※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:現代詩手帖
  • 出版社:思潮社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • サイズ:A5
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:現代詩手帖
  • 出版社:思潮社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • サイズ:A5

定期購読のお申込み・予約

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、今すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
現代詩手帖のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

現代詩手帖 雑誌の内容

  • 出版社:思潮社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • サイズ:A5
詩と言語と思想から時代と文化を剥決する

現代詩手帖 2022年1月号 (発売日2021年12月28日) の目次


【作品特集】現代日本詩集2022

◎作品
中村 稔 晩秋感懐
谷川俊太郎 言葉に言わせる
安藤元雄 悲しみの枝
粕谷栄市 殺人
倉橋健一 末は野となれ山となれ
北川 透 ツァラトゥストラ擬きの実験 序
藤井貞和 孔雀石かな、藍銅鉱かも
佐々木幹郎 渦を巻く
荒川洋治 くび
井坂洋子 葦
瀬尾育生 老人
福間健二 二〇二一年の青い闇
吉田文憲 キバナコスモス
朝吹亮二 行方知レズ(時刻表)
伊藤比呂美 冬の星座
平田俊子 ヴァージニア
建畠 晢 ゴジラの洗面器と半分の家
野村喜和夫 世界以前
時里二郎 言語の胡桃 多可乃母里篇
池井昌樹 いきていた 他一篇
山崎佳代子 蛍となって
城戸朱理 みどりいろの燐光を曳いて
小池昌代 年末の仕事
四元康祐 色についてではなく色そのもの
蜂飼 耳 冬は続く さよなら、胡続冬
日和聡子 叢草通信
小笠原鳥類 きのこ、スポーツには肺魚が必要だ
杉本真維子 雷鳥考
藤原安紀子 聖半身
岸田将幸 西陽の大道
中尾太一 ムーアの月の下で
最果タヒ 猫戦争
暁方ミセイ 宿願
森本孝徳 モスクワの没薬
岡本 啓 オールトの雲
野崎有以 おしぼり屋のおじさん
石松 佳 昼夜兄弟

◎連載詩
高橋睦郎 愛する罪ゆえ ダンテ・アリギエリへ
松浦寿輝 人外詩篇23
文月悠光 安全装置 痛みという踊り場で
マーサ・ナカムラ 虎を迎える 柔らかな壁を押す・最終回

◎連載対談
吉増剛造+和合亮一 未知の、不確かなほうへ歩いていく 石巻から/浪江から

◎対話
酒井直樹+坪井秀人 国民語と天皇制 荒地を荒地として生きること

◎クリティーク
越川芳明 大きな緑色のトカゲ(上) 詩人ニコラス・ギジェンが捉えたキューバ

◎海外詩
舛谷鋭訳 英培安詩選

◎月評
須永紀子 まだ語られていないことを語る 詩書月評
山﨑修平 詩と遭遇する 詩誌月評

◎リレー連載
中塚鞠子 ふる里なんて灰汁だ わたしが詩を書くとき
北村岳人 疲労とかたわらのだれか 石川善助『亜寒帯』 詩集偏愛図書館

◎書評
山田兼士 矛盾を生きること 秋亜綺羅『十二歳の少年は十七歳になった』
田野倉康一 幻影というリアル 長田典子『ふづくら幻影』

◎連載
藪内亮輔 微量なる絶望 『真中朋久歌集』 昏れてゆく短歌
福田若之 芭蕉から〈写生〉を考える 小澤實『芭蕉の風景』(上・下) 句がふるえるあいだ

◎新人作品
1月の作品

◎新人選評
岡本 啓 一篇、その大きさ
小池昌代 詩は短い

表紙作品=川人綾
表紙デザイン=戸塚泰雄

+   現代詩手帖の目次配信サービス

現代詩手帖のレビュー
総合評価: ★★★☆☆ 2.80
全てのレビュー:5件

レビュー投稿で500円割引!
難解です
★★★☆☆2021年01月06日 さくら 自営業
難解ですが読み解く楽しさみたいなものもあります。 ごくたまにですが、購入しています。 新しい世界が広がります。
上級者向け…。
★★☆☆☆2020年01月16日 さくらこ 会社員
 角川短歌や角川俳句のような、初心者向けの雑誌ではない。 詩の制作を沢山してきた中級者向けの雑誌だと、思う…。 詩の内容も、初心者には、?というような詩が時たまあり、 理解するのは正直、かなりの詩の創作の経験が必要だろう。  
心に刺さらない
★★★☆☆2018年11月30日 ひるね 主婦
詩が好きで書いていますが、心に刺さる詩というのがあまりありません。 でももしかしたらこれから先、色々な詩を読んでいく中で好きな詩に出会えるかもしれないので、たまに買っています。
現代詩手帖は今は唯一日本の詩を紹介する雑誌となりましたが……。
★★★☆☆2016年04月21日 かんなみ やすこ 自営業
最近の詩の傾向がわかるはずですが、現代詩に失望しないようにしてほしい。販売の数はますます減少傾向にあるなか、詩に興味がある中高年に支持されています。その支持される理由はほとんどが自費出版した自分の詩集に満足している自称詩人たちなのです。若手といえば老人詩人の理解を越えた時代をテーマに書いているがため、時代について行けない老人たちが妙に理解を示した結果、やたらと賞を与えて持ち上げているきらいがあります。かなり抽象的表現だったり、ことば遊びに陥っているのもあります。人とひとをつなぐ役割が希薄に感じるのは私だけではなさそうです。思い上がった言葉に人の心に染み込んでゆく力が見当たりません。甘やかされて育っているからでしょう。切実さから離れてしまっているのもみかけます。これが現代詩と思いたくないので買ったりしています。この雑誌がなくなると日本の詩が滅びるように思うからです。
詩人に媚びず読者の感性に訴えかけるわかりやすい詩を求める
★★★☆☆2016年04月18日 10年前は詩人 自営業
いつも感じることですが、書き手の顔色を伺っているのでは。と感じてしまい、やたらと難しい言葉を使い、知的レベルの高さを表明しています。読者層を広げるより詩人たちの自己満足に寄与しているきらいがあります。はじめにことばありき、人と人をつなぐ道具として発展してきたのです。あまりにも現実生活から離脱している詩を読む読者はいません。詩は絵画や音楽と同様にくつろぎと安らぎを与えてくれなければ読む気になれません。あまりにも自分しかわからない抽象的なことばが氾濫し過ぎていて、イメージするのも困難な詩があります。

