いいね!農style 発売日・バックナンバー

全10件中 1 〜 10 件を表示
家を一歩出たらそこが職場という
生産者にとって農の現場は
子育ての場でもあるのです。

ある若い農家さんのお話に
なるほど!と
膝を打った瞬間から始まった
今回の「いいね!農スタイル」の取材。

育児や保育の現場の
さまざまな「思い」や「願い」に
心打たれた一方で、
アニマルウェルフェアや
帰ってきた蛍の話、
映画の舞台裏のエピソードなど。

新たな世界も垣間見ることができ
いつにも増して充実した構成となっています。

9号目の「いいね!農style」も、
とっておきのお話をぎゅっと詰め込みましたので
ぜひご覧ください。


【Contents】
農的子育ての、風景の中へ。
◎南富良野町 松鶴ファーム
松鶴 健作さん 愛さん ご家族
◎七飯町 牧場のこども園
スーホ高橋 諭子さん

五十歳から始めた自然栽培
破れたスコップと、傷だらけの拳。
◎大空町 山本農産
山本 義勝さん 律子さん

水田に帰ってきた、五十年ぶりの”光”。
◎北広島市 有限会社タカシマファーム
髙嶋 浩一さん

ハーブを使った新たな一手。
◎芽室町 いろどりファーム
飛田 暁さん 彩夏さん

声なき声に、耳を澄ませて。
「アニマルウェルフェア」
酪農の現場から
◎旭川市 クリーマリー農夢
佐竹 秀樹さん

仲野満さんを囲んで。
◎長沼町 仲野農園
仲野 満さん

彼の生き方と、家族の支え方。
◎七飯町
藤吉 大志さん 愛さん

うつくしくあたたかな、映画の舞台裏へ。
◎せたな町 村上牧場
レプレラ村上 健吾さん
新しい
農の「しくみ」を
作る人。
◎北広島市 合同会社 竹内農園
代表社員 竹内 巧さん
◎天塩町 株式会社 宇野牧場
代表 宇野 剛司さん


八百屋のすず辰は、
かく語りき。
◎函館市 八百屋 すず辰
店主 鈴木 辰徳さん


農スタイルを
味わう場所。
◎余市町 余市SAGRA
代表 村井 啓人さん 弥生さん
◎倶知安町 J’ai la patate
シェフ 清野 弘敬さん 奈保さん


農の六次化を実現させた
「幌高商店会」の発想。
◎幌加内町 北海道幌加内高等学校


祖父母から孫へ、
若き農家の
経営移譲にまつわる
人間ドラマ。
◎知内町 中村農場
中村 健太郎さん


原生の丘に、
野生牛を育む人。
◎様似町 駒谷牧場
代表 西川 奈緒子さん


養鶏と自然学校に取り組む
夫婦のエピソード。
◎稚内市 カヤニファーム/
ゆうち自然学校
伊藤 香織さん
伊藤 輝之さん ご家族


3兄弟の
大きなきのこ。
◎比布町 遠藤農産
遠藤 崇さん 亮さん 洸明さん
初めての収穫、最後の収穫。
◎芽室町 廣田農園 廣田一公さん 由美さん
◎札幌市 かわいふぁ~む 川合 浩平さん
◎北竜町 高橋農場 高橋 信良さん 恭子さん

仁木の田舎にこぞりて。
◎仁木町 KOZORITE 主宰 白木 克洋さん

「まさか!」の先に「まさか?」がありました。
◎余市町 余市のぼりんファーム 代表 木原 茂明さん

踊る若手農家の、ピュアな心意気。
◎むかわ町穂別 中澤農園 中澤 和晴さん

牛を描き、牛と生きるアーティスト。
◎中標津町 冨田 美穂さん

ヒンメリは、麦わらと糸と、地元を思う心でできている
◎遠軽町 えづらファーム 江面 陽子さん

えんがるヒンメリの会 aurinkoのみなさん
町に初めての 「日本一」を実らせたハスカップ農家の物語。
◎厚真町 ハスカップファーム 山口農園 山口 善紀さん

三農七陶という生き方
◎旭川市 土のフジワラ 藤原 有二さん

札幌の農業を支え続けた行政マンの半生。
◎三部 英二さん
大地を拓き、家族と生きる
新天地に紡ぐ、二つの家族の物語。
◎七飯町 山田農場/山田 圭介さん あゆみさん
◎豊富町 工房レティエ/久世 薫嗣さん


農を輝かせるのは女子力だ!
◎農と暮らしの委員会のみなさん


小さなピザ窯がつなぐ三兄弟の夢。
◎滝川市 野口ファーム/野口 博隆さん 翔吾さん 遼太さん


農の新たな伝え手
農業と教育を結ぶ、アニマドーレプロジェクト


カラフル野菜は三年先を行く!?
◎津別町 株式会社 希来里ファーム/野宮 弘樹さん


ふへほのはなし〈1〉トマトのほぉ~。


その後の農スタイル
叶えた夢と、叶えたい夢。
長沼町 株式会社esaki/江﨑 佑さん


“ダメ”なのがフツーなんだって、伝えたい!?
◎バカ農業のみなさん


ファーマーズ・エッセイ
父の青いトマト


ふへほのはなし〈2〉お米のへぇ~。


穂別に実る奇跡の果実の物語。
◎むかわ町 株式会社 遠藤組/星 幸子さん
農の舞台裏の研究者たち。
◎小樽市 田中酒造 田中 一良さん
◎札幌市 北海道立総合研究機構 柳原 哲司さん

