COSMETIC STAGE(コスメティックステージ) 発売日・バックナンバー

全62件中 1 〜 15 件を表示
◆特集1 化粧品の安全性評価と動物実験代替法への対応◆



① 化粧品・医薬部外品の安全性評価における皮膚刺激性評価の現状と課題
(株)マンダム

1.はじめに
2.皮膚刺激性について
3.皮膚刺激性評価体系に関するガイダンス
 3.1 医薬部外品ガイダンス
 3.2 皮膚刺激性ガイダンス
4.皮膚刺激性ガイダンスの課題と可能性
 4.1 OECD TG439の試験特性
 4.2 「低リスク成分」の設定について
 4.3 今後の取り組みについて
5.おわりに



② 皮膚感作性試験法の最新動向
一般財団法人化学物質評価研究機構

1.はじめに
2.動物を用いない皮膚感作性試験代替法
 2.1 タンパク質との共有結合(KE-1)を評価する試験法
 2.2 ケラチノサイトの活性化(KE-2)を評価する試験法
 2.3 樹状細胞の活性化(KE-3)を評価する試験法
 2.4 動物を用いない皮膚感作性試験代替法の課題と組合せ評価
3. おわりに



③ 安全性評価に用いるヒト三次元皮膚モデル作製の留意点
近畿大学 薬学総合研究所

1.はじめに
2.香粧品成分等の安全評価項目からみるヒト皮膚評価モデルの在り方
3.細胞の種類・ソースの選択、細胞の位置・配置、および組織(層)間の連絡の考察
4.評価モデルとしての人工真皮層の作製
5.ヒト初代皮膚構成細胞の特性を利用した美白研究開発に有用なヒト皮膚三次元モデル開発
6.おわりに



④ 計算毒性学に基づくin silicoによる化学物質、化粧品原料の安全性予測
明治薬科大学

1.はじめに
2.化粧品の安全性評価の現状
 2.1 動物実験に基づく従来の安全性評価
 2.2 代替法の必要性と規制当局の取り組み
3.計算毒性学の概要
 3.1 定義と基本概念
 3.2 in silicoアプローチの種類
 3.3 計算毒性学の利点と課題
4.化粧品開発への計算毒性学の応用
 4.1 化粧品成分の物性と構造活性相関
 4.2 化粧品成分の毒性予測モデルの開発
 4.3 既存化粧品成分データベースの活用
 4.4 ケーススタディ:計算毒性学を用いた化粧品成分の安全性評価
5.今後の展望
 5.1 計算毒性学手法の高度化と精度向上
 5.2 規制当局との連携と国際的ハーモナイゼーション
6.結論





◆特集2 香り・においのもたらす効果と化粧品開発◆


① 自律神経の状態と香りの効果とのメカニズム、個人差の実際
タカラベルモント(株)

1.はじめに
2.方法
 2.1 心理的・生理的指標の計測
 2.2 精油の吸引
 2.3 自律神経状態の解析
3.結果
 3.1 ラベンダー精油の吸引による心理的・生理的影響
 3,2 マジョラム精油の吸引による心理的・生理的影響
 3.3 ゼラニウム精油の吸引による心理的・生理的影響
4.個人の自律神経状態および嗜好性と香りの効果
5.おわりに


② 香り・においがヒトにもたらすリラックス効果
関西福祉科学大学 教授

1.はじめに
2.リラックス効果に含まれる要素とは
3.「香り・におい」の「リラックス効果」研究への期待と展望



③ 香り刺激量の数量化と官能特性の客観的評価技術
香川大学

1.はじめに
2.嗅覚認識の曖昧さと記憶との照合作業
3.香りの刺激量の数量化と閾値
4.刺激量と美味しさの関係
5.特徴的な香気成分の探索法
6.特徴的な香気成分の図示化技術
7.特徴的な香気特性のQDAによる図示化とそのLod値などによる評価技術
8.まとめ



●トピックス


①化粧品の広告表現のポイント
(株)ノエビア

1.はじめに
2.技術者も知っておきたい、ステルスマーケティングと景品表示法について
 2.1 そもそも景品表示法って何?
 2.2 景品表示法の2つの特徴
 2.3 ステルスマーケティングって何?
3.ステルスマーケティング規制の重要ポイント
 3.1 景品表示法の構造とステルスマーケティング規制の追加
 3.2 ステマ規制の概要ならびに「表示主体性」と「広告明瞭性」による該当性
 3.3 企業防衛の観点からのステマ管理について
4.薬事担当者が留意したい、措置命令に直結の「合理的根拠」について
 4.1「運用指針」の内容について
 4.2「措置命令」から見た2つの重要ポイント
5. 責任役員と三役こそ留意したい、薬機法と景品表示法の繋がりについて
 5.1 表示等管理担当者による広告表示の管理体制
 5.2 薬機法と景品表示法の定義および不当表示の微妙な異同について
 5.3「課徴金」制度と「直罰」規定の導入
6. 最後に


②免疫調節機能を有する膜小胞:細菌バイオフィルムにおけるその産生メカニズム
静岡大学

1.はじめに
2.膜小胞とバイオフィルム
3.緑膿菌バイオフィルムにおいて膜小胞産生量が増加する
 3.1 多量に放出される膜小胞が宿主の免疫応答を誘発する
 3.2 膜小胞はバイオフィルムの構成成分として機能する
 3.3 バイオフィルムにおける細菌外膜の変形
4.バイオフィルムにおける膜小胞産生誘発因子
5.おわりに


③化粧品中における防腐剤のHPLC定量分析
ジェイアイサイエンス研究所
1.緒言
2.防腐剤の具体的な定量分析法
3.分析する防腐剤の解説
4.具体的な実験技法
5.実際に定量したクロマトグラム
6.定量分析に有効な設備、実験器具の解説
7.分析カラムの選択方法
8.HPLC定量分析に必要なノウハウ
9.HPLC装置のメンテナンス技法



特許からみた、化粧品新素材(第32回)
◆特集1 化粧品の品質試験,分析のポイント◆


①化粧品の品質試験の進め方
東京バイオテクノロジー専門学校 非常勤講師

1.はじめに
2.いわゆる化粧品の成分について
 2.1 化粧品の品質特性から見た品質試験
 2.2 いわゆる化粧品の化学分析における品質試験


②化粧品 (配合禁止・制限成分) の分析法について
一般財団法人日本食品分析センター

1.はじめに
2.防腐剤,紫外線吸収剤及びタール色素以外の配合禁止成分の分析法
 2.1 ホルムアルデヒド
 2.2 メタノール
 2.3 元素不純物
3.防腐剤,紫外線吸収剤及びタール色素の配合制限成分の分析法
 3.1 パラオキシ安息香酸エステル類及びフェノキシエタノール(防腐剤)
 3.2 パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル(紫外線吸収剤)
 3.3 タール色素
4.おわりに


③異物混入の実態と原因究明 ~オリジナルライブラリ構築の提案~
(株)住化分析センター

1.はじめに
2.混入異物の事例
 2.1 カビの混入
 2.2 加熱履歴のある異物
3.混入異物問題に対する心構え
4.オリジナルライブラリの構築
 4.1 スペクトルデータと観察画像の統合
 4.2 製造環境を反映したライブラリ作成
5.さいごに


④におい嗅ぎ GC-TOFMS を用いたノンターゲット分析による化粧品中における異臭原因の探索
LECO ジャパン合同会社

1.はじめに
2.分析手法
 2.1 分析装置
 2.2 GC-TOFMSとGCxGC-TOFMS
 2.3 デコンボリューションと自動解析システム
3.実験
4.結果
 4.1 GC-MS/O分析
 4.2 GCxGC-TOFMS分析
5.まとめ



◆特集2 バイオ由来素材を用いたスキンケア化粧品の開発◆


①微生物が生産する新規物質の探索と応用の事例
早稲田大学

1.はじめに
2.北里研究所が保有する歴史ある放線菌
3.新規物質の探索研究
 3.1 培養液抽出物の調整と分析
 3.2 Physicochemical screeningによる新規物質の探索
4.おわりに