現代詩手帖をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

現代詩手帖は思潮社が発行している詩の専門誌です。現代日本を代表する詩人の作品を、誌面で毎月読むことができます。ベテランから若手の詩人まで、毎号多くの詩人の作品が掲載されているので、現代詩が好きな人には非常に読みごたえがある一冊です。作家ごとに異なった個性が楽しめる、さまざまなタイプの現代詩を読むことができます。掲載されている現代詩のなかには、各号が発売された季節にちなんだものもあります。春夏秋冬、季節の風物詩を取り入れた現代詩を楽しむことができるのも、この雑誌の大きな魅力です。

雑誌では毎月異なった詩人の作品が掲載されていますが、特定の詩人による連載コーナーもあります。毎月新しい作品が読めるので、詩人のファンにとってもうれしいコーナーです。連載コーナーでは詩だけでなく、エッセイなども読むことができます。詩に関する話題からそのほかの芸術の話題まで、さまざまなジャンルのエッセイを読むことができます。また現代詩のほかに、誌面では俳句や短歌の時評なども取り上げられています。現代詩に関する記事として誌面では、毎月発売されている詩人の作品集を批評するコーナーもあります。号によっては演劇など他ジャンルの芸術が特集されることもあります。

現代詩手帖のバックナンバー

1,650円

【作品特集】現代日本詩集2022

◎作品
中村 稔 晩秋感懐
谷川俊太郎 言葉に言わせる
安藤元雄 悲しみの枝
粕谷栄市 殺人
倉橋健一 末は野となれ山となれ
北川 透 ツァラトゥストラ擬きの実験 序
藤井貞和 孔雀石かな、藍銅鉱かも
佐々木幹郎 渦を巻く
荒川洋治 くび
井坂洋子 葦
瀬尾育生 老人
福間健二 二〇二一年の青い闇
吉田文憲 キバナコスモス
朝吹亮二 行方知レズ(時刻表)
伊藤比呂美 冬の星座
平田俊子 ヴァージニア
建畠 晢 ゴジラの洗面器と半分の家
野村喜和夫 世界以前
時里二郎 言語の胡桃 多可乃母里篇
池井昌樹 いきていた 他一篇
山崎佳代子 蛍となって
城戸朱理 みどりいろの燐光を曳いて
小池昌代 年末の仕事
四元康祐 色についてではなく色そのもの
蜂飼 耳 冬は続く さよなら、胡続冬
日和聡子 叢草通信
小笠原鳥類 きのこ、スポーツには肺魚が必要だ
杉本真維子 雷鳥考
藤原安紀子 聖半身
岸田将幸 西陽の大道
中尾太一 ムーアの月の下で
最果タヒ 猫戦争
暁方ミセイ 宿願
森本孝徳 モスクワの没薬
岡本 啓 オールトの雲
野崎有以 おしぼり屋のおじさん
石松 佳 昼夜兄弟

◎連載詩
高橋睦郎 愛する罪ゆえ ダンテ・アリギエリへ
松浦寿輝 人外詩篇23
文月悠光 安全装置 痛みという踊り場で
マーサ・ナカムラ 虎を迎える 柔らかな壁を押す・最終回

◎連載対談
吉増剛造+和合亮一 未知の、不確かなほうへ歩いていく 石巻から/浪江から

◎対話
酒井直樹+坪井秀人 国民語と天皇制 荒地を荒地として生きること

◎クリティーク
越川芳明 大きな緑色のトカゲ(上) 詩人ニコラス・ギジェンが捉えたキューバ

◎海外詩
舛谷鋭訳 英培安詩選

◎月評
須永紀子 まだ語られていないことを語る 詩書月評
山﨑修平 詩と遭遇する 詩誌月評

◎リレー連載
中塚鞠子 ふる里なんて灰汁だ わたしが詩を書くとき
北村岳人 疲労とかたわらのだれか 石川善助『亜寒帯』 詩集偏愛図書館

◎書評
山田兼士 矛盾を生きること 秋亜綺羅『十二歳の少年は十七歳になった』
田野倉康一 幻影というリアル 長田典子『ふづくら幻影』

◎連載
藪内亮輔 微量なる絶望 『真中朋久歌集』 昏れてゆく短歌
福田若之 芭蕉から〈写生〉を考える 小澤實『芭蕉の風景』(上・下) 句がふるえるあいだ

◎新人作品
1月の作品

◎新人選評
岡本 啓 一篇、その大きさ
小池昌代 詩は短い

表紙作品=川人綾
表紙デザイン=戸塚泰雄
2,860円
現代詩年鑑2022

◎展望鼎談
井坂洋子+宗近真一郎+日和聡子 持続する詩の声を受けとめて 二〇二一年展望

◎2021年現代詩展望
松尾真由美 詩はめぐり、詩はすすむ 詩書展望
奥間埜乃 じっと手をみる 詩誌展望
城戸朱理 人新世、終末までの距離
北川朱実 忘れかけていたことを呼びさますような、
金井雄二 今日も詩は元気である
森本孝徳 ちょっと神秘的な時代の詩
尾久守侑 見せる、隠す、覗く 新鋭展望
水島英己 歴史・性・信仰の谺【こだま】と沈黙 三冊の翻訳詩集を読んで
福田若之 《俳句は詩である》か 俳句展望
藪内亮輔 もうポストニューウェーブはいらない/根強い生の実感/ポップな短歌に足りない部分 短歌展望
カニエ・ナハ 表紙解題 「現代詩手帖」二〇二一年下半期 

◎書評集
田原 谷川俊太郎『虚空へ』
杉本真維子 倉橋健一『無限抱擁』
大島幹雄 吉増剛造『Voix』
来住野恵子 吉田文憲『ふたりであるもの』
時里二郎 建畠晢『剝製篇』
河津聖恵 四方田犬彦『離火』
岡和田晃 林美脉子『レゴリス/北緯四十三度』
岡本 啓 四元康祐『フリーソロ日録』
佐藤弓生 川口晴美『やがて魔女の森になる』
倉石信乃 田中庸介『ぴんくの砂袋』
小池昌代 田口犬男『ハイドンな朝』
福田拓也 岸田将幸『風の領分』
小田原のどか 山田亮太『誕生祭』
栩木伸明 大崎清夏『踊る自由』
鈴木一平 岡本啓『ざわめきのなかわらいころげよ』
杉本 徹 紫衣『旋律になる前 の』
廿楽順治 蜆シモーヌ『なんかでてるとてもでてる』

