定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
現代詩手帖のレビューを投稿する

現代詩手帖の内容

詩と言語と思想から時代と文化を剥決する

現代詩手帖の商品情報

商品名
現代詩手帖
出版社
思潮社
発行間隔
月刊
発売日
毎月28日
サイズ
A5

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「現代詩手帖」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

現代詩手帖 2024年5月号 (発売日2024年04月26日) の目次

【特集】パレスチナ詩アンソロジー 抵抗の声を聴く

◎アンソロジー
リフアト・アルアライール わたしが死ななければならないのなら 松下新土、増渕愛子訳
アリア・カッサーブ 人間-動物の日記 松下新土、片山亜紀訳
ムスアブ・アブートーハ おうちってなに?/息子が娘に毛布をほうる/ムスアブ 山口勲訳
サーメル・アブー・ハウワーシュ もういいんだ私たちは 誰にも愛されなくても 原口昇平訳
ヌール・ヒンディ 技巧の講義はクソどうでもいい、私の仲間が死んでいる 小磯洋光訳
ゼイナ・アッザーム おなまえ かいて 原口昇平訳
ジョージ・エイブラハム あやまる/死海の亡霊たちが溺死の歴史を書き直す/あらゆる代名詞がFree Palestine となる詩作法 佐藤まな、原口昇平訳
ヤヒヤ・アシュール ガザ封鎖下/ミサイルが落ちるとき/突然僕は絶望を思い出した 永方佑樹訳
ネオミ・シハーブ・ナイ 夜明けの歌/ジャンナ 小泉純一訳
レーナー・ハラフ・トゥッファーハ 逃げることを命ずる/栄光 山口勲、原口昇平訳
アシュラフ・ファイヤード 難民の末裔 山本薫訳
スヘイル・ハンマード ガザ/ジャバーリヤー/ラファハ 佐藤まな訳

◎インタビュー
岡真理 「人間の物語」を伝える責務 聞き手・編集部

◎論考
原口昇平 現実と象徴のパレスチナのために
永方佑樹 私に出来ること

第62回現代詩手帖賞

◎発表
第62回現代詩手帖賞 受賞のことば

◎受賞作
中嶋中春 Heaven or Tokyo
花氷 オ・ラパン・アジルの夜

◎選考対談
峯澤典子+山田亮太 それでも書く理由

◎受賞第一作
荒川洋治 人車軌道 第5回大岡信賞受賞第一作
松岡政則 半音あそぷ。 第39回詩歌文学館賞・第57回日本詩人クラブ賞受賞第一作
尾久守侑 emptiness 第74回H氏賞受賞第一作
佐藤文香 つう 第29回中原中也賞受賞第一作

◎座談会
佐藤文香+佐峰存+岡本啓 可分な私/不可分な私を生きる

◎新連載
青柳菜摘 セルフサービス セルフインプロヴィゼーション[インターポエティクス]

◎集中連載
江代充 堤にはだれがいたのか 小冊の栞
高柳誠 硝子頭 光の階梯/闇の折り目

◎連載詩
高橋睦郎 死後は三重 フリイドリヒ・ウイルヘルム・ニイチェへ
川満信一 ことばの洗骨 他一篇 言語破れて国興るか
平田俊子 シロップ なにが詩それが詩
山尾悠子 眠れる黒いヘルマフロディトス 鏡の中の鏡

◎連載
中尾太一+藤原安紀子 詩の光と「行為」の姿 共の、壊れた外口で

◎レビュー
小川芙由 現場がわたしである以上、効果的な毒だった 坂東祐大&文月悠光 音楽と詩と声の現場2024

◎書評
八木幹夫 風土の雪と樹木と水源から 現代詩文庫『藤田晴央詩集』
石毛拓郎 公然たる諧謔と軽快なる詩法 現代詩文庫『村田正夫詩集』 
野沢啓 現代を生きるヴィヨン 『ヴィヨン全詩集』宮下志朗訳
杉本徹 この巻貝に耳をあてる 小津夜景『ロゴスと巻貝』 

◎連載
青野暦 ケーオスのしじま 明るいページで[インターポエティクス]

◎月評
神尾和寿 生身が裸でそのまま走って 詩書月評
松本秀文 世界を摑むための方法 詩誌月評
笠木拓 比類ないこの哀しみ、という普遍 島内景二『新訳建礼門院右京大夫集』 うたいこがれる[短歌] 
安里琉太 達磨俳諧興るべう 高橋睦郎『花や鳥』 到来する言葉[俳句]