②遺伝子組換えカイコにより生産した化粧品用コラーゲン
(株)免疫生物研究所

1.はじめに
2.遺伝子組換え技術によるタンパク質生産
3.カイコで生産するヒト型コラーゲン
4.ネオシルク‐ヒト型コラーゲンⅠのアレルゲン性
5.ネオシルク‐ヒト型コラーゲンⅢ
6.おわりに


③エミューオイルのもつスキンケア効果とその化粧品応用
東京農業大学

1.はじめに
2.エミューオイルの脂肪酸組成と浸透・保湿性
3.抗炎症作用
4.その他の機能
 4.1 ホワイトニング効果
 4.2 血管機能に対する効果
 4.3 血中脂質に対する効果
5.エミューオイルの課題
 5.1 オイルの品質
 5.2 エミューの生産
6.おわりに


④コメ糠タンパク質由来ペプチドの化粧品への応用
新潟大学、新潟青陵大学短期大学部

1.はじめに
2.抗酸化ペプチド
 2.1 抗酸化物質とコメ糠タンパク質加水分解物の健康効果
 2.2 ウマミザイムGを処理したコメ糠タンパク質の抗酸化活性
 2.3 コメ糠タンパク質加水分解物の免疫調節能と抗酸化活性
3.チロシナーゼ阻害ペプチド
 3.1 メラニン形成を触媒するチロシナーゼとその阻害剤
 3.2 コメ糠発酵産物のメラニン形成抑制効果
 3.3 コメ糠由来アルブミン加水分解物のチロシナーゼ阻害活性
 3.4 コメ糠由来のチロシナーゼ阻害ペプチド
4.おわりに


◆トピックス◆

化粧品の品質保証とPQS(品質システム)の考え方・実践法
(株)ウテナ

1.はじめに
2.化粧品の特徴
3.化粧品の品質(設計品質・製造品質・市場品質)とは
4.化粧品GQP省令3)と製販分離制度
5.化粧品品質保証の課題
6.化粧品の自主回収事例
7.PQS(医薬品品質システム)とは
8.品質システムの実践
9.現場で有効な管理技術(PAT)の活用
10.まとめ



混合物におけるGHS分類SDS・ラベル作成での考え方
SDS研究会 代表

1.はじめに
2.日本におけるGHS対応のSDS及びラベル
3.JIS Z 7252及びJIS Z 7253に準拠したGHS対応SDSの作成
4.JIS Z 7252及びJIS Z 7253に準拠したGHS対応ラベルの作成
5.まとめ




連載 第31回

特許からみた,化粧品新素材



★特集1 海産資源に着目した化粧品素材・原料の開発★

① 海洋生物資源のライブラリー化と化粧品原料としての活用
オーピーバイオファクトリー(株)

1.はじめに
2.海洋生物資源開発・利用におけるバリューチェーン
3.生物資源ライブラリービジネスについて
4.海洋生物資源利用におけるボトルネック
5.微細藻類への期待
6.フォトバイオリアクター活用によるブレークスルー
7.化粧品原料開発例
8.おわりに


② 真珠由来素材の化粧品への利用
御木本製薬(株)

1.はじめに
2.真珠およびアコヤガイ由来素材の高度化利用
2.1 コンキオリン加水分解物
2.2 アコヤガイ足糸加水分解物
2.3 サクシニル化アテロコラーゲン
3.最期に


③ 海藻(褐藻、紅藻、緑藻)抽出物の化粧品への活用
(株)シー・アクト

1.はじめに
2.海洋に存在する機能性成分
3.硫酸化多糖の機能性
3.1 刺激緩和効果
3.2 肌への機能性
3.3 毛髪への機能性
4.まとめ


④ 海洋生物における紫外線防御物質
山口東京理科大学

1.はじめに
2.マイコスポリン様アミノ酸(Mycosporine-like Amino Acids、MAAs)
3.スキトネミン(Scytonemin、シトネミンとも)
4.おわりに


⑤ フコキサンチンの免疫調節作用
立命館大学 分子薬効毒性学研究室

1.はじめに
2.フコキサンチンの生理活性
 2.1 フコキサンチンのリンパ球への作用
 2.2 フコキサンチンの単球・マクロファージへの作用
 2.3 フコキサンチンの顆粒球への作用
 2.4 フコキサンチンのマスト細胞への作用
3.おわりに


★特集2 データ駆動型製品開発のための基本的手法と化粧品開発への応用★

① ベイズ最適化による実験条件の絞り込み手法の基礎
東京大学理学系研究科化学専攻

1.はじめに
2.ベイズ最適化の概要
 2.1 ガウス過程回帰
 2.2 カーネル関数
 2.3 獲得関数
3.ベイズ最適化の実験への適用
4.おわりに


② AIを用いたHPLC分析メソッド開発
クロムソードジャパン(株)

1.はじめに
2.HPLCメソッド開発を効率良く行うための手順             


③ AIを用いた処方設計時の保存効力予測および適合処方生成
ロート製薬(株)、Quantum Analytics合同会社

1.はじめに
2.機械学習について
 2.1 予測モデルについて
 2.2 生成モデル(GAN)について
3.処方設計時の保存効力予測および適合処方生成AI
 3.1 検証1
 3.2 検証2
4.おわりに


◆トピックス◆

① 化粧品ビジネスにおける今後の価値づくり
R&D戦略・組織活性化アドバイザー

1.社会変化の加速(我々が迎える時代)
2.未来志向の経営(パーパス経営、ポートフォリオ・オブ・イニシアティブ)
3.化粧品ビジネスにおける価値づくり
4.今後の化粧品の価値開発


② あたらしい無水ソルビトール脂肪酸エステル系オイル増粘・ゲル化剤
農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門

1.はじめに
2.C-AGの製造と基礎物性
 2.1 C-AGの合成
 2.2 C-AGの基礎物性
3.C-AGによる有機溶媒の増粘・ゲル化
 3.1 C-AGによる有機溶媒の増粘・ゲル化
 3.2 C-AGによる増粘・ゲル化のメカニズムとゲルの性質
4. まとめ


③ 化粧品製造におけるデータサイエンスのポイント
群馬大学

1.はじめに
2.化粧品製造業を取り巻く現状
 2.1 超ビッグデータ社会の加速
 2.2 日本の化粧品製造業を取り巻く現状
3.化粧品製造業におけるデータ活用
 3.1 化粧品製造業におけるビッグデータ活用の適用範囲
 3.2 プロセス製造業の特徴
 3.3 化粧品製造業における品質管理の難しさ
4.ビッグデータ分析の進め方
 4.1 ビッグデータの種類
 4.2 分析フレームワーク「CRISP-DM」
 4.3 データ可視化の重要性
 4.4 モデルの構築と評価、展開
5.おわりに


特許からみた、化粧品新素材(第30回)


特集1:バイオマス/天然由来添加剤の化粧品への活用法

化粧品,トイレタリー向け天然由来添加剤の種類,特性,使い方
(株)ミルボン

1.はじめに
2.天然由来機能性添加剤の化学構造の特徴
3.天然由来機能性添加剤の化粧品およびトイレタリー分野への活用


天然多糖類の化粧品添加剤としての活用
三晶(株)
1.はじめに
2.増粘
3.懸濁・乳化・気泡安定
4.コンディショニング効果
5.ゲル化
6.おわりに


植物由来ノニオン系界面活性剤のサステイナブル乳化剤としての可能性
クローダジャパン(株)

1.はじめに
2.TweenTM, SpanTMの開発理念
3.バイオマス由来のエチレンオキシド(EO)
4.持続可能な製造工程 ~クローダ アトラスポイント工場の取り組み~
5.植物由来ノニオン系界面活性剤のサステイナブル乳化剤としての可能性
6.おわりに



特集2: 化粧品に関する国内外の規制動向と対応実務

中国・韓国及び台湾化粧品規制のポイント
化粧品法規制コンサルタント

1.はじめに
2.中国化粧規制概要
3.韓国化粧品規制概要
4.台湾
5.最後に


国内外の化粧品安全性規制/試験の最新動向と対応業務
国立医薬品食品衛生研究所

1.序論
2.世界的な化粧品の安全性評価の潮流
3.海外の規制と利用可能な試験法と対応実務
4.我が国の規制と利用可能な試験法
5.結語


マイクロプラスチックに関する国内外規制動向と求められる評価試験
SGSジャパン(株)
1.はじめに
2.海外規制
3.欧州の規制に関して
4.米国の規制に関して
5.評価試験

