成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
日経ESGのレビューを投稿する

日経ESGの内容

企業が成長し続けるために「ESG(環境・社会・ガバナンス)」の3つの取り組みが欠かせなくなっています。顧客や投資家から評価され、優秀な人材の獲得にも効果を上げるESGの取り組みとはどのようなものか。最新情報をお伝えします。
  • この雑誌の申込みにつきましては、他の商品同様ご購入可能ですがご契約は日経BPとの直接契約となります。
    富士山マガジンサービスは購読料金の受け取りを代行しています。
  • ここでの年間購読のお申し込みは、新規のご購読で日本国内専用とさせていただいています。
  • ご登録いただいたE-Mailアドレスに、関連のメールマガジンをお送りさせていただく場合があります。
  • なお、これ以外に日経BPおよび日経BPグループ会社から、各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合があります。ご同意の上お申し込みください。
  • 購読料は改定させていただく場合がございます。ご購読期間中の方はご契約時の購読料で期間満了まで送本いたします。
  • 雑誌の発行日、発行頻度、誌名および誌面内容を変更する場合がございます。また、万一、雑誌の発行を継続できなくなった場合は、お支払いいただいた購読料を冊数割で精算し、未送本分の購読料をご返金させていただきます。

日経ESGの商品情報

商品名
日経ESG
出版社
日経BP
発行間隔
月刊
発売日
毎月8日
参考価格
2,770円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「日経ESG」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経ESG 2024年3月号 (発売日2024年02月08日) の目次

▲2024年3月号 no.297 2月8日発行


■News

●自然資本 TNFD早期開示に日本企業80社住友商事やニッスイ、KDDI、商船三井も(008p)
●企業価値向上 PBR向上の本気度、見極め開始 東証の企業リスト開示で株価が動く(010p)
●ESG経営 アサヒやイケア、ESGで稼ぐ CO2を売る、物流革新で商品値下げ(012p)
●脱炭素 マツダがアンモニア 「専焼」 に挑む 脱炭素へ石炭火力の自家発電を停止(014p)
●ESG投資 エーザイ、ESGで500億円調達社会的インパクト訴求し、資本コスト低減(016p)
●脱炭素 372社の削減目標を公開 排出量取引の活性化へ、政府が企業を後押し(017p)
●生物多様性 アマゾン、CO2吸収源を拡大 アジアの自然再生に20億円超(019p)
●Keyword 英文開示 まずはここから! ESG ・ SDGs用語1分解説(021p)
●持続可能な開発 資源争奪戦に新たなルールを 「グリーンへの移行」 が落とす暗い影(022p)
●ESG投資 日産とGM、EV販売の低迷を警戒大統領選出馬のトランプ氏、IRA廃止の方針(024p)


■ESG投資家の 「眼」 サスティナビリティ情報開示のツボ

●ISSB基準ではSASB基準を考慮するよう求めています。企業は情報を開示する際に、具体的に何をすればいいのでしょうか。(027p)


■Cover Story 中小企業が挑む脱炭素経営

●脱炭素で選ばれる企業 品質 ・ コスト ・ 納期に加えてCO2が武器に(028p)
●圧倒的技術を脱炭素で磨く 地銀 ・ 自治体 ・ コンサルの支援を生かす(034p)
●頼って踏み出せ、最初の一歩 チャレンジを支援、使える補助金(040p)


■炭素会計入門

●排出量は 「活動量」 から算定する 今さら聞けない、スコープ1算定の基本(042p)


■企業の競争力は何で決まるのか サスティナビリティ経営の曲がり角

●人的資本はブームで終わる(046p)


■ESG経営フォーラムから

●(071p)


■Leaders

●Leaders(072p)
●更家 一徳 氏 サラヤ 専務取締役 サステナビリティ推進本部 本部長 「衛生 ・ 環境 ・ 健康」 の向上に貢献する(074p)
●中村 徳晴 氏 リコーリース 代表取締役社長執行役員サービス系新事業で社会課題を解決(078p)
●舩木 崇雄 氏 IDEC 取締役 上席執行役員 生産 ・ 購買SCM ・ 北米事業担当全てはウェルビーイング実現のため(082p)
●濱田 宏一 氏 アンリツ 代表取締役 社長 グループCEOイノベーションへ人材結集(084p)
●森林 正彰 氏 西日本電信電話 代表取締役社長 社長執行役員共創施設で成長の芽を育てる(086p)
●道川 浩平 氏 王子ホールディングス グループ経営委員 イノベーション推進本部 本部長森林資源とコア技術を革新的価値に(088p)
●柴田 孝一 氏 共同印刷 執行役員 経営企画本部 DX推進室長DX推進を起点に抜本的変革(090p)
●佐藤 雅志 氏 サッポロホールディングス 取締役 全社員をDX人財に(092p)
●中根 幹夫 氏 新東工業 取締役 常務執行役員 ものづくりで環境改善に取り組む(094p)
●若林 頼房 氏 大王製紙 代表取締役社長 社長執行役員脱炭素型への転換と物流改革を推進(096p)
●三宅 徹 氏 大日本印刷 常務取締役 購買本部担当購買 ・ 調達でサステナビリティを推進(098p)
●佐瀬 克也 氏 太陽誘電 代表取締役社長執行役員商品の小型化 ・ 高性能化で環境に貢献(100p)
●曽根原 努 氏 戸田建設 執行役員 副社長 建築事業本部長新本社ビルで街全体を活性化(102p)
●上島 宏之 氏 長瀬産業 代表取締役社長 人の成長にこだわり変革を進める(104p)
●山本 二雄 氏 日立ソリューションズ 代表取締役 取締役社長社内外で協創してSX推進(106p)
●矢島 昌明 氏 ワコールホールディングス 代表取締役 社長執行役員自社のミッションを商品と接客で表現(108p)
●ZOZO ステークホルダーと共に取り組む(110p)
●本田技研工業 環境負荷ゼロで自由な移動の喜びを(112p)
●森永製菓 消費者参加でカカオ生産国を支援(114p)
●森ビル 「脱プラ」 契機に資源循環を本格化(116p)


