I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

墨 発売日・バックナンバー

全145件中 46 〜 60 件を表示
2,462円
特集----------------------------------------
漢字条幅の研究2016

縦長の紙型の清々しい佇まいの中に躍動感や風韻を響かせて、大型公募展から社中展、グループ展から個展まで、さまざまな展覧会で鑑賞者を魅了する漢字条幅──。本特集では、昨年に引き続き、漢字条幅を大研究! 今年もしっかり学んで、漢字条幅のセンスにさらに磨きをかけましょう。


鑑賞1●変幻自在なる筆技 津金寉仙の「条幅」  選・解説/津金孝邦
鑑賞2●書き下ろし 現代漢字作家による半切作品
 太田海軒・大橋洋之・尾崎司邑・風岡五城・川村龍洲・
 栗崎浩一路・高見廣流・竹内勢雲・西 墨濤・原田歴鄭・
 増子哲舟・村松太子・山﨑知堂・吉澤石琥
レッスン1●「条幅」を書く 行草編  講師/髙橋蒼石
レッスン2●「条幅」を書く 篆隷編  講師/荒木大樹
論考●明代行草書条幅の展開──紙面支配と古法遵守の相克  文/尾川明穂
エピローグ●先人たちの言葉


企画----------------------------------------
◆酉年の年賀状
・酉年生まれの書家による年賀状
  安藤翠明・石澤桐雨・加藤東陽・黒田玄夏・小久保嶺石・
  園部琴城・辻 敬齋・寺坂昌三・時女信子・滑川佳苗・
  原 奈緒美・藤野北辰・舟尾圭碩・三宅相舟・宮崎紫光・
  森本栖鳳・山本大悦・吉田青雲・吉見靖子・渡辺墨仙
・酉迎 もぐら庵の鳥たちの競演
・いろんな用具用材を使って年賀状を作ろう  講師/山本信山
・残りのお酒はどのくらい?  文/円満字二郎
・酉・鳥 集字帖


連載---------------------------------------
・写された刻 18 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 18 白玉双猫書鎮
・書語辞典 49 文/伊藤文生
・書は人なり 46 始制文字──智永の千字文 文/廣瀬保雄
・書論通観 34 中林梧竹『梧竹堂書話』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所18  文/堀 久夫
・和魂漢才 18 藤原行成「詩稿」 文/北川博邦
・ギャラリー 「南石窟寺碑」
・翰墨の縁 56 朱其石・銭君匋
・碑法帖存疑 43 梧竹堂法帖考(四) 文/伊藤 滋
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記22
・水、呼び交わす 12 無常と異界 文/恩田侑布子
・古筆細見 6 関戸本古今集 文/関口研二
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 8 豊臣氏四奉行連署状 文/池田公一
・『墨海』抄 4 訳・注/井垣清明・塩谷章子
・帝王学の書相 31 聖徳太子──東域の国産み物語 文/松宮貴之


トピックス------------------------------------
◆追悼
・稲村雲洞氏逝く  文/桐山正寿
・「恩地春洋先生お別れの会」しめやかに

◆クローズアップ
・ユネスコ無形文化遺産登録への道 
文化庁長官に「要望書」と「賛同団体署名」一万四千余を提出!

◆インフォメーション
・『墨』創刊40周年記念企画『墨の特集』予約開始!
・平安書道研究会800回記念特別展 平安古筆の名品──飯島春敬の観た珠玉の作品から
・岡倉天心の「美」を受け継ぐ 木下真理子  写真/nanaco

◆レポート
・第17回 日中蘭亭書法交流杭州展
・濱野龍峰個展「宝」開催
・第2回 大野宜白・蘇士澍 書画展
・書の美、文字の巧 宮内庁三の丸尚蔵館 第74回展覧会 文/財前 謙
・晏方匾額百品──童衍方先生書法作品展
・展覧会ピックアップ

◆墨手箱
・書字庭園抄
・デザイン“すみずみ”異聞録 文/深沢慶太
・手紙を味わう 文/中谷和玄
・空間の詩法 文/栗本高行

◆読者参加企画
・半切作品(行草)募集 審査/髙橋蒼石
・半切作品(篆隷)募集 審査/荒木大樹
・242号作品募集結果発表 審査/杭迫柏樹


展覧会------------------------------------
●プレビュー
・生誕百年記念 小林斗盦 篆刻の軌跡
・第16回 扶桑印社展
・日本書道院65周年記念 中村雲龍書展──心音の響き
・華甲記念 西墨濤書展
・回顧 伊東参州特別展
 併催 第20回記念 蒼泉会書展

●話題の展覧会
・書 杭迫柏樹の世界展
・嘉門書舎創立50周年記念展──学生展併催
・没後二十年 今も生きている野崎幽谷展
・第33回 読売書法展
・第60回記念 凌雲書展

●話題の書道展より
・第66回 玉信書展
・第56回 現日書展
・第56回 白扇書道会展
・第77回 国際文化交流 大日本書芸院展
・第33回 全国公募 日本綜合書作院展
・第50回記念 墨彩会書展
・寒玉書道会 第12回選抜展


●墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記




2,462円
特集----------------------------------------
王羲之「十七帖」を学ぶ

草書の古典中の古典、書聖・王羲之の「十七帖」。巻首の「十七日先書」の二字を取って「十七帖」と呼ばれるこの法帖は、王羲之の尺牘二十九通を集め刻したもの。もともとは唐・太宗の王羲之書のコレクション中の「烜赫たる著名の帖」(唐・張彦遠)として、内府に墨跡本があったとみられています。「書中の龍」(宋・黄伯思)とも評される「十七帖」。初めての方は焦らずに、これまで学ばれてきた方はさらに深く、じっくりと学んでいきましょう。



基礎知識●書論に見る「十七帖」  文/松村茂樹
レッスン●「十七帖」を学ぶ  講師/杭迫柏樹
鑑賞●王羲之「十七帖」欠十七行本
インタビュー●王羲之の草書──かな書の根底にある美の世界  横山煌平
透映鑑別●書家の眼 碑法帖透映鑑別「十七帖」考  文・図版構成/表 立雲
論考1●「十七帖」を習う  文/中村史朗
論考2●「十七帖」の字形──常用字形から「十七帖」を考える  文/佐野光一
コラム●「十七帖」に見られる道家の思想への憧れ  文/尾崎 學
資料●「十七帖」古今臨書選


企画----------------------------------------
『墨』碑帖善本シリーズ 雲煙過眼記 1 「美人董氏墓誌銘」〓芝閣旧蔵本(〓……まだれに「龍」)

連載---------------------------------------
・写された刻 17 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 17 〓釣釉瓷蟠桃水注(〓……にんべんに「方」)
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 21
・翰墨の縁 55 来楚生・韓競
・水、呼び交わす 11 切れと金雲 文/恩田侑布子
・碑法帖存疑 42 「宋拓唐薛稷信行禅師碑」天下第二本考(下) 文/伊藤 滋
・書語辞典 48 文/伊藤文生
・ギャラリー 「石榴散人の書」
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 17 文/堀 久夫
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 7 豊臣秀吉書状 文/池田公一
・和魂漢才 17 嵯峨天皇「光定戒牒」 文/北川博邦
・書は人なり 45 松風水月──雁塔聖教序より 文/廣瀬保雄
・古筆細見 5 高野切第二種 文/関口研二
・『墨海』抄 3 訳・注/井垣清明・塩谷章子
・帝王学の書相 30 張芝──書聖の源流、そして幻姿 文/松宮貴之

トピックス------------------------------------
◆クローズアップ
・ユネスコ無形文化遺産登録への道 4 文化庁へ提出する「賛同団体署名」運動、順調に進捗!

