墨 発売日・バックナンバー

全144件中 1 〜 15 件を表示
【特集 心を打つ書】

なぜか心を揺さぶられる書があります。
なぜか目をそらすことのできない書があります。
迫力のある「動」の書だけでなく、
静謐で落ち着いた「静」の書にも
人を惹き付ける魅力があるものがあります。
書法や技巧にとらわれず、
まっすぐに語りかけてくる作品の魅力と
その奥にある何かを探ります。

鑑賞 遺偈と墨蹟
選/萱のり子

知識 成田山書道美術館 学芸員選
心を打たれた館蔵品

クローズアップ なぜ心うつのか
三輪田米山の書

対談 尾西正成×髙橋利郎
何が心を惹きつけるのか

視点 書家の視点で味わう墨蹟
選・文/尾西正成

インタビュー 個性の凸凹を削らずに磨いて輝かせる
西里俊文

レポート 
この道より我を生かす道なしこの道を歩く
企画展「書が映す武者小路実篤」

【恒例企画 2024新春展】
・第68回現代書道二十人展
・現代の書 新春展 ―今いきづく墨の華―
 セイコーハウス銀座ホール/セントラル100人会場
・第40回記念 産経国際書展新春展
 第38回 産経国際書展代表展


【連載】
 ・天真を養う 文/玄侑宗久
 ・古典臨書講座 漢字 利キ
   指導/池田毓仁・古典臨書講座 
 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 小川芋銭
 ・かな 伝西行「小色紙」(展開)
   指導/倉橋奇艸 
 ・見えないもののかたち  「否定」の美
  文/萱 のり子
 ・素朴絵から表現を考える  総括篇
   文/矢島 新
 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


【トピックス】
 〈レポート〉
  ・中国レポート
    沸騰する張裕釗(廉卿)評価――張裕釗生誕二百年をめぐる鄂州(湖北)と保定(河北)
    レポート1 鄂州市張裕釗書法文化祭に参加して 文/ 藤森大雅
    レポート2 保定・蓮池書院博物館の盛り上り 文/ 魚住和晃
  ・台湾レポート 国立故宮博物院南部院区 取材記録
    ―書法学習にデジタル技術を融合させた取り組みについて― 
    文・撮影/香取潤哉(玉龍)
  ・芸術新聞社協賛 第28回全国高等学校書道コンクール
   芸術新聞社賞受賞作品発表


 〈読者参加企画〉
   ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
   ・286号作品募集結果発表
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁


【展覧会】
 [プレビュー]
 ・近藤浩乎書展
 ・第21回 醜美舎展

[話題の展覧会]
 ・第9回 田中豪元 言葉書展
   ―この道60年 手書きと読める書を大切に―
 ・第8回 表装展
 ・第65回記念 太玄会書展
 ・第90回記念 書壇院展
 ・第23回 蘭亭書法交流 東京展
 ・第8回 New飛エン展
 ・第36回 国際架橋書展
 ・第23回 一先会書展
 ・第41回 古典臨書展

[話題の書道展より]
 ・第75回 正筆展
 ・第14回 赤心展 書と篆刻2023
 ・書道研究 天真会 書道展
 ・第63回 璞社書展
 ・第59回 群象書人展
 ・第72回 独立書展
 ・第71回 朝聞書展
 ・第37回 寒玉書道会展
 ・令和6年 瑞雲春秋展


【墨らんだむ】
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・3・4月の展覧会スケジュール
 ・愛読者プレゼント
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
【特集 かなのチョイスと表現】

日本独自の美しい文字として発展してきたひらがな。
そして、かな書道を学ぶうえで
避けては通れない変体仮名の学習。
学校で習ったひらがなであっても、
作品に仕上げるのは難しいのに、
さらに覚えなくてはならないのは大変です。
本特集ではかなの作品を通じて、
日本特有の文字「かな」の表現を考えます。
今一度、変体仮名の使い分けや
そこから生まれる効果の違いを考えてみませんか。

鑑賞 変体がなの表現からみる香邨作品
選・解説/原 奈緒美

鑑賞 現代書家による書き下ろし作品
石澤桐雨・土岐妍子・馬場紀行・渡邉之響

レッスン かなと「変体がな」を使い分けよう
講師/原 奈緒美

コラム SNSで発信!
かな書道の魅力と変体がなのおもしろさ

鑑賞・学習 古筆で学ぶ変体仮名
選・解説/中室舟水

対談 かな作品 制作の裏側―変体仮名の可能性―
岩井秀樹×財前 謙

コラム スマホで古文書を読もう!
くずし字解読アプリ「古文書カメラ」


【恒例企画 第10回 日展 第5科・書】
・代表作家作品
・主要賞 文部科学大臣賞/東京都知事賞/日展会員賞
・特選
・会場だより―第10回 日展 東京展―
・連載「時評 揮灑」特別編 第10回日展評 文/亀井一攻

【新春恒例 新年名刺交換会】


【連載】
 ・素朴絵から表現を考える 仙厓
 ・天真を養う 文/玄侑宗久
 ・古典臨書講座 かな 伝西行「小色紙」
   指導/倉橋奇艸 
 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 与謝蕪村
 ・古典臨書講座 漢字 石鼓文
   指導/池田毓仁
 ・見えないもののかたち
   二つの〈仮名〉とその先 文/萱 のり子
 ・素朴絵から表現を考える  仙厓
   解説篇 選・文/矢島 新
 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから
  書/金澤翔子 文/金澤泰子

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


【トピックス】
 〈レポート〉
  ・台湾レポート
   第23回蘭亭書法交流 台湾展
   蘭亭会の旅
  ・書道総合ウェブサイト
   ”游墨舎ちゃんねる”って何?
  ・紫式部の硯、令和によみがえる

 〈特別寄稿〉
  ・會津八一の観察眼 文/小川貴史

 〈インフォメーション〉
  ・大東文化大学 書道研究所の
   DVD『書への眼差し』
  ・第5回 真令記念臨書コンテスト
   選考結果発表 文/関口研二
  ・大学卒業制作展 掲載校募集

 〈読者参加企画〉
  ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
    ・285号作品募集結果発表
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁


【展覧会】
 [プレビュー]
  ・第1回 松原直也書作展

 [話題の展覧会より]
  ・延壽記念 朱炎・青桃二人展
  ・生誕100年 小山やす子展
  ・「温故創新」
   東京国際甲骨文書道展・日中四十五人
  ・第45回 東京書作展
  
