ナンバー(Sports Graphic Number)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

文藝春秋
ナンバー編集長 鳥山靖さん

とりやまやすし 1967年生まれ。立教大学卒。91年、文藝春秋入社。 広告部、週刊文春編集部、ナンバー編集部を経て 2008年4月よりナンバー編集長に就任。

編集長写真

第4回 ナンバー(Sports Graphic Number)編集長 鳥山靖さん

スポーツを取り巻く環境が成熟してきてると思います。

―― 一時「ナンバー」の編集に憧れて文藝春秋に入社するんだ、という人が多くいましたが、鳥山さんもそうでしたか?

いえ、私は必ずしもそうではなかったです。91年入社ですが、ジャー ナリズムに興味があったし、とにかく雑誌をつくりたい、 編集者になりたいという希望が強かったん です。 文藝春秋では、広告部と「週刊文春」編集部とこの「ナンバー」編集部を経験しました。

――来年創刊30周年ですが、編集方針などで大きく変わったことはありますか?

クーリエ・アンテルナショナルはフランスで
過去の写真にはいろんなドラマがつまっている

時代とともに見え方とか作業の技術的なものは変わってきていると思います。でも、編集の基本は変わっていないと思います。スポーツのドラマやアスリートの日常を深く掘り下げる。そして、それを文章と写真の力で美しく感動的に見せる。これが、この雑誌の基本だと思っています。

――スポーツの感動的な読み物といえば、どうしても創刊号の「江夏の21球」を思い出してしまいます。

そうですね。山際淳司さん、沢木耕太郎さん、金子達仁さん、といった優れたノンフィクション作家の方々が活躍されてきました。また、そういった方々に憧れて、この世界に入ってくるライターさんも多くいます。だんだん書き手の層も厚くなってきていると思います。
スポーツを描く方法論とでも言いますか、書き方が洗練されてきていると思います。たとえば、サッカーなどは、あの動きの中で描かれることが少なかった。やはり、金子達仁さんがエポックメイキングだったと思いますが、まだまだ進化の途上にあると思います。もっといろんな表現が出てくるはずです。それをわれわれはもっと発掘していかねば。

――読者層に変化はありますか?

当初は、大学生~30代の男性が中心でした。いまは、その人たちの成長とともに、もう少し上の層までカバーできていますね。
F1ブームや93年のJリーグ開幕、NBAそれからワールドカップと、90年代はスポーツの新しい動きが増えました。そのために、そこに新しい読者、書き手も現れました。書き手の洗練の背景には、読者が成熟してきたことも多いに関係しています。
スポーツジャーナリズムを取り巻く環境は、書き手と読者ともに成熟してきたといっていいのでしょう。

――ライバル誌を挙げるとすれば何になるのでしょう?

あえて挙げれば「Sportiva」(集英社)さんでしょうか。 でもあちらは月刊、うちは隔週なので違うかもしれませんね。
90年代に後発のスポーツ雑誌がいくつか立ち上がってきましたが、われわれは独自の土俵を創刊以来つくってきたので、この分野では誰にも負けないといった気持ちはあります。

――海外モノの記事の扱いはどうされていますか?

創刊当初、アメリカの「スポーツイラストレイテッド」と契約していましたので、 そこから記事の転載もしていましたが、いまは、基本的にオリジナルしか載せていません。
現地の外国人のライターさんに原稿をお願いすることも多いのですが、たいていはインタビューやコラムのお願いで、日本のライターさんと組んで特集で動くような頼み方はしていません。

――忙しそうですが、どんなペースで仕事をされていますか?

録画を見ながら記事をチェック
録画を見ながら記事をチェック
新聞社のような編集部
新聞社のような編集部

2週間に一度、会議をやります。2~3ヶ月先の特集について全員企画書を出し、精査して取材に入ります。特集は4班に別れ、各デスクを中心に動きます。ですから1班ごとに、2ヶ月に1本、特集をつくる、といった感じです。私は週刊誌も経験しましたが、それとはちょっと違いますね。隔週の雑誌は、こういう動き方が多いのではないでしょうか。私はまとまった休みが取りにくくて苦労しますが(笑)
企画を立ち上げ、取材をするわけですが、その際、何を伝えたいのかを明確にするということですね。単に話題だからやる、じゃ、この雑誌でやる意味がありません。
また、グラフィックに力を入れていますので、企画の最初からADとともにビジュアルイメージを構築しながら進めていくというのも多いです。

――最近のヒットは何でしょう?

