェック!なるほど!ザ・コールド」
私たちに最も身近な病気とも言えるかぜ。でも、そもそもかぜって何?
知っているようで知らない「かぜ」の知識を、クイズ形式でアップデート!

pp.6-7 「コロナがなくてもつづけ予防!!」
新型コロナウイルス感染症の登場以降、すっかり日常となった感染予防対策。
もう飽き飽き!なんて声も聞こえてきそうですが、実はそれ、無駄じゃなかったんです。
かぜ予防に使える必要な予防スキルをしっかり残して、やりすぎ対策を引き算しましょう!

pp.8-9 「かぜなの?受診なの?判断チャート」
かぜっぽいなと思ったとき、受診するかどうか迷うことってありますよね。
でも、そもそもかぜは自然によくなるもの。じゃあかぜ症状で受診を考えるときって、
どんなときなの?チャート形式で判断ポイントをお伝えします。

pp.10-11 「かぜの正しいおうちケア」
かぜのとき、食事や解熱剤・お風呂に入るべきかどうかなど迷いますよね。
ここでは、正しいおうちケアの方法について解説します!

pp.12-13 「今の己の『かぜを読む』が肝心!かぜの漢方薬よろず指南」
かぜの漢方薬といえば、葛根湯…だけじゃないって知ってました?
実は漢方薬には、かぜの経過に細かく応じた多彩なラインナップがあるんです。
セルフケアの頼れる味方、漢方薬選びのコツをお伝えします!

pp.14-15 「かぜのときのおもいやりレシピ」
家族がかぜをひいたとき、何を作ってあげよう……。
そんなときには、食べやすくお腹にやさしいこんなレシピはいかがですか?
おうちで作れる3つのおもいやりレシピをご紹介♪

pp.16-17 「ちゃんとチーン!できるかな?」
鼻水や鼻詰まり、どうやってかんでますか?
間違ったかみ方は、かぜに続く別の病気の原因になることもあるんです。
大人も子どもも、一緒になって正しい鼻のかみ方をマスターしましょう!

pp.18-19 「治ってきたと思ってたのに」
治ってきたと思ったら再びぶり返し、しかも前より悪化…。
それ「かぜのぶり返し」ではないかもしれません。
かぜのあとに引き続いて起こりやすい、代表的な病気を紹介します。

pp.20-21 「えっ!それってダメなの?抗菌薬が『使えなくなる』使い方」
え?かぜと言えば抗菌薬(抗生物質)じゃないの?と思った人にぜひ知ってほしい大きな脅威。
それは、抗菌薬の不適切使用が原因となって広がる、
「抗菌薬が効かない細菌」だらけの世界のことです。

pp.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.45『膝の痛み』特集】

pp.2-3「膝痛JAPAN 約3千万人の痛み。」
高齢者人口の増加に伴い、日本では膝の痛みを抱える人も増加しています。
今号では膝が痛くなる原因とその対策をご紹介。
何歳になっても自分の足で自由に歩ける膝づくりをしていきましょう!

pp.4-5「間違いだらけの痛痛トレイン」
膝によかれと思ってやっているその習慣、実は膝にとって悪影響かも?
膝に関する6つの誤解を紐解きます。

pp.6-7「膝痛は変形性膝関節症が90%」
実は、膝痛の原因の9割が変形性膝関節症と言われる病気なんです。
原因をきちんと理解して、対策を立てることが大切です。

pp.8-9「変形性膝関節症リスクを『観て』チェック! ニーシネマ・7」
変形性膝関節症が起こりやすい人の特徴を有名映画のタイトル風にご紹介。
こんな映画、観たくない…?

pp.10-11「ヒザは、甘やかしてはいけない。ニートレ 足指にぎり」
まだ膝が痛くない人には痛みの予防に、痛い人には痛みの改善に。
「足指にぎり」運動で、太ももの筋肉を鍛えましょう。

pp.12-13「ヒザは、甘やかしてはいけない。ニートレ 足振り子」
膝が痛む人に「足指にぎり」と一緒におすすめしたいのが「足振り子」運動。
関節をなめらかに保つことで痛みの軽減・予防につなげましょう。

pp.14-15「てくてく歩くてくニック!」
日本では、膝の痛みを訴える人のほとんどがO脚です。
太ももの内側の筋肉を使う歩き方でO脚改善を目指しましょう。

pp.16-17「箱根道中ヒザ栗毛」
首都圏から行きやすい箱根への温泉旅行をHGM編集部がご提案!
旅行に楽しく膝のケアを取り入れてみませんか?