◎アンケート 今年度の収穫
◎資料
詩人住所録
現代詩手帖総目次(二〇二一年)
詩書一覧/詩誌一覧

◎2021年代表詩選
石松 佳 songs of experience
石田瑞穂 夜の雄牛
榎本櫻湖 Helvetica Activity、(浜辺で、あの頃の わたしたちはいつも溺れていた)
岡本 啓 野ウサギ
海東セラ 窓辺だけの部屋
金田久璋 雲間
岸田裕史 水のなかの蛍光体
最果タヒ 21歳
村松仁淀 ジス・チャーミングマン
暁方ミセイ 樹洞の家
井坂洋子 水渡り
江代 充 やさしい道の再話
川瀬 慈 獣
北川 透 コロンブスの声 三篇から
小林坩堝 HOMEBODY
藤田晴央 さざ波
水下暢也 小さく光ってなるべく小さく
赤司琴梨 羽化する声
暮尾 淳 生きているのさ
佐藤モニカ 一本の樹木のように
杉本真維子 毛のもの
千石英世 八月
田口犬男 ハイドンな朝
田中庸介 ぴんくの砂袋
多和田葉子 冬服
廿楽順治 富山のくすりや
中村 稔 月の光
広瀬大志 毒御伽
柳本々々 距離
奥間埜乃 わたしの隔絶は
久納美輝 アイスバーン
佐々木幹郎 沈黙をめぐる三つの断章 から
山﨑修平 街のひかりはあなたの記憶
朝吹亮二 愛してほしいわたしのユキヒョウ(定点観測)
阿部嘉昭 雨水
池井昌樹 風渡る
伊藤比呂美 鼓動
小笠原鳥類 きのこは宇宙から来た
尾世川正明 ヤマネコ
川上明日夫 空耳のうしろ
岸田将幸 風の領分
斎藤恵子 ぬ
高岡 修 夢/烏揚羽/しののめ
髙橋冨美子 夢泥棒
ぱくきょんみ 黒い羽根が落ちている
福井桂子 十一月に菫色の葉が落ちてきて
藤原安紀子 a tune
松尾真由美 手と手と手、脆く強くつながる磁場の(抄)
松岡政則 これからのみどり
岬多可子 或る春のこと
ミシマショウジ ヴォイスビートの少年
水沢なお 卯卵
和合亮一 Voice of the wind
江田浩司 ほんの少しの
小池昌代 世界のかたすみの鮮魚店
小島日和 祖父たち
颯木あやこ おとずれ
瀬尾育生 痛みについて
田窪与思子 美容院
田村雅之 帰郷
川西健介 りろの途
正津 勉 不明氏
須永紀子 きみの島に川が流れ
高貝弘也 姿見/記憶
高橋睦郎 新コロナ年二年目の自画像
野村喜和夫 (空間はふくらみ、空間はちぢむ)
三角みづ紀 四月の魚たち
山内聖一郎 夏の葉書
山田亮太 少女像を燃やす
有馬 敲 生き残りの唄
大崎清夏 渋谷、二〇二一
大西美千代 穴水
小縞山いう 寒天景色 から 
貞久秀紀 外のなかで
篠田翔平 灯
関 中子 これくらい
高柳 誠 印刷所
時里二郎 言語の胡桃 鞦韆篇(抄)
平林敏彦 言葉たちに
マーサ・ナカムラ 「会社」
松下育男 わたしたちはやわらかい
和田まさ子 安心して会う
安藤元雄 十字架
池澤夏樹 詩法――鳥と井戸
岩阪恵子 晩冬
粕谷栄市 行商
佐々木安美 豆でも肉片でも
嶋岡 晨 失われた母国の歌
田 原 かなしみ
新倉俊一 風景
野崎有以 バカボン引越センター 豊島園発 西武遊園地行き カルーセルエルドラド御一行様の巻
平川綾真智 「・ターミナルd」
藤井貞和 悲音板・なまける
村岡由梨 イデア
森本孝徳 さかさの絵馬
山本育夫 こきゅうのように
荒川洋治 活動の息子
北爪満喜 ガラスのスカート
國松絵梨 スロウダイブ
倉田比羽子 頌歌と悲歌、そして鳥の声
鈴木ユリイカ ローマ
天童大人 マリの古代貨幣
中村 薺 見る
蜂飼 耳 蟻たちは場面の種を運ぶ
林美脉子 鶴の舞
福間健二 文学青年の砂
村瀬 学 「生命糸」について
青野 暦 トゥー・マッチ・ハピネス
秋 亜綺羅 盲術
網谷厚子 万籟
新井高子 川曲
長田典子 空は細長く
北村岳人 春
倉橋健一 無限抱擁
桑田 窓 未来
建畠 晢 あの声をどうして防ぐのか
谷川俊太郎 (有ると無いが)
中上哲夫 世界がかつて静寂と呼ばれたとき
平田俊子 治癒の鳥
船越素子 修繕屋ノオト
吉田文憲 ふたりであるもの
四元康祐 November 23, 2019
四方田犬彦 燭
カニエ・ナハ 浦川音子(抄)
川口晴美 気がかりな船
城戸朱理 elements 私の作詩法(抄)
清岳こう 長ねぎを一本
熊谷ユリヤ それは果てしなく交錯する
紫衣 名もなき池
蜆シモーヌ せくれしょおん
白井明大 うすく青みがかった空の手前を
常木みや子 ダルウィーシュの壁画
照井知二 山羊
遠野魔ほろ 卵
那珂太郎 枯野の鼠
日笠芙美子 言葉
文月悠光 遠いくちづけ
森山 恵 サッフォー 2021
ヤリタミサコ 橋
吉増剛造 〝木陰【コカゲ】に、〝ユメの庭、、、、、、〟〝シシシロシカル!〟(抄)

表紙作品=中島あかね
表紙デザイン=戸塚泰雄
1,430円
【特集】ミャンマー詩は抵抗する

◎アンソロジー Dah Poetry ミャンマー詩の現在 四元康祐、吉川凪、三宅勇介訳
ケイ・ザー・ウィン 獄中からの手紙/頭蓋骨
キー・ゾー・エイ ビルマのシベリア
コ・コ・テッ 夜間外出禁止令/おいしい! 自宅で簡単デモクラシーの調理法
カイン・マー・キョー・ソー 夫よ、私はCDMです
ウィン・ミェ 無用な奴ら
ゼィヤー・リン ミャンマー
モー・ウェイ 霊魂
モー・ウー・スウェ・ニィエイン 革命的家族
ケッ・ティ なんてこったい!
ハン・リン エレベーター
ダリル・リム 輸出入法さまを褒めたたえる歌
モー・ヌェ 春と狂犬ども
フニン・カ・モー 百日

