陶工房 発売日・バックナンバー

全69件中 31 〜 45 件を表示
1,980円
陶芸愛好家のための季刊ムック。2月、5月、8月、11月の20日ごろ発売。
デパートやギャラリーなどで個展を開かれている実力のある作家の作品と、代表的な器の制作過程を多数のカラー写真で紹介。ていねいな解説で、失敗しない器づくりのポイントが分かります。また、作品を多数掲載していますので、ご自身で制作されるときのヒントになることでしょう。


今号の特集は「新造形の備前焼」と題して,実力派陶芸作家の伊勢崎晃一郎氏,伊勢崎創氏,藤原和氏,大桐 大氏の4名を紹介します。
連載5回目の「日本の粘土を知る」は、釉薬と粘土を組み合わせた(800種)、その焼成結果を順次掲載します。自分の気に入った組合せがきっと見つかるでしょう。
新連載の「自作の器と手料理」は、料理と器の関係を改めて見直す企画。陶芸家とその手料理のコラボレーションを予定しています。
その他、好評連載「若き匠の仕事術」、「朝鮮陶磁器づくりを愉しむ」、「クリエイティブ陶芸技法」、「自分流釉薬づくり」、「季節の陶器」、「新・釉薬&焼成研究」などを紹介します。
1,980円
陶芸愛好家のための季刊ムック。2月、5月、8月、11月の20日ごろ発売。 デパートやギャラリーなどで個展を開かれている実力のある作家の作品と、代表的な器の制作過程を多数のカラー写真で紹介。ていねいな解説で、失敗しない器づくりのポイントが分かります。また、作品を多数掲載していますので、ご自身で制作されるときのヒントになることでしょう。
 今号の特集は「多彩な丹波焼」と題して,丹波立杭の信水窯,信凛窯,丹文窯の実力派陶芸作家を4人を紹介します。
 連載4回目の「日本の粘土を知る」は、釉薬と粘土を組み合わせた(800種)、その焼成結果を順次掲載します。自分の気に入った組合せがきっと見つかるでしょう。
 もう一つの連載4回目の「器をオーダーする」は、食の専門家であるフードスタイリストが季節ごとにテーマ(料理)を決め、そのテーマに使いたい器(パーティープレート)を陶芸家にオーダーするという企画。陶芸家は個性を加味してオリジナルの作品を制作するというコラボ。器と料理の相乗効果によってそれぞれが活きる様子を伝えます。
 「つかってみたい ためしてみたい」では日本電産シンポの循環式真空混練機の使いこなしを,前号に引き続き紹介します.
 その他、好評連載「若き匠の仕事術」、「中国磁器づくりを愉しむ」、「クリエイティブ陶芸技法」、「自分流釉薬づくり」、「季節の陶器」、「新・釉薬&焼成研究」などを紹介します。 
1,980円
1,980円
陶芸愛好家のための季刊ムック。2月、5月、8月、11月の20日ごろ発売。 デパートやギャラリーなどで個展を開かれている実力のある作家の作品と、代表的な器の制作過程を多数のカラー写真で紹介。ていねいな解説で、失敗しない器づくりのポイントが分かります。また、作品を多数掲載していますので、ご自身で制作されるときのヒントになることでしょう。
今号の特集は「新しき益子焼」です。被災地応援特集として、前号に続き、近年発展している益子焼で実力の若手陶芸家を4人を紹介。
新連載2回目の「日本の粘土を知る」は、釉薬と粘土を組み合わせた(800種)、その焼成結果を順次掲載します。自分の気に入った組合せがきっと見つかるでしょう。
もう一つの新連載2回目の「器をオーダーする」は、食の専門家であるフードスタイリストが季節ごとにテーマ(料理)を決め、そのテーマに使いたい器(おでん鍋)を陶芸家にオーダーするという企画。陶芸家は個性を加味してオリジナルの作品を制作するというコラボ。器と料理の相乗効果によってそれぞれが活きる様子を伝えます。
その他、好評連載「若き匠の仕事術」、「中国磁器づくりを愉しむ」、「クリエイティブ陶芸技法」、「自分流釉薬づくり」、「季節の陶器」、「新・釉薬&焼成研究」などを紹介します。
1,980円
今号の特集は「新しき益子焼・笠間焼」です。被災地応援特集として、前号に続き、近年発展している益子焼・笠間焼で実力の注目陶芸家の4人を紹介。新連載として、「釉薬が活きる粘土を探せ!」をスタートします。釉薬と粘土を組合せた(800種)、その焼成結果を順次掲載します。自分の気に入った組合せがきっと見つかるでしょう。もう一つの新連載のタイトルは「器をオーダーする」です。食の専門家であるフードスタイリストが季節ごとにテーマ(料理)を決め、そのテーマに使いたい器を陶芸家にオーダーするという企画。陶芸家は個性を加味してオリジナルの作品を制作するというコラボ。器と料理の相乗効果によってそれぞれが活きる様子を伝えます。
1,980円
特集は「新しき笠間焼」:近年発展している笠間焼で実力の注目陶芸家の寺本守氏、菊地弘氏、額賀章夫氏、福野道隆氏を4人を紹介。その他、好評連載「若き匠の仕事術」は鈴木陽子さんの色絵花鳥文マグカップ、人気の日常陶器は丘みつ子さんの動物飾り付陶器、季節の陶器、中国陶器づくりを愉しむ(唐三彩瓶)、陶芸の処方箋(電気炉のマイコン焼成装置を知る)、クリエイティブ陶芸技法(緋襷)、新・釉薬&焼成研究などを紹介。クロー ズアップ展覧会も充実して掲載!