pp.18-19「膝の痛みがやわらぐツボ 『押し活』のススメ」
運動や歩き方に加えておすすめしたいのがツボ押し。
症状に合うツボを押すことで筋肉がゆるみ、血行が良くなって症状がやわらぎます。
リラックスタイムのツボ押し、今日から取り入れてみませんか?

pp.20-21「膝にやさしい暮しの道具」
膝にやさしい生活の基本は、膝を大きく曲げる動きなど膝の負担を極力減らすことです。
家の中にアイテムを上手く取り入れて快適な暮しを目指しましょう。

pp.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.44『思春期・更年期』特集】


P.2-3「どんな変化が起こる?思春期・更年期のカラダ」
誰にでも訪れる思春期・更年期どちらの時期も性ホルモンの分泌量が大きく変化します。
それによってどんな変化が起こるのでしょう……?


P.4-5「大丈夫…?大丈夫。」
大人にはなぜか聞きにくい……。思春期を迎えて間もない子供たちが抱く体の不安や疑問に答えます。


P.6-7「大人として性についてのWHAT YOU SAY」
子供から性にまつわる質問をされたとき、思わずドキッとしたことありませんか?
子供と性について話す時のポイントをご紹介。


P.8-9「起きれネーゼは、ぐうたらじゃない」
昼間や夜は元気なのに、朝になると起きられない。一見ぐうたらに見えるけどそれ実は思春期特有の病気かもしれません。
正しく知って優しくケアしましょう。


p.10-11「更年期にズシっとくる余計な一言!」
更年期の不調を乗り越える為には周囲の理解が大切。
自分の知らない辛さを感じている人がいることを思いやってみんなでHAPPYに!


p.12-13「更年期を迎える女性におくる5つの預言」
更年期を上手に乗り越えるための大切な5つのポイントをご紹介します。


p.14-15「更年期の生薬案内」
更年期の不調には、漢方や生薬の力を借りるのもひとつの大事な選択肢。
デリケートなこの時期におすすめな生薬のご紹介。


p.16-17「インナーユニット体操」
人知れず悩める人の多い「尿もれ」。骨盤の底部にある筋肉と連動して働く筋肉「インナーユニット」を鍛えることが改善の早道!一緒にトライしてみませんか?


p.18-19「ベンリ家電でラクハピLIFE」
ベンリで時短にもなるお役立ち家電をご紹介!


p.20-21「更年期も病院へ行こう!」
我慢できないほどじゃないし……と遠慮する必要なし!辛い症状に困った時は上手に医療を頼りましょう。
さまざまな治療法をご紹介します。


p.22 読者プレゼント

【ヘルス・グラフィックマガジン vol.43『もの忘れ』特集】

p.2-3「忘れたくないことを、忘れないために」
最近、もの忘れ気になりませんか?「忘れる」という力は生きていく上でとても大切なこと、しかし「忘れたくない」ことはしっかり覚えていたいですよね。今回は「忘れたくないことを忘れないため」の情報を集めました。

p.4-5「もの忘れor認知症」
単なるもの忘れと認知症には違いがあるんです。ここでしっかり確認しておきましょう。

p.6-7「記憶にイイ6つの方法」
もの忘れ対策の基本的なポイントをここでおさえておきましょう!

p.8-9「デジタル認知症って何!?」
生活必需品のスマホやパソコンですが、頼りすぎる生活をしていると脳の過労に繋がるかも…
危険度をセルフチェックしてみましょう。

p.10-11「もの忘れ予防術」
日常で必要な記憶を助けてくれる便利な記憶術をご紹介。今日から早速実践してよう!