◎トークセッション
マ・ティーダ+コ・コ・テッ+四元康祐+吉川凪+三宅勇介+柏木麻里+大崎清夏 プロパガンダを超えて ミャンマーの声を伝える

◎エッセイ
四元康祐 Dah Poetryクロニクル 人はなぜ危機のなかで詩を書くのか?
大崎清夏 つばめを待ちながら
柏木麻里 抵抗詩の力を考える 詩人マウン・ユ・パイと理性・形式・品位
吉川 凪 ミャンマーの抵抗詩と金芝河
三宅勇介 ミャンマー抵抗詩を翻訳しての雑感

◎小詩集
松本圭二 ジュライ・ラプソディー

◎連載詩
高橋睦郎 なんたる喪失 ウェルギリウスへ
松浦寿輝 人外詩篇22
落合多武 彼は抽象絵画を終わらせるつもりだったが始めてしまった N(皮剝物語)

◎作品
山本かずこ 羽黒山に行ったね
新延 拳 天狗の宿題
伊藤芳博 星を拾う
岸田裕史 エレクトロ 曙橋
高橋達矢 黒い流れ

◎連続討議
稲川方人+中尾太一+菊井崇史 詩と生活、説話の形象 現代詩季評

◎連続対談
豊﨑由美+広瀬大志 コンテンポラリー・リリックの世界 カッコよくなきゃ、ポエムじゃない!

◎対談合評
小池昌代+岡本 啓 世界と向き合うそれぞれの方法 新人作品合評

◎追悼・新倉俊一
城戸朱理 天上の旅
杉本 徹 美しい時間

◎クリティーク
帷子 耀. スリップ・スリップ・スリップ 野崎有以『ソ連のおばさん』から

◎書評
瀬尾育生 詩が触手であるということ 村瀬学『織姫 千手のあやとり』
中村邦生 新たな詩句の険路へ 野村喜和夫『妖精DIZZY』
井坂洋子 ホームにて 和田まさ子『よろこびの日』
小笠原鳥類 言語の現在 平川綾真智『h-moll』
大野南淀 普通に始末する理由 福間健二『迷路と青空』

◎リレー連載
倉本 修 古い「新鋭」詩集 滝本明『たきもとめいの伝説』 詩集偏愛図書館
萩野なつみ 消えゆくものへ、 わたしが詩を書くとき

◎連載
水下暢也 無題11 葛生賢『吉野葛』 散文を映像に[最終回]
福田若之 《文人俳句》の今日 岸本尚毅『文豪と俳句』、『久保田万太郎句集』 句がふるえるあいだ
藪内亮輔 幽玄なる絶唱 安部洋子『続・西方の湖』 昏れてゆく短歌

◎月評
松尾真由美 位置と生成 詩書月評
奥間埜乃 分かれる手 詩誌月評

◎新人作品
11月の作品


表紙作品=畑山太志
表紙デザイン=戸塚泰雄
1,430円
【特集】定型と/の自由――短詩型の現在

◎座談会
佐藤文香+山田 航+佐藤雄一 俳句・短歌の十年とこれから 現代にとっての詩歌

◎作品
大森静佳 closet
千種創一 遊ぶための園
井上法子 沈石(いかり)
川野芽生 その炎の白
鴇田智哉 二〇二〇年二月二九日
小津夜景 ロゴスと巻き貝
中嶋憲武 アルキル基
生駒大祐 百年

◎アンケート
詩人に聞く「刺激を受けた歌集・句集」
暁方ミセイ、阿部嘉昭、井戸川射子、岩倉文也、小笠原鳥類、カニエ・ナハ、鈴木一平、髙塚謙太郎、萩野なつみ、蜂飼耳、文月悠光、マーサ・ナカムラ、水沢なお、峯澤典子、望月遊馬、森本孝徳、山﨑修平

◎論考
福田若之 〈正風〉の不在 句がふるえるあいだ
西村麒麟 後の月
安里琉太 この十年についての幾つかの印象
松本てふこ 神野紗希の謎
白井明大 もう一つの知覚 客観叙述とゾーンをめぐって
藪内亮輔 多様化するリアリズムと、その先 昏れてゆく短歌
瀬戸夏子 以前のこと
鈴木ちはね 学習について
石松 佳 複雑性の精神
柳本々々 でも川柳だと信じてる


◎長篇詩
伊藤比呂美 八月の光

◎新連載詩
高橋睦郎 あなたへ ホメロスまたはホメロスたちへ

◎作品
松浦寿輝 人外詩篇 21
文月悠光 ファイターレッド 痛みという踊り場で
マーサ・ナカムラ 耳子は振り返らない 柔らかな壁を押す
颯木あやこ 花のポリフォニー

◎連載
酒井直樹+坪井秀人 国民語を再考する 荒地を荒地として生きること

◎追悼・沢崎順之助
江田孝臣 沢崎順之助氏の訳業
沢崎順之助 マリアン・ムアの「スチーム・ローラーへ」 未発表エッセイ

◎レクイエム
斎藤恵子 白薔薇が一輪 追悼・田中郁子

◎書評
津久井五月 こぼれる詩人の水面 松下育男『コーヒーに砂糖は入れない』
田島健一 その見えにくさこそ 貞久秀紀『外のなかで』
小縞山いう 空の器経由 須永紀子『時の錘り。』
森島章人 ひかりの柩 江田浩司『律――その径に』
田中 勲 いい人と云う連鎖 伊勢功治『北方の詩人 高島高』

◎レビュー
後藤美和子 自立するオブジェたち マン・レイと女性たち

◎月評
松尾真由美 それぞれのリアル 詩書月評
奥間埜乃 断たれる手 詩誌月評

◎新人作品
10月の作品

◎新人選評
小池昌代 跳馬、あん馬、つり輪
岡本 啓 詩の器


表紙・特集扉作品=BIEN
表紙デザイン=戸塚泰雄
1,430円
【特集】人類学/詩/映像

◎序言
管 啓次郎 三つの道なき道 「人類学/詩/映像」へのイントロダクション

◎作品
川瀬 慈 ムジェレ

◎対談
太田光海+小田 香 未明へ 関係性を撮る

◎論考
管 啓次郎 かれらが引き留めた光、未来の光 人類学的ドキュメンタリーと詩
金子 遊 悪魔たちの交感(コレスポンダンス) マイケル・タウシグ論
青木 敬 紡がれる詩/あぶり出される風景

