レジデント(Resident) 2017年1月号 (発売日2017年01月30日) 表紙
  • 雑誌:レジデント(Resident)
  • 出版社:医学出版
  • 発行間隔:月刊
レジデント(Resident) 2017年1月号 (発売日2017年01月30日) 表紙
  • 雑誌:レジデント(Resident)
  • 出版社:医学出版
  • 発行間隔:月刊

レジデント(Resident) 2017年1月号 (発売日2017年01月30日)

医学出版
【特集】
初期研修で学んでおくべき集中治療のABC~最低これだけは知らなきゃ,臨床医はできない~
企画編集/真弓俊彦

〈特集にあたって〉
 入院患者の大半が60歳以上,半数が70歳以上という高齢化時代と...

レジデント(Resident) 2017年1月号 (発売日2017年01月30日)

医学出版
【特集】
初期研修で学んでおくべき集中治療のABC~最低これだけは知らなきゃ,臨床医はできない~
企画編集/真弓俊彦

〈特集にあたって〉
 入院患者の大半が60歳以上,半数が70歳以上という高齢化時代と...

ご注文はこちら

2017年01月30日発売号単品
この商品は定期購読の取扱いがございません。

レジデント(Resident) 2017年1月号 (発売日2017年01月30日) の目次

【特集】
初期研修で学んでおくべき集中治療のABC~最低これだけは知らなきゃ,臨床医はできない~
企画編集/真弓俊彦

〈特集にあたって〉
 入院患者の大半が60歳以上,半数が70歳以上という高齢化時代となり,患者がなんらかの併存症を持っているのが当然となっている.つまり,どの診療科であっっxも,臨床医であれば,併存症を考慮し,自診療科の診療内容を柔軟に変更することができなくてはならない.また,受け持ち患者が高齢であるゆえ,肺炎や心筋梗塞,脳卒中など合併症を罹患し,重症化することはいつでも起こりうる.そのため,臨床医である以上,Critical Careの初歩を理解していて,患者の併存症に対処でき,また,重症化した際に適切に初期対応できることが求められている.
 しかしながら,ICUに専門医がいてICUをローテートする期間があれば別であるが,初期研修病院でも日本ではICUに常勤医がいない,良き指導者がいない施設は少なくない.そのため,ICU指導医や専任医師がいない場合には,内科,外科,麻酔科,救急科などをローテート中に,各科のICUを専門としない先生から教えてもらう重症患者管理のみである場合も少なくないのが現状であり,初期研修でCritical Careを学ぶ時間やその質は非常に限られている.そこで,今回の特集では,そのような状況にあっても,初期研修医が短い初期研修期間の間に最低習得しておくべき,集中治療(ICU)の基本の「き」について,各分野の専門家に執筆いただいた.
 今回の特集では,日本独自のICUのシステムの解説から,最も厳密な管理が求められるICUでの安全対策についても説明いただいた.また,最も大切な呼吸循環管理では,人工呼吸器やモニタリングの機器の解説も加え,人工呼吸器の設定の仕方や種々の呼吸循環モニタリングの意味や解釈もできるようにした.さらには,現在のICUが抱える最先端の問題点まで解説頂いた.つまり,この1冊で,集中治療のすべてを俯瞰できる内容となっている.このように今回の特集はCritical CareやICUの基本の「き」について解説しており,明日からすぐに役立つ実践的な内容となっている.初期研修医は全員習得すべきであり,後期研修においても有用な1冊である.
 一方,今回の特集で知識は得られるが,実践するためには,スキルも必要である.そのためには,FCCS(FundamentalCritical Care Support)1)などのICUを専門としない医師向けの重症患者管理の初期実践コースの受講も推奨する.

参考文献
1) 日本集中治療教育研究会:FCCS セミナー情報.http://www.jseptic.com/seminar/fccs.html(2016年12月閲覧)

真弓俊彦(産業医科大学 救急医学講座 教授)

〈目次〉
1. ICUにおける安全対策~TeamSTEPPSの導入はICUを救えるか~
2. ICUの種類・入退室基準・現在のICUの問題点
3. 呼吸管理のポイント
4. 人工呼吸器のABC
5. 呼吸循環モニタリングと補助循環装置のABC
6. 循環管理のポイント
7. 輸液・電解質・代謝管理
8. 血液浄化療法~種類と開始基準,注意すべきポイント~
9. 鎮痛,鎮静,筋弛緩薬の使い方
10. 重症患者へ栄養療法を行うための基礎知識
11. 感染管理~ICUで気をつけるポイント~
12. ICUから始めるリハビリテーション

【連載】
◆ヨルレジ
 ・第3回 血圧上昇
◆患者さんとの接し方
 ・第100話 まぶたの腫れ-20年後に消える職業
◆循環器内科 目からウロコ Q&A
 ・第9回 植込み型ループ式心電計
◆慶應循環器内科カンファレンス
 ・第60回 急性肺血栓塞栓症に対して外科的血栓摘除術が著効した一例

レジデント(Resident)の内容

忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を
レジデントやレジデントを目指す医学生が、重要な基本的知識や技術を学ぶとともに、研修施設選択など将来設計に役立つ情報が得られる「レジデント総合情報誌」です。全頁カラー印刷によるAB判の大型サイズの採用と、多数のイラストによるビジュアル化により視覚的に分かり易い誌面構成となっています。特集においては、レジデント教育に力を注いでいる第一線の著名な医師や大学教授陣による執筆で、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載。医師・臨床研修医の他、看護師やコメディカルにも役立つ幅広い内容を目指しています。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

レジデント(Resident)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.