 [話題の書道展より]
  ・第45回記念 日本書展
  ・第50回記念 銀河書道作品展
  ・第72回 奎星展
  ・第11回 日本書道院「100人」展


【墨らんだむ】
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・1・2月の展覧会スケジュール
 ・愛読者プレゼント
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 伝える書 伝わる書

今年も終盤。
去る一年を振り返り、来る一年に祈りを込めて、
手紙で思いを伝えたい。そんな季節でもあります。
手紙を書くということは、
自分の気持ちを文字にすると同時に、
受け取った相手の気持ちにも寄り添う、
そんな行為なのだと思います。
敬意、お礼やお祝いの気持ち、
お願い事や叱咤激励、ユーモア。
折々の手紙には、
そんな気持ちとともにその人の素顔や
以外な一面が垣間見られます。
本特集では、手紙が運ぶ思いと
そこから生まれる
コミュニケーションをご紹介。
「卒意の書」ともいわれる
手紙をめぐる世界へとご案内します。

歴史上の手紙たち 文/住川英明
「てがみ」って何? 文/岩下哲典
幕末の日本人と手紙 文/岩下哲典
近代画家たちの手蹟 文/住川英明
手紙の効用 文/井原奈津子
手紙は気持ちのキャッチボール 
小堀遠州の酒井忠勝宛書状 森岡 隆


恒例企画 辰年生まれの書家の年賀状


連載
 ・素朴絵から表現を考える 西国の文人画
 ・天真を養う 文/玄侑宗久
 ・古典臨書講座 漢字 木簡2 虎渓山前漢簡
  指導/池田毓仁
 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 浦上玉堂 
 ・古典臨書講座 かな 伝西行「中務集」(展開)
  指導/倉橋奇艸
 ・見えないもののかたち
  「うつろひ」はどう捉えられたか 文/萱 のり子
 ・素朴絵から表現を考える  西国の文人画
  解説篇 選・文/矢島 新
 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから
  書/金澤翔子 文/金澤泰子
 ・墨アーカイブ 上條信山
 ・時評 揮灑 文/亀井一攻
 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


トピックス
  ・追悼 日比野光鳳氏逝く

  ・日下部鳴鶴 肖像の真相が明らかに
   文/伊藤隆夫

  ・石川九楊 著『悪筆論』
   刊行直前インタビュー

 読者参加企画
  ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
  
  ・284号作品募集結果発表
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁


展覧会
 [プレビュー]
  ・第23回 扶桑印社展
   併催 西レイ印社創設120年記念

 [スポット]
  ・榎倉香邨遺墨展
   ―あくがれへの旅路 香邨の求めた書―

 [話題の展覧会より]
  ・第70回記念 無心会書展
  ・第39回 読売書法展
  ・第40回記念 産経国際書展
   特別企画1
   産経国際書会40年―そのはじまりと歩み―
   特別企画2
   田中鳳柳コレクション 中国 明・清の書画展 
  
 [話題の書道展より]
  ・第66回 凌雲書展
  ・第62回 現日書展
  ・第61回 墨滴会全国書展
  ・第62回 白扇書道会展


墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・11・12月の展覧会スケジュール
 ・愛読者プレゼント
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 スッキリ解決! 書の疑問


書道をつづけるうちに自然と生まれる素朴な疑問。
臨書や書作、道具のこと、
さらに師匠や教室、展覧会のこと……など
今さら聞けないけれど知りたいことに、
Q&A方式で、各分野の専門家たちがズバリ!
ていねいにお答えします。
書へのさまざまな疑問をスッキリ解決しましょう。

・臨書の疑問
・書作の疑問
・道具の疑問
  指導/川名思孝・齊藤紫香・村松太子


・展覧会の疑問
  1 展覧会の見方 笠嶋忠幸
  2 自分なりの書道展の楽しみ方講座 池谷天外


・仕事の疑問
  書を仕事にする 松宮貴之
  SNSで活躍する若手書家 向井みりあ/石野華鳳
  競書誌をサポートする仕事 小泉 智
  書道用品展・表装・ギャラリーの仕事 小林史青
  コラム 書とテクノロジー 宮村 弦



連載
 ・素朴絵から表現を考える 与謝蕪村の俳画

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 かな 伝西行「中務集」
  指導/倉橋奇艸

 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 雪舟 

 ・古典臨書講座 漢字 木管1 馬圏湾前漢簡
  指導/池田毓仁

 ・漢字かな交じり書実践講座
  講師/石飛博光

 ・見えないもののかたち
  〈和〉のきざし 文/萱 のり子

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから
  書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・コンテンポラリーと「書」 総括 文/松宮貴之

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 ・素朴絵から表現を考える  与謝蕪村の俳画
  解説篇 選・文/矢島 新

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


トピックス
 インフォメーション
  ・第5回 真令記念 臨書コンテスト作品募集 締切迫る!

  ・新刊紹介 武田 厚著
   『無縫の書 手島たいりくとそのルーツ』

 読者参加企画
  ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
  
  ・283号作品募集結果発表
   審査/池田毓仁・倉橋奇艸


展覧会
 [話題の展覧会より]
  ・第53回千紫会公募万紅展 特別展示
   遠藤心齋の書
  ・第11回 聖心書展
  ・第31回 国際架橋書会選抜展
  ・第51回 日本の書展
  ・第74回 毎日書道展
  ・第40回記念 産経国際書展
  ・第60回記念 抱一書展
  ・第45回 雪心会選抜書作展 併催
   教職退官記念 森田彦七書作展
  ・小林琴水書展
  
 [話題の書道展より]
  ・第60回 水穂書展
  ・第84回 國際文化交流 大日本書芸院展
  ・第46回 由源展
  ・第37回 玄心書道展
  ・第57回 公募 瑞雲展
  ・第21回 滴仙会書法展
  ・第36回 書道 玄燿展
  ・第72回 玉信書展
  ・第51回 國際書道連盟展

墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・9・10月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう!  最終回
  勝木書店SuperKaBos敦賀店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 わたしの好きな名句・名文

最近、心動いた言葉はありますか?
自分の心を代弁してくれるような
名句・名文との出合いが、創作への扉を開いてくれます。
和歌や短歌、漢詩、文学作品などから
好きな言葉を選び、自分らしく表現しませんか。
現代若手作家41名による作品を通して
名句・名文の書への展開を紹介します。

