• 雑誌:WIRED(ワイアード)
  • 出版社:コンデナスト・ジャパン
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の14日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[デジタル版]500円
  • 雑誌:WIRED(ワイアード)
  • 出版社:コンデナスト・ジャパン
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の14日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[デジタル版]500円
  • 雑誌
  • デジタル版

WIRED(ワイアード)

デジタル版なら入手困難なバックナンバーも発売中!
  • 雑誌
  • デジタル版

WIRED(ワイアード)

デジタル版なら入手困難なバックナンバーも発売中!

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
WIRED(ワイアード)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

WIRED(ワイアード) 雑誌の内容

1993年に米国で創刊、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版
社会をリードする先導者たちに、テクノロジー、カルチャー、サイエンス、ビジネスカテゴリーの最先端動向を美しいデザインとビジュアルで表現。テクノロジーが時代をどのように変え、時代がテクノロジーに何を望むかを追求し続けることで、テクノロジーと社会についての「未来の地図」を提唱します。

WIRED(ワイアード)の無料サンプル

Vol.41 (2021年06月14日発売)
Vol.41 (2021年06月14日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

WIRED(ワイアード) Vol.45 (発売日2022年06月13日) の目次

AS A TOOL
気候危機を生き抜くツールカタログ

総力特集したこの最新カタログで紹介する全180のツールには、『WIRED』日本版が考える2020年代の思想とライフスタイルが凝縮されている。カテゴリーは4つ。一人ひとりが自律的に生きるための「ノマディクス/遊牧」、その先にオフグリッドを前提とした住まい方を標榜する「シェルター」、他者とのつながりを取り戻す「コミュニケーション」、そして、全球的なシステムにアクセスするための「ウィズダム/知恵」。あらゆる可能性をツールへと読み替える「カタログ」という名の冒険へようこそ!

ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー、ジェイソン・エヴァンス、ザリア・フォーマン、ケヴィン・ケリー、マーク・フラウエンフェルダー、クラウディア・ドーソン、夏目 彰、ミーガン・ハイン、阿部仁史、長﨑 陸、小川秀明、山戸ユカ、サマー・ミショー = スコーグ、片野晃輔、高橋祥子、斉藤賢爾、小澤いぶき、久保田晃弘、三上直之、野尻抱介、大童澄瞳、柞刈湯葉、劉 慈欣、水野祐、豊田啓介、倉田哲郎、川田十夢ほかが登場。
THE NORTH FACE
A & F
Editor’s Letter
Paraboot
Contents
MAMMUT
Contents
4人のアーティストと道具
気候危機を生き抜くツールカタログ
これは可能性が並べられたカタログだ
NOMADICS
SHELTER
COMMUNICATIONS
WISDOM
【AD】WIRED AS A TOOL
【AD】SZ MEMBERSHIP
終末ピクニック
WIRED PROMOTION 箱根と大自然をアクティヴェートするために
よりよく生き抜くための、道具と知恵
生活に未来を実装せよ
水野祐が考える新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕 第10回 気候変動と「法」のコンヴィヴィアリティ
すすめ!! VIRTUAL CITIES Inc.(仮) 豊田啓介 × 倉田哲郎 第8回 メタヴァースの定義
【AD】GQ JAPAN
WIRED INSIDER
川田十夢の「とっくの未来」 第22回 汗とお金とクリプトアート
Masthead
Next Issue
BMW

+   WIRED(ワイアード)の目次配信サービス

WIRED(ワイアード)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.49
全てのレビュー:39件

レビュー投稿で500円割引!
必須
★★★★☆2022年07月24日 miwa1984tm 自営業
毎回、新しい刺激をいただけます。なぜ本屋に並ばないのか甚だ疑問です。
面白い
★★★★☆2022年04月26日 Matsuri 専門職
知的好奇心を駆り立てられる様な雑誌です。 テレビや、ネットとは違い、新しい情報だけでなく、考え方も見方も、じっくり読めるところが良いです。難しいところもあると思うので、マイナス星一つですが、試しに読んでみて、肌にあえば、とても良い雑誌だと思います。
毎回楽しみ!
★★★★★2022年01月05日 jjjjjjj 会社員
写真がきれいで、つい夢中で読んでしまいます。今後も継続します。
「これから」について
★★★★☆2021年08月07日 けい 公務員
我々の「これから」について、わかりやすく書かれています。 興味深く、読ませていただきました。
既知の領域を超える楽しさがあります
★★★★★2021年05月24日 zooom 会社員
ワイヤードは、テクノロジーに限らず、人文的なアプローチも含めて、既知の領域を超える楽しさがあります。
いつも驚きが
★★★★★2021年04月22日 deme 自営業
いつも楽しみに購読させていただいているのですが社会の問題点などを独自の視点でとらえた内容が素晴らしいくて面白いです。
ウェルビーイングを再認識
★★★★★2021年03月04日 aki 会社員
このWIREDのウェルビーイング特集を読むまで、ウェルビーイングの意義を完全に誤解していた。WHOが定義する心身の健康、心理的なマイナスをゼロにする狭義の意味で捉えていたが、拡張的ウェルビーイングが人の新たな可能性の開花につながることを理解した。
新たな視点を発見できた
★★★★★2020年07月15日 ぼぶ 会社員
無意識に過ごす日常を新たな視点で見つめ直し、未来を考えるきっかけとなる
最新のビジネスのヒント
★★★★★2020年06月27日 Ju 部長
毎号、世の中の一歩先を様々な視点で学べる秀逸な記事がそろっています
テックから垣間見る未来
★★★★☆2020年06月20日 YK 会社員
テクノロジーから将来世界がどうなるのか想像力を刺激する雑誌。 読み応えがあります。 欲を言えば、もう少し文字が大きいと読み易いかな。
レビューをさらに表示