2,200円
●本誌は創刊15年迎え、本号で60号になります。特集は「公募展・平成のヒーロー」:毎年、各地で開かれている多くの公募展で、最高賞を受賞されている実力の注目陶芸家を6人の紹介。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。陶芸用電気窯や材料、また、自分の陶芸記録に役立つ、小冊子「陶芸手帳」が付録です。


1,980円
●1996年創刊。焼き物をつくってみたい人、さらに腕を上げたい人のための陶芸雑誌。茶器、花器などの伝統的なものから日常の使用の食器や酒器など、毎号さまざまな作品とつくり方を掲載。初心者でも挑戦できる成形(手びねり、ろくろ)を中心に、粘土や釉薬、焼成の手順とポイントを豊富なカラー写真で追い、詳しく解説。
  
特集は、「東京の陶芸家」。東京近郊で活躍する陶芸家、島田文雄、神谷紀雄、伊藤北斗、望月 集各氏の作陶を紹介します。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。


1,980円
●特集は「湘南ルネッサンス」。神奈川県の湘南エリアで活動している陶芸家を紹介します。新企画として料理と器の「盛付けのヒント」。その他、好評連載「若き匠の仕事術」、陶芸の処方箋、季節の陶器など。
1,980円
●特集「沖縄の名窯・新時代スタイル」。独特の文化歴史をもつ沖縄の陶芸家を紹介します。その他、好評連載「若き匠の仕事術(カップ・ソーサー)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
1,980円
特集は「山陰の名陶・最前線」。民芸陶器の出西焼や茶陶の布志名焼、因久山焼の陶芸家を紹介します。そのほか、好評連載「若い匠の仕事場(お雛様)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
1,980円
特集は「瀬戸焼最前線」。六古窯の一つの瀬戸焼の陶芸家を紹介します。そのほか、好評連載中の「若き匠の仕事術(釉彩飯椀)」、陶芸の処方箋、人気の生活陶器、季節の陶器など。
1,980円
特集は、「九州の名工」。猪苗川焼、龍門司焼、小鹿田焼の名工の作陶の様子と作品をそれぞれ紹介。そのほか、好評連載「若き匠の仕事術(具象色絵)」、陶芸の処方箋など。
1,980円
特集は「砥部焼・新スタイル」。愛媛県の砥部にある老舗窯元の製作の様子、若手作家の作陶、作品を紹介します。
1,980円
特集は「萬古焼・新スタイル」伝統、実力、若手陶芸家三人(清水酔月氏、稲垣竜一氏、山本安志氏)を紹介。その他「若き匠の仕事術」(ワインクーラー、尺八掛花入)など。

陶工房の内容

焼き物をつくってみたい人、さらに腕を上げたい人のための陶芸雑誌
1996年創刊。茶器、花器などの伝統的なものから、日常で使用できる食器や酒器まで、毎号さまざまな陶芸作品とその作り方を掲載。初心者でも挑戦できるように、成形(手びねり・轆轤)を中心に粘土、うわぐすりの紹介をまじえながら、焼成までのポイントと手順を、写真で追い詳しく解説。毎号の巻頭特集では、第一線で活躍している陶芸家の優れた技法や作品を紹介し、また、手びねりや轆轤成形の技法やうわぐすりの選び方かけ方、窒の焼成技術など中級者向けの連載記事も充実している。

陶工房の目次配信サービス

陶工房最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

陶工房の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

陶工房の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.