選んだ名句・名文を書く
・かな編
 奥江晴紀 川合広太郎 坂井孝次 棧敷東煌 瀬川賢一 谷口成孝
 西田 健 野瀬真理 野村 崇 原田弘琴 渡邉之響 渡辺貴彦

・漢字編
 新井龍雲 池谷天外 石川青邱 大田鵬雨 尾西正成 鹿倉碩齋
 草津祐介 阪野 鑑 佐川峰章 櫻本太志 佐藤義之 角田大壤
 西村大輔 長谷川香濤 深田邦明 細川太翠 松岡碧惺 水川芳竹
 吉澤衡石 吉澤太雅

・水墨画編
 伊藤 昌 新恵美佐子

・漢字かな交じり書編
 大八木耕一 金子大蔵 種家杉晃 千代倉桜崖

・篆刻編
 権田逸廬 辻 敬齋 山本山罍

コラム 先人の名句・名言
日本書論編 中国書論編 近代文人編 現代書の巨匠編



連載
 ・素朴絵から表現を考える 尾形乾山

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 漢字 隷書Ⅱ 曹全碑
  指導/池田毓仁

 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 菱田春草

 ・古典臨書講座 かな 寸松庵色紙(展開)
  指導/倉橋奇艸

 ・漢字かな交じり書実践講座
  講師/石飛博光

 ・見えないもののかたち
  イメージのちから 文/萱 のり子

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・墨アーカイブ 日比野五鳳

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 ・素朴絵から表現を考える  尾形乾山
  解説篇 選・文/矢島 新

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。



トピックス
 レポート
  ・中国書画交流
   ①日中書画家の雅集 文/郭同慶
   ②東京・上海海派書画交流展

  ・大韓民国の小学校における書芸の授業
    文/草津祐介

 インフォメーション
  ・第5回 真令記念 臨書コンテスト作品募集

 読者参加企画
  ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
  ・282号作品募集結果発表
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁



展覧会
  [プレビュー]
   ・新時代の国際書道交流
    日中の書家で書く若山牧水の歌

  [誌上展]
   ・亀山雪峰 85歳記念誌上展

  [話題の展覧会より]
   ・第10回記念 轟友会書展 名古屋展
   ・第77回 日本書芸院展
   ・第45回記念 青潮書道会全国展
   ・―和漢の調べ― 土橋靖子 書展
   ・真神巍堂書作展
   ・森田子龍・稻田宗哉 師弟展―墨人会の系譜―
  
  [話題の書道展より]
   ・第72回 日本書道院展
   ・第83回 千草会展
   ・第53回 臨池会書展
   ・第43回 翠心選抜展
   ・第47回 書道 笹波会展
   ・第47回 神戸笹波会展
   ・第52回 日書学同人展



墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・7・ 8月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう!  丸善 京都本店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 書と暮らし

今を生きる自分の心を表すぴったりの言葉は?
心躍るうたの一節は?
思いを言葉にのせて小さな作品で表現しませんか?
公募展出品に縛られない自由な書表現をご提案。
気軽に触れて、暮らしに寄り添う小品は心を豊かにします。
部屋に合うお洒落な表装もご紹介


・エッセイ 書のある暮らし 文/名児耶 明

・グラフ1 書を飾る  書家・桑原翠邦×表具師・小林弘二

・クローズアップ 遊びごころが「書」をきわめる 村上翠亭

・ピックアップ 身近に飾りたい色紙いろいろ

・グラフ2 書室を飾る 丹羽蒼處

・レッスン 生活を彩る小品 色紙に万葉集を書く
      講師/大石三世子

・レポート 表装を主役に 伝統技術でインテリア

・対談 書家と筆墨店の額装事情 書家・財前 謙×筆墨店・齋藤征一

・インフォメーション 泊まってみたい! 「書」のあるホテル

・SNS ツイッター連動企画第二弾
    あなたのお部屋を彩る小品見せてください!

・フォーカス 書に衣装を――――創作表具の世界
       小林弘二

・レポート ゼミ展 奈良教育大学萱研究室
      『墨(ぼく)とあなたのりれー書(しょ)ん』開催 



連載
 ・素朴絵から表現を考える 白隠

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 かな 寸松庵色紙
  指導/倉橋奇艸

 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 堂本印象

 ・古典臨書講座 漢字 隷書1 乙瑛碑
  指導/池田毓仁

 ・一枚の書は何を物語るか  書体と文体
  死中の生、虚無の中の真実――中里介山「大菩薩峠」
  文/石川九楊

 ・漢字かな交じり書実践講座
  講師/石飛博光

 ・見えないもののかたち
  消された痕跡 文/萱 のり子

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・素朴絵から表現を考える  白隠
  解説篇 選・文/矢島 新

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻 

 ・続 古筆細見  文/関口研二

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。



トピックス
 レポート
  ・ドキュメンタリー映画
   『共に生きる 書家金澤翔子』全国公開
  ・令和4年・2022年度 大学卒業制作展
  
 読者参加企画
  ・半紙作品募集
   審査/倉橋奇艸・池田毓仁
  ・281号作品募集結果発表
   審査/松村博峰・中室舟水



展覧会
 [プレビュー]
  ・書は命 大井錦亭
  ・三浦香代個展

 [特別レポート]
  ・尾崎邑鵬展

 [話題の展覧会より]
  ・第50回記念 玄之会書展
  ・第63回 日本書作展展
  ・第39回 産経国際書展 新春展
  ・第37回 産経国際書会 代表展
  ・公募 東京書作展 選抜作家展 2023
  ・’22玄土社書展
  ・前衛書家 表立雲の軌跡展
  ・第64回 東方書展
  ・第55回記念 玄潮会書展
  ・第9回 眞龍書展
  ・第60回記念 藍筍会書作展 併催 今関脩竹遺墨展
  ・2023玉青会書展
  ・第7回 かなフォーラムin三鷹・書展

 [話題の書道展より]
  ・第76回 書道芸術院展
  ・第51回 公募 書道一元會展
  ・第63回 現日春季書展
  ・第69回 栴檀社書展
  ・第59回 創玄展
  ・第45回記念 牛刀書道展
  ・第85回 謙慎書道会展
  ・第28回 東京水穂会書展


墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・5・ 6 月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう! 第15回 宮脇書店 帯広店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 臨書 再発見

書の学びのはじめであり終わりでもある「臨書」。
古の書人から贈られた多くの古碑・法帖は、
私たちに技としての筆路ばかりでなく筆意、
そして書の美を教えてくれます。
名を成した書の大家も、終始、古典作品と向き合い、
臨書で得たものを創作に投影してきました。
ここでは、先人たちの臨書哲学や名臨書を通じて、
文字の形を写す作業とは違った臨書の楽しさ、
魅力を再発見してみましょう。

