• 雑誌:農耕と園芸
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,8,11月の23日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[デジタル版]1,600円
  • 雑誌:農耕と園芸
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,8,11月の23日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[デジタル版]1,600円

農耕と園芸 最新号:2024年3月号 (発売日2024年02月22日)

誠文堂新光社
特集1は根菜類・葉茎菜類の栽培技術。秋冬ダイコンの地球温暖化の影響評価やニンジンの抽苔軽減技術、タマネギの施肥技術、直播栽培、貯蔵技術。特集2はカンキツ類の品質・生産性向上技術。
特別ルポは『デー...

農耕と園芸 最新号:2024年3月号 (発売日2024年02月22日)

誠文堂新光社
特集1は根菜類・葉茎菜類の栽培技術。秋冬ダイコンの地球温暖化の影響評価やニンジンの抽苔軽減技術、タマネギの施肥技術、直播栽培、貯蔵技術。特集2はカンキツ類の品質・生産性向上技術。
特別ルポは『デー...

ご注文はこちら

2024年02月22日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
9%
OFF
1,500円 / 冊
2024年02月22日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けします!

農耕と園芸 最新号:2024年3月号 (発売日2024年02月22日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集1 根菜類・葉茎菜類の栽培技術/特集2 カンキツ類の品質・生産性向上技術
特集1は根菜類・葉茎菜類の栽培技術。秋冬ダイコンの地球温暖化の影響評価やニンジンの抽苔軽減技術、タマネギの施肥技術、直播栽培、貯蔵技術。特集2はカンキツ類の品質・生産性向上技術。
特別ルポは『データ管理で躍進する中山間地の水耕ファーム島根県雲南市(有)だんだんファーム掛合』と『ネット通販で急成長 年商2憶を目指すカンキツファーマー愛媛県八幡浜市二宮正道さん』の2本立。





