婦人公論の編集長インタビュー

編集長プロフィール

中央公論新社
「婦人公論」編集長 三木哲男さん

みきてつお 1958年兵庫県生まれ。東京学芸大学卒業。繊研新聞記者を経てフリーライターに。「中央公論」「週刊文春」「週刊宝石」「アエラ」等に執筆。2000年に中央公論新社入社。「中央公論」編集部を経て、2003年「婦人公論」副編集長、2006年から編集長

編集長写真

第61回 婦人公論 編集長 三木哲男さん

女としての「私の人生」が大切なテーマです

―隔月刊にリニューアルしてからもうかなり時間がたちますが、内容は変わりましたか。

リニューアル創刊号(左)から外面は変わっていないが
リニューアル創刊号(左)から外面は変わっていないが

リニューアルが1998年で、もう13年たっています。雑誌の外面は変わってないのですが、そのころといまとでは読者の関心事が相当変わってきていますね。リニューアル当初は「家族」「嫁姑」「夫婦」「子育て」といったテーマが中心でした。コアな読者は主婦で、主婦として満たされているか、にスポットを当てた記事には人気がありました。ですから「家族の力を再生させる」とか「嫁姑の問題」などを様々なバリエーションで記事をつくって掲載していました。
それが2005年くらいから、これらのテーマが当たらなくなって、部数が伸び悩み、ついに赤字に転落してしまったのです。
読者が変化しているのに、それについていけてなかったんですね。そこで結構お金をかけて読者リサーチをしました。リサーチしてみた結果、見えてきた読者は「知的に学ぶ39歳の女性」だったんですよ。そこでそのターゲットに向けていろいろ手を変え品を変えトライをしたのですが、どういうわけか部数の落ち込みに拍車をかけるだけで、07年まで迷走が続くことになりました。

―読者についていけてないとは、苦しいですね。でもそういう自覚がないとまた変われないし。

そうなんです。「性の特集」「老後をひとりで生きる」「婚外恋愛」・・・あ、婚外恋愛って不倫のことですが(笑)、いろいろトライしました。でもそんななかで、ときどき売れるものが出てきたんです。

―希望の光が(笑)

ええ。「老後をひとりで生きる」「離婚しないでいる妻たちの本音」といったものが当たるようになりました。ぜんぜんダメなのが「いまから夫をいい男に変える」(笑)。

―なんとなくわかりますね(笑)

ですよね(笑)。妻は夫より通常長生きしますので、夫と共倒れするようなライフスタイルではなく、ひとりでもしっかり充実してやっていける女としての老後が大切であると。
以前のように、「主婦としての私の人生」というのはもう読者には刺さらない。主婦であろうが何であろうが、まずは「ひとりの女としての私の人生」なんですね。
「離婚しない妻たちの本音」なんかも、とてもリアルです。夫にはもう夢も希望もないのですが、離婚すると経済的に不利になる。だから離婚には踏み切らないけれど、あくまで主人公は自分ですよと(笑)。
こういうことが見えてくると手が打てるようになり、また部数が盛り返してきて09年、10年と黒字に戻せたんです。

―読者層には変化はありますか。

連載から生まれた単行本も豊富だ
連載から生まれた単行本も豊富だ

いまの読者層はだいたい40~50歳前半です。以前よりは若返っていますね。40代からの自分の人生といったことが主な関心事になってます。女性誌の多くが都市型なのにくらべて、「婦人公論」は全国区です。婦人公論の大きな特徴の1つが、愛読者グループが全国および海外に広がっていることです。しかし最近、高齢化してきました。ネット化して若い人たちに参入してもらえるようにしていきたいですが、まだ手がつけられていません。このへんはこれからですね。
雑誌では読者の年齢を若く保つために、タイトルに40歳という言葉を意識的に多用してみたんです。女性誌って5歳刻みでいろいろターゲットを決めることが多いようですが、それに当てはまるのか、35歳くらいから読んでいただけるようになっています。

―編集長のキャリアのせいなのか、他の女性誌とはかなりテイストが違います。


別冊にはベストセラーも多い
別冊にはベストセラーも多い

それは少しあるかもしれません。僕はもともと繊研新聞の記者がスタートで、それからフリーライターになり、「中央公論」にルポを書いたのがきっかけでこの会社に編集者として採用されました。まさか女性誌をやることになるとは思ってもみませんでしたので、確かに異色の編集長でしょうね(笑)。