・導入 三つの入門書から知る臨書の先導者
    比田井天来と臨書の教え

・鑑賞 天来一門の臨書 解説/髙橋蒼石
    桑原翠邦/比田井南谷/石田栖湖/川谷尚亭/金子鴎亭

・鑑賞2 臨書とことば  西川 寧/桑田笹舟

・基礎知識 臨書早わかり

・コラム1 大溪洗耳「臨書とは何か」

・フォーカス 読めばあなたの臨書が変わる
    漢字の法帖鑑賞・観察術
    解答/吉澤鐵之・松村博峰・池田毓仁

・コラム2 東アジアにおける「写し」──古に倣いて、新意を出す
    文/島尾 新

・提言 臨書作品論──さまざまな表現と作品制作への可能性
    文/松宮貴之

・グラフ 井上有一 臨 顔氏家廟碑/
上田桑鳩 臨 祭姪文稿


恒例企画 2023年新春展
 ・第67回 現代書道20人展
 ・現代の書 新春展――今いきづく墨の華――
  セイコーハウス銀座ホール展/
  セントラル会場100人展


連載
 ・素朴絵から表現を考える 大津絵4種

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 かな最終回 倣書から創作へ
  指導/中室舟水

 ・水暈墨章――深淵なる世界―― 近藤浩一路

 ・古典臨書講座 漢字最終回 王羲之からの展開 孫過庭・王鐸
  指導/松村博峰

 ・一枚の書は何を物語るか  書体と文体
  両性具有の――谷崎潤一郎
  文/石川九楊

 ・見えないもののかたち
  「ありのまま」を表すということ 文/萱 のり子

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻 
 
 ・素朴絵から表現を考える  大津絵4種
  解説篇 選・文/矢島 新

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・続 古筆細見  文/関口研二

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


トピックス
 レポート
  ・個展から浮かび上がる創作の奇跡
   比田井南谷 生誕110年
   HIDAI NANKOKU
  ・『石飛流 書道好日』新刊記念ミニインタビュー
  ・精拓の魅力に感動 全国大学書道学会の拓本鑑賞会
  ・第27回 全日本高等学校書道コンクール 審査結果発表
  ・新刊好評御礼企画
   現代書道クロニクル【年代記】
   著者・菅原教夫氏インタビュー

 読者参加企画
  ・半紙作品募集
   審査/中室舟水・松村博峰
  ・280号作品募集結果発表
   審査/松村博峰・中室舟水


展覧会
 [プレビュー]
  ・第20回 醜美社展

 [話題の展覧会]
  ・第54回 正筆会菁華書作展
  ・第41回選抜 書道香瓔130人展―波動―
  ・第22回 臨池会新春展
  ・第40回記念 白峰社書展
  ・第70回記念 朝聞書展
  ・第7回 New飛エン展
  ・第35回記念 国際架橋書展
  ・第22回 一先会書展 こころ豊かに―古典に学ぶ―
  ・第40回 古典臨書展
  ・六人の星・かな

 [話題の書道展より]
  ・第74回 正筆展
  ・第13回 赤心展 書と篆刻2022
  ・第58回 群象書人展
  ・第62回 璞社書展
  ・第71回 独立書展
  ・第64回 太玄会書展
  ・第13回 神戸笹波会代表展
  ・令和5年 瑞雲春秋展


墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・3・ 4 月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう! 第14回 宮脇書店 和歌山店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告/編集後記
特集 王羲之と蘭亭序

書学者の永遠のバイブル──王羲之「蘭亭序」。
永和九年(353)3月3日、
会稽山陰(浙江省紹興市)の蘭亭にて
王羲之が開いた雅会で詠まれた詩集の序文の草稿です。
真跡が失われた後も、複製を通して多くの書人が臨書を試みてきました。
名筆であるだけでなく、名文でもあったからこそ
生まれた世界観や文化も見逃せません。“書聖”王羲之の人物像をはじめ、
「蘭亭序」が時代を超えて愛され続ける所以とその魅力に迫ります。

・展覧会
東京国立博物館・台東区立書道博物館
連携企画20周年 王羲之と蘭亭序

 ・その壱 中村不折コレクションと蘭亭序――台東区立書道博物館
  文/中村信宏

 ・その弐 文人の憧慢とその表現の形態――東京国立博物館
  談/六人部克典

 ・その参 インタビュー 連携企画、そして王羲之
  鍋島稲子

・鑑賞1 蘭亭図巻―万暦本―/賺蘭亭図

・基礎知識1 「蘭亭序」を読む
訳/魚住和晃

・読解 「蘭亭序」愛される所以
文/魚住和晃

・基礎知識2 王羲之を知るQ&A/
 蘭亭序を知るQ&A 解説/魚住和晃

・書法
蘭亭序・八柱第三本から見た王羲之書法とその後
文/魚住和晃

・鑑賞2 蘭亭曲水図屏風

・視点
 蘭亭偽作説を巡って――幻視する二つの「蘭亭序」
 講師/松宮貴之

・フォーカス 翰墨の祭典 大正蘭亭会と昭和蘭亭記念会

・エピローグ
 飛来種子の開花 ――王羲之書法の受容と和様への予感
 文/丸山猶計

企画 
 ・第9回日展 第5科・書
  ・代表作家作品
  ・主要賞 内閣総理大臣賞/東京都知事賞/日展会員賞
  ・特選
  ・会場だより 第9回日展 東京展

 ・新春恒例 新年名刺交換会

連載
 ・素朴絵から表現を考える 十王図屏風

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 漢字 王羲之の草書 十七帖・初月帖
  指導/松村博峰

 ・水暈墨章―深淵なる世界― 富岡鉄斎

 ・古典臨書講座 かな 「関戸本古今集」の墨法
  指導/中室舟水

 ・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体  文/石川九楊

 ・見えないもののかたち
  抽象と暗示 筆跡は何事も具体的には語らない 文/萱 のり子

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・素朴絵から表現を考える  十王図屏風
  解説篇 選・文/矢島 新

 ・続 古筆細見  文/関口研二

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 ・新世代へのエール 筆もて進め 北海道教育大学 旭川校

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。

トピックス
 レポート
  ・星 弘道氏 日本藝術院会員
   就任祝賀会開催さる

 特別寄稿
  ・東巴という智者の象形文字
   経典文字としての特徴と現代への再生 文/高 茜
  ・書に込められた思念
   副島蒼海の自詠書から見えること 文/小川貴史
  ・名品鑑賞 “神筆”王鐸
   幻の名品あらわる 文/松村博峰

