計装 発売日・バックナンバー

全155件中 151 〜 155 件を表示
1,320円
【企画①】
国内の防爆規格・基準動向と最新,防爆機器・ソリューション

 2008年に防爆関連法規(労働安全衛生規則,電気機械器具防爆構造規格)が改正され,2010年8月にはこれまで検定基準として使用していた技術的基準にかわり 「国際規格に整合した技術指針2008」を使用する旨の通達(基発0824第2号)が発出されました。同通達によりこれまでの検定制度そのものが変わるわけではないですが, 国内の防爆基準が国際標準IEC規格と整合性を図る流れに向かっていることがうかがえます。そこで,当企画ではその通達の内容について産業安全技術協会に解説いただきます。 また,ベンダ各社から最新の防爆機器・爆発防護機器,ソリューションについて紹介いただきます。

【解説】
●技術的基準の廃止と国際規格に整合した技術指針2008の基準化について
………………………………………………………………産業安全技術協会/後藤 隆
【技術解説】
●FOUNDATIONフィールドバスの本質安全防爆の技術変遷
………………………………………………………………ピーアンドエフ/鈴木 哲
【最新,防爆機器・爆発防護機器,ソリューション】
●ZONE2危険場所対応の省電力フィールドバス電源
…………………………………………クーパー・インダストリーズ・ジャパン/田中健一
●国内メーカによる防爆無線ハンディターミナルの開発
…………………………………………………日立ハイテクトレーディング/筒井博信
●防爆無線LANシステム新商品の紹介~本質安全防爆IP携帯電話の開発
………………………………………………………………JFEエンジニアリング/岡 哲史
●国内・海外防爆規格適合電磁弁
………………………………………………………………日本アスコ/石原美加
●最新,防爆エリア対応のプロセス分析ソリューション
 ………………………………………………………………ABB/三浦哲雄
●防爆型ポータブルガス検知器
………………………………………………………………理研計器/松田浩司
●本質安全防爆温湿度センサ
………………………………………………………………ヴァイサラ/藤澤大亮
【編集部レポート】
防爆規格の国際化はどこまで進むか



【企画②】
少人化時代の訓練シミュレータ~運用事例と評価(ユーザ編)

 運転の高度化,複雑化に伴い状況に応じた的確(最適)なプラントオペレーションへの要請は日々,厳しさを増しています。 これは安定・安全操業の追求とともに要員削減が進む少人化時代にあって,その重要性が一段とクローズアップされています。 特にベテランオペレータの減少によって経験の浅い人材の育成をどう進めるのか,生産現場の緊急課題と言えます。  そこでこの企画では,先の3月号と本5月号の2回にわたり現場の今日的課題であるオペレータ技能育成に向けた訓練シミュレータの活用を<ZOOM UP>します。 定修時のSD/SUやエマージェンシーといった非定常操作などへの最適な対応はどうあるべきか,3月号では[ベンダ編]として実プラントの挙動を含めてよりリアルな 再現機能など先鋭化した訓練シミュレータの注目技術やユーザメリットに焦点を当てました。本号では[ユーザ編]として具体的な運用事例や評価,今後のニーズについて紹介します。

【ユーザ・アプリケーション~運用と評価】
●石油化学工業におけるトレーニングシミュレータの活用と今後の展開
………………………………………………………………三井化学/矢羽田喜彦
●都市ガス製造工場における訓練シミュレータの運用と評価
………………………………………………………………大阪ガス/井上寿人,矢野慎也
●オペレータ訓練シミュレータの運用と評価
…………………………………………………大陽日酸/東山泰三,安藤浩二,落 猛
●[インタビュー]教育センターにおける訓練シミュレータの活用-制御に強いオペレータの育成を目指して-
  …………………………………………………JX日鉱日石エネルギー 水島製油所
【エンジニアリング視点】
エンジニアリングからみたごみ焼却施設における訓練シミュレータの開発視点とニーズ
………………………………………………………………タクマ/佐野泰久


《連載》
●[新連載]少人数化によるプラント操業の革新を目指して(第1回)
……………………………………………………………… 横河電機/本田達穂
●近未来PLCへの提言~何が求められるのか(第4回「先進機能と役割」:その1)
……………………………………………………………… FAラボ/松本重治
1,320円
【企画①】
設備管理・保全の今日的課題の解決に向けて

