デジタル版なら入手困難なバックナンバーも発売中!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
WIRED(ワイアード)のレビューを投稿する

WIRED(ワイアード)の内容

1993年に米国で創刊、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版
社会をリードする先導者たちに、テクノロジー、カルチャー、サイエンス、ビジネスカテゴリーの最先端動向を美しいデザインとビジュアルで表現。テクノロジーが時代をどのように変え、時代がテクノロジーに何を望むかを追求し続けることで、テクノロジーと社会についての「未来の地図」を提唱します。

WIRED(ワイアード)の商品情報

商品名
WIRED(ワイアード)
出版社
コンデナスト・ジャパン
発行間隔
季刊
発売日
3,6,9,12月の25日
サイズ
A4
参考価格
[紙版]1,300円 [デジタル版]500円

WIRED(ワイアード)の無料サンプル

Vol.49 (2023年06月16日発売)
Vol.49 (2023年06月16日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

WIRED(ワイアード) Vol.53 (発売日2024年06月25日) の目次

Spatial × Computing
空間コンピューティングの“可能性”

実空間とデジタル情報をシームレスに統合することで、情報をインタラクティブに制御できる「体験空間」を生み出す技術。または、あらゆるクリエイティビティに2次元(2D)から3次元(3D)へのパラダイムシフトを要請するトリガー。あるいは、ヒトと空間の間に“コンピューター”が介在することによって拡がる、すべての可能性──。それが『WIRED』日本版が考える「空間コンピューティング」の“フレーム”。情報や体験が「スクリーン(2D)」から「空間(3D)」へと拡がることで(つまり「新しいメディアの発生」によって)、個人や社会は、今後、いかなる変容と向き合うことになるのか。その可能性を、総力を挙げて探る!


EDITOR’S LETTER
潜在空間とトマトスープ


WIRED WHITE LIST
イノベーションとアイデアのありか


SPECIAL FEATURE
Spatial × Computing
空間コンピューティングの“可能性”

When Atoms Meet Bits
「電脳空間」のトビラは(今度こそ)開くのか?
稲見昌彦、空間コンピューティングを語る

情報から体験へ。そんな大転換を早晩引き起こすと目される空間コンピューティング。果たしてそれは、いかなる技術であり概念なのか。いまだ全貌が見えないなか、その起源、ポテンシャル、ユースケース等々をうかがい知るべく、人間拡張工学の泰斗・稲見昌彦(東京大学先端科学技術研究センター教授)の元を訪れた。


We are All Newcomers
An Immersive Trip in London
名門だって、新参者
ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー/ロンドン芸術大学/ロンドン大学
DNEG/ソニーデザインセンター・ヨーロッパ

3Dのストーリーテリングといえば劇場。劇場といえば英国。そんな思い付きで調べ始めたら、この国では演劇から建築やファッションの教育、VFXまで、その道の名門と名高いプレイヤーが物理とデジタルの融合に乗り出していた。ともすると伝統が足かせになるこの技術分野に彼・彼女らはどう飛び込み、可能性を探究しているのか。新しい技術や概念を前に気後れしている人におくる、「伝統の国」からのメッセージ。


Spatial AI Walkthrough
空間AI入門

空間コンピューティングの重要ないち要素である、空間AI。「空間AIって?」「なぜ必要なの?」という人に向け、建築家/研究者の豊田啓介率いる東京大学豊田研究室……ではなく、同研究室のレクチャーを受けた豊田家の愛犬マメに嚙み砕いて解説してもらった。聞き手は編集Aだ。


Be Lighthearted and Intelligent
マクルーハンへの回答
津久井五月/玉城絵美/ガリット・アリエル/梶谷健人/スティーヴン・フェイナー
鳴海拓志/藤井直敬/渡邊信彦/山口裕之/キャシー・ハックル

「社会が新しいメディアを発展させたとき、社会は、新しいメッセージを表明する権利を得る」と語った文明評論家のマーシャル・マクルーハン。では、空間コンピューティングが発展したこの先、社会はいかなるメッセージを発信しうるのか。手にする「権利」のありようを、10名の識者たちが空想する。


Acting as a Translation Layer
次代のコミュニケーション革命
「Archetype AI」は物理空間との対話を“通訳”する

建物やクルマなどから得られる複雑なデータを読み解き、それらを制御できたときこそ、空間コンピューティング技術の本領発揮というところだろう。実現可能性の希望は、シリコンヴァレーに拠点をもつ物理AIスタートアップが開発中の大規模“行動”モデルにある。