 インフォメーション
  ・大学卒業制作展 掲載校募集
  ・第4回 真令記念臨書コンテスト 選考結果発表 文/関口研二
  ・大東文化大学 書道研究所の『書への眼差し』DVD+通信書道講座
  ・2023新春展情報

 読者参加企画
  ・半紙作品募集 審査/松村博峰・中室舟水
  ・279号作品募集結果発表 審査/松村博峰・中室舟水

展覧会
 [話題の展覧会]
  ・福島一浩書展
  ・中村草殷書展
  ・菜根譚ふたたび――髙頭子翠書作展
  ・「御風而行」東京国際甲骨文書道展・日中50人
  ・第44回 東京書作展
  ・矢萩春恵展「ま・な・ざ・し」
  ・神奈川の書家30人展 第35回特別記念
   神奈川の書 すべてを魅せる100人

 [話題の書道展より]
  ・第37回 全国公募 日本綜合書作院展
  ・第44回 日本書展/第49回 銀河書道作品展
  ・第71回 奎星展
  ・第70回記念 書星展
  ・第10回 日本書道院「100人」展
  ・第42回 翠心会書展
  ・書道研究 天真会 役員展
  ・第50回記念 國際書道連盟展

墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・1・ 2 月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう 沖縄・ジュンク堂書店 那覇店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告・編集後記
特集 心ととのえる書

世の中のさまざまな不安や悩みが晴れないうちに
今年も終わりが近づいてきました。
次の一年こそは心穏やかにありたい……。
そんな願いは決して現代の私達だけのものではありません。
古来、人々は神仏に願う気持ちを文字にすることで心を整え、
またそうした書を見ることで心調えられてきました。
奉納された書や写経を中心に、あらためて
心をこめて書かれた文字の力に触れてみたいと思います。

 ・グラフ 平家納経/かな心経

 ・エッセイ そこに自由はあるんか? 文/玄侑宗久

 ・読解 意味を知ろう 唱えてみよう 般若心経

 ・鑑賞 般若心経を味わう

 ・実習 心をととのえて 美しく書いてみよう 十句観音経

 ・ミニ鑑賞 心ととのう仏教の名言 荒木大樹

 ・ピックアップ   御朱印集めを楽しもう

 ・レポート 東大寺 昭和大納経

 ・エピローグ 「今年の漢字」で振り返る

・現代書家の奉納揮毫
  1 杭迫柏樹
  2 渡邉 麗
  3 松村博峰
  4 金澤翔子

恒例企画 卯年の年賀状
 ・卯・兎の集字帖
 ・卯年生まれの書家の年賀状
 ・実践編 王朝継ぎ紙で年賀状
 ・デジタル編 タブレット書道で年賀状制作!


連載
 ・素朴絵から表現を考える 那智参詣曼荼羅

 ・天真を養う 文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 漢字 王羲之からの展開 ―米フツの行書
  指導/松村博峰

 ・水暈墨章―深淵なる世界― 小室翠雲

 ・古典臨書講座 かな 疎密の変化
  指導/中室舟水

 ・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体  文/石川九楊

 ・見えないもののかたち 芸術文化にひそむ 危ういカゲ 文/萱 のり子

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・素朴絵から表現を考える  那智参詣曼荼羅
  解説篇 選・文/矢島 新

 ・続 古筆細見  文/関口研二

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 ・新世代へのエール 筆もて進め   武庫川女子大学

 *「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。


トピックス
 特別企画
  ・新刊『横山淳一 漢字とかなの調べ』刊行記念
   横山淳一の世界


 レポート
  ・「賛交社」が京都・七条に新社屋をオープン
  ・石川九楊遠隔講義大学 インフォメーション

 インフォメーション
  ・278号 特集〈番外篇〉きび美ミュージアム
   特別展 生誕320年 寂厳の書 開催中
  ・かな書の巨匠”今”の集大成  井茂圭洞 かなの美韻『白梅帖』
 
 読者参加企画
  ・半紙作品募集 審査/松村博峰・中室舟水
  ・278号作品募集結果発表 審査/松村博峰・中室舟水


展覧会
 [プレビュー]
  ・山中翠谷書作展―書に魅せられて―
  ・岩井秀樹作品展 雪・月・花
  ・第 22 回 扶桑印社展
  ・書藝「今日」展 現代美術と書のアイデンティティ

 [話題の展覧会]
  ・沈曾植翁没後百周年記念 海日生華 日中書道交流展/
   第9回 翰墨書道会展
  ・髙澤大逸書作展
  ・第38回 読売書法展
  ・金敷駸房 作品展「結界」と「エキシビション in Bunkamura」
  ・今井凌雪 生誕百周年記念展―凌雪の心―東京展
  ・殿村藍田展
 
 [話題の書道展より]
  ・第 65 回記念 凌雲書展
  ・第 61 回 現日書展
  ・第 61 回 白扇書道会展


墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・11・ 12 月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう 北海道・クラーク書店 中央店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告・編集後記
特集 今こそ行きたい! 書に出会える美術館

芸術として、あるいは書道の学びの資料として、
日本各地の美術館・博物館・記念館に展示される書作品。
名作あり、隠れた逸品あり。そして収蔵品への敬慕が溢れた展示。
静かな館の佇まいの中、作品と対峙するひとときは
その土地その館を訪ねてこそ味わえるものです。
情況が許すなら少し出かけてみませんか。本物の書に会いに。

 ・ 美術館・博物館の基礎知識

 ・掲載美術館インデックス/本特集をご利用の前に

 ・周囲の公園もまるごと書の迷宮 成田山書道美術館

 ・日本のザ・ミュージアム 東京国立博物館
  ・特別デジタル展 故宮の世界

 ・学芸員の奮闘!  台東区立書道博物館/中村不折記念館(併設)

 ・小野道風誕生伝説の地に 春日井市道風記念館

 ・エッセイ 誰もいない美術館を楽しむ 文/武田 厚

 ・地元で身近に名品を 徳島県立文学書道館

 ・ミュージアムグッズ探見! 文/大澤夏美

 ・かわら版 再開が待たれる美術館

 ・書に出会える美術館カタログ
  国立博物館
  書道専門の美術館
  個人書家記念館
  旅してみたい美術館
  個人コレクション美術館



連載
 ・〈新〉素朴絵から表現を考える  浦島絵巻

 ・天真を養う  文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 かな 関戸本古今集の連綿  指導/中室舟水

 ・水暈墨章― 深淵なる世界― 竹内栖鳳

 ・古典臨書講座 漢字 王羲之の行書  指導/松村博峰

 ・一枚の書は何を物語るか―書体と文体 
  文/石川九楊

 ・ 金澤泰子と翔子 今までとこれから 書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・見えないもののかたち 大衆にひらかれゆく書への眼差し 
  文/萱 のり子

 ・〈新〉素朴絵から表現を考える 浦島絵巻  解説篇 選・文/矢島 新

 ・時評 揮灑  文/亀井一攻

 ・続 古筆細見 文/関口研二

 ・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

 ・新世代へのエール 筆もて進め  愛知学院大学

*「中国当代書家二十人」は休載とさせていただきます。



トピックス
 インフォメーション
  ・第4回 真令記念 臨書コンテスト 締切迫る!
 