命の料理人。
◎豊頃町 株式会社エレゾ社
◎札幌市 カマラード サッポロ 佐々木 章太さん

女の子が農家を継いだっていいじゃない!
◎はらぺ娘のみなさん

小さな苗とささやかなふれあいと。
◎札幌市 gardenshop GreensBee

短角牛を飼う心やさしき異端児。
◎えりも町 高橋ファーム 高橋 祐之さん

開墾体験記

開拓者という原点。
◎中標津町 有限会社竹下牧場

東京の商店街で、十勝への愛を表現する。
◎トカチプのみなさん

みんなハーブが教えてくれた。
◎北見市 有限会社香遊生活 舟山 秀太郎さん

農スタイル前夜「それぞれのプロローグ」
◎北広島市 トロワの畑 エンドゥ・トロワさん
◎札幌市 コモレビファーム 稲野辺 努さん

道産小麦のパスタはいかが?
◎南幌町 株式会社サッポロ麺匠 山下 雅広さん
農の扉を開く人たち。
◎弟子屈町/柳谷 順尚さん
◎遠軽町/江面 暁人さん・陽子さん
◎札幌市/西山さんご家族

ナタネ畑の向こうに。
◎音更町 佐藤農場・十勝農工房 佐藤 健司さん

息子の言い分父の言い分
◎北見市 安斉農場 安斉 大夢さん・安斉 秀一さん

タネのネタ

ネオンの街から農の世界へ。
◎札幌市 株式会社 タフスコーポレーション 田村 準也さん・中村 貴幸さん

『農styleファーム 豊滝農場』
豊滝での一年目を終えて

羊飼いの作家
◎別海町 河﨑牧場 河﨑 秋子さん

Short Short Story
かぞくぜんざい
◎文 河﨑 秋子さん

いいね! アグリチャレンジャー
真冬の十勝でマンゴーを収穫!?
◎帯広市 株式会社 ノラワークスジャパン 中川 裕之さん

いいね! アグリチャレンジャー
個人農家が品種開発!?
◎旭川市 のなか農園 野中 剛さん

コトバのたね
ハイリスクスイートリターン
◎文 ほんだ はるみ
栗山の農が元気なのだ。
◎栗山町/(有)植物育種研究所 岡本 大作さん
◎ハサンベツ/栗山町ハサンベツ里山実行委員会 髙橋 慎さん
◎雨煙別/NPO法人雨煙別学校 諸橋 淳さん

小麦農家が焼くパンの話。
◎遠軽町/小麦農家・パン酵房fu-sora 滝澤 博良さん・愛実さん

七転び八起きの八百屋さん
◎函館市/八百屋夢八 国分 晋吾さん

農と生きる家族
◎美瑛町/美瑛やまびこ農園 石原さん家族

農と生きる夫婦
◎富良野市/ウエダオーチャード 上田 聡さん・桃子さん

牧場と人と願いをつなぐ、根室フットパス
◎根室市/AB-MOBIT

MAGICAL 農スタイルTOUR〈道北編〉

都会の高校生と新米教師の、青春農体験。
◎札幌新陽高校『アグリクラブ』

いいね!農スタイル「豊滝農場」が誕生します。

サラダ青年の謎

農村に夢の花を咲かせる人
◎長沼町/押谷農園 押谷 志都香さん
農と寄り添い 地域と生きる移住者
滝の上に暮らす人たち

堀田さんと、こいもプロジェクトと、エトセトラ。
コイモが生み出す大きな夢
◎士幌町/夢想農園 堀田 隆一さん

市場ウォーク
◎絵とコメント/中井 令

3.11を乗り越え、畜産農家として
再起を誓う一人の青年の話
飯舘村から長沼へ。
◎菅野 義樹さん

変幻自在な農的集合体
しなやかで、つよい絆。
◎せたな町・今金町/山の会

リンタ・コッタと、
ものぐさな僕と、
赤いパプリカと。

畑のあるカフェ。
◎富良野市/cafeゴリョウ
◎更別村/植えるCAFE

考えて、動いて、つながる。
十勝の新世代ファーマー
◎帯広市/とやま農場 外山 隆祥さん

「一旗あげたい」で、いいじゃん。
◎(株)バイオマスソリューションズ 藤本 達也さん

Bride of the farmhouse
教えて、農家のお嫁さん
アートする農場
農が広げる新しい世界がある。
◎中標津町/佐伯農場


こせがれが北海道農業を救う!?
やんちゃで頼もしい、若き農業人達


Fashion in the Farm
おしゃれして、畑に行ったって、いいじゃない(笑)
◎余市町 fruit farm ARA/荒 絵里さん


小さな農園に宿る大きな夢
◎長沼町 きのとやファーム/江﨑 佑さん


ファーマーズ・エッセイ「家の年齢」
◎絵と文 イマイカツミ


在来種の豆のお話
理由あって、マダラ模様なのです!


大地が薫る、北海道のBAR
◎BARRCOM Sapporo


「答えは、いつも自然の中にあるんです」
自然のサイクルに学ぶミニトマト栽培
◎富良野市/ふらのやまもと農園


Colorful Vegetable!


Farming People
都会暮らしのフリーライターが飛び込んだ、農の世界


農と向き合う学生たち
◎天使大学 北の食物研究所 ◎北海道大学 Agees ◎函館famfam

いいね!農styleの内容

北海道の「農」は、こんなにも豊かなのだ。
北海道にとって「農」は元気のもと。生産するひと、売るひと、料理するひと、食べるひと。みんなで「農」を支えています。芸術家の創作活動を応援する「アートする農場」、斬新でエネルギッシュな農家のこせがれたち、半農半画家のファーマーズ・エッセイ、野趣あふれる風味・個性的な味わいが特徴の「地豆」、農と向き合う学生たち、等々。わたしたちが出会ってきた素敵でバラエティ豊かな農スタイルをご紹介しています。

いいね!農styleの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

いいね!農styleの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.