アナログ(analog) 発売日・バックナンバー

全67件中 46 〜 60 件を表示
1,781円
●analog Grand Prix 2010発表!!「受賞全32モデル紹介」

季刊analogは今号で26号となります。

ここまで刊行を続けられたのは、アナログオーディオファンの皆様に支えられているからに他なりません。

本誌が大切にしているキーワードが“アナログ感覚”です。この言葉にはいくつかの意味が込められていますが、そのひとつに「モノの価値をきちんと判断できるということ」を挙げることが出来ます。

時代はいまデジタル技術の発達が著しく、利便性ばかりが追い求められている節があります。

しかし私たちは、オーディオをはじめとする“モノ”には、さまざまな要因が重なることにより初めて真の価値が見出されると考え、これらをきちんと理解した上で読者の皆様にお届けするというポリシーのもと、刊行し続けてきました。

昨年に引き続き、このアナロググランプリを開催する理由は、最高のオーディオ機器を選定することで、より多くの読者の皆様に本物をお薦めしたいという考えに基づくものです。

オーディオとは本来、夢のある趣味であり、私たちの使命はオーディオをひとつの文化として後世へ引き継いでいくことにあります。

ここに最高の製品を選び出すということで、より多くの人が品位の高いオーディオという趣味の世界に足を踏み入れていただくきっかけとなればと願っております。


●新世代管球アンプ試聴「注目の2モデルを聴く」

今回は少数精鋭の2モデル。

注目のドイツブランド製プリメインアンプと、老舗イギリスの大型プリアンプの試聴レポートをお届けします。

・OCTAVE「V40SE」
価格以上の再生音を聴かせてくれるドイツブランドのリーズナブルモデル

・MUSICAL FIDELITY「Primo」
ハイセンスな製品をラインアップする英国ブランドの大型プリアンプ


●厳選!至福の銘品!音の五つ星物語

アナログ関連機器を中心とした比較的最近のモデルから、ロングセラーが期待できるもの、陳腐化せず一緒に息長く過ごすことのできるモデル、そしてマイルストーン的な製品、あるいは魅力的なストーリーのあるモデルを厳選してご紹介します。

アナログと音楽とが醸し出す、味わいのある大切な時間を楽しむのに最適な仲間たち。

今季は6モデル、「音の五つ星」それぞれに秘められた深い物語をお届けします。

・ORACLE「DELPHI MkⅡ」~微振動対策を施し大幅なバージョンアップ。より洗練度を高めたロングセラーモデル

・AUDIO-TECHNICA「AT-OC9/Ⅲ」~使いこなしに鋭敏に反応する人気カートリッジのリファインモデル

・ORTOFON「MC-A90」~振動対策のため不要部材を全て排除。老舗ブランドが採用した革新的構造

・MY SONIC「Eminent GL」~最新技術を投入しさらなる低インピーダンス化とハウジングの剛体化に挑む

・Kiso Acoustic「HB-1」~聴き手の感性と演奏家の意図を繋いでくれるスピーカー

・TAD「TAD-M600」~スピーカーを性格にドライブするためのノウハウを満載した大型パワーアンプ


●日本の匠たちがつくりあげるかつてない「最上の工芸品」!そのこだわりの製造現場をレポート!!

TADブランドから、ファン待望のモノラルパワーアンプTAD-M600が登場し、大きな話題になっています。

ペアで500万円を超え、質量も1台90kgにも及ぶ、日本ブランドとしてはかつてないハイエンドモデルです。

大きく注目される“日本のものづくり”のポイント、振動が音に与える影響を最小限に抑えるために採用された南部鉄器の伝統的な製造技術を応用した、35kgにもおよぶねずみ鋳鉄のモノコックベース部。

今回は、岩手県水沢にあるねずみ鋳鉄ベースを製造する工房を訪ねレポートします。


●アナログを楽しめるお店紹介


●アナログ名門ブランド研究「TECHNICAL BRAIN」


●第22回・究極の機能美とマニュアル感覚「いまこそクラシックカメラを楽しもう」


●特別付録小冊子!!アナログ機器データファイル


●特別付録小冊子!!High-End CAR AUDIO vol.5


●自作工房・クラフト入門「ラックスキットA522復活記<後編>」


●話題のニューディスクレビュー


●ESOTERIC/新世代の画期的なコンパクトシステム<Zhシリーズ>登場

ハイエンドオーディオブランド、「エソテリック」から、薄型でスタイリッシュなデザインを持ち、高級感溢れるコンパクトなSACD/CDプレーヤーSZ-1sとプリメインアンプAZ-1sが11月に発売され、すでに大きな注目を集めています。

さらに、同ブランド初となるプレーヤーとアンプを一体化したRZ-1がこの12月に登場!!

お手頃な価格にもかかわらず、一切妥協しないポリシーから誕生したZシリーズ3モデルのクオリティを、ここでは一体型モデルRZ-1を中心として検証します。


その他情報満載!!
●悦楽人・特別インタビュー
坂本龍一さん「アナログと音楽メディアを語る」


世界的なミュージシャンであり作曲家でもある坂本龍一さんは、今年5ねんぶりとなるソロアルバム「out of noise」を発売。

楽曲の魅力と、発売直後に行われたツアーにより大きな話題を呼び、さらには、そにリリース形式に注目が集まった。

CDとしてはアルバム解説や参加アーティスト紹介、多数の写真を掲載した豪華ブックレット付の「フルアートワーク盤」、アートワークを排除することで低価格を実現し、純粋に「音源」のみを楽しんでもらう目的の「パッケージレス盤」を発売。

また、全曲を収めた2枚組みアナログレコード(180gの重量盤)とcommonsnsmart独占の高音質配信2形態(オリジナルマスター音源である48kHz24bitAIFF形式とMP3としては高音質な320kbps MP3形式)も発売したのである。

このアナログを含めた、さまざまな形態での販売を行った意図とアナログレコードへの想いを中心に語っていただきました。



●季刊化5周年記念企画!!いまさら訊けない「アナログの基礎講座」


アナログプレーヤーには、方式と形状、材質によりさまざまな利害得失がある。

しかも、そのほぼすべてにおいて「どちらが正しい」ということのできない項目だ、といっても過言ではありません。

ここからは、その膨大な項目において、思いつくままに解説していきます。

・プレーヤー基礎編

・セッティング編

・アクセサリー編


●世界のアナログプレーヤーブランド2「ハイセンスに秘められた機能美」


ミュージシャン達が魂を込めた演奏。様々な想いが込められた録音を、30cmの円盤を用いて蘇らせるのがアナログプレーヤーの使命です。

エンジニア達が追求したポイントはただひとつ、「どこまでピュアな信号をレコードからトレースできるか」・・・・・

現在のアナログプレーヤーは、驚くべき進化を遂げているのです。


今号掲載のブランド

・ENGLAND「CREEK」

・CANADA「ORACLE」

・AUSTRIA「PRO-JECT」


●日本のカートリッジブランド 最新事情


CDが登場してからおよそ30年が経ったいまとなっても、アナログカートリッジの進化はとどまるところを知りません。

なかでも、日本のカートリッジブランドは世界的に見ても高い評価を獲得し、国内外の愛好家達に羨望の眼差しを注がれるなど、その注目度は極めて高いのです。

今回は、特に注目したい6ブランドをピックアップし、現時点での各社が考える最高のサウンドに迫りたいと思います。

・NAGAOKA

・AUDIO-TECHNICA

・PHASE TECH

・ZYX

・MY SONIC

・DYNAVECTOR


●現代の銘車を探せ!!「高級SUVがいま楽しいワケ!」


高級SUVといえば、ボディもエンジンも大きく、価格もかなり高めだったが、ここにきて日本でも扱いやすいサイズと価格帯がうれしい輸入SUVが目立ってきています。

各社差別化を図るさまざまな魅力に溢れ、新しい高級車のスタイルとして認知され始めています。


●世界標準のウイスキー「響12年誕生!!」
その完成までの道のりと、極められた味を知る


ウイスキーといえば、最近は「山崎」「白州」といったシングルモルトウイスキーに注目が集まっているが、世界で飲まれているウイスキーの大半は、いわゆるモルトとグレーンウイスキーでつくられる「ブレンデッドウイスキー」です。