  ここ最近,高圧ガス関連事故の原因として設備の劣化・腐食が増加傾向にあり,経年劣化が進む国内プラントの安全・安定操業のために,あらためて設備管理・保全が重要とされています。その設備を支えてきたベテラン技術者の退職,保全業務のアウトソーシングなどにより,“現場力”低下が今日的な課題とされ,今,ユーザでは技術伝承を含めて現場エンジニアの育成に注力しています。そして,競争力がより厳しく求められる現在,エンジニア一人ひとりに高いスキルと広い守備範囲が求められ,人材育成と同時に人間系を支える手法・技術として,リスクベースのメンテナンス(RBM,RCM),保全システム(CMMS)とアセット管理システム(PAM)との連携,センシング技術(腐食,etc),ディジタル通信技術などの活用が期待されます。
 そこで,当企画では現在の設備管理・保全における課題,人材育成,人間系とシステムの役割,将来像などについて考えていきます。

●プラント設備の能力を最大限に引き出す-新しいALMモデルと設備管理システムへの期待 …………………………………ARC Advisory Group ジャパンオフィス/柳本 薫
【設備管理・保全システム&機器】
●RFIDを活用した設備管理・保全システムの提案
…………………………………岩井機械工業/河内伸仁 岩井プラントサービス/藤谷 崇
●国内外の導入事例に見るアセット管理システムの効果
………………………………日本インフォア・グローバル・ソリューションズ/吉谷 淳
●信頼性中心保全(RCM)の考え方と進め方
……………………………………………日揮情報システム/永田義昭,大柴義彦
●保全戦略および業務の最適化を実現するための保全システム
……………………………………………ウェーブフロント/真栄平修
●戦略的資産管理に向けたアセット管理システムの活用
…………………………………日本アイ・ビー・エム/磯部博史,植田恵一,清野 聡
●保全ガイダンス機能と設備カルテ機能によるCBMの実現
……………………………………………富士電機システムズ/一志 宏,藤川泰孝
◆振動状態監視に関する国際規格と最新型ポータブル診断システム
……………………………………………GEエナジージャパン/田邊 悟
●設備診断の効率化に貢献する腐食・減肉診断装置
……………………………………………JFEメカニカル/小檜山昭彦
●潤滑油中水分測定による動的機器管理
……………………………………………ヴァイサラ/荒井良隆
●設備管理・保全業務をサポートする無線型ポータブル振動計
……………………………………………IMV/川田浩二
●設備管理・保全における赤外線サーモグラフィの活用について
……………………………………………NEC Avio赤外線テクノロジー/安 藤 隆



【企画②】
新ソリューション~3D技術を取り入れたプラント計装ツール

 三次元コンピュータグラフィックスなどに代表される3D(Three Dimensional)技術への関心が高まっていますが,工業プラント分野でもベンダ/サプライヤから3D手法を取り入れた関連ツールが提供され始めています。例えば,バーチャルリアリティ映像や設計モデルなどの三次元データを取り入れたプラントの設計システムや操作/訓練シミュレータのほか,最近では監視制御を担うSCADA/HMIソフトウェアといった製品が挙げられます。3Dレーザスキャナによるより精緻な設計作業や実プラントと同等のオペレーション体験,トラブル対応訓練,設備検証,また視認性や可視化に優れたHMIの実現などその可能性には大きな期待が込められています。
 そこでこの企画では,民生分野で進展著しい3D技術を効果的に取り入れたプラント計装関連ツールに注目し,安定・安全操業への新ソリューションの提案とともに,いかに活用し,どんなメリットがあるのか,最新動向を通して考えて行きます。

【現場ニーズ】
●プラントエンジニアリングにおける3D応用システムの役割と期待
……………………………………………東洋エンジニアリング/鈴木 剛
【新ソリューション:活用法とメリット】
●三次元仮想現実空間と厳密プロセスモデルを組み合わせた運転員教育シミュレータ
……………………………………………インベンシスプロセスシステムス/広浜誠也
●64ビット対応3D HMI/SCADAソフトウェアの開発視点と活用ポイント
……………………………………………イーエムキューブ/向 眞澄
●3Dレーザスキャナ技術によるプラントエンジニアリングの革新
……………………………………………スパーポイントリサーチ/河村幸二
●プラントエンジニアリングのための3D PLMソリューション
……………………………………………シーメンスPLMソフトウェア/山本広則
●リアルタイムバーチャルリアリティソフトのプラントでの活用視点
……………………………………………シスプロ/山田麻起子
●PLMソリューションにおける3D/4Dテクノロジー~バーチャルプラントと制御設計の連携
……………………………………………ダッソー・システムズ/竹下弘之,深水晋也
1,320円
【企画①】
多様化する消費者ニーズと競争力確保に向けたMESの役割