Spatial Memory Transcends Space-Time
川田十夢の「時空間コンピューティング論」
通りすがりの天才、空間記憶をめぐって“四番勝負”
日比野克彦/本明秀文/大原大次郎/中野信子

奇しくも巻頭で稲見昌彦が同じ言葉を使っていた。露骨にうれしいタイプの共時性、わたしはわたしの必要性に駆られて定義しておいたのである。アカデミアと拡張現実の現場では、時空間の及ぼす範囲も異なるであろう。例えば先史時代に描かれた洞窟画、2万年前の最新テクノロジーといえば炎であったはずで、それを駆使した絵の鑑賞には揺らぎがあったはずだ。空間コンピューティングがやがて提供する新しい商取引は、大航海時代のようなダイナミズムをもって新しい地平線を見せてくれるのかもしれない。産業革命によって印刷や流通が爆発的に進化して現代におけるグラフィックデザインにつながる基礎ができ上がったわけだが、新しい空間利器を使い続けることで識字率が上がるように空間把握能力が格段に上がってゆくのは自明である。現代に於いては、読解力の意味さえ変質してゆくだろう。4人の識者とともにこの真新しい分野を開拓、論理化、文章化、可視化してゆく。


It Will Change How We( )
あれもこれも、空間コンピューティング

空間コンピューティングの定義も可能性も、まだ模索され始めたばかり。でも、あらゆる技術が過去の技術の積み重ねの上にあるという事実は変わらない。よく知られたデヴァイスから最新プロジェクトまで、発想の種を探しに行こう。


SF
ONE ROOM ONE ROOM
ワンルーム・ワンルーム
柞刈湯葉

過去の体験がトラウマとなり、人を自室に招くことが生理的に受け入れられなくなった「僕」。しかし、眼鏡型ディスプレイのバッテリー稼働時間が延び、使えるアプリも増え、デザインもこなれてきたあるとき、「僕」は、とある実験に取り組み始めた──。「2024年の小説依頼は受付終了します」とSNSで悲鳴(?)を上げるほど多忙を極める偉才のSF作家・柞刈湯葉が、「空間コンピューティング」というテーマに対し、珍しく恋愛をモチーフにすることで来たるべきライフスタイルを描き出す!


AS a TOOL
ALT-LIVING
新しいインターフェイスのこちら側

空間コンピューターを身につけて暮らす日常の到来はどうやら近い。モニターから解き放たれたインターフェイスがわたしたちの可能性を更新するように、生活の様式もまたアップデートが必要だ(例えばコップで水は飲みにくい)。その次なるリアリティにふさわしいツールは、すでに準備されている。


The Forgotten Space.
覆い隠された都市の裏側へ
JACKSON kaki × 藤倉麻子 × 荘子it

空間そのものがメディアとなる、スクリーンなき未来に“表現”はどのように更新されるのだろう。フィジカルとデジタルを往還する先鋭的な表現を追求してきた3名のアーティスト─JACKSON kaki、藤倉麻子、荘子it(Dos Monos)のまなざしから、空間コンピューティングの見過ごされた論点を探ろうと思う。


THE QUALIA IN SPACE
空間に宿るクオリア
金井良太 × 豊田啓介

環境側から人やロボットといったエージェントを制御する「空間AI」の文脈において、あらゆる情報を統合する空間には果たして主観的な意識のクオリアが宿るだろうか?著書『AIに意識は生まれるか』を上梓したAI研究者の金井良太と、建築情報学の視点から空間コンピューティングを拡張する建築家・豊田啓介の見立てとは。


THE ESSENCE OF SPACE
先生、「空間」は何次元ですか!?
理論物理学者・野村泰紀に訊く
素粒子~宇宙スケールで捉える「空間」の正体

「空間」×「コンピューティング」の可能性を模索してきた本号だが、まだ掘り下げるべきことが残っている。「空間」自体を定義することだ。しかし問いが深遠過ぎて、生半可な掘り下げでは生焼けになることは目に見えている。ここはぜひ、当代屈指の理論物理学者の叡智に与りたい── 。というわけで、米国・カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)物理学部棟を訪れた。野村先生、「空間」とは一体、何なのでしょうか?