そして本誌の刊行日と全く同じ日、9月15日に、世界的にも評価を受けている日本の最高峰ブレンデッド「響」ブランドの新しいラインナップとなる「響12年」が日本で発売となりました。

この時期に、あえて世界のスタンダード12年ものに挑んだのは、輿水精一さんの、ブレンダーとしての長年の<夢>がありました。

今回はその「響12年」への想いと完成までの道のりを知るべく、スペシャルゲストである実力は女性ボーカリスト“noonさん”と共に、サントリー山崎蒸留所を訪ねることにしました。


●ヘッドシェル道楽

●アナログを楽しめるお店

●ピットインインタビュー/松木恒秀さん<全編>

●いまこそクラシックカメラを楽しもう

●話題のニューディスクレビュー


その他情報満載!!

1,676円
●厳選!至福の銘品・音の五つ星物語「アナログと音楽を満喫したい人に捧げる魅力あるモデルたち」


アナログ関連機器を中心とした比較的最近のモデルから、ロングセラーが期待出来るもの、陳腐化せず一緒に息長く過ごす事の出来るモデル、そしてマイルストーン的な製品、あるいは魅力的なストーリーのあるモデルを厳選してご紹介します。

アナログと音楽とが醸し出す、味わいのある大切な時間を楽しむのに最適な仲間たち。

今季は11モデル、「音の五つ星」それぞれに秘められた深い物語をお届けします。


・LINN「LP12+RADIKAL,URIKA」

・EAT「FORTE」

・HANSS ACOUSTICS「T-60」

・AIR TIGHT「ATE-2005」

・ACCUPHASE「A-65」

・TRI「TRV-845SE」

・McIntosh「C500C+C500P」

・KRIPTON「KX-1000P」

・MONITOR AUDIO「PL200」




●特別企画!コブクロ 黒田俊介さんのカートリッジ選び「最新ハイエンドMCカートリッジ+!」徹底試聴


●世界のアナログプレーヤーブランド①「サウンドプロダクトの美学」


30cmの円盤にこめられたアーティストの演奏、当時の空気、想い・・・・

刻み込まれた信号をトレースするために、安定した回転を供給するのがアナログプレーヤーの役目です。

「いかにして純粋な信号をカートリッジへ伝える事ができるか」のテーマのためにさまざまなエンジニアによって、研究・開発がなされてきました。

今回は、世界中のアナログプレーヤーの過去、現在を見つめなおし、最新のアナログ再生を追求したい。


・ACOUSTIC SOLID

・MICHELL ENGINEERING

・NOTTINGHAM

・VPI INDUSTRIES


●最新!フォノイコライザー試聴レポート!!「アナログ再生をさらに魅力的に楽しむアイテム。フォノイコライザーアンプの徹底試聴レポート」


アナログレコード再生には、フォノイコライザーが必要となります。
その多くは従来、アンプなどに内蔵されたもので楽しまれてきました。

でも、アナログレコード再生を、趣味としてより一層魅力的な音で楽しむためには、単体モデルのフォノイコライザーを用いる事がお薦めです。

電源供給や回路の干渉、ノイズ対策などさまざまな点で、単体モデルは有利な要素を備えています。

さらに、独立した製品として音質に込められたこだわりや、最新技術の投入の点でも大きな魅力を有しています。

デジタル全盛のいまだからこそ、アナログレコードを聴く価値を高めてくれる、趣味のものとして進化した単体イコライザー達。

今回は、最新試聴レポートの第3回をお届けします。


●ピットインインタビュー/坂田明さん〈後編〉


●管球アンプ研究「注目の3モデルを聴く」


続々と新製品が登場する管球アンプ。

これは、管球アンプが特別のものではなく、オーディオに興味のある人にとっては、当たり前の存在であることの証左である、と言う事ができるでしょう。

今回は注目の3モデルを詳細に試聴したいと思います。

・CAV「T-88」

・YAMAMOTO SOUND「A-06-3」

・MUSICA「pow1000mono」


●全国のアナログショップを紹介


●アナログ感覚グッズ大プレゼント


●アナログを楽しめるお店


●特別付録小冊子「High-End CAR AUDIO夏」


●特別定価1,600円(税込)

その他情報満載!!
1,572円
●銘機を鳴らす⑨
ACCUPHASE「C-2810+M-6000」

「大量生産品ではない、本当の高級オーディオを」・・・そんな高い志の下に創られた高級ブランド、アキュフェーズ。

アキュフェーズの銘機は、と問われるとふと考えてしまう。

同社は突出した華としての製品を擁するより、「すべてを銘機に」という道を目指してきたからです。

はたしてアキュフェーズの製品は銘機という表現が妥当か?

同社のトップエンド・アンプと話題のスピーカーとを組み合わせ、思う存分CDもLPも鳴らしてみることでアキュフェーズの奥深さに迫ってみたいと思います。


●アクセサリーで楽しむ高品位レコード再生術!
「厳選の50アイテム集合」

レコード再生をさらに高品位な音にするためにぜひとも使いたい、お薦めの周辺アイテムが大集結!!

本特集ではすぐに役立つ、アクセサリーの使いこなし&クオリティアップをお届けします。

アナログレコード再生における最も重要な要素である「環境整備」と「グレードアップ」。

この2つの要素を手軽に実現できるアクセサリーが、アナログ復活の気運の中で、再び盛り上がりを見せています。

オーディオ評論家や本誌が推薦する珠玉のアイテムたちをぜひとも製品選びの参考にしてください。


・針圧計
・ヘッドシェル
・シェルリードワイヤー
・インシュレーター&オーディオボード
・フォノケーブル
・ストロボスコープ
・レコードクリーナー
・レコード袋
・レコードクリーニングマシーン
・ターンテーブルシート


●レコードライフを充実させたい方へ
「最新フォノイコライザー試聴レポート②」

アナログレコードに刻まれた音の情報を、より一層綿密に引き出すことを可能とし、魅力度を高めてくれるのが、単体のフォノイコライザーです。

アンプ内蔵のものに比べて、電源や筐体などを独占できるほか、さまざまな制約を超えたこだわりの構成を採り入れることができ、ひと味もふた味も深みの違う世界を展開してくれます。

古くから変わらないようでいて、実は大きく進化しているのも、単体イコライザーならではといえます。

今回は、それぞれの魅力を探る最新試聴レポートの第2回をお届けします。


●ピットインインタビュー/坂田明さん〈前編〉」

音楽が好きな方、特にジャズファンにとって、老舗の名門ライブハウス「新宿ピットイン」の名前を知らない人はいないでしょう。

まさに、音楽とミュージシャン、そして時代時代における文化の発信基地という役割を果たし、たくさんの人に影響を与えてきた「ピットイン」は、43年を迎えて、さらに果敢に音楽の感動を伝え続けていっています。

ここでは、「ピットイン」を開業し、長きに渡って、ジャズを中心とした音楽を常にバックアップしてきた佐藤良武さんに、その長い歴史と、ミュージシャンを中心とした多くの運命的な出会いを語って頂きます。