化粧品輸出入における海外・国内法規制と品質管理2023
合同会社和陽アドバイザリー
1.はじめに
2.化粧品の輸出入の現状
3.各国規制
4.国内回収事例とそれから見る品質管理
5.おわりに


トピックス
においの基礎知識と目的に応じた測定・評価方法
山口大学
1.はじめに
2.においの基礎知識
3.においの測定方法
4.においの評価
5.おわりに

ニューロサイエンスを用いた化粧品の評価事例
花王(株)
1.はじめに
2.脳反応を測定する技法
3.脳反応を測定した化粧品評価の事例
4.脳からみた化粧の理解と今後への期待
5.おわりに


異物分析の基本および必須知識とその実践
(株)アイテス
1.はじめに
2.専門的な知見の必要性
3.分析の流れ
4.分析装置の種類と適応範囲要
5.分析事例
6.おわりに

連載:特許からみた、化粧品新素材(第29回)
特集1:ジェンダーレスコスメのトレンドとその開発

① @cosme からみるジェンダーレスコスメ
(株)アイスタイル
1.はじめに:@cosmeとは
2.ジェンダー関連のワードの出現率変化
 2.1 「女性」の出現率は5年間で半減
 2.2 コンセプトの受け入れは昨年がピークか?
3.「ジェンダーレスコスメ」の評価ポイント
 3.1 特徴ワードは「香り」「パッケージ」
 3.2 「肌なじみのよさ」が高評価に繋がる
4.一緒に使う,シェアすることの価値

② 中性的な印象を与えるメイク -アイブロウメイクに着目して-
ビューティ&ウェルネス専門職大学
1.はじめに
2.方法
 2.1 調査方法
 2.2 対象者
 2.3 刺激
 2.4 評定項目
3.結果
 3.1 アイブロウの評定
 3.2 アイブロウの選択
4.考察
 4.1 アイブロウの評定
 4.2 アイブロウの選択
 4.3 中性的な印象を与えるメイク

③ 皮膚生理機能の男女差をふまえた「シェアドコスメ」の使用法
自由が丘クリニック
1.はじめに
2.シェアドコスメとは
3.男女の皮膚生理学的違い
4.男性のスキンケア品の使用率の推移
5.シェアドコスメの具体的な使用法
6.最後に

④ 肌の性差にとらわれない化粧品の開発について
P&G イノベーション(合)



特集2: バイオマーカーを用いた皮膚評価技術の開発

① 皮膚角層を活用した糖化ストレス評価
同志社大学
1.はじめに
2.糖化ストレスとは
3.皮膚角層を用いた糖化ストレス評価
4.CMLの測定
5.OPH活性
6.おわりに

② バイオマーカーとしてのエピジェネティクス的年齢の計測
近畿大学
1.はじめに
2.老化
 2.1 老化の特徴
 2.2 考え方
 2.3 老化評価法
3.Epigenetic clock. DNAメチル化時計
4.老化計測の臨床的観点 intrinsic capacity
5.老化と寿命
6.老化の情報理論
 6.1 生物学的年齢と暦年齢
7.皮膚の老化
8.再生医療
9.最後に

③ 皮膚の恒常性維持におけるFABP5 の関与と皮膚評価への応用

1.はじめに
2.皮膚の恒常性維持におけるFABP5の関与
 2.1 FABP5の皮膚保湿への関与
 2.2 表皮角化細胞の分化過程におけるFABPアイソフォームの発現
 2.3 表皮角化細胞の分化過程におけるFABP5遺伝子プロモーター領域CpGアイランドのメチル化状態
 2.4 表皮角化細胞の分化過程における転写因子c-MycとSp1の発現
 2.5 表皮角化細胞の分化過程におけるFABP5の発現と機能
 2.6 表皮角化細胞における核内受容体シグナルの機能
 2.7 表皮角化細胞におけるFABP5と核内受容体シグナルとのクロストーク機構
3.まとめと展望

④ 生体レドックス反応の計測技術の展開
東北工業大学
1.はじめに
2.電子スピン共鳴(ESR)法による生体計測の歴史とその応用
3.最近の生体レドックス反応の計測技術の紹介
4.おわりに

⑤ 角層のAI 分析によるバイオマーカー推定と肌質評価
(株)ファンケル
1.はじめに
2.角層画像を分析するAIモデルの構築
 2.1 角層中バイオマーカーの推定
 2.2 角層細胞の自動認識
3.肌評価への応用
 3.1 肌評価値の推定
 3.2 角層細胞の認識と形状特徴出力
4.おわりに

◆トピックス◆
① 化粧品デバイスとしての超微細マイクロニードルパッチの製造技術
富山県立大学大学院
1.はじめに
2.ガス透過性金型を用いた超微細マイクロニードルの製造技術
3.超微細マイクロニードルの評価法
 3.1 加水分解ヒアルロン酸への微細加工及び回数依存性の評価
 3.2 加水分解ヒアルロン酸への微細加工時の熱分解評価
 3.3 超微細マイクロニードルの溶解挙動の評価
4.まとめ・今後の展望

② 粉体乾燥の基礎とそのメカニズム
静岡大学
1.はじめに
2.乾燥操作の基礎
 2.1 乾燥過程
3.乾燥からみた粉体の特徴
 3.1 乾燥表面積
 3.2 含液量と性状
4.粉体の乾燥に使用される乾燥機
 4.1 噴霧乾燥機
 4.2 流動層乾燥機
5.おわりに

③ エクセルによる研究データの蓄積, 管理, 利活用法
   -実験データ蓄積における適切な項目設定とは-
(株)キャトルアイ・サイエンス
1.はじめに
2.R & D部門における研究・実験データ蓄積の実情
3.単純構造で項目間に論理的関係がない項目名で記録すべき
 3.1 すべてのデータは,項目名-項目値という単純構造に落とし込む
 3.2 項目名-項目値の項目間に論理的関係があってはいけない
4.実験パラメータ項目は,どのような独立変数系にするかが重要
5.どのような独立変数系にするかが重要と言うが,今まであまり気にしなくとも分析できているが・・・

連載:特許からみた、化粧品新素材(第28回)




■ 特集1 セルロースナノファイバーの製法と化粧品への活用法

バイオマスナノファイバー BiNFi-sの製造と化粧品への用途展開
(株)スギノマシン

1.はじめに
2.BiNFi-sについて
2.1 ウォータージェット法によるBiNFi-sの製造
2.2 BFの粒子分散安定性
2.3 BiNFi-sの化粧品中でのオイルゲル化能
2.4 BiNFi-sの保形能、安全性
2.5 表面繊維化セルロース粒子(F25)

柑橘果皮セルロースナノファイバーの化粧品類への活用
愛媛大学
1.はじめに
2.柑橘果皮CNFの形態的特徴と組成
3.柑橘果皮CNFの動的粘弾性と増粘効果
4.柑橘果皮CNFの乳化補助効果
5.柑橘果皮CNFの紫外線保護効果
6.柑橘果皮CNFの安全性評価
7.おわりに


CNFの特性を活用したアロマ化粧品の開発
静岡県工業技術研究所
1.はじめに
2.化粧品素材としてのセルロースナノファイバーの機能
2.1 CNFによる水分保持性
2.2 CNFによる増粘性及び使用感
2.3 CNFによる香りの徐放性
3.化粧品への応用
3.1 CNFと静岡県産バラの芳香蒸留水を活用した化粧品『barai/o(バライオ)?』の開発
3.2 香り徐放性を付与したアロマ乳液の開発
4.おわりに


セルロースナノファイバーによる乳化安定性の制御
第一工業製薬(株)
1.はじめに
2.水系添加剤としてのCNFの開発
3.CNFの乳化機能
3.1 CNFによるエマルション形成のメカニズム
3.2 CNFによるエマルションの安定化
3.3 エマルションの形態観察
3.4 乳化可能な油の構造からの推測
3.5 乳化への添加剤の種類と量の影響
3.6 乳化における添加剤の配合順の影響
4.さいごに
 

