墨 159号 (発売日2002年11月01日) 表紙
  • 雑誌:墨
  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
  • 参考価格:2,700円
墨 159号 (発売日2002年11月01日) 表紙
  • 雑誌:墨
  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
  • 参考価格:2,700円

墨 159号 (発売日2002年11月01日)

芸術新聞社
◆巻頭特集

来る一年に思いを馳せつつしたためる
年賀状。日本人ならではのゆかしくも
楽しい習慣である。印刷ですませたり
メールで代用したりと、手書きの年賀
状が減少しつつある昨今だが、ここで
...

墨 159号 (発売日2002年11月01日)

芸術新聞社
◆巻頭特集

来る一年に思いを馳せつつしたためる
年賀状。日本人ならではのゆかしくも
楽しい習慣である。印刷ですませたり
メールで代用したりと、手書きの年賀
状が減少しつつある昨今だが、ここで
...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
墨のレビューを投稿する
2002年11月01日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
2,730円 / 冊
送料: 込み
2024年09月01日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けいたします

墨 159号 (発売日2002年11月01日) の目次

◆巻頭特集


来る一年に思いを馳せつつしたためる
年賀状。日本人ならではのゆかしくも
楽しい習慣である。印刷ですませたり
メールで代用したりと、手書きの年賀
状が減少しつつある昨今だが、ここで
改めて手書きの年賀状にスポットを当
ててみたい。書家の年賀状って、どん
なものなのだろう。いつごろから書か
れるようになったのだろうか。もらっ
た人が嬉しくなるような年賀状がつく
りたいのだけれど・・。本特集では、
年賀状にさまざまな方向からアプロー
チを試みてみた。たった一葉の紙片の
なかにも、さまざまなドラマが潜んで
墨第159号
いる。そっと掌にのせて、人と人との関わりを思い、筆跡を味わい、思い出をたぐってみよう。そして、新しい年に希望を抱きたい。


●グラビア/年賀状の小宇宙
上田桑鳩の年賀状(貼り交ぜ屏風)
青山杉雨の年賀状
桑田笹舟の年賀状
金子鴎亭の年賀状

●鑑賞
近代の書家の年賀状 昭和の書家の年賀状
文人の年賀状
未年生まれの書家による2003年賀状exhibition
岡田研山/尾崎蒼石/金子卓義/大楽華雪/谷口東峰/皷芳石/
中林蕗風/野口白汀/水谷苔徑/吉田成堂

●論考
年賀状の歴史 年賀の手紙をたどる 文/増田 孝

●講座 年賀状書き方講座
漢字編 指導/幕田魁心
かな編 指導/斉藤紫香
漢字かな交じり編 指導/北野攝山
ハガキの料紙風加工 指導/高城竹苞
ハガキ作り方講座 手づくり編 パソコン編

●エッセイ
毛筆賀状を手にする喜び 文/井尻千男
百年前の年賀状 文/海野 弘
年賀状のなかの時間 文/崎南海子
田中小実昌さんの年賀状 文/坪内祐三

●資料室
年賀状の常識・非常識 文/渡部大語
「羊」集字帖

●情報
年賀状グッズ紹介

●篆刻鑑賞
二〇〇三年の干支印 誌上発表
失敗しないための 印の捺し方ミニ講座 指導/大門憲一
羊の肖生印集

特別企画
生誕130年 現代書の父
比田井天来

生誕130年を迎えた現代書の父・比田井天来。師風伝承の手本主義を一貫して否定し、生涯をかけて新たな世界を拓いていった。中央書壇から独り離れて、旅先での熱い交流を求め続け、さまざまな文化人と語らいながら、自らの使命を果たそうと懸命に生きた。ここでもう一度、天来が遺していったものを考えてみたい。

●連載
・世界のなかに放り出された書―日本近・現代書史点描(17)
  日比野五鳳 文/石川九楊
・日本の書文化 (22)
  「和漢朗詠集という風変わりな実験」 文/松岡正剛
・書論の広場(24)
  前衛書(墨象)的なもの小考―形式論への一歩― 文/東條元昭
・シリーズ・書家の仕事 (6) 田中節山
・筆跡は語る(6)「田中正造の書」 文/魚住和晃

●臨書講座結果発表
 礼器碑 審査/高木聖雨

●読者参加企画 臨書講座
 王羲之・興福寺断碑 講師/吉澤鐵之

●コラム
 常識と非常識の間で(11) 文/堀 久夫
 ギャラリー

●特別寄稿
 碑法帖存疑―魏晋唐小楷法帖考― 文/伊藤 滋

●スポット
 西川寧篆刻展/書の名筆展/第三回日中蘭亭書法交流展/
 デジタル・アーカイブ The KUKAI デモ版完成!/日韓の書交流活発化

●追悼
 伏見冲敬氏逝去

●話題の展覧会
・大石隆子遺墨展
・柳澤秀竹作品展
・北野攝山個展
・鈴木秀麗個展
・第19回読売書法展
・動書誌上展
・第19回産経国際書展
・第20回古典臨書展

●話題の書道展より
・第24回日本書展
・第52回玉信書展
・第42回現日書展
・第40回水穂書展
・第4回全日本書展
・第37回官公書展
・2002長興書展
・第46回凌雲書展
・第19回日本綜合書作院展
・第20回新和様書作展

●墨らんだむ
視点 文/田宮文平
書道通信
エッセイ
読者の広場
ぶっく&ブック
蘇州だより
東京ふらふら散歩
展覧会ルポ
展覧会アラカルト
読者プレゼント
11月・12月の展覧会
バックナンバー一覧
次号予告・編集後記

 

墨の内容

  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
書道雑誌『墨』がリニューアル新装刊!幅広い知識と実用性を網羅した、濃密な誌面
『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。

墨の無料サンプル

195号 (2008年11月01日発売)
195号 (2008年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

墨の目次配信サービス

墨最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

墨の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.