機械と工具 2023年9月号 (発売日2023年09月02日) 表紙
  • 雑誌:機械と工具
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月2日
  • 参考価格:1,650円
機械と工具 2023年9月号 (発売日2023年09月02日) 表紙
  • 雑誌:機械と工具
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月2日
  • 参考価格:1,650円

機械と工具 2023年9月号 (発売日2023年09月02日)

日本工業出版
特集「高付加価値加工のための最新切削工具」

機械と工具 2023年9月号 (発売日2023年09月02日)

日本工業出版
特集「高付加価値加工のための最新切削工具」

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
機械と工具のレビューを投稿する
2023年09月02日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
1,833円 / 冊
送料無料
2024年05月02日発売号から購読開始号が選べます。
リニューアル新創刊!!

機械と工具 2023年9月号 (発売日2023年09月02日) の目次

■特集 高付加価値加工のための最新切削工具
<インタビュー>価値ある切削工具開発のために
○㈱イワタツール 代表取締役社長 岩田昌尚氏にきく
ユニークな工具を開発するメーカーとして知られるイワタツールの岩田氏が、独自の価値ある工具を開発する背景を語る。
○高付加価値工具製作のための工具研削盤
——超硬工具用工具研削盤 VGrindシリーズ——
/フォルマー・ジャパン 島田岳人
独自の機構を有し、高精度、高品位工具製造を可能とした具研削盤である。
○熟練者の経験知を承継する切削工具管理装置
——欠け・摩耗検出AIを搭載したAI TOOL SOMMELIER——
/モリマシナリー 西﨑丈夫
ソフトウェアメーカー、大学と共同で、切削工具の欠け、摩耗を検出するAIシステムを開発、工具管理システムに適用した。その優位点を紹介する。
○高い自由度で多様な被膜のニーズに応える
——唯一の技術プラティット回転円筒カソード搭載PVDコーティング炉——
/YKT 海瀬聖次郎
工具の性能高度化に欠かせないコーティングを実現するコーティング炉の技術について解説する。
○WALTER社の工具研削盤と測定機を活用した、高付加価値工具開発の提案
/ワルターエワーグジャパン 府内房子
最新の工具研削盤を紹介するとともに、独自開発の非接触式工具自動測定機について紹介する。
高能率・高生産性を実現するサンドビッグの超硬ソリッドエンドミル
/サンドビック 伊東功二
エンドミル加工では、工具たわみの観点からは、剛性の高いソリッドエンドミルが有利である。ここでは、最新のソリッドエンドミルを紹介する。
○切込み角45°新汎用カッタMB45の特長
/京セラ 波多野弘和
高性能かつコストメリットを持つ新しいインサート交換式フェースミルを開発した。加工事例を交えて紹介する。
○量産加工に最適なインサート—ドーマー・プラメット社(チェコ)
T90エコラインインサート—
/ノア 黒澤啓一
量産現場での生産性向上と購入コストの削減を実現する、チェコ製インサートを加工事例とともに紹介する。
○新サーメット材種CER530を用いた深溝の仕上げ加工
/フジBC技研 曽根葉平
難しい深溝入れ加工において、仕上げ加工用に開発された新サーメット工具について、その優位点を加工事例を交えながら紹介する。
○高能率かつ多機能に対応した新たな切削工具
——高送りラジアスミルTR4F形の開発および加工事例——
/MOLDINO 野下雅史
金型加工における荒加工に対応する高送りラジアスミルを開発した。その特徴、加工事例を詳しく紹介する。
○歯車の高付加価値加工
——歯車部品の新たなニーズに応えるスカイビング加工——
/不二越 三浦翔太
自動車部品の軽量化・小型化へのニーズに向けて、歯車部品のスカイビング加工が注目されている。ここでは、スカイビング加工の理論とカッタについて解説する。
○最新フライス工具「Phoenix Facemill Disc Cutter」PFDC
/オーエスジー 菅沼 充
鋼製ボディを使用しながら形状を見直すことで小形マシニングセンタでも使用可能とした、大径フライス工具を開発した。加工事例を交えながら紹介する。
○高硬度鋼加工に特化した多刃小径エンドミル
——MHRSH430RSF、MRBSH330による高硬度鋼への高能率・高精度加工——
/日進工具 盛 将人
高硬度鋼の高能率・高精度加工用に開発した多刃小径エンドミルをについて、そのコーティング、形状の特徴を紹介するとともに、加工事例を示す。
○高送りカッター新製品XMR12シリーズの使い方と加工事例
/京二 庄 瀚林
原料メーカーを親会社に持つ中国最大の超硬工具メーカーが供給する新しい高送りカッター。その特徴、使い方を加工事例とともに紹介する。
○難削材加工も可能とする最新のクーラント穴付きフラットドリルDFAS
/三菱マテリアル 小澤央季
フラットドリルは傾斜面などの様々な形状に対して、前加工なしで穴あけ加工が可能なところから多用されている。しかし、難削材への適用は難しかった。そこで、クーラント突出量を拡大し、独自の形状、最新コーティングを採用した新工具を開発した。
○両面6コーナー高送りカッター〜EXSKSシリーズ〜
/ダイジェット工業 田原裕規
金型の高能率荒加工に対応するために開発された両面6コーナー使用の高送りカッタである。その機能、特徴を、最新機種を含めて加工事例とともに紹介する。
○高精度なセンタ穴加工のための「中硬度炭素鋼・高速加工用センタ穴ドリル:MHCDS」
/やまわエンジアリングサービス 楠 肇
中硬度炭素鋼ワークを対象に、「センタ穴面の高精度化」、「高速・高送り加工」を実現するセンタ穴ドリルである。その構造、特徴、加工事例を紹介する。
○ユニークなコンセプトのワルター溝入れ工具
/ワルタージャパン 江越保博
突っ切り工具には、高い信頼性が求められるほか、高い剛性、低コストなど、要求される項目が多い。ここでは、独自の工具デザインを採用した高性能突っ切り工具を、独自のチップブレーカーとともに紹介する。
○焼入鋼旋削加工の高能率化を実現する最新CBN材種
/住友電工ハードメタル 堤内勇貴・他
自動車部品等に多用される焼入鋼の旋削加工用に新たにCBN材種を開発した。その特徴、優位性を、加工事例を示しながら紹介する。

■連載
○〜機械加工の最終工程における部品の品質と機能の高付加価値化のために〜
バリ取り・エッジ仕上げ技術の理論と実際
——第9回 エッジ品質を考慮したバリ取り・エッジ仕上げ技術(2)
溶融法(燃焼法)によるバリ除去—電解加工法、化学的除去加工法、サーマル・デバリング加工法—
/関西大学 名誉教授 北嶋弘一
○切削工具の工具損傷とトラブルシューティング
—— 第18章 - Ⅱ 正面フライス切削のトラブルシューティング(Ⅱ) ——
/難削材切削技術研究所 狩野勝吉
○【海外技術動向】「精密電解加工で難削材を制す」
Manufacturing Engineering:Contributing Editor Ilene Wolff
/翻訳:Generative Arrows 矢生晋介

機械と工具の内容

生産加工技術を支える「機械と工具」』としてリニューアル復刊いたしました。
本誌は、生産加工を支えるベーシックな技術、また話題の最新情報から技術者の疑問解消やスキルアップに繋がる基礎から学べる講座、海外情報、業界ニュースなど多岐にわたり、第一線で活躍する技術者、研究者、生産加工に直接・間接的に関わっておられる方々にとって有益な情報を発信してまいります。

機械と工具の目次配信サービス

機械と工具最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

機械と工具の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.