今回は、山下洋輔トリオとして「新宿ピットイン」に数多く出演し、その後も様々な形態でピットインのステージで活躍。
ピットインの輝かしい歴史を彩ったミュージシャン、坂田明さんに登場していただき、佐藤良武さんとの対談形式で、ピットインとの関わりや出演時の思い出を語ってもらいます。


●悦楽人!特別インタビュー!!財津一郎さん「僕はアナログ人間」


●リードワイヤー道楽

●サントリーシングルモルト山崎の25周年記念ボトル2種が登場

●いまこそクラシックカメラを楽しもう

●日本が誇るスポーツカーのDNA

●全国のアナログショップを紹介

●話題のニューディスクレビュー

●アナログ関連機器 新製品試聴レビュー

●自作工房クラフト入門


その他情報満載!!
1,781円
●付録小冊子付き特別定価1,700円

●analog Grand Prix 2009「アナロググランプリ2009」


季刊「analog」がこだわり続けていることのなかに「アナログ感覚」というキーワードがあります。

この「アナログ感覚」という言葉にはいくつかの意味が込められていますが、そのひとつに「モノの価値をきちんと判断できるということ」を挙げることが出来ます。

時代はいまデジタル技術の発達が著しく、利便性ばかりが追い求められている節があります。

しかし私たちは、「オーディオをはじめとするモノには、さまざまな要因が重なることにより初めて真の価値が見出される」と考え、これらをきちんと理解したうえで読者の皆様にお届けするというポリシーのもと、小誌を刊行し続けてきました。

今回、アナロググランプリを開催するに至った理由としては、音楽を聴くための最高のオーディオ機器を選定することで、より多くの読者の皆様に「本物」をお薦めしたいという考えに基づくものです。

オーディオとは本来、夢のある趣味であり、私たちの使命はオーディオをひとつの文化として後世へ引き継いでいくことにあります。

ここに最高の趣味を選び出すということで、より多くの皆様が品位の高いオーディオという趣味の世界へと足を踏み入れていただくきっかけとなれればと願っております。


●最新フォノイコライザー試聴レポート①


フォノイコライザーは「アンプに内蔵されているもの」という概念を持つ人が、一般的には多いことでしょう。

しかし、アナログレコード再生を、より魅力的な音で楽しむためには、単体のフォノイコライザーを抜きには語れません。

内蔵のものとでは、例え普及クラスであっても音の出方が違います。
独立した製品であるがゆえに、内蔵イコライザーにはない、特徴とこだわりが込められているのです。

アナログレコード再生ならではの魅力を味わうための、単体フォノイコライザー最新試聴レポートをお届けします。

・FIRESTONE AUDIO「Korora」

・PRO-JECT「Phono Box SEⅡ」

・PHASE TECH「EA-5」

・LUXMAN「E-200」

・CLEARAUDIO「Symphono Plus」

・THORENS「TEP-302」

・HANIWA「HEQA01」

・TECHNICAL BRAIN「TEQ-Zero」


●音質クオリティーアップ・アクセサリー「ターンテーブルシート道楽」


前号のスタビライザー試聴記「スタビ道楽」の好評を受け、「道楽シリーズ第二弾」として当然の流れでターンテーブルシート試聴をお届けします。

様々な素材の中から、選んだターンテーブルシートを試聴してレポートします。


●銘機を鳴らす⑧FOSTEX「G2000」


世界中のオーディオメーカーにユニットを供給してきたフォスター電機のフォステクスが本格的な民生用スピーカーシステムの開発にも取組み、絶賛を浴びています。

2008年に登場したフラッグシップモデルG2000はオーディオ銘機賞2009金賞も受賞。

スピーカーというものを知り尽くした作り手によるこのスピーカーシステムの魅力に、今回はアナログレコードの再生から光を当ててみたいと思います。


●サントリー山崎蒸留所で対談!澤野由明さん×輿水精一さん「異なったジャンルの匠の世界を旧知の2人が語る」


本誌に何度か登場していただいているサントリーのチーフブレンダー、輿水精一さんは、読者にはお馴染みのお方。

そしてジャズレーベル「澤野工房」を主宰する澤野由明さんは、クオリティの高い音楽を求めるオーディオファイルには欠かせない存在といえるでしょう。

実は、この2人は大学の同じ学科の同級生。

今回は、このanalog誌に縁のある旧知の2人に登場していただき、分野の違う、ものづくりに関わる考え方や姿勢などを、対談形式でお聞きする事にします。


●特別付録 保存版「アナログ機器データファイル2009」
1,572円
●レコードライフを充実させたい方へ!!「最新アナログプレーヤー試聴レポート②」

アナログレコード再生を楽しむための、最新のプレーヤーを試聴レポートする特集の第2弾をお届けします。

デジタル全盛のいま、アナログ盤ならではのゆったりと音楽に浸るための、魅惑の時間を演出する魅力のモデルたち。

今回取り上げるモデルは、価格的には比較的手頃な部類に属するモデルも含まれますが、いずれもレコードの魅力を十分に楽しませてくれる実力を備えています。

また特別編として、いま注目されているUSB端子つきのプレーヤーもレポートします。


●レコード再生をさらに楽しむ!!「音質クオリティアップ・アクセサリー大集合」

アナログレコードファンの復活とともに、関連した音質向上のためのアナログ関連のアクセサリーもさらに充実してきています。

今特集では、日頃からレコード再生をこよなく愛する本誌執筆陣を迎え、最新アイテムからお薦めのベストセラー製品までを一挙に紹介いたします。

再生時の基本ともいえるレコードクリーニングのノウハウも満載!!
是非とも製品選びの参考にしていただきたい!!!

1)いま注目のハイテクアクセサリー
・ドライカーボンを採用した注目製品
・純マグネシウムを用いた注目製品
・最高素材群を投入したシェルリード
・空気バネ防振台
・制振チップによる音質改善

2)スタビライザー道楽
・オーディオテクニカ「AT618」
・バツシタハイファイ「STB-930」
・東京防音「THT-8040」
・ABA「MAS-Reference」
・オーブ「HP-SS」

3)最新のクリーニングマシンを試す

4)人気のオーディオラック検証「アンダンテ ラルゴのリジッドケーブルを試す」


●世界のスピーカーブランド「大口径の魅惑④」

大口径スピーカーの魅力を余すところなくお伝えしようと始まった当企画も、今号で3回目を迎えます。

これまでは老舗ブランドが多かったが、今回は最新技術を駆使した2モデルを取り上げ、現在に息づいた大口径サウンドをお伝えしたいと思います。

大口径で聴く醍醐味とは?

小口径スピーカーが主流となっている現在のオーディオ界。

しかし、大口径スピーカーでなければ味わうことのできない再生音で、これまで多くの人
を虜にしてきたのは事実。

そんな「大口径派」のひとりである田中伊佐資氏に、その魅力を大いに語っていただきま
した。


●タイプ別管球アンプ研究「新世代モデル編②」

真空管は古風なもの、というイメージは依然としてあります。

しかし、オーディオ用のデバイスとしての優れた特性、ほかでは代えることのできない再現性は、真空管アンプ人気を支える大きな理由。

前号に引き続き、最新モデルを中心に新しい真空管の世界をご案内します。


●銘機を鳴らす⑦MONITOR AUDIO「PL300」

ハイエンドオーディオの世界に入っていくには、リスニング環境を十全に整えスピーカーもアンプも超弩級モデルを用意しなければならないのが当然でした。

ところが、プラチナムPL300はそうしたものとは一線を画した新しいハイエンドスピーカーシステムです。

しかしながらこの説得力、この輝くばかりの存在感、この感動の大きさはなんでしょうか?