 読者参加企画
  ・半紙作品募集 審査/中室舟水・松村博峰
  ・277号作品募集結果発表  審査/中室舟水・松村博峰

 展覧会
 [プレビュー]
  ・第 10 回記念 硯心書会展

 [話題の展覧会]
  ・貞香会創立100年記念
   第 56 回貞香書展 特別展示 中村素堂遺墨展
  ・第 30 回記念 国際架橋書会選抜展
  ・第 40 回選抜 書道香瓔 80 人展
  ・第 30 回記念 日玄書展
  ・創立100年記念 第 56 回 貞香書展
  ・日本の書展 第 50 回特別展 「日本の書を築いた先達の書」
  ・第 50 回 日本の書展
  ・第 73 回 毎日書道展
  ・第 39 回 産経国際書展
  ・日本芸術院会員就任記念 黒田賢一書作展
  ・生誕100年記念 高木聖鶴展
  ・稲村龍谷篆刻展
  ・茂住菁邨 書展

 [話題の書道展より]
  ・第 83 回 國際文化交流 大日本書芸院展
  ・第 36 回 玄心書道展
  ・第 45 回記念 由源展
  ・第 56 回 公募 瑞雲展
  ・第 20 回 滴仙会書法展
  ・第 60 回記念 墨滴会全国書展
  ・第 35 回記念 書道 玄燿展
  ・第 59 回 水穂書展 
  ・第 71 回 玉信書展



墨らんだむ
 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・9・ 10 月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう  北海道・紀伊國屋書店 札幌本店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告・編集後記
特集 漢詩は難しくない!?

作品の題材として欠かすことのできない漢詩。
「そもそも漢詩って何?」「むずかしそうで苦手……」
そんな声にお応えして、
基礎知識、作品を詠む・書く・味わうためのテクニック、
先人の名筆などをご紹介。
漢詩がわかれば、作品表現が楽しくなります。
いま、あらためて漢詩に入門してみましょう。
 
 ・漢詩の基礎知識 監修/石川忠久 文/香川 亨

 ・鼎談 漢詩の楽しみ方 石川忠久・菅原有恒・吉澤鐵之

 ・実習 パズル感覚で漢詩を作ってみよう 指導/吉澤鐵之

 ・鑑賞1 筆致と詩で愉しむ中国の名筆
  作品選定・解説/尾川明穂 釈文・読み下し/長谷川 智
  〈現代日本編〉漢詩表現の粋 選/編集部

 ・視点 日本漢文クレオール類型論 文/松宮貴之

 ・コラム 漢詩の音 監修/荘 魯迅

 ・制作 好きな漢詩で作品を書こう 講師/宮負丁香

 ・必須 漢和辞典を引こう 監修/吉澤鐵之

 ・鑑賞2 詠むことと書くこと 文/谷村雋堂

 ・コラム 「からのうた」のつくりかた 文/横山悠太

 ・レポート 漢詩は作れる! 実践授業より 文/佐藤海山


連載

 ・からのうた 漢詩の名句より ひらがな訳・文/横山悠太

 ・天真を養う  文/玄侑宗久

 ・古典臨書講座 漢字 北魏の楷書 指導/松村博峰

 ・水暈墨章― 深淵なる世界―  小杉放菴

 ・古典臨書講座 かな 文字の大小 指導/中室舟水

 ・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体 
  文/石川九楊

 ・金澤泰子と翔子 今までとこれから
  書/金澤翔子 文/金澤泰子

 ・見えないもののかたち 文/萱 のり子

 ・続 古筆細見 文/関口研二 

 ・時評 揮灑 文/亀井一攻

 ・書童っこくらぶ

 ・コンテンポラリーと「書」  文/松宮貴之

 ・五彩の譜  文/香川 亨

 ・新世代へのエール 筆もて進め 相模女子大学


トピックス

レポート

 ・中国の小学校における書法の授業 文/草津祐介
 ・シンポジウム
  「鑑定とは何か:江戸時代鑑定文化の再評価」

インフォメーション

 ・第4回 真令記念 臨書コンテスト 作品募集

読者参加企画

 ・半紙作品募集 審査/松村博峰・中室舟水
 ・276号作品募集結果発表 審査/松村博峰・中室舟水


展覧会

[プレビュー]

 ・槍田朝雨書展―芭蕉・昔と今―
 ・室井玄聳書展―想いを紡ぐ・ことば

[話題の展覧会]

 ・第63回 東方書展
 ・王伝峰 隈研吾 水墨の世界
 ・第76回 日本書芸院展
 ・50周年記念 桂会書展
 ・日本書道家連盟創立60周年
  記念第21回 役員展
 ・「吉川蕉仙の書Ⅱ」展

[話題の書道展より]

 ・第44回 牛刀書道会展
 ・第71回 日本書道院展
 ・第82回 千草会書展
 ・第52回 臨池会書展
 ・第44回 青潮書道会全国展
 ・第42回 翠心三十八人展
 ・第46回 書道笹波会展
 ・第46回 神戸笹波会展
 ・第51回 日書学同人展


墨らんだむ

 ・書道通信
 ・読者の広場
 ・展覧会ルポ
 ・展覧会アラカルト
 ・7・8月の展覧会スケジュール
 ・新刊ぴっくあっぷ
 ・バックナンバー一覧
 ・愛読者プレゼント
 ・本屋へ行こう 千葉・丸善 津田沼店
 ・常設書店リスト
 ・次号予告・編集後記
2,462円
特集  書道具のいま

道具を選び使う楽しみは、書の醍醐味のひとつ。
同時に、道具についての多くの迷いや疑問にも出会います。
本特集では、書家や筆墨店、メーカーなど、
書道具をよく知る人にそれぞれの立場からのご意見や
アドバイスをいただきました。
商品紹介のページはありません。
書道具を取り巻く事情を知ることで、
これらを選び使う楽しみと書の世界のおもしろさが
新たに感じられることでしょう。