WIRED(ワイアード)のバックナンバー

AS A TOOL
気候危機を生き抜くツールカタログ

総力特集したこの最新カタログで紹介する全180のツールには、『WIRED』日本版が考える2020年代の思想とライフスタイルが凝縮されている。カテゴリーは4つ。一人ひとりが自律的に生きるための「ノマディクス/遊牧」、その先にオフグリッドを前提とした住まい方を標榜する「シェルター」、他者とのつながりを取り戻す「コミュニケーション」、そして、全球的なシステムにアクセスするための「ウィズダム/知恵」。あらゆる可能性をツールへと読み替える「カタログ」という名の冒険へようこそ!

ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー、ジェイソン・エヴァンス、ザリア・フォーマン、ケヴィン・ケリー、マーク・フラウエンフェルダー、クラウディア・ドーソン、夏目 彰、ミーガン・ハイン、阿部仁史、長﨑 陸、小川秀明、山戸ユカ、サマー・ミショー = スコーグ、片野晃輔、高橋祥子、斉藤賢爾、小澤いぶき、久保田晃弘、三上直之、野尻抱介、大童澄瞳、柞刈湯葉、劉 慈欣、水野祐、豊田啓介、倉田哲郎、川田十夢ほかが登場。
1,200円
1,100円
CONTENTS

■ Editor’s Letter
Web3、 あるいは所有と信頼のゆくえ

■ TO BOLDLY GO WHERE NO ONE HAS GONE BEFORE
行く手に待つのは、 何色のフロンティア!?

通時性を弱体化させ、 共時性を爆発させたのがWeb2.0だとするならば、 いったいWeb3は何を加速させるエンジンになるのだろうか。 もしそれが「プロトコルによる再創造」なのだとしたら、 これから先、 どのような世界が待っているのだろうか。

■ LESS TRUST, MORE TRUTH
信頼(信仰)に代わる真実を
ギャヴィン・ウッドが描く、 自由へと続く航路
イーサリアムの共同創設者であり、 世界的なブロックチェーン開発企業を運営するギャヴィン・ウッド。 彼こそが「Web3」の提唱者にほかならない。 Web3を支える分散型のテクノロジーこそ、 いまの社会を取り巻く独占的支配から世界を解放する“一縷の望み”だと考えるそのヴィジョンの神髄に迫った。

■ CRYPTO MANDALA
“クリプト”をめぐる4つの概念図

法定通貨経済圏との分離、 DeFi(分散型金融)の登場、 トークンという概念の確立……と確実にステップを刻み、 NFTのブレイクによっていよいよマスアダプション期を迎えた暗号通貨の経済圏。 いま一度その概要をキチンと把握するべく、 Web3リサーチャーのコムギが「クリプトのツボ」を解説する!

■ Harmonizing with the Real World
野球カードとNFT
北澤 直
かつて大きなハッキング事件が起きた。 いまだ投機的なスキームだと思われているフシもある。 日本におけるクリプトエコノミーの立ち位置は、 まだまだ盤石とは言い難い。 だからこそ自分たちにはできることがあると、 Coinbase代表取締役の北澤直は考えている。 その目に映るクリプトの役割、 そして可能性とは?