p.12-13「感覚器から、もの忘れ対策」
「噛む・嗅ぐ・聴く」役割を担当している感覚器はその衰えが脳への刺激減少に繋がります。
大切に使い続けるために、注意したいポイントをご紹介。

p.14-15「愛と脳を育む 引き算さんぽ」
有酸素運動と脳への体操を組み合わせた「引き算散歩」を生活に取り入れてみませんか?

p.16-17「もの忘れには、栄養バランスがものを言う 地中海レシピ」
健康食として注目されている「地中海食」を手に入れやすい食材でアレンジしたレシピをご紹介。

p.18-19「ヨーグルト×記憶対策」
ビフィズス菌で朝から記憶対策をはじめてみませんか?

p.20-21「認知症の誤解等」
認知症のイメージは、研究が進むにつれて変わりつつあります。正しい情報をアップデートして、
身近な人に「もしかして…」という変化がみられた時や当事者になったときのお守りとなるような情報をまとめました。

p.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.42『飲みすぎ』特集】

p.2-3「酒は百薬の長」…?
お酒好きの大義名分とも言える「酒は百薬の長」のフレーズ。
実はこの言葉、鵜呑みにしてはまずいかも…ぜひ本誌でその答えを探してみてください。

p.4-5「ノミスギー海賊団の怪しい言い訳」
「大丈夫」と思っている人にこそ知ってほしいお酒と健康にまつわるホントのところをまとめました。

p.6-7「ふだんの飲みすぎ度 CHECK」
何杯のんだら「飲みすぎ」なのか?あなたの酒量も今すぐチェック!

p.8-9「ゲンさんに学ぶ減酒のススメ!」
いきなり禁酒はハードだな…という人必見。
今より少しお酒を減らす「減酒」についてゲンさんが分かりやすくご案内します。

p.10-11「ゲンさん流お酒の減らし方」
宅飲みで減らすコツ・外飲みで減らすコツをたっぷりご紹介。

p.12-13「HOME MADE MOCKTAIL」
お家で作れるノンアルコールカクテルレシピをご紹介。
おしゃれに手作りノンアル時間を楽しみませんか?

p.14-15「三大飲むなの真相に迫る」
お酒は大人だけに許された嗜好品ですがその性質上、大人でも「飲んではいけないとき」があるのはご存知の通り。
でも実際なぜいけないのか。その真相をしっかりとお伝えします。

p.16-17「大切な人の飲みすぎのこと」
お酒を飲む家族や身近な人の様子が何だかおかしい…と思ったら。自分だけで抱え込まず専門機関へ相談を。
対応のポイントと主な相談先をお伝えします。

p.18-19「GO TO GAIRAI 減酒外来って知ってる?」
今「お酒をやめろ」といわない、そんな治療を行なっている医療機関が増えています。
お酒による害や問題を減らすための飲み方を医師と一緒に考える新しい外来をご紹介します。

p.20-21「アルコール依存症と診断されるまでと今」
漫画家 まんきつ氏による自身のアルコールにまつわる実体験漫画 本誌書き下ろし。

p.22 アイセイ薬局KuSu×生活の木 コラボレーション商品広告
アイセイ薬局ヘルスデザインブランドKuSuとアロマのプロフェッショナル生活の木がコラボして生まれたハンドクリームと入浴剤をご紹介
4種類の天然精油をブレンドした気持ちやすらぐフレッシュフローラルの香りです。
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.40『目の不調』特集】

p.2-3「とかくこの世は目に厳しい」
スマホにパソコン、タブレット。多くのデジタルデバイスに囲まれた現代。
とかく目にとっては超ブラックな環境です。
お疲れ気味のあなたの目、少しいたわってあげませんか?

p.4-5「課長と部長の不調な日常」
日常で感じる小さな目の不調、中には受診が必要な症状もあるのでご用心。

p.6-7「スマホ老眼ってマジ!?」
10代・20代でもスマートフォンの使いすぎによっておこる「スマホ老眼」に要注意!