◎新人作品
5月の作品

表紙・扉写真=濱田祐史
表紙協力=小髙美穂
表紙デザイン=中島 浩



次号2024年6月号は、「作品特集 声のありか」を予定しています。どうぞお楽しみに。

現代詩手帖の目次配信サービス

現代詩手帖最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

現代詩手帖のレビュー

  • 総合評価: ★★★☆☆ 2.80
  • 全てのレビュー: 5件
難解です
★★★☆☆2021年01月06日 さくら 自営業
難解ですが読み解く楽しさみたいなものもあります。 ごくたまにですが、購入しています。 新しい世界が広がります。
上級者向け…。
★★☆☆☆2020年01月16日 さくらこ 会社員
 角川短歌や角川俳句のような、初心者向けの雑誌ではない。 詩の制作を沢山してきた中級者向けの雑誌だと、思う…。 詩の内容も、初心者には、?というような詩が時たまあり、 理解するのは正直、かなりの詩の創作の経験が必要だろう。  
心に刺さらない
★★★☆☆2018年11月30日 ひるね 主婦
詩が好きで書いていますが、心に刺さる詩というのがあまりありません。 でももしかしたらこれから先、色々な詩を読んでいく中で好きな詩に出会えるかもしれないので、たまに買っています。
現代詩手帖は今は唯一日本の詩を紹介する雑誌となりましたが……。
★★★☆☆2016年04月21日 かんなみ やすこ 自営業
最近の詩の傾向がわかるはずですが、現代詩に失望しないようにしてほしい。販売の数はますます減少傾向にあるなか、詩に興味がある中高年に支持されています。その支持される理由はほとんどが自費出版した自分の詩集に満足している自称詩人たちなのです。若手といえば老人詩人の理解を越えた時代をテーマに書いているがため、時代について行けない老人たちが妙に理解を示した結果、やたらと賞を与えて持ち上げているきらいがあります。かなり抽象的表現だったり、ことば遊びに陥っているのもあります。人とひとをつなぐ役割が希薄に感じるのは私だけではなさそうです。思い上がった言葉に人の心に染み込んでゆく力が見当たりません。甘やかされて育っているからでしょう。切実さから離れてしまっているのもみかけます。これが現代詩と思いたくないので買ったりしています。この雑誌がなくなると日本の詩が滅びるように思うからです。
詩人に媚びず読者の感性に訴えかけるわかりやすい詩を求める
★★★☆☆2016年04月18日 10年前は詩人 自営業
いつも感じることですが、書き手の顔色を伺っているのでは。と感じてしまい、やたらと難しい言葉を使い、知的レベルの高さを表明しています。読者層を広げるより詩人たちの自己満足に寄与しているきらいがあります。はじめにことばありき、人と人をつなぐ道具として発展してきたのです。あまりにも現実生活から離脱している詩を読む読者はいません。詩は絵画や音楽と同様にくつろぎと安らぎを与えてくれなければ読む気になれません。あまりにも自分しかわからない抽象的なことばが氾濫し過ぎていて、イメージするのも困難な詩があります。

現代詩手帖をFujisanスタッフが紹介します

現代詩手帖は思潮社が発行している詩の専門誌です。現代日本を代表する詩人の作品を、誌面で毎月読むことができます。ベテランから若手の詩人まで、毎号多くの詩人の作品が掲載されているので、現代詩が好きな人には非常に読みごたえがある一冊です。作家ごとに異なった個性が楽しめる、さまざまなタイプの現代詩を読むことができます。掲載されている現代詩のなかには、各号が発売された季節にちなんだものもあります。春夏秋冬、季節の風物詩を取り入れた現代詩を楽しむことができるのも、この雑誌の大きな魅力です。

雑誌では毎月異なった詩人の作品が掲載されていますが、特定の詩人による連載コーナーもあります。毎月新しい作品が読めるので、詩人のファンにとってもうれしいコーナーです。連載コーナーでは詩だけでなく、エッセイなども読むことができます。詩に関する話題からそのほかの芸術の話題まで、さまざまなジャンルのエッセイを読むことができます。また現代詩のほかに、誌面では俳句や短歌の時評なども取り上げられています。現代詩に関する記事として誌面では、毎月発売されている詩人の作品集を批評するコーナーもあります。号によっては演劇など他ジャンルの芸術が特集されることもあります。

現代詩手帖の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.