• 雑誌:美術屋・百兵衛
  • 出版社:麗人社
  • 発行間隔:季刊
  • 雑誌:美術屋・百兵衛
  • 出版社:麗人社
  • 発行間隔:季刊

美術屋・百兵衛 No.35(15年秋) (発売日2015年10月15日)

麗人社
紅葉が美しい日本の原風景、岐阜県で楽しむ芸術の秋。

美術屋・百兵衛 No.35(15年秋) (発売日2015年10月15日)

麗人社
紅葉が美しい日本の原風景、岐阜県で楽しむ芸術の秋。

ご注文はこちら

2015年10月15日発売号単品
この商品は現在休刊となっております。

美術屋・百兵衛 No.35(15年秋) (発売日2015年10月15日) の目次

■岐阜文化考■アーティスト・岐阜県美術館長 日比野 克彦/岐阜県美術館 屋外彫刻が点在する緑の中の美術館/美濃焼 その過去と現在/厳選!! 岐阜のギャラリー/養老天命反転地 常識を疑い、重力に逆らえ!/円空仏 その笑顔は観る者を幸せにする/風土が育んだ美術家=傍島 幹司、鈴木 藏、倉掛 京子、田口 美智子、二宮 貴代子、渡辺 由紀子、伊藤 嘉晃、長谷川 すみゑ、古田 雅博、石川 弘、青山 桂己、久保田 正剛、横山 明男、藤森 君枝、渋谷 真由美、早川 昌作、鷲見 悦子、坂井 信子、岩見 守、村上 貞男(秀雲)/美濃和紙とうだつの上がる町並み
■全国美術情報■インタビュー 西野 亮廣『ティム・バートンに褒められた』/秋のアートイベント(六甲ミーツ・アート芸術散歩2015、神戸ビエンナーレ2015、第26回UBEビエンナーレ)/インタビュー 茂木 健一郎「美の仕事 脳学者、骨董と戯れる」/脈々と受け継がれた 琳派400年/展覧会へ行こう(ニキ・ド・サンファル展、村上隆の五百羅漢図展、孤高の画家 熊谷守一と朝井閑右衛門、生命の徴 -『滋賀とアール・ブリュット』)/美術館のレストラン(九州国立博物館)/ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち vol.3/著名美術評論家らの連載コラム/全国美術館・ギャラリー情報、他

美術屋・百兵衛の内容

  • 出版社:麗人社
  • 発行間隔:季刊
12年目の大リニューアル!! 「今の美術」を伝えるアート専門誌。
2007年4月の創刊以来、日本の美術と全国47都道府県の文化を紹介してきた雑誌『美術屋・百兵衛』。それから12年、令和という新しい時代を迎え、アートファンに求められている「今の美術」について伝える雑誌へとシフトチェンジしました。注目のアーティストや展覧会、美術館、画廊などのタイムリーな情報を毎号掲載する他、現代美術家・小松美羽や洋画家・佐々木豊の新連載コラムもスタート。知れば知るほど奥深い「美術」をわかりやすく解説する、いわば“ライトなアートファンのための、美術ガイドブック”です。

美術屋・百兵衛の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

美術屋・百兵衛の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.