◎エッセイ
新井 卓 映画の方へ 震災後フィクション映画と二つのゴジラ、そして死者たち
イリナ・グリゴレ 無関心ではない身体 民族誌映像とその他の残されたもの
ふくだぺろ ヒト以前の詩
布施琳太郎 いつまでも明け続ける夜のなかで

◎資料
川瀬慈、太田光海、小野香編 ブックリスト

◎巻頭詩
文月悠光 パラレルワールドのようなもの 痛みという踊り場で

◎連載詩
松浦寿輝 人外詩篇20
落合多武 WS  N(皮剝物語)

◎作品
小笠原茂介 ジゼル激変
藤田晴央 風の球体
高橋玖未子 耳かき
岡島弘子 水の色
高田昭子 眠る児たちよ
新倉葉音 いたみ

◎アンケート
田口麻奈(質問)、藤井貞和、野沢啓、野村喜和夫、坪井秀人、宮崎真素美 応答「「荒地」から考える」

◎連載
酒井直樹+坪井秀人 近代化の中の「日本語」 対話2

◎新連載
吉増剛造+和合亮一 「記憶の未来」の先端で 石巻から/浪江から

◎連載完結
飯吉光夫 ドイツの最新詩人たち 3 ヨーロッパ/ドイツの最新詩人たち・最終回

◎クリティーク
矢野静明 ことばの新旧 加藤典洋の詩(下)

◎書評
佐々木安美 ない人の歌、ない人の物語。 池井昌樹『古い家』
阿部公彦 崇高な飛翔 颯木あやこ『名づけ得ぬ馬』
久谷 雉 「あいさつ」のエロス 現代詩文庫『松岡政則詩集』
北原千代 「さ緑」から「みどりの点点」へ 現代詩文庫『斎藤恵子詩集』
十田撓子 Where the angels are 現代詩文庫『福井桂子詩集』
中村えつこ 新たな角度からの発見 金智英『隣の国のことばですもの――茨木のり子と韓国』
辻 陽介 内側に分け入るまなざし 金子遊『光学のエスノグラフィ――フィールドワーク/映画批評』 
佐藤モニカ もう一人の自分を訪ねる旅 神里雄大『越えていく人』

◎連載
水下暢也 無題10 小森はるか『the place named』 散文を映像に
船越素子 アンティゴネーはいった 妹よ 花束の弾を込めて わたしが詩を書くとき
今野 真 フィジカル 衣更着信『庚申その他の詩』 詩集偏愛図書館
藪内亮輔 異能の短歌史家として 瀬戸夏子『はつなつみずうみ分光器』 昏れてゆく短歌
福田若之 読点の位置 佐藤文香『菊は雪』 句がふるえるあいだ

◎レビュー
川島雄太郎 望まなくとも在る景色 小縞山いう+鈴木いづみ「寒天景色」

◎月評
松尾真由美 寄る辺なさの強度について 詩書月評
奥間埜乃 手渡す手 詩誌月評

◎新人作品
9月の作品

◎新人選評
岡本 啓 読むことで教わる
小池昌代 言葉が指し示す事実


表紙作品=スクリプカリウ落合安奈
表紙デザイン=戸塚泰雄
1,430円
【特集】「荒地」から考える

◎鼎談
瀬尾育生+樋口良澄+田口麻奈 戦後詩研究の射程

◎対話
酒井直樹+坪井秀人 荒地を荒地として生きること

◎論考
井上 健 「荒地」派詩人たちのアメリカ
齋藤 一 〈私〉たちの詩学
三原芳秋 静かに走れ すみだ川 鮎川信夫とT・S・エリオット
菊池有希 一九四七年の一情景を描き出す 「囚人」から「アメリカ」へ
カリーヌ・アルネオド すべての道は「荒地」に通ず
野村喜和夫 鮎川信夫と田村隆一の仏訳をめぐって Ayukawa Nobuo『POÈMES 1945-1955』/Tamura Ryûichi『LE MONDES SANS LES MOTS』

◎翻刻
田口麻奈編 荒地へ帰る、歴史へ帰る 鮎川信夫宛二村良次郎書簡

◎対話
榎木融理子+松下育男 父・北村太郎 詩と人生

◎長篇詩
倉田比羽子 おいしいスープ 幸福論

◎作品
松浦寿輝 人外詩篇 19
文月悠光 波音はどこから 痛みという踊り場で
マーサ・ナカムラ 米袋 柔らかな壁を押す
白井明大 着雪する小葉となって
伊武トーマ 雨中をさまよう男の唄、ふたたび

◎連続討議
稲川方人+中尾太一+菊井崇史 不穏な風、人間の姿 現代詩季評

◎クリティーク
矢野静明 ことばの新旧 加藤典洋の詩(上)

◎連載
飯吉光夫 ドイツの最新詩人たち2 ヨーロッパ/ドイツの最新詩人たち
綾門優季 わかりあえないことからなにもはじまらない、のか? 闇雲に言葉を選ばないで
倉石信乃 なぜベストをつくさないのか わたしが詩を書くとき
福田若之 句を読むといういとなみ 川名大『渡邉白泉の一〇〇句を読む――俳句と生涯』 句がふるえるあいだ
藪内亮輔 「生きる」から「生き延びる」へと 平岡直子『みじかい髪も長い髪も炎』 昏れてゆく短歌

◎書評
北爪満喜 詩的な領域への読み 井坂洋子『犀星の女ひと』
吉田文憲 名を呼び続けることの「愛」 伊藤浩子『数千の暁と数万の宵闇と』
藤原安紀子 うちゅうの突端に碇をほうる 田中さとみ『ノトーリアス グリン ピース』

◎月評
松尾真由美 創られるものとして 詩書月評
奥間埜乃 手向ける手 詩誌月評

◎新人作品
8月の作品

◎新人選評
小池昌代 改行の快楽
岡本啓 立ち止まり、そこからひろがるもの


表紙作品=オル太
表紙デザイン=戸塚泰雄

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

1 週刊文春

文藝春秋

最大
50%
OFF
送料
無料
定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:220円

最もポピュラーな大衆紙の一つ、『週刊文春』

  • 2022/01/20
    発売号

  • 2022/01/13
    発売号

  • 2022/01/06
    発売号

  • 2021/12/23
    発売号

  • 2021/12/16
    発売号

  • 2021/12/09
    発売号

2 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

3 婦人画報

ハースト婦人画報社

最大
39%
OFF
送料
無料

婦人画報

2021年12月27日発売

目次: ●開運旅 祈りのリトリートへ
古より日本には、人々が祈りを捧げ、大切にしてきた場所が数多くあります。
そこは、現代に生きる私たちにとってもいまなお、
心身を浄化し、活力を補う場所であり続けています。
日本神話に登場する聖地、古くから崇敬を集める神社……
多くの祈りが集積する土地こそ、新型コロナウイルスに疲弊した約2年の厄を祓うために、
いま私たちが選ぶべきデスティネーションなのかもしれません。
祈って、食べて、湯に浸かって……
喧騒を逃れ、自分の本来の姿に戻って祈り、土地の気をいただき、生まれ変わって帰ってくる。
「開運旅」で、新しい年を始めませんか?