■ 特集2 香りの測定・評価技術と製品開発への応用

香りを感じるメカニズム
宮崎大学

1.はじめに
2.匂いを感じるしくみ
3.匂いのセンサー、嗅覚受容体
4.匂い知覚の個人差と嗅覚受容体遺伝子
5.おわりに

かおり成分の脳機能への影響とその評価技術
国際医療福祉大学

1.はじめに
2.かおりの基礎
3.当グループの行った研究
4.まとめ

シャンプー後の香り持続性の評価と処方設計
味の素(株)

1.はじめに
2.シャンプー処方と複合体コアセルベート
3.シャンプーによる香料保持の戦略
4. 処方設計における留意点
5.おわりに
嗅覚ディスプレイによる香りの再現技術の開発
東京工業大学

1.はじめに
2.香料
2.1 植物由来
2.2 香りのタイプ
3.香り提示装置
3.1 二極化の傾向
3.2 嗅覚ディスプレイ
4.嗅覚ディスプレイを用いた香りの再現技術
4.1 20成分調合型嗅覚ディスプレイシステム
4.2 精油の香り再現
5.ホームページの利用による精油香り体験
6.まとめ
データ駆動型定量嗅覚センシング:ニオイの計測とその応用
物質・材料研究機構

1.はじめに
2.嗅覚センサとは
3.データ駆動型アプローチを利用したニオイ計測
3.1 特定指標のピンポイント抽出
3.2「擬」原臭の選定
4.まとめ
 
■ トピック記事

ナノカプセル・マイクロカプセルの基礎と製品開発への応用
新潟大学
1.はじめに
2.ナノカプセル・マイクロカプセル
2.1 カプセルの基礎
2.2 構造・形状
2.3 機能
2.4 カプセル調製に必要な事前情報
2.5 調製法
3.開発応用分野
3.1 食品医薬品分野
3.2 農業分野
3.3 自己修復材分野
3.4 情報記録材分野
3.5 化粧品材分野
3.6 潜熱蓄熱技術分野
3.7 気泡のカプセル化
4.おわりに

植物由来原料を用いたオイルゲルの物性制御技術
東京工科大学
1.はじめに
2.植物ワックスのゲル硬度
3.高純度エステルによるキャンデリラロウのゲル硬度向上
4.高融点アルコールによるコメヌカロウのゲル硬度向上
5.コメ由来パラフィンと植物ワックスの混合によるオイルのゲル化

女性肌との比較による男性肌の特徴解析と男性化粧品開発への活用
ポーラ化成工業(株)
1.はじめに
2.男性肌の特徴解析
2.1 男性肌の基礎的特徴
2.2 女性肌との比較から抽出した男性肌の特徴
2.3 男性が自覚する肌性と皮膚の計測値の関係性から抽出した男性肌の特徴
2.4 スキンケア習慣の違いによる特徴
2.5 男女間での嗜好性の違い
2.6 男性肌の特徴まとめ
3.男性化粧品の開発例
3.1 機能と感触を兼ね備えた製剤設計
3.2 男性の皮脂に着目した製剤設計
3.3 男性のエイジング変化に着目した製剤設計
4.まとめ

連載:特許からみた、化粧品新素材(第27回)
■ 特集1 化粧品に関する男性の意識変化とメンズコスメ開発

① 男性の肌状態とひげ剃り
武庫川女子大学

1.はじめに
2.男性の肌状態
3.ひげと肌状態
3.1 日本男性のひげ
3.2 ひげ剃り部位の肌状態
4.終わりに

② 求心化/遠心化がもたらす男性の顔の印象変化と男性用メイクへの応用
常磐大学・城西国際大学
1.はじめに
2.求心化/遠心化がもたらす男性の顔の印象変化
2.1 データから見る男性メイクの増加
2.2 顔のパーツの求心化/遠心化
2.2 顔の求心化/遠心化
3.男性用メイク開発への研究知見の応用
3.1 男性メイクに関する研究
3.2 男性メイクの促進と製品開発への研究知見の応用


③ 男性の見た目年齢および若々しさの印象に影響する要因の解析とその対処について
(株)マンダム
1.はじめに
2.実験
2.1 遠距離と近距離を想定した印象の相違の確認
2.2 モデル処方乳液連用前後の印象変化および印象評価者の視線解析
3.結果
3.1 遠距離と近距離を想定した印象の相違
3.2 モデル処方乳液連用前後の印象変化
3.3 印象評価時における視線解析
4.考察
 

■ 特集2 化粧品中の不純物、異物の分析

① 色素中の特定芳香族アミン類の分析
国立医薬品食品衛生研究所

1.はじめに
2.分析方法
2.1 前処理方法
2.2 GC-MS分析条件
3.分析法開発時における検討内容等
3.1 抽出法について
3.2 回収率及び定量下限値
4.実態調査結果
5.おわりに

② 人由来の化粧品中の異物分析
(株)住化分析センター

1.異物問題対応の難しさ
2.早期解決に向けた心得
3.作業者に由来する異物
3.1 作業者からの発塵
3.2 毛髪類
3.3 繊維
4.まとめ

③ spICP-MSによるナノ粒子中の多元素測定
アジレント・テクノロジー(株)

1.はじめに
2.金属とナノ粒子
2.1 金属
2.2 ナノ粒子
3.ICP-MSとは
4.装置原理
5.ナノ粒子測定
5.1 実験方法
5.2 日焼け止めサンプルに含まれるNPの分析
6.まとめ


④ 化粧品製造施設における防虫管理
(株)フジ環境サービス

1.はじめに
2.化粧品製造施設で問題となる虫の4つの虫汚染経路
2.1 屋内発生虫
2.2 飛来侵入虫
2.3 排水系発生虫
2.4 歩行侵入虫
3.IPMによる防虫管理
 
■ トピック記事

① 米国、カナダの海外化粧品規制動向
SGSジャパン(株)
1.はじめに
2.米国の化粧品規制
2.1 概要
2.2 施設登録と製品リスト
2.3 フレグランスアレルゲンの開示、タルク規制、およびPFASレポート
3.カナダの化粧品規制
3.1 規制の概要
3.2 化粧品成分ホットリストの関して
3.3 化粧品の重金属に関して
3.3 ラベルの要件
4.まとめ

② 化粧品等の広告規制と表現テクニック
Beauty Ad Consulting・京都薬事広告ラボ
1.はじめに
2.化粧品等における薬機法の広告規制概観
2.1 薬機法をとりまく広告規制 
2.2 薬機法における広告の定義と運用状況
2.3 化粧品等広告の特に注意すべき5つのポイント
3.景品表示法の概要と動向
3.1 景品表示法の概要
3.2 優良誤認になりやすいポイント
3.3 化粧品等の広告における不実証広告規制
3.4 景品表示法の動向
4.NG表現にとらわれない表現づくりのポイント
4.1 お客様の気持ちをイメージする
4.2 ターゲットに合わせた言葉選び

連載:特許からみた、化粧品新素材(第26回)
■ 特集1 化粧品容器包装の脱プラ、リサイクル化

①化粧品容器に使用される材料と資源プラ化の現状と展望
西包装専士事務所
1.はじめに
2.化粧品の容器包装材料
3.資源プラスチックとは
4.プラスチック資源循環促進法のマイルスト-ンと施策
5.化粧品容器包装における資源プラ化の事例
5.1 業界の動き
5.2 各社の状況
6.まとめと展望

②モノマテリアル化と化粧品包装
土屋特許事務所
1.モノマテリアル化の背景
1.1 欧州及び日本のプラスチック廃棄物
1.2 プラスチック廃棄物の輸出
1.3 海洋プラスチック廃棄物
2.EUのプラスチック戦略と施策
2.1 EUのプラスチック戦略に基づく指令
2.2 EUのリサイクル課税
2.3 EUでのリサイクル材料含有率の設定
2.4 各国の動向
3.モノマテリアル化
3.1 CEFLEX (Circular Economy for Flexible Packaging)
3.2 モノマテリアル化の課題
3.3 グローバル企業の動向
3.4 モノマテリル軟包装のリサイクル
4.化粧品包材向け軟包装のモノマテリアル化例