p.8-9「鍛えられない毛様体筋に」
ピント調節筋の「毛様体筋」トレーニングでは鍛えられないんです・・ピント調節をアシストしてくれる眼鏡レンズのご活用を。

p.10-11「名画(めーが)よく見えない?展」
目の病気の中には視界や視野の変化が生じるものも、世界的名画がこんな風に見えたなら要注意です。

p.12-13「目薬の、進化系」
酷使して疲れた目をケアしたい時、どんな目薬を選べば良いか症状別にアドバイス。

p.14-15「近視妖怪に気をつけろ!」
家の中でスマホやゲームばかりしていると近視妖怪「まなこべったり」がやってくる・・!?撃退法をお伝えします。

p.16-17「クマなく!目に良い!あかり術!」
おうち時間が増えた中、家での目に優しい照明環境をご紹介。

p.18-19「目っちゃ鮮やか!いろどり満点レシピ」
目に良いとされる栄養素をたっぷり含んだ旬の食材を使ったレシピをご紹介!

p.20-21「FUTURE EYE TOURS」
医療・科学技術の進歩とともに研究開発が進む最新の治療法や、視覚のサポートツールをお伝えします。

p.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.40『食中毒』特集】

p.2-3「なに食べた・・・?〜寄せては返す、あの苦しみ〜」
食中毒を起こす食事は一見「おいしそう」だというから厄介です。
トイレで悶絶するリスク、正しい知識と対策で回避しましょう。

p.4-5「ショクチューデビルのささやき」
食中毒にまつわるウワサには、実は誤解がたくさん。悪魔のささやきに、皆さんもどうぞご用心。

p.6-7「食中毒菌・ドクメン8」
食中毒の大部分は食品に付着した食中毒菌が原因、どんな食品がどんな食中毒菌に汚染されやすいかをチェック!

p.8-9「これがテッパン!食中毒予防の3原則」
家庭での食中毒を防ぐための基本となる3原則をご紹介!

p.10-11「ピカピカ2度洗い!」
手洗いのポイントは洗い方やタイミングだけでなく、「洗う回数」にもあるんです。

p.12-13「食材切る順ガイド」
汚染リスクに応じて食材を切ったり扱ったりする順番を決めること、実はとっても大切なんです。

p.14-15「夏のお弁当守る術」
作ってすぐに食べないものだからこそ気をつけたい、夏のお弁当作りのポイントお伝えします。

p.16-17「ワイルダー一味の危ないバーベキュー」
バーベキューやキャンプで気をつけたいNG行動をご紹介、ワイルダー一味のマネは厳禁!

p.18-19「おうちゲーセットはお持ちですか?」
家族の急な嘔吐にも慌てず安全に処理する方法・常備しておくべき便利グッズをご紹介。

p.20-21「STOP!おさまるまでは食べないで!」
日常で食中毒(食あたり)を疑ったときの正しい対処法をお伝えします。

p.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.39『睡眠不良』特集】

p.2-3「みなさん、眠れてますか?」
新たな感染症に対する恐怖、将来への不安、生活の変化によるストレス……。
実は、目に見えないさまざまな要因が睡眠の質に影響しています。

p.4-5「睡 眠 神 話 徹 底 検 証!」
巷にあふれる睡眠にまつわる神話、その真偽のほどを解き明かします。

p.6-7「Let’s try!マイベスト睡眠時間 チェックドリル」
あなたの睡眠時間、本当に足りていますか?実はそれ、調べる方法があるんです。

p.8-9「朝のおかんは正しかった!睡眠にGOOD!朝の三か条」
睡眠と覚醒は表裏一体。眠りから覚醒するため、朝にするべき3つの行いとは?

p.10-11「EGG MORNING」
体内時計を整えるのにぴったりなお手軽朝食メニューをご紹介!

p.12-13「眠れない爛々さんは一度ベッドから出る」
夜にやってはいけないNG習慣、うっかりしていませんか?