従来のハイエンドのあり方に問題提起をしているともいえるPL300の世界を探ってみましょう!!


●ピットイン インタビュー/渡辺香津美さん
渡辺香津美さんが語る「新宿ピットイン」と「六本木ピットイン」<前編>

音楽が好きな方、特にジャズファンにとって、老舗の名門ライブハウス「新宿ピットイン」の名前を知らない人はいないでしょう。

まさに、音楽とミュージシャン、そして時代時代における文化の発信基地という役割を果たし、沢山の人に影響を与えてきた「ピットイン」は、一昨年開店40周年を迎えて、さらに果敢に音楽之感動を伝え続けていっています。

ここでは、「ピットイン」を開業し、長きに渡って、ジャズを中心とした音楽を常にバックアップしてきた佐藤良武さんに、その長い歴史と、ミュージシャンを中心とした多くの運命的な出会いを語って頂きます。

今回は特別ゲストとして、高校生の頃から「新宿ピットイン」に出演し、「六本木ピットイン」でも大活躍をした日本を代表するギタリスト、渡辺香津美さんに登場した頂き、佐藤良武さんとの対談形式で、ピットインとの関わりと出演時の想い出を語っていただきましょう。


●全国のアナログショップを紹介

●いまこそクラシックカメラを楽しもう


●話題のニューディスクレビュー


その他情報満載!!!
1,572円
●厳選!至福の銘品「音の五つ星物語」~アナログと音楽を満喫したい人のための魅力あるモデルたち~


ここでご紹介するのは、アナログ関連機器を中心とした比較的新しいモデルの中から、息が長く陳腐化しない、ロングセラーが期待できるもの、あるいは魅力的なストーリーがあるもの、さらにはマイルストーン的な製品という条件で、厳選したモデルです。

長く使えて、楽しい音楽との時間を一緒に過ごす仲間として最適な、「音の五つ星」。

今回は8機種を取り上げ、それぞれの深い物語をお届けします。


・LINN~MAJIK LP12


・THORENS~TD-550BC


・Pro-Ject~RPM9.1


・NAGRA~VPS/PL-L


・Helius Design~Aurora


・My sonic Lab~Ultra Eminent BC


・HANIWA~HAMP05/HAMP30


・YAMAHA~A-S1000



●ハイエンドスピーカー銘機を鳴らす~音楽本来の表情がみえる~


ソニーに贅を尽くしたトプエンドスピーカーがあることをご存知でしょうか。

いまや映像系や家電系が盛んなソニーも始まりはトランジスタラジオでした。

CDもスーパーオーディオCDも最初に手がけたのもソニー、いまもピュアオーディオ部門はソニーの精神の象徴です。

その頂点に立つSS-AR1の世界に踏み込んでみましょう。

そこにあるのは音楽に本来備わる心地よさが伝わってくる、大いなる歓びの世界でした。


●20号特別企画!!「歴代表紙を一挙掲載」

本誌は今号で第20号を迎えました。

これも、アナログファンの皆様のご支援のおかげです。
ありがとうございます。

20号記念企画の第一弾は、毎号「美しい」と好評の本誌表紙を一挙掲載。

通常とは違う視線からのアナログプレーヤーやカートリッジの姿を、存分に楽しんでください。


●20号記念インタビュー

ウラディミール・アシュケナージ
「アナログレコードの魅力を語る」


●本誌執筆者が語る「忘れられないアナログの銘機と名盤」

20号を記念して、本誌でお馴染みの執筆陣が大集合。

各筆者が思い出とともに歩んできた懐かしの銘機や、いまも愛用、愛聴し続けているアナログ製品や名盤について、その想いを語って頂きました。

是非ともお楽しみ下さい。


●最新アナログプレーヤー試聴レポート

レコード再生の楽しみの核をなす、アナログプレーヤー。

その外観デザインは、ジャケットの美と共に、アナログならではの深い味わいと魅力を備えています。

その中に込められた、情報ピックアップへのこだわりと趣味性。

デジタル全盛の現代だからこそ、ゆったりと音楽に浸る時間を楽しむツールとして、アナログ再生の儀式を楽しみたいもの。

本企画では、いま、あえてアナログレコードを聴くというこだわりや感覚に合致する、先端の魅力を備えた、最新の再生機群にスポットを当ててみました。


・MARANTZ~TT-15S1


・VPI Industries Inc.~VPI Aries Scout


・Acoustic Solid~Solid Machine


・CLEARAUDIO~AMBIENT with Unify9


●レコードをもっと面白くする「話題の新スピーカーを聴く」

当たり前のことですが、音楽を楽しむためには必ずスピーカーが必要になります。
これはレコードを心ゆくまで楽しめるか否かは、実はスピーカーにかかっていることの裏返しでもあります。

そんななか、レコードをもっと面白くする、最新モデルがメーカー各社から発売されています。
今回は話題モデルを集めてその音を堪能しました。


・ROGERS~LS3/5A


・AIR TIGHT~MSM-1


・a,m,m,~AM-105i


・Victor~SX-M3


・FOSTEX~G2000


●いまこそクラシックカメラを楽しもう


●音の贈り物


●アナログ感覚グッズ 大モニタープレゼント


●モルトウイスキーの故郷を訪ねる


その他情報満載!!
1,572円
●コブクロ 黒田俊介さんのフォノイコライザー選び!!


「注目のフォノイコライザー9モデル一斉試聴」


本誌前号の巻頭を飾った「レコード悦楽人」にご登場頂き、オーディオ好きで、しかもかなり「濃い」アナログマニアであることがひしひしと伝わってきたコブクロの黒田俊介さん。

前号が発売になる直前、秋葉原のオーディオショップを何ともディープに探訪されていた、テレビの番組をご覧になられた人もおられると思います。

その番組でも触れられていましたが、黒田さんは現在フォノイコライザーアンプの選択に悩まれている・・・・。

本誌編集者が、これも何かの縁と黒田さんの要望を踏まえて9台のフォノイコライザーを借り出し、日を改めて大試聴大会を開催いたしました。

との時の模様をお伝えします!!


●最新・MCカートリッジを聴く②

アナログ再生ならではの醍醐味といえる、ピックアップカートリッジ選び。
そのなかでもMC型は、より高度な趣味性を盛り込んだモデルが多く、実にさまざまな魅力と特徴を備えている。

今号では、前号に引き続き、いまも進化するMCカートリッジの徹底試聴レポート、第2回をお届けします。

それぞれの好みに合ったMCカートリッジ選びと、充実したアナログライフの楽しみのために、ぜひともお役立ていただきたい。


・GOLDRING「ELITE」

・PHASE TECH「P-3G」

・47LABORATORY「Model 4723(MC BEE)」

・LYRA「ARGO」

・CLEARAUDIO「SYMPHONY」

・DYNAVECTOR「DV XX-2 MKⅡ」

・ORTOFON「MC Windfeld」



●世界のスピーカーブランド 大口径の誘惑②


誰にでも「いつかは!」という夢があるように、スピーカーエンジニアにも夢があるという。

それは最高の再生音を実現するための大口径ユニットを搭載したシステムを作り上げること!!!

今回も前号に引き続き、大口径システムでしか得られないその魅力を探りたいと思います。

オーディオのひとつのドキュメンタリーとしてお楽しみ頂ければ幸いです。



・開発の背景から読み取れる大口径の魅力とは?