◆インタビュー
・『石川九楊著作集』(全九巻・別巻三巻)刊行中! 石川九楊

◆レポート
・密着 道指導のお仕事拝見! NHK大河ドラマ『真田丸』の現場から
・実験! 書道用再生洗浄水「蒼龍泉」②
・展覧会ピックアップ

◆ブック・レビュー
・神林恒道・萱のり子・角田勝久『東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容』 文/淺沼圭司・松村茂樹
栗本高行『墨痕』 文/尾﨑信一郎

◆インフォメーション
・『墨』創刊40周年記念企画 『墨の特集』(縮刷版全5巻+電子データ収録ディスク)を発売します!
・創刊40周年記念 愛読者プレゼントまつり 当選者発表

◆墨手箱
・書字庭園抄 10
・デザイン“すみずみ”異聞録 17 文/深沢慶太
・手紙を味わう 17 文/中谷和玄
・空間の詩法 3 文/栗本高行

◆読者参加企画
・「十七帖」臨書作品募集 審査/杭迫柏樹
・241号作品募集結果発表 審査/有岡〓崖

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・書の美を求めて 赤平泰処書展
・書の美、文字の巧 宮内庁三の丸尚三館 第74回展覧会
・第13回 中日・日中友好古墨書道展
・第64回 無心会書展

●話題の展覧会
・和を紡ぐ 土橋靖子書展
・第24回 国際架橋書会選抜展
・第44回 日本の書展
・第68回 毎日書道展
・第33回 産経国際書展
・麗しの書──原 奈緒美と「かなフォーラム」
・挑戦から展開へ 第30回記念 書道玄燿展 小作品展併催
・第40回記念 玉翠社書展
・六友書道会 30周年記念展

●話題の書道展より
・第51回 公募瑞雲展
・第54回 水穂書展
・第56回 墨滴会全国書展
・第30回記念 玄心書道展
・第14回 滴仙会書法展
・第51回 官公書展

●墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・9・10月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
創刊40周年記念 誌上 書道まつり

多くのみなさまにご愛読いただき、創刊40 周年を迎えました!
本特集では、「書の未来について考えよう」を大きなテーマに、記念とお礼の“ 誌上” 書道フェスティバルを開催いたします!



プロローグ●創刊40周年記念 誌上 書道まつり 開幕
鑑賞●お祝いの書き下ろし作品展
 榎倉香邨・尾崎邑鵬・中野北溟
対談●書文化の未来に向けて
 髙木聖雨・高木厚人
特別寄稿●
 誰もが字を書いてどんな字もみな美しい──書の未来について  文/石川九楊
 三つの憧れ  文/松岡正剛
インタビュー●書法文化の発展と交流の推進  蘇士ジュ
鼎談●詩文書の未来
 石飛博光・辻元大雲・船本芳雲
鑑賞●お祝いの書き下ろし小作品展
 【漢字】赤平泰処・有岡シュン崖・石川芳雲・西村東軒・柳 碧蘚・山本大悦
 【かな】岩永栖邨・大石三世子・下谷洋子・日比野 実・三宅相舟・渡辺墨仙・
 【詩文書】鈴木まつ子・砂本杏花・添田耕心・永守蒼穹・宮本博志・渡邉 麗
コレクション●篆刻でお祝い!  選定・文/真鍋井蛙
クローズアップ●IKKOの50の手習い After  指導/金敷駸房
視点●
 書のグローバルとは何か  文/魚住和晃
 「独楽」と伝承性  文/菅原教夫
 近現代の書のゆくえ  文/髙橋利郎
 どこへ行くのか──温厚社会の現代書  文/武田 厚
 書の思想  文/吉田加南子
トピックス●
 【教育】“実践”が繋ぐ「書写書道教育」の未来  文/信廣友江
 【国際交流】外つ国の眼差し 書道をめぐる国際文化交流
 【アート/メディア】書の魅力を伝える  木下真理子
 【カルチャースクール】書の世界観を広げる! カルチャースクールのいま 文/石渡玲子
 【文房四宝】伝統と革新にゆれる文房四宝業界の取り組み
プレゼント●創刊40周年記念愛読者プレゼントまつり
ピックアップ●U50 新世代の書家たち
慶祝●祝『墨』創刊40周年名刺交換会
エピローグ●書の未来へ

連載---------------------------------------
・写された刻 16 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 16 水晶イ式水注(「イ」はかくしがまえに”也”)
・書語辞典 47 文/伊藤文生
・書は人なり 44 敦煌の仏 文/廣瀬保雄
・和魂漢才 16 伝橘逸勢「伊都内親王願文」(三) 文/北川博邦
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 20
・翰墨の縁 54 王个イ・方介堪(「イ」はたけかんむりに”移”)
・ギャラリー 「北海相景君碑」
・碑法帖存疑 40 「宋拓唐薛稷信行禅師碑」天下第二本考(上) 文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 10 なり代わり合う場所 文/恩田侑布子
・書論通観 33 周星蓮『臨池管見』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 16 文/堀 久夫
・『墨海』抄 2 訳・注/井垣清明・塩谷章子
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 6 羽柴(豊臣)秀吉書状 文/池田公一
・古筆細見 4 筋切・通切 文/関口研二
・帝王学の書相 29 頼山陽──近世儒者と聖俗の相克 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 20 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆スポット
・第32回 茅原書藝會記念書展

◆レポート
・文房四宝も扱う画材ラボPIGMENTで「名硯と墨による表現展」を開催
・継承される大唐文化の誇りと現在──アメリカで活躍する西安の書画家・范炳南先生を訪ねて 文/松宮貴之
・大阪市立美術館開館80周年記念・日本書芸院創立70周年特別展
 「王羲之から空海へ──日中の名筆 漢字とかなの競演」記念シンポジウム
・実験! 書道用再生洗浄水「蒼龍泉」
・第19回「國井誠海賞」受賞者決まる
・展覧会ピックアップ

◆インフォメーション
・第9回「墨」評論賞募集 審査/財前 謙
・『墨』創刊40周年記念企画 『墨の特集』(縮刷版全5巻+DVD)を発売します!

◆墨手箱
・書字庭園抄 10
・デザイン“すみずみ”異聞録 16 文/深沢慶太
・手紙を味わう 16 文/中谷和玄
・空間の詩法 2 文/栗本高行

◆読者参加企画
・創刊40周年記念 小作品募集 審査/有岡シュン崖
・240号作品募集結果発表 審査/齊藤紫香・原 奈緒美

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・「柳澤朱篁の書」展

●話題の展覧会
・梧竹・蒼海顕彰 第24回 佐賀県書道展
・第70回 日本書芸院展
・第50回記念 猗園書展
・第40回記念 翠篁会書展
 大澤史峰生誕100年特別展
・松本礼子〈栖雪〉・渕脇貴子・(故)白井雅己
 三人展──書への想い──

●話題の書道展より
・第62回 栴檀社書展
・第65回記念 日本書道院展
・第39回 官公書連役員展
・第45回 鶏聲展
・第40回 神戸笹波会展
・第76回 龍門社書展
・第45回 日書学同人展
・第38回 翠心三十八人展
・第40回 書道笹波会展
・第47回 臨池会書展
・第40回記念 由源展

●墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・7・8月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
かなで書く恋の歌

「あらざらむこの世のほかの思ひでに今ひとたびの逢ふこともがな」(和泉式部)
「そのはしにあやなくきみがゆびふれてみだれんとする春の黒髪」(与謝野晶子)
──人と人の間でとり交わされ、想いの発露として詠まれてきた、恋の歌。
古今、多くの歌人が心に響く名歌を残しています。
本特集では恋の歌をかな作品の題材として、思い思いに書いてみましょう。



イントロダクション●恋心を歌の調べにのせて
ビジュアル&エッセイ●恋のけしき①曼殊院本古今集・恋のけしき②和泉式部続集切・恋のけしき③継色紙
鑑賞●書き下ろし 現代かな作家が書く恋の歌
 阿部朱昂・襟立玉英・岡田直樹・鎌田悠紀子・河村和子・倉橋奇艸・佐伯方舟・竹田晃堂
 中路佳保里・中田佳子・野田杏苑・堀 桂葉・堀井聖水・三宅白城・森上光月・吉澤劉石
論考1●恋の歌の歴史────万葉集から近代短歌まで  文/吉田幹生
レッスン1●恋の歌を書く 和泉式部  講師/齊藤紫香
コラム●短冊で味わう恋の歌  文/内田誠一
レッスン2●恋の歌を書く 与謝野晶子  講師/原 奈緒美
論考2●定家の恋のすがた──現前と不在の戯れ  文/淺沼圭司
インフォメーション●古筆が満載! 「恋歌の筆のあと」展 五島美術館で開催中!