・奈良に息づく墨作り 古梅園/喜壽園/墨運堂

・書と筆
 道具に秘められた力 筆の歴史 文/村田隆志 
 筆からみる名筆 監修/村田隆志

・先人の道具たち
 日比野五鳳 青山杉雨 榎倉香邨

・道具を味方に 筆墨店へ行こう
 書家・松尾 治/上尾松島堂

・レポート1 どこへ向かう?
 液体墨のいま、未来 開明/呉竹/墨運堂

・レポート2 現代の筆づくり 筆庵

・レポート3 大学の教育現場から
 書道具・文房四宝 文/日野楠雄

・レポート4 老舗紙商と和紙のいま 小津和紙

・レポート5 筆墨店&工房のウェブ展開

・レポート6 中国産書道具の現状とは

・レポート7 筆墨店の来し方 行く末 賛交社

・実録! 書道具ひと揃いへの道 ならや本舗

・資料室1 全国 書道具を知るための資料館&体験スポット

・資料室2 全国 筆墨硯紙店リスト



連載

・からのうた 漢詩の名句より
 ひらがな訳・文/横山悠太

・天真を養う 文/玄侑宗久

・古典臨書講座 かな 筆の開閉 
 指導/中室舟水

・水暈墨章― 深淵なる世界 児玉希望

・古典臨書講座 漢字 初唐楷書 書の基本ルール
 指導/松村博峰

・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体 
 文/石川九楊

・金澤泰子と翔子 今までとこれから
 書/金澤翔子 文/金澤泰子

・墨アーカイヴ 杉岡華邨

・続 古筆細見 文/関口研二 

・時評 揮灑 文/亀井一攻

・五彩の譜 文/香川 亨

・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

・新世代へのエール 筆もて進め 奈良教育大学

・書童っこくらぶ



トピックス

訃報
・追悼 榎倉香邨氏逝く
・追悼 津金孝邦氏逝く

レポート
・「日本書道」シンポジウムと特別揮毫会を開催

読者参加企画
・半紙作品募集 審査/中室舟水・松村博峰
・275号作品募集結果発表 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹



展覧会

[話題の展覧会]

・日比野五鳳・光鳳・博鳳展 きよらの伝承
・第62回 日本書作院展
・創立75周年記念 書道芸術院展
 香川峰雲遺作展示
・第8回 眞龍書展
・公募 第32回 不二現代書展
・’21玄土社書展
・公募 東京書作展 選抜作家展2022
・第70回 回瀾書展 
 創立70周年記念企画 ゆかりの先達展
・「石原太流を偲ぶ」展
・第70回 書海社展


[話題の書道展より]

・第75回記念 書道芸術院展
・第50回 書道一元會展
・第62回 現日春季書展
・第68回 栴檀社書展
・第58回 創玄展
・第84回 謙慎書道会展


墨らんだむ
・書道通信
・読者の広場
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・5・6月の展覧会スケジュール
・新刊ぴっくあっぷ
・バックナンバー一覧
・愛読者プレゼント
・本屋へ行こう 愛知・ジュンク堂書店 名古屋栄店
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集
文字のチカラ

人柄のにじむ手書き原稿や大切な人からの手紙、
強い思いで書かれた書作品などには、
人の心を動かす文字のチカラが宿ります。
生命力、癒しの力、ユーモアの心――
手書きの文字の魅力に迫ります。


・書家と人間力 文/笠嶋忠幸

・鑑賞 その一 手書きに宿る息吹
 選・文/天野敏規・矢野千載・尾西正成

・対談 文字のありよう 現在と未来 
 笠嶋忠幸・萱 のり子

・文字に命を 大河ドラマの書道指導 金敷駸房

・手書きの文字からにじむもの 文/酒井順子

・鑑賞 その二 絶筆 生きて在る、亡き人のかたち
 文/萱 のり子


第二特集
2022三大新春展

・第66回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展 ―今いきづく墨の華―
 和光ホール23人展/セントラル会場100人展
・第38回 産経国際書展 新春展
 第36回 産経国際書会 代表展


連載

・からのうた 漢詩の名句より
 ひらがな訳・文/横山悠太

・残したい未来へのことば 
 井茂圭洞

・天真を養う 文/玄侑宗久

・漢字のレッスン 最終回 真の「創作」のために
 指導/吉澤鐵之

・水暈墨章― 深淵なる世界 川合玉堂

・かなのレッスン 最終回 かな作品の創作
 指導/岩井秀樹

・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体 
 文/石川九楊

・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

・金澤泰子と翔子 今までとこれから
 書/金澤翔子 文/金澤泰子

・続 古筆細見 文/関口研二 

・五彩の譜 文/香川 亨

・新世代へのエール 筆もて進め 安田女子大学

・時評 揮灑 文/亀井一攻

・書童っこくらぶ


トピックス

レポート
・芸術新聞社 創業70周年 記念展を開催

・第26回 全日本高等学校書道コンクール 
 審査結果発表

・日本蘭亭会書法交流 特別展

特別寄稿
・「きび美」の良寛 文/魚住和晃

読者参加企画
・半紙作品募集 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹
・274号作品募集結果発表 
審査/吉澤鐵之・岩井秀樹


展覧会
[プレビュー]
・米寿記念 渡辺墨仙の書
・第19回 醜美舎展

[話題の展覧会]
・遠藤乾翠の個展 乾翠のこんにったX
 独創へのエピローグPart-Ⅱ
・池田桂鳳書展
・第53回 正筆会菁華書作展
・第34回 国際架橋書展
・第6回 New飛エン展
・第70回記念 独立書展
・生誕百年記念 近藤摂南書展
・貞政少登遺墨展「墨彩の軌跡」
・第61回 璞社書展 江口大象先生を偲んで
・第39回 古典臨書展


[話題の書道展より]
・第61回 璞社書展
・第54回 公募 天真全国書道展
・第73回 正筆展
・第35回 寒玉書道会展
・第12回 赤心展 書と篆刻 2021
・第57回 群象書人展
・第63回 太玄会書展
・第69回 朝聞書展

墨らんだむ
・書道通信
・読者の広場
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・新刊ぴっくあっぷ
・バックナンバー一覧
・愛読者プレゼント
・本屋へ行こう 福島 岩瀬書店
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集
本阿弥光悦