■ MUSIC NFTs 101 FOR ARTISTS
「音楽の未来」を読み解くための3つのレッスン
ジェシー・ウォールデン/starRo
日夜登場するWeb3時代のツール群は、 ミュージシャンにとって“武器”になるのか? それとも、 プラットフォームによる搾取の歴史は繰り返されるのか? 常に先端テクノロジーの実験場であり続けた「音楽業界」はWeb3によってその勢力図が塗り替えられるかもしれない。 音楽業界の新しいランドスケープと、 その未来を読み解くための3つのレッスン。

■ DAO FOR NATIONS
22世紀の民主制
落合渉悟
ピーター・ティールいわく「自由と民主主義は両立しない」らしい。 そうした生粋のリバタリアンに倣って、 国家から脱出するのではなく、 この民主主義をブロックチェーンによって修復できないだろうか? 自治体機能が縮小していく未来を前にして、 ぼくらは「DAO」というツールに希望を託す。

■ TAKEMURA JUKU
特別講義!Web3の課題と個人主義の再解釈
武邑光裕
2015年からベルリンで7年間暮らし、 その間にGDPR(EU一般データ保護規則)の発効・適用を体験するなど、 ヨーロッパ流「個人主義」の本質を肌身で知るメディア美学者の武邑光裕。 彼の目に、 現在のWeb3を取り巻く狂騒はどう映っているのだろうか。 武邑が2013年から主宰する私塾「武邑塾」が、 『WIRED』日本版にて特別開講!

■ Web3 GLOSSARY A to Z
精選“ワ式”新用語集
変貌する世界を見据える100のキーワード

Web3の全体像を掴むには、 新出のキーワードを押さえておく必要がある。 今回、 『WIRED』日本版編集部が100のキーワードをピックアップ。 新たな世界を支える言葉の拡がりを知れば、 Web3の向かう先を知る手がかりにもなるかもしれない。

■ THE ESCAPIST FANTASY
遊びと労働のゆくえ
資本主義がのみ込むNFTゲーム
ブロックチェーンを基盤に、 ゲームと金融をかけ合わせたGameFiの市場が急拡大中だ。 なかでも「Play to Earn(プレイして稼ぐ)」型のゲームは、 プレイヤーに資本主義の純粋な悦びを与える一方で地球規模での新たな労働移動を生んでいる。 この潮流の行き着く先は、 希望か、 あるいは幻想か。

■ ACCELERATOR FOR THE WELLBEING SOCIETY
人類のウェルビーイングにはWeb3が必要だ
北川拓也 × スコット・コミナーズ × ジャド・エスバー
これまで「幸福」が客観的な指標でしか測られてこなかったとすれば、 Web3によって、 あなたの主観的なウェルビーイングの価値がやっと社会に実装される時代が到来するかもしれない ──そう語る北川拓也がハーヴァード大の同窓で「Web3」の気鋭の論客ふたりを迎え、 Web3×ウェルビーイングの可能性を大いに語る!





■ STORY 「HOTFIX ホットフィックス」
津久井五月
現実世界の物理法則を緻密にシミュレートした最初で最後の仮想世界ニュー・バベル。 20年前に起きた原因不明の災禍により、 現在は半ば廃棄されたその世界を調査しているコンスタント・エヌは、 ある日、 アスガーという人物と出会う。 彼はずっとニュー・バベルに留まり、 ギーという人物を探しているという。 アスガーは言う。 「ギーは絶対に信用ならないやつなんだ。 必ず見つけ出してやる」と──。 俊英・津久井五月が未来のメタヴァース空間を舞台に「信頼」と「不信」を描いた短編SF!




■ 人気コーナーと話題の連載も充実!
▶FETISH 生活に未来を実装せよ
▶【連載】NEW TRUST, NEW SOCIAL CONTRACT 水野祐が考える新しい社会契約 〔あるいはそれに代わる何か〕第9回 NFTの「準所有」と著作権の終わり(の始まり)
▶【連載】すすめ!! VIRTUAL CITIES INC.(仮)豊田啓介 × 倉田哲郎 第7回 匿名の空間と公共の必要性
▶【連載】Way Passed Future 川田十夢の「とっくの未来」 第21回 能と拡張現実



■ WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、 現在6 カ国/地域で展開する、 世界で最も影響力のあるテックカルチャーメディア『WIRED』の日本版として、 1994年にスタート(2011年からコンデナスト・ジャパンより)。 現在、 雑誌(年4回)、 ウェブサイト、 サブスクリプションサービス「SZ MEMBERSHIP」、 イヴェント/カンファレンス、 コンサルティングサービス「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」などを展開する。 『WIRED』日本版は、 テクノロジーの進化を通して、 ライフスタイルからビジネス、 カルチャー、 エンターテインメントまで、 その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、 イノヴェイターたちをインスパイアするメディアです。
『WIRED』日本版 VOL.43「THE WORLD IN 2022」
CONTENTS

■ 01_TECHNOLOGY
他者への共感を軸にした技術開発が進む
CURATED COMMUNITY(キュレーション型コミュニティ)
NON-CODING CODERS(ノーコードのDX)
BALANCING RISKS(プライヴァシーと公共の安全)
AI GOVERNANCE(AIガヴァナンス)
SILICON SMARTS(シリコンチップの知性)