●京都平安大使就任記念!市川海老蔵 世界を平らかに
秋の平安神宮で、藤娘が、牛若丸と弁慶が、舞いました。
市川海老蔵さんの「京都平安大使」就任を記念して開催された、一夜限りの特別公演でのことです。
比叡山延暦寺で、千二百年灯し続けられてきた「不滅の法灯」を海老蔵さんが授かり、その尊い灯が、
平安神宮境内に設けられた特設舞台を明々と照らしています。お客様はおよそ3000名。
市川海老蔵さん、娘の市川ぼたんさん、息子の堀越勸玄さん。
成田屋の3人が奉納した美しい舞踊は、海老蔵さんが、かねて抱き続けている、
「歌舞伎を世界に、そして世界平和を」という熱い思いの証しにほかなりません。


●反田恭平 ショパンと歩いた日々、そして未来へ
1927年に創設され、5年おきにワルシャワで開催されている「ショパン国際ピアノコンクール」は、
世界中の若きピアニストたちにとっての最高の登竜門である。2021年10月に開催された第18回で、
第2位に入賞した反田恭平さんのファイナルでの演奏への注目度は別格だった。
そこには、単に見事にピアノを弾くというだけにとどまらず、オーケストラとの交流を大切にし、
音楽を愛おしむ人ならではの、不思議な幸福感があった。そのしなやかな人間的魅力の一端に迫ってみた。


●体をいたわる養生スープ
ご馳走が続くお正月が終わって寒の入りを迎えるころ、
本格的な寒さも相まって、体の疲れや不調が出てくるものです。
そこで日々、スープで上手に体を整えているというふたりの料理家に、
体を癒やし、温めてくれる絶品スープレシピを教えていただきました。


●星座別・最強の開運アイテム2022/2025
価値観が大きく揺るぎ、時代の転換点ともいわれるいま、どのように生きるべきか──。
7年サイクルで動く“革命の星”ともいわれる天王星の位置に着目し、節目を迎える2025年7月までの運勢を
星座別に繙きます。財布やジュエリーなどのファッション小物から食器などのライフスタイルグッズまで、
私たちを幸せへと導いてくれるアイテムをピックアップ。
お守りアイテムのパワーを引き寄せ、開運への近道を闊歩しましょう。














参考価格: 1,300円 定期購読(2年プラン)なら1冊:792円

日本のよきヒト・モノ・コトをお届けします

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

4 文藝春秋

文藝春秋

送料
無料

文藝春秋

2022年01月08日発売

目次: 民主主義という幻想 古風堂々㉝ 藤原正彦

創業の精神 坂本政謙

外科の歴史をたどる 山本健人

ファッションが生き残るために 冨永 愛

虫がいない 丸山宗利

本を書くために芸人になった 兼近大樹

無敗の男が敗けた 常井健一

パンデミック・あれこれ 岸 惠子

エライ人はやっぱりエライのよ 日本人へ221 塩野七生

「新しい資本主義」
<緊急寄稿>岸田文雄総理
モノから人へ――私の目指すグランドデザインを初公開する

◎政治記者123人が選んだ
ポスト岸田は林、河野、茂木を高市が追い、5年後は福田の圧勝
次の総理、5年後の総理

林 芳正
「同志を募り、手を挙げる」

福田達夫
「安倍さんは尊敬しています」

立憲民主党がまるでダメな理由 青山和弘

女性首相は我慢しない ブレイディみかこ

<独占インタビュー>
安倍晋三 危機の指導者とは
「リーダーには決断力と兵を養う“情”が必要だ」

ANAコロナ戦記 片野坂真哉

愛子天皇への道 石井妙子

<皇室の危機を考える>
天皇を鍛えた男たち 米田雄介

「人新世の『資本論』」に異議あり 先崎彰容

筒井康隆 「美女」は消えますか?

特集 2022年はどうなる?

習近平とプーチンの罠 中西輝政

「老人支配国家」に明日はない E・トッド

「悪い値上げ」傾向と対策 熊野英生

ポストコロナの生命観 山極壽一×福岡伸一

寂聴と晴美(下)男はいけにえ 下重暁子
「鎌倉殿の13人」を夫婦で愉しむ 本郷和人×本郷恵子
舞台になった「千と千尋の神隠し」 夏木マリ×鈴木敏夫×ジョン・ケアード
神田沙也加「瞳のかがやき」 宮本亞門

創刊100周年記念企画

1周忌 会社員・半藤一利 平山周吉

文藝春秋と私「ドタバタ昭和探訪記」 佐藤愛子

「文藝春秋」が伝えた政治家の肉声 曽我 豪

<新連載>菊池寛 アンド・カンパニー2 鹿島 茂

女子大生はなぜ乳児を殺めたか 三宅玲子

部落解放同盟の研究2 西岡研介

<新連載>記者は天国に行けない
組織や権力のくびきに無縁で、矜持を忘れない記録者の顔 清武英利

有働由美子対談37 角幡唯介(探検家)「カーナビ、スマホは使わない」

ニッポンの100年企業2 阪急阪神ホールディングス 「小林一三」という求心力 樽谷哲也

第83回 文藝春秋読者賞発表

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼平松洋子、中島岳志、原田マハ ▼今月買った本 手嶋龍一 ▼著者は語る ▼新書時評

▶︎赤坂太郎 ▶︎新聞エンマ帖 ▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎大相撲新風録・佐藤祥子 ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎蓋棺録 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック

新世界地政学125 船橋洋一

ハコウマに乗って12 西川美和

日本の地下水脈19 保阪正康

ゆびさきに魔法7 三浦しをん

グラビア

▶︎日本の顔(夏木マリ) ▶︎同級生交歓 ▶︎名画が語る西洋史114 ▶︎名品探訪4「華のある靴」 ▶︎軽井沢に棲まう ▶︎新連載 至福の贈り物2(井上荒野) ▶︎目耳口 ▼小さな大物(大江麻理子)