③バイオマス素材を使用した化粧品容器の開発
大成化工(株) 
1.はじめに
2.プラスチックとCO2
3.バイオPE
4.バイオPEの容器開発
4.1 成形方法
4.2 製品事例
4.3 物性値
4.4 安全性
5.コンポジット材容器
5.1 コンポジット材とは
5.2 コンポジット材の成形
5.3 コンポジット材の基礎評価
6.おわりに
 

■ 特集2 AI・インフォマティクス技術の化粧品開発への応用

①脳波のフラクタル解析に基づいた感性計測とその応用
長岡技術科学大学
1.はじめに
2.感性フラクタル解析手法
3.嗅覚刺激と感性
3.1 嗅覚と感性計測の目的
3.2 測定内容
3.3 嗅覚刺激に関する感性解析結果
3.4 嗅覚と感性のまとめ
4.おわりに

②バイオインフォマティクスによる天然物由来物質の評価と化粧品・機能性素材への応用
沖縄工業高等専門学校
1.はじめに
2.生体内におけるエクオール産生機序       
2.1 女性の一生と女性ホルモンの関係
2.2 エクオールについて
3.沖縄“島豆腐”おからからの乳酸菌単離
3.1 島豆腐おから由来の乳酸菌の単離
3.2 エクオール産生乳酸菌候補のスクリーニング
4.エクオール産生乳酸菌のゲノム配列決定
4.1 次世代シーケンサーによる解析
4.2 全ゲノム解析の結果
5.バイオインフォマティクスによるエクオール産生情報
6.終わりに

③バイオインフォマティクスを用いた酵素の生産量向上の事例
立命館大学
1.はじめに
2.バイオインフォマティクスを用いた可溶性発現技術
2.1 タンパク質の二次構造に着目した変異導入法
2.2 アミノ酸配列の保存性に着目した変異導入法
2.3 可溶性発現技術を用いた変異型酵素の調製
3.酵素を用いた化粧品材料の製造 -ケト酸を介したアミド化合物の合成―
4.おわりに
5.謝辞

④AIによる化粧品のクチコミとレーティングの分析
近畿大学
1.はじめに
2.先行研究
3. ChatGPTを用いた化粧品口コミとレーティングの分析
4. おわりに


■ トピック記事

①マイクロリアクターによる乳化プロセスの最適化
国士舘大学
1.はじめに
2.乳化液滴の生成技術のトレンド
3.乳化液滴生成シミュレーション
3.1 シミュレーション手法
3.2 現象を支配する無次元数の導入
3.3 シミュレーション条件と結果
4.均一な乳化液滴生成のための無次元マップ
5.マイクロリアクターによる乳化実験との比較による無次元マップの検証
6.おわりに

②コスメティクスを前提とした色彩・質感計測の実際
(株)オフィス・カラーサイエンス
1.はじめに
2.質感の概念
3.色彩と質感計測の最近の機器
4.肌と化粧料の特性
5.計測の実例
5.1 肌の接触式計測システムでの計測例(積分球)
5.2 分光イメージングシステムの肌への応用
5.3 化粧品の測定
5.4 化粧品の分光イメージングによる測定
6.終わりに

③化粧品開発における実験計画法の活用事例
(株)ウテナ
1.はじめに
2.田口の実験計画法(パラメータ設計手法)とは
2.1 田口の実験計画法の特徴
2.2 パラメータ設計の考え方
2.3 パラメータ設計の具体的進め方
2.4 SN比の考え方
3..化粧品への品質工学適用
3.1 化粧品への適用
3.2 超音波シールの技術開発

連載:特許からみた、化粧品新素材(第25回)
◆特集1:ペプチドを活用した化粧品の開発と安全性、品質評価◆

①化粧品原料としてのタンパク質、ペプチド等の安全性評価
国立医薬品食品衛生研究所
1 はじめに
2.該当する化粧品原料
3.ペプチド等を用いた化粧品の安全性評価の健康障害事例
4.化粧品に必要な安全性試験
5.食品添加物(酵素)の食品影響評価指針
6.まとめ

②化粧品用途ペプチドの製造方法および品質評価の実際
(株)成和化成
1.はじめに
2.ペプチドの製造方法
3.天然由来ペプチドの品質評価
 3.1 基原・含量
 3.2 色・におい
 3.3 ペプチド確認方法
 3.4 無機物の含量
 3.5 定量法
 3.6 ペプチドの分子量計算方法
4.化粧品用途ペプチドにおける安全性
5.おわりに

③皮膚アンチエイジングに向けた機能性ペプチドの応用
(株)ディーエイチシー
1.はじめに
2.皮膚培養細胞に対する効果
 2.1 コラーゲン産生能の検証
 2.2 ヒアルロン酸産生能の検証
 2.3 皮膚バリア機能の検証
3.三次元皮膚モデルに対する効果
4.おわりに

④コラーゲンペプチドの経口摂取による美肌への効果
新田ゼラチン(株)
1.はじめに
2.臨床試験1:隠れじみへのエビデンス
 2.1 試験方法
 2.2 結果
3.臨床試験2:目に見えるシミおよび赤味へのエビデンス
 3.1 試験方法
 3.2 結果
4.臨床試験3:しわへのエビデンス
 4.1 試験方法
 4.2 結果
5.考察


◆特集2: SDGs時代の化粧品市場動向と環境負荷低減技術◆

①SDGs時代におけるナチュラルコスメの開発とブランディング
早稲田大学ビジネススクール
1.はじめに
2.SDGs時代
 2.1 SDGsとESG
 2.2 SDGs報告書(ESG報告書、統合報告書)
 2.3 SDGs時代の企業
3.「3R」と「4R」
4.SDGs時代におけるナチュラルコスメの開発
 4.1 ナチュラルコスメとオーガニックコスメ
 4.2 SDGs時代におけるナチュラルコスメのブランディング
 4.3 環境負荷の低減とブランディング
5.ナチュラルコスメのブランディング
 5.1 ブランド構成要素
 5.2 化粧品におけるブランド構成要素(経営資源)の活用
6.おわりに

②環境対応の循環型パッケージを目指した容器包装技術
住本技術士事務所 
1.はじめに
2.循環型パッケージとは
 2.1 プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律
 2.2 包装設計の要求事項、Reverse Engineering
3.EU2022/1616、欧州市場で食品接触用にrecycled plastics使用可能
4.循環型ポリマー利用に向けて使用済みプラ包材の回収・選別技術
5.Recyclableが必要条件
6.今後の循環型パッケージ及びポリマー
7.まとめ

③容器包装におけるLCAと環境負荷算定
(国研)産業技術総合研究所
1.はじめに
2. ライフサイクル視点での容器包装の設計開発
 2.1 ライフサイクル思考とは
 2.2 ライフサイクル思考の重要性
 2.3 ライフサイクル視点における設計段階の重要性
3 LCA
 3.1 LCAの考え方
 3.2 LCAの規格と手法
4. LCA手法の展開
 4.1 カーボンフットプリント
 4.2 エコラベル
 4.3 削減効果量
 4.4 マスバランス
5.ライフサイクル視点からの環境配慮設計のポイント
6.LCAに対するニーズと課題
 6.1 LCAに対するニーズ
 6.2 LCAに関する課題
7.まとめ

④ヴィーガンコスメの国内外市場動向
(株)テクノ・クリエイト
1.はじめに
2.本レポートにおけるヴィーガンコスメの定義
3.グローバルにおけるヴィーガンコスメ市場
4.韓国におけるヴィーガンコスメ市場
 4.1 市場環境
 4.2 メーカー側のマーケティング
 4.3 市場の成長速度
5.国内におけるヴィーガンコスメ市場
 5.1 市場概要
 5.2 大手メーカーの動向
 5.3 国内市場拡大のための方策

◆トピックス◆
①機械学習を用いた皮膚感作性試験代替法の開発
名古屋市立大学
1.はじめに
2.化学物質の皮膚感作性評価
3.機械学習とは
4.機械学習を用いた皮膚感作性強度予測モデル
 4.1 方法
 4.2 結果
5.おわりに