  2000年以降,低迷する景気から,製造業において新規採用の縮小およびアウトソーシング化が進み“現場力”の低下が今,課題となっています。そのような中,団塊世代の大量退職を契機にそれまで抑えられていた新規採用幅を拡大し,さまざまな教育制度を取り入れ現場力の回復に力を注いでいます。そして,ベテラン技術者の減少により,かつてのように現場で時間をかけて技術を習得する機会を失いつつある現在,教育・技術伝承を組織的,システマチックに行うことが要求されています。さらに,従来のテキストを使用した座学に加え,コンピュータゲーム,インターネット,携帯,マンガにかこまれて育った世代にとっては“ビジュアル”が教育・技術伝承として有効なツールとなるとの認識も進んできています。そこで,ここでは新世代のエンジニアの育成に向けて,画像・映像を活用した教育・技術伝承ツールを取り上げます。

MESの最新動向
………………………………………………………大坂システム計画/大坂 宏
食の安全・安心を支える食品工場向けMESを用いた製造管理システム
………………………………………………………山武/大石秀晴
汎用技術を活用したアジャイル生産現場ソリューション
………………………………………………………NEC情報システムズ/橋本安史
タイトル未定
………………………………………………………日鉄エレックス/ワンダーウェア


【企画②】
少人化時代の訓練シミュレータ~その最新機能と活用法(ベンダ編)

 運転の高度化,複雑化に伴い状況に応じた的確(最適)なプラントオペレーションへの要請は日々,厳しさを増しています。これは安定・安全操業の追求とともに要員削減が進む少人化時代にあって,その重要性が一段とクローズアップされています。特にベテランオペレータの減少によって経験の浅い人材の育成をどう進めるのか,生産現場の緊急課題と言えます。 そこでこの企画では,今月号と5月号の2回にわたって現場の今日的課題であるオペレータ技能育成に向けた訓練シミュレータの活用を<ZOOM UP>します。定修時のSD/SUやエマージェンシーといった非定常操作への最適な対応はどうあるべきか,本号では[ベンダ編]として実プラントの挙動を含めてよりリアルな再現機能など先鋭化した訓練シミュレータの注目技術やユーザメリットに焦点を当てて考えます。また5月号では[ユーザ編]として具体的な導入事例や評価,今後のニーズについて紹介します。

少人化に向けたトレーニング シミュレータの役割
………………………………………………………ハネウェルジャパン/野間哲也
タイトル未定
………………………………………………………オメガシミュレーション
タイトル未定
………………………………………………………インベンシスプロセスシステムス
タイトル未定
………………………………………………………タクマ


【企画③】
次世代エンジニア育成に向けたビジュアル教育・技術伝承ツールの活用
 2000年以降,低迷する景気から,製造業において新規採用の縮小およびアウトソーシング化が進み“現場力”の低下が今,課題となっています。そのような中,団塊世代の大量退職を契機にそれまで抑えられていた新規採用幅を拡大し,さまざまな教育制度を取り入れ現場力の回復に力を注いでいます。そして,ベテラン技術者の減少により,かつてのように現場で時間をかけて技術を習得する機会を失いつつある現在,教育・技術伝承を組織的,システマチックに行うことが要求されています。さらに,従来のテキストを使用した座学に加え,コンピュータゲーム,インターネット,携帯,マンガにかこまれて育った世代にとっては“ビジュアル”が教育・技術伝承として有効なツールとなるとの認識も進んできています。そこで,ここでは新世代のエンジニアの育成に向けて,画像・映像を活用した教育・技術伝承ツールを取り上げます。

CGを活用したプラント安全教育用DVDテキスト
………………………………………………………日揮/西山文彦
動画マニュアルによる技術伝承,技術教育
………………………………………………………アヴァシス
ノウハウ・コツを伝承する動画マニュアルの活用法
………………………………………………………テプコシステムズ
現場画像を活用しバラツキを抑える作業ナビゲーション
………………………………………………………東京電機産業/常田 貴裕,樫 正一郎
1,320円
1,320円
おすすめの購読プラン

計装の内容

  • 出版社:工業技術社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月13日
  • サイズ:B5

計装の目次配信サービス

計装最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

計装の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.