■ヨーロッパESG最前線

●EUが自動車の脱炭素で新方針 合成燃料車も供給網の排出ゼロに(122p)


■ヒトが企業の未来を創る人的資本経営のキホン

●従業員エンゲージメント 経営戦略を左右する最重要指標(124p)


■ 「しあわせ」 が企業価値を高める ウェルビーイング経営のススメ

●変わる難しさを乗り越える(1) 情動の 「負の連鎖」 (126p)


■GXで広がる機会とリスク

●予想を覆した洋上風力第2ラウンド 早期の運転開始が勝敗分ける(128p)


■学び直し講座 「コーポレートガバナンス」

●取締役会で議論すべきこと(3) ストーリーの提示は経営者の仕事(130p)


■学び直し講座 企業価値向上に活かす 「PBR」

●PBRを分解する 実績と期待が価値になる(132p)


■JETRO発ワールドESGリポート

●企業に人権 ・ 環境デューデリを義務付け 基準満たせば日本など域外企業も対象に ほか(134p)


■今月のESG政策

●多排出産業に10年間で1.3兆円支援 脱炭素製品の生産 ・ 販売で税控除も ほか(136p)

日経ESGの目次配信サービス

日経ESG最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経ESGのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.40
  • 全てのレビュー: 10件
情報が豊富でためになる
★★★★★2023年04月01日 ESG研究者 その他
大学でESG投資をテーマに研究している教員です。今年1月から定期購読し始めました。記事として取り上げられている情報が豊富でわかりやすく、研究活動を進める上では大変ためになっています。もっと早くから定期購読しておけばよかったです。
いまや、ESG情報はビジネスのメインストリーム
★★★★☆2022年12月20日 masajee 会社員
本誌の前身「日経エコロジー」誌時代は、専ら企業の環境部門のスタッフが購読して環境マネジメントの参考にする専門誌であったが、企業の中でESGの無形資産の価値が有形資産のそれを大きく上回り、企業の長期的成長を支えるファクターとなった現在では、時代の先行指標としてのESGの動向を理解するための有効な情報源だと思います。
サステナビリティ経営を支える質の高い情報誌
★★★★☆2022年08月07日 ひとり 社長
国内外のESG、サステナビリティに関する最新情報を知るうえで極めて有益な情報源となっている。個別企業の取り組みについての情報も充実しているが、今後はもっと投資家の視点からの情報を充実させると、さらに読みごたえのあるものになる。
環境情報の収集に!
★★★★★2015年06月28日 なぎまま 会社員
環境担当なので環境情報の収集のために購読しています。時事的な特集、リスクの高い産業廃棄物対応の連載、セミナー情報など、情報収集源として非常に役立っています。特集については、他者事例等の具体的な内容もあり、参考になります。定期購読のみとなっていますが、定期的に読むことが重要だな、と思わせる内容です。
業務改善のネタ
★★★★☆2009年07月04日 Alex 会社員
現代に必要な「環境」を幅広く、最新情報を学べます。また、社内の「業務改善」のネタにもなります!
勉強になります
★★★★☆2008年01月26日 もり 会社員
今一番ほっとな環境問題。特に温暖化関連記事はとても勉強になります。
これからの時代に必要!
★★★★★2008年01月26日 もりもり 会社員
地球温暖化、公害等、生物としての人間にとっていちばん大事なことが、環境問題です。非常にわかりやすく、興味を持って読める雑誌です。
取材を受けましたが
★★★★☆2008年01月03日 大学(理工系)教員 教職員
職業柄、新聞雑誌の取材を受けますが、日経エコロジーの記事はよく調べられており、内容の正確さもまずまずだと思います(学生に安心して勧められます)。一方で、日経新聞、日経産業新聞の理工系の記事は間違いが多く、専門外の経済の記事まで疑わしく思えてきますね。
読みやすい
★★★★★2007年02月17日 GTA 会社員
環境に関する話題の内容を、読みやすく、理解しやすく記事にまとめてありお薦めです。
最前線を学ぶ!
★★★★☆2005年01月11日 エコ男君 大学生
僕は環境系の大学で学んでいます。でも、最前線の“今”は大学では学べません。大学が教えてくれるのは環境の基礎知識や調査法のみ。そんなものに飽き飽きしていたときにこの雑誌に出会いました。地球規模の環境問題のような社会情勢からトップ企業の取り組み、さらには環境法やISO情報までこれ1冊で情報収集はばっちりです。内容も充実していて毎月じっくり楽しく読んでいます。

日経ESGの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.