・TANNOY「Glenair」

・G.T.SOUND「SFH-1A8」

・1台約40万円で味わえる大口径の魅力



●銘機を鳴らす⑤ B&W「Signature Diamond」

ノーチラスの登場以来、B&Wというブランドには畏怖さえ抱いていた。

そしてこのシグネチャー・ダイアモンドに出会い、感動を新たにした。

群を抜く表現力の高さ・・・・・

そして組み合わせる機器の個性を巧みに誘導し馴染ませてしまう懐の深さ・・・・

この懐の深さは、受身のものではなく「攻撃的な懐の深さ」といえるのではないでしょうか?


●本誌の執筆陣が語る「レコードの楽しみ」

本誌は6月発売の次号が第20号!!
次号では、「20号記念特別企画」を予定しております。

今号は、その「20号記念」の前夜祭企画として、本誌執筆陣7名に、「レコードの楽しみ」と題する原稿の執筆を依頼しました。

ハードの話あり、レコードの話あり、過去あるいは未来の話ありと、バラエティに富んだ内容となっています。

細かい点ではそれぞれ違う考え方、アプローチがありますが、その底にあるのは「アナログは本当におもしろいなあ!!」という共通した思いです。

各執筆陣のその思いを読者の皆様が感じ取り、共有していただければ、と思います。



●タイプ別管球アンプ研究「ハイエンドアンプ編②」

前号に引き続き、ハイエンド管球アンプの魅力を探ります。

ひと口にハイエンドといってもその意味は多種多様!!

ここでは、あくまでサウンドやクオリティに対して「ハイエンド」と呼ぶにふさわしいブランドやモデルを国内、海外を問わずご紹介することとします。


●注目製品


・PIONEER/S-3EX-T

・JBL/4307

・hifi 4 music/DIGISTROBO

・Andante Largo/Rigid Table」

・Zonotone/Meisterシリーズ

・MONITOR AUDIO/PL300 導入インタビュー

・CHORD/Symphonic

・SFC/SK-EXを使ってカートリッジの静電気を除去


●ピットイン インタビュー 日野皓正さん

音楽が好きな方、特にジャズファンにとって、老舗のライブハウス「新宿ピットイン」の名前を知らない人はいないでしょう。

まさに、音楽とミュージシャン、そして時代時代における文化の発信基地という役割を果たし、たくさんの人に影響を与えてきた「ピットイン」は、一昨年開店40周年を迎えて、さらに果敢に音楽の感動を伝え続けている。

「ピットイン」を開業し、長きに渡って、ジャズを中心とした音楽を常にバックアップしてきた佐藤良武さんに、その長い歴史と、ミュージシャンを中心とした多くの運命的な出会いを語って頂きます。

今回は特別ゲストとして、ピットインの開店直後からステージに立ち、いまなお精力的に演奏活動を行うジャズ界の大物トランペッター、日野皓正さんに登場していただきます。


●浦沢直樹さんのレコーディングレポート

本誌9号にご登場いただいた漫画家の浦沢直樹さんが、ファーストアルバムのためのレコーディングに入った。

プロデューサーは、こちらも本誌でおなじみの和久井光司さん。

この2人が共同作業をする間柄になったのには、実は本誌が一役買っているのです。

前述の9号のインタビュー中で、浦沢さんが和久井さんの文章に影響を受けたことに言及。

これがきっかけとなって2人の対面が実現し、いまでは単行本「ディランを語ろう」(小学館)を共著する強い協力関係を持つにいたっています。

仲介役を務めた(?)本誌としては、これは取材しなければなるまいと、レコーディング作業が行われている都内のスタジオにおじゃまし、お2人にお話をうかがいました!!


●話題のニューディスクレビュー


●20世紀ラヂヲ 電波の狩人、中川弘夫さんを訪ねる


●燃えよアナログ「モノラル再生の魅力」


●いまこそクラシックカメラを楽しもう


●現在の銘車を探せ!「スカイラインGT-R」


●音の贈り物「風の音」


●アナログ関連機器、管球アンプ&アクセサリー新製品試聴レビュー


●サントリー白州蒸留所でモルトウイスキーの愉しみを知る!!

シングルモルトウイスキーの奥深さを楽しく体験できる最適なセミナーがサントリーの2つの蒸留所で開催されています。

今回は、そのセミナーを2人のゲストに参加していただき、シングルモルトのこだわりと魅力を探ります。


その他情報満載!!
1,572円
●レコード悦楽人登場!!

・黒田俊介さん(コブクロ)
・是佐周さん
・岩谷一さん


●音の五つ星物語「厳選!至福の銘品」
~アナログと音楽を満喫したい人のための魅力あるモデルたち~

アナログ関連機器を中心とした比較的新しいモデルの中から、息が長く陳腐化しない、ロングセラーが期待できるもの、あるいは魅力的なストーリーがあるもの、さらにはマイルストーン的な製品という条件で、厳選したモデルをご紹介します。
長く使えて、楽しい音楽との時間を一緒に過ごす仲間として最適な、「音の五つ星」。
今回は7機種を取り上げ、それぞれの深い物語をお届けします。

・CONTINUUM Criterion
・Michell Engineering GyroDec-UNV1
・PHASE TECH EA-1Ⅱ/P-3G
・AUDIO-TECHNICA AT33MONO
・OUTOFON MC Windfeld
・YAMAHA A-S2000
・SNELL IllusionA7


●注目のセパレートアンプ登場

・MARANTZ「11シリーズ」
・LUXMAN「600シリーズ」


●アナログ感覚で楽しめる店

・喫茶 古処
・HAVANA MOON


●レコードライフを充実させたい方へ
「最新・MCカートリッジを聴く」

アナログレコード再生の楽しみのなかで、大きな要素を占めるのが、カートリッジ選びと言えるでしょう。
レコードの音質は、カートリッジによって、実にいろいろな特徴を聴かせてくれます。
聴くレコードによってカートリッジを使い分けるという、まさしく趣味のアナログを充実して楽しんでいる方も多くいます。
現在でも、カートリッジにはさまざまな種類と価格レンジのモデルがあり、新製品も続々と登場してきています。
そのなかからMC型にスポットを当てて、それぞれの音質の魅力を探っていきます。


●世界のスピーカーブランド「大口径の誘惑」

もし過去にオーディオに没頭したことがあるなら、大口径スピーカーに憧れなかった人はいないでしょう。
見た目の迫力はもちろん、圧倒的なサウンドには誰もが魅了されたことと思います。
中・小型スピーカーが主流となりつつある、いまのこんな世の中だからこそ改めて大口径の世界へご案内したいと思います。

ユニット
・JBL「1500AL」
・TAD「TL-1601a」
・FOSTEX「W400A-HR」

スピーカーシステム
・JBL「Project EVEREST DD66000」
・Westlake Audio「BBSM-15」


●オーディオ銘機賞2008「受賞モデル発表!!」

卓抜した性能、革新の内容を持ち、しかもオーディオマインドに溢れ、今後ベストセラー、ロングセラーが予想される、真の意味での銘機を選定する同賞の各種受賞モデルを発表いたします。


●自作工房クラフト入門

・フォステクスの限定13cmユニットを作って「ネッシーMid」を作る
・2つのフルレンジスピーカーキットを作る
・真空管アンプ、作って聴く喜び


●タイプ別管球アンプ研究「ハイエンドアンプ編」

今回は管球アンプのハイエンドシステムをテーマに、その魅力を探っていきたいと思います。
しかし、「ハイエンド=ハイプライス」という考え方はせず、「ハイエンド」と呼ばれるにふさわしいブランドやモデルをチョイスしていくこととしたい。


●モルトウィスキーの故郷を訪ねる


●シングルモルトウィスキー〈山崎〉と新たな展開

酒類全体の中で、ここ数年伸びているのがシングルモルトウィスキーの分野。
その中でも本誌でも過去紹介してきているシングルモルトウィスキー「山崎」は、スコットランドのモルトとは異なる独自のテイストを持ち、ジャパニーズモルトという分野を築き上げ、さらに世界中で多くのファンを獲得してきている。
ここではなぜ、「山崎」は多くの人を魅了するのかをひも解き、「山崎」を使った新しい展開も紹介していきたい。


●話題のニューディスクレビュー


●大人の道具楽


その他情報満載!!
1,572円
●厳選!至福の銘品・音の五つ星物語

アナログと音楽を満喫したい人のための魅力あるモデルたち!