短歌・堂園昌彦、俳句・小川春休、詩・建畠 晢

参考価格: 960円

発行部数64万部は総合月刊誌のトップです。時代におもねらない編集方針は年令、地域、職業を越えて幅広い読者からの支持を得ています

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/10
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

5 毎日が発見

毎日が発見

最大
30%
OFF
送料
無料

毎日が発見

2021年12月28日発売

目次: ぽっこりおなかを解消 血圧も血糖値も下がる
肝臓ダイエット
3回目接種の疑問にお答え
これからのコロナ素朴な疑問
脳梗塞・脳出血から命を守る
有賀薫さんの3具材でおかずスープ

参考価格: 792円 定期購読(3年プラン)なら1冊:552円

楽しく健やかな「50代から始まる新しい人生」のために

  • 2021/11/28
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

月刊WiLL(マンスリーウイル)

2022年01月26日発売

目次: ◎新版『日本国紀』精読!
■百田尚樹・岩田温…日本の歴史は世界の奇蹟だ

◎芥川賞作家と東大教授が直言!
■楊逸(ヤン・イー)・阿古智子…中国の横暴になぜ黙るのか

◎聞いて、考えて、動かずの岸田流
■有本香・阿比留瑠比…総理、問われているのは人権ですぞ!
■髙橋洋一…岸田は何をやってもグダグダ…
■門田隆将・岩田清文・武居智久…台湾有事 岸田政権では日本は守れない
■宮沢孝幸…慌てるな! オミクロン株はコロナ禍のゴール

◎新連載スタート!
■高市早苗…早苗の国会月報

◎氷川政話
■氷川貴之…立民の辻元清美

◎スクープ!!
■平井宏治…孫正義(ソフトバンク)がアリババ“幽霊(フェイク)株"で大損!?

◎公共放送!?
■朝香豊・茂木誠…NHKが共産主義(マルクス)を大宣伝

◎ハニトラにご注意!
■小野寺まさる・大高未貴…ニトリと鈴木道知事よ 北海道を中国に叩き売る気か
■さかきゆい…新疑惑! 松下新平議員“中国の男と女"
■髙山正之…断交覚悟! 中国幻想を捨てろ
■平井宏治…“脱中国"はオーストラリアに学べ
■石平・篠原常一郎…日共・中共 共産党黒書 志位和夫は中国が大嫌い
■孫向文・張献忠…中国人留学生への大甘政策を叱る

◎ダイナミックコリア(奇想天外の韓国)
■室谷克実…目を疑う韓国 大統領選のドロドロ
■山室建徳…旭日旗への侮辱 許せない!

◎スウェーデンの教訓
■徳永信一…「移民は大失敗だった」

◎資格剥奪
■谷本真由美…アンドリュー王子の命運

◎「きっと短命政権よ」
■大森貴弘…国政復帰のチャンスを探る小池都知事

◎男と女
■奥田祥子…令和版「男はつらいよ」

◎SNSを通じて見えたこと…
■有馬哲夫…「慰安婦=性奴隷説」論破マニュアル

◎ピカソもヘミングウェイも
■渡辺惣樹・福井義高…日本人が知らない最先端の世界と世界史

◎エネルギー問題
■山本隆三…原発推進に舵を切った欧州

◎集中連載13
■渡辺惣樹…失意の革命家、レーニン

◎グラビア
現代写真家シリーズ…水本俊也「極限の光」
現代写真家シリーズ…外川淳 ニッポンの城特別編「城郭と陣屋の相違とは? 」

◎エッセイ
■古田博司…《たたかうエピクロス》知は概念の拡がりであり、普遍ではない
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》カザフ暴動はネオコンの常套手段
■西岡力…《月報 朝鮮半島》「極超音速兵器」の恐怖
■中村彰彦…《歴史の足音》庄内藩の「天保の快挙」
■白川司…《Non-Fake News》台湾有事 もう憲法改正しか道はない
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
ほか

参考価格: 950円 定期購読(3年プラン)なら1冊:760円

大人の常識。オトナが発信する、オトナが読める、オトナのための雑誌。

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

7 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年12月25日発売

目次: 早坂隆/大規模接種に見る自衛隊の実力と誇り

【特集:岸田政権の対中姿勢を問う】
田久保忠衛/首相は外交・安保通と本当にお思いか
篠田英朗/人権外交が握る国家の命運
矢板明夫/最悪の時期の宏池会政権
阿比留瑠比/実像つかめない「ウナギ宰相」
二宮清純×野口健/世界主導する外交的ボイコットを
宮崎正弘/熱狂と冷却とを繰り返す日中関係
グレンコ・アンドリー/ウクライナ・台湾二正面に備えよ
森喜朗/中国派にならずとも日中交流進めた理由

【特集:やばいぞ日本】
平野秀樹×宮本雅史/顔が見えない侵略者
安藤慶太/国民主権権脅かす無節操な住民投票
仲新城誠/住民投票条項を石垣市は廃止した

【特集:令和の安全保障考】
岩田清文/日米の反撃力が中国侵攻を抑止する                           
大澤淳/そのスマホアプリ安全ですか?
数多久遠/見過ごされている「国内防衛」の重要性
藤谷昌敏/「ファイブアイズ」に日本が加盟すべき理由
宮川眞喜雄/先端防衛産業確保し経済安保を強化せよ

安倍晋三×浜田宏一/民間の知恵が生んだアベノミクスの成功
石原慎太郎/生きるという事の意味合い

【特集:初夢は正夢か!?】
福田ますみ/ポリコレ社会になった!
潮匡人/憲法改正で国防軍ができた
竹田恒泰/旧宮家養子実現へ 皇室典範改正改正!
杉山大志/全原発停止で日本は極寒に
杉山隆男/尖閣が中国領になった!
織田邦男/「NAIPTO」発足で台湾有事を未然防止

【特集:中国人権弾圧】
三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑥」明らかにされる収容所体制
<証言1>アニワル(仮名・男性)「帰化しか選択肢がなかった」/<証言2>サルダル(仮名・男性)「出張で収容所に送られた知人」
ハリマト・ローズ/国際社会の圧力が収容所の仲間救う
丸山治章/ウイグル人を助けるということ

久保田るり子/日米間を分断した文政権の4年半
ジェイソン・モーガン/ジャーナリストが暴く左翼集団の対米戦争

【好評連載!】
河村直哉/【産経新聞の軌跡―昭和20年代編 第3回】労働争議の嵐の中で
宮本雅史/【訥行塾】⑧若手官僚らが国家のあり方を考える/日本人つくる道徳教育を

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

8 月刊 Hanada

飛鳥新社.

