定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
現代詩手帖のレビューを投稿する

現代詩手帖の内容

詩と言語と思想から時代と文化を剥決する

現代詩手帖の商品情報

商品名
現代詩手帖
出版社
思潮社
発行間隔
月刊
発売日
毎月28日
サイズ
A5

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「現代詩手帖」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

現代詩手帖 2024年4月号 (発売日2024年03月28日) の目次

【特集】朗読/リーディングの地層

◎巻頭詩
友部正人 一枚のレコード 小詩集

◎論考
佐々木幹郎 自作詩朗読と日本の詩について
伊藤比呂美 声をつかまえる
秋山基夫 詩の流通は多様化している
連東孝子 現代詩を世界へ
原 成吉 アメリカ詩を変えたポエトリー・リーディング
城戸朱理 響きの彫刻、響きのフーガ
細見和之 声を届けるということ 詩と歌のはざまで
新井高子 詩と声をめぐる小考 国際体験をふまえて
田中庸介 八〇年代東京の詩の朗読シーンから、フラットな「妃」朗読会の誕生まで
石田瑞穂 咆哮するポエジー
佐藤雄一 サイファーの風景
菊井崇史 詩を衝迫する声と手
吉成秀夫 始原の声
村田活彦 四半世紀の答え合わせ
岡本 啓 「百年後の夕べ」ノート
煮雪的人 「朗読抵抗」から「朗読覚醒」へ

◎インタビュー
ボブ・ホールマン+村田活彦(聞き手) 詩の合衆国へ アメリカのリーディング史五十年

◎作品
巻上公一 へんてこなる砂風
広瀬大志 朝の夜のガスパール 第2回西脇順三郎賞受賞第一作
宮尾節子 霧島
友理 穴窓 目

◎朗読と声の現場から
野村喜和夫、天童大人、管啓次郎、川口晴美、和合亮一、遠藤朋之、山内功一郎、三角みづ紀、文月悠光

◎資料
現代詩朗読年表

◎連載詩
高橋睦郎 悲劇の顚末 ソポクレスへ
平田俊子 小松菜の正体 なにが詩それが詩

◎作品
近岡 礼 予兆
岩﨑風子 野犬
竹内英典 声が
久納美輝 酸性雨

◎連載
蜂飼 耳 手作業による詩集と声の変遷 カニエ・ナハ 詩の現在へ

◎エッセイ
大野光子 「黒いミルク」から「北極光・プネウマ」へ 大坪美穂展とアイルランド詩

◎連載
青野暦 恒星としてのわたし 明るいページで[インターポエティクス]

◎書評
八木忠栄 「地獄極楽」が見え隠れして 高橋順子『泣魚句集』
宮内喜美子 川面を流れる「鎮魂歌」 白井知子『ヴォルガ残照』
鈴村和成 北條裕子と花と 北條裕子『半世界の』
奥間埜乃 あらためて問い直される現代詩 藤井貞和『〈うた〉の空間、詩の時間』

◎月評
神尾和寿 誰に書いているのか
松本秀文 サークルの外へ
安里琉太 二冊の志向するところ 中西亮太『木賊抄』、浅川芳直『夜景の奥』 到来する言葉[俳句]
笠木拓 採譜者は〈そこ〉を指さす 正岡豊『白い箱』 うたいこがれる[短歌]

◎新人作品
4月の作品

◎選評
山田亮太 「もしもの世界 選ばれなかったみらいたち無」
峯澤典子 この道をひたすら行く一篇

表紙・扉写真=宇田川直寛
表紙協力=小髙美穂
表紙デザイン=中島 浩

現代詩手帖の目次配信サービス

現代詩手帖最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

現代詩手帖のレビュー

  • 総合評価: ★★★☆☆ 2.80
  • 全てのレビュー: 5件
難解です
★★★☆☆2021年01月06日 さくら 自営業
難解ですが読み解く楽しさみたいなものもあります。 ごくたまにですが、購入しています。 新しい世界が広がります。
上級者向け…。
★★☆☆☆2020年01月16日 さくらこ 会社員
 角川短歌や角川俳句のような、初心者向けの雑誌ではない。 詩の制作を沢山してきた中級者向けの雑誌だと、思う…。 詩の内容も、初心者には、?というような詩が時たまあり、 理解するのは正直、かなりの詩の創作の経験が必要だろう。  
心に刺さらない
★★★☆☆2018年11月30日 ひるね 主婦
詩が好きで書いていますが、心に刺さる詩というのがあまりありません。 でももしかしたらこれから先、色々な詩を読んでいく中で好きな詩に出会えるかもしれないので、たまに買っています。
現代詩手帖は今は唯一日本の詩を紹介する雑誌となりましたが……。
★★★☆☆2016年04月21日 かんなみ やすこ 自営業
最近の詩の傾向がわかるはずですが、現代詩に失望しないようにしてほしい。販売の数はますます減少傾向にあるなか、詩に興味がある中高年に支持されています。その支持される理由はほとんどが自費出版した自分の詩集に満足している自称詩人たちなのです。若手といえば老人詩人の理解を越えた時代をテーマに書いているがため、時代について行けない老人たちが妙に理解を示した結果、やたらと賞を与えて持ち上げているきらいがあります。かなり抽象的表現だったり、ことば遊びに陥っているのもあります。人とひとをつなぐ役割が希薄に感じるのは私だけではなさそうです。思い上がった言葉に人の心に染み込んでゆく力が見当たりません。甘やかされて育っているからでしょう。切実さから離れてしまっているのもみかけます。これが現代詩と思いたくないので買ったりしています。この雑誌がなくなると日本の詩が滅びるように思うからです。
詩人に媚びず読者の感性に訴えかけるわかりやすい詩を求める
★★★☆☆2016年04月18日 10年前は詩人 自営業
いつも感じることですが、書き手の顔色を伺っているのでは。と感じてしまい、やたらと難しい言葉を使い、知的レベルの高さを表明しています。読者層を広げるより詩人たちの自己満足に寄与しているきらいがあります。はじめにことばありき、人と人をつなぐ道具として発展してきたのです。あまりにも現実生活から離脱している詩を読む読者はいません。詩は絵画や音楽と同様にくつろぎと安らぎを与えてくれなければ読む気になれません。あまりにも自分しかわからない抽象的なことばが氾濫し過ぎていて、イメージするのも困難な詩があります。

現代詩手帖をFujisanスタッフが紹介します

現代詩手帖は思潮社が発行している詩の専門誌です。現代日本を代表する詩人の作品を、誌面で毎月読むことができます。ベテランから若手の詩人まで、毎号多くの詩人の作品が掲載されているので、現代詩が好きな人には非常に読みごたえがある一冊です。作家ごとに異なった個性が楽しめる、さまざまなタイプの現代詩を読むことができます。掲載されている現代詩のなかには、各号が発売された季節にちなんだものもあります。春夏秋冬、季節の風物詩を取り入れた現代詩を楽しむことができるのも、この雑誌の大きな魅力です。

雑誌では毎月異なった詩人の作品が掲載されていますが、特定の詩人による連載コーナーもあります。毎月新しい作品が読めるので、詩人のファンにとってもうれしいコーナーです。連載コーナーでは詩だけでなく、エッセイなども読むことができます。詩に関する話題からそのほかの芸術の話題まで、さまざまなジャンルのエッセイを読むことができます。また現代詩のほかに、誌面では俳句や短歌の時評なども取り上げられています。現代詩に関する記事として誌面では、毎月発売されている詩人の作品集を批評するコーナーもあります。号によっては演劇など他ジャンルの芸術が特集されることもあります。

現代詩手帖の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.