■ 02_SCIENCE
宇宙、 人類、 化学の謎解きが加速する
SPACE MISSIONS(宇宙関連プロジェクト)
PROPRIOCEPTION(自己受容感覚)
MOLECULAR SIMULATION(分子シミュレーション)
BRAIN ORGANOIDS(脳オルガノイド)

■ 03_HEALTH
革新的技術がヒューマニティに満ちた医療を実現する
EMBRYO-LIKE STRUCTURES(ヒト胚盤胞様構造)
CUSTOMIZED ANTIBODIES(カスタマイズド抗体)
DATA-DRIVEN HEALTHCARE(データドリヴン・ヘルスケア)
IVF ROBOTS(体外受精ロボット)

■ 04_ENVIRONMENT
クリーンな産業革命がイノヴェイションの震源地となる
VERTICAL CITIES(上昇志向の都市)
CLEAN ECONOMY(クリーンエコノミー)
CO2 CAPTURE(二酸化炭素除去)
PLASTICS TREATY(プラスティック条約)
RENEWABLE HEATING(グリーン暖房)

■ 05_TRANSPORT
グリーン革命を加速させるインフラとなる
FLEET-CHARGING(フリート充電)
CLOSED LOOP POWER(リサイクルバッテリー)
GREEN HYDROGEN(グリーン水素)
EDGE NODES(エッジノード・インフラ)
ALTERNATIVE FUEL(バイオ燃料)

■ 06_POLITICS
政府という概念をデジタルが“過激に”アップデートする
GLOBAL NEIGHBORHOOD(グローバルなネイバーフッド)
NEW SOCIAL CONTRACTS(新しい社会契約)
DIGITAL STATES(デジタル国家)

■ 07_BUSINESS
最新テクノロジーでビジネスのランドスケープが一変する
IDEA CAPITALISM(アイデア資本主義)
REGTECH(レグテック)
CREATOR ECONOMY(クリエイターエコノミー)
NARRATIVE BRANDING(ナラティヴ・ブランディング)
DATA SHARING(データシェアリング)

■ 08_CULTURE
AIとブロックチェーンがアートを進化させる
NFT ART(NFTアート)
AI CURATION(AIキュレーション)
NEW PHILANTHROPY(アートとフィランソロピー)

■ 09_ SECURITY
サイバー犯罪が極めて身近な脅威となる
CRYPTO CRIMES(クリプトクライム)
FOOD SECURITY(フードセキュリティ)
DIGITAL THREATS(リアルなサイバー被害)

■ 10_GEAR
クリーン&クールな電動モビリティが街をゆく
AIRBUS_CITYAIRBUS NEXTGEN
DAVINCI DYNAMICS_DC100
CANOO_LIFESTYLE VEHICLE
TESLA_MODEL Y
HYUNDAI_IONIQ 6
UNAGI_MODEL ELEVEN
VANMOOF_VANMOOF V

■  人気コーナーと話題の連載も充実!
▶【連載】水野祐が考える新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕 第8回 クリエイターエコノミーと修理する権利
▶【連載】すすめ!! VIRTUAL CITIES INC.(仮)豊田啓介×倉田哲郎 第6回 現在の住民、 未来の住民
▶【連載】Way Passed Future 川田十夢の「とっくの未来」 第20回 発明小僧と小僧寿し
▶ EDITOR’S LETTER 「なぜ22世紀を想像できないのか?」
■ ミラーワールドはデジタルコモンズの夢を見るか
ケヴィン・ケリーに訊くコモンズの過去・現在・未来
インターネットカルチャーの黎明期からその思想の根底にあった「コモンズ」の実践は、 いまや目の前に拡がる巨大なネクストフロンティアである〈ミラーワールド〉へと受け継がれている。 『WIRED』創刊エグゼクティヴエディターのケヴィン・ケリーが語るこれまでの歴史と、 30年後の未来のコモンズ。



■ 天才経済学者に訊く、 コモンズと合意形成にまつわる8の質問
資本主義と民主主義への提言をまとめた『ラディカル・マーケット』が話題を呼んだ経済学者グレン・ワイル。 「WIRED25」にも選ばれた彼の類いまれなる見識を引き出すべく、 本誌にコラボレーターとして参加した成田悠輔(経済学者)、 稲谷龍彦(法学者)、 水野祐(弁護士)とともに、 コモンズと合意形成にまつわる8つの質問を投げかけた。



■ 仮想空間のコモンズ メタヴァースで「自分らしく」生きるために
わたしたちは間もなく仮想空間と現実世界のあわいを、 自由に行き来するようになるだろう。 未来の日常の一部となるメタヴァースという新たな世界で文化や経済、 そしてわたしたち自身はいかに変化してゆくのか。 そして、 そこをいかに「共有地」とすることができるのだろうか。 「オープンメタヴァース」をキーワードにひもといてゆく。