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊 Hanada

2022年01月26日発売

目次: 【総力大特集111ページ! 岸田総理への注文!】
◎河井克行(元法務大臣)【獄中手記】 闇に葬られた「買収事件」の真実【独占スクープ!】
◎高市早苗(政調会長)日本は台湾をもっともっと大切に
◎櫻井よしこ×田久保忠衛 岸田総理はアメリカにとって「眠くなる政治家」
◎萩生田光一(経産大臣)×櫻井よしこ ①中国の狡さを心に刻め ②憲法改正の機は熟した
◎玉木雄一郎(国民民主党代表) 「対中非難決議」こそ経済対策だ!
◎山口敬之【永田町インサイド】アメリカから拒絶された岸田・林ライン
◎岩瀬朗【独走スクープ!】「CLP問題」で立憲民主党に新疑惑!
◎和田政宗(参議院議員) 告発!民主主義を破壊する者たち 毎日新聞記者の暴力、神奈川新聞記者の脅迫
◎D・アトキンソン 『月刊文藝春秋』二月号「岸田論文」(新しい資本主義)完全論破!
◎堤尭×久保紘之 問題は公明党!中国の代理人だよ【蒟蒻問答】
◎山際澄夫 日本は世界有数の媚中国家【左折禁止】
◎門田隆将 親中議員が震え上がった中国の対英工作【現場をゆく】

【総力特集 これでも五輪開催国か!】
◎有本香  北京虐殺五輪の擁護論者たちへ
◎遠藤誉×籾井勝人 【激突!大闘論!】中国依存が日本を滅ぼす
◎長尾たかし×アリヤ・ツェワン・ギャルポ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表)「生き地獄」になったチベットは明日の日本と台湾の姿
◎西牟田靖 【現地ルポ!】漁師たちが見た中国の尖閣侵略
◎瀬戸川宗太 映画で読み解く北京冬季五輪の歴史的罪
◎新宿会計士 デジタル人民元 脅威論者たちの罠
◎長谷川幸洋 国益を弄ぶ日本の経済人たち
◎青山繁晴 狂気の独裁者から台湾を護る年【澄哲録片片】

【特集 オミクロン株バカ騒ぎ!】
◎木村盛世 オミクロンでコロナは終わった
◎藤原かずえ 玉川徹・蓮舫・橋谷能理子……オミクロン騒動の懲りない面々

【韓国大炎上!】
鄭炳喆 朴槿恵赦免の衝撃!狂乱の韓国大統領選挙

【著者インタビュー】
五木寛之『捨てない生きかた』「断捨離」の時代に捨てない宣言!

【「新しい歴史教科書をつくる会」25年】
藤岡信勝 自虐史観と戦った「つくる会」の二十五年

【聖徳太子から今学ぶべきこと】
相澤宏明 「国体を守る」聖徳太子の苦悩 

【グラビア特集】
20世紀の肖像2・オードリー・ヘプバーン

【大反響連載!】
佐藤優  猫はなんでも知っている  ついに飼い主が入院した
室谷克実  隣国のかたち  お笑いクリーンエネ大国
福島香織  現代中国残酷物語 残酷な「社会的ゼロコロナ」
重村智計  朝鮮半島通信  北朝鮮のミサイル発射と池明観はTK生ではない
深谷隆司  一言九鼎  わが盟友・石原裕次郎(後編)
なべおさみ エンドロールはまだ早い フランク・シナトラ(下)
木村盛世  私のらくらく健康法 (取材・文/笹井恵里子)
笹井恵里子  暮らしの救急箱   "ふくらはぎの太さ"が「全身の健康度」を表す
白澤卓二  ボケない食事   桃
高田文夫  月刊Takada   私とラジオ時代は続く
平川祐弘 一比較研究者の自伝【最終回】  年賀の詩で生涯をたどる 

加地伸行 一定不易
石平  知己知彼  中韓の「歴史認識」を相手にする事勿れ(上)
九段靖之介 永田町コンフィデンシャル 決められない男・岸田文雄
田村秀男  常識の経済学 岸田政権「新しい資本主義」の欺瞞 
有本香 香論乙駁 池上彰さん、新聞はオワコンですよ

蛭゛芸子  電脳三面記事
河村真木  世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊 兼原信克『日本の対中大戦略』
西川清史の今月この一冊 弘中惇一郎『生涯弁護人 事件ファイル①②』
谷口智彦の今月この一冊 飯山陽『エジプトの空の下』
向井透史  早稲田古本劇場

みうらじゅん シンボルズ
高野ひろし  イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
小林詔司  コバヤシ鍼灸院
村西とおる  人生相談「人間だもの」
爆笑問題  日本原論

編集部から、編集長から

※休載
新田哲史 ファクトチェック最前線
久保弾 世界の常識を疑え

参考価格: 950円 定期購読(1年プラン)なら1冊:871円

花田紀凱責任編集!読者の「知りたい」欲求に応える強力月刊誌

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

最大
31%
OFF

&Premium(アンドプレミアム)

2022年01月20日発売

目次: COZY ROOMS
居心地のいい部屋に、整える。

MY TINY CASTLE
狭くて、心地のいい部屋。
本山聖子、竹内万貴、今城周平、加藤直樹、遠藤美南、いしまるあきこ、岩佐知布由、
小林拓也、高砂隆太郎

OLD BUT TASTEFUL
古くて、くつろげる住まい。
宮田一彦、大坪洋介、和田基樹、松村隆史・真依子、窪川勝哉、石川奈都子、
小林たから、穐山茉由・篠田知典・川北ゆめき、西村周治

Home Storage Tips:To Display or To Hide
「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。
稲数麻子・髙橋智也、山内朋子・達詞

[連載]
・パリに住む人の住まいと暮らし「ヴィンテージとアートを飾る」ほか
・片倉真理の台北漫遊指南「赤峰街 2」ほか
・大和まこの京都さんぽ部「四条南」ほか
・渡辺有子の料理教室ノート「白菜」
・大草直子の好きな時間、好きなもの。「〈スマイソン〉の真っ赤なノート」
……etc.

参考価格: 880円 定期購読(シニア割1年プラン)なら1冊:607円

大人の女性のためのクオリティライフ誌

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/19
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