企画----------------------------------------
・第9回「墨」評論賞 応募ガイダンス 書の未来をひらくために  財前 謙・鈴木猛利・根本 知

連載---------------------------------------
・写された刻 15 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 15 青花瓷鳥形硯滴
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 19
・翰墨の縁 53 呉東邁・馬公愚
・ギャラリー 「文皇哀冊」
・碑法帖存疑 40 梧竹堂法帖考(三) 文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 9 興の再生 文/恩田侑布子
・書は人なり 43 鑑真和上の手紙 文/廣瀬保雄
・和魂漢才 15 伝橘逸勢「伊都内親王願文」(二) 文/北川博邦
・書語辞典 46 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 15 文/堀 久夫
・墨海抄 1 訳・注/井垣清明・塩谷章子
・書論通観 32 森尹祥『書道訓』 文/松村茂樹
・古筆細見 3 藤原佐理「詩懐紙」 文/関口研二
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 5 上杉景勝朱印状 文/池田公一
・帝王学の書相 28 林則徐──アヘン戦争と東洋道徳の書境 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 19 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆クローズアップ]
・ユネスコ無形文化遺産登録への道 3 全国規模での署名活動が本格始動

◆ブック・レビュー]
・萩 信雄『金石書史研究』 文/大橋修一・福田哲之

◆レポート]
・東京中央オークション・二〇一六年春期オークション
・第11回 手島右卿賞 受賞者発表
・展覧会ピックアップ
・第10回記念「かながわ書道まつり」
・二〇一五年度大学卒業制作展

◆インフォメーション]
・第9回「墨」評論賞募集 審査/財前 謙
・大阪市立美術館開館80周年記念 日本書芸院創立70周年記念 
 特別展「王羲之から空海へ──日中の名品 漢字とかなの競演」

◆墨手箱
・書字庭園抄 9
・デザイン“すみずみ”異聞録 15 文/深沢慶太
・手紙を味わう 15 文/中谷和玄
・空間の詩法 1 文/栗本高行

◆読者参加企画
・かな作品募集 審査/齊藤紫香
・かな作品募集 審査/原 奈緒美
・239号作品募集結果発表 審査/吉澤鐵之・小 朴圃

展覧会------------------------------------
●話題の展覧会
・生誕百年 梅舒適展
・金子聴松遺墨展
・第56回 日本書作院展
・第60回記念 書道東門展
・第35回選抜 書道 香瓔七十人展
・公募 東京書作展 選抜作家展2016
・’15玄土社書展

●話題の書道展より
・第45回記念 凌雲選抜書展
・第44回 公募 書道一元會展
・第22回 東京水穂会書展
・第69回 書道芸術院展
・第56回 現日春季書展
・第38回 青潮書道会全国展
・第52回 創玄展
・第44回 國際書道連盟展
・第78回 謙慎書道会展

●墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・5・6月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
論語の世界

「子曰く、学びて時に之れを習う、亦た説ばしからず乎。朋有り遠方より来たる、亦た楽しからず乎。……」。
──ご存知、『論語』の冒頭、学而第一の名高い一節。現代も多くの人に親しまれている『論語』は、中国・春秋時代の思想家・孔子とその弟子達の言行録。楷行草篆隷の五体から篆刻まで、『論語』の言葉を味わいながら、書作を楽しみましょう。




クローズアップ●超大作! 『論語』学而篇  星 弘道
基礎知識●『論語』という書物  文・画/山口謠司
鑑賞1●現代書家による競作 論語の世界を書く
 青柳志郎・阿部海鶴・伊藤仙游・尾崎 學・加藤子華・北山転石・鬼頭翔雲・山本大悦
レッスン1●『論語を楽しむ』 楷行草隷書篇  講師/吉澤鐵之
論考●「而」を書く──孔子の肉体を運ぶ  文/小林康夫
鑑賞2●現代篆刻家による競作 論語の世界を刻る
 井谷五雲・稲村龍谷・遠藤 彊・岡野楠亭・尾崎蒼石・河野 隆・師村妙石、綿引滔天
レッスン2●『論語を楽しむ』 篆刻・篆書篇  講師/小 朴圃
研究1●新出土文献を通して読む『論語』  文/湯浅邦弘
研究2●真摯に生きる──『論語』と儒家の思想  文/朝倉友海
インフォメーション●歴史と伝統を体感! 孔子廟を巡ろう
資料●墨場必携 ぜったい! 書いてみたい論語の言葉50
エピローグ●仰げば弥いよ高く


企画----------------------------------------
・ギャラリー 連載200回記念「宋拓皇甫誕碑・零葉」
・孔子夢譚  写真/髙橋恭司

連載---------------------------------------
・写された刻 14 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 14 黒玉猫
・書語辞典 45 文/伊藤文生
・書は人なり 42 富岡鉄斎の書 文/廣瀬保雄
・書論通観 31 河原保寿『書法発揮』 文/松村茂樹
・和魂漢才 14 伝橘逸勢「伊都内親王願文」① 文/北川博邦
・翰墨の縁 52 経亨頤・高時顯
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 18
・碑法帖存疑 梧竹堂法帖考(二) 文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 8 幽明界つづれ織 文/恩田侑布子
・古筆細見 2 小野道風「三体白氏詩巻」 文/関口研二
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 14 文/堀 久夫
・書道問答 最終回 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 4 前田利家書状 文/池田公一
・帝王学の書相 27 北方心泉──近代江南における日本人美学 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 18 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆クローズアップ
・ユネスコ無形文化遺産登録への道 申請名称を変更──「日本の書道文化──書き初めを特筆して──」に

◆ブック・レビュー
・鈴木慶子『文字を手書きさせる教育』 文/財前 謙

◆レポート
・龍枝堂筆匠・国富曠市氏による筆づくり実演
・展覧会ピックアップ
・第21回全国高等学校書道コンクール審査結果発表

◆インフォメーション
・第9回「墨」評論賞募集 審査/財前 謙
・「これでスッキリ! 書道なんでも相談所」相談大募集!
・生誕百年記念 井上有一

◆墨手箱
・書字庭園抄 8
・書と建築の交差点 最終回 文/南 泰裕
・手紙を味わう 14 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 最終回 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 14 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・行草書作品募集 審査/吉澤鐵之
・篆刻作品募集 審査/小 朴圃
・238号作品募集結果発表 審査/三宅相舟

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・漢字かな交じり書・漢字造形の新しい展開 公募 第29回 不二現代書展
・加藤光峰 第47回 ⿔甲展
・第13回 醜美舎展

●話題の展覧会
・第60回記念 現代書道二十人展
・現代の書 新春展──今いきづく墨の華
・第31回 毎日現代書関西代表作家展
・第32回 産経国際書展 新春展
・第30回 産経国際書会代表展
・第28回 国際架橋書展
・第33回 古典臨書展

●話題の書道展より
・第6回 赤心展──書と篆刻2015
・第67回 正筆展
・第47回 正筆会菁華書作展
・創立60周年記念 第48回 新書派協会展
・第64回 独立書展
・第51回 群象書人展
・第63回 朝聞書展
・平成28年 瑞雲春秋展

●墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

2,462円
特集----------------------------------------
和の小宇宙  かなの色紙と半懐紙1/2

和の美意識の結晶、かなの書──。
今号の特集は、色紙と半懐紙1/2のかな表現に注目!
サイズやプロポーションが微妙に異なる紙面、
その表現方法を学ぶことを通して、
小紙面のかな表現の極意に迫ります。
無限の美を宿す「和の小宇宙」──。
現代の色紙から伝統的な色紙、そして半懐紙1/2まで、
しっかり学んで、実力アップを目指しましょう。

導入●色紙と半懐紙1/2ってどんなサイズ?
鑑賞1●雅な輝き──和の小宇宙
 日比野光鳳・榎倉香邨・小山やす子
鑑賞2●書き下ろし 現代かな作家はこう書く 色紙と半懐紙1/2のしらべ
 薄木嘉子・大石三世子・師田久子・寺岡棠舟・野田正行・深瀬裕之・正橋白鵞・山本高邨
論考●かな料紙の形と大きさ──その歴史的考察  文/髙城弘一
ビジュアル&エッセイ●京都の色彩、五鳳の色彩  文/日比野 実
レッスン●色紙と半懐紙1/2に書く  講師/三宅相舟
クローズアップ●表具と紙型の関係 湯山春峰堂
資料●ミニ墨場必携 新春を寿ぐ和歌と俳句


企画----------------------------------------
・改組新 第2回 日展 第5科・書
・第8回「墨」評論賞 選考結果発表  審査/武田 厚
・新春恒例 新年名刺交換会

連載---------------------------------------
・写された刻 13 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 13 白玉駱駝筆架
・書語辞典 44 文/伊藤文生
・翰墨の縁 51 呉昌碩・王震
・碑法帖存疑 梧竹堂法帖考(一)  文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 7 人と時のコレスポンダンス 文/恩田侑布子
・ギャラリー「梧竹堂法帖・唐碑額集」
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 17
・古筆細見 1 空海「座右銘」 文/関口研二
・書論通観 30 細井広沢『観鵞百譚』 文/松村茂樹
・和魂漢才 13 慶滋保胤「書状」 文/北川博邦
・書は人なり 41 加藤耕山の書 文/廣瀬保雄
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所13  文/堀 久夫
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 3 明智光秀書状 文/池田公一
・奇妙な象形文字の出現と変容 最終回 文/笹原宏之
・書道問答 11 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・帝王学の書相 26 蘇軾──呪誦の変奏「黄州寒食詩巻」 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 17 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆レポート
・「墨の世界 現代日本の書」パリ展 取材・文/西村修一
・東京中央オークション 総括2015年
・展覧会ピックアップ
・書に取り組むロシアからの留学生 in 東京学芸大学