■ 「未来」というコモンズ 〈死〉と〈想像力〉が導く、 将来世代への責任
いまを生きるわたしたちと100年後、 1000年後を生きる人々は時間軸を共有しえない。 しかし、 科学技術文明において現代世代は未来世代を滅ぼすことができる。 たとえその両者で合意形成できずとも、 「未来」をコモンズとして遺していくことは可能ではないか ── 。 人類学者・磯野真穂、 哲学者・戸谷洋志というふたりの俊英が、 この壮大なスケールの問いに向き合った。



■ コモンズと合意形成を巡る必読本16
コモンズや合意形成をより多角的に捉えるためには何から考えていくとよいだろう? その視座を得るべく、 固定観念を塗り替える知恵とクリエイティヴなマインドをもつ著者とマンガ家4名に、 「長期的思考」「地域経済」「設計」「交渉力」の観点から選書を依頼。 元素から地政学まで、 その独自の解釈をご覧あれ。


■ 人気コーナーと話題の連載も充実!
▶ STORY 「THE LAST COMMONS 最後の共有地」宮内悠介
▶ FETISH お仕着せのプロダクト選びから脱却せよ!
▶ METHOD NATURE-TECH LABORATORY アパレルの未来を書き換える先端素材の可能性
▶ WRD DIG IN 編集部がディグる、 気になるアレコレ
▶【連載】水野祐が考える新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕 第7回 データコモンズの行方
▶【連載】すすめ!! VIRTUAL CITIES INC.(仮)豊田啓介×倉田哲郎 第5回 公共の「グラデーション」
▶【連載】Way Passed Future 川田十夢の「とっくの未来」 第19回 宿命と加齢臭
▶ EDITOR’S LETTER 「二度目はコモンズの喜劇として」

■ WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、 現在6 カ国/地域で展開する、 世界で最も影響力のあるテックカルチャーメディア『WIRED』の日本版として、 1994年にスタート(2011年からコンデナスト・ジャパンより)。 現在、 雑誌(年4回)、 ウェブサイト、 サブスクリプションサービス「SZ MEMBERSHIP」、 イヴェント/カンファレンス、 コンサルティングサービス「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」などを展開する。 『WIRED』日本版は、 テクノロジーの進化を通して、 ライフスタイルからビジネス、 カルチャー、 エンターテインメントまで、 その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、 イノヴェイターたちをインスパイアするメディアです。
■ 地域とそこで暮らす市民のために再構築される「経済」のあり方を問う、 “NEIGHBORHOOD ECONOMY”
グローバル経済に対するオルタナティヴは「ネイバーフッド」を起点に始まるかもしれない。 そこで暮らす市民が協働し、 地域に変革をもたらすためには、 どのようなシステム/ツール/視座が求められるだろう。 これからの経済のあり方を「ネイバーフッド」の視点から照射する。

『ネイバーフッドを豊かにする観光の未来を探して』 では、 パンデミックとオーバーツーリズムという2つの危機を乗り越えた先に描くべき「観光」の未来を特集。 地域資源を搾取せずその地域を豊かにしてくれる、 そんなネイバーフッドにおける「観光」と「場所らしさ」の関係性を、 リチャード・フロリダとFairbnbへのインタヴューを通じて、 Placy鈴木綜真がひもといていく。



そのほか、 都市の再編と地域経済の可能性や、 ネイバーフッドにおける経済の創出、 市民を中心とした経済循環のためのエコシステム構築や経済学の新しいモデルについて、 専門家やデザイナー、 人類学者を交えて考察する。


■ 未来の都市や公園のリジェネラティヴなアップデートのあり方を考える、 “NEIGHBORHOOD CITY”
歴史や文化、 経済、 そこで暮らす多様な人々……あらゆる価値観を受容する複雑な都市のなかで、 いま何が、 いかにして再生されるべきなのだろうか。 トポフィリア(場所への愛)が起点となる「ネイバーフッドの視点」を取り入れることで見えてきた、 これからの社会に求められる都市の姿を「15分都市」や「Feminist City」など注目のキーワードとともにひもといていく。

『行政から始まる「公園利用のニューモデル」』 では、 スタートアップと協業する芦屋市都市建設部 道路・公園課をフィーチャー。 行政はいかにして公園を「新たな公共空間」としてアップデートできるだろうか。 市民によるかつてない方法での公園利用を促すべく、 スタートアップ「パークフル」と協業して日本初の「公園レンタルのオンライン申請サービス」を開始した芦屋市の挑戦に迫る。



さらに、 『Feminist City』の著者レスリー・カーンへのインタビューのほか、 コラム 『「夜道が怖くない未来」への提言』 では、 女性目線での都市のあるべき姿を考察。 世界の女性、 約30億人(ほぼ全員!)が夜道を歩くことに不安や恐れを感じているというその恐怖に寄り添い奮闘する起業家たちへ、 「すべての人」が安心して夜に闊歩できる都市へのヒントを訊いた。