アナログ関連機器を中心とした比較的新しいモデルの中から、息が長く陳腐化しない、ロングセラーが期待できるもの、あるいは魅力的なストーリーがあるもの、さらにはマイルストーン的な製品という条件で、厳選したモデルたちをご紹介します。
長く使えて、楽しい音楽との時間を一緒に過ごす仲間として最適な「音の五つ星」。
それぞれの深い物語をお届けします。

・KAB EQS MK12
・ACCUPHASE C-2410
・NAGAOKA New MP Series
・AUDIO NOTE IO-M
・HANIWAHCTR01
・LUXMAN L-505u
・FOSTEX G1302

●世界のスピーカーブランド

アーティストの録音を「音」として蘇らせるスピーカーシステム。
世界中のスピーカーブランドから生み出された数々の銘機はいつの時代も多くの人々を魅了してきました。
ブランドの数だけある物語・・・・人々を惹きつけてやまない、その魅惑の世界へご案内いたします。

・JOSEPH AUDIO
・BC ACOUSTIQUE
・VIENNA ACOUSTICS
・KRIPTON
・BALLAD
・KEF

●より深く楽しむためのフォノイコライザー試聴レポートPart2

アナログレコード再生に必須となる、増幅とイコライジング。
その音質クオリティの鍵を握る大切な部分が、フォノイコライザーです。
アンプに内蔵されたものでスマートに楽しむのも良いですが、現在、単体のモデルとして、実に様々な方式や機能、価格レンジのモデルが販売されています。
ミドルクラス異常の単体モデルをピックアップし、それぞれの魅力を探っていくフォノイコライザー特集の第二弾をお届けします。

・PHONO-ONE
・RIAA-22MK-2
・EA-3
・EQA-777
・TR-EQ1
・EAR834P-5
・Symphnic
・XOno

●ハイエンドスピーカー銘機を鳴らす
~蘇ったダイヤトーン・ストーリー~

放送局用のモニタースピーカーとして選ばれ、その基礎技術をもとにして家庭用にも進出し多くのヒット作を作り続けてきたダイヤトーン。
しばしの休眠を経て、ついに一昨年、現代の銘機をひっさげて復活を果たしたそのドラマと、新しいダイヤトーンが形作る至高の音世界をここにレポートしたい。

●タイプ別管球アンプ研究「コンパクトプリメイン②」

今回のタイプ別管球アンプ研究のテーマは、前回に引き続きコンパクトプリメインアンプです。
その小さなボディに秘められた実力を探ってみましょう。

・AS-3.8i
・RA-VT11
・Nimis RC
・TUBE53

●モルトウイスキーの故郷を訪ねる

かつてシングルモルト「秩父」を発売していた東亜酒造のモルトウイスキー部門がその故郷秩父で復活しようとしています。
今年末の操業開始を目指して目下工事が進行中で、実現すれば日本では22年ぶりの快挙となります。
個人のベンチャー企業によるモルトウイスキー造りの今後が期待されます。

●試行錯誤も楽しい!自作クラフト入門

自作は、高性能なパーツを使ってローコストに、お得感たっぷりの作品を手に入れることが出来るし、何より工作していく課程が楽しい。
いろいろ問題が生じても、それをクリアできれば完成した時の感慨はひとしおです。加えて、クラフト好きの仲間と知り合うことが出来れば、もっと楽しい!
そんな工作レポートをお送りします!!

●今こそクラシックカメラを楽しもう

●こだわりの焼酎蔵元を訪ねる

●現代の銘車を探せ!「クルマの眼」

●レコード針修理修復

●話題のニューディスクレビュー

他にも楽しい情報が満載!!
1,572円
●厳選!至福の銘品「音の五つ星物語」


アナログ関連機器を中心とした比較的新しいモデルの中から、ロングセラーが期待出来るもの、魅力的なストーリーがあるもの、マイルストーン的な製品という条件でモデルを厳選。
長く使えて、楽しい音楽との時間を一緒に過ごす仲間として最適な、「音の五つ星」。今回は7機種を取り上げ、それぞれの物語をご紹介。


・ACOUSTIC SOLID~Solid Machine/Solid Wood MPX
・VPI~Aries Scount
・HELIUS DESIGN~Omega MKⅡ Short(10inch)
・YAMAMOTO SOUND~YC-03S/YC-03M
・MIRAD~A-2000
・FOSTEX~G1300
・PIONEER~S-3EX


●PIONEER「S-3EX」開発ストーリー


いま大きな注目を集めているパイオニアのEXシリーズ最新モデルS-3EX。
ここでは本機がどのような方向性で開発されたのか、そして注ぎ込まれたこだわりの技術やノウハウについて、実際携わった開発者の話から明らかにしていきたい。


●アナログ感覚で楽しめる店


・MYMON HAKATA
・海・音・香・波
・BAR0603


●世界のスピーカーブランド①


アーティストの録音を「音」として蘇らせるスピーカーシステム。世界中のスピーカーブランドから生み出された数々の銘機はいつの時代も多くの人々を魅了してきた。
そしてブランドの数だけ物語りはある。
今号より、「世界のスピーカーブランド」と題し、その魅惑の世界へご案内します。

・BOSE
・YAMAHA
・EBTB
・JBL
・Souns faber


●より深く楽しむためのフォノイコライザー試聴レポート①


アナログ再生には欠かせない、フォノイコライザー。それには、アンプなどに内蔵するものから単体の超弩級品まで、じつにさまざまな方式や機能、価格レンジが存在しています。
しかしアナログは趣味のものだからこそ、より深く、レコード再生の魅力を存分に楽しみたい。それには、こだわりのもの選びがポイントになります。
今回はミドルクラス以上の単体モデルをピックアップ。多彩な魅力が備わっている、フォノイコライザーそれぞれの魅力を探っていきます。


●自作工房 クラフト入門

・ビクター ウッドコーンスピーカーキット工作(後編)
・ハシモトHM-3を使った昇圧トランスを作る(前編)


●新連載!レコードの奥義を極める「レコード制作者に訊くアナログ盤の秘密」


レコードに対する様々な疑問の解決、これまでの常識を覆す新事実などなど、まさに目からウロコの連続。アナログのみならず、オーディオファンにも必読のページになること間違いなしの新連載です。
我が国のレコード界の発展に長年にわたって貢献されたこの分野の重鎮である菊田俊雄氏にお話を伺います。


●タイプ別管球アンプ研究「コンパクトプリメイン」


大きなシャーシの上に真空管が林立し、真っ黒なトランスが鈍い光を放っている・・・・。真空管アンプというと、重厚長大なイメージがつきまとうが、それだけが真空管アンプの世界ではありません。
今回はコンパクトにまとめられた真空管プリメインアンプを5モデル取り上げます。テーマはシンプル&ビューティフル。真空管アンプならではのコンパクトなスタイルをお楽しみ下さい。

・WS-350B
・MINI-GALAXY-I
・TRV-88SE
・FA-105BLD
・SQ-N100


●話題のニューディスクレビュー

●アナログレコード関連機器データファイル(プレーヤー編)