◆スポット
・比田井南谷十七回忌の集い─作品に囲まれて─

◆墨手箱
・書字庭園抄 7
・書と建築の交差点 7 文/南 泰裕
・手紙を味わう 13 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 12 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 13 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・かな作品募集 審査/三宅相舟
・237号作品募集結果発表 審査/石川芳雲

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・日中文化交流 古代文字渉歴 自詠漢詩百首による 第五次安藤豐邨詩書展
・小城市立中林梧竹記念館特別展「里がえり梧竹堂法帖」
・朱大霖書画展
・第65回 書道學會展
・TOKYO書 2016
・第50回記念 魁心書法院展

●話題の展覧会
・遠藤乾翠の個展 “乾翠のこんにったV”──隷書 in 和スペース
・第23回 臨書と自由書作品展──紙と話す
・書の美を求めて──加藤子華書作展
・内藤望山書作展
・鈴木響泉書展
・第55回記念 璞社書展
・第37回 東京書作展

●話題の書道展より
・第77回 酔墨有終書展
・第37回 日本書展/第42回 銀河書道作品展
・第64回 奎星展
・第71回 鳳雛書展
・第49回 心象書展──彩・宋代の書
・第76回 千草会書展
・第3回 日本書道院「100人」展
・第49回 墨彩会書展
・第49回 公募天真全国書道展

墨らんだむ------------------------------------
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・1・2月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記


※田宮文平「視点」は休載とさせていただきます。


2,462円
特集----------------------------------------
漢字条幅の研究2015

条幅は、漢字書の中では、基本中の基本ともいうべき作品形式。平明な構成の作品は自由自在に書けるようになりたいもの。しかしもちろん、条幅の作品展開の奥行きはとても深く、そこに込めることのできる創意も想いも無限の広がりを帯びています。今回の特集では、まずは先人たち6名の半切作品、続いて現代書家8名の半切作品を鑑賞。レッスンでは、やはり紙型を半切に絞り、行草書の一行書き、二行書き、三行書きを学びます。そして、明清名家の条幅からは、奔放な作品展開の熱気を受けとめましょう。鑑賞・レッスンを通して漢字条幅のセンスを磨き、条幅の達人を目指します!

鑑賞1●先人たちの「半切」  青山杉雨・今井凌雪・宇野雪村・金子鴎亭・上條信山・木村知石
・鑑賞2●現代書家8名による書き下ろし 唐詩を書く  赤平泰処・有岡シュン崖・今口鷺外・川嶋毛古・小原道城・高橋静豪・新谷泰鵬・柳澤朱篁
エッセイ●唐詩に見る詩人の贅沢──大別荘の中における王維のこだわりの時間  文/内田誠一
レッスン●唐詩を書く 行草編  講師/石川芳雲
鑑賞3●澄懐堂美術館の名品で味わう「条幅」  解説・文/井後尚久
アンケート●条幅のいま──大型中央展と各社中の取り組み

企画----------------------------------------
◆申年の年賀状
・申年生まれの書家による年賀状
・もぐら庵の猿たちが参る!
・古代文字の味わいを生かした年賀状を作ろう  講師/藤波艸心
・年賀状クロニクル  文/東 直子
・申・猿 集字帖

連載---------------------------------------
・写された刻 12 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 12 白玉双猿書鎮
・書語辞典 43 文/伊藤文生
・翰墨の縁 50 呉昌碩・王震
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 12 文/堀 久夫
・和魂漢才 12 最澄「久隔帖」 文/北川博邦
・書は人なり 40 魯迅の書 文/廣瀬保雄
・ギャラリー「香積寺浄業法師塔銘」
・水、呼び交わす 6 結んでひらいて 文/恩田侑布子
・碑法帖存疑 37 近年の中国オークションにみる碑法帖善本考① 『初拓曹全碑』因字未損本 文/伊藤 滋
・書論通観 29 吉田兼好『徒然草』 文/松村茂樹
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 16
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 2 斎藤道三書状 文/池田公一
・奇妙な象形文字の出現と変容 9 文/笹原宏之
・書道問答 10 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・帝王学の書相 25 最澄──仏性憑依の無欲の書 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 16 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆クローズアップ
・ユネスコ無形文化遺産登録への道 「日本の書道文化」をユネスコ無形文化遺産に!──運動の輪、広がる

◆レポート
・東京中央オークション「創立五周年記念秋季オークション」
・国際シンポジウム「東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容」報告記 文/萱 のり子
・競書誌の今とこれから
・シンポジウム「文以載道──2015中日書法文化論壇」参加報告 文/草津祐介
・第56回 全日本書写書道教育研究会全国大会・東京大会 文/宮 絢子
・展覧会ピックアップ

◆インフォメーション
・書の四季カレンダー2016

◆墨手箱
・書字庭園抄 6
・世界という硯の上で 11 文/石川翠
・手紙を味わう 12 文/中谷和玄
・中韓書道交流紀行 文/草津祐介
・書と建築の交差点 6 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 12 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・漢字条幅作品募集 審査/石川芳雲
・236号作品募集結果発表 審査/柳 碧蘚

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・第15回 扶桑印社展
・書壇院ギャラリー 第100回展 〈企画展示〉「鄭道昭展」
・第20回 謙慎書道会甲信北越展 特別併催展「金石拓本の美──木ケイ室金石拓本拾遺」

●話題の展覧会
・師古妙創・師村妙石六六篆刻書法展
・松永豊秀遺墨展
・第3回 土金春川書作展
・第32回 読売書法展
・第55回記念 現日書展
・鉞生個展──蘇軾詩“石鼓”を書く

●話題の書道展より
・第65回記念 玉信書展
・第55回 白扇書道会展
・第76回 国際文化交流 大日本書芸院展
・第59回 凌雲書展
・第32回 全国公募 日本綜合書作院展
・第37回 翠心会書展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
墨色について考える

今号の特集は、墨色に注目します。
墨色といえば、淡墨の表現なども気になりますが、
今回はそれだけではなく、漢字、かな、近代詩文、前衛まで、
各ジャンルにおける墨色の表現について考えていきます。
濃墨から淡墨まで、作品の印象を大きく左右する墨色のこと、
もっともっと考えてみましょう!




インタビュー&レッスン●
 四人の書家が墨色を語る
  【漢字】星 弘道  【かな】岩永栖邨
  【詩文書】永守蒼穹  【前衛】堀 吉光
ビジュアル&トーク●
 淡墨表現の深みへ  柳 碧蘚
エッセイ●
 古蒼の趣──赤羽雲庭と江戸の書画  文/高橋利郎
ピックアップ●
 プレゼント付き この墨で書きたい!
  【お店巡り編】栄豊齋・書道センター会館・ゴールデン文具・ならや本舗
  【製墨メーカ編】古梅園・墨運堂・呉竹・開明
クローズアップ●
 見て楽しむ 古梅園の墨型
ビジュアル&エッセイ●
 墨色にひたる──中川一政旧蔵の墨  文/小池邦夫
コラム●
 現代中国の墨事情
インタビュー●
 メディウムとしての墨  岡﨑乾二郎
論考●
 「現代書」における墨色の再考察──三つの態度  文/栗本高行
読者アンケート●
 私の墨磨り体験



企画----------------------------------------
・文字とデザイン
 日本語のデザイン  永原康史
 文字をデザインする──書体デザイナーの仕事  文/雪 朱里
 浅葉克己のタイポグラフィ  文/臼田捷治
 パッケージデザインの文字から時代を読む──“商品の顔”を表すタイポグラフィ  取材・文/深沢慶太
 書とタイポグラフィ  大日本タイポ組合
 活版印刷の味わい  ほしおさなえ