■ 時間と距離とアイデンティティを超えてつながり合う社会、 “DISTANT NEGHBORHOOD”
『WIRED』日本版では2019年の特集『MIRROR WORLD #デジタルツインへようこそ』以来、 物理空間とヴァーチャル空間が鏡合わせとなる「ミラーワールド」の到来を他に先駆けて特集してきた。 その実装の先には、 街も人もハードとソフトに分離する世界が到来するだろう。 そこでは距離や時間の隔たりがなくなるだけでなく、 アイデンティティさえ自由に選択できる新しいネイバーフッド時代の幕開けが訪れるはずだ。

国土交通省による日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクト「PLATEAU」に参画し、 サイバーとフィジカルを空間融合させた、 コミュニケーション体験の拡張を目指すMESON梶谷健人が描く、 ソフトウェア化する都市への青写真を特集するほか、 XRが拡張した世界において人が集まる意味や、 時間と距離を超えてつながり合う豊かなディスタントネイバーフッドがいかにして成り立つのかを、 「並列存在の自由」といったキーワードから深掘りしていく。

■ 20世紀の都市を生み出したクルマは、 いかにしてコモンズと再接続するのか
「有限である化石燃料によって成り立つソサエティが無限であるはずがない」。 これは政治学者・山本達也の言葉だ。 クルマによって人類の行動範囲が拡がったことは、 都市と郊外という二極化を生む発端となった。 『 クルマ旅とエネルギーの未来』 では、 エネルギーシフトが求められるいま、 クルマとコミュニティとの新しい関係を模索する4つの事例を取材し、 クルマと都市の未来を読み解く。



■ 『WIRED』日本版編集部が“本気”で選んだ「お気に入り」から目が離せない!
『WIRED』日本版編集部員たちが、 世界中から掘り起こした「お気に入り」を紹介するコーナー 『WRD DIG IN 編集部がディグる、 気になるアレコレ』 。 都市に自然を実装するラボや注目のフェムテック社内プロジェクト、 もらってうれしいサステイナブルな手土産に、 スマートコンタクトレンズからオススメの水中スクーターまで、 編集部の偏愛がほとばしる解放区へようこそ!


■ 人気コーナーと話題の連載も充実!
▶ A QUIET PLACE 世界の始まりから存在していた静寂 消滅の危機にある静かな“音景”を守る意義
▶ FETISH 眠れる物欲を覚醒させよ
▶【STORY】『白夜境』 吉上亮
▶【連載】水野祐が考える新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕 第6回 互助の感性が生み出す新しいエネルギー
▶【連載】すすめ!! VIRTUAL CITIES INC.(仮)豊田啓介×倉田哲郎 第4回 “長”の選出方法
▶【連載】Way Passed Future 川田十夢の「とっくの未来」 第18回 NFTと「人間失格」
▶ EDITOR’S LETTER「ネイバーフッドの逆襲」
OnitsukaTiger
THE NORTH FACE
Editor’s Letter
DELL
Contents
Goldwin
Contents
地球のためのガストロノミー
「第三の皿」を求めて
持続可能なガストロノミーの条件
拡張生態系から学ぶ、これからの生存の作法
循環せよ、回路を回せ
農業の『未来創世記』
キッチンツール史
失われる「3分の1」
マイクロオーガニズム共生基礎ガイド2021
patagonia PROVISIONS
私家版:食トリヴィア50
「未来の食」がプロトタイプされる実験室へ、ようこそ!
無重力の食文化を創造する
土なき月の基地の土
水野祐が考える新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕 第5回 食料主権と「制度化」
NEXT MEATS
命の森
SZ MEMBERSHIP
すすめ!! VIRTUAL CITIES Inc.(仮) 第3回 収益と再分配
ファッションではない永続可能な装いのメソッド
編集部がディグる、気になるアレコレ
ワンマイルライフを味わい尽くす13のプロダクト
NISSINはなぜ「完全栄養食」を目指すのか?
【AD】GQ JAPAN
WIRED INSIDER
川田十夢の「とっくの未来」 第17回 大相撲とジェンダーバランス
Masthead
Next Issue
HERMES

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

1 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2022年08月03日発売

目次: ●特集 ダブルインタビュー
・十七世名人 谷川浩司 「受け継がれる永世名人への思い」 インタビュー/鈴木宏彦
・永世女王 西山朋佳 「一生懸命やった結果に誇り」 取材・構成/下村康史

●公式戦
・お~いお茶杯第63期王位戦七番勝負【藤井聡太王位×豊島将之九段】
【第1局】新たな気持ちで将棋を 記/竹内貴浩
【第2局】藤井に冷や汗をかかせた豊島の粘り 解説/中村太地七段 記/小島渉