Tokyo Gendai
A THREE days FEAST
世界水準のアートフェアは何をもたらすか

7月5日からの3日間、パシフィコ横浜で国際アートフェア「Tokyo Gendai」が開催される。昨年の初開催にしてすでに、国内外のアートコミュニティに大きなインパクトを残した現代アートのイべントが、質量ともにスケールアップ。鑑賞し、交流し、購入する。“世界水準”のフェアならではの体験がここに。


NEW TRUST, NEW SOCIAL CONTRACT
水野祐が考える新しい社会契約
〔あるいはそれに代わる何か〕

第18回 人格権のマルチモーダル化と認知の自由
法律や契約とは一見、何の関係もないように思える個別の事象から「社会契約」あるいはそのオルタナティブを思索する、法律家・水野祐による連載。今回は、「人格権のマルチモーダル化」と「認知の自由」というキーワードから空間コンピューティング時代の法の論点をあぶり出す。


DON’T LOOK BACK IN
なみちえのドライブ進化考 VOL. 05

まさにいま、モビリティは進化中。アーティストのなみちえがクルマと暮らしの新しい関係をドライブしながら考える連載だ。今回はアルファロメオが初めて手がけた美しいグリーンのPHEV。


Way Passed Future
川田十夢の「とっくの未来」
第30回 円安と崇高

文学が記述した「ジャンル分けされる前の未来」の痕跡を見いだし「いま」と接続することで、文学とテクノロジーを新たなパースペクティブで捉える本連載。今回は、本誌の特集において川田が挑んだ「空間記憶をめぐって“四番勝負”」で得た「崇高(サブライム)」なる視点を、別アングルから掘り下げる。

WIRED(ワイアード) 2024年06月25日発売号掲載の次号予告

未来の都市は、何を“再生”するのか?
いま、都市にはどのような変化が求められているだろう?
複雑で、動的で、相互依存的な、ネットワークとしての都市をデザインするためには、自然本来の生成力を生かして都市を再生する「リジェネラティヴ」の視点が欠かせないはずだ。
そのためには、単なる海外の“成功例”の輸入ではなく、いまこそ多元的(Pluralistic)な視点から、その土地・地域に根差したデザインが求められている。
多様な生物を含んだ自然生態系を回復し、未来の世代を豊かにするための都市を構想する総力特集。

※内容は一部変更となる場合があります。

WIRED(ワイアード)の目次配信サービス

WIRED(ワイアード)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

WIRED(ワイアード)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.48
  • 全てのレビュー: 42件
Wired
★★★★★2023年01月03日 charolin 会社員
創刊以来毎号購読している。デザインもたいへん良い。
デジタルと一緒に
★★★★☆2022年12月29日 ハリー 会社員
ワイアードの会員なので、デジタルで読めるけど紙で欲しくなる魅力がある雑誌
切り口が斬新
★★★★☆2022年09月09日 まんまやで 社長
日本版発刊当初から気になり、テーマによって買ったり買わなかったりしていたが、今回から定期購読する事にした。日本の他の経済誌や情報誌に無い、斬新な切り口で編集されているので、気付かされる事が少なくない。日本のマスコミからでは得れない貴重な視野を広げれる場である。
必須
★★★★☆2022年07月24日 miwa1984tm 自営業
毎回、新しい刺激をいただけます。なぜ本屋に並ばないのか甚だ疑問です。
面白い
★★★★☆2022年04月26日 Matsuri 専門職
知的好奇心を駆り立てられる様な雑誌です。 テレビや、ネットとは違い、新しい情報だけでなく、考え方も見方も、じっくり読めるところが良いです。難しいところもあると思うので、マイナス星一つですが、試しに読んでみて、肌にあえば、とても良い雑誌だと思います。
毎回楽しみ!
★★★★★2022年01月05日 jjjjjjj 会社員
写真がきれいで、つい夢中で読んでしまいます。今後も継続します。
「これから」について
★★★★☆2021年08月07日 けい 公務員
我々の「これから」について、わかりやすく書かれています。 興味深く、読ませていただきました。
既知の領域を超える楽しさがあります
★★★★★2021年05月24日 zooom 会社員
ワイヤードは、テクノロジーに限らず、人文的なアプローチも含めて、既知の領域を超える楽しさがあります。
いつも驚きが
★★★★★2021年04月22日 deme 自営業
いつも楽しみに購読させていただいているのですが社会の問題点などを独自の視点でとらえた内容が素晴らしいくて面白いです。
ウェルビーイングを再認識
★★★★★2021年03月04日 aki 会社員
このWIREDのウェルビーイング特集を読むまで、ウェルビーイングの意義を完全に誤解していた。WHOが定義する心身の健康、心理的なマイナスをゼロにする狭義の意味で捉えていたが、拡張的ウェルビーイングが人の新たな可能性の開花につながることを理解した。
レビューをさらに表示

WIRED(ワイアード)定期購読のプレゼント

WIRED 特製ステッカー
対象購読プラン:1年
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

WIRED(ワイアード)の所属カテゴリ一覧

WIRED(ワイアード)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.