②HPLC分析における実践ノウハウ・コツ
(株)島津総合サービス
1.はじめに
2.移動相調製に関するノウハウ・コツ
 2.1 水の選び方
 2.2 有機溶媒の選び方
 2.3 緩衝液の選び方
 2.4 水と有機溶媒混合移動相の調製
 2.5 溶存空気と脱気
3.試料調製と注入に関するノウハウ・コツ
 3.1 試料溶媒の選び方
 3.2 試料注入量の影響
 3.3 試料バイアルへの吸着
 3.4 オートサンプラーの留意点
4. おわりに

③他社特許明細書の解釈と弱点の見つけ方
弁理士法人 三枝国際特許事務所
1.はじめに
2.特許明細書の解釈
 2.1 特許請求の範囲について
 2.2 明細書、図面について
3.弱点の見つけ方
 3.1 特許発明の技術的範囲が適切か否か
 3.2 審査段階の引例と同じ刊行物で異議申立てした事例について
 3.3 公然実施について
4.おわりに

連載
特許からみた、化粧品新素材(第24回)
■ 特集1 化粧品の使いやすさ、使用感の評価

化粧料の使用感の評価・定量化について
武庫川女子大学

1.はじめに
2.官能評価法の基本
3.化粧品に触れる際の触圧と速度
4.おわりに


風合い・肌触りの機器を用いた測定法とその数値化
大阪大学

1.はじめに
2.風合い・肌触りの定量化の手法とその課題
3.ヒトと機械の相違と連携を意識した触感の定量化


レオ・インピーダンス測定によるクレンジングクリームの使用感評価
(株)アントンパール・ジャパン

1.はじめに
2.市販クレンジングクリームのレオロジー挙動
3.市販クレンジングクリームのレオ・インピーダンス特性
 

■ 特集2 化粧品のサステナブル処方設計と低エネルギー生産技術

海外における化粧品原料/材料への環境規制および各社動向
SGSジャパン(株)

1.はじめに
2.海外の動向
3.まとめ


発酵生産素材を活用したサステナブルな化粧品処方開発
花王(株)

1.はじめに
2.化粧品に発酵物を用いる意義
3.化粧品基剤に用いられる発酵素材
4.発酵物を用いた特徴製剤開発例
5.今後の展開


工場・クリーンルームの節電・省エネ技術のためにやるべきこと
コンサルタント 岩佐 茂夫

1.はじめに
2.経営の理解と省エネ共通基準の明確化
3.電力量の削減
4.コンプレッサーの省エネ



蒸留工程の省エネルギー化について
東洋エンジニアリング(株)

1.はじめに
2.蒸留の省エネルギー化
2.1 Dividing Wall Column,改良型Petlyuk塔
2.2 ヒートポンプ系蒸留技術
2.3 数理最適化を用いた適用対象の選定
3.まとめ
 
■ トピック記事

晶析操作の基礎と粒径分布の制御技術・スケールアップ
新潟大学

1.はじめに
2.晶析操作の基礎
 2.1 晶析操作の原理
 2.2 晶析操作の特徴
 2.3 晶析操作の種類
 2.4 晶析操作の方式
 2.5 晶析操作の範囲
3.粒径分布制御
 3.1 操作指針
 3.2 冷却条件
 3.3 種晶条件
 3.4 撹拌条件
 3.5 供給条件
4.スケールアップ12
 4.1 基本的な考え方
 4.2 スケールアップの基準式
 4.3 スケールアップ基準式の使い方
5.おわりに


バイオフィルムの発生原因と対策・対応
麻布大学
1.バイオフィルムとは
2.バイオフィルムの形成過程
3.細菌の情報伝達機構(クオラムセンシング)
4.バイオフィルムの発生
5.バイオフィルムの主役
 5.1 水道水中の従属栄養細菌 
 5.2 従属栄養細菌の検出状況
 5.3 従属栄養細菌の種類
 5.4 従属栄養細菌の特性
6.バイオフィルム対策
 6.1 バイオフィルムの発生防止
 6.2 バイオフィルムの除去技術
7.バイオフィルム対策の実際
 7.1 口腔バイオフィルム形成の制御方法
 7.2 医学分野におけるバイオフィルム


安定なエマルション調製のための最適乳化剤
選定と安定性評価-現状と将来展望 その 2
(株)ミルボン

4.拡張 HLB 法
 4.1 界面活性剤の構造要因の指標値
 4.2 有機概念図法による HLB 値の算定法
 4.3 拡張 HLB 法
5.エマルションの安定性評価法
 5.1 エマルションの破壊過程
 5.2 エマルションの安定性の加速試験法要因となる物性の解明
4.おわりに

連載:特許からみた,化粧品新素材
●特集1 皮膚内部の構造,成分の評価法

①ヒト皮膚への目的物質の浸透評価
東京都立産業技術研究センター
1.はじめに
2.皮膚へ塗布した物質の浸透評価
 2.1 in vivo 共焦点ラマン分光の原理
 2.2 物質のスペクトル取得
 2.3 皮膚への塗布および測定条件
 2.4 塗布後の皮膚のラマンスペクトル
 2.5 専用ソフトを用いた浸透解析
3.皮膚組成物の深度分布変化の評価(尿素の単回塗布試験)
4.測定時の注意点
5.浸透物質の皮膚内分布の可視化-イメージング質量顕微鏡- 
6.おわりに

②ヒト皮膚組織内のメラニン色素の可視化
東北大学
株式会社コーセー
1.はじめに
2.「M-INK」によるメラニン色素の可視化法の確立~ M-INK の調製法
3.ヒト皮膚組織切片におけるメラニン色素の可視化
4.おわりに

③生体組織中のコラーゲン線維の可視化
徳島大学
1.はじめに
2.測定原理
3.実験装置
4.実験結果
 4.1 切片サンプルの計測
 4.2 ヒト頬における真皮コラーゲンのin vivo計測
 4.3 皮膚老化による真皮コラーゲン線維構造の変化
5.まとめ


●特集2 加速試験による化粧品の安定性評価とアレニウス式活用

①安定性試験 (加速試験) における製品の安定性評価
東京理化学テクニカルセンター(株)
1.はじめ
2.安定性試験の方法
 2.1 安定性試験の目的
 2.2 化粧品・医薬部外品の安定性試験を実施する場合のガイドライン
3.安定性試験の実施方法
 3.1 安定性試験用恒温槽の温湿度と記録
 3.2 安定性試験で用いられる評価項目
 3.3 安定性試験での明確な品質の変化
 3.4 安定性試験での測定ロット
4.安定性試験で実際に起きた変
 4.1 成分の分離,凝集が認められた例
 4.2 変色,色調の変化が認められた例
 4.3 有効成分の変化(1)
 4.4 有効成分の変化(2)
 4.5 有効成分の変化(3)
 4.6 成分の水分量測定の例
5.おわりに


②化粧品の特徴を考慮した上で,1次反応を参照したアレニウス式の活用
(株)ウテナ
1.はじめに
2.化粧品の安定性評価方法
3.化粧品の経時安定性評価
4.反応速度論の概要
5.1次反応とは
6.1次反応系におけるアレニウス式の活用 
7.まとめ


③安定なエマルション調製のための最適乳化剤選定と安定性評価-現状と将来展望
(株)ミルボン
1.はじめに
2.HLB 方式による乳化剤の選定とその最適化指針
 2.1 HLB 値と水に対する溶解性および主機能・応用
 2.2 HLB 方式による乳化剤の選択方式
 2.3 油相の所要 HLB 値の決定
 2.4 混合油性基剤の所要 HLB 値の算出法
 2.5 乳化剤の HLB 値および混合乳化剤の HLB 値の算出法
 2.6 混合油性基材に対する乳化剤選定の最適化指針
3.乳化剤選定の将来展望
 3.1 HLB 値に対する作用因子
 3.2 HLB 法の用途開発


トピックス

①非イオン界面活性剤が形成するαゲルの構造と物性解析
三洋化成工業(株)
1.はじめに
2.非イオン界面活性剤を用いた α ゲルの構造・物性評価
 2.1 αゲルの調製方法
 2.2 非イオン界面活性剤の親水基構造が α ゲルの構造・物性に及ぼす影響
 2.3 αゲルの構造・物性に影響を与える因子
3.化粧品製剤としての α ゲルの機能
 3.1 SPF ブースター効果
 3.2 紫外線吸収剤の経皮浸透抑制効果
 3.3 日焼け止め製剤における α ゲルの役割
4.おわりに