・第93期ヒューリック杯棋戦戦五番勝負【藤井聡太棋聖×永瀬拓矢王座】
【第3局】どこまで研究しなきゃいけないのか 記/大川慎太郎
【第4局】固定概念の一掃と恐るべき読み筋 記/相崎修司

・第4期大成建設杯清麗戦五番勝負第1局【加藤桃子清麗×里見香奈女流四冠】
【第1局】不発に終わった決断 記/工藤光一

●エッセイ/インタビュー
・リレーエッセイvol.21 「 故郷・松山と私」山根ことみ女流二段
・灰色の昔話 第3回「武者野勝巳七段の巻」 泉正樹八段

●講座等
・相掛かり―最新形に潜む歴史 第2回「塚田スペシャルの衝撃・前編」 講師/勝又清和七段
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第21回】第70期王座戦挑戦者決定トーナメント VS大橋貴洸六段 ガイド/西田拓也五段
・石川優太の三間飛車を指してみよう 第12回 ミレニアム 講師/石川優太四段

●戦術特集
「バランス重視! シン・相振り飛車の正体」 総合監修/佐藤和俊七段
Chapter1 講座 相振り進化系 離れ金無双の考え方
Chapter2 好局鑑賞 現代版相振り飛車の好局を体感
Chapter3 次の一手 現代版相振り飛車を習得しよう

●その他
・棋具の匠
・昭和名棋士次の一手 第21回 記/田丸昇九段

●付録 十七世名人 谷川浩司の歩み 将棋世界編集部

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

2 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 660円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2022/06/23
    発売号

  • 2022/05/24
    発売号

  • 2022/04/22
    発売号

  • 2022/03/24
    発売号

  • 2022/02/24
    発売号

  • 2022/01/24
    発売号

3 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2022年06月07日発売

目次: 1932年にドレンスデンで生まれ、ナチスや共産主義体制のもとで青年期を過ごしたゲルハルト・リヒター。60年代に写真をもとにしたイメージにぼかしなどの技法を加える「フォト・ペインティング」で高い評価を受け、70年代には「アブストラクト・ペインティング」を発表。抽象絵画と具象絵画を行き来して、数多くの作品を生み出してきた。彼はその間にも家族を含む自身の記憶とドイツの歴史、その光と影に向き合い続けてきた。そしてついに、アウシュヴィッツとイメージの問題に真正面から取り組んだのが、2014年の《ビルケナウ》である。本特集では、リヒターの60年にわたる画業の到達点《ビルケナウ》に焦点を当て、2つの論考と「アーティストブック」を通して、作品を読み解くとともにリヒターの思索の軌跡を辿った。


SPECIAL FEATURE
ゲルハルト・リヒター 《ビルケナウ》という到達点

PART1
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》(2014)
[論考]イメージと倫理の位相
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》とアウシュヴィッツ
西野路代=文


PART2
Artist’s Books of Gerhard Richter
リヒターにとっての「アーティストブック」とは何か?
河内秀子=文


PART3
《ビルケナウ》以降のリヒターの抽象絵画とドローイング

[論考]ふたたび始めること ──ゲルハルト・リヒターの 新作抽象絵画
ディーター・シュヴァルツ=文 中野勉=翻訳

SPECIAL FEATURE
ロバート・スミッソン「フレデリック・ロー・オルムステッドと弁証法的風景」
平倉圭+近藤亮介=翻訳 近藤亮介=解題

***

ARTIST IN FOCUS
小寺創太
大岩雄典=聞き手・文

富田直樹
岩垂なつき=聞き手・文

WORLD NEWS
New York/London/Berlin/Taiwan / Sharjah

ARTIST INTERVIEW
ムン・キョンウォン& チョン・ジュンホ
馬定延=聞き手

PAPERS
無為を表象する ──セーヌ川からジョルジュ・スーラへ流れる絵画の(非)政治学
中島水緒=文

REVIEWS
「生誕100年 松澤宥」展
椹木野衣=文
山本尚志個展「ゲーム」「ART SHODO-進化する芸術運動としての書-」展
清水穣=文

青柳龍太「我、発見せり。」(25)
追悼 池田修 川俣正=文
安藤裕美「前衛の灯火」第2話
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:990円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2022/03/07
    発売号

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

NHK すてきにハンドメイド

2022年07月21日発売

目次: 付録 型紙・図案 収納に便利なポケットつき!/欲しい!と思ったらすぐ作ろう

“これ作りたい!”が必ず見つかる

  • 2022/06/21
    発売号

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2022年08月09日発売

目次: ART HOT LIST
見逃せないアート100

この夏、体験すべき芸術祭と展覧会!