近衞信尹・松花堂昭乗と並び
「寛永の三筆」と称される本阿弥光悦。
刀剣の目利き、磨き、浄拭を家業とする名家に
生まれた彼が生み出した書の魅力とは……。
能書として、数寄者として、
また琳派の創始者として等、
独自の美意識に迫ります。

・美しさへの眼力 文/根本 知

・刀剣を鑑る眼と光悦の書の独自性

・光悦の審美眼を大解剖!
 「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」 解説/根本 知

・数寄者として 書家として 文/根本 知

・光悦の造形の源 樂直入

・琳派とわたし 斎藤蒼青


企画 

・第8回日展 第5科・書
  代表作家作品
  主要賞 
   文部科学大臣賞/東京都知事賞/日展会員賞
   特選

・第8回日展 東京展 会場だより

・新春恒例 新年名刺交換会



連載
・からのうた 漢詩の名句より
 ひらがな訳・文/横山悠太

・残したい未来へのことば  星 弘道

・天真を養う 文/玄侑宗久

・かなのレッスン 「香紙切」による倣書 
 指導/岩井秀樹

・水暈墨章― 深淵なる世界―  横山大観

・漢字のレッスン 倣書―罫線執筆法のススメ
 指導/吉澤鐵之

・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体
 文/石川九楊

・金澤泰子と翔子 今までとこれから
 書/金澤翔子 文/金澤泰子

・続 古筆細見 文/関口研二

・時評 揮灑 文/亀井一攻

・新世代へのエール 筆もて進め 岩手大学

・五彩の譜 文/香川 亨

・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之

・書童っこくらぶ


トピックス

レポート
・どこまで手書き? どこからデジタル?
 混乱と納得の「筆とマウス」展
・東京中央オークション 総括2021年

特別寄稿
・「詠む」ことと「書く」ことと
 文/小川貴史

インフォメーション
・大東文化大学 書道研究所がDVDを制作
 書道通信講座を企画
・大学卒業制作展 掲載校募集
・第3回 真令記念 臨書コンテスト 選考結果発表 
 文/関口研二
・2022 三大新春展情報

読者参加企画
・作品募集 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹
・273号作品募集結果発表 
 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹



展覧会

[プレビュー]
・第71回 書道學會展

[話題の展覧会]
・米寿記念 小久保嶺石書作展
・傘寿記念 寺岡棠舟かな書展
 かなの美を求めて
・奎星会創立80周年記念 第70回記念展 
 特別展示 桑鳩・雪村展
 奎星会創立80周年・第70回記念 奎星展
・創立20周年記念 一先会選抜書展
 古典に学ぶ
・第35回 西蓮会書展 今だからこそ…
・第43回 東京書作展


[話題の書道展より]
・第43回 日本書展
 第48回 銀河書道作品展
・第58回 水穂書展
・第9回 日本書道院「100人」展


墨らんだむ
・書道通信
・読者の広場
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・1・2月の展覧会スケジュール
・新刊ぴっくあっぷ
・バックナンバー一覧
・愛読者プレゼント
・本屋へ行こう 西澤書店
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
特集
余白を考える

……余白は、字を書けば自然にできますが、
その余白は充実していなければなりません。
(上田桑鳩『書道鑑賞入門』〈余白〉より)

文字を書かない部分に何を表現するのか、
美しい余白とは何か。
シンプルながら奥深く、
書にとって永遠のテーマである「余白」について
さまざまな角度から迫ります。


・インタビュー
 「余白」と「間(ルビ:ま)」 池田桂鳳

・鑑賞 その一 水墨画
 「墨」と「紙」が織りなす「想像力の空間」
 文/島尾 新

・鑑賞 その二 前衛書
 現代書のパイオニアの余白 上田桑鳩 宇野雪村

・先師の余白美 「余白の人」田村空谷
 文/堀内 肇

・視点 その一 美意識
 散らす 寄せる そこにある 文/永原康史

・視点 その二 甲骨文 天や神への敬意
 文/張 大順



恒例企画 寅年の年賀状

・寅・虎・とらの集字帖
・寅年生まれの書家の年賀状
・遊印アートで寅年の年賀状


連載
・からのうた 漢詩の名句より
 ひらがな訳・文/横山悠太
・天真を養う 文/玄侑宗久
・かなのレッスン 臨書からの展開  針切 
 指導/岩井秀樹
・水暈墨章― 深淵なる世界―  小松 均
・漢字のレッスン
 王羲之に書の基本を再確認する 指導/吉澤鐵之
・ギャラリー 「東大寺西大門勅額拓本」
 文/伊藤 滋
・一枚の書は何を物語るか― 書体と文体
 文/石川九楊
・金澤泰子と翔子 今までとこれから
 書/金澤翔子 文/金澤泰子
・墨アーカイヴ 金子鴎亭
・時評 揮灑  文/亀井一攻
・続 古筆細見 文/関口研二
・コンテンポラリーと「書」 文/松宮貴之
・五彩の譜  文/香川 亨
・書童っこくらぶ
・新世代へのエール 筆もて進め 
 九州女子大学


トピックス

特別企画
・インタビュー『墨海抄』訳者は語る
 井垣清明氏 塩谷章子氏

レポート
・自然の摂理を追って 味岡伸太郎展
「えんちゅうのしぶんのいちのしかくちゅう2004‐2021」
・第10回 うどん県 書道パフォーマンス大会

インフォメーション
・大学卒業制作展 掲載校募集

読者参加企画
・作品募集 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹
・272号作品募集結果発表 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹


展覧会

[プレビュー]
・第21回 扶桑印社展
・伊東参州コレクション展
 併催 第25回記念 蒼泉会書展

[話題の展覧会]
・書の自然観 原田凍谷個展
・第70回記念 玄遠社書展
・第60回記念 東香書展
・第8回 清真書道会展
・第37回 読売書法展
・第60回記念 現日書展
・第9回 硯心書会展
・「論語千載共」東京国際甲骨文書道展
・第40回 硯心会書展

[話題の書道展より]
・第64回 凌雲書展
・第27回 東京水穂会書展
・第60回 白扇書道会展

墨らんだむ
・書道通信
・読者の広場
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・新刊ぴっくあっぷ
・バックナンバー一覧
・愛読者プレゼント
・本屋へ行こう 落合書店 宝木店
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
おすすめの購読プラン

墨の内容

  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
書道雑誌『墨』がリニューアル新装刊!幅広い知識と実用性を網羅した、濃密な誌面
『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。

墨の無料サンプル

195号 (2008年11月01日発売)
195号 (2008年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

墨の目次配信サービス

墨最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

墨の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.