連載---------------------------------------
・写された刻 11 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 11 竹石絵染付水注
・翰墨の縁 49 彭玉麟・蕭俊賢
・ギャラリー 「銭稲孫 詩入り尺牘(谷崎潤一郎宛)」
・碑法帖存疑 36 近年の中国オークションにみる碑法帖善本考①
  「宋拓欧陽詢縁果道場磚塔下舎利銘」 文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 5 つきぬける遊び 文/恩田侑布子
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 15
・有名武将の書状でたどる大坂の陣への道のり 1 武田信玄書状 文/池田公一
・和魂漢才 11「興福寺南円堂銅灯台銘」 文/北川博邦
・書論通観 28 尊円親王『入木抄』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 11 文/堀 久夫
・書は人なり 39 芥川龍之介の書 文/廣瀬保雄
・書語辞典 42 文/伊藤文生
・奇妙な象形文字の出現と変容 8 文/笹原宏之
・帝王学の書相 24 王陽明──良知の狂劇 文/松宮貴之
・書道問答 9 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・ちまたで人気の書道教室 15 文/石渡玲子


トピックス------------------------------------
◆レポート
・日韓代表書作家交流展 東江趙守鎬・井茂圭洞二人展
・赤井清美作品展──杭州・中国美術学院美術館
・第16回蘭亭書法交流香港展
・浜野龍峰の南米行脚
・展覧会ピックアップ

◆墨手箱
・書字庭園抄
・世界という硯の上で 文/石川翠
・手紙を味わう 文/中谷和玄
・書と建築の交差点 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・淡墨作品募集 審査/柳 碧蘚
・235号作品募集結果発表 審査/髙橋蒼石


展覧会------------------------------------
●プレビュー
・津金寉仙展
・宇宙の書 嶋田彩綜の世界──わが魂をみつめて
・第63回 無心会書展
・第12回中日・日中友好古墨書道展

●話題の展覧会
・受贈記念 古谷蒼韻展
・中村素堂遺作展
・三井三幸 文字と時空間
・國井誠海生誕百年記念100選展
・傘寿記念 池田桂鳳書作展
・陳磊書法作品展
・第43回日本の書展
・第67回 毎日書道展
・第32回産経国際書展
・第70回 新潟県美術展瀾会
・一瀾書道会生誕五周年記念展
・第50回記念 貞香書展
・第23回 国際架橋書会選抜展
・第8回たく輪書作展
・とてつもない書──米山の大字

●話題の書道展より
・第75回記念 龍門社書展
・第50回 瑞雲公募展
・第53回 水穂書展
・第55回 墨滴会全国書展
・第29回 玄心書道展
・第29回 書道玄燿展
・寒玉書道会 第11回選抜展
・第13回 滴仙会書法展
・第50回記念 官公書展
・大知会千紫会 第46回 万紅展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・9・10月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記




2,462円
特集----------------------------------------
「チョ遂良」で楷書を極める

初唐の三大家の一人としてその名が知られるチョ遂良(五九六――六五八)。
その人生は波乱に富んだものでしたが、書の技術は極めて高く、後の中国書法史だけでなく、わが国の書道史にも多大な影響を及ぼしました。本特集では、チョ遂良の楷書の名品を鑑賞・手習いしながらチョ遂良の楷書の魅力とその真髄に迫ります。
あなたもチョ遂良を学んで楷書を極めましょう!
(※「チョ」は衣へんに者)


導入●
 チョ遂良の楷書を学ぼう!
鑑賞●
 雁塔聖教序・伊闕仏龕碑・孟法師碑・房玄齢碑
臨書&分析●
 「雁塔聖教序」で楷書を極める
  鬼頭墨峻・髙木聖雨・田中節山・仲川恭司・中村伸夫
ビジュアル&トーク●
 チョ遂良の楷書の豊かな味わい  石飛博光
論考●
 近代に現れた迫真のチョ法──趙世駿から沈尹黙へ  文/菅野智明
レッスン●
 「雁塔聖教序」「孟法師碑」を書く  講師/高橋蒼石
誌上リポート●
 マンツーマン指導で上達!
 “実況中継”「雁塔聖教序」入門講座  先生/高橋蒼石 生徒/柳家燕弥
クローズアップ●
 雁塔聖教序の刻線  文/荒金大琳
インタビュー●
 タイプデザイナーが語る唐代の楷書  鈴木 功
コラム●
 普遍の文字、臨場の文字──印刷史からみた欧陽詢とチョ遂良  文/鈴木広光
研究1●
 チョ遂良の楷書──歴代書論を通して考える 文/藤森大雅
研究2●
 巨碑の上に花開いた「雁塔聖教序」の書法
 ──隋唐石刻の書丹における執筆法の違いについて  文/尾川明穂



企画----------------------------------------
・何創時書法芸術基金 王鐸・傅山展 文/中村史朗
・ギャラリー 特別編 「園田湖城旧蔵・六舟拓商周漢彝器帖」

連載---------------------------------------
・写された刻 10 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 10 竹石絵染付水注
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 14
・書語辞典 41 文/伊藤文生
・翰墨の縁 48 彭玉麟・蕭俊賢
・書は人なり 38 斉白石の書 文/廣瀬保雄
・碑法帖存疑 35 全形拓本考 文/伊藤 滋
・水、呼び交わす 4 乾坤のエロス 文/恩田侑布子
・書論通観 27 藤原教長『才葉抄』 文/松村茂樹
・和魂漢才 10 伝藤原行成「親王位記草案」 文/北川博邦
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所10 文/堀 久夫
・帝王学の書相 23 嵯峨天皇──東海に変貌せる中華  文/松宮貴之
・奇妙な象形文字の出現と変容 7 文/笹原宏之
・書道問答 8 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美


トピックス------------------------------------
◆レポート
・小原道城書道美術館特別記念展 明治の三筆 巌谷一六展
・東京中央オークション「第7回珍蔵オークション」
・展覧会ピックアップ

◆インフォメーション
・第8回「墨」評論賞募集  審査/武田 厚
・田邉古邨全集 全八巻刊行にむけて
・没後180年 田能村竹田
・三十歳、新たなる世界へ 金澤翔子書展

◆墨手箱
・書字庭園抄
・世界という硯の上で 文/石川翠
・手紙を味わう 文/中谷和玄
・書と建築の交差点 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「雁塔聖教序」「孟法師碑」臨書作品募集 審査/髙橋蒼石
・234号作品募集結果発表 審査/高木厚人・鈴木まつ子

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・石飛博光書展2015――――奏でる・ことば――――
・書の煌めき’15 井上一光展

●話題の展覧会
・傘寿記念 江口大象 書のあゆみ
・中根海童書展
・梧竹・蒼海顕彰 第23回佐賀県書道展
・第50回記念 井垣北城 その人と書
・13回忌記念 大渓洗耳遺墨展
・第69回 日本書芸院展
・吉川蕉仙の書
・第5回悠響書展

●話題の展覧会
・第61回 栴檀社書展
・第64回 日本書道院展
・第38回 官公書道連役員展
・第44回 鶏聲展
・第37回 青潮書道会全国展
・第44回 日書学同人展
・第46回 臨池会書展
・第37回 翠心三十八人展
・第39回 由源展
・第39回 書道笹波会展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・7・8月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
芭蕉の俳句を書こう

「古池や蛙飛とびこむ水のおと」「閑さや岩にしみ入蝉の声」──もちろん、ご存知、松尾芭蕉(1644─1694)の俳句です。伊賀上野に生まれて俳諧を学び、京都に出て、後に江戸に下り、深川の芭蕉庵にて独自の俳風を確立。芭蕉は俳諧を文芸にまで高めて、「俳聖」と呼ばれています。次号は、芭蕉の俳句がテーマ。かなの作品、そして漢字かな交じり(詩文書)の作品まで、思い思いに芭蕉の俳句を書きましょう。


鑑賞1●先人たちの「松尾芭蕉」
 安東聖空・飯島春敬・金子鴎亭・日比野五鳳・深山龍洞・森田竹華
基礎知識●夢は枯野をかけ廻る──芭蕉入門  文/伊藤善隆
レッスン1●芭蕉の俳句を書こう──かな編  講師/高木厚人
レッスン2●芭蕉の俳句を書こう──詩文書編  講師/鈴木まつ子
対談●芭蕉の世界を歩く  嵐山光三郎・坂崎重盛
鑑賞2●柿衞文庫の名品で味わう芭蕉の世界  解説/根来尚子
エッセイ●芭蕉の恋  文/恩田侑布子
鑑賞3●現代書家が「芭蕉」を書く
 【かな】大西きくゑ・田頭一舟・森川星葉・山崎暁子
 【詩文書】小竹石雲・添田耕心・宮本博志・吉田成美
論考●詩的言語としての芭蕉俳句  文/林 浩平
資料●芭蕉論いろいろ