目次
【連載】アグリニュース
【連載】新品種紹介 ダイコン 夏相撲 解説/(株)サカタのタネ
【特集1】根菜類・葉茎菜類の栽培技術 秋冬ダイコン生育モデルと地球温暖化の影響評価 神奈川県農業技術センター 生産技術部 野菜作物研究課 高田敦之
【特集1】根菜類・葉茎菜類の栽培技術 トンネル春夏どりニンジンの抽苔軽減技術 千葉県農林総合研究センター 水稲・畑地園芸研究所 研究員 山下雅大
【特集1】根菜類・葉茎菜類の栽培技術 タマネギ移植栽培における肥効調節型肥料を用いた施肥技術 (地独)北海道立総合研究機構 農業研究本部 上川農業試験場 研究部 生産技術グループ 主査(栽培環境) 唐 星児
【特集1】根菜類・葉茎菜類の栽培技術 直播栽培によるタマネギの安定生産を可能とするための「たまねぎ直播機」 農研機構・九州沖縄農業研究センター 上級研究員 松尾健太郎
【特集1】根菜類・葉茎菜類の栽培技術 エチレン処理によるタマネギの貯蔵期間延長技術 (地独)北海道立総合研究機構 農業研究本部 上川農業試験場 研究部 生産技術グループ 研究主査 野田智昭
【CUTCH UP】ダイコンの現在進行形 農研機構 野菜花き研究部門 露地野菜花き育種グループ 吹野伸子
【産地取材・特ルポ】データ管理で躍進する中山間地の水耕ファーム 島根県雲南市 (有)だんだんファーム掛合
【連載】インタビュールーム 2023年園芸学会賞受賞 岡山大学農学部FSセンター 特命教授 吉田裕一さん
【連載】クローズアップ! 農業最新技術 プラズマを取り入れて農業生産性の向上を目指す 名古屋大学低温プラズマ科学研究センター 特任教授 堀 勝さん 特任講師 橋爪博司さん
【連載】渡辺和彦の篤農家見聞録「エタノール肥料を使って高品質の野菜を生産」
【産地取材・特ルポ】ネット通販で急成長 年商2憶を目指すカンキツファーマー 愛媛県八幡浜市 二宮正道さん
【特集2】カンキツ類の品質・生産性向上技術 ウンシュウミカンにおける高品質果実生産のための“シールディング・マルチ”栽培の開発 農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ品種育成・生産グループ 上級研究員 岩崎光徳
【特集2】カンキツ類の品質・生産性向上技術 無加温栽培ヒリュウ台「肥の豊」における2本主枝栽培による収量増加と生産性の向上 熊本県農業研究センター天草農業研究所 研究参事員 川端義実
【特集2】カンキツ類の品質・生産性向上技術 ウンシュウミカンにおける現場で簡単に測定可能な水分ストレス診断技術~果実の肥大量(果実横径)や土壌水分目視計の活用~ 佐賀県上場営農センター 畜産・果樹研究担当 松本篤史
【CUTCH UP】徳島県産香酸カンキツ類の魅力 徳島大学大学院医歯薬学研究部 招聘准教授 堤 理恵
【連載】新花き探索 エスキナンサス・フラウィドゥス 尾崎忠
【連載】花き研究の最前線 花の生育・開花障害(1)~pHの影響~ 東京都農業振興事務所 農業革新支援専門員(花き) 岡澤立夫
【新連載】トマトの生理生態 第1回 栽培に活かせるトマトの形態的・生理的な特性 玉川大学農学部 教授 田淵俊人
【取材】第62回全国リンゴ研究大会 宮城大会リポート【後編】
【連載】なるほど園芸用語 コスメティックペスト(外観損傷病害虫) 藤重宣昭
【連載】農業経営のお得な情報! 上手にお金を貯める話 Q:所得税がかからない通勤費を最大限に支払ったら得になるって、本当?
【連載】新品種紹介(解説) ダイコン 夏相撲 解説/(株)サカタのタネ
【連載】改訂版ワンポイント花き育種学講座 第9回 自家不和合植物から自殖種子をとる 千葉大学名誉教授 三位正洋
【連載】農のサイエンスQ&A Q:野菜類を摂取する際の注意点? 加藤哲郎
【連載】資機材ガイド
【連載】インフォメーション
【連載】市場情報
【連載】寺本卓也の農てんき-エルニーニョ現象が終わり、春以降の天気はどうなるか?-
【連載】野菜作り1年生 坂木浩子
【連載】日本酒の情緒・Mの本棚
農耕と園芸 広告目次
次号予告
【連載】野生動物にあう 食べ散らかしたのはケナガネズミ 写真・文/松橋利光

農耕と園芸 2024年02月22日発売号掲載の次号予告

特集 メロンの栽培技術と病害虫防除

小特集 エダマメ センチュウ防除と収穫作業省力技術

連載
●クローズアップ!農業最新技術
●トマトの生理生態
●花き研究の最前線
●花き育種学講座
●篤農家見聞録
●新品種紹介

※都合により、誌面内容が変わることがあります。

農耕と園芸の内容

  • 出版社:誠文堂新光社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,8,11月の23日
  • サイズ:B5
園芸農家のための総合園芸誌
1926年創刊。創刊当初は「実際園芸」の誌名で発行し、戦争で一時休刊、戦後の復刊にあたり、農業振興の内容を表すため「農耕と園芸」と改題し、野菜・花・果樹園芸を中心とした総合園芸誌となった。園芸作物を毎年安定して生産するための栽培技術をはじめ、早期出荷や高品質化のためのハウスや温室を使った栽培、それらに関する品種や作型、管理法のほか、新しい栽培法に関する研究やその成果、資材・機器の情報などを紹介し、園芸農家や一般生産者、技術者に対しての生産技術と経営事例などから具体的内容を誌面で提供している。

農耕と園芸の無料サンプル

2022年6月号 (2022年05月23日発売)
2022年6月号 (2022年05月23日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

農耕と園芸最新号の目次配信サービス

農耕と園芸最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

農耕と園芸の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

農耕と園芸の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.