―いやむしろ、本来ジャーナリスティックな雑誌でしたので適任ですよ。後任は育ってますか。

編集長をやれるだけの力のある人は数人いますよ。でも女性が多い職場で、適齢期の女性が多いせいか出産、育児休暇と重なる部員が多くって、そこが仕事を回していく上で難しいところです。僕もいつまでも編集長ってわけにもいきませんからね。はやく力のある人が出て仕切っていってほしいと思っていますが。

―広告はどうですか。

いやこれはもう(笑)。最盛期の半分に落ちているというのが正直なところです。広告がしっかりつくはずのファッションが弱いせいもあって、そこは補強というか、見せ方を変えました。こういう人になりたい、こういう生き方をしたい、といったことをメインにして、そこに人を具体的に当てはめた形で見せています。
ファッションは阿川佐和子さん、ビューティは小林ひろ美さんです。お二人とも個性的で、読者世代の女性のあこがれの対象です。そういう人にモデルになってもらうことで、より分かりやすくしているつもりです。

―よく、競合誌がない、と言われました。個性的ということなんでしょうが、その分広告は難しいところですね。

そうですね。タイアップなども編集部が積極的につくってカバーしてはいますが。競合誌というか併読誌として「週刊文春」とか「暮らしの手帖」の名前があがる(笑)。あえて言えば「クロワッサン」が競合なのかと言えなくもないのでしょうが、やはりちょっと違いますよね。

―隔月刊の雑誌って忙しいといいますが、仕事はどんなペースなんですか。

編集部風景。ゆったりしたスペースに21人が働く
編集部風景。ゆったりしたスペースに21人が働く

半年に一度大雑把ですがテーマ会議をやるんです。部員にテーマを出してもらって僕とデスクで協議します。そして2ヶ月前から特集の企画会議に落とし込んで、特集については発売3週間前には校了します。
それ以外にニュースを扱っています。それは校了日ギリギリまで勝負です。
部員は僕を入れて21人ですから、その人数でやれることは全部やってるって感じです。

―webサイトもシンプルなりにしっかりつくられていますが、これも部内で制作しているのですか。

ええ、若い部員が交代でやってます。基本的にコンテンツを用意して、制作は外注しています。通販もやっています。これも実務は外注ですが。
でもこれからは、ネットコンテンツをビジネスとして強化していかねばと思います。会社でもデジタル研究会をつくって、積極的に事業展開を考えています。まだ儲かるレベルではありませんが、ここはいろいろ知恵を貸してくださいね。お願いします。

編集長の愛読誌

(2011年6月)

取材後記
骨太の女性誌です。どこかフランスの古い女性誌の趣もあります。知的で下世話。手ごわい相手です。
そもそも公論とは何なのでしょう。「万機公論に決すべし」。五箇条の御誓文のような大時代的響き。何かいまの時代にそぐわないですね。
でもそれが逆にいいじゃないですか。アナクロな私が言うのもなんですが、没個性な時代に競合誌がないって素晴らしいじゃないですか。雑誌ごとにカテゴリーを決めて相関図つくってなどというのはどこかの広告屋さんにおまかせしておきましょう。
私の知るかつての「婦人公論」の女性編集長は、デスクで缶ピース(両切りですよw)ふかしながら、イジワルなメガネで原稿を読む人でした。ゴダールの古い映画に出てきそうな感じ。これも大時代的ですかね。でもそんな風景があってもおかしくない数少ない貴重な雑誌なんです。
凛とした美しい顔で背筋伸ばしてドロドロの性愛を語りましょう。それがこの雑誌の個性だと思います。
編集長の三木さんと会って久々に一杯やったあと、銀座の雨に打たれながら「ジャスト・ライク・ア・ウーマン」を歌ってしまいました。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

婦人公論の商品詳細

女を活きる、私の活力
雑誌『婦人公論』は、美しく年を重ねている女性たちのために、豊かで艶めく生き方を提案します。結婚、離婚、仕事、出産、子育て、人づきあい、セックスと いった小誌ならではの特集企画を中心に、旬の芸能人や著名人のことば、話題の作家の小説、ファッション・美容・カルチャーなどの最新情報などを多彩に盛りこんで、輝く女性たちの「知りたい」に応えます。

+   婦人公論の目次配信サービス

婦人公論を買った人はこんな雑誌も買っています!

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

婦人公論の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