●いまこそプレミアムビール!サントリー「ザ・プレミアムモルツ」の秘密


ゆっくりとくつろぎたい時に大切なものは何でしょうか?そんな時間を過ごすのにピッタリのプレミアムビールが、たくさんの人の注目を集めています。
夏も近づき暑くなってくるこの時期に、昨年世界的な食品の総合的な品評会である「モンドセレクション」の最高金賞を3年連続受賞し、さらに人気が高まりつつある「ザ・プレミアムモルツ」を取り上げ、その魅力と高い品質に迫ります。


●analogクラブ「全国のアナログショップを紹介」
1,572円
●趣向別アナログプレーヤー試聴レポート③
アナログレコード再生には、多彩な魅力があります。
デジタルにはない、アナログならではの音の魅力はもちろん、かける儀式の中にも、様々なこだわりの部分や個性が秘められています。
だからこそ、プレーヤーも「趣向を楽しむもの」として、お気に入りのプレーヤーを選びたいものです。
どのように楽しむ人にお薦めのモデルか、アナログプレーヤーの魅力を探る企画の第3回、普及クラスからハイエンド・エントリー機までをご紹介します。

●日本のカートリッジブランド②
高度な技術がいまだ健在で、世界に誇る職人の技が実感出来る日本のカートリッジ。
第2回目の今回は、全部で7種類のカートリッジをご紹介します。

●ハイエンドスピーカーを鳴らす
憧れの上質の世界、ハイエンドオーディオスピーカーシステムは、どのようなアンプでドライブすればいいのでしょうか。組み合わせによって、どのような音の世界が作られるのでしょうか。
この連載は、ハイエンドスピーカーを一号ごとに一つフューチャーし、いくつかのブランドのアンプと組み合わせ、そのスピーカーの真の魅力を引き出してみたいと思います。
初回となる今回の主役は、世界中からいま熱い眼差しを浴びている、JBL、エベレストDD66000。
さて、いったいどのような音の世界を作り出してくれるのでしょう。

●タイプ別管球アンプ研究
プッシュプル回路のモノラルパワーアンプ
今回のテーマは前回に引き続き「プッシュプル」です。前号ではステレオパワーアンプを紹介しましたが、今回はモノラルパワーアンプ6モデルをご紹介します。使用した真空管はKT88、300B、845などさまざま。
それぞれの紡ぎ出す管球サウンドの違いを楽しんでください。

●サントリー角瓶70年間愛され続ける秘密を探る
日本を代表するブレンデッドウイスキー「角瓶」が発売され、今年で70周年を迎えます。
その記念すべき年に、新しい3種類の「角瓶」が登場しました。
今回の特集では、70年もの長きに渡って愛され続けた「角瓶」の歴史と魅力、そして新しいテイストを探ります。

その他情報満載!!
1,572円
●巻頭カラー「レコード悦楽人登場」

●厳選!至福の銘品・音の五つ星物語
「フェーズテックCA-1」「ミッチェルOrbeSE-TA」「アマゾンSystemAma zon2i」「デノンDL-103SA」「パイオニアS-PM300」

●趣向別アナログプレーヤー試聴レポート(2)

●日本のカートリッジブランド研究 Part1

●自作工房クラフト入門
・本格派真空管アンプを作る
・リモコンVRシステムを作る

●オーディオテクニカAT33ANVの製造工程レポート

●イージーリスニングとレコード

●いまこそクラシックカメラを楽しもう
名門クラシックカメラストーリー

●現在の銘車探し(2)
・シトロエンC6
・マツダロードスター

●タイプ別管球アンプ研究
プッシュプル回路のステレオパワーアンプ

●ご愛読感謝!特別付録
復刻カタログ~EXCLUSIVE「P3&P3a」

●話題のニューディスクレビュー

その他情報満載!!

1,572円
●巻頭カラー
レコード悦楽人登場

●厳選!至福の銘品 音の五つ星物語
・ノッティンガムSPACE294
・47Laboratory 4724Koma/4725Tsurube
・トーレンスTEP302
・カインPHONO1

●趣向別アナログプレーヤー試聴レポート パート1
さまざまな方式、機能、価格レンジが存在するアナログプレーヤー。
アナログレコード再生には、かける儀式そのものすら楽しむことができる、多彩な魅力が備わっ ています。
趣味のものだからこそ、自分に一番合った、より楽しめるプレーヤーをこだわりで選びたい。
そんなアナログプレーヤーの魅力を探ります。

●復活する日本のスピーカーシステム
日本のブランドのスピーカー市場が盛り上がっています。
老舗ブランドから新規ブランドまで、話題の日本のスピーカーを過去の銘機とともにご紹介しま す。

●自作工房クラフト入門
秋の休日にはスピーカークラフトを
・樽スピーカー&MM141ST
・仕上げにこだわるデスクトップバックロード

●オーディオ修理のいま
現状と対処法を徹底解説

●タイプ別管球アンプ研究
シングルアンプでニアフィールドリスニング

●新連載!
現在の銘車探し パート1
・Mini
・Golf GTI

●究極の機能美とマニュアルアナログ感覚
いまこそクラシックカメラを楽しもう

●特別企画
AUDIO×WHISKY
2人の匠が語るこだわりの「ものづくり」の世界

●アナログ関連機器、管球アンプ&アクセサリー新製品試聴レビュー

●アナログ感覚グッズ大プレゼント!!

その他情報満載!!
1,572円
アナログ機器、管球アンプ、スピーカーなど、ものとして質感の高いオーディオ機器を中心に置き、あわせて通底する趣味の世界、カメラ、時計、楽器、酒などの奥深さもご案内する、『季刊・analog』誌。「よりよい音楽を聴く、よりよい時間を楽しむ」を基本コンセプトとして、極めてアナログライクな趣味の世界を提案するニュースタイルなオーディオ&ライフスタイル誌として、ご好評をいただいております。

特集1は、復活する日本のスピーカーシステム。国産ブランドならではの魅力を、過去から今に続く製品群から探っています。特集2は、昇圧トランスの熱い世界 パート2。今回は、試聴編の井上千岳氏に加え、柴﨑 功氏による解説編を加え、一層の充実を図っています。

また、人気の高い中古や修理・メンテナンスの話題では、中古および現行品アナログプレーヤーを買うための情報「目利きが教えるプレーヤー選びのツボ」と、国内随一のスピーカー修理工房「オーディオラボを訪ねる」。いずれも、長く愛用したい、アナログ機器やスピーカーならではの選び方とメンテ情報を取り上げました。
おすすめの購読プラン

アナログ(analog) 雑誌の内容

  • 出版社:音元出版
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:[紙版]1,4,7,10月の3日  [デジタル版]1,4,7,10月の5日
  • サイズ:A4
ニュースタイルなオーディオ&ライフスタイルマガジン!
アナログ機器、管球アンプ、スピーカーといった、物として質感の高いオーディオ機器を中心に置くニュースタイルなオーディオ&ライフスタイル誌。あわせて通底する趣味の世界、カメラ、時計、楽器、酒などの奥深さもご案内する、“よりよい音楽を聴く、よりよい時間を楽しむ”を基本コンセプトにおきます。単に復古、レトロではなく、未来につながるアナログ感覚や、わかりやすさを追求する雑誌です。

アナログ(analog)の無料サンプル

Vol.58 (2017年12月17日発売)
Vol.58 (2017年12月17日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   アナログ(analog)の目次配信サービス

アナログ(analog)の今すぐ読める無料記事

アナログ(analog)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2021年05月07日発売

目次: BE-PAL 6月号の付録は、ドラえもん50周年を記念したかわいいミニシェラカップ。
コンパクトで使い勝手の良いミニサイズ。
ハンモックでお昼寝中のドラえもんと出かけよう!

