墨 156号 (発売日2002年05月01日) 表紙
  • 雑誌:墨
  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
  • 参考価格:2,700円
墨 156号 (発売日2002年05月01日) 表紙
  • 雑誌:墨
  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
  • 参考価格:2,700円

墨 156号 (発売日2002年05月01日)

芸術新聞社
◆巻頭特集
命をもった文字たち

太古の昔、中国でのお話。黄帝の史官
に蒼頡という人物がおり、ある日、鳥
の足跡に天啓を得て文字を作ったとい
う。その偉大な発明者の顔には、知性
の象徴たる四つの...

墨 156号 (発売日2002年05月01日)

芸術新聞社
◆巻頭特集
命をもった文字たち

太古の昔、中国でのお話。黄帝の史官
に蒼頡という人物がおり、ある日、鳥
の足跡に天啓を得て文字を作ったとい
う。その偉大な発明者の顔には、知性
の象徴たる四つの...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
墨のレビューを投稿する
2002年05月01日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
2,730円 / 冊
送料: 込み
2024年09月01日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けいたします

墨 156号 (発売日2002年05月01日) の目次

◆巻頭特集
命をもった文字たち


太古の昔、中国でのお話。黄帝の史官
に蒼頡という人物がおり、ある日、鳥
の足跡に天啓を得て文字を作ったとい
う。その偉大な発明者の顔には、知性
の象徴たる四つの目。人々は憧れと畏
敬の念を込めて、文字の創始者を語り
伝えてきたのだ。この特集は、そんな
伝説に思いを巡らすことから始めたい
。神があり、言葉があった。そこに文
字が生まれ、魂が宿る。物事の始まる
時の、とてつもないエネルギー。原初
のもつ宿命的な強さが、21世紀の浅薄
な我々を魅了してやまない。それは、
墨第156号
本物の文字の力。言葉の力、書の力を取り戻したいという願い。時間を遡上し、太古の心に耳を澄ましてみよう。刻線をたどり筆で形を追ううちに、文字誕生の息吹が聞こえてくる。命をもった文字たちの、時空を超えたメッセージが……。
 


●巻頭グラビア
殷・甲骨片
西周前期・大盂鼎
春秋後期・秦公ハク   解説/伊藤 滋

●ガイダンス
「甲骨文字」「金文」ってどんな文字? 文/田宮文平

●論考
漢字の源流―刻符と陶文 文/鶴田一雄

●特別企画
「白川静先生にお伺いいたします―石川九楊」
 質問/石川九楊  回答/白川 静

●検証・甲骨文字の刻法
古代の人は、どのように文字を刻んだのか?
 講師/石野黎峰

●甲骨学研究最新事情
王宇信氏講演レポート 文/成家徹郎

●コラム
甲骨文“雑感” 文/味墨山房主

●作品制作の現場
加藤光峰の作品世界 古代文字との語らい

●エッセイ
粘土に書かれた文字 文/小林登志子
象形文字の魅力 文/吉村作治
現在に生きる象形文字・東巴文字 文/浅葉克己
父・白川静の世界をのぞく 文/津崎 史

●書論/古代文字に魅せられた書人たち
【中国編】清代後期の古代文字を素材とした
 書作品について 文/中村伸夫
【日本編】「古代文字の書」の美学 文/田宮文平

●アンケート120人に聞きました!
どちらが好きですか? 
甲骨文字作品 vs 近代詩文書 作品/金子卓義

●ハンドメイド
古代文字で楽しもう

●資料室
字典の使い方
今見られる古代文字の展覧会


第2特集/シリーズ人と書を味わう
岡本かの子

歌人、小説家、そして仏教研究家としても活躍した岡本かの子。華やかな恋愛と波瀾に満ちた生涯において、かの子は早くから文学に身を投じ、文学に身を殉じた。奔放にして率直、エネルギッシュな創作活動から生み出された絢爛豪華な作品は、かの子の生命そのものであり、多くの人びとに愛され読み継がれながら、いまなお魅惑的な芳香を放っている。前衛芸術家・岡本太郎の母であり、天才を生み育てた天才であった。その強烈な個性は文学のみならず、書字にもあふれ出ている。気魄のこもった「書」がみせる独特の表情と息遣いにふれるとき、伝説に彩られたかの子の素顔が垣間見えてくる。


●連載
・世界のなかに放り出された書―日本近・現代書史点描(14)
  殿村藍田 文/石川九楊
・日本の書文化 (19)
  「和様なるものの出立の前に」 文/松岡正剛
・漢字の起源をめぐって (7) 文/阿辻哲次
・シリーズ・書家の仕事 (3) 金子卓義
・筆跡は語る(3)「勝海舟の書」 文/魚住和晃
・書論の広場(21)
  「《藝友齋存名家印匯》随感」 文/孫 慰祖
・すみ人彩々(7) 新藤栄作さん(俳優、劇団無現主宰)
・ヘボでも上達筆遣い指南 「連綿にトライ」第1回(全3回) 指導/赤井清美

●読者参加企画
 「甲骨文・金文」 講師/加藤光峰

●臨書講座結果発表

●プレビュー
・古川悟遺作展、盧樂群書法展、新谷鴻軒書色展
・日韓文化交流特別展 韓国の名宝

●話題の展覧会
・金子卓義この一年
・中道春陽作品展
・第6回塩練心泉個展「心を開く書」
・公募 東京書作展
・第35回記念 玄潮会書展

●話題の書道展より
・第55回記念書道芸術院展
・第30回公募書道一元會展
・第8回東京水穂会書展
・第30回記念國際書道連盟展
・第3回東京書游選抜展
・第24回青潮書道会全国展
・第49回朝聞書展
・第64回謙慎書道会展
・第51回奎星展
・第15回不二現代書展
・第38回創玄展
・第48回栴檀社書展

●スポット
・第五回國井誠海書奨励基金受賞者四名決定
・「清朝最後の巨匠呉昌碩展/沙孟海・青山杉雨展」開催

●中国レポート
・翁方綱校孔子廟堂碑記 文/伊藤 滋

●教育レポート
・「鍛錬と和」高等学校書道部30年間の実践記録 文/幕田魁心

●墨らんだむ
視点 文/田宮文平
書道通信
エッセイ
読者の広場
ぶっく&ブック
蘇州だより
東京ふらふら散歩
展覧会ルポ
展覧会アラカルト
読者プレゼント
5月・6月の展覧会
バックナンバー一覧
次号予告・編集後記

 

墨の内容

  • 出版社:芸術新聞社
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:A4変型
書道雑誌『墨』がリニューアル新装刊!幅広い知識と実用性を網羅した、濃密な誌面
『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。

墨の無料サンプル

195号 (2008年11月01日発売)
195号 (2008年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

墨の目次配信サービス

墨最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

墨の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.