昨年秋の「野茂英雄特集」ですね。 野茂選手とは、近鉄時代からずっと付き合いがあったんです。 もう引退してるし、どうかという意見もあったのですが、 偉大な業績を残した人の内部を深く掘り下げる、というのは ウチじゃなきゃできないということでやってみた。 大反響がありました。
同じように、オシム監督の世界にも深く掘く入っていきました。 これらの号は完売するほど評判がよかったです。これも読者が成熟してきた証なんだと思います。 キラーコンテンツといったらちょっと違うかもしれませんが、オシムや野村克也さんのような、いまは現役の選手ではないが、その世界を深く経験をされたうえで自分の言葉をもって語れる人というのは人の心を動かすと思います。われわれが大事にしたいところです。

話題の人物に深くアプロチした特集の数々
話題の人物に深くアプローチした特集の数々

――「Number」から生まれた作品を教えてください。

さっき言われた「江夏の21球」(山際淳司)、「28年目のハーフタイム」(金子達仁)、ナンバーノンフィクション新人賞を取った「果てなき渇望」(増田晶文)、「頂上の記憶」(阿部珠樹)・・・。それと、ワンテーマを深く掘り下げた別冊「Number plus」も出しています。

――webをリニューアルされましたね。王(貞治)さん長嶋(茂雄)さんもコメントを寄せておられます。

ネットの世界との上手な共存関係を模索しています。
弊社では、webは別に編集部があって、そこが担当しています。もちろん紙の編集部といろいろ連携とりあって進めていますが、webオリジナルといった記事も結構つくっています。webの特徴をいかして、速報性の高いニュースを扱ったり、新しい書き手を起用してみたりと、いろんな試みをしています。

――編集長自身、スポーツはされますか?

私は観るほう専門です(笑)。
とくに欧州のサッカーがダイナミックなので好きです。「ナンバー」は「する」いわゆる「Do」の雑誌ではないので、私がサッカーをしなくてもいいのでは、と思います。
でも、いまは編集者もいろんなスポーツをしていますね。昔みたいに、する人と観る人が分かれているということではなくなっています。市民ランナーがトップアスリートの記事を読んで、自らより高みを目指す、みたいな現象も起きています。これもスポーツをとりまく世界が成熟している証だと思います。

――最後に「ナンバーMVP賞」について教えて下さい。

これは、1982年から始めているのですが、毎年、スポーツ界で最も印象的だった人に贈る賞です。初めての受賞者は広岡達朗さん。中田英寿さんのときは、社に来てもらったら、みんなの注目の的になりました。
基本的に編集部の任意で選んでおりまして、選考委員とかはいません。毎年12月~翌年の1月にかけて選ぶのですが、さあて、今年は誰になるんでしょうね。

編集長の愛読誌

(2009年5月)

ナンバー(Sports Graphic Number)の商品詳細

  • 出版社名:文藝春秋
  • 発行間隔:隔週刊
  • 発売日:隔週木曜日
メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!
プロ野球、MLB、サッカーから、モータースポーツ、格闘技、競馬にいたるまでのあらゆるスポーツの魅力を芸術的ともいえる写真でお伝えします。スポーツ総合誌だからといって表面的な内容に終始することなく、特集記事、インタビュー記事や対談記事など記事ごとのボリューム・読み応えも抜群。プレーヤーからスポーツ観戦が大好きな方、初心者の入り口としても楽しめる内容。スポーツという舞台の上で繰り広げられる戦い、そこで流れる汗と涙、そこで生まれ後世まで引き継がれる伝説の数々。ページをめくるごとに、常に勝負に挑み続けるヒーローたちに出会える。

+   ナンバー(Sports Graphic Number)の目次配信サービス

ナンバー(Sports Graphic Number)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

ナンバー(Sports Graphic Number)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