p.14-15「お風呂入って寝よう!深部体温アゲサゲ快眠術」
よい睡眠には体温のコントロールも重要なポイント!寝つきをスムーズにするための入浴術をご紹介。

p.16-17「パワーナップでパワーアップ!!」
パワーナップ(積極的仮眠)ってご存知ですか?海外の大企業でも取り入れられている”お昼寝タイム”なんです。

p.18-19「HGM編集部の『推しカフェインレス』7選」
睡眠にやさしく、コーヒやお茶好きでも楽しめるカフェインレス商品を編集部メンバーが飲み比べました。

p.20-21「DJ ZZZの眠りのお悩み聞かNIGHT」。
DJ ZZZがリスナーの睡眠のお悩みにお答え!

p.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.38 『足の悩み』特集】

p.2-3「満足してますか?」
痛い、しびれる、かゆい、くさい・・・。足や爪の違和感、そのままにしていませんか?

p.4-5「フッとだれかに話したくなる足雑学 Foot Trivia」
知らなくてもいいけれど、知ると気になるちょっと「へぇ?」な足トリビア。

p.6-7「足はけっこう危険地帯」
扁平足・巻き爪・水虫・外反母趾・・・。日本人に多い主なトラブルを例に、足・爪の悩みをご紹介。

p.8-9「ARCH OR OUCH 足の悩みのカギを握る、究極の場所」
アーチの崩れにご用心。足の骨格を形づくる「足アーチ」とは?

p.10-11「苦痛にサヨナラ。」
足にやさしい、靴とインソールの選び方。

p.12-13「足楽ストレッチ体操」
1日わずか5分、足トラブルを防ぐための簡単&シンプルストレッチ!

p.14-15「今日のわたしにおつかれさま。」
繰り返しできる「うおの目」や「たこ」に。フットケア商品のご紹介(PR)。

p.16-17「ザ・インフェクション 水虫の流儀」
水虫の原因、白癬(はくせん)菌ってご存知ですか?季節ごとの変化と対策に迫ります。

p.18-19「ニオイもつかれも“Footbath”!」
いよいよ夏本番!足湯でのんびり、消臭リラックスしてみませんか?

p.20-21「THIS IS TSUMEKIRI 足バージョン」。
その切り方、間違ってるかも?トラブル回避の正しい足爪の切り方。

p.22 読者プレゼント
【ヘルス・グラフィックマガジン vol.37 『めまい』特集】

p.2-3「めまいと向き合って」
めまいのこと、ないがしろにしていませんか?

p.4-5「めまいの原因にたどりつけ!」
あなたのめまいはどんなめまい?めまいのセルフチェック。

p.6-7「ぐるぐるめまいは内耳のせい」
内耳の異常によるめまいを解説。

p.8-9「その他のめまいは何のせい?」
内耳以外の原因によるめまいを解説。

p.10-11「EASY 2 STEP めまいトレーニング」
体を動かして症状改善!

p.12-13「家でも外でも日常をリハビリに」
普段のちょっとした動作を工夫してリハビリに。

p.14-15「めまいにやさしいおてがる薬膳」
牛とトマトの肉じゃが/鮭とあさりの和風パエリア

p.16-17「めまい対策 漢方案内」
自覚症状別にオススメ漢方をご紹介。

p.18-19「気象病を知りまSHOW!」
気圧差や寒暖差によるめまいの原因と対策。

p.20-21「めまいがするほど奥が深い!?めまい雑学」
フィギュアスケート選手はなぜ目が回らない?など、めまい雑学あれこれ。

p.22 読者プレゼント
おすすめの購読プラン

ヘルス・グラフィックマガジンの内容

セルフケアに役立つ医療情報が絵本のように楽しく読めるオンリーワンの媒体
『ヘルス・グラフィックマガジン』は、毎号ひとつの症状にフォーカスし、医師や各分野の専門家の監修に基づいた精度と鮮度の高い医療情報を、表紙から中面に至るまでこだわり抜いたビジュアルで解説する、アイセイ薬局発行の季刊フリーペーパーです。かたい・難しい・つまらないと思われがちな医療情報をもっと身近なものにしてほしい、そんな思いで2010年9月に創刊。発行部数15万部。ぜひご自宅やオフィスでお楽しみください!

ヘルス・グラフィックマガジンの目次配信サービス

ヘルス・グラフィックマガジン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ヘルス・グラフィックマガジンの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.