企画----------------------------------------
・赤井清美誌上作品展
・第7回「墨」評論賞準大賞受賞作 文/石原獨往

連載---------------------------------------
・写された刻 9 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 9 四君子絵桐茶壺
・ギャラリー「鄧州興国寺舎利塔下銘」
・書語辞典 39 文/伊藤文生
・翰墨の縁 45 黄士陵・丁尚庾
・書は人なり 37 小川芋銭の書 文/廣瀬保雄
・碑法帖存疑 33 精拓本考(下)
 ──北京故宮博物院蔵『乙瑛碑』朱翼アン旧蔵本にみる 文/伊藤 滋
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 13
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 9 文/堀 久夫
・書論通観 25 藤原伊行 『夜鶴庭訓抄』 文/松村茂樹
・奇妙な象形文字の出現と変容 6  文/笹原宏之
・水、呼び交わす 3 北斎の「なる」絵 文/恩田侑布子
・和魂漢才 8 藤原道長「尺牘」 文/北川博邦
・書道問答 7 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・帝王学の書相 22 郭沫若――振幅する伝統と革命 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 13 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆ブック・レビュー
・財前謙『日本の金石文』  文/横山淳一・根本 知

◆レポート
・現代中国における「書画一体」の境地
 ──書画家・馬樹茂氏に聞く  文/松宮貴之
・東京中央オークション・二〇一五年春期オークション
・第10回 手島右卿賞 受賞者発表
・第十八回「國井誠海賞」受賞者決まる
・展覧会ピックアップ
・二〇一四年度大学卒業制作展

◆インフォメーション
・第7回「墨」評論賞授賞式開催
・第8回「墨」評論賞募集  審査/武田 厚
・尾崎放哉生誕百三十年記念 放哉の句碑建立プロジェクト進行中!

◆墨手箱
・書字庭園抄 3
・世界という硯の上で 8 文/石川翠
・手紙を味わう 9 文/中谷和玄
・書と建築の交差点 3 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 9 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・芭蕉句 かな作品募集 審査/高木厚人
・芭蕉句 詩文書作品募集 審査/鈴木まつ子
・233号作品募集結果発表 審査/大井錦亭

展覧会------------------------------------
●話題の展覧会
・第55回 日本書作院展
・第40回記念 埼玉書道三十人展
・公募 東京書作展 選抜作家展2015
・’14玄土社書展
・第2回 川﨑白雲先生を囲む書展

●話題の展覧会
・第58回 凌雲書展
・第43回 公募 書道一元會展
・第21回 東京水穂会書展
・第68回 書道芸術院展
・第63回 独立書展
・第55回 現日春季書展
・第43回 國際書道連盟展
・第51回 創玄展
・第77回 謙慎書道会展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・5・6月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
空海の「風信帖」

「風信雲書、自天翔臨」(風信雲書、天より翔臨す)。──と、そのように書き出される、空海の「風信帖」。──また「風信帖」とは、「風信帖」に「忽披帖」「忽恵帖」の二通を合わせた計三通の空海尺牘を一巻に仕立てたその総称。いずれも空海が最澄に宛てて書いたこれらの尺牘──「風信帖」は、空海ゆかりの東寺に所蔵されています。今号の特集では、この空海の「風信帖」に注目します。いざ、日本の書の淵源へ!

導入●空海──讃岐から高野山へ
鑑賞1●空海の「風信帖」
エッセイ●「風信帖」を書いた頃の空海をめぐって  文/頼富本宏
研究●空海の書──造物主の相貌  文/中村史朗
レッスン●空海「風信帖」を書く  講師/大井錦亭
インタビュー●空海の書の「不思議な環」  中沢新一
鑑賞2●先人の「風信帖」──手島右卿による臨書
論考●声と文字の宇宙観──空海の文字世界  文/松枝 到
アンケート●現代書家12名に聞きました こう見る!「風信帖」
 有岡シュン崖・石澤桐雨・今口鷺外・尾西正成・小原道城・柴山抱海・髙橋蒼石・寺井朴堂・原田凍谷・福光幽石・三岡天邑・山本大悦
インフォメーション●高野山開創一二〇〇年

企画----------------------------------------
・第7回「墨」評論賞準大賞受賞作 
 『秋日和』と乾隆帝と吉井勇――書から見た小津安二郎 文/和田倫斉

連載---------------------------------------
・写された刻 8 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 8 
・書語辞典 39 文/伊藤文生
・書は人なり 36 虚谷の書 文/廣瀬保雄
・翰墨の縁 45 姚元之・呉雲
・水、呼び交わす 2 身幅から宇宙へ 文/恩田侑布子
・ギャラリー「黄庭内景経」
・碑法帖存疑 33 精拓本考(中)──黄易監拓『武梁祠画像石題字拓本』にみる 文/伊藤 滋
・書論通観 25 空海「献梵字并雑文表」 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 8 文/堀 久夫
・和魂漢才 8 嵯峨天皇「哭澄上人詩」 文/北川博邦
・書道問答 6 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・帝王学の書相 21 荻生徂徠――先王の眼と書の行方 文/松宮貴之
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 12
・奇妙な象形文字の出現と変容 5  文/笹原宏之
・ちまたで人気の書道教室 13 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------
◆ブック・レビュー
・池田和臣『古筆資料の発掘と研究』  文/名児耶 明
・杉浦康平『文字の靈力』『時間のヒダ、空間のシワ…[時間地図]の試み』  文/臼田捷治

◆レポート
・第25回 新春1000人かきぞめ席書大会
・阮元 生誕二五〇周年──中国・揚州にての展覧会・研討会が開催!
・板書教育の今──福岡教育大学の授業レポートから
・第20回全国高等学校書道コンクール審査結果発表
・展覧会ピックアップ
・淑徳大学 第9期公開講座「碑法帖拓本で見る名跡鑑賞」

◆インフォメーション
・第8回「墨」評論賞募集

◆墨手箱
・書字庭園抄
・世界という硯の上で 文/石川翠
・手紙を味わう 文/中谷和玄
・書と建築の交差点 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「風信帖」特集 作品募集 審査/大井錦亭
・232号作品募集結果発表 審査/日比野実・下谷洋子

展覧会------------------------------------
●プレビュー
・東京学芸大学退職記念・長野秀章(竹軒)書作展
・豊口和士個展
・第12回 醜美舎展

●話題の展覧会
・“遠藤乾翠の今日 Ⅳ”展──自由奔放 隷書の世界に遊ぶ
・第59回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展2015──今いきづく墨の華
・第30回 毎日現代関西代表作家展
・第31回記念 産経国際書展 新春展 
・第29回 産経国際書会代表展
・第34回 選抜香瓔百十人展 ─胎動─
・第32回 古典臨書展
・第27回 国際架橋書展

●話題の書道展より
・第48回 公募天真全国書道展
・第44回 凌雲選抜書展
・第66回 正筆展
・第46回 正筆会菁華書作展
・第63回 独立書展
・第50回記念回 群象書人展
・第62回 朝聞書展
・平成27年 瑞雲春秋展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

2,462円
特集----------------------------------------
かなの連綿

紙面にさまざまな効果をもたらす、かな作品を書くうえで欠くことのできない表現法の一つ、連綿。本特集では、連綿の基礎から古筆ごとの連綿の特徴はもちろん、多数の作例やペン字を通して実作や生活に役立つ連綿の書き方を分かりやすく紹介していきます。あなたも効果的な連綿をマスターし、かな書の表現の幅を広げましょう。

インタビュー●連綿の響きに魅せられて  榎倉香邨
論考●かなの連綿にみる美の特性  文/萱 のり子
鑑賞●連綿で魅せる! 現代かな作家による細字&大字作品   
 清水透石・舟尾圭碩・前島泉洲・三宅相舟・山根亙清・吉川美恵子・渡辺墨仙
レッスン1●臨書で学ぶ連綿 高野切(一~三種)・関戸本古今集・寸松庵色紙  講師/日比野 実
レッスン2●臨書で学ぶ連綿 本阿弥切・一条摂政集  講師/下谷洋子
レッスン3●ペン字で連綿  講師/田中鳴舟
クローズアップ●平かなと連綿  文/関口研二
資料●連綿の種類一覧

企画----------------------------------------
・改組新 第1回 日展 第5科・書
・第7回「墨」評論賞 選考結果発表 審査/石川九楊
・新発見・龍馬の書状  文/魚住和晃