②ベイズ統計学の特徴および有用性
帝京大学
1.はじめに
2.ベイズ統計学の特徴
 2.1 三種類の確率概念
 2.2 ベイズの定理
3.ベイズ統計学の不思議:三囚人問題
4.ベイズ統計学の有用性
 4.1 標本理論との違いについて
 4.2 自由度あるいはサンプルサイズについて
 4.3 情報のアップデートについて
5.おわりに:従来の批判を超えて

③官能評価用語を必要としない感触評価手法の開発と化粧水への応用
東京工科大学
1.はじめに
2.化粧品の塗布感触の一般的な官能評価方法
 2.1 感触用語
 2.2 感触用語を用いたセマンティック・ディファレンシャル法による官能評価
3.感触用語を用いない塗布感触の評価方法
 3.1 三点識別比較試験
 3.2 感触評価に用いる保湿剤水溶液の濃度設定
 3.3 三点識別比較試験の正答率からの群分類
 3.4 感触認知の要因となる物性の解明
4.おわりに

④皮膚線維芽細胞におけるコラーゲン発現に関与する microRNA
長崎大学
1.はじめに
 1.1 microRNA とは
 1.2 線維化と microRNA
 1.3 皮膚の線維化(瘢痕とケロイド)
2.研究方法と結果
 2.1 サンプル収集
 2.2 microRNA 発現解析
 2.3 microRNA の標的遺伝子の検索
 2.4 miR-196a の機能分析
3.まとめ

【連載】
特許からみた,化粧品新素材
■ 特集1 ノーファンデ・withマスク時代における化粧品開発の戦略

@cosmeにおけるノーファンデ時代に求められるベースメイクの仕上がりとトレンド
(株)アイスタイル

1.はじめに:@cosmeとは
2.@cosmeにおけるコロナ禍の影響
3.色でカバーするのではなく、ノーカラーでカバーしたい
4.色補正ではなく、質感をコントロールしたい
5.厚塗り感や負担がないだけでなく、心地よくありたい
6.ノーファンデ時代にファンデーションは不要か?


ノーファンデメイク(ノーファンデ)with マスク時代に求められるスキンケアの実際
Y’s サイエンスクリニック広尾

1.はじめに
2.パンデミック後のスキンケアの習慣
3.ノーファンデ(ノーファンデメイク)時代
4.脳-腸-皮膚の機能的相互作用(皮膚マイクロバイオームと腸-脳のつながり)
5.マスクに適応した化粧品に必要な項目とは
6.まとめ


マスク肌―コロナ禍におけるマスク着用による皮膚への影響を調べるため日内変化を定量的に測定した臨床的調査について
P&Gイノベーション(合)

1.背景
2.方法
3.結果・考察
 

■ 特集2 メラニンの最新メカニズムと化粧品開発

角層剥離関連酵素KLK5を介したメラニン排出メカニズム
富士フイルム(株)

1.はじめに
2.画像認識によるメラニン分布解析
3.メラニンの角層剥離への影響
 3.1 メラニンによる角層剥離抑制
 3.2 メラニンが角層剥離酵素に与える影響
4.まとめ


色素産生細胞におけるマイクロRNAによるメラニン生合成調節
三重大学

1.はじめに
2.microRNAの生合成と遺伝子発現調節
3.メラニン産生に関わる細胞内情報伝達経路
4.メラニン生合成とmicroRNA
5.メラノサイト刺激ホルモン誘導メラニン生成過程におけるmiRNAの役割35)
5.1 α-MSH 誘導メラニン生成過程におけるmiRNAの発現変化
5.2 miRNA-141-3pおよびmiRNA-200a-3pによるメラニン生成制御機構について
6.おわりに


米由来グルコシルセラミドおよび遊離型セラミドのメラニン産生抑制作用
オリザ油化(株)

1.はじめに
2.B16メラノーマ細胞におけるメラニン産生抑制作用
 2.1 テオフィリン刺激性メラニン産生能に及ぼす影響
 2.2 ElasticamideおよびGlcCer[d18:2(4E,8Z)/20:0]のメラニン産生抑制メカニズム
3.ヒト表皮メラノサイトにおけるメラニン産生抑制作用
 3.1 正常ヒト表皮メラノサイトの黒色化遺伝子発現に及ぼす影響
 3.2 アジア人由来ヒト表皮3Dメラノサイトのメラニン産生能に及ぼす影響
4.おわりに
 
■ トピック記事

プラスチック資源循環に向けた包装容器の取り組み
花王(株)

1.はじめに
2.花王のESG戦略
3.リサイクルの実態と課題
4.フィルム容器とボトル容器の水平リサイクルの取り組み
 4.1 フィルム容器の水平リサイクル
 4.2 ボトルの水平リサイクル
5.終わりに


化粧品業界におけるサステナビリティ・ルールの潮流
PwCコンサルティング(合)

1.はじめに
2.企業としてのルール把握の必要性
 2.1 ルールの対象・目的の変遷
 2.2 ルールメイキングの重要性
 2.3 ルールメイキングの課題
3.化粧品業界を取り巻くルールの潮流
 3.1 重要なテーマとルール
 3.2 化学物質に関するルール
 3.3 化粧品全般に関するルール
 3.4 包装・プラスチックに関するルール
 3.5 化粧品業界でのエシカル消費
4.おわりに


生理測定によるヒトの“使いやすい/使いにくい”の評価とその実験プロセス
千葉大学

1.はじめに
2.感性―自動化した判断プロセス
 2.1 情動と感性
 2.2 使いやすさ/使いにくさは直観的に判断される
3.使いやすい/使いにくいを評価する方法
 3.1 ユーザビリティ
 3.2 生理測定
 3.3 実験プロセス
4.おわりに


ナノカプセル・マイクロカプセル化技術の調製での留意点
新潟大学

1.はじめに
2.ナノカプセル・マイクロカプセル
 2.1 カプセルの基礎
 2.2 構造・形状
 2.3 機能
 2.4 調製法
3.マイクロカプセル調製例
4.おわりに


中国への化粧品事業参入の際の規制のおさえどころ
大江戸綜合法律事務所

1.はじめに
2.化粧品監督管理条例(新条例)のポイント
 2.1 「放管服」改革の深化(旧条例から新条例へ)
 2.2 リスクに応じた分類管理
 2.3 化粧品関連事業者の責任・義務
 2.4 法的責任(罰則)
3.児童化粧品に関する規制のポイント
 3.1 児童化粧品とは
 3.2 児童化粧品に対する要求と監督管理
4.化粧品の商品説明・宣伝に関する注意事項
 4.1 化粧品ラベル・広告に関する法律法規
 4.2 化粧品の商品説明・宣伝におけるその他の注意事項
5.おわりに


大気圧プラズマのウイルス不活化への応用
東京工業大学

1.はじめに
2.大気圧低温プラズマの生成方法
 2.1 誘電体バリア放電プラズマ
 2.2 マイクロプラズマジェット
 2.3 マルチガスプラズマジェット
3.大気圧低温プラズマを用いた殺菌・ウイルス不活化
 3.1 DBDプラズマ殺菌処理装置による紙片の殺菌
 3.2 マルチガスプラズマジェットによる菌懸濁液の殺菌とウイルス不活化
4.高効率化に向けたプラズマ殺菌,ウイルス不活化処理手法の検討
 4.1 プラズマバブリングによる液中殺菌,ウイルス不活化
 4.2 プラズマバブリングによる大容量殺菌
5.おわりに

特許からみた,化粧品新素材
琉球ボーテ(株)
■ 特集1 DX化による化粧品の顧客体験創出~その技術応用と各社戦略

①事業会社における DX 推進のカギ

1.そもそも企業にとってのDX とは何なのか?
2.Before/With COVID-19 での DX への取組み
3.COVID-19 によりもたらされる変化
4.オンライン (カウンセリング) への挑戦
5.アフターコロナへの戦略と挑戦