2022年の夏は見逃せないアートが目白押しです。
現代アートの聖地・直島などを舞台とする『瀬戸内国際芸術祭』と、
日本の芸術祭の原点『越後妻有 大地の芸術祭』が同時開催される他、
ゲルハルト・リヒター、名和晃平、池田亮司など注目の展覧会が続々!
あの美術館やアート施設には、あの作家の作品が新たにインストール!
そこで、この夏に体験すべきアート100をリストアップしました。

SETOUCHI TRIENNALE 2022
瀬戸内国際芸術祭 2022
瀬戸内の島々に3年に1度の夏がやってきた
直島/小豆島/男木島/宇野/高松 etc.

ECHIGO-TSUMARI ART TRIENNALE 2022
大地の芸術祭と平手友梨奈
263組のアーティストが参加する芸術祭と出会う里山へ
十日町/松代/津南/松之山 etc.

ART FESTIVAL2022
2022年後半、各地で注目の芸術祭が開催
道後オンセナート2022/あいち2022/Reborn-Art Festival etc.

GERHARD RICHTER
ゲルハルト・リヒターの〝光〞を巡る旅
東京国立近代美術館/国立西洋美術館/ポーラ美術館/豊島

VISIT ARTIST'S WORK
現代アートに出会う旅
池田亮司 @弘前れんが倉庫美術館
名和晃平 @十和田市現代美術館
オラファー・エリアソン @金沢21世紀美術館
ムン・キョンウォン&チョン・ジュンホ @金沢21世紀美術館
さわひらき @フィッシュマーケット
ライアン・ガンダー @東京オペラシティ アートギャラリー

EXPANDING ART SPOT
常に進化を続けるアートの聖地へ
COMICO ART MUSEUM YUFUIN
奈良美智/宮島達男/杉本博司/村上隆
名和晃平/森万里子/草間彌生/隈研吾
十和田市現代美術館
塩田千春/レアンドロ・エルリッヒ
カム カナザワ
渡辺豪/諏訪綾子

MODERN DESIGN
モダンデザインの源流を探る2つの展覧会
ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで
フィン・ユールとデンマークの椅子


ホンマタカシ before and after TANGE
祐真朋樹 Miracle Closet
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2022/07/08
    発売号

  • 2022/06/09
    発売号

  • 2022/05/09
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/03/09
    発売号

  • 2022/02/09
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2022年07月21日発売

目次: 特集 今年こそ!ブドウ

人生100年 植物と暮らそう

  • 2022/06/21
    発売号

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

8 建築知識

エクスナレッジ

送料
無料

建築知識

2022年07月20日発売

目次: 【特集】縄文から江戸時代まで 日本の家と町並み詳説絵巻

日本建築史は、用語の複雑さや現存する建物が少ないことから、初心者にはイメージし辛いジャンルのひとつ。
基礎知識なしには建物の違いの理解が難しく、学びたくてもハードルの高さを感じている人も多いのではないでしょうか。
しかし一方で、映画、ドラマ、アニメなどの時代ものコンテンツや、観光地での史跡巡りは、老若男女を問わず常に高い人気を誇っています。
そんな日本建築史の知識を少しでもつけることができれば、歴史や建物の楽しみ方がガラッと変わるはず!

そこで本号では、縄文時代の竪穴式住居から、江戸時代の大名屋敷に至るまで、幅広い時代・用途・規模の建築と町並みを特集。
執筆陣には、大河ドラマやアニメ・映画での時代考証や史跡の保存・復元に携わる専門家、第一線で活躍する建築史家などを迎え、最新の学説をもとに制作した細密なイラストとともに分かりやすく解説します。

道幅や建物の配置といった都市的スケールから、建物の詳細なつくりや寸法・用語だけでなく、その中で暮らす人々の服装、生活の道具など身近なスケールまで、
多面的な視点で日本の建築と暮らしの歴史を一挙解説!

「引き違いの建具は日本独自のシステム?」
「庶民の住まいが2階建てになったのはいつから?」
「箪笥がつくられたのはいつから?」
「江戸と京都の町家はどう違って、なぜ違うのか?」

今の日本の建築のさまざまな常識は、とても歴史のあるものかもしれないし、意外と最近のものかもしれません。

この1冊を読めば、歴史上の出来事や風景が、生き生きと身近に感じられるはず。
歴史的な史跡を楽しむきっかけになることはもちろん、
日本建築史を学ぶ初学者の入門書としても、
小説やイラストなど、創作における時代考証の参考としても役立つこと間違いなし!
さあ、日本建築史の扉を開こう!

参考価格: 1,980円

建築に関わるすべての人に役立つ情報がいっぱい!建築のプロに必要不可欠な情報をタイムリーに提供します!

  • 2022/06/20
    発売号

  • 2022/05/20
    発売号

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/20
    発売号

  • 2022/02/20
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。

  • 2022/04/11
    発売号

  • 2021/12/11
    発売号

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