連載----------------------------------------
・写された刻 7 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 7 戴月軒製提筆
・書語辞典 38 文/伊藤文生
・書論通観 24 姜宸英『湛園題跋』 文/松村茂樹
・翰墨の縁 45 蘇澗寛
・ギャラリー「吉羊洗」
・碑法帖存疑 32 精拓本考(上)──『堅浄居蔵明拓張猛龍碑』にみる 文/伊藤 滋
・新 水、呼び交わす 1 いにしえ人の鼓舞 文/恩田侑布子
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 11
・書は人なり 35 浦上玉堂の書 文/廣瀬保雄
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 7 文/堀 久夫
・和魂漢才 7 兼明親王「暮春詩」 文/北川博邦
・奇妙な象形文字の出現と変容 4 特異な象形文字「龍」の増殖 文/笹原宏之
・書道問答 5 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・帝王学の書相 20 鍾繇──三国志の書 文/松宮貴之
・ちまたで人気の書道教室 12 文/石渡玲子

トピックス----------------------------------------
◆新春吉例
・新年名刺交換会

◆スポット
・IKKOのお正月

◆レポート
・東京中央オークション 総括2014年
・ミス・インターナショナル世界大会の出場者が集合! 昭和女子大学で日本文化交流会開催
・東京中央オークション「第6回珍蔵オークション」
・展覧会ピックアップ

◆墨手箱
・新 書字庭園抄 1
・世界という硯の上で 6 文/石川翠
・手紙を味わう 7 文/中谷和玄
・新 書と建築の交差点 1 文/南 泰裕
・デザイン“すみずみ”異聞録 7 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・高野切(一~三種)・関戸本古今集・寸松庵色紙 倣書作品募集 審査/日比野 実
・本阿弥切・一条摂政集 臨書作品募集 審査/下谷洋子
・231号作品募集結果発表 審査/樽本樹邨・辻元大雲

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・墨海一粟 郭同慶書法作品巡回展
・第47回玄潮会書展特別企画 徳野大空生誕100年展
・粋への誘ない──第4回 圭雪の個展
・第64回 書道學會展
・TOKYO書 2015
・第3回 三田大然展
・第48回 魁心書法院展

●話題の展覧会
・小山やす子書展
・髙木聖雨書展
・古都鎌倉に魅せる──香坡の書画三昧
・第25回記念 東京白鴎会書展    併催 柴田多計子・又木白雲 二人書作展
・松川昌弘SHO展──情熱と葛藤・心の旅
・第20回記念 興文会書展
・第32回書海社師範展併催 憙齋留心翰墨展
・神田浩山書展──走り出す書
・第36回 東西書展

●話題の書道展より
・第36回 日本書展/第41回 銀河書道作品展
・第63回 奎星展
・第36回 翠心会書展
・第48回 心象書展
・第75回記念 千草会書展
・第2回 日本書道院「100人」展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・1・2月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記




2,462円
特集----------------------------------------
北魏の楷書

漢が滅亡し、隋による統一まで、中国は魏晋南北朝時代と呼ばれる政治的な分裂時代を迎えました。とりわけ三世紀末から五世紀半ばにかけて、中国の北部(華北)では、諸民族・国家が分立興亡(五胡十六国時代)。その混乱の華北を統一したのが、北魏です。本特集では、その北魏の楷書に注目します。唐代の楷書とは違った独特な魅力を放つ北魏の楷書を学び、楷書の腕前にさらに磨きをかけましょう。

導入●北魏の楷書を学ぼう
鑑賞1●春敬記念書道文庫蔵「高貞碑」初拓整本
レッスン1●「張猛龍碑」「始平公造像記」を書く  講師/樽本樹邨
レッスン2●「鄭羲下碑」「論経書詩」を書く  講師/辻元大雲
歴史●融合する「胡」と「漢」──五胡十六国と北魏  文/三﨑良章
鑑賞2●北魏墓誌名品選
鑑賞3●現代書家による臨書作品 こう見る! 北魏の楷書
 石飛博光・市澤静山・西村東軒・森田彦七
ビジュアル&トーク●北魏の楷書表現の魅力  牛窪梧十
論考●北碑のコア・イメージ――清人の議論から  文/菅野智明

企画----------------------------------------
◆未年の年賀状
・未年生まれの書家の年賀状
・新春恒例 もぐら庵の羊たち
・篆刻で年賀状  講師/尾崎蒼石
・篆刻をあしらった年賀状  真鍋井蛙
・二度目の別れ  文/小池昌代
・未・羊集字帖

連載---------------------------------------
・写された刻 6 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 6 戴月軒製提筆
・書語辞典 37 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 6 文/堀 久夫
・和魂漢才 6 道澄寺鐘銘 文/北川博邦
・不可思議な象形文字の出現と変容 3 特異な象形文字「龍」の流転 文/笹原宏之
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 10
・翰墨の縁 44 呉湖帆・朱梅邨
・ギャラリー「雲崗・邑義信士女等五十四人造像記」
・碑法帖存疑 31 博文堂影印碑法帖拓本考(五) 文/伊藤 滋
・書論通観 23 王ジュ『論書ヨウ語』 文/松村茂樹
・書道問答 4 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・書は人なり 34 金農の書 文/廣瀬保雄
・恥は書き捨て 12 [台北國立故宮博物院展を見学]の巻 文/酒井順子
・帝王学の書相 19 富岡鉄斎──陽明学の艶華 文/松宮貴之
・中国“書”的旅のススメ 60 文/種谷萬城
・ちまたで人気の書道教室 11 文/石渡玲子

トピックス------------------------------------

◆レポート
・東京中央オークション「二〇一四年秋季オークション」
・海上派文人・朱梅邨──その書法の実像  文/朱剛
・書の旅  文/髙澤浩一
・東アジアにおける書教育の相互理解を目指して
 ──日中韓国際学術シンポジウム開催報告  文/草津祐介
・展覧会ピックアップ

◆スポット
・高橋里江展

◆インフォメーション
・書の四季カレンダー2015

◆墨手箱
・手紙を味わう 6 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 5 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 6 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・「張猛龍碑」「始平公造像記」臨書作品募集 審査/樽本樹邨
・「鄭羲下碑」「論経書詩」臨書作品募集 審査/辻元大雲
・230号作品募集結果発表 審査/川嶋毛古

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・第14回 扶桑印社展
・第54回 書燈社展 特別展示「詩文書の先達・森田安次の輝き」
・書壇院ギャラリー第95回展〈企画展示〉「貫名菘翁展」
・墨表現不二’14書展
・江島曜一書展─王羲之・王鐸に導かれて─

●話題の展覧会
・菅原竹情展
・第45回記念 千紫会万紅展 千紫会を支えた人々展
・書と資料でたどる 生誕百年 種谷扇舟展
・喜壽記念 樽本樹邨書作展
・高橋里江展
・第31回 読売書法展
・寺田白雲書展
・没後一一〇年 書僧・北方心泉展─心泉と富士─

●話題の書道展より
・第64回 玉信書展
・第54回 現日書展
・第54回 白扇書道会展
・第2回 眞龍書展
・第76回 酔墨書展
・第75回記念 国際文化交流 大日本書芸院展
・第31回 全国公募 日本綜合書作院展
・寒玉書道会 第11回選抜展
・第48回 墨彩会書展

墨らんだむ------------------------------------

・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・11・12月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記

・附録 2015年カレンダー
2,462円
特集----------------------------------------
小作品を楽しむ

美術館に展示される壁面芸術としての書。その大きなサイズの作品の迫力や華やかさは、それ自体どこまでも魅力的ですが、その一方で、小作品の魅力も決して忘れるわけにはいきません。そもそも作品サイズでいえば、王羲之の蘭亭序や十七帖にしても、あるいは日本の仮名の三色紙(寸松庵色紙・継色紙・升色紙)はさらに、小さな寸法の作品でした。小作品にも無限の可能性がある! 贈り物に、インテリアに、そしてもちろん展覧会に。魅せる小作品を書きましょう。

鑑賞1●先人たちのミクロコスモス
 青山杉雨・安東聖空・金子鴎亭・川村驥山・鈴木翠軒・殿村藍田・日比野五鳳・豊道春海・松井如流・松本芳翠
エッセイ●ミクロコスモスの息吹き  文/吉田加南子
鑑賞2●
現代書家による書き下ろし 誌上小作品展
 【漢字】岡田契雪・田中鳳柳・中林蕗風・柳 碧蘚
 【かな】上林三玲・田頭央ガ・野田正行・山本高邨
 【詩文書】鈴木まつ子・砂本杏花・辻井京雲・百瀬大蕪
レッスン●いろいろな小作品を書いてみよう  講師/川嶋毛古
ガイダンス●みんな知りたい「表具の選び方」 協力/東洋額装
ピックアップ●創作表具の楽しみ 小林雅尚堂
クローズアップ●筆遊び彩書 彩りを添えて書を贈る  講師/尾﨑洋子
コラム●小作品を応募しよう――インテリアの書展