②デジタル化による化粧品のUX (顧客体験) 創出の最新動向

1.はじめに
2.近年の化粧品購買のカスタマージャーニーの変化:新しい買い方の登場
2.1 従来型のカスタマージャーニー:多面的情報接触とトライアル
2.2 新型カスタマージャーニー:デジタルきっかけの瞬間的購買
2.3 それぞれのカスタマージャーニーに合わせたデジタル化
3.それぞれのカスタマージャーニーに対応したデジタル UX の動向
3.1 従来型カスタマージャーニーのデジタル化対応:接客体験と商品トライアルのデジタル化
3.2 新型カスタマージャーニーをドライブするデジタル UX
4.おわりに:各社がとりうる方向性


③AI & AR を活用した化粧品のUX(顧客体験)創出の最新動向

1.はじめに
2.AI と AR
2.1 AIで広がるパーソナライゼーションの可能性
2.2 ARが実現するバーチャル装着
2.3 AIとARを組み合わせた消費者コミュニケーション方法
3.オムニチャネルで展開
4.メタバースでも展開できるAI & AR 体験
4.1 AIとARを導入したメタバースでの可能性
5.まとめ


④ビューティー×デジタル×パーソナライゼーションからみるマーケティング

1.はじめに
2.オルビス概要
3.オルビスの構造改革
4.むすび
5.今後の課題
 

■ 特集2 化粧品関連工場の自動化、少人化技術

①化粧品工場での省力化改善

1.はじめに
2.基本条件整備
2.1 安全衛生
2.2 6S
2.3 教育/技能認定制度
3.省力化
3.1 工程からの省力化
3.2 製品からの省力化
3.3 企画からの省力化
4.評価
5.事例
6.まとめ


②化粧品工場における自動倉庫と無人搬送システム

1.はじめに
2.化粧品工場における自動倉庫と無人搬送システム
2.1 原料,資材の入荷,保管
2.2 原料の製造ラインへの供給・保管
2.3 資材の製造ラインへの供給,保管
2.4 製品の回収,保管
2.5 製品の出荷
3.スマート AGV Premex XIO(プレメックス・ジオ)
4.自動倉庫における地震対策
5.制振自動倉庫システム
6.おわりに

③検査工程自動化によるオンラインフィードバック制御の設計

1.はじめに
2.検査工程の自動化検討
2.1 検査項目の選定
2.2 自動化の検討
2.3 検査工程の最適化
3.フィードバックシステムの設計
4.具体例
5.まとめ
 
■ トピック記事

①腸内フローラの基礎・メカニズムと解析・制御手法

1.はじめに
2.腸内フローラの解析法の開発と発展
3.広いダイナミックレンジを有する腸内フローラ構成菌群を精度よく解析するための手法:定量的 RT-PCR 法
4.地域による腸内フローラの違い
5.腸内フローラの恒常性
6.コロナイゼーションレジスタンス
7.プロバイオティクスによる保健作用の可能性
8.おわりに


②植物由来のポリグリセリンを主骨格とした,オイル増粘ゲル化剤の開発

1.はじめに
2.オイル増粘ゲル化剤とは
3.オイル増粘ゲル化剤 BED-102 の開発
4.オイルバームの処方例への応用
5.おわりに


③シャンプー,ヘアトリートメント製品の処方設計

1.はじめに
2.シャンプーの処方設計
2.1 シャンプーの構成成分と検討事項
2.2 アニオン活性剤の選択と配合量
2.3 両性活性剤の選択
2.4 カチオン化高分子
2.5 増粘剤
2.6 パール化剤
2.7 塩の影響
2.8 pH 調整
2.9 処方の組み立て
2.10 シャンプーの使用感評価
3.ヘアトリートメントの処方設計
3.1 ヘアトリートメントの構成成分と検討事項
3.2 カチオン活性剤の選択と使用感
3.3 高級アルコール
3.4 シリコーン
3.5 トリートメントに使われる油性成分
3.6 グリコール類を配合する場合
3.7 ヘアトリートメントの処方の組み方
3.8 ヘアトリートメントの使用感
4.おわりに


④官能評価実験の計画・実施・分析の進め方

1.官能評価
2.計画の考え方
3.実施の注意点や考え方
3.1 試料の設定
3.2 パネル
3.3 評価側面と評価手法
3.4 剰余変数への対応
4.分析の進め方
4.1 個人ごとの評価傾向の確認
4.2 評価のばらつき情報を併記した代表値表示
4.3 代表値や統計検定におけるノンパラメトリック手法の活用
5.おわりに
■ 特集1 withマスク・withコロナ時代における美容ニーズの実際とその製品開発

① @cosme からみる with コロナ時代の美容意識の変化
1.はじめに
2.@cosme とは
3.消費はより慎重に,安心安全を求める傾向
4.化粧品のミニサイズ化がもたらすメリット
5.依然としてスキンケア重視の傾向,メイクはアイゾーンの広がりに注目
6.おわりに

② 衛生マスク着用による皮膚性状への影響
1.はじめに
2.マスク着用による肌変化に関する意識実態調査
3.マスク着用による皮膚性状変化
4.マスク内環境の皮膚への影響検討
5.おわりに
 
③ COVID-19 感染症下での,マスク着用による顔面の皮膚トラブルとその対策
1.はじめに
2.マスクの種類と皮膚機能への影響
3.病因論から見るマスクによる皮膚トラブルの分類
4.マスクによる皮膚障害の臨床像
5.対策と考察
6.適切な外用剤の選択,スキンケア,専門医への紹介

④ 睫毛の対人印象への影響とアイメイク・ポイントメイクの開発
1.はじめに
2.様々な顔の要素による対人印象への影響
3.様々な睫毛の評価方法
4.対人印象に関する美容ニーズにこたえる製剤開発

⑤ with マスク時代の顔の印象評価と製品開発への応用
1.はじめに
2.衛生マスク着用による外見的小顔効果
3.透明なマスク着用が表情認識に及ぼす効果
4.おわりに

⑥ 睡眠とスキンケア
1.はじめに
2.睡眠の現状
3.睡眠とは
4.睡眠・生活リズム改善法
5.おわりに

 
■ 特集2 化粧品、材料メーカーが取り組むサステナブルの実践

① 新たな SDGs に対する化粧品研究『SDGx』の取り組み
1.はじめに
2.コーセーの研究開発
3.最後に~これからの化粧品研究における課題「複合的なSDGx」

② 化粧品の開発と連動したサスティナビリティ活動
1.はじめに
2.新製品開発におけるサスティナブルの意義
3.新製品開発とデザインレビュー
4.ウテナが取り組んでいるサスティナブル具体例
5.まとめ

③ 化粧品素材開発企業のサステナブル展開の目標と実行
1.目標として考えていること
2.実行している行動
3.理念と目標
4.まとめ

 
■ トピック記事

① スプレードライヤの基本原理と上手な運転操作方法
1.はじめに
2.スプレードライヤの特徴
3.微粒化について
4.スプレードライヤの微粒化機器
5.装置の運転とトラブル対策
6.おわりに

② 強い特許取得のための官能評価実施での留意点
1.はじめに
2.強い特許の取得方法
3.官能評価実施の留意点
4.おわりに

③ 特許面接審査を活用した広い権利範囲の取得
1.はじめに
2.面接審査によるメリット
3.まずは審査官を知る
4.面接前の準備
5.審査官との面接
6.面接後の対応
7.まとめ
おすすめの購読プラン

COSMETIC STAGE(コスメティックステージ)の内容

化粧品、原料メーカー、皮膚科医等の最前線の執筆者で構成しております。
皮膚の各種測定と評価技術の紹介。アンチエイジング化粧品の開発事例。スキンケア化粧品の開発事例の紹介。処方・製剤技術動向。色材、顔料などのメイクアップ化粧品の紹介。官能評価手法とアンケート調査。製品製造における品質保証対策。容器・包装戦略。添加剤の活用とフリー製品の開発。スキンケア市場のトレンドなど。現場でお困りな点、今だからほしい情報にクローズアップした誌面を目指しております。

COSMETIC STAGE(コスメティックステージ)の目次配信サービス

COSMETIC STAGE(コスメティックステージ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

COSMETIC STAGE(コスメティックステージ)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.