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

最大
25%
OFF

ナンプレファン

2021年04月19日発売

目次: 表紙
目次

BIG3 その1 超ワイドサムクロス
BIG3 その2 対角線交じりの55合体ナンプレ
BIG3 その3 超巨大55合体ナンプレ

★スタンダードステージ中級編★
中級スタンダードナンプレ

★合体ステージ★
2合体ナンプレ
3合体ナンプレ
4合体ナンプレ
5合体ナンプレ
8合体ナンプレ
11合体ナンプレ

★大型ステージ★
12×12ナンプレ
16×16ナンプレ
25×25ナンプレ

★変形合体ナンプレ★
変形4合体ナンプレ
変形5合体ナンプレ
変形8合体ナンプレ
変形10合体ナンプレ

★スタンダードステージ上級編★
上級スタンダードナンプレ

★スタンダードステージ超上級編★
超上級スタンダードナンプレ

★バラエティステージ★
1つ違いナンプレ
サムナンプレ
幾何学 ナンプレ
対角線ナンプレ
不等号ナンプレ
カプセルナンプレ
足し算アローナンプレ
0to9ナンプレ

★数理パズルステージ★
サムクロス
ループコースパズル
さくらんぼ・ボンバーパズル
ビルディングパズル・スターバトル

★ビジュアルステージ★
北野ひぐまの究極の1問
バラエティミュージアム

解き心地最高のナンバープレース専門誌

  • 2021/02/19
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/08/19
    発売号

  • 2020/06/18
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

3 BOAT Boy(ボートボーイ)

日本レジャーチャンネル

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年(fan note book付き)プラン)なら1冊:633円

あなたとBOAT RACEをアツくする超抜マガジン

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2020/06/11
    発売号

  • 2020/05/11
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2020/03/11
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2021年04月21日発売

目次: 大特集 バラのある幸せ/注目特集 初めての芝生づくり

人生100年 植物と暮らそう

  • 2021/03/21
    発売号

  • 2021/02/21
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

5 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2021年05月01日発売

目次: ●巻頭カラー
・「師弟」Vol.8 森信雄七段×山崎隆之八段
 【前編】ガラスの内弟子時代  構成・写真/野澤亘伸

●プロ棋戦
・第46期棋王戦五番勝負 渡辺明棋王vs糸谷哲郎八段
 【第4局】勝利の神は棋王に微笑む 記/相崎修司
・NHK杯テレビ将棋トーナメント 稲葉 陽八段vs斎藤慎太郎八段
 【決勝】結婚に花添える初栄冠  記/渡部壮大
・第14期マイナビ女子オープン五番勝負 西山朋佳女王vs伊藤沙恵女流三段
【第1局】新たな立場で  記/荒井 勝

●特集
熱局プレイバック
―棋士が選ぶ2020年度の熱局ベスト10+α―

●戦術特集
横歩を取らない相居飛車 ―定跡や研究から離れて実力勝負!― 総合監修/所司和晴七段
 Chapter1 基礎知識「15手目の可能性」
 Chapter2 講座「相居飛車▲2八飛型の好防」
 Chapter3 ▲2八飛型次の一手「局面の急所を解いて覚えよう」

●読みもの
・リレーエッセイvol.6 棋士のこだわり「畠山流指導対局の心得」文/畠山鎮八段
・AI将棋入門―人工知能はいかに人間を超えたか― 第3回「評価関数を劇的に向上させた機械学習」文/松原仁
・昭和名棋士次の一手〈熟練の技の譜跡〉第6回「九段 灘 蓮照」 田丸昇九段
・第48回将棋大賞選考会 第27回升田幸三賞 第15回名局賞選考会

●講座
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第6回】第34期竜王戦ランキング戦2組準決勝 VS松尾歩八段  ガイド/谷合廣紀四段
・アマのための月刊B級ファン[第13回]旧型雁木
・詰将棋を作っちゃおう「捨て駒を覚えよう2」上田初美女流四段

●付録 ※次の一手「新手年鑑2021年版」勝又清和七段

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2021/04/02
    発売号

  • 2021/03/03
    発売号

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

6 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2021年05月07日発売

目次: 特集 松山智一/ニューヨーク拠点の作家たちが目指す表現とは?

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/09/07
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

GO OUT(ゴーアウト)

2021年04月28日発売

目次: CAMP & FASHION

キャンプを楽しむウェア&ギア
人気ショップ発おしゃれアウトドアなスタイル&アイテム

参考価格: 780円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:390円

ワン&オンリーなアウトドアファッションマガジン

  • 2021/03/30
    発売号

  • 2021/02/27
    発売号

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/30
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

初心者に、いちばんやさしい家庭菜園誌

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/09/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

IMA(イマ)

2021年04月30日発売

目次: 特集 「ミレニアルズからZ世代へ 写真家たちの未来」

・Farah Al Qasimi ファラ・アル・カシミ
・Tyler Mitchell タイラー・ミッチェル
・Ashley Armitage アシュリー・アーミテージ
・Guanyu Xu 徐 冠宇 ジョ・カンウ
・Ryu Ika リュウ・イカ
・System of Culture システム・オブ・カルチャー
・Yushi Li リ・ユシ
・Kanade Hamamoto 濵本 奏
・Arielle Bobb-Willis アリエル・ボッブ=ウィリス
・Alina Maria Frieske アリーナ・マリア・フリスク
・Jesse Navarre Vos ジェシー・ナヴァール・ヴォス
・Jack Davison ジャック・デイヴィソン

■現実を超越した理想の世界を描く
文=ジョアナ・クレスウェル
■「写真」の可視化と民主化の先の透明さ
文=村上由鶴
■INTERVIEW_1 ファラ・アル・カシミ
揺らぐアラブのアイデンティティを可視化する
文=須々田美和
■INTERVIEW_2 タイラー・ミッチェル
黒人のユートピアを夢見て
文=ショナー・マーシャル
■2020年代ファッション写真の行方
文=大城壮平
■Instagramを用いて“個”の可能性を開くZ世代のいま
文=平山 潤
■INTERVIEW_3 ジョ・カンウ
クイアーで自由な表現と、社会的な抑圧の境界線を探る
文=IMA
■INTERVIEW_4 アナ・ジェイ(「Refinary29」アートディレクター)
時代をリードするメディアが求めるクリエイティブとは?
文=龍見ハナ
■Fresh Talents テジタルネイティブの新鋭7人

・Taisuke Nakano 中野泰輔
・Ruka Kashiwagi 柏木瑠河
・Kyoko Takemura 武村今日子
・Miyu Takaki 髙木美佑
・Ichisei Hiramatsu 平松市聖
・Shota Tsukiyama 築山礁太
・Wei Zihan 魏 子涵 ギ・シカン

■CHANEL 11.12 終わりなき再解釈
水谷吉法 野村佐紀子 三ツ谷 想
■Lee Kit リー・キット (Screenshot)
美しく、詩的で穏やかな光の向こう側に
文=IMA
■IMA PHOTOBOOKS
Back Issues
定期購読のご案内

参考価格: 3,300円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,650円

さまざまなフォトグラファーとその作品を紹介、すぐれた写真評論も掲載する総合誌。

  • 2020/11/29
    発売号

  • 2020/08/29
    発売号

  • 2020/05/29
    発売号

  • 2020/02/28
    発売号

  • 2019/11/29
    発売号

  • 2019/08/29
    発売号

アナログ(analog)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