企画----------------------------------------
・画家・松田正平の手紙
・生誕一五〇年記念 日本近代書道の源泉 秋山白巌展

連載---------------------------------------
・写された刻 5 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 5 紫泥砂壺
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 9
・翰墨の縁 43 翁方綱・李瑞清
・ギャラリー「楊休墓誌」
・碑法帖存疑 30 博文堂影印碑法帖拓本考(四) 文/伊藤 滋
・書語辞典 36 文/伊藤文生
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 5 文/堀 久夫
・帝王学の書相 18 曾国藩――東アジア近代の源泉 文/松宮貴之
・恥は書き捨て 11 [続・漢字仮名交じり書~格闘編]の巻 文/酒井順子
・書論通観 22 傅山「作字示児孫」 文/松村茂樹
・日本の金石文 最終回 伝達と筆法 文/財前 謙
・和魂漢才 5 神護寺鐘銘 文/北川博邦
・書は人なり 33 尾形乾山の書 文/廣瀬保雄
・奇妙な象形文字の出現と変容 2 奇妙な顔かたちの「龍」の系譜 文/笹原宏之
・書道問答 3 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・ちまたで人気の書道教室 10 文/石渡玲子
・中国“書”的旅のススメ 59 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・第15回 日本蘭亭会 東京展
・中原の古都・臨汾の書法事情──山西師範大学の薛珠峰先生を訪ねて 文/松宮貴之
・発表された日展の改革案について
・展覧会ピックアップ

◆スポット
・中部日本書道会 創立80周年記念イベント続々!

◆インフォメーション
・髙橋恭司写真展
・京都の職人さんの丁寧な手仕事

◆スポットライト
・石の夢を紡ぐ──印鈕作家・田中愛己

◆墨手箱
・手紙を味わう 5 文/中谷和玄
・世界という硯の上で 4 文/石川翠
・デザイン“すみずみ”異聞録 5 文/深沢慶太

◆読者参加企画
・小作品募集 審査/川嶋毛古
・229号作品募集結果発表 審査/中村伸夫・土井汲泉

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・筆の里工房開館20周年記念特別展 日本の書と書の宇宙
・東京国立博物館・書道博物館連携企画 趙之謙の書画と北魏の書──悲アン没後一三〇年
・第11回 中日・日中友好古墨書道展
・第62回 無心会書展

●話題の展覧会
・文化勲章受章記念 髙木聖鶴展
・古稀記念・こころの書 星弘道近作書展
・藤波艸心個展「心の旅」
・梧竹・蒼海顕彰 第22回 佐賀県書道展
・第42回 日本の書展
・第66回 毎日書道展
・第31回 産経国際書展
・第22回 国際架橋書会選抜展

●誌上展
・貞本竜児誌上個展「狂」

●話題の書道展より
・第49回 瑞雲展
・第52回 水穂書展
・第54回 墨滴全国書展
・第28回 玄心書道展
・第28回 書道玄燿展
・第12回 滴仙会書法展
・第49回 官公書展
・第45回記念 千紫会万紅展 併催 千紫会を支えた人々展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・9・10月の展覧会スケジュール
・愛読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
2,462円
特集----------------------------------------
米フツの書技を学ぼう

蘇軾、黄庭堅とともに宋の三大家の一人、──また蔡襄も加えて宋の四大家の一人とされる、米フツ(1051~1107)。湖北襄陽の人。初名は黻、字は元章。海岳、南宮などと号しました。書画の鑑定にも優れ、王羲之・王献之らに傾倒した米フツの書は、 後世に大きな影響を与えるとともに、現代の書人たちをも魅了しています。195号のリニューアル以降、王羲之、顔真卿に続く三人目の人物特集になります。米フツの書技を学び、一味も二味も違う書を目指しましょう! (”フツ”は草冠に市)

インタビュー●米フツの魅力  星 弘道
基礎知識●米フツ──宋代の芸術家  文/塘 耕次
鑑賞1●宋拓「群玉堂帖」
レッスン1●行書「蜀素帖」を書こう  講師/中村伸夫
レッスン2●草書「元日帖」を書こう  講師/土井汲泉
ビジュアル&トーク●自然で巧みな米フツ  石川芳雲
クローズアップ1●「語る線」が織りなす米フツの書  文/尾川明穂
クローズアップ2●無双の書画博士 米フツの書論  文/成田健太郎
コラム●襄陽の史跡「米公祠」をたずねて
鑑賞2●現代書家の競演──米フツの臨書と倣書
 明石聴濤・池田龍仙・石永甲峰・鬼頭墨峻・中村雲龍・水川舟芳
アンケート●現代書家6名に聞きました こう見る! 米フツ

企画----------------------------------------
・ギャラリー 特別編 范成大「田園雑興詩帖」
・太宗と王羲之書法 文/松村茂樹
・書道マンガ・アニメのいま!

連載---------------------------------------
・写された刻 4 写真/髙橋恭司
・今日も書室で 4 米フツ螽斯瓜テツ硯(”テツ”は瓜に失)
・書語辞典 35 文/伊藤文生
・翰墨の縁 42 黄鉞・朱為弼・翁方綱
・碑法帖存疑 29 博文堂影印碑法帖拓本考(三) 文/伊藤 滋
・恥は書き捨て 10 [初めての漢字仮名交じり書]の巻 文/酒井順子
・もぐら・もぐら もぐら庵の印刻り日記 8
・書は人なり 32 王文治の書 文/廣瀬保雄
・書論通観 21 豊坊『書訣』 文/松村茂樹
・これでスッキリ! 書道なんでも相談所 4 文/堀 久夫
・和魂漢才 4 大江朝綱「紀家集」 文/北川博邦
・奇妙な象形文字の出現と変容 1 文/笹原宏之
・書道問答 2 監修/松川昌弘 イラスト/霜田あゆ美
・日本の金石文 11 仮名の往く道 文/財前 謙
・帝王学の書相 17 空海――書聖の音韻学 文/松宮貴之
・中国“書”的旅のススメ 58 文/種谷萬城

トピックス------------------------------------

◆レポート
・日展の審査をめぐる問題
・台湾の書法創作論の現在──国父記念館開催・黄智陽創作展「無礙」 文/黄智陽・松宮貴之
・第9回 手島右卿賞 受賞者発表

◆スポット
・第7回 一光書法会 薬師寺展
・独創・倉田信岳──千葉・流山 書道藝術館 特集

◆エッセ・クリティック
・北原白秋──響き合う書線と言葉 文/岸 沙織

◆インフォメーション
・第7回「墨」評論賞募集  審査/石川九楊

◆墨手箱
・手紙を味わう 4 文/中谷和玄
・デザイン“すみずみ”異聞録 4 文/深沢慶太
・ポップの「時代」とアートの「現在」 文/暮沢剛巳

◆読者参加企画
・米フツ;「蜀素帖」臨書作品募集 審査/中村伸夫
・米フツ;「元日帖」臨書作品募集 審査/土井汲泉
・228号作品募集結果発表 審査/杭迫柏樹・吉澤鐵之・新谷泰鵬

展覧会------------------------------------

●プレビュー
・小竹石雲書展 ―ふるさと吉備の韻―

●話題の展覧会
・祝遂之書画日本展
・没後25年 桑田笹舟展
・今井凌雪 ―人と書のすべて―
・第68回 日本書芸院展
・沁みいる故郷 船本芳雲書展
・第5回記念 聖筆会代表書作家展


●話題の書道展より
・第63回 日本書道院展
・第37回 官公書道連役員展
・第43回 鶏聲展
・第74回 龍門社書展
・第45回記念 臨池会書展
・第70回 鳳雛書展
・第43回 日書学同人展
・第36回 翠心三十八人展
・第38回 書道笹波会展
・第38回 由源展

墨らんだむ------------------------------------
・視点・田宮文平
・書道通信
・エッセイ 伝えたい言葉
・読者の広場
・新刊ぴっくあっぷ
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・7・8月の展覧会スケジュール
・読者プレゼント
・バックナンバー一覧
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記


おすすめの購読プラン

墨の内容

  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
書道雑誌『墨』がリニューアル新装刊!幅広い知識と実用性を網羅した、濃密な誌面
『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。

墨の無料サンプル

195号 (2008年11月01日発売)
195号 (2008年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

墨の目次配信サービス

墨最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

墨の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.