• 雑誌:Guitar Magazine(ギターマガジン)
  • 出版社:リットーミュージック.
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月13日
  • 参考価格:990円
  • 雑誌:Guitar Magazine(ギターマガジン)
  • 出版社:リットーミュージック.
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月13日
  • 参考価格:990円

Guitar Magazine(ギターマガジン) 2014年4月号 (発売日2014年03月13日)

リットーミュージック.
表紙:藤原基央(BUMP OF CHICKEN)

■Featured Guitarists
◎藤原基央(BUMP OF CHICKEN) (18ページ)
3年ぶりとなる7枚目のアルバムを完成させたBUMP OF CHICKEN。歌が放つ光とそれをしっかりと支えるバンド・...

Guitar Magazine(ギターマガジン) 2014年4月号 (発売日2014年03月13日)

リットーミュージック.
表紙:藤原基央(BUMP OF CHICKEN)

■Featured Guitarists
◎藤原基央(BUMP OF CHICKEN) (18ページ)
3年ぶりとなる7枚目のアルバムを完成させたBUMP OF CHICKEN。歌が放つ光とそれをしっかりと支えるバンド・...

ご注文はこちら

2014年03月13日発売号単品
  • 売り切れ
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
8%
OFF
908円 / 冊
送料無料
2024年08月13日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読だと1冊サービス!毎号送料無料でお手元にお届けします!

Guitar Magazine(ギターマガジン) 2014年4月号 (発売日2014年03月13日) の目次

表紙:藤原基央(BUMP OF CHICKEN)

■Featured Guitarists
◎藤原基央(BUMP OF CHICKEN) (18ページ)
3年ぶりとなる7枚目のアルバムを完成させたBUMP OF CHICKEN。歌が放つ光とそれをしっかりと支えるバンド・サウンドがこれまでで最も強く表現された仕上がりと言えるその『RAY』を核にBUMP OF CHICKENの大特集を2号連続でお届け! まずは藤原基央にじっくりと話を聞き、使用機材、本人監修のギター・スコアで新作の魅力に迫る。来月号ではギタリスト、増川弘明のインタビューをお届けする。

◎内田勘太郎&木村充揮(憂歌兄弟) (14ページ)
ジャパニーズ・ブルースの旗手として数々の伝説を残してきた憂歌団。2013年に待望の復活を果たしたが、このたび木村と内田によるユニット=憂歌兄弟名義でニュー・アルバムを発表。この生き証人たちは、2014年現在に一体何を企んでいるのだろうか? 今回は、結成当初のエピソードから最新作までを語った2人のインタビュー、ディスコグラフィ、そして内田勘太郎の名演が炸裂する奏法分析を通し、あらためて憂歌団の足跡を追求してみよう。

◎THE BAWDIES (12ページ)
結成10周年、デビュー5周年を迎えるTHE BAWDIESから届けられたのは、カバー・アルバム! サム&デイヴ、レイ・チャールズ、サム・クック、ハウリン・ウルフ、シュープリームスまで、彼らの音楽のルーツとなったナンバーの数々を収録。バンド活動10年を振り返ってもらうべく、特別に全員インタビューを敢行! ロックンロールに賭ける熱い想いに迫る。

■特集
コード崩しの鉄板フレーズ50 (9ページ)
本特集は“コード崩し"の実践ネタを、ドカ~ンと50個並べたスペシャル企画。ここに掲載されたアイディアをひとつずつ拾い上げて試してみるも良し、またデータ・ベース的に利用するも良し、自由に活用してほしい。これらのネタを覚えて実践すれば、君の押さえたコードがメロディック&カラフルに歌い出す!

■The Instruments
プロファイリング革命! ケンパー丸かじり (12ページ)
ケンパー・プロファイリング・アンプという機材を知っているだろうか? 昨今流行りのモデリング・アンプとは一線を画した“プロファイリング"という技術を世界で初めて実現させた、注目のデジタル・アンプである。アナログ派/デジタル派問わず、自身のギター・サウンド追求を続ける人ならぜひ知っておいてほしい機材。まだまだ謎めいたその魅力を、初歩的なところからじっくりひもといていこう。

■ライブ機材
テデスキ・トラックス・バンド
フィンチ

Guitar Magazine(ギターマガジン)の内容

ギタリストのためのハウトゥ&総合情報誌
1980年12月創刊以来、音楽ジャンルや流行に左右されることなく、ギターを愛する人たちのために幅広い情報を提供。ギタリストのプレイ研究からインタビュー、さらにはギターおよびその周辺機器に関する紹介・分析まで、ミュージシャンの立場に立った視点での誌面作りを心がけています。

Guitar Magazine(ギターマガジン)の目次配信サービス

Guitar Magazine(ギターマガジン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Guitar Magazine(ギターマガジン)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.